殺処分を減らすための3つの方策



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic/Inländisch

(本記事は、8908ブログ記事中、16位を獲得しました)
 獣医師の方がFace Bookで、大変わかりやすい「余剰犬猫問題」の図表を公開しています。それによれば日本での余剰犬猫の供給源(水道の蛇口)は、「1」ペット産業」、「2一般飼い主」、「3、野外で繁殖」、の3つがあります。そして余剰犬猫問題の対策(出口)としては、「A、殺処分」、「B、保護施設等で飼育」、「C、家庭へ譲渡」の3つがあります。「A、殺処分」を減らすための方策は、「1、」、「2、」、「3、」を減らすことと、「B、」、「C、」を増やすこととなります。


(画像)

 まずサマリーで述べた、獣医師のFace Bookで示された図表を挙げます。Yoriyuki奥田 【余剰犬猫問題-モデル水槽】 。2017年5月20日。

 さらにこの図表では、次のような注釈があります。
*1、家庭への譲渡に向かないものがあります。(病気や問題行動)もあります。
*2、施設での飼育には限界があります。場合によっては破裂します。
*3、殺処分/安楽殺も出口の一つです。

余剰犬猫問題は、上の段の蛇口(入口/余剰犬猫の発生)と下の段の蛇口(出口/余剰犬猫の処遇)の2つの問題から成り立っています。
いわゆる『殺処分ゼロ』は、殺処分の蛇口を閉めて、保護施設等での飼育と、家庭へ譲渡の蛇口を開くことを指していると思われますが、家庭へ譲渡できない犬猫もいるため、必然的に保護施設等での飼育が増える結果となります。図の水風船=保護施設を支えているのはボランティアさんたちなので、現状でもいっぱいいっぱいまでゴムが伸びていますが、場合によっては破裂してしまう恐れもあります。
さて、これまでは、下の段の蛇口に対して取り組む活動が多かったと思います。その結果、多くの地域で殺処分ゼロが実現しました。
今、取り組むべき蛇口はどこでしょうか?


殺処分を減らす 方策


 この図表は、日本(世界共通の問題だと思いますが)の殺処分問題を過不足なく、端的にわかりやすく表現した、大変優れたものと感心しました。この図表に沿って、私が今まで記事にしてきたことを振り返ってみたいと思います。まず最初は、「A、殺処分」の原因となる「水道の蛇口」、つまり余剰犬猫の供給源についてです。
 保健所の収容犬猫の内訳の分析だけでも、上段の「水道の蛇口」=供給源を、かなり正確に推測することができるでしょう。日本においては、余剰犬猫の収容は、保健所(いわゆる「動物愛護センター」)に集約されているからです。

 まず、余剰猫の供給についてです。私は東京都の猫の殺処分の統計の内訳を調べました。それによれば、「東京都の平成24年度の、動物愛護センターでの収容動物内訳のうち、収容された犬猫のうち、猫が4分の3である」、「猫は、『拾得者からの引取り』(つまり野良猫)が、猫の総数のうち7割近くを占めます」、「『拾得者からの引き取り』(野良猫)のうち、子猫が占める割合は約99%である(子猫の定義とは「離乳前のもの」)」。ということがわかりました。
 以上より私は、「日本における余剰猫の主な発生源は、野良猫の自然繁殖(不妊去勢をせずに猫を放し飼いする不適正飼育の飼い主の猫が野良猫と自然交配して屋外で出産するものも含む)存在である」と結論づけました。つまり余剰猫の発生源は「2一般飼い主」、「3、野外で繁殖」が殆どを占めるということです。朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏の「ペットショップで買われた犬猫は、飽きられば捨てられ、自治体が公費で殺処分する」の偏向記述

 次に余剰犬の犬の発生源です。東京都の統計によれば「収容された犬猫のうち、猫が4分の3」であり、犬は全体の4分の1に過ぎません、犬は猫よりも余剰が少ないのです。さらに、保健所に収容された犬の犬種内訳を分析したところ、次のようなことがわかりました(「アエラ」の2008年の記事。以下の画像)。
 犬種別の、2007年に政令指定都市保健所に持ち込まれた犬の犬種別内訳は、犬の総数が12,141頭であるのに対し、雑種が7,885頭。純血種が4256頭です。2007年に保健所に持ち込まれた犬の割合は、純血種が35.0%、雑種が65%です。一方、2007年の犬飼育においては、純血種の割合は71.2%、雑種が28.8%です一般社団法人 日本ペットフード協会 平成19年(2007年)犬猫飼育率全国調査)。飼育数に対して、持ち込まれた犬は雑種がより多いのです。雑種犬の保健所届け出割合は、純血種犬の4倍以上です。つまり余剰犬の発生源は、「2一般飼い主」、「3、野外で繁殖」が殆どを占めます。雑種犬は「1ペット産業」が供給源とはなりえないからです。さらに純血種の方が譲渡率は高いと思われますので、殺処分率はさらに低くなると思います。
 以上より、私は、「余剰犬猫では、猫が占める割合が高い」。「余剰猫の発生源は飼い主の不適正飼育と野良猫の自然繁殖である」。さらに、「日本の余剰犬の主な発生源は、主に雑種犬の飼育者の不適正飼育による飼育放棄や無計画繁殖」と結論づけました。


(画像)

 「アエラ」2008年の記事。「朝日新聞が独自に政令指定都市に対して調査した、犬種別 政令指定都市保健所に持ち込まれた犬の犬種別内訳」。それによれば、保健所に届けられた犬の総数が12,141頭。雑種が7,885頭。純血種が4256頭です。

殺処分 犬種別


 繰り返しますが、日本の余剰ペットの発生源の主なるものは、まとめると次のようになります。
1、余剰犬猫では、猫が4分の3であり、猫がほとんどである。
2、余剰猫の発生源のほとんどは、野良猫の自然繁殖(不適正飼育者の放し飼い猫と野良猫が交配して生まれる子猫も含む)。
3、余剰犬の発生源は、主に雑種犬の飼い主の飼育放棄や無計画繁殖などの不適正飼育である。

 つまり余剰犬猫を減らすためには、次の方策が、よりプライオリティが高いということになります。
1、余剰犬よりも、余剰猫の発生防止に力点を置くべき。
2、猫は、特に屋外での自然繁殖(不適正飼育者の未去勢放し飼い猫と野良猫との自然繁殖防止も含む)の防止が重要。
3、犬は主に雑種犬の飼い主の適正飼育化と飼育放棄の防止、もしくは雑種犬の発生防止(去勢の実施や放し飼い、遁走の防止)、がより重要である。 

 私はしばしば、TOKYOZEROキャンペーン(東京での犬猫殺処分ゼロを目指す任意団体)や、朝日新聞の太田匡彦記者の、「日本の殺処分ゼロのための方策についての主張」について批判してきました。なぜならば、彼らは、本記事冒頭で取り上げた、余剰犬猫の発生源では、「1、ペット産業」しか取り上げていないからです。
 私が種々の統計を見る限り、余剰犬猫の発生源は、「1、ペット産業」の比率はむしろ低いと言わざるを得ません。むしろ、「2、一般飼い主」、「3、野外で繁殖」の方が、より比率が高いとしか判断できないからです。しかし彼らは、ただひたすら「ペット産業」を余剰犬猫発生の元凶と攻撃し、すべての原因であると論じています。もちろん、私も「1、ペット産業」もある程度は余剰犬猫の発生源となってることは否定しません。しかし彼ら(TOKYOZEROや太田匡彦氏)の論調では、まず「ペット産業の攻撃ありき」としか思えないです。彼らの目的が「殺処分ゼロ」ではなく、それにこじつけて何か利権でも絡んでいるのではないかと疑うのは自然です。なお、冒頭で示した図表はたいへんよくできていますので、今後も引用したいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まったく同意

一番効果があるのは、猫アイゴに刑罰を与えて駆逐する事だと思います。

Re: まったく同意

猫糞被害者@名古屋 様、コメントありがとうございます。

> 一番効果があるのは、猫アイゴに刑罰を与えて駆逐する事だと思います。

そうです、野良猫への餌やりは野良猫の栄養状態を良くし、過剰な繁殖につながります。
そのほか、不妊去勢をせずに猫を放し飼いする人。
いずれも猫愛誤です。
彼らが一番殺処分に貢献しているのです。
「地域猫」「TNR」をしているのだ、と主張している人は、未去勢不妊手術なしの猫に一回でも餌を与えたことがないですか。
胸に手を当てて省みてください。

結局管理された猫よりも「野良」というブランドを持った猫が好きな猫好きが多い

>「地域猫」「TNR」をしているのだ、と主張している人は、未去勢不妊手術なしの猫に一回でも餌を与えたことがないですか。

避妊去勢手術を餌やりの免罪符にしている人たちに対していつも感じることですが「じゃあ餌場に餌につられてよそから未去勢猫が流れてきて餌を食べようとした場合、蹴っ飛ばしてでも食わせないようにてんの?」って疑問に思います。結局「また捨て猫が・・・」なんて不満を言いながら(フリをしながら。ホントは新メンバーが増えて嬉しい)餌をあげてるんじゃないですかね。
結局屋外で給餌行為をすることってある意味「野良猫の婚活パーティー」を開催しているようなもので最初の参加者だけに施術してたからって「何もしてないよりはまし」ってだけなんですよね。
本当に地域猫的なことを成功させたければ屋外給餌なんてせずに有志でお金を出し合って安い倉庫などを借りてそこでみなで共同飼育する事も出来るだろうしあるいは今空き家が増えて問題になっていますが猫好きの家主さんに呼びかければ「きれいに使ってくれるなら」と提供してくれることもあるのではないかと思います、2階建ての戸建てならば20匹くらい飼育しそのすべてを管理飼育して天命を全うさせることも夢ではないはずなのですがそのような話は寡聞にして知りません。
地域猫活動なんてものをやっている連中が本当に野良猫を穏便に減らしていく目的があってやってると思えないのはそういう部分からも感じます。

Re: 結局管理された猫よりも「野良」というブランドを持った猫が好きな猫好きが多い

サンジュ 様、コメントありがとうございます。

> 避妊去勢手術を餌やりの免罪符にしている人たちに対していつも感じることですが「じゃあ餌場に餌につられてよそから未去勢猫が流れてきて餌を食べようとした場合、蹴っ飛ばしてでも食わせないようにてんの?」って疑問に思います。結局「また捨て猫が・・・」なんて不満を言いながら(フリをしながら。ホントは新メンバーが増えて嬉しい)餌をあげてるんじゃないですかね。

そのご意見は全く同意。
そもそも置き餌だったら、去勢済み、未去勢の猫を選別して給餌することなんてできないでしょうが。
自称地域猫活動家のブログで「夜間に5箇所の餌場を掛け持ちして」なんて記述がありますし。


> 屋外で給餌行為をすることってある意味「野良猫の婚活パーティー」を開催しているようなもので最初の参加者だけに施術してたからって「何もしてないよりはまし」ってだけなんですよね。

給餌のマイナス面を差し引けば「何もしていないよりマシ」どころか・・・


> 本当に地域猫的なことを成功させたければ屋外給餌なんてせずに有志でお金を出し合って安い倉庫などを借りてそこでみなで共同飼育する事も出来るだろうしあるいは今空き家が増えて問題になっていますが猫好きの家主さんに呼びかければ「きれいに使ってくれるなら」と提供してくれることもあるのではないかと思います、2階建ての戸建てならば20匹くらい飼育しそのすべてを管理飼育して天命を全うさせることも夢ではないはずなのですがそのような話は寡聞にして知りません。

住居はともかく、特に倉庫なんて借り手がつかないですから安く貸してくれるはずです。
私も倉庫店舗は持っていますが、そのような話はただの一度も聞いたことがありません。
だれか私の倉庫を借りてくれないかな。
車付よしw


> 地域猫活動なんてものをやっている連中が本当に野良猫を穏便に減らしていく目的があってやってると思えないのはそういう部分からも感じます。

大概、「屋外型アニマルホーダー」です。
ですから猫が増えることは基本的に歓迎です。
うじゃうじゃ、より多数の猫に囲まれていたいだけです。

手っ取り早くネコの殺処分数を減らしたいならイヌと同じ方法をとればいいのではと思います
イヌの殺処分数は減ってますからね
野生状態のネコは見つけ次第捕獲、飼い主はネコを全頭登録し標札をつける
室内で飼うか、サークル、リード等で敷地内から逃げないようにする等々
これだけでもかなり減りそうな気がするんですよね
ネコ愛誤さんってどうしてイヌという身近な例から学ぼうとしないんでしょうか

Re: タイトルなし

いもりん 様、コメントありがとうございます。

> 手っ取り早くネコの殺処分数を減らしたいならイヌと同じ方法をとればいいのではと思います

後述の、「猫の放し飼い禁止、登録、行政による捕獲」ですね。
それは私は今までしばしば述べてきました。
犬では行われてきた音です。
猫でしてはならないという合理的理由はありません。


> イヌの殺処分数は減ってますからね

犬は、殺処分の統計をとり始めた当初は、年間100万頭を殺処分していました。
現在は1万5000台です。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html
つまり、ピーク時から67分の1に減っています。


> 野生状態のネコは見つけ次第捕獲、飼い主はネコを全頭登録し標札をつける
> 室内で飼うか、サークル、リード等で敷地内から逃げないようにする等々
> これだけでもかなり減りそうな気がするんですよね


おっしゃるとおりです。
海外では、猫は管理飼育化が潮流です。
しかし逆に動物愛護家やマスメディアは伝えます。
「海外では野良猫や餌やり、放し飼いに寛容で目くじら立てない」です。
それは全くの逆です。
アメリカでは野良猫の餌やりは懲役刑になるところがありますし、実際服役した人もいます。
ドイツも飼い猫は登録、野良猫の餌やりは禁止という、立法が続いています。

No title

愛誤がペット産業を攻撃する理由の一つに生体(命)を売買することが道徳的に悪である、という思い込みがあるように思います。

しかし名古屋様などもしばしば言及しているように経済価値の高い動物のほうが一般的には大事に育てられています。食肉となる牛や豚、競馬や競技に使われる馬などは良い血統のものであるほど、高い値が付けられ、その投資を回収せんがために大事に育てます。これはペットも変わりはなく、高い値を付けて購入したものであれば簡単に捨てるという判断は通常人ならできません。

愛誤が愛誤たる所以はこうしたごく当たり前の社会常識を自分たちの歪んだ理想のために全く無視してしまうことにあります。問題は知識の無い人達が愛誤が描く歪んだ理想に流されがちだということでしょう。しかも大田氏のようなマスコミが手助けをしているのですから質が悪い。本当は朝日などと対立関係にあるマスコミが真実を報道すべきだと思うのですが、皆愛誤が怖いのか及び腰なんですよね。

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> 愛誤がペット産業を攻撃する理由の一つに生体(命)を売買することが道徳的に悪である、という思い込みがあるように思います。

となれば、家畜の生体も命の売買でしょうが。
それを許容してさらに殺して普通に食べているわけですからね。
以前、NHKの「週間ニュース深読み」という番組では、「スイスでは生き物の売買を禁じている」という驚愕放送をしていました。
私は何度もNHKに抗議の電話を入れていますが、相当動物愛護に関しては偏った幹部がいるようです。
NHKの回答は、「スイスでは生き物の売買を禁じている」は、スイスの連邦政府に確認済みであり、いろいろな法律ができて結果として生き物の売買ができない~だそうです。
私はスイス大使館に、NHKの回答メールをそのまま送り、真偽を確かめたところ、「生き物の売買を禁じていません」と回答が来ました(英文)。
根拠法については、最期まで回答がありませんでした。

地球上に生き物の売買を禁じている国が一国でもありますか。
特にスイスは畜産が盛んですし、ペットショップの生体販売もありますし(犬猫も少ないが)、インターネットでガンガン子犬を売っています。


>経済価値の高い動物のほうが一般的には大事に育てられています。

全くご指摘のとおりです。
常識的に分かることですが、わざわざ朝日新聞のアエラが、それを裏付ける調査をしています。
2008年の記事によれば、犬の雑種・純血種割合は雑種が3割未満なのに対して、保健所に持ち込まれる割合は65%です。


>高い値を付けて購入したものであれば簡単に捨てるという判断は通常人ならできません。

上記アエラの記事は、まさにそれを裏付けるものです。


> 愛誤が愛誤たる所以はこうしたごく当たり前の社会常識を自分たちの歪んだ理想のために全く無視してしまうことにあります。

たろえば、「イギリスでは犬猫の売買を禁じている」などもそう。
重主義経済下で、それが可能なのかどうか。
「ドイツ殺処分ゼロ」もしかり。
人口8000万人を超える大国で先進国、しかも東欧などの隣国では狂犬病の発生もすくなからずあります。
殺処分がゼロであるわけがないでしょう。
そのほか、「ドイツではノーリード」。
大型犬が咬傷事故を起こせば、もし国が犬のノーリード(これは和製英語で通じませんが)を権利として認めていたならば、国の法的責任が問われます。
常識で考えれば「おかしい」と気づくはずです。


>問題は知識の無い人達が愛誤が描く歪んだ理想に流されがちだということでしょう。

全く同意。


>本当は朝日などと対立関係にあるマスコミが真実を報道すべきだと思うのですが、皆愛誤が怖いのか及び腰なんですよね。

それもありますが、大手マスコミにしてみれば、政治経済社会分野に比べれば、動物愛護なんて取るに足らない問題です。
ですから自らリソースを割いて取材にコストをかけない。
そして外部協力者(愛護団体)だとか現地スタッフ(笑)の言いなりの報道内容をします。
愛護団体や愛誤活動家は、ただ働きでも、喜んでマスコミに協力します(註 嘘捏造情報で)。
それが、今まで嘘情報が蔓延し続けてきた理由の一つです。
それと、真実を伝えようとするものが現れれば、徹底的な嫌がらせと脅迫で黙らせることも理由に挙げられるでしょう。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR