保健所での殺処分数減少を誇ることの無意味





 近年、ますます所有者のない猫の引取りを拒む保健所が増えています。犬猫の公的殺処分数の少なさを競い、殺処分数が少ないことを「動物愛護に配慮している」と喧伝する自治体もあります。しかし公的殺処分数が少ないことは無意味で、動物愛護に配慮しているとも言えません。


 動物愛護管理法44条3項の、愛護動物の遺棄罪「愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する」での逮捕送検はきわめてまれです。しかし同罪で逮捕送検された、大変お気の毒な方がいます。以下はそのニュースの抜粋です。


捕獲後に解放 動物愛護法違反容疑 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE 2010年2月21日

(静岡県藤枝市)市営公園に住み着き餌を与えられていた5匹の野良猫を、近隣住民から苦情を受けた市職員2人が捕獲した。
本来、猫は保健所に引き渡すはずが、職員は「殺処分されないように」と、別の公園に逃がした。
この行為が「遺棄にあたる」として、動物愛護団体関係者が2人を動物愛護法違反(遺棄)容疑で県警に告発し、県警は2009年10月、2人の捜査書類を静岡地検に送付した。



 静岡県藤枝市は、市の事業として野良猫を捕獲、保健所に収容していました。問題の藤枝市営公園でも、近隣住民から苦情があったため、市職員が野良猫を捕獲したのです。
 野良猫を遺棄した市職員を動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄罪」で告発した男は、同公園で無許可餌やりをしていました。この男は、しばしば市職員から「迷惑餌やりを止めるように」指導されており、また餌やりをしていた野良猫を捕獲されたことに対して逆恨みして、同市職員の告発を執拗に行ったとの情報もあります。
 この市職員は大変お気の毒です。もともとは迷惑餌やりをしていた男が悪いでしょう。それを市職員の善意を逆手にとって告発を行うとは卑劣ですし、精神疾患さえ疑います。

 この事件では、愛護動物の遺棄罪の成立要件について警察の見解が示されています。それは「一時的でも所有者不明猫を占有管理した場合、それを再び放獣すれば動物愛護管理法44条3項、愛護動物の遺棄罪が成立する」ということです。このことは、保健所の所有者不明猫の引取り拒否は、保健所職員が所有者不明猫を拾得し、保健所に届出た人に対しての犯罪の教唆であるということを示しています。
 現在、事実上所有者不明猫の受理を拒否している自治体が多数あります。東京都、横浜市、大阪府などです。兵庫県でも神戸阪神の都市部の保健所では、近年受理を拒否されるケースが増えてきているとの読者様から情報をいただきました。しかし条例等の公文書で、保健所が所有者不明猫を受理しないことを定めているのは(私が知る限り)東京都だけです。ほかの自治体の所有者不明猫の引取り拒否は、何の根拠もありません。

 熊本市も、所有者不明猫の引取りを拒否している自治体です。熊本市は「殺処分ゼロ」を誇っています。その実情は、単なる引取りの拒否です。保健所職員は、野良猫の仔猫を拾い届出た親子に「元の場所に戻せ」と指導しています。以下は証拠画像です。これはまさに熊本市職員による、動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄」の、野良猫の仔猫を拾った親子に対しての教唆です。

熊本市、ニュースゼロの動画 2012年9月25日

 ほかの所有者不明猫の引取りを拒否している自治体も、動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄罪」を助長させているのと同じです。

 動物愛護管理法35条では、「1項  都道府県等、その他政令で定める市は、犬又はねこの引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない」「2項 前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者、その他の者から求められた場合に準用する」。と明文化されています。都道府県等の自治体は、所有者が判明しない犬猫の引取り義務があります。
 ましてや引取り拒否の根拠となる公文書も存在しないのですから、自治体職員の引取り拒否は、明らかに動物愛護管理法35条2項に反します。それらに対しては、行政訴訟のほか、行政手続法や行政不服審査法により対抗することも可能です。

 保健所での殺処分数を減らすのは簡単です。窓口で難癖をつけて、犬猫の引取りを拒否すればいいだけです。しかしそれは動物愛護に適うとは思いません。
日本全体では、路上死猫の処分数は年間40~万匹と推計されています。私有地で私人が処分したり、空き地などで自然腐敗したものを含めれば、事故死、感染症等の病気、仲間同士のケンカや共食い、人からの虐待死まで含めれば、悲惨な死に方をした猫は、保健所での殺処分数の数十倍~数百倍になるでしょう。

 保健所での殺処分の数だけ減らすのは意味がありません。なぜ保健所での殺処分数だけ、目の敵にする人(愛誤)が多いのか理解に苦しみます。
 兵庫県西宮市では平成20年度から地域猫を制度化しました。地域猫の効果があった根拠として、市職員は議会で「殺処分数が減った」と証言しています。地域猫制度の導入と時期を同じくして、保健所での所有者不明猫の引取り拒否が増えたという証言もあります。引取り拒否すれば殺処分数は簡単に減らせます。「殺処分数が減った=地域猫の効果があった」は、下手くそなアリバイ作りに過ぎません。

動物の愛護及び管理に関する法律


・画像は本文と関係ない、私が貸している区分所有マンションの家賃4ヶ月滞納して退去した母子が、共用部残して行った粗大ゴミです。転居先に未払家賃の請求訴訟を起こしましたが、訴状を受け取りませんでした。そのため、私が付郵便調査に行来ました。

付郵便送達とは

 家賃滞納の母親は「犯罪行為だ」と喚いて警察を呼びました。訴状を受け取らない、厚かましい滞納者は度々いますが、付郵便調査で警察を呼ばれたのは初めてです。やはり家賃を平気で滞納する人は非常識な人が多いです。
 この方の親が持ち家で連帯保証をしています。「親の持ち家を差し押さえますよ」と言えば、翌日全額を振り込んできました。お金があるのならば、最初から素直に払えよ。「少額債権は、取立てに弁護士費用の方がかかるので大概債権者は泣き寝入りする。少額債務を踏み倒さないのはバカ」と公言する人も多いです。

放置ゴミ
 近年、ますます所有者のない猫の引取りを拒む保健所が増えています。犬猫の公的殺処分数の少なさを競い、殺処分数が少ないことを「動物愛護に配慮している」と喧伝する自治体もあります。しかし公的殺処分数が少ないことは無意味で、動物愛護に配慮しているとも言えません。


 動物愛護管理法44条3項の、愛護動物の遺棄罪「愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する」での逮捕送検はきわめてまれです。しかし同罪で逮捕送検された、大変お気の毒な方がいます。以下はそのニュースの抜粋です。


捕獲後に解放 動物愛護法違反容疑 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE 2010年2月21日

(静岡県藤枝市)市営公園に住み着き餌を与えられていた5匹の野良猫を、近隣住民から苦情を受けた市職員2人が捕獲した。
本来、猫は保健所に引き渡すはずが、職員は「殺処分されないように」と、別の公園に逃がした。
この行為が「遺棄にあたる」として、動物愛護団体関係者が2人を動物愛護法違反(遺棄)容疑で県警に告発し、県警は2009年10月、2人の捜査書類を静岡地検に送付した。



 静岡県藤枝市は、市の事業として野良猫を捕獲、保健所に収容していました。問題の藤枝市営公園でも、近隣住民から苦情があったため、市職員が野良猫を捕獲したのです。
 野良猫を遺棄した市職員を動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄罪」で告発した男は、同公園で無許可餌やりをしていました。この男は、しばしばし職員から「迷惑餌やりを止めるように」指導されており、また餌やりをしていた野良猫を捕獲されたことに対して逆恨みして、同市職員の告発を執拗に行ったとの情報もあります。
 この市職員は大変お気の毒です。もともとは迷惑餌やりをしていた男が悪いでしょう。それを市職員の善意を逆手にとって告発を行うとは卑劣ですし、精神疾患さえ疑います。

 この事件では、愛護動物の遺棄罪の成立要件について警察の見解が示されています。それは「一時的でも所有者不明猫を占有管理した場合、それを再び放獣すれば動物愛護管理法44条3項、愛護動物の遺棄罪が成立する」ということです。このことは、保健所の所有者不明猫の引取り拒否は、保健所職員が所有者不明猫を習得し、保健所に届出た人に対しての犯罪の教唆であるということを示しています。
 現在、事実上所有者不明猫の受理を拒否している自治体が多数あります。東京都、横浜市、大阪府などです。兵庫県でも神戸阪神の都市部の保健所では、近年受理を拒否されるケースが増えてきているとの読者様から情報をいただきました。しかし条例等の公文書で、保健所が所有者不明猫を受理しないことを定めているのは(私が知る限り)東京都だけです。ほかの自治体の所有者不明猫の引取り拒否は、何の根拠もありません。

 熊本市も、所有者不明猫の引取りを拒否している自治体です。熊本市は「殺処分ゼロ」を誇っています。その実情は、単なる引取りの拒否です。保健所職員は、野良猫の仔猫を拾い届出た親子に「元の場所に戻せ」と指導しています。以下は証拠画像です。これはまさに熊本市職員による、動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄」の、野良猫の仔猫を拾った親子に対しての教唆です。

熊本市、ニュースゼロの動画 2012年9月25日

 ほかの所有者不明猫の引取りを拒否している自治体も、動物愛護管理法44条3項「愛護動物の遺棄罪」を助長させているのと同じです。

 動物愛護管理法35条では、「1項  都道府県等、その他政令で定める市は、犬又はねこの引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない」「2項 前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者、その他の者から求められた場合に準用する」。と明文化されています。都道府県等の自治体は、所有者が判明しない犬猫の引取り義務があります。
 ましてや引取り拒否の根拠となる公文書も存在しないのですから、自治体職員の引取り拒否は、明らかに動物愛護管理法35条2項に反します。それらに対しては、行政手続法と行政不服審査法により、対抗することも可能です。





 保健所での殺処分数を減らすのは簡単です。窓口で難癖をつけて、犬猫の引取りを拒否すればいいだけです。しかしそれは動物愛護に適うとは思いません。
日本全体では、路上死猫の処分数は年間40~万匹と推計されています。私有地で私人が処分したり、空き地などで自然腐敗したものを含めれば、事故死、感染症等の病気、仲間同士のケンカや共食い、人からの虐待死まで含めれば、悲惨な死に方をした猫は、保健所での殺処分数の数十倍~数百倍になるでしょう。

 保健所での殺処分の数だけ減らすのは意味がありません。なぜ保健所での殺処分数だけ、目の敵にする人(愛誤)が多いのか理解に苦しみます。
 兵庫県西宮市では平成20年から地域猫を制度化しました。地域猫の効果があった根拠として、市職員は議会で「殺処分数が減った」と証言しています。地域猫制度の導入と時期を同じくして、保健所での所有者不明猫の引取り拒否が増えたという証言もあります。引取り拒否すれば殺処分数は簡単に減らせます。「殺処分数が減った=地域猫の効果があった」は、下手くそなアリバイ作りに過ぎません。

動物の愛護及び管理に関する法律
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宮崎の事例

拾得した猫の再遺棄は犯罪です!

http://barkingdog.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-0310.html

猫を捕獲保護したらこれらの事例のコピーを持って警察から保健所に連絡してもらいましょう。

引き取りの行政職員が、犯罪の示唆をしないように警察にご協力いただきましょう。

熊本の殺処分ゼロもまったくもってインチキだと思います。

拾った猫をそのまま元の所に再遺棄を指導するなんてどうかしている!

繁殖して増えてその責任を熊本市動物愛護センターはとれるのか?

サーバント様の情報提供を楽しみにしています。

Re: 宮崎の事例

猫糞被害者@名古屋様

> 拾得した猫の再遺棄は犯罪です!

静岡以外でも、野良猫の拾得~再遺棄が動物管理法44条3項の「愛護動物の遺棄罪」が成立するとの警察の見解は複数あります。
保健所職員が、野良猫の引取りを拒否することは、動物愛護法44条3項違反を助長させる行為そのものです。


> 熊本の殺処分ゼロもまったくもってインチキだと思います。
> 繁殖して増えてその責任を熊本市動物愛護センターはとれるのか?

熊本市は基地害愛誤です。
「殺処分ゼロ」と誇るなんて大嘘欺瞞もいいところ。


> サーバント様の情報提供を楽しみにしています。

サーバント様、是非コメントくださいね。

No title

先日の世田谷での事件ですが、
殺された方は、餌やり婆さんだったようです。
餌やりだけが原因ではないみたいですが、
これも原因のひとつなんでしょうね。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121011/dms1210111131009-n1.htm


Re: zzz様

zzz様、コメントありがとうございます。

殺人は、いかなる理由がったとしても許されることではありませんが。
野良猫餌やりでのひどい被害を身をもって体験した私は、加害者の方に同情いたします。
餌やり被害では、本当に精神的に追い詰められます。
このような不幸な事件を防止するためにも、野良猫への無許可餌やりを罰則付きで禁止することと、所有者不明猫の保健所引き取りをきちんと行うことを望みます。

No title

さんかくたまご さん

 こんちにわ。
10月10日に東京世田谷区で凄惨な事件が起きましたね。ネットやテレビでは、猫巡るトラブルか…隣人女性殺害し自殺の元警視
と報道されているのはご承知の通りかと思います。
どの様な経緯でこうなったのか....
いずれにせよ、あまり怒りが過ぎると大変なことになりかねません。
私も愛護関係者とのいさかいが絶えず、引っ越しをしました。
いま思えば、ベターな選択であったと思います。
議論をする事は大変良いことですが、さんかくたまごさんや読者の皆様も怒り狂わない様にして下さいね。


Re: 宝塚太郎様

宝塚太郎様、コメントありがとうございました。

> 私も愛護(誤)関係者とのいさかいが絶えず、引っ越しをしました。
> いま思えば、ベターな選択であったと思います。

ご忠告ありがとうございます。
私の古い読者様で、楽天の記事でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はかつて芦屋市内のマンションに住んでいた時に、私の専用使用車庫で大変な野良猫餌やり被害を受けていました。
引っ越したのもそれが一因です。
そのような経緯から、野良猫餌やり偏執者とはまともに話にならないということをよく知っています。


> 議論をする事は大変良いことですが、さんかくたまごさんや読者の皆様も怒り狂わない様にして下さいね。

ネット上でも、異常な攻撃的な書き込みしかできないような人たち(愛誤)です。
直接話し合おうなんて恐ろしくてできません。

引越し完了

http://noranekokujyo.blog.fc2.com/に本部として
新装リニューアル?

尚、元の落転は支部として残して有ります。

「近年、ますます所有者のない猫の引取りを拒む保健所が増えています。犬猫の公的殺処分数の少なさを競い、殺処分数が少ないことを「動物愛護に配慮している」と喧伝する自治体もあります。」ってのは
結局、役人の責任逃れでしか有りませんね。

要は動物愛護管理方とは別に人間様の保健衛生の観点から
粛々と自ずと使命を全うすれば良いだけです。

初島の例を見ても島外の愛誤の余計な干渉さえなければ
順当に野良猫が減るか最悪現状維持になるはずの事を
メタボになるまで餌付けするなんて論外です。

それと元警察官のオッサンの大立ち回りも元はといえば
野良猫の無用な餌付けに端を発しているし・・・。

↑追加

「本来、猫は保健所に引き渡すはずが、職員は「殺処分されないように」と、別の公園に逃がした。」まぁ、この事例は法律や制度の
間で苦しんだ職員の苦肉の決断で愛誤が
その原因を作っている事からすれば告訴なんて以ての外ですね。

Re: 引越し完了

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 新装リニューアル?

新装開店おめでとうございます。
先ほど拝見しました。
コメント投稿は不可ですか。


> 「近年、ますます所有者のない猫の引取りを拒む保健所が増えています。犬猫の公的殺処分数の少なさを競い、殺処分数が少ないことを「動物愛護に配慮している」と喧伝する自治体もあります。」ってのは
> 結局、役人の責任逃れでしか有りませんね。

それもあるでしょうが、東大阪市の例のように、保健所職員個人を「動物愛護法違反」で執拗に告発し続けた愛誤もいます。
弁護士が受任していましたが、基地害愛誤弁護士が手弁当で引き受けたのだと思います。
刑事告発されれば迷惑な話ですし、業務にもさしさわります。
愛誤の異常な攻撃が一因で保健所が引取りを渋っているのだと思います。
そういう点では、保健所も被害者です。


> 粛々と自ずと使命を全うすれば良いだけです。

動物愛護管理法でも、自治体に引取りを義務付けているのですから、愛誤の圧力に屈する必要はありません。


> 愛誤の余計な干渉さえなければ、順当に野良猫が減るか最悪現状維持になる。

野良猫の異常繁殖と過度の集中は餌やりが原因です。
餌やりをしなければ過剰に野良猫は増えませんし、深刻な被害が生じるほど集中しません。

Re: ↑追加

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> この事例は法律や制度の間で苦しんだ職員の苦肉の決断で、愛誤がその原因を作っている事からすれば告訴なんて以ての外ですね。

再リリースしたのは、市職員の「猫が殺されるのは不憫」という善意からです。
それを逆手にとって告発するなんて、この愛誤は鬼畜です。
愛誤はいつも「ノーキル」と言っているでしょう、その愛誤の主張通りにした市職員を刑事告発するなんて、ダブルスタンダードで厚顔無恥も甚だしいです。

非常に残念な事件ですね。

少し方法を間違えてしまったんですね。残念です。こうなる前に地域でとは言わなくても、何件か集まって行動出来てれば…と感じます。私も自宅、公共施設の餌やり被害で警察に何度か行って調書取られたりした事がありますが、それは想定してワザと警察が来なければならない状況まで相手追い込んで計算してやってました。勿論証拠になる物は全てご協力を得て事前に用意して。

私の自宅含め数件が被害に遭ってた時は、餌やり行為止めなかった最後の一軒は、結局最後は引っ越して行きました。とにかく個人が、ただ感情的になった状態でああいう連中相手にしても、時間の無駄なんですよね。特にご年配の方が個人でやらなきゃならない事じゃ無い。

殺人は許されない。でも、こんな事(野良猫問題が全ての原因だとは思いませんが)で今までの人生台無しにして欲しくなかったですね。まず、隣近所に声掛けて欲しいですね。同じ様に思っている家はあるんですから。それが無理ならば、ネット参考にするとかでもいい。一線超える前に他人に助け求めて欲しいです。

コモンセンス。

さんかくさんが、前の記事で書いてる様に「それがCommon Sense=良識と言いましょうか、普遍的な価値観ではないでしょうか。」… 突き詰めると全てこれだと私も思います。野良猫愛好家、野良猫依存者、マナー違反犬飼い主、全てが海外から学ばなきゃいけないのは、シェルターや殺処分云々なんて事では無くて、まず、コモンセンス。

犬猫と一緒に行けるカフェがあるのは、「同伴可」ってだけで、コモンセンスが欠けた飼い主はそれを「自由」「何でもアリ」と解釈するんですね。外飼い猫を店内に放してる様な飲食店まで同じ様に見てしまう。

オフリーシュパークも同じですよね。良識、常識を理解出来る人間が多ければ、そういう場も増える。逆に好き放題やってる人間が多ければ毒撒かれる。こんなの本当に何処でも同じですよ。ドイツもイギリス他でも愛護先進国なんじゃなくて、日本よりも、コモンセンスの理解度が高い人間が多いだけです。その理解度が低い、欠落してる人間が生き物に関わってる限り、今度みたいな事件は無くならないですね。

No title

サンカクさん 久しぶりです、写真付のシャープな記事を待ってます

No title

処分数が減った=動物愛護?
引き取り拒否の多くは愛誤対策なのだと思いますが、無意味と言うか、欺瞞と思います。
同時に野良猫が減っているのなら動物愛護だと言っても差し支えないでしょうが、相対的に野良猫が増えているのなら、それこそ反動物愛護でしょう。
引き取り拒否するより、条例で猫へのマイクロチップ装着や室内飼いの義務化をする方が、よほど効果が上がると思いますし、そうやってしっかりした管理下に置くことは動物愛護にも叶うと思いますが、これでは問題の先送りどころか、将来の負担を増やしているだけに見えます。
本来人が管理すべき猫が無管理状態に置かれている、エサをやる**のせいで野良猫が増える、相対的に被害の増大と虐待等の発生リスクが増大する・・・これのどこが動物愛護なのかさっぱりわかりませんが、愛誤の言う「動物愛護」というのは、どうやらこういうもののようですね。
野良猫増やしているのも、被害を拡大させているのも、虐待を誘発しているのも、根本原因は愛誤にあると思いますが、そんな連中が、引き取れば虐待、リリースすれば虐待、何をやっても虐待虐待って、**としか言い様がありません。

Re: 非常に残念な事件ですね。

taka様、コメントありがとうございます。

> 少し方法を間違えてしまったんですね。残念です。

世田谷区の事件のことですね。


>こうなる前に地域でとは言わなくても、何件か集まって行動出来てれば…と感じます。

個人対個人であれば、どうしても感情的になってしまいます。
また相手のペースに巻き込まれてしまうかも。
自治会とか複数の人で対応すれば被害者も冷静でいられたかもしれません。


> 私の自宅含め数件が被害に遭ってた時は、

taka様も、餌やり被害者だったんですか。


> 隣近所に声掛けて欲しいですね。それが無理ならば、ネット参考にするとかでもいい。一線超える前に他人に助け求めて欲しいです。

おっしゃるとおりです。
しかし警察や保険所など行政機関も「たかが餌やり」と軽く考えないで欲しいです。
被害者の精神面を含めてダメージは想像以上に大きいのです。

Re: コモンセンス。

taka様、コメントありがとうございます。

> さんかくさんが、前の記事で書いてる様に「それがCommon Sense=良識と言いましょうか、普遍的な価値観ではないでしょうか。」… 突き詰めると全てこれだと私も思います。

本来動物愛護という分野は、個人のコモンセンス=良識とか道徳感に委ねるべきものだと思います。
動物を飼育で周りに迷惑をかけてはいけない、動物の命だって大切、飼った以上責任をもつ。
動物愛護管理法で定めていることは、そのようなコモンセンスです。
でもコモンセンスで通用しない人たちがいるから法律で明文化して罰則規定も設けなければならないのです。
で、一旦法律ができてしまえば拡大解釈したり、紹介した記事のように逆怨み攻撃の手段も用いられてしまいます。


> オフリーシュパークも同じですよね。良識、常識を理解出来る人間が多ければ、そういう場も増える。逆に好き放題やってる人間が多ければ毒撒かれる。こんなの本当に何処でも同じですよ。

ドイツでも不適正飼育者はいて、近隣とのトラブルはもちろんあるようですけどねw
愛誤が「日本の動物愛護は遅れているのだ」と言いますが、もっとも遅れているのは、彼らの良識かもしれません。

Re: 仕事人募集様

仕事人募集様、コメントありがとうございます。

おひさしぶりです。
最近、私の住まいの近くでは野良猫が激減しました。
そのうち宝塚市などの勝手地域猫を取材するつもりです。

迷惑餌やり反対派さん

迷惑餌やり反対派さん
>本来人が管理すべき猫が無管理状態に置かれている、エサをやる**のせいで野良猫が増える、相対的に被害の増大と虐待等の発生リスクが増大する・・・これのどこが動物愛護なのかさっぱりわかりませんが、愛誤の言う「動物愛護」というのは、どうやらこういうもののようですね。

横からすいません。まず、愛誤なんて呼ばれてる人達にはこんな事求めても理解出来きないと思います。一個人を取り上げて書くのは好きでは無いんですが…もういいかな。少しだけ。

ここでも良く名前が挙がってた人と一時期アレコレやり取りしたみた時期があります。

ある話しの中で、「怒られちゃうかもしれないけれど、外猫(餌やりしてる猫)は、いずれ自分で飼おうと思ってるんです」と言われたんです。頭数的に何十匹って、ちょっと尋常じゃ無い数です。ですから、「それはもう、倫理的におかしい。虐待と何ら変わらない」と言いました。そして、「その猫達を安全に幸せに出来る根拠は何だ?」と聞いたら、返って来た答えが、

「だって私はお金あるから病院に連れていけるし…」…でした。

だから、「私はお金あるから、外猫全て家で飼おうとおもってるんですよね。でも、takaさんは虐待と同じだ言う。皆さん私何か変ですかね?」って書いてみなと言ったんです。それでペット飼育の基準がわかるからと。反論寄こすのは猫嫌いや地域猫反対の人間だけじゃ無いからと。その後どうなったんだか知らないですが、その時に思ったのが、色んな意味で、

「この人はいつか、何匹も病気以外で殺してしまうな」って事です。

色々と本人にも問題があるんだと思います。正直、こんなスタンスでやってる人間が虐待とかアニマルポリスとか言う資格など無いとも思います。ですが、私が一番怖いと思ったのが、他人頼みみたいに、こんだけ頭数抱えてる人間に呑気に物質送ったり、「頑張って下さい、応援してます」なんて言ってる来る連中。じゃあ、この猫ボラが活動が原因で何かあって生活に問題出てた時、この無責任応援団みたいのは野良猫から離れた人間の援助はするのか? と思うんです。

餌やり自体もそうですが、こういう連中の罪は大きいですよ。それも含めて全てが愛誤と呼ぶんでしょうが。

Re: 迷惑餌やり反対派様

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 引き取り拒否の多くは愛誤対策なのだと思いますが、無意味と言うか、欺瞞と思います。

全くおっしゃるとおりです。
また、殺処分数という数字だけ減れば喜ぶ愛誤もバカ。


> 引き取り拒否するより、条例で猫へのマイクロチップ装着や室内飼いの義務化をする方が、よほど効果が上がると思いますし、そうやってしっかりした管理下に置くことは動物愛護にも叶う。


条例で、飼い猫の飼い主明示義務と室内飼い推奨を定めている自治体が複数ありますが、いずれも「猫飼育のマナーが向上し、猫による被害が減った」という効果が現れています。
しかし頑なにマイクロチップに反対する愛誤が多いです。


> 本来人が管理すべき猫が無管理状態に置かれている、エサをやる**のせいで野良猫が増える、相対的に被害の増大と虐待等の発生リスクが増大する・・・これのどこが動物愛護なのかさっぱりわかりません。

だから愛護ではなく愛誤なのです。


>引き取れば虐待、リリースすれば虐待、何をやっても虐待虐待って、**としか言い様がありません。

壊れたCDみたいに「虐待、虐待」としか言えないのだから。
紹介した記事の、市職員を動物愛護管理法違反、「愛護動物の遺棄」で告発した愛誤は酷過ぎ。
市職員が動物愛護法管理法違反ならば、TNRをしている日本全国の愛誤は同法違反で逮捕されるべきでしょう。

No title

さんかくさん
>taka様も、餌やり被害者だったんですか。
はい、かなり前にもコメントさせて頂きました。私が現在飼っているのは、その最後の餌やりやってた家が残して行った猫なんです。動物飼うならどちらかと言うと犬だったんですが、成り行き上、そうなってしまいました(笑)

>しかし警察や保険所など行政機関も「たかが餌やり」と軽く考えないで欲しいです。 被害者の精神面を含めてダメージは想像以上に大きいのです。

そうですね。本当、こんな事で時間無駄にする、ましてや家族残して自殺なんてね。追い込まれちゃったんでしょうね。もう、こればかりは個人で抱え込みすぎては絶対に駄目。何かしらの解決策を同じ経験したもの同士でシェアするべき。仮にそういうサイトや機関が動物愛護の弊害になるならば、そんなもの最初から無くていい。

>愛誤が「日本の動物愛護は遅れているのだ」と言いますが、もっとも遅れているのは、彼らの良識かもしれません。

突き詰めるとですね。私はそれしかないと思います。

Re: 迷惑餌やり反対派さん

taka様、横レスです。

>尋常じゃ無い数です。ですから、「それはもう、倫理的におかしい。虐待と何ら変わらない」と言いました。

愛誤さんが好きなドイツでは、基本的には多頭飼いは望ましいとはしていません。
ドイツには犬税がありますが、数が増えれば累進的に税額が高くなります。
多頭飼いを防止する意図があります。
日本でも鳥取県(猫含む)や佐賀県では飼育数を制限する条例があります。


> 「だって私はお金あるから病院に連れていけるし…」…でした。

私が、宮崎の口蹄疫が、放し飼いや野良猫により拡散した可能性があるという論文を紹介したことあります。
私は「猫の放し飼い、野良猫餌やりと口蹄疫拡大の因果関係が立証できれば、猫を放し飼いしたり野良猫に餌やりしている人は民事上の損害賠償を負う可能性がある。たかが餌やりにそんな資力はないが」と記事で書いたところ、その記事を受けて「私は資産家だ」と自分のブログで書いた人のことかな?
その時は驚愕しました(口蹄疫は初年度だけで2,000億円の損失)。
その割には「猫ボラwに対しては民事上の損害賠償を求めないという条例が必要」とか「複数の猫ボラwがいれば、誰から給餌を受けているかわからないから損が賠償なんて負わなくていい(民法719条。共同不法行為により、ほかの猫ボラwの分まで賠償責任を負う可能性があるのにこの人、痛すぎw)」とか自分のブログで書いていましたっけ。

共同不法行為
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%B8%8D%E6%B3%95%E8%A1%8C%E7%82%BA


> 「この人はいつか、何匹も病気以外で殺してしまうな」って事です。

無責任に餌やりだけしているということは、本人が目にしないだけで大量虐殺しているのと同じです。


>私が一番怖いと思ったのが、他人頼みみたいに、こんだけ頭数抱えてる人間に呑気に物質送ったり、「頑張って下さい、応援してます」なんて言ってる来る連中。じゃあ、この猫ボラが活動が原因で何かあって生活に問題出てた時、この無責任応援団みたいのは野良猫から離れた人間の援助はするのか? と思うんです。

自分が責任もって飼育できる範囲に飼育数を止めるべきです。
宝塚の大規模地域猫(認可か無認可か知りませんが、宝塚市が地域猫を制度化する以前からしていますから、その時点では勝手地域猫でしょう)のきっかけは、一人暮らしの高齢者が残した数匹の猫です。
ある猫ボラwが、高齢者が遺言で残された猫の安楽死を指示したことを猛攻撃していましたが、その高齢者は正解だと思います。
それより高齢になれば、ペット避けるのがもっと賢明です。

No title

さんかくさん
>無責任に餌やりだけしているということは、本人が目にしないだけで大量虐殺しているのと同じです。

だから、本人も言いました。「今はまだ、ラッキーなだけだ」と。そして、この人だけでは無いでしょうが、「猫達の為なら何でもします」と言う。では、「同じ他の猫ボランティアの為にはどこまで自分犠牲に出来る?」って事です。

言いたい放題、やりたい放題やる人間が居る一方で、「猫ボラ」と名乗っては居ないかも知れませんが、住民との軋轢さけて、本当に出来るだけの事をやってる人達も居る。馬鹿猫ボラが虐待犯や頭おかしいのに狙われて、刺されて殺されようが、知った事では無いですが、謙虚に無理無くやられてる方に怒りの矛先が向けられたら、馬鹿猫ボラはどうやって責任取るんだ?と思いますよ。

自分が餌やってる野良猫しか考えられない連中には一生理解出来ないでしょうけれどね。

No title

taka様

レスありがとうございます。

>愛誤なんて呼ばれてる人達にはこんな事求めても理解出来きないと思います。

専門家でもない者が、病的とも思える偏執思考に楔を打ち込むのはまず無理な事だと思っていますが、連中以外にも行政など「期待できる」方もご覧になっています。
そういった方々が何かを考える上での一助となれば幸いかな、という思いも含めて駄文を投稿させて頂いています。

>反論寄こすのは猫嫌いや地域猫反対の人間だけじゃ無い

全くその通りだと思います。
私も別に猫嫌いではありませんし。
一つ言えるのは、好き嫌いにかかわらず「おかしい事は誰が見てもおかしい」という事でしょう。

>私が一番怖いと思ったのが、他人頼みみたいに、こんだけ頭数抱えてる人間に呑気に物質送ったり、「頑張って下さい、応援してます」なんて言ってる来る連中。

どれだけ考えて支援しているのか甚だ疑問ですね。
結果的に、こういう考えなく手を差し伸べる人達が、愛誤を更なる泥沼に沈めているのではという気がします。

No title

>殺処分数という数字だけ減れば喜ぶ愛誤もバカ。

見えないところで死ぬ数は含まず、なのでしょうね。
表向きさえ整えておけば深読みなどできない連中ですから、ある意味扱いやすいとも言えますが。

>条例で、飼い猫の飼い主明示義務と室内飼い推奨を定めている自治体が複数ありますが、いずれも「猫飼育のマナーが向上し、猫による被害が減った」という効果が現れています。

数年に渡り時間と血税を使って地域猫をやっているにもかかわらず、減るどころか増えているところがあちこちで見られる中、飼い主にちょっとした努力をしてもらっただけで効果があったというのは皮肉な話です。
十数年も時間と血税を無駄に浪費し続けた結果が野良猫の大増殖という、トップクラスの失敗例を持つ某市は大いに参考とすべきですね。

Re: taka様

taka様

>住民との軋轢さけて、本当に出来るだけの事をやってる人達も居る。謙虚に無理無くやられてる方に怒りの矛先が向けられたら、馬鹿猫ボラはどうやって責任取るんだ?と思いますよ。

保健所に収容された犬猫を一匹でも引きっとって大事に飼育する。
それでも立派に動物愛護です。
自分で責任が持てる範囲で行って、無関係な人を巻き込まないことが大事で、数を誇る意味はありません。
その点で猫ボラwさんたちは勘違いしているのではないでしょうか。
機会があれば、神戸の動物管理センターを見学しようと思っています。
市が収容した犬を、動物管理センター敷地内で民間ボランティアが犬舎を建設し、譲渡事業を行っているというものです。
今年の8月から猫でも始まりました。
このような無関係な人を巻き込まない活動もあります。

Re: 迷惑餌やり反対派様

迷惑餌やり反対派様

> 見えないところで死ぬ数は含まず、なのでしょうね。

ドイツの殺処分ゼロを賛美するのも同じ思考でしょう。
ドイツでは、日本のような公的殺処分施設がないだけで、事実上の野良猫駆除数(狩猟)や安楽死は日本より遥かに多いのです。
(狭義の)殺処分=保健所だけ、という単純な思考は本当にバカ。


> 数年に渡り時間と血税を使って地域猫をやっているにもかかわらず、減るどころか増えているところがあちこちで見られる中、飼い主にちょっとした努力をしてもらっただけで効果があったというのは皮肉な話です。

猫の飼い主明示義務は、飼い主に飼い主としての自覚を促し、室内飼い推奨は、野良猫への餌やりをしにくくさせる効果があると思います。
地域猫はその逆です。
「集団で屋外で猫の面倒を見る」ということは責任が曖昧になり、飼い主の自覚を喪失させます。
地域猫=屋外での飼育の容認、は、一般飼い主に対しても放し飼いして良いという勘違いを生じさせます。
飼い主明示義務化、室内飼い推奨を条例化した自治体は、罰則規定がなくても効果を上げています。
それに対して地域猫制度は、稀に見る悪施策です。

No title

さんかくさん
『だから、本人も言いました。「今はまだ、ラッキーなだけだ」と。』
では無くて、

『だから、本人にも言いました。「今はまだ、ラッキーなだけだ」と。』…です。

意味違ってしまいますね。すいません(笑)

>保健所に収容された犬猫を一匹でも引きっとって大事に飼育する。
それでも立派に動物愛護です。 自分で責任が持てる範囲で行って、無関係な人を巻き込まないことが大事で、数を誇る意味はありません。

凄い単純な話しですけれど、毎日路上で餌与えられてる猫と動物センターの猫、どっちがより死に近いか…考えればわかるでしょう。どっちの猫を優先保護する方がコスト的、時間的にも楽か。それも普通の頭持ってればわかる。無い物ねだりする人間が多いんでしょう。それを「優しさ」だとか「慈悲」なんて言葉で消化しようとしているだけ。

今度の事件では、被害者は餌やり本人。それが、本当に野良猫一匹ずつ保護している方であったり、それこそただ、本当に飼育者になろうと思って捕獲しようとしてる人が傷つけられる事が、ここまで来ればこれから先無いとは言えないんですよ。それ位の事も考えられないなら、何匹保護しようが本当にただのワガママな個人趣味を路上でやってるだけですね。別に誰がという事では無くてです。

Re: taka様

taka様

> 毎日路上で餌与えられてる猫と動物センターの猫、どっちがより死に近いか…考えればわかるでしょう。どっちの猫を優先保護する方がコスト的、時間的にも楽か。

特に猫に関しては、一般譲渡をしない保健所が多いです。
それは過去にいわゆる猫ボラが大量に引き出しては公園などにリリースしたり、怪しげな保護猫譲渡事業を行って問題を起こしたからです。
しかし今はマイクロチップという優れたツールがありますので、上記のような問題は防止できます。
川崎市やさいたま市では、マイクロチップを装着することにより、保健所収容猫を一般に譲渡しています。
私は、犬猫のレスキューボランティアが介在して一般譲渡を行う必要はないと思います。
いわゆる猫ボラwは、動物取扱業未登録で動物愛護管理法に抵触している可能性大ですし、彼らは常識とか冷静さがありません。
譲渡先とのトラブルも多くあります。


> 今度の事件では、被害者は餌やり本人。それが、本当に野良猫一匹ずつ保護している方であったり、それこそただ、本当に飼育者になろうと思って捕獲しようとしてる人が傷つけられる事が、ここまで来ればこれから先無いとは言えないんですよ。

周りに迷惑を及ぼさなければ、野良猫を捕獲するだけでは何も支障をきたすとは思えません。
周囲の人にとっては、迷惑が及ぶかそうでないかだけです。
近所の方で、野良の仔猫を拾って去勢して室内飼いしている人がいます。
その方と野良猫に野放図にえさやりしている人とは、近所の方も全く異なると認識しています。
ただ、保護名目で餌をばらまくとかすれば、迷惑餌やりと変わらなくなるでしょう。

猫一匹で絶滅した鳥

本題と外れてしまって申し訳ありません。

http://ameblo.jp/oldworld/entry-10775869753.html

猫による環境破壊の典型だと思います。

都市でスズメが激減しているのも野良猫繁殖による捕食が

大きな原因なんじゃないかと私は疑っています。


猫はキャットフードを与えられていても、本能で必ず狩りをします。

猫が雀を捕まえると逃げられない室内に連れていき

さんざん弄んで雀が絶命したら喰う。


猫は可愛く思えるところがある反面、人間の価値観から言って

残酷な動物という一面もあります。


まあ、肉食動物なんだから当然なんですけどね。


猫が環境破壊を起したり、人に著しい迷惑を

かける事の無いようにするのも動物愛護管理法の

理念ではないかと私は考えています。


それからさんかく様にリクエストですが

愛護動物の遺棄罪の成立要件について警察の見解の

ソースをご教示頂きたいです。

やっぱり痴遺棄猫は現在の法的観点から言って

限りなくブラックに近いグレーだと思います。

私もその様な観点で何か書ければと思います。

Re: 猫一匹で絶滅した鳥

猫糞被害者@名古屋様

> 猫による環境破壊の典型だと思います。
> 都市でスズメが激減しているのも野良猫繁殖による捕食が大きな原因なんじゃないかと私は疑っています。

沖縄のヤンバルクイナは、日本では珍しい飛ばない鳥ですが、野良猫の捕食により個体数が1,000を割り、絶滅寸前です。
本来ならば、ヤンバルクイナの生息地では、野良猫野猫の駆除を大規模に行うべきなのです。
スズメは、日本野鳥の会の調査では、50年前と比べて10分の1に激減しています。
これは私も記事にしています。
巣作りする場所が減ったなど複合要因でしょうが、野良猫の増殖も一因だと思います。


> 猫はキャットフードを与えられていても、本能で必ず狩りをします。

「野生動物を捕食させないために野良猫に餌やりをしなければいけない」と主張している愛誤がいますが、全くナンセンスで間違いです。
餌を十分に与えられていても猫は狩りをします。
餌を与えれば野良猫野猫は増えます。
個体数が増えれば、それだけ狩りをする個体が増えるということですから、野生動物の被害も増えます。


> 愛護動物の遺棄罪の成立要件について警察の見解のソースをご教示頂きたいです。

警察が被疑者を検察送致するということは、すなわち警察が犯罪が成立しているという見解を持っているということです。
ですから、静岡の事件では「ごく一時的に捕獲占有管理下において、ほかの場所にリリースした」。
この事実だけで、被疑者=市職員は検察に送致されています。
犯罪が成立していないと警察が判断すれば、検察に送致することはありえません。
また警察が「○○罪の成立要件は~」などと見解を外部に公表することは通常ないです。


>やっぱり痴遺棄猫は現在の法的観点から言って限りなくブラックに近いグレーだと思います。

保健所から収容猫を大量に引き出して、公園にリリースしたバカ愛誤が過去に多数いました。
これなどは愛護動物遺棄罪に抵触する可能性大です。
多数の人が告発して警察に圧力をかければ、取り調べ検察送致もありえます(警察の体質はそんなところがあります)。
しかし法学上、リリースしたあとに給餌など行えば遺棄罪が成立しないという見解もあります。



No title

さんかくさん。
>特に猫に関しては、一般譲渡をしない保健所が多いです。
>私は、犬猫のレスキューボランティアが介在して一般譲渡を行う必要はないと思います。 譲渡先とのトラブルも多くあります。

同じですね。私も経費込みなんて形で譲渡まで行われてる事がおかしいと思いますよ。所謂便利屋さんて職業あるじゃないですか。ああいう人と話した事があるんですが、野良猫被害で困ってる方からの電話って結構多いらしいですね。話聞いてて「どっちが猫ボランティアなんだか?」と思いました。勿論商売ですから有料ですが(笑)。

>その方と野良猫に野放図にえさやりしている人とは、近所の方も全く異なると認識しています。

私も自宅被害で動く前に、そういう方とお逢いした事あります。何処で聞いてきたのか、近所の人間かは聞きませんでしたが、家回って挨拶してくれましたよ。「野良猫保護しようと思っているのですが、お家の裏通らせて頂く事があっても宜しいですか?」って。協力して下さいとか一切言わなかったですね。見ていたら、餌置くのでもなく、普通のキャリー持って待ってるし、正直、「そんなので捕獲出来る訳無いよ」と思いましたが、馬鹿にする気は一切起きなかっですね。ご苦労様ですとしか思いませんでした。そういう人だって居ますよね。

うちの周りも餌やり人間にやめさせたり、これが一番の原因だったんですが、レジャー施設での利用客の餌やりやめさせるのに、経営者に看板出させたりゴミの管理徹底させた結果、野良猫被害はすぐになくなりましたし、2、3匹除いて殆どの猫達は居なくなりましたね。餌断てばいつまでも同じ場所で待ってはいませんよ。それが「動物愛護精神に反する行為」って言うならば、別に自分は非愛護者でも虐待者でも何でも良いです。こんな事キリが無いですから(笑)。

最後まで訳わからない事並べてた家、そこの主人は…自分から居なくなってくれて良かったですが、因みにそいつはテキ屋でした(笑)。「俺はテキ屋やってんだが、それでも文句言うのか?」と下らない言われて、「そんなのどうでも良いから、お前の勤め先連れて行け」とやった事もあります。それで知らなくて良かった事まで知ってしまったり(笑)

ですから、うちの猫はこういうのが散々好き勝手に餌やり遊びして、見捨てた内の一匹です。本当は妻が犬飼育経験があったので、こういう事が無ければ動物ならば犬飼っていたと思います。そこは計算間違えました(笑)

Re: taka様

taka様

>便利屋さんて職業あるじゃないですか。ああいう人と話した事があるんですが、野良猫被害で困ってる方からの電話って結構多いらしいですね。

私はホテルニューグランドや京都の料亭での野良猫駆除を記事にしましたが、猫ボラwが嗅ぎつけて妨害するのは氷山の一角です。
医療機関や高級飲食業などは、業者に野良猫駆除を委託します。
小規模なのは便利屋さんですが、害虫駆除業者が請けている場合が多いです。
獣医師に安楽死を頼んで(数が多ければ、飼い主持ち込みの保健所での殺処分手数料より安いぐらいです)、産廃業者に処分を頼んでおしまい。
保険での引取りを愛誤が妨害して保健所での殺処分数が減れば、彼らは満足なんでしょう、おめでたい人たちです。
(有料なのは猫ボラwも変わりませんが)。


>餌置くのでもなく、普通のキャリー持って待ってるし、正直、「そんなので捕獲出来る訳無いよ」と思いましたが、馬鹿にする気は一切起きなかっですね。

「捕獲器、貸してあげましょうか」と言いたくなる人もいます。


> うちの周りも餌やり人間にやめさせたり、レジャー施設での利用客の餌やりやめさせるのに、経営者に看板出させたりゴミの管理徹底させた結果、野良猫被害はすぐになくなりました。

野良猫の数が増えるのと、被害が生じるほど過度に集中するのは100%餌やりが原因です。
兵庫県宝塚市では、地域猫を制度化する際に、おかしな動物愛誤団体がしゃしゃり出てきて研修会資料を作成しました。
その中で「猫は縄張り意識が強く、との土地に執着するので、餌やりを止めても離れない」とありました。
全く動物の生態を分かっていません。
最初に無制限餌やりを認めよ、というバイヤスで屁理屈つけているだけです。


> ですから、うちの猫はこういうのが散々好き勝手に餌やり遊びして、見捨てた内の一匹です。

それは大変ですね。
猫は、20年近く生きるものもありますから。
大事にしてやってください。
ウチで生まれた足に障害のある、コッカースパニエルは、母の実家にもらわれていきました。
20年以上生きて、死ぬ数年前は白内障で目が見えなくなり、ボケて飼い主にも歯がない口で噛み付いたりしました。
生き物の命を全うさせるのは、大変なことです。

保健所での引き取りを拒んだところで変わるのは「死ぬ場所」と「死因」だけでしょうけどね。
老衰で死ねるような幸運な個体は極一部で、車にはねられて致命傷を負っても即死できずに七転八倒したり、感染症にかかり全身を毒素に冒されるなど、保健所で安楽死させられたほうがマシな最期がほとんどでしょう。
引き取りを拒んで繁殖が行われれば「死ぬ数」はむしろ増えますし。


愛誤は自分の目に見えるところで1匹の猫が死ぬのはごめん被るが、死ぬところさえ目の当たりにせずにすむのなら間接的な手段を用いて10匹の猫を殺害するのは平気なのでしょう。

殺処分費が無駄とか言う人居ますが、

それなら火葬にして、廃熱利用で温水プールでいいですよ。こんなの愛護やエコ先進国(笑)なら、平気でやるでしょうね。人間の場合で賛成率8割越す国があるんだから、動物の死体なら抵抗感少ないでしょう。合理的な国は怖いですよ(笑)。「死後も自分が人の役に立つならば」って考える方も多いんですよね。これこそ究極のボランティア(笑)。「野良猫増やしたり、ペット捨てたら、こんな事に使われちゃう…」位の感覚持った方が良いかも。

No title

さんかくさん、、

ちょっとお題はずれますが、マイクロチップのことはきっと皆さまより私は詳しいと思います。それも全て日本、海外の動物検疫体験から調べた自分の知識です。

あまりさんかくさんにも頭を使わせたくないのですが、どうしても文献が英語でしか探すことができないんです。

日本でマイクロチップを装着義務は犬にも関係してくるので私は猛反対なんです。役人、獣医が儲けるためのシステムでしかないです。 

マイクロチップは既に欧米で始まり約10年近くたっていますが、問題が次から次へと出て来ています。そうして私がなぜ日本の小動物獣医を毛嫌うかと言うと、彼ら決して健康リスクや問題を正しく公表しないんですよ。

日本では猫へのチップはまだ一般的ではなく、義務化となった場合、チップリーダーが必要になります。
チップでは飼い主特定できなし、チップは欠陥商品であることはすでに分かってきていますしチップ自体本当に欠陥品で、健康リスク(ガン)も英米では報告されています。

MICROCHIPS: ARE PET OWNERS BEING MISLED?
http://www.dogsnaturallymagazine.com/microchips-pet/

Microchip Implants: Questions & Answers (これはかなり長文です)
http://noble-leon.com/letters/microchip-implants-questions-and-answers.html 

チップは個体認識番号であり、飼い主を特定するものじゃないんですよ。飼い主はある機関に登録が必要です。(現在の日本では)その登録変更も自身で行えないんです。チップ挿入の値段は獣医により異なり3000円~10,000円で勝手に値段をつけることができます。、また登録も3000円。

1)飼い主が引っ越しをし新しい住所、電話番号を届け出しないと、無意味

2)すべての公共機関、また団体、鯔はチップリーダーを持っていません。

3)そうしてチップにより読み取れないチップもあります。現に日本の空港動物検疫所には数種類のリーダーを置いています。

4)チーだ‐は5センチ位地つけないと読み取れません。

5)頸部となっていますが、獣医によりどの場所へ装着するか異なります。

うちの犬はイスラエルで装着しています、日本のチップリーダーが読めるかどうかも定かではないです。

そうして話、アイルランド・ダブリンで子犬50匹を救出

日本語ニュース:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233298.html
英語版ニュース:http://www.irishtimes.com/newspaper/breaking/2012/1010/breaking29.html

アイルランドも確か英国と同様の動物愛護、検疫をしているはずなんですよ。しかし実際どこかのブリーダーが繁殖してブラックマーケットで売ろうとしてた。
英国ではクリスマス時期に子犬が売れるとも書いている、子犬にはマイクロチップが装着されていなかったため、ブリーダーを探すことができない。

にもかかわらずヨーロッパ崇拝日本愛誤たちは、(日本語ニュースしか読むことをしないので)「よかった、子犬が助かった」「子犬を商売にするなんて最低だ」とか、お門違いなコメントいれてるんですよ。

すなわち、家賃を平気で払わず自分の権利だけを主張し生活保護をうける人がいるように、自分の権利だけを主張する餌やりさんにはどんな義務をかせても、意味がないとい。そうして皆様にはマイクロチップでは管理ができないということを分かってもらたらと思います。

また、ある愛誤団体フェイスブックに数回コメント入れている方がいて、「猫にチップをいれたのに殺処分された」「保健所に持ち込んだ人を聞くと、個人情報保護のため教えることができない、僕は泣き寝入り・・・」

この方、の全ての状況はわからないですが、考えられるのは

1)外で放すこともあったのでチップをいれた?だから、その猫で迷惑を被っている人が保健所に持ち込んだ?

2)室内猫にしていたが、たまたま外に飛び出したが、(首輪はしてたようです)保健所に持っていれた?

3)チップをしていても殺処分をされたのは、、チップリーダーがなかったからでしょう。

そうして、チップを入れることで放し飼いをしても安心と思う人が増えても、それも迷惑なこととなるでしょう。排泄物、他人の庭に勝手にはいるなど・・・。

さんかくさん、「猫飼育のマナーが向上し、猫による被害が減った」これはどこの地域ですか?また、これ実際本当にアンケートを取った上でのことなんだろうか? 私はこれは単にチップ装着の助成金目当てで勧めているとも思えるんですよ。通常室内専用猫にしている場合、チップをいれなくっても問題はでてこないですよね?

(もし、コメントを読まれている方で犬猫を飼っているのでしたら、この上記の英語リンクを必ず読んでほしい。)

本当に悲しいことに、皆様がコメントで言うように、愛誤が最も動物愛護精神に貧弱で、最も動物を虐待し、もっとも優先しないとならない人間の生活を脅し社会的地位を失わせるようなことをし、本来の人間と動物の共存を邪魔している。

私はこんな猫基地のかたのせいで、自分の愛犬が悲しい思いをするような義務化だけは避けたいからこそ、みなさんにもマイクロチップの実情を知ってもらいたと思いコメントしました。

あと、さんかくさん、私はムスリムのと畜の表現は気にしていませんでした。ただ宗教上でも極力痛みを与えない方法でということをお知らせしたかったんです。日本では動物愛護という名の下の差別で「イオマンテ」を禁止にしましたよね。動物愛護はアイヌ民族の方から教わることたくさんあります。

Re: 碧のたぬき様

碧のたぬき様、コメントありがとうございます。

> 保健所での引き取りを拒んだところで変わるのは「死ぬ場所」と「死因」だけでしょうけどね。
> 引き取りを拒んで繁殖が行われれば「死ぬ数」はむしろ増えますし。

全くご指摘の通りかと思います。
TNR活動にしても、不妊去勢実施割合からしても全く増殖抑制効果はありません。
ですから保健所での引き取り拒否は、むしろ殺される猫の数を増やします。


> 愛誤は自分の目に見えるところで1匹の猫が死ぬのはごめん被るが、死ぬところさえ目の当たりにせずにすむのなら間接的な手段を用いて10匹の猫を殺害するのは平気なのでしょう。

そうです。
私が常々指摘している「愛誤は視野狭窄、近視眼的、非論理的」のとおりです。
一事が万事ですが。

Re: 殺処分費が無駄とか言う人居ますが、

taka様

> それなら火葬にして、廃熱利用で温水プールでいいですよ。

アメリカでは、殺処分した犬猫の死体を工業原料として再利用し、多くはペットフードに加工されます。
犬猫の殺処分数が700万頭もある国ですから、それらをすべて廃棄処分にすれば大変なコストになります。十年前くらいまでは、2,000万頭も殺処分していましたから、大分改善したと言えますが。
それと、尼崎保健所長が書いた本によれば、尼崎市の路上死猫は、保健所での殺処分数の約2倍です。
また一匹あたりの処分費は、保健所での殺処分より路上死の方がはるかにかかるのです(個別対応になるし、その都度出動しなければなりませんから)。
ですから「殺処分費が無駄」というのは大嘘です。

Re: Hippy Monday☆

Hippy Monday☆ 様、コメントありがとうございます。

マイクロチップは、1マイクロチップ、2リーダー、3データーベース、の三者がすべてきちんと機能しなければ目的を達成できません。
マイクロチップそのものは、15桁の番号を割り当てるだけです。
それをリーダーが読み取り、その番号でデーターベースに照会するという方式です。
マイクロチップで問題になっているのは、
1、健康リスク。
2、リーダーが普及しなければ意味がない。またきちんと読み取れるか。
3、データーベースに登録しなければ意味がない。またデーターベースの共通化が必要。
と言ったところでしょうか。


> 日本でマイクロチップを装着義務は犬にも関係してくるので私は猛反対なんです。役人、獣医が儲けるためのシステムでしかないです。

私は犬を飼育したことがありませんので詳しく存じませんが、獣医師による施術料が2,000円、データーベース登録料が2,000円と聞いています。


>日本の小動物獣医を毛嫌うかと言うと、彼ら決して健康リスクや問題を正しく公表しないんですよ。

動物愛護管理法では、既に特定外来生物ではマイクロチップを義務付けています。
また、家畜はほぼ全ての個体で装着していると思います。
マイクロチップの健康リスクについては、家畜や特定外来生物で実績がありますので、中立的にこれからも検証していく必要があると思います。


> 日本では猫へのチップはまだ一般的ではなく、義務化となった場合、チップリーダーが必要になります。

リーダー自体高価なものではありませんから、義務化となった場合、全ての犬猫を収容している保健所は備えるでしょう。


> チップでは飼い主特定できなし、健康リスク(ガン)も英米では報告されています。

チップで飼い主が特定できないのは、きちんとデーターベースに登録しないことや、複数のデーターベースがあり、全てに照会しないということが原因です。
日本ではAIPOというデーターベースに共通化されましたし、EU諸国でも今年の7月12日からデーターベースが共通化されました。


> また、ある愛誤団体フェイスブックに数回コメント入れている方がいて、「猫にチップをいれたのに殺処分された」

真偽は、コメントを入れた人の一方的な主張ですのでわかりかねますがね。
マイクロチップは新しい技術試みですので、改善すべき点は徐々に改善していけば良いと思います。


>「猫飼育のマナーが向上し、猫による被害が減った」これはどこの地域ですか?また、これ実際本当にアンケートを取った上でのことなんだろうか? 

西表島の条例です。
何回か前の記事でこの条例の記事をリンクをつけて紹介しています。
私は「飼い主明示」と書いたはずで、マイクロチップ装着義務とは書いていないはずです(西表島の条例でもそうです)。
飼い主明示は、首輪に名札をつけることです。
アンケートをとったかどうかは知りません。
マスメディアがそのように報道しています。


>動物愛護はアイヌ民族の方から教わることたくさんあります。

アイヌは仔熊を捕獲したら大事に育てて、最後に屠殺して利用します。
しかしその際にはクマに感謝し儀式を行います。
また狩猟されたクマに対して感謝の儀式を行います。
私は愛誤より、アイヌ民族の方が動物愛護精神を感じます。

西表島(竹富島)条例の補足

>西表島の条例です。
>何回か前の記事でこの条例の記事をリンクをつけて紹介しています。
>私は「飼い主明示」と書いたはずで、マイクロチップ装着義務とは書いてい>ないはずです(西表島の条例でもそうです)。
>飼い主明示は、首輪に名札をつけることです。
>アンケートをとったかどうかは知りません。
>マスメディアがそのように報道しています。

西表島の自治体、竹富島では、2001年に、飼い猫に飼い主明示の義務化条例を可決しました。
その後、2008年に、同条例ではマイクロチップによ飼い主明示義務化が改正されました。
現在、マイクロチップによる飼い猫の飼い主明示義務を定めた自治体は複数あります。

http://unkar.org/r/news/1210730352
迷惑猫飼い主への対処には『ネコエイズ』が有効な手段と判明、西表実験場より

http://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/iriomote.html
希少動物を感染症から守れ!西表に条例可決
(この記事が、私が先に紹介したものです)。

http://nichiju.lin.gr.jp/kousyu/pdf/h21_06_yasei.pdf
野生動物対策における獣医師の役割と将来像
(本条例の効果について)。

マイクロチップについて 補足

マイクロチップをいれていますか? 環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

訂正

日本での、マイクロチップ装着にかかる費用は、獣医師に対する施術料2,000円程度+AIPOへの登録料1,000円の、合計3,000円程度です。

No title

愛護センターや保健所での殺処分が減ったと云って喜ぶのは全くのナンセンスです。
東京都では成猫のセンター収容を事実上停止していますが、猫の道路上での死体や公園での死体は逆に増えているのではないかと思われます。

時々、築地市場に買い物に行くのですが、場内市場、場外市場に住みついた猫が事故死体となって道路の片隅に置いてあることも間々見かけます。

おそらく、縄張り争いに敗れた野良猫は餌を探し、人通りの少ない深夜にさまよい、交通事故に遭って生涯を終えるのでしょう。

皆様のご指摘通り、センターで殺処分されるよりさらに惨たらしい死に方で生涯を終えるのです。

マイクロチップに話は変わりますが以下の日本獣医師会のHPに記載されていますが登録情報の変更は随時可能です。
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/microchip04.html

また、少し古い情報ですが、以下のNPOアナイスのHPによるとマイクロチップリーダーの設置都道府県政令指定都市は確実に増えており、ほとんどの大都市では設置が完了している状況です。
http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc_now_syousai.html

マイクロチップについてはデメリットよりメリットの方がはるかに大きいツールなので法令による早急な義務化が望まれます。
猫害が発生した場合の猫の管理者が誰かも容易にわかるので、被害者の泣き寝入りも解消できます。

No title

行政手続法の関連について 猫糞被害者さんのサイトに寄稿しました。二重投稿でも差支えなければこちらにも書き込ませて頂きます。

引取り拒否自治体の中で、条例にまで引取り拒否と読めそうな条項を落としこんでいる自治体は東京以外にも複数あります。
ただし、今回の法改正で逆に引取り拒否の範囲が明確化されたことから、それら条例の違法性が明らかとなっているように思います。

遺棄については、構成要件が判例上確立していないようで、難しそうですね。

マイクロチップ

こんにちは、さんかくさん。

さすが、さんかくさんは色々と知っていますよね!ヨーロッパですが、ヨーロッパでデーター統一となった1つの理由はEU動物検疫が統一されたことが関係していると思います。

自分の犬の例でみると、チップ装着していても出入国、ワクチン接種詳細データー管理されていないため、いちいち彼らはファックスで各動物検疫へ連絡。日本の動物検疫法はとんでもなくおろそかな法ですよ。データー管理せずいまだに書類をファックス転送なら、チップ装着の意味をなしていないでしょう。

本気で飼い主特定のためというのなら、犬猫にICチップだと思いませんか?または国民一人一人にID番号をつけ、マイクロチップとそのID番号を関連付けさせたほうが効果もあるでしょう。その面でも欧米とはシステムが異なっています。

犬は、チップ登録、市町村に登録、2重登録と登録料。ただ、市町村登録は狂犬病予防法のためで、ではチップの目的は何ですかと獣医師に問いたいんですよ。だから何のための誰のための犬猫の(マイクロチップ)個体認識が必要なのかということです。

それに狂犬病予防法の下、放浪犬は殺処分となります。運が良ければ助かる、そんな程度のマイクロチップでしかないです。もし、チップを装着していることが狂犬病を持っていないということで殺処分されないのなら、犬のチップ装着に意味があるでしょう。しかし、AIPO登録情報にはワクチン接種記入項目はありません。 それに集団狂犬病予防接種をさせているのも日本だけでしょう^^ 

日本の場合、犬猫はすべてとんちんかんでまとまりのない(私腹のための)管理下にあると思っています。環境省(愛誤)、厚生省(狂犬病予防法)、農水(動物検疫、獣医、動物薬)

チップ、ワクチン、などに関して関係者たちの儲け話は、言いたいことたくさんありますが、話しがそれて行ってしまうためここでは避けます。

------------- 以上は犬の飼い主からのマイクロチップのコメントです-------------

どの国に置いても、まず犬は狂犬病予防という概念から色々と厳しく管理されまよすよね。だから問題は猫。猫は市町村へ登録が必要ではないので、チップに期待。 ようは猫も市町村へ登録させるべきだろうということですよね。(これは賛成です!)

>迷惑猫飼い主への対処には『ネコエイズ』が有効な手段と判明、西表実験場より
>飼い猫へのマイクロチップの埋め込みの義務化や、 町全体では登録や汚物の適正処理などの義務、棄や飼い猫以外への餌やりの禁止が定められている。
>西表西部動物診療所の栗原新獣医師は「ネコ科動物の病気のない島になることは イリオモテヤマネコだけでなく、すべてのネコにとって幸せな島になるということ」と期待

甘いですよ。なにが全ての猫ですか?ペットブームで雨後のタケノコのようにわき出てきた獣医はこの条例を作るまで何をしてたかと言うことですよ。動物の専門家であれば本来彼らこそが野ら猫駆除する必要があったのに。愛誤に有無なんて言わせる必要ないでしょ。これだけ野ら猫被害増やしておいて、挙句の果て全ての猫にとって幸せ? だから私は多くの犬猫小動物獣医が嫌いになるんですよ。。

ただ、他の地域はもっと遅れていますよね。 

「環境省がつまらない「飼い主のいない猫」などのような表現を作り愛誤を助長し、野生動物愛護も野ら猫を愛護って、馬鹿げてますよ。

登録料は4ヵ月位前ににある日本の獣医が教えてくれたのは登録料が3000円だったんですよ、値段が下がったんですね。ただ施術料は私も日本でチップを入れたことがないので定かではないです、ネット上ではそれぞれ動物病院で異っているようなことが記載され、猫は小型なのでお安いのかもしれないですね。
助成金を出している地域では、確かにお安く装着できるようですけどね。野ら猫にも同じように税金掛けていますが、同じ税金を使われるのなら、私は徹底駆除してほしいです。

http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc_nagare.html
http://news.jprpet.com/special/200707/01/
動物病院で、マイクロチップの装着をした場合。品種・状況・その他により異なりますが、4000円~10,000円程度が多いようです。この他にデータ登録料として1000円を別に管理団体に支払う場合があります。(マイクロチップの登録料はマイクロチップ代に含まれていることもあります)

Re: 三二一閣下様

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 東京都では成猫のセンター収容を事実上停止していますが、猫の道路上での死体や公園での死体は逆に増えているのではないかと思われます。

近年、兵庫県の神戸阪神都市部では、ますます保健所では猫の引取りを渋るようになってきました。
それに連れて、路上で猫の死体を見ることが多くなったような気がします。


> マイクロチップに話は変わりますが、登録情報の変更は随時可能です。

飼い主の変更やワクチン接種や不妊去勢の有無など、登録情報を拡大させれば、大変利用価値が高くなります。


> マイクロチップリーダーの設置都道府県政令指定都市は確実に増えており、ほとんどの大都市では設置が完了している状況です。

マイクロチップを義務化すれば、当然犬猫の引取りを行っている保健所はすべて設置されるでしょう。


> マイクロチップについてはデメリットよりメリットの方がはるかに大きいツールなので法令による早急な義務化が望まれます。

新しい技術や制度は、導入当初は毀誉褒貶がつきものです。
偏向のない議論を重ねて行けば、デメリットも改善されて行くと思います。

Re: サーバント様

サーバント様、コメントありがとうございました。

> 行政手続法の関連について 猫糞被害者さんのサイトに寄稿しました。二重投稿でも差支えなければこちらにも書き込ませて頂きます。

先ほど、大変お詳しいコメントを拝見しました。
猫糞被害者様のコメントでのコメントを、こちらで必要な箇所を適宜引用させてください。
自治体の、所有者不明猫の引取り拒否の問題は、引き続き論じていきたいと思います。


> 引取り拒否自治体の中で、条例にまで引取り拒否と読めそうな条項を落としこんでいる自治体は東京以外にも複数あります。

できれば自治体名と条例名を教えていただけませんか。
条文で「所有者不明猫を引き取らない」と明文化されていれば、動物愛護管理法35条2項に明らかに反します。
下位法は上位法に反する規定を設けてはならないという原則に反します。
少なくとも1、2年前は、大阪府、横浜市ではそのような条例を含めて「所有者不明猫を引き取らない」という公文書はなかったと記憶していますが(最近のことは知りません)。


> 今回の(愛護管理法)法改正で逆に引取り拒否の範囲が明確化されたことから、それら条例の違法性が明らかとなっているように思います。

その点について記事にしたいと思っています。


> 遺棄については、構成要件が判例上確立していないようで、難しそうですね。

警察が容疑者を検察の送致したということは、一時的にでも占有管理下に所有者不明猫をおけば、再遺棄は動物愛護法44条3項「愛護動物の遺棄罪が成立する」との警察の見解です。
しかし犯罪の構成要件は、司法の判断です。
遺棄罪で逮捕送検された事件はあるものの、起訴された事例を私は知りません。
多くが起訴猶予となっているようです。

Re: マイクロチップ

Hippy Monday☆様、コメントありがとうございます。

> ヨーロッパですが、ヨーロッパでデーター統一となった1つの理由はEU動物検疫が統一されたことが関係していると思います。

私が見た、ドイツ国内での報道記事では、マイクロチップのデーターベースを共通化して、犬猫等の域内移動を簡素化するのはEU内とのことです。
ご存知のとおり、イギリスやスイスはEUに加盟していませんがどうなんでしょうね。


> 彼らはファックスで各動物検疫へ連絡。日本の動物検疫法はとんでもなくおろそかな法ですよ。データー管理せずいまだに書類をファックス転送なら、チップ装着の意味をなしていないでしょう。

イスラエルでのチップ装着であれば、AIPOのデータとは共有されていないということも理由でしょう。
国際的にデーターの共有化など、これから改善していくのではないでしょうか。


> 本気で飼い主特定のためというのなら、犬猫にICチップだと思いませんか?または国民一人一人にID番号をつけ、マイクロチップとそのID番号を関連付けさせたほうが効果もあるでしょう。

将来的にはその可能性もあると思います。
しかし日本ではアメリカなどと異なり、未だに(税、年金、福祉などの)共通番号もありません。


> 犬は、チップ登録、市町村に登録、2重登録と登録料。ただ、市町村登録は狂犬病予防法のためで、ではチップの目的は何ですかと獣医師に問いたいんですよ。

私も、狂犬病予防法に基づく畜犬登録と予防接種記録をマイクロチップのデーターベースに一元化すべきだと思います。


>それに集団狂犬病予防接種をさせているのも日本だけでしょう^^

狂犬病予防接種を義務付けている国地域は多数あります。
ま、獣医のワクチン接種証明が信頼できれば個別接種で構わないと思いますがね。
それと年一回を犬のみに義務付けている国は少数です。
狂犬病ワクチンは2年間有効と言われています。
ちなみにフロリダ州では、犬猫とも2年毎の狂犬病ワクチン摂取を義務付けています。


> どの国に置いても、まず犬は狂犬病予防という概念から色々と厳しく管理されまよすよね。だから問題は猫。猫は市町村へ登録が必要ではないので、チップに期待。 ようは猫も市町村へ登録させるべきだろうということですよね。

私も賛成です。
猫の登録を実効性あるものにするには、猫の捕獲が必要です。
捕獲して、チップがなければ所有者無しとして処分する。
処分されたくなければチップを入れること。
チップで飼い主が判明できますから、捕獲された猫が飼い猫であれば飼い主に厳重注意できます。
西表島(竹富町)ではそれで効果を上げています。
竹富町は、野猫マングース駆除を行っていますので、放し飼い猫が捕獲されることがあるからです。


>動物の専門家であれば本来彼らこそが野ら猫駆除する必要があったのに。

在来の野生動物保護と、侵略的外来種の野良猫野猫保護はトレードオフの関係です。
トレードオフならば、どちらが優先順位が高いかは、在来の希少生物に決まっているでしょう。


> 「環境省がつまらない「飼い主のいない猫」などのような表現を作り愛誤を助長し、野生動物愛護も野ら猫を愛護って、馬鹿げてますよ。

小笠原の野猫駆除に反対した勢力の一派が獣医師です。
はるばる小笠原から捕獲した野猫を東京まで運んで一般譲渡して。
しかし生粋の野生化した野猫ですから人になつかず、トラブルが続出しました。


> 登録料は4ヵ月位前ににある日本の獣医が教えてくれたのは登録料が3000円だったんですよ、値段が下がったんですね。

AIPOへの登録料は、一律1,000円だったと思います。
施術料は獣医医師によって異なると思います。

>> 本気で飼い主特定のためというのなら、犬猫にICチップだと思いませんか?または国民一人一人にID番号をつけ、マイクロチップとそのID番号を関連付けさせたほうが効果もあるでしょう。

認識デバイスの選択が、あと1つ2つあっても良いと思います。埋め込みや装着タイプで無くても、塗るタイプの物だって出来ると思うんですけれどね。例えばスマートウォーターと同じ機能持たせたもの、それの完全に無害と証明されたペット用が早く開発されて欲しいですね。それを半年に一度、体の負担にならず、落ちにくい部分に塗るでも良いし。こんなの技術的にはとっくに出てない方がおかしいとは思うんですけれどね。

選択増やせば、拒否もしにくくなるでしょうし。早急にどうこう出来る話では無いので、理想論になってしまいますけどね。すいません。

マイクロチップにも色々と

問題が有ることがHippy Monday☆さんのコメントで勉強に
なりました。まぁ、システムなので今後、改良改善されていくとは
思いますが、最終的に利権のタネにされるのは頂けないですね。

マイクロチップが仮にダメでも何かそれに替わる
猫識別システムが担保されないと猫糞尿等の被害の
軽減と野良猫増殖の減少には繋がらないですね。

まぁ、マイクロチップの有無に関わらず
ペットして動物を飼うならそれなりのコストや手間に
余裕がないとダメでそれが嫌か出来ないのであれば
飼育は諦めてもらうしか有りませんし、
当然,、ペットを飼える人も限られてくる筈です。

なので、プーみたいな愛誤は飼ってはならないのです。

それと話ズレてすいませんけれど、

こちらのブログは動物駆除虐待ブログって事にされてるんでしたっけ? 記事内容や皆様のコメントやり取り見ていても、野良猫偏向ブログより、遥かに動物愛護ブログに見えますけど(笑)

動物愛護問題や野良猫問題を真剣に考えるのに、「頑張ってニャー」とか仲良しこよしはいい加減必要無いですよ。チップの話一つ取っても、飼い主さんも被害者である方も、双方が同じスペースで意見出してシェアしないと本当に前進しませんよね。病気や飼育方法について質問、疑問持たれてる方がこちらで答え見つけて、それをシェアするでも良いと思います。愛護方面は一々、クローズ過ぎというか、閉鎖的というか…。

Re: タイトルなし

taka様

> 認識デバイスの選択が、あと1つ2つあっても良いと思います。

ドイツの動物保護関連の法律を読めば、マイクロチップが開発する以前から個体識別は複数の方法でされているようで、しばしばTätowierung=入墨、というワードを見ます。
耳に刺青をする方法が一般的で推奨される方法だったようです。
また日本では、家畜にバーコード付きのイヤータグをつけています。
肉牛では、トレーサビリティがすべて追跡でき、これほど個体管理されている例は他国では無いと思います。


> 選択増やせば、拒否もしにくくなるでしょうし。

例えばマイクロチップが痛そう、発がん性があるとの報告から反対する人もいます。
でも、人工関節やペースメーカーのような、金属やプラスティックを含む大きなものを埋め込んでも、発がん性は報告されていません。
マイクロチップは生体適合ガラスで覆われており、ガラスは金属やプラスティックより科学的な安定は良いのです。

Re: それと話ズレてすいませんけれど、

taka様

> こちらのブログは動物駆除虐待ブログって事にされてるんでしたっけ?

そうらしいですねw
迷惑でも、無条件無制限に餌やりすることに反対する人は、愛誤にとっては、餌やり反対派=猫虐待者=虐待変質者=そのうち人の子を殺す=そのような犯罪予備軍を攻撃して叩くのは正義、なのです。
このような短絡的思考しかできない人間でも、ちゃんと生きていける日本は、経済停滞が言われて久しいですが、まだまだ変に豊かで余裕があるのだと感心します。

Re: マイクロチップにも色々と

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> マイクロチップが仮にダメでも何かそれに替わる猫識別システムが担保されないと猫糞尿等の被害の軽減と野良猫増殖の減少には繋がらないですね。

私が紹介した西表島の竹富町条例では、施行当初(2001年)は、配布する首輪で飼い主の明示を義務付けました。
それでも飼い主のマナーは向上し、放し飼いは減ったといいます。
兵庫県西宮市議会では、地域猫制度の問題と合わせて、猫の適正飼育化が議論されました。
市愛護グループ担当者(市職員)は、「猫には首輪はそぐわない。外れることだってある」と寝ぼけた答弁をしました。
いずれにしても、どのような手段であれ飼い主明示は必要でしょう。

条例

特定の手続きについて○○しません、という書き方をする条例は考えにくいので、文言上は、本来必ず引き取らなければならない飼い主不明猫を自治体側に審査権があるような書き方をし、それを根拠に引き取り拒否が一見可能なようにされています。例示のあった東京の条例での定めは次のようになっています。()内は最終改正施行
東京都動物の愛護及び管理に関する条例(平成一八年)
第二十一条 
3 知事は、所有者判明しない犬又は猫の引取りを、その拾得者から求められた場合において、当該犬又は猫を引き取ることがやむを得ないと認めるときは、これを引き取るものとする。


同様に、理由の如何を問わないはずの引き取りに条件を付けている例は次の通りです。

○岡山市動物の愛護及び管理に関する条例(平成18年)
第21条 
2 市は,所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者その他の者から求められた場合において,当該犬又はねこを引き取ることについて,やむを得ない理由があると認めるときは,これを引き取るものとする。

○北九州市動物の愛護及び管理に関する条例(平成21年)
第17条 市長は、犬又はねこの引取りをその所有者から求められた場合において、当該所有者が飼養することができないことについてやむを得ない理由があると認めるときは、これを引き取るものとする。
4 第1項及び第2項の規定は、所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者から求められた場合について準用する。


○横浜市動物の愛護及び管理に関する条例 (平成23年)

(犬又はねこの引取り、譲渡等)
第16条 市長は、法第35条第1項又は第2項の規定により犬又はねこの引取りを求められたときは、やむを得ない理由があると認めるときに限り、これを引き取るものとする。この場合において、市長は、引き取るべき日時及び場所を指定し、かつ、当該犬又はねこを引き取るための必要な指示を与えることができる。


Re: 条例

サーバント様、情報提供ありがとうございます。

これらの条例について、動物愛護管理法35条2項との整合性などを論じたいと思います。
横浜市での条例制定は、去年でごく最近ですね。
いずれも平成18年~、と比較的最近です。
いわゆる愛誤の圧力があったからでしょう。

すみません、犬の話題で・・

さんかくさんが仰るように、域内移動を簡素化を図るため英国も2012年1月からEU検疫と統合しました。

http://www.petzunleashed.com/blog/articles/travel/pet-travel-scheme-qualifying-country/index.php
ただスイスはここにはないですね。。、  

チップはイスラエルで装着でもどこの国でも問題はないんです。。私は日本へ入国と出国しているので、日本へ入国した空港で書類管理、出国した空港で書類管理、そのためまた異なる空港検疫で入出国をすると、いちいち過去に提出した書類をまたメールに添付して状況を知らせないといけない、、そんな状況なんですよ。

めったに犬猫と日本入出国をする方はいないと思います、しこの状況で一体何のためにチップ装着義務を検疫法で定めたんだろうと?日本動物検疫は英国などを真似て2004年に改正となりチップ装着が義務となったんです。 

英国などを真似するのなら、野ら猫駆除してくださいよ!!!!!と言いたいです。

------------- 以上は犬の飼い主からのお役所へのコメントです(笑)-------------

ここで私がコメントしたのも、皆様に犬の状況も含め、知識として知ってほしこと、そうして現に私のように犬へのチップに対して反対するものがいる、すなわち、推薦する方はそれをどう説得できるか、という逆説として読んでください。

ただ、猫愛誤にはマイクロチップの問題点を変に利用しほしくない。 ドイツだって犬の登録料高いですよね、それだけ犬にたいしては管理しなくてはならない。では猫も管理すべきでしょう!!!! それに諸外国(日本が指定している狂犬病指定国)からの日本への猫輸入にはチップ装着、狂犬病ワクチン接種なんですから!!!! 

>「猫には首輪はそぐわない。外れることだってある」

はい、とぼけた言葉ですよ。 飼い主明示は必須ですよ!! 

猫チップ勧めてください。

さんかくさん。

犬の飼い主として意見にいましたが、猫に対してのチップ装着はどんどん、勧めてください。

今現時点では犬の飼い主は私のような意見を持っている方もいて、犬の場合名札をつけている飼い主もいます。 でも、本当に猫は飼い主表示は必須です!!!



応援愛誤

猫ボラは、いつも支援を募っていますから
応援愛誤さんも大勢いらっしゃるでしょうね。
任意団体のみならず、個人活動なのに自分の収入以上の猫経費をかけて
無謀な活動に邁進している方が多くて驚きます。

中には、頑張ることで犬猫の不幸が増大しているケースもあります。
適切な避妊手術を受けさせずに成猫を飼育している団体もありました。
そこは動物の福祉施設を謳っており、里子に一切出しません。
8才になる猫の手術をやっと施し、子宮が悪くなる手前だったと
支援者に報告していてバ○じゃないかと呆れました。
去勢、避妊手術は動物を飼うに当たって基本でしょうよ。

無理しないで多頭飼育崩壊してくれれば、
心優しい個人なり、注目を集めたい愛護団体なりが動物を引き取るのに。
でもアニマルホーダーは絶対に動物を手放しませんね。
よく考えず、良い事をした気になって大枚を振り込むのは
ちょっと待って考えてみよう!といいたいです。

おめでたい支援者は「支援金から給料も取って下さればいい」などと
コメントしており、この人働いていないんだからあなたが振り込む
支援金は、とっくに生活費になっているわよ。とツッコミたくなりました。

回収

さんかくたまご様 家賃滞納者からなんとか滞納分を回収できてよかったですね。でも そうとうの労力がかかりましたよね。本当に金あるのに 踏み倒す気満々でしたね。どこまでもカス。こんな奴がいるから 生活保護者に住居を貸したくないという家主が増えてしまうんですよね。
世の中 以前は国に少しでも 多くの税金を納めるようになろう。とか そんな人間が多かった気がするのに 今じゃ いかに国に養ってもらう 国から金貰う事ばかり考えてる人間が増えましたね。生活保護は恥ずかしいて感覚があったのに 生活保護者になって 働いた者は負けなんて言って受給して自慢してる輩までいて 本当に情けない国民が増えたなと憂う今の日本国です(*´ェ`*)

何ともまあー

(*´ェ`*)所有者不明の猫を引き取らない保健所て何なんでしょうね。引き取らないから保健所での殺処分は無いですけど‥野良猫を家猫にはしにくい もらい手もない そのまま 山などに捨てる人もいますよね。飢えて死ぬか 猫せんべいになって死ぬかでしょう。結局は死が待っている。もっと酷いような気がします。根本的問題を解決しないのに 上っ面だけな事しても 本当に無意味ですよね。 本当に日本て大声あげて だだゴネしたもの勝ちになってませんか。おぞましや。

Re: すみません、犬の話題で・・

Hippy Monday☆ 様、コメントありがとうございます。

> 域内移動を簡素化を図るため英国も2012年1月からEU検疫と統合しました。

イギリスはEU検疫と統合したのですね。
情報ありがとうございました。


> チップはイスラエルで装着でもどこの国でも問題はないんです。。私は日本へ入国と出国しているので、日本へ入国した空港で書類管理、出国した空港で書類管理、そのためまた異なる空港検疫で入出国をすると、いちいち過去に提出した書類をまたメールに添付して状況を知らせないといけない、

AIPOは、国際的なデーターベースと共有化していないのかもしれませんね。
徐々に改善していけば良いと思います。


> 英国などを真似するのなら、野ら猫駆除してくださいよ!!!!!と言いたいです。

英国に限らず、ドイツ米国でも、所有者がないと見倣される猫は駆除されます。
所有者なしでも、猫を保護の対象としている日本は世界的に見ても例外です。


>現に私のように犬へのチップに対して反対するものがいる、すなわち、推薦する方はそれをどう説得できるか、という逆説として読んでください。

チップに関しては、今後も記事にする予定です。
またコメントください。


>ドイツだって犬の登録料高いですよね、それだけ犬にたいしては管理しなくてはならない。では猫も管理すべきでしょう!!!! 

私は犬猫とも飼育していませんが、犬に関してだけ飼い主に負担が重いのはおかしいと思います。
ペット税が議論されていますが、飼い主に登録を義務付けてその際に課税するという案です。
それでは野良猫に餌やりしたり、外飼いして都合が悪くなれば「野良猫に餌をやっているだけ」と言い逃れする日人には課税できません。
それとか犬糞放置は多くの自治体では罰金を科す条例があります。
猫の外飼い、野良猫に餌やりする人に対してはお咎めなしなのに。


> はい、とぼけた言葉ですよ。 飼い主明示は必須ですよ!! 

西宮市職員の馬鹿さ加減を全国に知らしめました。
西宮市議会議員のHPに、その発言内容が載っています。

Re: 猫チップ勧めてください。

Hippy Monday☆ 様

> 犬の飼い主として意見にいましたが、猫に対してのチップ装着はどんどん、勧めてください。

私は、マイクロチップは犬よりも猫に必要だと思っています。
犬は、マイクロチップを義務化しなくても畜犬登録が義務付けられていますし、係留飼育が義務付けられていますから犬の飼い主の特定ができます。
しかし猫の場合は飼い主の特定が困難えす。
そのため、不適正飼育が横行します。
猫のマイクロチップ義務化と所有者不明猫の保健所引き取り、公的な野良猫捕獲が必要でしょう。


> 今現時点では犬の飼い主は私のような意見を持っている方もいて、犬の場合名札をつけている飼い主もいます。 でも、本当に猫は飼い主表示は必須です!!!

私の父は、飼い犬にすべて飼い主の氏名住所、連絡先を明示した金属タグをつけていました。

Re: 回収

にゃーにゃー様、コメントありがとうございます。

> さんかくたまご様 家賃滞納者からなんとか滞納分を回収できてよかったですね。

それは西宮市の滞納者です。
神戸市長田区の滞納者は手ごわい。
完全に踏み倒すつもりですね。


>こんな奴がいるから 生活保護者に住居を貸したくないという家主が増えてしまうんですよね。

生活保護受給者を喜んで受け入れる家主は、貧困ビジネスかど素人家主。
普通の家主は、生活保護受給者の方が滞納やトラブルが多いことを知っているので嫌がります。
全額家賃分を公費で支給されいるのに滞納するのはなぜなのでしょう?


>生活保護は恥ずかしいて感覚があったのに 生活保護者になって 働いた者は負けなんて言って受給して自慢してる輩までいて 本当に情けない国民が増えたなと憂う今の日本国です(*´ェ`*)

そんな美意識はなくなりました。
「ワイは生活保護受給者や。取れるもんなら取ってみろ」と居直ります。
それは受給者の勘違いです。
生活保護費を直接差し押さえることはできませんが、一旦銀行口座に保護費が振り込まれれば普通に差し押さえできます。
あいつらは弱者の振りをした泥棒、居直り強盗です。

Re: 何ともまあー

にゃーにゃー様、コメントありがとうございます。

> (*´ェ`*)所有者不明の猫を引き取らない保健所て何なんでしょうね。

引取りを難癖つけて拒否すれば、殺処分数なんていくらでも減らせます。
それを自慢するなんて本当にバカ。
保健所での殺処分数が減っただけで喜ぶ愛誤はもっとバカですけどね。


>飢えて死ぬか 猫せんべいになって死ぬかでしょう。結局は死が待っている。もっと酷いような気がします。

私が住んでいる兵庫県西宮市では、地域猫を制度化してから、保健所が野良猫の引取りを渋るようになったと聞いてます。
気のせいか、最近猫煎餅が増えたような気がします。

猫が減っても喜ばない猫ボラ

保健所の引き取り拒否に反対している猫ボラや愛誤ってけっこういますよね。驚きです。
理由は「保健所が引き取らないから捨て猫が増える」と言ったものが多いようですが…

本音は、引き出しボランティアが出来なくなるからでは?

猫が減れば、ボランティアと言う仕事がなくなるからでしょうか。
保健所の引き取り拒否に反対している猫ボラには、焦りみたいなものを感じますね。

猫のマイクロチップは本当に義務化した方がいいです。
特に地域猫。
健常な猫の耳を切り取るより、マイクロチップを装着したほうがよっぽど健全です。
やらないのは責任逃れが出来なくなるからとしか思えませんね。
所有者不明のまま責任のなすりつけ合いが出来るような状態で地域猫をやっている猫ボラは無責任すぎます。
むしろマイクロチップの読み取り機を普及させる役目も担えるのでは?と思いますが。そう言った理由であればいくらでも投資しますよ。リーダーを購入して保健所にお送りしてもいいくらいです。

猫ボラの自己満足な偽善をいつまでも続けたいだけで、本当に不幸な猫を減らしたいと考えてないから、何も解決しないんでしょう。

愛誤連中は本当に野良猫をおもちゃにし過ぎです。
助けてやってるから利用していいとでも思っているのでしょうか。

Re: 猫が減っても喜ばない猫ボラ

藍様、コメントありがとうございます。

> 保健所の引き取り拒否に反対している猫ボラや愛誤ってけっこういますよね。

結構、ではなくてほぼ100%でしょう。


> 理由は「保健所が引き取らないから捨て猫が増える」と言ったものが多いようですが…

とノーキル至上主義です(少なくても建前は)。


> 本音は、引き出しボランティアが出来なくなるからでは?

多くの自治体では、収容猫の一般譲渡はしていません。
過去に、大量に引き出して譲渡ビジネスをしたり、その売れ残りを公園などに遺棄したりして問題を起こした愛誤団体が多すぎたからです。


> 猫が減れば、ボランティアと言う仕事がなくなるからでしょうか。

それはあるでしょうね。
一般譲渡をしている自治体では、同一飼い主に対して二頭目は犬猫とも行っていません。
兵庫県の阪神間の保健所はそうです。


> 猫のマイクロチップは本当に義務化した方がいいです。
> 特に地域猫。

マイクロチップに、地域猫のグループリーダーの名前で飼い主登録をすればいいのです。
管理されている地域猫とそれ以外の個体がはっきりと区別できます。


> 健常な猫の耳を切り取るより、マイクロチップを装着したほうがよっぽど健全です。

耳カットの方が、リーダーなしですぐに不妊去勢済ということがわかる利点があります。
それ以外にも、首輪など、地域猫とそうでないものの区別はいくらでもできるのです。
やらないのは、地域猫の個体管理などしないできないやる気がない。
地域猫云々というより、地域猫活動家は無責任に餌やりしたいだけだからでしょう。


> 所有者不明のまま責任のなすりつけ合いが出来るような状態で地域猫をやっている猫ボラは無責任すぎます。

地域猫を名乗るメリットは、愛誤は責任の所在が曖昧になるとでもおもっているのでしょう。


> 愛誤連中は本当に野良猫をおもちゃにし過ぎです。
> 助けてやってるから利用していいとでも思っているのでしょうか。

おもちゃでもあるし、金儲けの手段でもあるし。
全然猫のためにはなっていませんが。

No title

>過去に、大量に引き出して譲渡ビジネスをしたり、その売れ残りを公園などに遺棄したりして問題を起こした愛誤団体が多すぎたからです。

そんな愛誤団体がいたのですか。知りませんでした。

私がよく見ているボランティアのブログがあるのですが、そこは最近まで保健所から引き出して里親を探すのが主流でした。
わざわざ、私たちは野良猫は保護しませんと言っていましたし。

ですが、最近は野良猫を拾って保護を繰り返しているんですよね。
事情が変わったのでしょうか?

どうしてもボランティアがやりたいんだな、と言った印象です。

こんにちわ

ブログにそぐわない
トップの猫の写真は使わないように

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

> 熊本の殺処分ゼロもまったくもってインチキだと思います。
> 繁殖して増えてその責任を熊本市動物愛護センターはとれるのか?

熊本市は基地害愛誤です。
「殺処分ゼロ」と誇るなんて大嘘欺瞞もいいところ。

この部分は消してください
確かに野良猫の子猫を元の場所に戻すのはおかしい事です
自分も賛成します
何の対策にもなりません

でも熊本市動物愛護センターの殺処分ゼロは常にでありません
殺処分ゼロが出来ない時もあります

職員でも手に負えない土佐犬は薬で安楽死させられました

熊本市動物愛護センターが言ってる殺処分ゼロはガスによって殺す方法の殺処分はゼロなんですよ

薬による安楽死は仕方がない場合のみ行われてます

熊本市動物愛護センターについては本を二冊持ってますので

証拠を出せと言われれば望みどおりにします

熊本市動物愛護センターはガスによる殺処分はゼロで薬による安楽死はゼロではありません

それに殆どは犬に対しての物です



野良猫を全て新しい飼い主に譲渡すると言うのは現実的に無理でしょう

だから基地外等と言うのを辞めて下さい

Re: No title

芝黒様、コメントありがとうございます。

> この部分は消してください

これは私の「考え」です。
真偽や善悪は測れません。
したがって削除することはしません。
明らかに客観的事実で誤ったことであれば、訂正削除はしますが。


> でも熊本市動物愛護センターの殺処分ゼロは常にでありません
> 殺処分ゼロが出来ない時もあります

だから「欺瞞である」という私の記述は真実ではないですか。


> 熊本市動物愛護センターが言ってる殺処分ゼロはガスによって殺す方法の殺処分はゼロなんですよ

しかしいかなる場合でも「殺す数はゼロ」という誤解を招く報道がされています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR