フランスの犬猫殺処分数は年間50万頭~フランスでは犬猫の不妊去勢手術が高価であるために、獣医師は安楽死に賛成している



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Frankreich
Sterilisationen
Was die Überbevölkerung in Frankreich betrifft, ist es sehr schwierig, finanzielle Unterstützung für Kastrationen zu finden.
Tierärzte sind in Frankreich sehr teuer, und die meisten von ihnen befürworten die Euthanasie.
Der DDSV, das Tierbüro, hat das Recht, massive Tötungen, insbesondere aus hygienischen Gründen.



 フランスにおける犬猫の殺処分数は高位推計で年間50万頭です。この数は人口比で日本の11.6倍です。フランスは西ヨーロッパ諸国の中では殺処分数は多いと思われます。その理由は犬猫の不妊去勢手術が獣医師による一種の価格カルテルにより高止まりしており、犬猫の不妊去勢手術が進まないことが挙げられます。そのために不要犬猫の繁殖が進み、殺処分せざるを得ない状況に陥っているのです。フランスの獣医師は「不妊去勢手術より安価である」ことを理由に、殺処分(安楽死処置)に賛成しています。


 私は今まで何度か、フランスの犬猫の年間殺処分数が高位推計で50万頭であることを記事で書いてきました。この数は、人口比で日本の11.6倍です。主にドイツ語文献による数値ですが、他に英語やフランス語の資料でも概ね、「フランスの年間犬猫殺処分数は50万頭という数値が挙げられています。つまり「フランスの年間犬猫殺処分数50万頭」は信ぴょう性が高いと言えるのではないでしょうか。
 フランスの犬猫殺処分数は、西ヨーロッパ諸国の中では高いと思います。その理由を分析した資料があります。フランスでは犬猫の不妊去勢が進んでないことが殺処分が多い理由の一つとして挙げられています。
 ベルギーを本拠地とする、獣医師の動物保護団体、Ärzte für Tiere in Brüssel bei der SANCO 「ブリュッセル 獣医師協会 SANCOO」のHPから、フランスに関するページより引用します。Frankreich「フランス」より(ドイツ語)。


Sterilisationen
Auf fast allen Karibikinseln gibt es bereits wenigstens ansatzweise kostenlose oder kostengünstige Kastrationsprogramme, nur auf den Französischen Antillen nicht.
Dort verhindert eine Handvoll französischer Tierärzte erfolgreich jede Preissenkung .
Das Trap/Neuter/Release Verfahren ist verboten, ebenso der Einsatz mobiler Kliniken.
Auf Martinique sind die Preise für eine Sterilisation von 145 Euro in 2005 auf 200 Euro in 2009 gestiegen.
Die Veterinäre reduzieren die Preise nicht.
Straßentiere werden nicht kastriert.
Was die Überbevölkerung in Frankreich betrifft, ist es sehr schwierig, finanzielle Unterstützung für Kastrationen zu finden.
Französische Tier Beschützer schaffen es häufig nicht, das Geld für die Kastration umherziehender Hunde rudel zu sammeln, und einige Tierheime geben Tiere weg, ohne sie vorher kastriert zu haben.
Tierärzte sind in Frankreich sehr teuer, und die meisten von ihnen befürworten die Euthanasie.
Der DDSV, das Tierbüro, hat das Recht, massive Tötungen, insbesondere aus hygienischen Gründen.

野良犬野良猫の繁殖制限
ほとんどすべてのカリブ海の島々では、少なくとも無料または低コストの去勢手術プログラムが始まっているか、存在しており、フランス領西インド諸島が唯一ではありません。
しかしフランス領西インド諸島では、フランスの獣医師の一部が、正常で競争が自由な犬猫の不妊去勢手術の価格の低下を妨害しました。
トラップ/中性/リリース(TNR)は、移動診療が行われるために禁止されています。
マルティニーク島では、145ユーロの不妊去勢手術の価格は、2005年から2009年にかけて200ユーロに値上がりしました。
獣医師は、手術の価格を下げません。
野良犬野良猫は、去勢されていません。
(以下はフランス本土に関する情報)
フランスの野良犬野良猫の数の過剰に関しては、去勢手術のための財政支援を見つけることは非常に困難です。
フランスの動物保護においては、多くの場合は、野良犬の去勢手術のための費用を調達することはせず、いくつかの動物保護施設は、最初に不妊去勢せずに犬猫を譲渡しています。
ほとんどの獣医は、フランスでは非常に不妊去勢費用が高価であるために、犬猫の安楽死に賛成しています。
DDSV、動物の管理機関は、衛生上の理由から具体的には大規模な殺処分の権利を有します。



 Ärzte für Tiere in Brüssel bei der SANCO 「ブリュッセル 獣医師協会 SANCOO」のHPはドイツ語で書かれており(ベルギーはほとんどがフランス語かオランダ語の話者であるため)、当初私はドイツ人の反フランス感情により誇張した記述をしているのだと思っていました。しかし英語フランス語などの資料でも、多くが「フランスの年間犬猫殺処分数は50万頭」としています。
 ですから「フランスの年間の犬猫殺処分数は50万頭」であり、その原因の一つが「不妊去勢費用が高価であるために繁殖制限が進んでおらず、余剰な犬猫が生まれるため」というのは間違いないようです。


(動画)

 stop euthanasie 「安楽死の停止」。2012/04/04 に公開。フランス語による、フランスの犬猫殺処分に反対するビデオ。閲覧注意。犬猫の殺処分シーン有り。このビデオでも、「フランスにおける年間の犬猫殺処分数は50万頭」とされています(フランス語)。




(参考資料)

 日本語の資料でも、フランスの犬猫殺処分の現状を伝えるものがありました。フランス「犬・ぬこ担当の保健所職員だけどなんか質問ある?」。2012年5月14日。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近、記事に書かれる内容に
似た話をしてたんですが、理路整然と
話を進めると相手はそんな事は解らんから
どうでもいいの!!と思考停止して
感情論だけで話が進んでいく始末で^^;
(愛誤の常套句に似た言葉が延々続いたので割愛します。)
再び理路整然と書かれてる記事の
内容似た話をすると、次に出た言葉は、それは
話が飛躍しすぎといわれました(笑)
私からしたら、飛躍し過ぎと言う意味が分からないので、
その飛躍しすぎという
根拠が何処からくるのかを突き詰めたら
おそらく自分の意見が無い所為か
怒ってそこで話が終わりました^^;

その相手は愛誤ではないですが
ただ、その手の話題を知らないみたいで
単に愛誤の声をあげてる話をまんま
受け止めてると見受けました。
一般の愛誤でない方たちも
知らないが故に愛誤に刷り込まれ
騙されていくのか!と、改めて
理解した件でした。

そらまぁ殺処分のほうが安価ですよ。

日本でも不妊去勢よか保健所での安楽死のが安いですね、実際の費用的には100円しなかったと思います。
なんか即処分しないから持ち込みでよけいに費用をとられてるっぽいですけどね。

だいたい野良猫にせよ野良犬にせよ勝手に繁殖させたり捨てたりするバカの尻拭いを行政でやってる訳であって、法律どおり動物愛護法でどんどんバ飼主を逮捕すりゃいいんですよ。
何故か逮捕されるのって元々がバ飼主の被害にあってる人がマヌケな駆除をして法律に触れてってのが多いですけど。

行政も野良猫だのの因果関係なんざ明らかなんですしガンガン捕まえて殺処分すりゃいいと思います。
行政まで何故か猫目線で配慮するのが意味不明ですけどね、法的にも屋外にいる所有者不明の猫は野良猫とはっきりしているのに所有者がいる可能性とかわけわかめな理由で引き取り拒否とかバカなんですかね?

なんかトンデモ法解釈がまかり通ってる感じですし日本ってほんと法治国家なのか最近は疑問に思います。

Re: No title

R・I 様、コメントありがとうございます。

>理路整然と話を進めると相手はそんな事は解らんから
> どうでもいいの!!と思考停止して
> 感情論だけで話が進んでいく始末で^^;

これだけ大メディアもこぞって広めて定着させた嘘情報です。
一旦固定観念、常識として定着した情報を覆すのは大変なことです。
江戸時代の高名な儒学者、新井白石は地動説を「野蛮な毛唐の妄言」と断言しました。
それよりはるか以前に、織田信長がヨーロッパの宣教師に地動説を教授された時に、即座に理解したとのことです。
それだけ定着した「思い込み」を覆すのは、革新的な精神の持ち主でなければならいということでしょう。


> その飛躍しすぎという
> 根拠が何処からくるのかを突き詰めたら
> おそらく自分の意見が無い所為か
> 怒ってそこで話が終わりました^^;

愛誤さんの、相手に対する反論(「論」になっていませんが)は、根拠、証拠を示さずに、感情的に相手を罵倒するだけです。


> その相手は愛誤ではないですが
> ただ、その手の話題を知らないみたいで
> 単に愛誤の声をあげてる話をまんま
> 受け止めてると見受けました。
> 一般の愛誤でない方たちも
> 知らないが故に愛誤に刷り込まれ
> 騙されていくのか!と、改めて
> 理解した件でした。

動物愛護にそれほど関心がない方でも、「日本は大量殺処分をおこなっている先進国ではまれな動物虐待国」「海外先進国では犬猫殺処分がない」などと常識としてそれを信じている方が多いとおもいます。
これだけマスメディアが嘘報道を繰り返しているから仕方がないです。
海外の、生のそのままの情報を加工なしで日本に訳して伝えているのは、個人ブロガーの私ぐらいのものです。
マスメディア情報の方が嘘だということを信じろという方がむしろ無理でしょう。
私がブログをやめたならば、伝える人がいなくなります。
だからやめられない、義務感ですよ。
これでもNHKをはじめとする巨大メディアがこぞって流している「ドイツ殺処分ゼロ」「ドイツなどの先進国ではペットショップがない」などの情報が嘘であることが、大分浸透したと思います。
1ブロガーの功績としては、むしろ出来すぎだとおもっています。

Re: そらまぁ殺処分のほうが安価ですよ。

猫ボラ滅びろ!! 様、コメントありがとうございます。

> 日本でも不妊去勢よか保健所での安楽死のが安いですね、実際の費用的には100円しなかったと思います。

フランスの獣医師が、「不妊去勢よりも安楽死の方が安価である」ことを理由に安楽死(殺処分)に賛成するのは一理あります。
フランスでTNRが事実上禁止状態に陥っているのは、リゾート地の島ですが、費用対効果を考えれば、TNRより殺処分に賛成する方がむしろ良心的と思えます。


> 野良猫にせよ野良犬にせよ勝手に繁殖させたり捨てたりするバカの尻拭いを行政でやってる訳であって、法律どおり動物愛護法でどんどんバ飼主を逮捕すりゃいいんですよ。

愛護動物の遺棄罪で逮捕される例はほとんど聞きません。
餌付けにより野良猫が増え、保健所が引き取らない、深刻な猫被害の受忍限度を超えるような状態で私的に猫を駆除し他ケースでは逮捕実名報道されます。
私は方の運用において、公平性に欠けると思います。
罰則規定がないだけで、野良猫への給餌は動物愛護管理法7条に違反します。
つまり動物愛護管理法上、地域猫は違法。


> 行政も野良猫だのの因果関係なんざ明らかなんですしガンガン捕まえて殺処分すりゃいいと思います。

フランスは人口比で日本で約12倍の殺処分数です。
アメリカの同様。
「殺処分はほぼゼロ」と紹介されているイギリスでは、実は犬の殺処分数は日本より人口比で倍です。
ドイツなどは、野良猫野良犬は民間人ハンターが、ガンガン射殺しています。
オセアニアでは、野良猫は根絶方針で国を挙げて駆除事業を行い、民間人に対しても駆除を推奨しています。
人が管理していない状態の犬猫まで被害が及んでいる状態でも捕獲殺処分しない、できない日本は、世界でも例外でしょう。


> 行政まで何故か猫目線で配慮するのが意味不明ですけどね、法的にも屋外にいる所有者不明の猫は野良猫とはっきりしているのに所有者がいる可能性とかわけわかめな理由で引き取り拒否とかバカなんですかね?

「所有者がいる可能性」ということは、「所有者が不明」ということそのものじゃないですか。
つまり動物愛護管理法35条3項の引取り義務対象です。
義務教育の国語もまともに履修しなかったのか。


> なんかトンデモ法解釈がまかり通ってる感じですし日本ってほんと法治国家なのか最近は疑問に思います。

動物愛護(誤)に関しては無法状態ですね。
神戸市でも、餌やりの権利?を認めるような条例が成立しそうです。
被害者は、民事訴訟で対抗していくしかないでしょう。
本人訴訟でやればいいのです。
私の知っている狂人餌やりは「訴訟なんて出来るわけないでしょ。弁護士費用の方が高くつきますから」と高笑いをしてうそぶきます。
本人訴訟のサポートボランティアを、私の顧問弁護士と立ち上げたいと思っています。

No title

>1ブロガーの功績としては、むしろ出来すぎだとおもっています。

管理人様の発信のおかげで、私自身は気付かされ
且つ、語学は比較的苦手ですが、私自身で管理人様の
発信の内容を改めて海外版の検索エンジンで探し
裏付けて(事実を実際に取れて、私の頭に本当の動物事情を
翻訳して理解した上で)愛誤走りそうな何人かの知人には
提供をしました。
今のところ2人は理解を示して頂けました。
私自身、海外の動物事情は宗教的観点且つ
情勢的から見て愛誤の言った様な事は怪しいと
思っていて、今までその確たる情報が無かったので
議論が出来なかったが、管理人様のブログを見つけてからは
それを元に自分で裏付けを出来る様になったので
非常にありがたいです。
だから、感謝しております。

No title

この度の相手は、子供でも理解を出来るレベルまで
落として説明をしましたが、思考を停止し、怒って
終わったと言った形になってしまいました(^_^;)
まぁ、私よりふた回り近く上で身内から、聞きたくなくても
知らぬ間に洗脳されるんやなぁって思いました。
まぁ、その方だけでなく、他の方で間違えた
方に行きそうになった方を見つければ、管理人様の情報と
それを元にした私自身のレポートで、事実を知ってもらい
本当の愛護たるもとはを啓発していきます。
重ね重ねのコメントすいません。

Re: No title

R.I 様

> 管理人様の発信のおかげで、私自身は気付かされ
> 且つ、語学は比較的苦手ですが、私自身で管理人様の
> 発信の内容を改めて海外版の検索エンジンで探し
> 裏付けて(事実を実際に取れて、私の頭に本当の動物事情を
> 翻訳して理解した上で)愛誤走りそうな何人かの知人には
> 提供をしました。

ありがとうございます。
マスメディアや愛護団体が流布している海外の動物愛護情報に、「おかしい」と感じる人が増えて、自ら調べる方が増え、その輪が広がっていくことを期待します。


> 私自身、海外の動物事情は宗教的観点且つ
> 情勢的から見て愛誤の言った様な事は怪しいと
> 思っていて、

まさに愛誤はカルトです。
しかもかつてのオウムなどのカルトとは異なり、マスメディアも愛誤に同調しているところが問題です。


> それを元に自分で裏付けを出来る様になったので
> 非常にありがたいです。

例えばその言語を習ったことがない人でも、自動翻訳である程度のことはわかります。
これからは自動翻訳ソフトの精度も向上するでしょう。
愛誤の嘘に気がついた人が、どんどん海外の「生」情報に触れることが増えていくものと思われます。
愛護の嘘情報を同調してたれながし続けているマスメディアの道義的責任をそのうち問われるようになると思います。
従軍慰安婦の嘘情報は50年間騙し続けることができましたが、今ではIT技術が進展しています。
また海外の動物愛護情報は、現に今、情報があるのです。
従軍慰安婦のように、何十年前のことで検証が難しいわけではありません。
嘘情報をたれながしている方々は、嘘の反動というものを考えていただきたい。

Re: No title

R.I 様

> この度の相手は、子供でも理解を出来るレベルまで
> 落として説明をしましたが、思考を停止し、怒って
> 終わったと言った形になってしまいました(^_^;)

残念です。
しかし衆愚に一旦根付いた固定観念を覆すのは大変なことです。


> 管理人様の情報と
> それを元にした私自身のレポートで、事実を知ってもらい
> 本当の愛護たるもとはを啓発していきます。

そのような草の根の啓発が広がっていくことを願います。

日本ももっと殺処分すればいいのに
犬猫なんて居なくても害ないし
またぎ、羊飼い以外は飼うの禁止にして欲しいくらいだわ

Re: タイトルなし

ー様、コメントありがとうございます。

> 日本ももっと殺処分すればいいのに

殺処分は少ないに越したことはありません。
しかし殺処分は良い悪いの問題ではなく、四条犬猫が存在し、訂正に飼育する人がそれにみたなければ、しなければならない、必須です。


> 犬猫なんて居なくても害ないし

アイスランドの首都、レイキャビックでは犬の個人所有は禁止です。
国土全体で野良猫の根絶事業をしています。
2000年はほぼ根絶に成功したとされています。
オーストラリアの一文自治体では、野良猫を根絶し、飼い猫も段階的に禁止し、ゼロにする政策を実行中です。
オーストラリア連邦政府は「野良猫は根絶することが望ましい」とし、根絶事業を継続中です。
日本の犬猫愛護は、海外の事情も知るべきですね。


> またぎ、羊飼い以外は飼うの禁止にして欲しいくらいだわ

それを実現している自治体も世界ではあるということです。
中東のイランは一応一般人の犬の飼育を禁止しています。
催事アラビアでは、リヤドでそうだったと思います。
犬猫の飼育をゼロにすれば、必然的に殺処分はゼロになります。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR