「住宅密集地でも飼い猫を狩猟駆除すべきだ」と主張しているドイツの政治家~ドイツでの猫被害は相当ひどいようです



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Katzen-Ärger in Kiel"Sehr starkes Problem": CDU-Mann will Hauskatzen jetzt zum Abschuss frei geben
Im Kieler Stadtteil Russee machen Katzen den Menschen zu schaffen und die Besitzer scheinen unbelehrbar.
Ein CDU-Mann schlug deshalb im Ortsbeirat vor, die Katzen zu einem Fall für den Jäger zu machen.
Das wäre aber nicht ganz legal.


 ドイツの地方政治家で、「住宅密集地でも飼い猫の狩猟を認め、自由に射殺すべきだ」と主張している人がいます。ドイツでは連邦狩猟法の規定により犬猫は、人の占有下になければ通年射殺などで狩猟駆除することが合法です。しかし各州で、狩猟は民家から一定の距離がなければならないとされています。都市部の住宅密集地では、猟銃を使用して猫を駆除することの合法化は難しいでしょう。しかしこのような政策提言を行う政治家が現れるということは、ドイツにおける都市部の猫被害は相当ひどいのではないかと推測します。


 Katzen-Ärger in Kiel"Sehr starkes Problem": CDU-Mann will Hauskatzen jetzt zum Abschuss frei geben 「キール市の猫のトラブル 『それは大変大きな問題です』:CDU(Christlich-Demokratische Union Deutschlands ドイツキリスト教民主同盟。現在ドイツ連邦共和国の政権与党)の党員は現在、飼い猫を自由に射殺することを望んでいます」。2016年8月19日、から、以下に引用します。なおキール市は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の州都であり、人口が約240万人の大都市です。


Im Kieler Stadtteil Russee machen Katzen den Menschen zu schaffen und die Besitzer scheinen unbelehrbar.
Ein CDU-Mann schlug deshalb im Ortsbeirat vor, die Katzen zu einem Fall für den Jäger zu machen.
Das wäre aber nicht ganz legal.
Der CDU-Ortsbeirat Sven Plaumann will mit einer rabiaten Maßnahme gegen Katzen vorgehen.
Habe der Politiker ein "sehr starkes Katzenproblem" im Wohngebiet Russeer Forst festgestellt.
Der Katzen-Kot in Gärten und auf Spielplätzen würde den Anwohnern zu schaffen machen.
Aus rechtlicher Sicht ist Plaumanns Vorschlag nicht legal.
Zwar werden in Schleswig-Holstein laut den "Kieler Nachrichten" jährlich tatsächlich mehrere Tausend Katzen von Jägern erlegt.
Zudem dürfen Jäger nicht in bewohnten Gebieten schießen.
Zum nächsten Haus muss ein Mindestabstand von 200 Metern eingehalten werden.

キール市ルゼー区の猫は住民をヘトヘトに困らせて、そして飼い主は聞く耳を持たないように見えます。
そのためにCDU(政党)の党員である、オルツバイラーツ氏は、猫の狩猟をルゼー区でも行えるようにすることを提案しました。
しかしそれは、全く合法とは言えないのです。
CDU の党員、オルツバイラーツ・スヴェン・パールマン氏は、猫に対する冷酷な提案により攻撃の標的にされるでしょう。
政治家(オルツバイラーツ氏)が抱く、「大変大きな猫の問題」は、住宅地、ルゼーに森林を見出しました(住宅地が狩猟可能な森林地帯と同じなのかという皮肉の意味)。
庭や遊び場での猫の糞が、住民にもたらされることになるでしょう。
法的な観点からすれば、オルツバイラーツ・スヴェン・パールマン氏の政策提言は合法的ではありません。
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州においては、年間数千匹の猫を、「キールの人々による処刑」により、ハンターが殺しているのは事実です。
一方ハンターは、人口密集地域で動物を射殺することはできません。
狩猟における発砲は、最も近い民家から、最小でも200メートルの距離を維持しなければならないからです。



 「住宅密集地でも飼い猫は狩猟対象として射殺すべき」との政策提言を行った地方政治家、オルツバイラーツ・スヴェン・パールマン氏ですが、この政策提言はほかのメディアでは好意的に報じられています。ただそのニュースを探したところ、既にリンク切れでした。好意的とは、「野良猫、放し飼いの猫は狂犬病感染を拡大させるリスクがある。狂犬病予防のためにも、都市部の野良猫・放し飼い猫は狩猟という手段を講じても、積極的に駆除すべきだ」です。それを報じたメディアは、狂犬病予防という点を評価しています。ヨーロッパ大陸、特にポーランドなどの東欧は、今でも狂犬病は少なからず発生しています。それらの国と国境を接しているドイツは、狂犬病が脅威とされているからです。
 いずれにしても、ドイツにおいても、野良猫と外飼い猫の被害はひどいようです。私は、住宅地密集地で鉄砲玉が飛んでくるくらいならば、猫の糞尿被害の方がまだマシかなという気もします。しかし日本と異なり、猫被害に対して積極的な狩猟駆除という政策を提言できるドイツはある面羨ましいです。日本ではまず考えられません。


(動画)

 Katze mit Schlagfalle getötet 「デストラップにより殺された猫」。2015/06/11 に公開。EUでは、トラバサミなどのデストラップの使用は2008年から禁止されています。しかしこのようなわなの生産~販売~所持、は、ドイツでは取り締まる法律がありません。しばしばドイツでは、デストラップの犠牲になる飼い猫飼い犬がいます。私は、デストラップをドイツ政府は黙認しているのではないかと思うことすらあります。その点については、機会があれば記事にします。動画は、住宅地で飼い猫をデストラップで殺された飼い主のニュースです。
 そのほかドイツのインターネット上では、「猫を不凍液や殺鼠剤で駆除する方法」などのサイトもあります(事実上、外猫駆除の情報提供を行うサイト。例えば「私の猫は不凍液で殺された」や、「猫にとってはこのようなものが致死的であるから気を付けよう」という投稿サイトです。折々紹介します。ドイツの犬の毒餌の作り方サイトは、私はこのブログで紹介しています)。法改正などを行わなくてもドイツでは、水面下では違法なデストラップや、市販の化学製品などを用いて猫が駆除されています。ドイツでも猫被害がひどいのだと推測します。猫のためにも、飼い猫は室内飼いするべきだと思います。

Die Besitzer sind entsetzt: Eine Katze aus dem nordhessischen Rosenthal ist mit einer so genannten Schlagfalle getötet worden.
Fallen dieser Art sind in der EU verboten.

猫の飼い主はショックを受けています:ヘッセン州ローゼンタールで猫は、いわゆるデストラップで殺されました。
この種のトラップは、EUでは禁止されています。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

猫愛誤の害は世界共通ですね。

猫を愛玩動物でなく使役動物ですらなく害獣にする餌やり放し飼い青空飼育のゴミ人間の害って世界で猛威をふるってますね。

日本でも嘘と詭弁で猫知識のない一般人をだまして地域猫だのとやってますが、そのうちドイツでも地域猫とか言い出すのでは?
完全に頭のおかしい野良猫関係者だと何でもやりそうですしね。

結局、猫問題を解決するには元凶になってる野良猫関係者をかたっぱしから殺処分できりゃ一番ですけど、法律的に生かしておいてもバカで低能だから社会の害にしかならなくとも一応人間の形状をしているので殺処分できませんからねぇ・・・・

ほんと野良猫愛好者のゴミ共の言うように猫に罪はないですし、罪があるのは野良猫愛好者ですから猫は可哀想ですが殺処分するしかないんですよね。
だって野良猫愛好者って勝手にガンガン繁殖させても繁殖させるだけであとの責任は一切負いませんし、たいてい社会の底辺で金もないですから徴収もできませんしね。

生き餌は。。。

闘犬に仔猫の生き餌はしませんね。おもちゃにも与えられません。
仔猫が何持ってるかわからない(病気や寄生虫)ので怖いですよ。
野生動物相手の猟犬ならいざ知らず、飼い犬がそういったモノに暴露されるリスクは犯したくありません。
海外ではそう言うことを考えないんでしょうか?
別の意味で怖いです。

Re: 猫愛誤の害は世界共通ですね。

猫ボラ滅びろ!! 様、コメントありがとうございます。

> 猫を愛玩動物でなく使役動物ですらなく害獣にする餌やり放し飼い青空飼育のゴミ人間の害って世界で猛威をふるってますね。

飼い主が管理しなければ、愛玩動物でも使役動物でもありません。
オーストラリアやニュージーランドははっきりと政府文書にもpest「有害生物」と明記しています。
またpest control「有害生物駆除」会社が、盛んに「有害生物である野良猫の駆除を承ります」という広告を出しています。


> 日本でも嘘と詭弁で猫知識のない一般人をだまして地域猫だのとやってますが、そのうちドイツでも地域猫とか言い出すのでは?

5、6年ほど前は、ドイツ語で猫TNRのことを検索しても、ヒットはほぼゼロでした。
ドイツやオランダの愛護団体がインドで行っている犬TNRのことがたまにヒットするぐらいでした。
しかし最近ちらほら猫TNRがヒットします。
アメリカでは猫TNRが否定されつつあり、猫TNRカルトが新天地をともめているのだと思います。


> 猫に罪はないですし、罪があるのは野良猫愛好者ですから猫は可哀想ですが殺処分するしかないんですよね。

それが国際標準です。
ドイツも、民家から一定以上離れていれば猫は通年狩猟駆除対象ですし、それだけで人口比で、日本の公的殺処分の10倍は駆除しています。


> 野良猫愛好者って勝手にガンガン繁殖させても繁殖させるだけであとの責任は一切負いませんし、たいてい社会の底辺で金もないですから徴収もできませんしね。

飼い猫を殺された一家は、広い庭のある一戸建てに住んでいる中流家庭のアングロサクソン系と思いますが、そのような社会階層の人でも、ドイツは猫の適正飼育化が進んでいるとは思えません。

Re: 生き餌は。。。

昇汞 様、コメントありがとうございます。

> 闘犬に仔猫の生き餌はしませんね。おもちゃにも与えられません。

ちゃんとした、知識のある犬の飼い主であればそれが通用するでしょう。
しかしアメリカでの闘犬は100%違法賭博で、犬の訓練や飼育をしているのはマフィアのチンピラです。
また犬はデスマッチで使い捨てのことが多いですし。


> 仔猫が何持ってるかわからない(病気や寄生虫)ので怖いですよ。
> 野生動物相手の猟犬ならいざ知らず、飼い犬がそういったモノに暴露されるリスクは犯したくありません。
> 海外ではそう言うことを考えないんでしょうか?
> 別の意味で怖いです。

正常に考えればそうです。
しかしオーストラリアのドッグレースでの犬の訓練でも、生き餌に子猫を使っているビデオがありますし、案外海外先進国を日本人が誉めそやしている国でも、いい加減なところがあると思います。
闘犬の生きえさに子猫を使ったというニュースは、アメリカの四大メディアのabcやCBSがTVニュースでも報じています。
またイギリスのミラーも取り上げています。
内容をよく読んで眉唾物であれば私が取り上げるのをやめますが、このニュースに限らず、アメリカやヨーロッパ、オセアニア、カナダなどの日本人が崇拝している先進国でも、変な動物虐待事件がしばしば報じられています。

まあ、確かにそうですね、あちらは。
ステロイド投与でムキムキマッチョなピットブルをつくったりしています。
確かに犬は使い捨てという面はあると思いますね。
日本国内ではちょっと考えられません。

愛誤は世界の汚物

日本の愛誤は、、ドイツ犬猫にとって最高の国!とまだ言ってますね。
言わなければ愛誤の世界で何か懲罰があるのでしょうか?

愛誤は、さんかく様のブログをよく見て勉強しなければ、
何も現状を把握できない愚か者で一生を全うすることになるでしょう。

Re: タイトルなし

昇汞 様

> ステロイド投与でムキムキマッチョなピットブルをつくったりしています。
> 確かに犬は使い捨てという面はあると思いますね。
> 日本国内ではちょっと考えられません。

オーストラリアでは、レースドッグのドーピングがしばしば問題になります。
禁止はされているのだけれど、巧妙になってきます。
当然薬物の使用では、犬ヘの体への負担が重いでしょう。
そんなことなんてまったく考えていませんよ。
レースで勝てば、犬はつか言い捨てでいいのですから。

Re: 愛誤は世界の汚物

フェイル様、コメントありがとうございます。

> 日本の愛誤は、、ドイツ犬猫にとって最高の国!とまだ言ってますね。
> 言わなければ愛誤の世界で何か懲罰があるのでしょうか?

大衆愛誤ならともかく、NHKも私が数年前から申し入れをしているから知っているはずなのにその後も「ドイツではペットショップでの生体販売がない」と狂ったように繰り返しています。
ほかの番組でもですがね。
すこーしは巧妙になったのか、自らは報じることはぜず、有識者(笑い)に喋らせるという手法で。


> 何も現状を把握できない愚か者で一生を全うすることになるでしょう。

恥ずかしい、裸の王様で生涯を終えればいいでしょう。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR