FC2ブログ

ネズミ捕りですら役に立たない猫~ネズミ駆除で活躍するプロフェッショナルな犬たち



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
I used to believe that the cat was the universal pet for catching mice, rats, and other rodents.
But, It turns out, cats are not that willing to chase their prey unless they feel like it.
Cats will only occasionally bringing home a rodent prey just to brag about it, but they're not as prone to catching them.
Dogs, on the other hand, are the ideal solution to any rat problem.
There are certain breeds that were specially created to control the rat population.


 野良猫や猫の放し飼い、外飼いを肯定する人の理屈には「猫が屋外にいることによってネズミ駆除の効果がある」があります。しかし猫によるネズミ駆除効果は疑問です。「猫にはネズミ駆除効果はない」という学術論文がありますし、「野良猫への餌やりはネズミを増加させる悪影響があるために禁じる」という、ドイツの野良猫への餌やりを禁じた民事訴訟判決すらあります。今回は、犬を使ってネズミを駆除する、アメリカ、カリフォルニア州のプロの業者を紹介します。猫にネズミ駆除効果があるのならば、犬を使ったネズミ駆除業者は存在しないと思います。猫を放し飼いする方がコストが安いでしょうから。


 私はかつて、「猫にはネズミ駆除効果は無いに等しいか、その効果は極めて限定的である」という学術論文を紹介しています。こちらの記事です。「野良猫や放し飼猫は、ネズミ駆除には効果がない」という学術論文
 この記事で紹介した学術論文、Trophic Garnishes: Cat–Rat Interactions in an Urban Environment 「栄養の付加:猫とネズミの都市環境における相互作用」(2009年6月3日)の要旨は次のとおりです。「都市の生態系の上位捕食者(猫)が獲物(ネズミ)の個体数にほとんど影響を与えないことが明らかになり、同様に、ネズミの群れの個体数減少は、猫の数の多さには影響されません。野良猫の餌となるドブネズミの割合はわずか6,7%である。ネズミの個体数は、猫の数とは無関係でした。さらには、猫ネズミとも、ヒトおよび他の生物に悪影響を及ぼす病原体の言わば貯水池です」。

 そのほかに私は、yahoo!知恵袋で回答リクエストを受け付けています。興味のある方はこちらをご覧ください。dreieck eierさんのMy知恵袋。その中から「猫にはネズミ駆除効果はない」ということを証明する、質問と回答を紹介します。アメリカ、カリフォルニア州の、使役犬を使ったプロのネズミ駆除業者のニュースについてです。
 よくミニチュア・シュナウザーはネズミ狩りで使われていたと聞きますが、実際は駆除対象はネズミだけだったのでしょうか?。2017年1月29日、から引用します(一部編集しています)。


Q:
よくミニチュア・シュナウザー(犬種)はネズミ狩りで使われていたと聞きますが、実際は駆除対象はネズミだけだったのでしょうか?
海外の農家と思われる動画には、テリア系の犬を数匹使いネズミを駆除してる動画があるのですが、現在でもミニチュア・シュナウザーは使用されているのか調べて頂けると嬉しいです。


A:
「駆除対象はネズミだけだったのでしょうか? 」。

ネズミの他、モグラも駆除対象でした。

「現在でもシュナは(ネズミ駆除に)使用されているのか調べて頂けると嬉しいです。

ミニチュア・シュナウザーでは確認できませんでしたが、ほかの犬種でネズミ駆除が行われているという、2014年のニュースソースがありました。
それはアメリカ、カリフォルニア州です。
アメリカ、カリフォルニア州で、犬を用いたプロのネズミ駆除業者があるとのニュースがあります。
アメリカ、カリフォルニア州では、殺鼠剤(毒餌)の使用が制限されるようになったので、犬によるネズミ駆除はむしろ増えるのではないかという論調です。

When Terriers Attack: Working Dogs Return to Their Rat-Hunting Roots( June 9, 2014)。テリヤ犬が攻撃する時:使役犬は、ラットハンティング犬の祖先に遡ります。

Jordan Reed as he walks into a feed mill in a small Northern California town. At his feet are two small dogs.
Reed has trained terriers to kill.
He employs a team of four rat terriers to catch and dispatch rodents with great precision and speed.
they can sometimes kill over 100 in one day.
During the 19th century, the control of rats using terriers was so prevalent .
Besides being efficient, death-by-dog is more humane for the rat and better for the environment than poison1.
The state of California has banned the sale of most anticoagulant rat poisons beginning July 1 to all but professional exterminators.

ジョーダン・リード(犬を用いたネズミ駆除業者。本職はワインセラー経営)は、北カリフォルニアの小さな町の飼料工場に入ります。
彼の足元には、小さな犬が2頭います。
リードはテリア犬をネズミを殺害するように訓練しています。
リードは、4頭のラット・テリアからなるチームを持っており、ネズミ類を非常に正確かつ素早く捕獲するために派遣します。
犬たちは、時には一日で100匹を超えるネズミを殺すことが可能です。
19世紀には、テリア犬用いてネズミ防除を行うことはごく一般的でした。
効率的であることに加えて、犬によるネズミ駆除は、毒餌よりもネズミにとってより人道的であり環境にとってより良いのです。
カリフォルニア州では7月1日から、ほとんどの抗凝固性ネズミ毒餌の販売を、専門家の駆除者以外のすべてに禁止することが施行されます。



 ということで、野良猫、外猫、放し飼い猫を容認する人が根拠としている、「猫が屋外にいれば、ネズミ駆除の効果がある」は、かなり怪しいです。単なる詭弁、屁理屈のような気がします。それほど猫にネズミ駆除効果があれば、犬を使ったネズミ駆除業者に依頼するよりも野良猫を拾ってきて放す方がお手軽です。なお、犬を使ったプロのネズミ駆除業者の情報は、イギリスでもいくつかありました。
 さらにドイツでは、「野良猫への餌やりは、ネズミを増やす悪影響があるので餌やりを禁じる(猫の餌を求めてネズミが集まるため)」と言う民事訴訟の確定判決さえあります。つまり「猫にはネズミ駆除効果がある」は正反対であることを裁判所が認定したということです。この判決については、後に記事にします。


(動画)

 whippets hunting - best rat hunting dogs 「ホイペットのネズミ狩りーホイペットは最も優秀なネズミ駆除犬である」。2015/09/24 に公開。










関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そういえば

昔聞いた話ですが、猫がネズミを捕るのは飼い主が与える餌が少ないか栄養が偏っているからだと。確かに昔はご飯に削り節をかけたものとかだったような。。。
昔の猫はネズミだけでなくて雀やカエル、蛇なんかまで獲ってましたっけ。
人からもらう餌が豊富なら狩なんてしませんよ。
犬はヨークシャーテリアでネズミ捕りの上手な犬が親戚宅に飼われていました。獲ったネズミの死骸を必ず見せにくるので飼い主は嫌がっていましたけど。
基本小型テリア系はネズミ捕りの犬が起源だったりしますから(ヨークシャーテリアとかケアンテリアとかなどなど)今でも優秀なネズミ捕り犬っているんですよね。また訓練も猫よりやりやすいでしょう。
ちなみに柴犬もネズミ捕りますし、今の猫より頼りになるかも。

Re: そういえば

昇汞 様、コメントありがとうございます。

> 猫がネズミを捕るのは飼い主が与える餌が少ないか栄養が偏っているからだと。確かに昔はご飯に削り節をかけたものとかだったような。。。

それもあると思います。
猫は犬より動物食依存度が高いですから。
だから地域猫や外猫のように栄養バランスが良いキャットフードを与えながら、ネズミ駆除効果があるとは思えません。


> 昔の猫はネズミだけでなくて雀やカエル、蛇なんかまで獲ってましたっけ。

野生化した猫は、ネズミよりもカエルや昆虫の方が食べ物の依存度が高いという研究結果もあります。
ドブネズミの成体など大きくて凶暴ですから、返り討ちに合うかもしれないです。
事実リンクの論文では、野良猫の餌の比率はネズミは6、7%で、しかも大きな成体は狩らないとのことです。


> 犬はヨークシャーテリアでネズミ捕りの上手な犬が親戚宅に飼われていました。

もともとネズミ駆除犬として改良された犬種のようですね。
先祖返りしたのでしょう。


> 基本小型テリア系はネズミ捕りの犬が起源だったりしますから(ヨークシャーテリアとかケアンテリアとかなどなど)今でも優秀なネズミ捕り犬っているんですよね。また訓練も猫よりやりやすいでしょう。

猫は気まぐれで、人の指示に従わせるのが困難です。
たいして犬は訓練により、人の指揮命令に従います。
だから限られた時間でネズミを駆除するには、犬の方がはるかに効率がいいでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> ミニチュアシュナウザーがテリア系なのか?それともテリア気質を持っているが、テリアの血は入っていない犬種なのか?

ミニチュアシュナウザーに関する英語文献をいくつか調べてみました。
概ね、次のように書かれています。

1、テリア系なのか~血統的にはテリア系とはされていません。
2、しかし世界的なケネルクラブでは、ミニチュアシュナウザーを「テリア」系犬種として分類しているところがいくつかあります。
3、その理由は、元々の使役用途(ネズミなどの小動物の狩、駆除)がテリアと同じだということなどによると思われます。


https://en.wikipedia.org/wiki/Miniature_Schnauzer
The Miniature Schnauzer is a breed of small dog of the Schnauzer type that originated in Germany in the mid-to-late 19th century.
with one or more small breeds such as the Affenpinscher and Miniature Poodle, Miniature Pinscher, or Pomeranian, or by chance from smallest specimens of the Standard Schnauzer.
International Kennel Club classifications vary.
by the VDH and FCI it is placed in dedicated to the Miniature Schnauzer breed, the KC, ANKC and NZKC include it in the Utility Group, while by the AKC, UKC and CKC the Miniature Schnauzer is classed in the Terrier Group.
While the Miniature Schnauzer is included in the Terrier Group in North America, it does not have common ancestry with Terriers from Great Britain.
ミニチュアシュナウザーは、19世紀半ばから後期にドイツで作出されたシュナウザータイプの小型犬の一種です。
アフェンピンシャー、ミニチュアプードル、ミニチュアピンシャー、ポメラニアンなどの1つまたは複数の小型品種を交配させたか、スタンダードシュナウザーの最も小さい個体から偶然に作出されました。
国際的なケネルクラブの分類は、それぞれで異なります。
VDH(ドイツケネルクラブ)およびFCI(国際畜犬連盟)では、ミニチュアシュナウザーと言う品種は独立しており、KC、ANKC、およびNZKCでは使役犬グループに含まれます。
そしてAKC、UKC、およびCKCでは、ミニチュアシュナウザーはテリアグループに分類されます。
ミニチュアシュナウザーは北米ではテリアグループに含まれていますが、血統的にはイギリスのテリアと共通の祖先はありません。

https://www.pets4homes.co.uk/dog-breeds/miniature-schnauzer/
Some breed enthusiasts believe that Miniature Schnauzers were created by breeders only using the smallest examples of a Standard Schnauzer.
However, other people feel they came about by crossing a Standard Schnauzer with the Affenpinscher as well as other small breeds.
The name is believed to be a reference to "terrier".
Miniature Schnauzers were officially recognised as a unique breed in 1899 in their native Germany.
ミニチュアシュナウザーは、スタンダードシュナウザーの最も小さい個体のみを用いて、ブリーダーによって作出されたと信じている品種愛好家もいます。
しかし他の人々は、(ミニチュアシュナウザーは)スタンダードシュナウザーとアフェンピンシャーや他の小型犬種との交配によって生まれたと感じています。
品種名は、テリアとの関係があると考えられています。
(しかし)ミニチュアシュナウザーは、1899年に産出国のドイツで、独自の品種として公式に認められました。

ありがとうございます。

諸説あるんですね・・顔の形がテリアっぽいから入っているんじゃないか?と思っていました。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> 諸説あるんですね・・顔の形がテリアっぽいから入っているんじゃないか?と思っていました。

私が複数の文献を読んだ限り、テリアの血統が入っていることを否定する説が有力のようです。
ミニチュアシュナイザーの起源は、「➀スタンダードシュナイザーの小型個体のみによって作られた」説と、「➁ミニチュアピンシャーなどの他の小型犬種を交配させて作られた」説があります。
➁のほうが有力な説のようです。

しかし国際的ないくつかのケネルクラブでは、ミニチュアシュナイザーを「テリア」のカテゴリーに分類しているところがあります。

ありがとうございます。

テリアの血は入っていないが、テリア気質を持った犬と言う認識でいいんでしょうか?一応ネズミ・ウサギ狩りには使われた歴史があるので

訂正 ウサギではなくモグラです。すいません。

Re: タイトルなし

犬好き様

> テリアの血は入っていないが、テリア気質を持った犬と言う認識でいいんでしょうか?一応ネズミ・ウサギ狩りには使われた歴史があるので

複数の資料を読んだ限り、そのような理解でよろしいのではないかと思います。
なお、先にコメントで引用したウィキペディア(英語)では、ミニチュアシュナウザーは、もともとドイツでネズミ狩りのために作出されて、品種固定された犬種です。
テリアでもネズミ駆除などの使役に使われる犬種がありますので、そのためにテリアの血統と勘違いされた経緯があるようです。
そのために、北米のケネルクラブでは、ミニチュアシュナウザーを、テリアカテゴリーに入れています。
しかし、テリアの血統は入っていないとの説が定説のようです。

ありがとうございました。

個人的に①小動物駆除に使われた歴史がある②興奮しやすい(駆除に熱中しやすい)等を持っている犬種はテリア気質を持っているのかな?と思いました。

Re: タイトルなし

犬好き

> 個人的に①小動物駆除に使われた歴史がある②興奮しやすい(駆除に熱中しやすい)等を持っている犬種はテリア気質を持っているのかな?と思いました。

私もそのように思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、こめんとありがとうございます。

ミニチュア・シュナウザーについてですが、ペットショップから強奪された、盗まれた、カージャックされたのちに無事に飼い主に戻ったという事件ばかりヒットします。
くだんの件ついては、のちほど検索ワードを変えて再度試してみます。

ありがとうございます。

しかし・・ペットショップの犬を強奪ですか・・怖いですね・・

Re: タイトルなし

犬好き 様

> しかし・・ペットショップの犬を強奪ですか・・怖いですね・・

アメリカでは多いです。
最近、犬が値上がり傾向なのも原因です。
人気犬種は3000ドル~6000ドルとか。

Re: No title

鍵コメ様

「強盗を撃退 ミニチュアシュナウザー(Fight off Robbery Miniature schnauzer)」での検索結果がこちらです。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=Fight+off+Robbery+Miniature+schnauzer&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=12772&aq=-1&oq=&at=&ai=wQ5jIz.ISu.yhQgTcwTR2A

実際にミニチュアシュナウザーが強盗を撃退した実例は、ざっと見たところありませんでした。
検索結果下位ではあるかもしれません。
このような情報はあります。

https://pethelpful.com/dogs/five-best-small-watch-dog-breeds
番犬に向く小型犬ベスト5
日本では「番犬」としかいいませんが、強盗泥棒を察知してすぐに主人に知らせる、けたたましく吠えて警告するのが、Watchdog で、強盗に咬みついたりして物理的に排除するのが、Guard dogです。
どちらも日本では「番犬」です。
ミニチュアシュナウザーは、いくつかのサイトで、Watchdog としての適性があると評価されています。


ありがとうございました。

以前ミニチュア・シュナウザーと思われる犬が熊を追い払っている映像を翻訳して頂いた時に、強盗とかも追い払っている事例があるのでは?と思いました。

個人的な興味に付き合って頂いてすいません。

すいません。http://weightpull.com/index.asp

このウェイトプルの団体で、シーズンポイントチャンピオンの項目で、2017年に20ポンドクラスのミニチュア・シュナウザー(名前:シーザー)が表記され、280ポイントを取ったそうですが、これはその年に優秀なポイントを取ったと言う事でいいんでしょうか?

http://weightpull.com/results/champs.asp (シーズンチャンピオンの項目)

すいません。宜しくお願いします。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> すいません。http://weightpull.com/index.asp

ですが、このURLではAmerican pulling Alliance のトップページが表示されます。


> このウェイトプルの団体で、シーズンポイントチャンピオンの項目で、2017年に20ポンドクラスのミニチュア・シュナウザー(名前:シーザー)が表記され、280ポイントを取ったそうですが、これはその年に優秀なポイントを取ったと言う事でいいんでしょうか?

> http://weightpull.com/results/champs.asp (シーズンチャンピオンの項目)

では、Season Points Champions とあり、リスト化されています。
その後理解でよいと私は思います。

面白い犬の競技があるのですね。

ありがとうございます。

日本でも、流行って欲しいなと思います。

か弱いイメージが強いチワワでもhttps://m.youtube.com/watch?v=gzOsYMmYT4Qムキムキのチワワがいて、海外の人は愛玩タイプの犬でも鍛えちゃうんだな・・と思いました。

Re: タイトルなし

>犬好き 様

> 日本でも、流行って欲しいなと思います。

もしかしたら愛誤が「動物虐待ダー」とさわぐかもしれませんよ。
盲導犬や介助犬でも動物虐待だから廃止すべきと主張していますから(笑い)。

〉〉盲導犬や介助犬でも動物虐待だから廃止すべきと主張していますから(笑い)。

まあ、特別寿命が短いとかデータを出して説明してるならまだ分かりますが・・

多分、犬が奴隷にされてる~とか言って愛誤が発狂しているんだろうなと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

for the first time ever ですが、「今までで初めて」という言い方の慣用句です。
https://ejje.weblio.jp/content/for+the+first+time+ever

> >>For a first time ever, that’s actually really good
「(このような記録は)初めてだ(新記録)、本当に実に良いことです」。

> この記事のジョーイ?と言うシュナウザーは、主催者に褒められたとあるんでしょうか?(多分、この団体?で初めて好記録を出した?)

“For a first time ever, that’s actually really good,” said Karen Gilden, the dog project’s key leader.
カレン・ギルデンという人物は、主催団体の湯様なリーダーの一人ということですね。
べた褒めといったニュアンスです。

アメリカではイベントでチャリティーを集めることが多いです。

ありがとうございます

>>カレン・ギルデンという人物は、主催団体

すいません。

団体名等は、載っているでしょうか?

Re: タイトルなし

>犬好き 様

子の犬の競技会を主催した団体、Weld County 4-H は、コロラド州立大学を中心とした、若者の自主的な活動を支援する団体で、かなり規模が大きいと思います(会員650万人)。
犬のウェイトプル競技会のような動物に関する活動だけではなく、幅広い活動を行っています。
多分、カレン・ギルテンさんは文章からして、この犬の競技会を立ち上げたリーダーの一人で、Weld County 4-H の役員ではないと思います。
Weld County 4-H のHPはこちら。
https://www.weld4h.org/about
ざっと見たところ、団体の役員名簿もこの犬競技会のプロジェクトの名簿も見つかりませんでした。
見落としがあるかもしれませんが。



ありがとうございます
>
> >>カレン・ギルデンという人物は、主催団体
>
> すいません。
>
> 団体名等は、載っているでしょうか?

ありがとうございます。

こう言う競技があるのって良いですね。

日本は犬に過保護過ぎる気がするんですよね・・(大事にはしですが・・)

知恵袋でチワワがウェイトプルをしてる映像をみせたら「かわいそう・・」ですよ・・

ありがとうございました。

・apaと言う団体でシュナウザーが優秀な成績を取る

・Weld County 4-H主催のウェイトプルで、シュナウザー(ジョーイ)が新記録を出す。

等から、シュナは力が強い小型犬だと思いました。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> 日本は犬に過保護過ぎる気がするんですよね・・(大事にはしですが・・)
>
> 知恵袋でチワワがウェイトプルをしてる映像をみせたら「かわいそう・・」ですよ・・

猟犬は使役犬の一種でしょうが、飼い主が猟に連れて行くと本当に喜びます。
愛護団体からしばしば廃止を求められている犬橇レースも、訓練の様子を見れば犬は飼い主とともに楽しんでいるようです。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> 等から、シュナは力が強い小型犬だと思いました。

ネズミ捕りにも使われるし、番犬にも向いているとされています。
優秀な犬種だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様

このサイトは、Swift Communications といという中堅マスコミが配信したものです。
ニュースサイトということです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Swift_Communications
Swift Communications Inc. is an American digital marketing and newspaper publishing company based in Carson City, Nevada.
スィフト・コミュニケーション社は、ネバダ州カーソンシティを拠点とするアメリカのデジタルマーケティングおよび新聞発行会社です。


> >>During one event, Joey, a 4-year-old miniature Schnauzer tipping the scale at just 12 pounds, pulled a cart weighing at least 100 pounds. Joey, harnessed to the cart, pulled with all his might to get a treat from his 8-year-old owner, Emily Tucker, a first-year 4-H member. After his and Emily’s first few attempts at the sport, Joey pulled 190 pounds.

あるイベント(ニュースで報道された競技会とは別の過去の競技会)では、わずか12ポンドの体重の4歳のミニチュアシュナウザーのジョーイは、少なくとも100ポンドの重さのカートを引っ張っりました。
ジョーイ(犬)は4H(イベントの主催団体)に加入して1年目の、飼い主の8歳のエミリー・タッカーちゃんからおやつをもらうためにカートを使って全力で(重りを)引っ張りました。
ジョーイ(犬)と飼い主のエミリーちゃんがこのスポーツに初めて挑戦した後のわずか数回後に、ジョーイは190ポンド(の重り)を引きました。

単に引っ張ると言うだけならうちにいる秋田犬の一頭は昔2トン車をひっぱりました。
なのでミニチュアシュナウザーがプル競技で100ポンドを引っ張るのは可能でしょう。が、元来そう言う体躯ではないはずのシュナにそう言うことをさせるのもどうかとは思います。プル競技ならプルタイプのピットブルなどがいるわけですので。
ちなみに馬鹿力と言われていた件の我が家の秋田犬は、今や腰椎のヘルニアで足元もおぼつかなくなっています。

お二人ともありがとうございます。

一尺八寸さん。小型テリアがウェイトプル競技によく参加していると思うのですが、彼等も控えた方が良いのでしょうか?

お二人共すいません。愛護関連のサイトなのにスポーツ系の話ばかりをしてしまい・・

Re: タイトルなし

一尺八寸 様、コメントありがとうございます。

> 単に引っ張ると言うだけならうちにいる秋田犬の一頭は昔2トン車をひっぱりました。
> なのでミニチュアシュナウザーがプル競技で100ポンドを引っ張るのは可能でしょう。が、元来そう言う体躯ではないはずのシュナにそう言うことをさせるのもどうかとは思います。

アメリカでは犬のウェイトプルの競技は割と盛んなようで、もちろん犬の重さなどでクラス分けをしています。
たしか「野生の呼び声」というそり犬の小説で、飼い主が重い荷物を主人公の犬が引けるかどうかを賭けをし、賭けに勝った飼い主は大もうけしたというシーンがあったはずです。

どう言ったらいいでしょうか。。。
プル競技を熱心にやっている人の中には考えれば筋肉増強剤などの薬剤を犬に対して使用している事がえあります。そう言う犬は短命で構わないと言うことがある意味前提になっています。

確かに体重別になっていたりしますが、本来ソリ犬やトラボイドッグでない犬種やプル競技用に造られた犬種以外の犬は競技を繰り返しているうちに体にガタが来てしまいます。私ならプルタイプのピットブル辺りを使います。
まあそう言うことです。あまり無理なことは望ましくないと。

Re: タイトルなし

一尺八寸 様

> 確かに体重別になっていたりしますが、本来ソリ犬やトラボイドッグでない犬種やプル競技用に造られた犬種以外の犬は競技を繰り返しているうちに体にガタが来てしまいます。私ならプルタイプのピットブル辺りを使います。

小型犬はレジャー程度であればよいでしょう。
ウェイトプルは、ピットブルはよい成績を収めています。
あまり無理をせずに。

小型犬にもドーピングする人とかいるんでしょうか?

↑で紹介されたジョーイは、8歳の子供との出場なので使用はされていないと思いますが・・

小型犬では、ドーピングする人って余りいないんじゃないかな?と思いました。

多分運動会感覚だと思うので

Re: タイトルなし

犬好き 様

多分、一般飼い主に飼われてる愛玩の中小型犬は、自分が面白くないことは一生懸命にはしない様な気がします。
飼い主も熱くなってはダメですね。
アメリカでは犬の色々な競技があります。
ハイジャンプの記録もギネス記録に載っています。



すいません。

小型犬クラスでもステロイド(筋肉増強)を打ってる個体が多いのかな?と思いまして・・(多分余りいないと思いますが・・)

ジョーイの飼い主は、8歳の子供なのでステロイドは使用はされていないと思ったんです。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> ジョーイの飼い主は、8歳の子供なのでステロイドは使用はされていないと思ったんです。

多分無いのではないですか。
チャリティーイベントでは賞金も出ないだろうし。
中には変な飼い主もいるかもしれません。

小型犬にステロイドを使ってまで勝ちに行くって、正直マトモじゃないと思うんですよね。家庭持ちなら自分の子供が可愛がっているかもしれない犬にステロイドなんか打てるか?と思います。

それに、ジョーイの飼い主みたいに参加者が子供だった場合は、ステロイドの知識もないと思うので(小型部門なら、子供の参加者も多いかも?)

団体はステロイド検査とかしてるんでしょうかね。

Re: タイトルなし

犬好き 様

> 団体はステロイド検査とかしてるんでしょうかね。

お金がかかっているような大会では、犬の競技会ではドーピング検査をしています。

http://www.fci.be/medias/FCI-REG-DOP-en-880.pdf
こちらはFCIの犬のドーピングに関するガイダンスです。
trials, competitions or shows とありますが、主に外見を競う競技会が主だと思います。
何しろドッグショーで優勝でもすれば、多額の交配料が得られるので。
スポーツ競技でも、例えばそり犬競技などは賞金も出ますし、優秀な犬は交配料も取れるので、ドーピング検査を行っているかもしれません。
しかし今回のチャリティーイベントの余興でのウエイトプルは、そのようなレベルではないと思います。

その他の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/search?p=Dog+competition+Doping+inspection&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=2351&aq=-1&oq=&at=&ai=






うわー・・純粋に競技を楽しむだけでなく人間の欲まで絡んでそうですね。

チャリティーとかの方が、純粋に競技としては楽しめそうですね。8歳の子供が犬にステロイドを打つなんて余り考えられないですし

Re: タイトルなし

犬好き 様

> うわー・・純粋に競技を楽しむだけでなく人間の欲まで絡んでそうですね。

ドッグショーの世界も金もうけの世界です。
AKCの利権もすごいと思う。
アメリカでは犬の価格があがっていて、3000ドル~とかが普通です。
チャンピオン犬の仔など5桁かもしれません。
繁殖オス犬のDNA登録もしています。
子犬の父親の偽装を防止するためです。
それはJKCもしていると思う。
世知辛い世の中です。
犬を飼うことぐらい、純粋に可愛がって楽しんでほしい。

返信ありがとうございます。

>>犬を飼うことぐらい、純粋に可愛がって楽しんでほしい。

本当にそう思います。

>>飼い主の8歳のエミリー・タッカーちゃんからおやつをもらうためにカートを使って全力で(重りを)引っ張りました。

さんかくさんの話を聞かせて頂いた後ですと、↑の記事の部分が微笑ましく感じました。

ありがとうございました。

一応最後にお聞きしたいのですが、シュナウザーは、小型犬では力が強い方と考えてもいいんでしょうか?

apaで優秀な成績を取ったり、チャリティーとは言え、カレンさんに褒められたりしてるので(多分チャリティーみたいなお金が絡まない方が健全)

何度もすみません

Re: タイトルなし

犬好き 様

> 一応最後にお聞きしたいのですが、シュナウザーは、小型犬では力が強い方と考えてもいいんでしょうか?

私は犬のことはそれほど詳しくないです。
個人的な推測ですが、シュナウザーは使役犬としては番犬に向いている犬種として上位にリストアップされたり、ネズミ捕りの使役に使われたりしているので、使役犬としては優秀なのではないかと思います。
ウェイトプルでよい成績を収めたのですから、体の割には力が強いのかもしれません。
他には力の有無だけではなく、犬の飼い主に対して喜ばせたいという意識が強いことも考えられます。
>
> apaで優秀な成績を取ったり、チャリティーとは言え、カレンさんに褒められたりしてるので(多分チャリティーみたいなお金が絡まない方が健全)
>
> 何度もすみません

ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

いろいろと業界の内情ということもあり、ご要望通り転写は致しません。
日本でも犬をはじめとするペット業界の利権体質はあるでしょう。
しかし愛誤界隈の利権も相当のものと思われます。
アメリカの一部の州自治体での、「保護団体由来の犬猫ウサギしかペットショップでは売ることができない」という法改正ですが、これは単なる愛誤団体の資金源の獲得のための法改正です。
つまりパピーミルから「レスキューするために」、愛誤団体はせっせとペットオークションでパピーミルが出品した子犬を落札し、ペットショップに卸しています。
最近アメリカは犬の価格が高騰していますが、「愛誤団体への口銭を支払わなければならない」という新たなコストが発生したことも一因です。
愛誤団体が汚いのは、名目上「動物のため」というきれいごとを言って、衆愚をだますからです。
また「正当にビジネスをして何が悪い」といっているペット業界の方がましです。
しかしいずれの方々も、勉強や正しい知識を獲得する努力をしていません。
だから「デマの拡散にたけたほう」が勝ちます。

>>「愛誤団体への口銭を支払わなければならない」

何かヤクザかギャングぽいですね・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

犬好き 様

> >>「愛誤団体への口銭を支払わなければならない」
>
> 何かヤクザかギャングぽいですね・・

実際それに近いです。

Re: 長くなってすいません。

犬好き様

> 海外の人も筋肉質な小型犬と言うと小型テリアを考える方がいるのかな?と思いました。
>
> すいませ。動画はアンケートとかを元に作られたのでしょうか?それとも投稿主の独断ですか?

サクッ、とテロップを読んでナレーションを聞いただけでは判断できませんでした。

ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

ミニチュアシュナウザーをガードドッグとして訓練しているという内容の動画ですが、ロシア語は私は厳しいです。
ミニチュアシュナウザーをガードドッグとして訓練する施設があるのか、それは一般に行われているのかは英語で検索します。
ロシア語の動画投稿した人の属性については後程調べます。
今日は商用で出かけますので。
しばらくお待ちください。

No title

ありがとうございます。

цвергшнауцер(恐らくミニチュアシュナウザー)gurd

と入れると映像が出て来たので、ロシア当たりではシュナを使う人がいるんだと思いまして・・

цвергшнауцерのшнауцерはシュナウザーですがцвергがわかりません。ツベルグってなんでしょう?

ガードドッグにミニチュアシュナを使う意味がわかりません。まだピンシェルとかならわかるんですが。

〉〉ガードドッグにミニチュアシュナを使う意味がわかりません。

性能が良いからでは?スタンレー・コレン氏の知能ランキング(知能)では、ミニチュアシュナウザーは、12位で小型犬の中では確か三番目に位置付けだったはずです。

それに付け加えアジリティ等のスポーツに向いているとされているので、肉体的にもしっかりしていると思いますので、使う人もいても可笑しくないかな?と思います。

うーんどうなんでしょうね。
性能云々の前にガードドッグはそれなりの大きさと破壊力も必要かと思います。小さいと言うことはそれなりに反撃された時のリスクも大きいと思いますし、シュナウザーを使うならせめてスタンダードサイズだと思います。
ミニチュアシュナウザーを単独で使用すると言うことであれば無謀ではないかと思います。

〉〉小さいと言うことはそれなりに反撃された時のリスクも大きいと思いますし、シュナウザーを使うならせめてスタンダードサイズだと思います。

確かにそうですよね。しかし、何故かそう言う訓練をしている映像が複数出てくるんですよね・・

Re: No title

鍵コメ様

>動画主の素性

まず動画主の素性ですが、こちらにソーシャルメディアのページがあります。
https://vk.com/kennelbostaurus

このソーシャルメディアは、フコンタクテ(VKontakte)といい、おそらくロシアでは最も利用者が多い部類のソーシャルメディアです。
主にガードドッグの訓練対象としているのは、Стандартный бультерьер(スタンダード・ブルテリア)と、Немецкая овчарка(ジャーマン・シェパード)です。
動画投稿者はプロのガードドッグ訓練士です。
ミニチュア・シュナウザーでのガードドッグの訓練の動画を挙げたのは、「どんな犬でもガードドッグにしつけることができる」というデモンストレーションと思われます。
ミニチュアシュナウザー専門に訓練を行っている施設ではありません。


>シュナウザーはこのような訓練にも適性があるのでしょうか?

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%D0%A6%D0%B2%D0%B5%D1%80%D0%B3%D1%88%D0%BD%D0%B0%D1%83%D1%86%D0%B5%D1%80+%D0%BE%D0%B1%D1%83%D1%87%D0%B5%D0%BD%D0%B8%D0%B5+%D1%81%D0%BB%D1%83%D0%B6%D0%B1%D1%8B+%D0%BE%D1%85%D1%80%D0%B0%D0%BD%D1%8B&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=2505&aq=-1&oq=&at=&ai=0816de87-c4a6-4451-aafc-0e7334328186
Цвергшнауцер обучение службы охраны 「ミニチュアシュナウザー ガードドッグ訓練サービス」での検索結果

例えばこのようなサイトで、「ミニチュアシュナウザーはもともと小型の有てい類類の番犬をしていた歴史があるのでガードドッグに向く」という内容のものはあります。
https://freshgeek.ru/ymnyi-i-hrabryi-ohrannik-cvergshnaycer/

しかし「ミニチュアシュナウザー ガードドッグ訓練サービス」でロシア語で検索した結果は、ヒット数は8000台です。
ロシアの人口が3億人を超えることを思えば、ミニチュアシュナウザーのガードッグの適正はそれほど高いということではないのではないかと推測します。

Re: タイトルなし

一尺八寸様、コメントありがとうございます。

> цвергшнауцерのшнауцерはシュナウザーですがцвергがわかりません。ツベルグってなんでしょう?

ロシア語のつづりでのцверг の発音は、ドイツ語の単語のzwerg です。
ドイツ語のzwerg の意味は、「小さい、(おとぎ話で出てくるような)小人」と言った意味です。
ロシア語は標準化が進んでおらず、また英語やドイツ語などの外国語との複合語、ちゃんぽん化が進んでいて、複数言語がわかっていなければロシア語の文献はわかりにくいのです。
私は中学英語レベルで何十年も前にロシア語を勉強したことがありますが、ロシア語は難しい言語です。
また名詞動詞の変化が多く不規則変化もいあり、変化形では辞書、自動翻訳では表示されないことが多いです。
ですからロシア語での対応は難しいです。

個人的には、わざわざミニチュアシュナウザーをガードドッグにしなくても、もっと適した犬種がほかにいくらでもあると思います。




> ガードドッグにミニチュアシュナを使う意味がわかりません。まだピンシェルとかならわかるんですが。

Re: タイトルなし

犬好き様、一尺八寸様

ミニチュアシュナウザーがガードドッグに向いているかどうかですが、このようなサイトがあります。
https://petidregister.com/miniature-schnauzer/can-miniature-schnauzer-be-guard-dogs/
Can Miniature Schnauzers Be Guard Dogs?
ミニチュアシュナウザーはガードドッグにすることができますか?

Can Miniature Schnauzers Be Guard Dogs?
According to pet trainers, Miniature Schnauzer Dogs score out of 5 in the scale of breeds that are considered the best guard dogs.

Can Miniature Schnauzers Be A Watch Dog?
This dog is not recommended to be a watchdog.
A guard dog, or a dog that will actually stop an intruder, normally takes unique breeding and training, but there are many dogs that are outstanding watch dogs.

ミニチュアシュナウザーはガードドッグにすることができますか?
ペットのトレーナーによると、ミニチュアシュナウザーは最高のガードドッグと見なされている品種のなかで5点満点です。

ミニチュアシュナウザーは番犬にすることができますか?
この犬は番犬にははお勧めしません。
ガードドッグまたは侵入者を阻止する犬は一般的に、ガードドッグに適した品種であり訓練を受けますが、優れた番犬である犬はたくさんいます。


その他英語文献
https://search.yahoo.co.jp/search?p=Miniature+Schnauzer+Guard+dog+Aptitude&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=2265&aq=-1&oq=&at=&ai=
Miniature Schnauzer Guard dog Aptitude
「ミニチュアシュナウザー ガードドッグ 適性」での検索結果。

ありがとうございました。

ロシアでは、小型犬も使用するのかな?と疑問に思っていましたが、体格に優れた犬種を使いますよね。

疑問に思うんですが、向いていないとするサイトは、ベスト5に小型犬のケアーンテリアが入っているような気がします。(ウォッチドッグ)


〉〉それは遊び心があり、好奇心が強く、警戒心が強く、勇気があり、友好的です。活動の最中も楽しんでいる、礼儀正しい飼い犬です。大型のシュナウザーよりも威圧的ではなく、ほとんどのテリアよりも犬の攻撃性が低くなっています。

これがマイナスしたと考えられるんでしょうか?(翻訳機能が間違っていたらすいません。)

Re: タイトルなし

犬好き様

> 疑問に思うんですが、向いていないとするサイトは、ベスト5に小型犬のケアーンテリアが入っているような気がします。(ウォッチドッグ)

私もこのサイトはよくわからないところがあります。
最初に、「ミニチュアシュナウザーはGuard dog「ガードドッグ」に向くと書いてあり、そののちには「ミニチュアシュナウザーはガードドッグ(Guard dog)や番犬(Watchdog)には向かないと言った記述があります。
他の資料も当たってみてください。

ありがとうございます。

何時もすいません。また宜しくお願いします

No title

ぶっちゃけ、サイトの運営者が記事の内容が矛盾している事に気づいていないと言うのは多かったりしますか?(日本、海外問わず)

5点満点と言う事は、最高評価にも関わらず「向いていない」と言う記述があるのは、明らかに矛盾してますし



プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR