特定の犬種が流行すれば殺処分が増えるという苦しい「捏造」~太田匡彦氏の噴飯講演



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic/Inländisch

 2016年3月26日に、東京弁護士会が動物愛護に関するシンポジウムを開催しました。かの動物愛護(誤)ジャーナリストである、太田匡彦氏もパネリストとして講演を行った一人です。氏は「ある犬種が流行すると殺処分が増える」としていました。しかしその内容を考察すれば、「事実を捏造するために、都合の良いデータを拾ってきてつなぎ合わせに過ぎません。偏向なく統計資料を精査すれば、日本に「特定の犬種が流行したことが原因で殺処分が増えた」という事実は、過去にはありません。


 こちらがそのシンポジウムです。シンポジウム「人と動物の共生する社会の実現へ ~動物殺処分における法的課題~」のご案内(3/26 14時~)。なお、私が直接本シンポジウムに出席したのではなく、伝聞で内容を知りました。もし、相違がありましたならば、コメントでご指摘ください。
 太田匡彦氏は、次のように述べています。「ある犬種が流行すると、衝動的に購入する人が増えるが飼育できなくなって、その犬を保健所に引き取らせる。ある犬種が流行すれば、殺処分が増えるという相関関係がある。例えば、消費者金融のCMでチワワが用いられ、チワワが流行したときは、殺処分数が増えた」です。


(画像)

 こちらが、本シンポジウムのポスターです。

太田匡彦 東京弁護士会


 太田匡彦氏の講演内容は、私のブログ記事で、読者様がコメントされています。NHK「世界ネコ歩き」は、野良猫放し飼い猫至上主義の嘘プロパガンダ番組(スペイン編)。以下に引用します。


読者N様
昔、チワワが大量に殺処分され犬の殺処分数の数値が上がった年があったはずです。
その原因は「どうするアイフル」のチワワCMです。
シベリアンハスキーも流行って廃った犬でしたね。

読者S様
この話よく聞きますよね、でも都市伝説だと思ってました。
事実なんでしょうか?
当時チワワを飼いたい人が大勢いて、それと同時に早急に飼育放棄して保健所にぶち込む人が大勢いたのならばそこで消費が回って結果殺処分されない様な気がするんですけどw
保健所に殺処分待ちのチワワがいっぱいいるのならだれも大金出して業者から買いませんよね?
仮に多少チワワブームが殺処分増の原因になったところで「大金を出して購入する」と言う一ハードルがある段階でそこまで深刻な問題にはならない気がします。
大金出して買ったものをそんな簡単に捨てませんよね普通。
せめて売るとかあげるとかする人が大半でしょう。
飼育ブームと飼育放棄ブームの時期にタイムラグがあるとしても元々高価な種ですからね、タダの貰い手位なら引く手あまたのような気がします。
面倒なので捨てる人保健所にぶち込む人が皆無とは言いませんけど。

読者N様
この話は3月に東京弁護士会で開催されたシンポジウムに潜入して聞いた話です。
メディアラボ主催の太田匡彦氏がスライドで殺処分数のデータを映しながら話をしていました。
数字やグラフが創作で無い限り本当だと感じました。
まさか弁護士会のシンポジウムで数字まで捏造しますかね?
私の考えるところ、特定ブームで販売が伸び少しバランスが崩れると殺処分が跳ね上がる可能性があり、北海道の殺処分データからそのような印象を持っています。

さんかくたまご
殺処分統計の推移を見れば、全国レベルでは、特定ブームにより殺処分数が増えたとの裏付けはないです。
>ブーム到来、需要増で在庫不足が起きる
>ブーム成長期、在庫不足を埋めるため増産して対応する
>ブーム終焉期、増産されたが需要がしぼみ不良在庫と生産設備が余る
犬の生産スパンは、それほど長くはありません。
妊娠期間は3ヶ月ほどで、生後1年から繁殖に使えます。
上記の仮説は、もう少し生産設備~生産、のスパンが長いものには当てはまります。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html
こちらが昭和49年から平成26年までの、日本全国の殺処分数グラフです。
これからは、特定ブームによる殺処分数の影響は伺えません。
何年にどのような犬種のブームがあり、それが殺処分増として影響が現れていますか。
講演会では、特定の自治体のデータを用いていませんか。
ブームとは、全国的なものでしょう。



 消費者金融アイフルの、チワワを使ったテレビCMは、2002(平成14年)年8月から2006(平成18年)年4月の、約4年間放映されました(くぅ〜ちゃん)。その時期にチワワが流行し、保健所での殺処分が増えたと、太田匡彦氏は主張しています。その根拠のなる資料、グラフは、上記の読者N様のコメントにあるとおり、北海道の殺処分データであることは間違いありません。
 確かに北海道の犬の殺処分数は、平成15年(2003年)に前年より増えています。太田匡彦氏は、それをもって「アイフルのテレビCMにより、チワワの流行が起きた→衝動的にチワワを買う人が増えて持て余し、保健所に引き取ってもらったなどで→殺処分数が増えた」とシンポジウムで説明したものと思われます。しかし前年より北海道で犬の殺処分数が増えたのは、平成15年度(2003年度)のみ1年度だけです。「チワワがアイフルのCMによってブームになった」というのであれば、そのブームはそれよりも長い期間ではないでしょうか。さらに太田匡彦氏の矛盾点を指摘すれば、平成15年度は北海道は犬の殺処分数は増えていますが、東京都では激減しています。東京都福祉保健局 東京都動物愛護相談センター 統計資料 動物取扱数の推移

 さらに、読者N様のご意見、「ブーム到来、需要増で在庫不足が起きる。ブーム成長期、在庫不足を埋めるため増産して対応する。ブーム終焉期、増産されたが需要がしぼみ不良在庫と生産設備が余る」が正しいとなれば、アイフルのCMが最初に放映されたのが平成14年(2002年)で、翌年の平成15年度(2003年度)に犬の殺処分数が増えるのは、リードタイムが短すぎると感じます。
 さらに北海道で殺処分が増えたのは平成15年度(2003年度)だけで、その後もチワワのブームが続いていると思われますが、平成16年度以降は順調に北海道は殺処分数を減らしています。


(画像)

 北海道 犬・ねこの安楽殺処分頭数

北海道 殺処分数


 では次に、日本全国の犬の殺処分数を見てみます。環境省 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)


(画像)

 環境省 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)。このグラフ(日本全国の長期の犬猫殺処分数推移)においては、平成14年度(2002年度)頃から平成18年(2008年度)頃にかけてのチワワのブームはもとより、その他の犬種ブームによる、殺処分数の増加は確認できません。 
 このグラフで表示される最も古い昭和49年度からほぼ直線的に、全国の犬の殺処分数は減り続けています。前年より殺処分数が増えた年は一度もありません。

殺処分数 全国


 つまり太田匡彦氏は、「ある種の犬種が流行すれば飼い主の飼育放棄などが増え、その結果犬の殺処分数が増える」という嘘情報を捏造するために、都合の良いデータを偏向して寄せ集めた「事実の抜き書き」に過ぎません。たまたまアイフルのCMが、一般的に印象に残ったことと、北海道でその時期に犬の殺処分数が増えたデータがあったという事実を、無理やり結びつけたに過ぎないのです。
 「チワワの流行により、チワワの生産数が増え、衝動買いした飼い主が飼育放棄して保健所に引き取ってもらった」、「ブリーダーの在庫処分のために保健所に引き取られたチワワが増えた(これはリードタイムからしてありえないと思います)」ことを統計から証明するのならば、なぜ日本全国の犬の殺処分数統計を用いないのでしょうか。「犬の流行」とは、全国的なものでしょう。自治体は日本全国より統計の母数が少ないために数値が振れて、北海道の殺処分統計が、太田匡彦氏の嘘に利用されたに過ぎません。「チワワの流行が殺処分数につながった」を証明するためには、殺処分された犬の犬種内訳や、チワワの生産数推移も調べる必要があります。


(動画)

 これが問題の、消費者金融アイフルの、チワワを使ったテレビCM。放映は平成14年から平成18年まで行われました。アイフルCMチワワ CM集。




(参考資料)

 太田匡彦氏は、2008年に朝日新聞系「アエラ」で、「朝日新聞が独自に政令指定都市に対して調査した」とした、「犬種別 政令指定都市保健所に持ち込まれた犬の犬種別内訳」を記事にしています。それによれば、総数が12,141頭。雑種が7,885頭。純血種が4256頭です。以下が、持ち込まれた純血種犬の犬種内訳です。これは政令指定都市で、おそらく日本全国より純血種が多いと思われます(それ以前に朝日新聞の調査は正確性に疑問があります。自治体職員が正確に犬種を把握できるか、判定が微妙など)。
 持ち込まれた犬のうち、純血種が35.0%です。現在の純血種の飼育割合は70%を超えていますが、2008年当時もおそらく70%程度と追われます。つまり、飼育数に対して持ち込まれた犬は雑種がより多いのです。また犬種は非常に多く、ある犬種が流行したとしても、それが犬の殺処分数全体を押し上げる程の数には成り得ないと思います。さらに純血種の方が譲渡率は高いと思われますので、殺処分率はさらに低くなると思います。これらの矛盾点については次回以降の記事で取り上げます。

1位 柴犬 701
2位 ダックスフント 481
3位 シーズー 380
4位 ラブラドールレトリバー 203
5位 ゴールデンレトリバー 175
6位 ビーグル 170
7位 マルチーズ 152
8位 土佐犬 145
9位 チワワ 142
10位 ヨークシャーテリア 135
11位 コーギー 130
12位 秋田犬 121
13位 プードル 109
ポメラニアン99、ハスキー67、パピヨン66、紀州犬63、シェルティ59、イングリッシュセッター56、シュナ53、Gシェパ52、パグ52、Aコッカー37、キャバリエ36、甲斐犬35、ポインター34、ミニピン31、グレートピレニーズ30(以下略)。


(画像)

 アエラの記事。2008年。「2007(平成19)年度(2007年4月から2008年3月)に政令指定都市など28の自治体の保健所に、不要犬として飼い主に持ち込まれた犬の内訳」。

殺処分 犬種別



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 殺処分なら誰でも可能ですが、生かすとなれば獣医の需要(不妊治療など)が増えると言うことでしょうか。
> そして法律によって需要を強制しようと、そういう作戦でしょうか。
> この方両親が獣医免許持ちだとか?

はい、お父様は元麻布獣医科大学の学長の、太田光明氏です。
この方は、何度もNHKで「ドイツにはペットショップがない(ドイツには約4,100の生体販売ペットショップがあり、その数は日本より多いです)」、「ドイツをはじめとする西ヨーロッパでは営利ブリーダーは存在していなくて素人がごく小規模に行っている(ドイツには驚く程の大規模ブリーダー、例えば繁殖メス300頭レベルが存在します。またドイツ国内でなくとも、ポーランドでは営利に特化した大規模犬ブリーダーが多数あり、ドイツ国内の大型ペットショップが子犬の委託生産をしています)」などの大嘘を堂々と垂れながしています。
また、「高齢者が犬を飼うと良い」と言っています(これも問題があると思うが)。
お母様も獣医師です。

きちんと管理されて営利生産された犬猫よりも、いわゆる保護犬猫の方が、圧倒的に病気もちが多いでしょうね。
つまり、営利生産された犬猫よりも、獣医師は儲かると。
そういうことすら勘ぐってしまいますね、これほどのあからさまな嘘を次から次へと垂れ流せば。

No title

おばんです。

>ある種の犬種が流行すれば飼い主の飼育放棄などが増え、その結果犬の殺処分数が増える
>アイフルのCM
>チワワの流行

確かにこのアイフルとチワワの一件については、よからぬ話が流布してましたが、ソフトバンクの北海道犬お父さんがブームになった時は、そんな話は一切ありませんでした。
最も、北海道犬自体が頭数が少なく、保存協会が頭を悩ませている状態なんですけど。
むしろ、あれを柴犬と勘違いしていた人が多かった位で、今なら笑っちゃう話です。

話は逸れますが、こんなニュースがありました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170504-00000017-pseven-life

>猫の一生には150万円必要 「迎える前に考えて」と猫シッター

早い話、猫は金食い虫。

Re: No title

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> アイフルとチワワの一件については、よからぬ話が流布してましたが、ソフトバンクの北海道犬お父さんがブームになった時は、そんな話は一切ありませんでした。

ありますよ。
愛誤が都市伝説を必死で拡散しますからね。
太田匡彦氏の著作の記述、「売れ残り犬を冷蔵庫で凍死させる」もそう。
北海道犬でもよからぬ話が流布されています。
「買ってきたけれど喋らないから保健所に届けた」という話がまことしやかに語られています。
愛誤が「けしからん」と言っています。
猫糞被害者さんも言及していました。

こちらでご確認ください。
「ソフトバンクの犬 喋らない 保健所」
https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7YWOTQnKwtZgx8AwY6JBtF7?p=%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%8A%AC%E3%80%80%E5%96%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%80%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%89%80&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%8A%AC+%E5%96%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84+%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%89%80&at=&aa=&ai=DfDUSnY0Tc2Rymy6kXFKhA&ts=30348


> >猫の一生には150万円必要 「迎える前に考えて」と猫シッター

きちんと獣医師に診せて健康管理をすればそれぐらいかかるでしょう。
地域猫やら勝手地域猫やら餌やりさんやら、お安い猫飼育かもしれないですね。
それだけの数をきちんと飼うとなれば。

No title

ソフトバンクの犬の、「喋らないから保健所に届けた」の話は、アイフルのチワワ以上じゃないですか。

ソフトバンクのしゃべる犬のCMは2007年からですが、太田匡彦氏の調査によれば、保健所届出がゼロですねw
「喋らないから保健所に届けた」飼い主が続出したらしいですけどw
http://www.wikiwand.com/ja/%E7%99%BD%E6%88%B8%E5%AE%B6

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR