「ドイツでは公的殺処分はないが犬猫が狩猟駆除される」は大嘘~「国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 」



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Bundesjagdgesetz
§ 23 Inhalt des Jagdschutzes
Der Jagdschutz umfaßt nach näherer Bestimmung durch die Länder den Schutz des Wildes insbesondere vor Wilderern, Futternot, Wildseuchen, vor wildernden Hunden und Katzen sowie die Sorge für die Einhaltung derzum Schutz des Wildes und der Jagd erlassenen Vorschriften.


 「ドイツでは公的殺処分はない。その代わりに犬猫は狩猟駆除されている」という情報が日本で流布されています。しかしそれは「大嘘」です。ドイツでは、高位推計では1年間に猫40万~50万匹、犬6万5,000頭が狩猟駆除されているのは真実です。さらに犬の公的殺処分も厳然と存在します。その数は、例えばヘッセン州では、人口比で東京都の6倍にも登ります。つまり真実は「ドイツでは犬猫は合法的に狩猟駆除されており、なおかつ公的殺処分も相当数が行われている」です。なぜ、「ドイツでは公的殺処分がないが犬猫は狩猟駆除される」という偽情報が日本で広まっているのか、その原因について考察します。


 「ドイツでは犬猫は狩猟駆除されている。それが公的(行政による)殺処分の代わりとなっている。だからドイツでは犬猫の公的(行政による)殺処分はない」という情報が日本で広まっています。その一部を例示します。


【動物愛護】ペット先進国ドイツ=殺処分0は嘘?!。2016年7月21日。

ドイツ連邦狩猟法で犬・ネコを合法的に殺せるという事実
ドイツ連邦狩猟法は、狩猟動物を保護する目的で野良犬・猫の駆除を認めており、狩猟者は、合法的に野良犬・猫を殺すことができる。
ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫 40 万頭、犬 6 万 5 千頭に達すると指摘する動物保護団体もある。
(出典 国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ― 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 830 2014. 9.16.)

狩猟者によって、リード無しの飼い犬や、家から散歩に出た飼いネコも殺されてしまうという事件も起こっています。
ドイツでは飼い犬・猫であっても狩猟者によって合法的に「駆除」されることがあるのが実情なのです。

民間人による駆除が行われ公的保護施設がないから「ドイツ=行政殺処分0」と言えるのでは?
あくまでも行政殺処分が0なんです!



犬猫の殺処分について。。2015年3月14日。

ドイツでは犬猫が狩猟対象として「民間で合法かつ容易に駆除」されておりますので、わが国の様に「行政による殺処分」は行なわれておりません。
わが国でもドイツと同じく犬猫を「民間で合法かつ容易に駆除」できる様にすれば、ドイツの様に「行政による殺処分」をゼロにする事も可能かと思われます。
参考までに2014.9.16に国立国会図書館の調査及び立法考査局農林環境課が纏めたレポート「諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況」より、ドイツにおける犬猫の民間による駆除の実例を紹介しておきます。



 上記に挙げた資料では、「ドイツでは犬猫は狩猟駆除されている。それが公的(行政による)殺処分の代わりとなっていて、だからドイツでは犬猫の公的(行政による)殺処分はない」の根拠として、国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ― 、を挙げています。概ね他の、「ドイツでは犬猫の狩猟駆除はあるが公的(行政による)殺処分はない」とする資料でも、これを根拠としています。この文書が発表されたときは、「ドイツの動物愛護信奉者」のあいだには衝撃が走りましたが、私はそれよりも2年も3年も前に、ドイツの犬猫狩猟駆除を日本に紹介しています。
 結論から先に言えば、「ドイツでは犬猫の狩猟駆除はあるが公的(行政による)殺処分はない」は誤り、大嘘です。後ほどその根拠を列挙しますが、「ドイツには犬猫が狩猟駆除されている」には真実ですが、さらにかなりの数の「犬の公的(行政による)殺処分」が厳然と行われています。つまり、「ドイツは犬猫は狩猟駆除されており、さらに犬は公的(行政による。以下「公的」とします)殺処分されている」が真実です。

 国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ― 、ですが、「他方、ドイツ連邦狩猟法22は、狩猟動物を保護する目的で野良犬・猫の駆除を認めており、狩猟者は、合法的に野良犬・猫を殺すことができる」との記述はあります。これは間違いはありません。しかし、「ドイツでは犬猫の狩猟駆除を認めているために、公的殺処分が行われていない」とは、一言もありません。
 嘘には「積極的な嘘」と「消極的な嘘」があります。「積極的な嘘」とは、例えばNHKなどの巨大メディアが「ドイツでは(生体販売)ペットショップがない(註 ドイツには、日本より多くの生体販売ペットショップがあります)」など、明らかに真実に反することを述べることです。対して「消極的な嘘」とは、「それを伝えなければ事実誤認する可能性が高いにもかかわらず、意図的に伝えない」ことです。国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ― 、は後者の「消極的な嘘」文書です。「ドイツにおける犬猫の狩猟駆除」をことさら強調し、一方では、厳然と存在する「ドイツの犬の公的殺処分」に一言も触れていないのは、事実誤認を誘導するからです。

 次回以降の記事では、以下の「1、」「2、」「3、」の、ドイツの公的殺処分について順次説明していきます。これらは全て法に基づき、行政が「制度」として行っているもので、「公的殺処分」そのものです。
 いずれも、「例外的な数」とは言えず、例えばヘッセン州では、人口比で東京都の6倍の犬を「1、」により殺処分していました。これはヘッセン州が公的統計として公表しています。また、ドイツ連邦警察の統計では、2015年には、警察官が犬などを射殺した数は、11,901(この数には「自動車などの財物」も含まれますが、ドイツのマスメディアの報道などから推察すれば、ほとんどが動物、tierと思われます)頭です。

1、ドイツでは、飼育禁止犬種、咬傷犬、危険と思われる犬などを行政が強制的に殺処分する制度が全州にあり、相当数ある。
2、ドイツの税関法では、検疫不備の犬猫などは当局が強制的に殺処分する権限が有る(日本にはない)。
3、ドイツの警察法では、市中で犬などを危険防止のために警察官が射殺しなければならないとの規定があり、相当数ある。



(動画)

 Katzenmord in Waltrop / PETA 「ヴァルトロップでの猫殺し」。2012/03/14 に公開。PETAドイツによる制作。養鶏場内で経営者が猫を射殺していることを、死体置き場の猫の死体を発見したことにより追求しています。しかしドイツでは通年、狩猟可能なエリアでは飼い猫の可能性があったとしても、猫の射殺は全く合法です。PETAの調査員が「その猫は飼い猫かもしれないと認識しているか」と養鶏場経営者に訪ねたところ、「そうかもしれない」という回答でした。
 確かにドイツでは、犬猫は通年狩猟可能エリア内では、射殺などによる駆除が合法です。しかしドイツには、それのみならず、行政が制度として行う「公的殺処分」もかなりの数があります。

PETA-Ermittler machen grausamen Fund in Kadavertonne eines Jagdreviers.
Dort befanden sich erschossene und sogar erschlagene Katzen.

PETA(動物愛護団体)の調査員は、狩猟の現場での死体置き場で陰惨な発見をしました。
そこには、射殺され、殺害された猫がありました。





(画像)

 Aktuelle Seite: HomeVereinsinfoAktuell。ドイツ、ザールラント州。飼い主の至近距離で、ハンターにより射殺されたラブラドール犬「ボニー」の死体。犬にはリードをしていなかったために、ハンターの法的責任は不問とされました。ハンターは、「犬をキツネに見間違えた」としています。ドイツの反狩猟団体のサイトから。

ザールランド 犬 射殺 (340x255)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

メモ

http://www.theolivepress.es/spain-news/2015/06/01/british-expat-banned-from-feeding-stray-cats-by-benalmadena-town-hall/
スペインで野良猫への給餌禁止。

http://www.cleveland.com/metro/index.ssf/2017/01/post_358.html
イギリスではTNR導入以降、野良猫の数が倍増した。

http://www.swr.de/swraktuell/bw/suedbaden/ehedrama-in-emmendingen-polizist-hat-offenbar-ehefrau-erschossen/-/id=1552/did=19204142/nid=1552/1fv5mxo/index.html
警察官夫婦の無理心中で、飼い犬がとばっちり(ドイツ、ベルリン)。2017年

http://www.bild.de/regional/berlin/polizei/hund-erschossen-weil-herrchen-bellte-50778096.bild.html
酔っぱらいの飼い犬がとばっちりで警察官に射殺される。2017年3月9日。2017年3月17日。ドイツ、SWR、テーゲル。

http://www.anc-newswire.de/2017/03/polizei-und-staatsanwaltschaft.html
ドイツ、NRW州での、警察官による複数の犬射殺。

https://www.rnf.de/hockenheimspeyer-11-hunde-sterben-bei-unfall-auf-a-61-134413/
ドイツ、ホッケンハイムの高速道路場で11頭の犬が事故で死ぬ。
負傷した犬の多くは、その場で警察官により射殺された。2017年3月16日。

しばらくぶりにドイツのニュースを検索したら、面白いニュースが目白押しだった。



つまり

欧米を見習うなら、狩猟駆除もガンガンして、公的殺処分もきっちりすればよいという事ですね。

嘘つき愛誤の皆さん
証拠つきの反論楽しみに待っています。

たぶん、反論無いでしょうね。

Re: つまり

猫糞被害者@名古屋 様、コメントありがとうございます。

> 欧米を見習うなら、狩猟駆除もガンガンして、公的殺処分もきっちりすればよいという事ですね。

欧米のみならず、カナダやオセアニアも、犬猫の狩猟駆除もシェルターでの安楽死数も、ものすごい数です。
カナダなどは、人口比で日本の100倍位あるでしょう。
日本と異なるのは、飼い主が拒否しても、禁止犬種や咬傷事故を起こした犬は行政が無理やり取り上げて強制的に殺しています。


> 嘘つき愛誤の皆さん
> 証拠つきの反論楽しみに待っています。

それと面白い論文を見つけました。
ケンブリッジ大学の学術研究で、「野良猫の被害防止は給餌禁止が最も効果がある。だから条例などで餌やりを禁じるのは有効」というものがあります。
いままでさんざんこちらでも「給餌禁止が効果があるなどという学術的根拠はない。証拠を出せ」と書かれました。
また多くの愛誤は、「餌やり禁止は野良猫問題解決にならない」と書いています。
対して、「給餌禁止が効果はない」という、学術的に耐えられる文献は見つかっていません(アメリカのTNR今日新団体ACAなどのHPではありますが)。
訳すのがワクワク。

さらに、イギリスでも例外のない野良猫への給餌禁止(つまりTNRも禁止)条例制定が続いています。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR