フランスでは、高位推計で年間50万頭もの犬猫を殺処分している~その数は人口比で日本の11.6倍



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheime in Frankreich: völlig überfüllt
Tierheime in Frankreich: völlig überfüllt
In Frankreich sind Tierheime schon seit Jahren komplett überlaufen. Und täglich landen neue Tiere in den Auffangstationen. Auffällig viele davon sind Rassetiere.
Nach Ablauf von zehn Tagen dürfen sie vermittelt oder ganz legal getötet werden. Und einige Tierheime machen durchaus davon Gebrauch, denn sonst würden sie aus allen Nähten platzen.


 ドイツのマスメディアの報道によれば、フランスでは高位推計で年間50万頭もの犬猫を殺処分しています。対して日本の平成27年度の犬猫の公的殺処分数は、82.902頭です。高位推計を元にすれば、フランスの犬猫の殺処分数は人口比で日本の11.6倍になります。フランスでは、ヨーロッパでは唯一法律で犬猫の8週齡未満の販売を禁じている国です。


 まず日本の最新の犬猫殺処分数ですが、犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)、に平成27年度の統計があります。この統計によれば、犬猫殺処分数は次の通りです。
・犬     15.811
・猫     67.091
・合計    82.902

 以降は、この数値を用います。

 一方、フランスの犬猫殺処分数の推定値があります。こちらのドイツのマスメディア(WDR)の報道では、高位推計でフランスでは年間50万頭の犬猫を殺処分しているとしています。
 Tierheime in Frankreich: völlig überfüllt 「フランスのアニマルシェルターは過密状態」。2016年8月5日(ドイツ語)、より引用します。


In Frankreich sind Tierheime schon seit Jahren komplett überlaufen.
Und täglich landen neue Tiere in den Auffangstationen.
Auffällig viele davon sind Rassetiere.
In Frankreich ist es gesetzlich erlaubt, Tiere nach Ablauf von zehn Tagen einzuschläfern, wenn sich kein Besitzer findet.
Und die Chance auf eine neue Familie haben die Tiere dort kaum.
Eine gesetzliche Regelung zur Zucht gibt es bislang nicht.
Um zu verhindern, dass Tiere ihrem Schicksal überlassen werden, haben einige Tierheime in Frankreich sogar Tierklappen eingeführt.
Das sind Innenzwinger mit einer per Knopfdruck zu öffnenden Tür, in die Halter ihre Tiere nachts hineinsetzen können.
Diese Tiere landen erst einmal für zehn Tage in der sogenannten .
Das sind die offiziellen Auffang- und Tötungsstationen in Frankreich.
Nach Ablauf der gesetzlichen Frist dürfen die Tiere vermittelt oder getötet werden.
Denn die Kosten für die Unterbringung und Verpflegung werden von der Gemeinde nur für die ersten zehn Tage bezahlt.
Zudem sind die Zwinger und Zimmer fast das ganze Jahr völlig überfüllt, sodass eine Einschläferung einiger Tiere fast unumgänglich ist.
Offizielle Zahlen über die jährlichen Einschläferungen in Frankreich gibt es nicht.
Es wird vermutet, dass es zwischen 50.000 und 500.000 pro Jahr sind.

フランスでは、ティアハイム(動物保護施設)は一年中完全に過剰収容状態です。
動物保護施設では、毎日のように新しい動物が持ち込まれます。
それらで数が目立つのは、純血種の犬です。
フランスでは、飼い主が現れない場合は、10日の収容期間の後、動物を安楽死させることが合法です。
また、動物たちにとっては新しい家族にめぐり合えるチャンスはとんどありません。
フランスでは、犬の繁殖に関わる法的規制は現在ありません。
動物(犬猫)たちが捨てられることを防止するために、フランスにおいても、動物(犬猫)を投入する扉をいくつかの動物保護施設が導入しています。
これはボタンを押すとドアが開き、内部は犬舎になっており、飼い主が夜中に彼らの飼い犬を投入することができます。
これらの動物(犬猫)は、いわば10日間だけで命を終えるのです。
これらは、フランスの公的な不要ペット収容と殺害部門です。
法定期間の満了後は、動物(犬猫)を一般譲渡または殺処分しても良いのです。
最初の10日間は、収容と食餌の費用が自治体によって支払われます。
犬舎は1年のほとんどが過密状態ですので、何頭かの動物(犬猫)の安楽死はほぼ避けられません。
フランスの年間の犬猫の安楽死の公式統計はありません。
その数は、年間5万頭から50万頭のあいだであると推定されています。



 上記の「殺処分されるのは5万頭から50万頭の間」の数は、犬猫の数字です。5万頭と50万頭では、10倍もの差があるわけですが、なんとも大雑把でラテン系なんですかね。高位推計では、フランスの犬猫の殺処分数は人口比で日本の11.6倍になります。最も低い推計値でも1.2倍です。夜間の匿名の「犬猫捨て収容フラップ」が動物保護施設に設けられていることも「捨てやすい」一因かもしれません。
 ところでフランスは、私は何度も書いていますが、おそらくヨーロッパでは唯一犬猫とも、8週齡未満の販売を法律で禁じる国です(行政指導等の強制力はないものの「8週例未満販売は好ましくないとする」国はあります)。「8週齡未満の犬猫販売禁止が殺処分ゼロの手段である」と声高に主張している団体や政治家がありますが、フランスの事例を鑑みれば随分と怪しいです。

 「犬猫殺処分ゼロを実現するためには、犬猫の8週齡販売規制の早期実現が必要」と声高に訴えている意味不明な団体、TOKYOZERPキャンペーン。そして、「動物愛護を10年間勉強してきた」という、自称動物愛護専門家、政治家である東京都議の塩村文夏氏(「ペットショップにおける犬猫販売8週齢規制により殺処分ゼロが実現できる」という、塩村文夏都議の荒唐無稽な政策提言)。ヨーロッパで法律で唯一だと思いますが、8週齡未満の犬猫の販売を禁じているフランスでの、この犬猫の殺処分の多さは、彼らはどう説明するのでしょうか。


(動画)

 パリ市内には、一大ペットショップ集積地があります。塩村文夏都議の「日本には欧米先進国にはほとんど見られない生体小売業、つまりペットショップが存在している」とのご発言、大丈夫ですかぁ?ドイツは、人口比ではるかに多い生体販売ペットショップがありますし。




(参考資料)

 ドイツのマスメディア、WDRの本記事は、こちらが出典と思われます。Ärzte für Tiere e.V.Frankreich。ヨーロッパの、ブリュッセル日本部を置く、獣医師の協会のHPです。
 このサイトには、フランスでの犬猫殺処分数が5万頭~50万頭であることや、フランスには連邦の動物保護法がないこと、フランスでの野犬の狩猟駆除なども書かれています。次回記事では、それらについて紹介しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どこの国でもバカ(愛誤)の為に・・・

正直、日常的に犬猫の殺処分なんざどこの国だってしたくないのですが、殺す事に対して感覚がマヒしても薬殺にせよガスにせよ費用はかかりますし犬猫の肉を常食としている国なんざ少ないので処分費用も結構かかるでしょうし。

基本的に犬猫はどこの先進国でも過剰供給なんでしょう、最近では中国でも犬猫を食わなくなって犬猫食の反対運動とか中国でやってましたしね。

だいたい犬猫の殺処分問題をギャーギャー言う連中がいますが、基本的にそれをしなければならないのはギャーギャー言ってる当人達がバカスカ増やすからです、特に猫。

愛誤共ってなんで過剰供給してる自分等は一切反省も自重もしないんですかね?
殺処分してる行政も迷惑してる側なんですけどね。

愛誤共の叫びを聞いてるといっつも頭カチ割って中にごんな汚物がつまってるのか見てやりたくなります。
ほんと愛誤とか死ねばいいのに・・・・

記事と関係なくてすみません

ツイッターで見かけたのですが
>先日、NHKさんが
>「さくら耳は、適切な処置をされている猫として
>通常処分の対象にはなりません」
>by 大阪府動物愛護畜産科
>と発表したのです。
http://ameblo.jp/avet-amami/entry-12204372981.html

これは本当なんでしょうか?
いつの番組か書かれていないので確かめられなくてモヤモヤしました。

No title

検索しなおしたらあっさり見つかりました。
もうすこし試行錯誤しないとダメですね。
http://blog.livedoor.jp/sakuramimimi/archives/49502821.html

NHKのリンクは見れないようです。

No title

日本のお役所は、バカな愛誤の
目を気にし過ぎやし、もっと
どしっと、仕事をやってもらいたいですね。
その絡みで最近、愛誤のブログで(誰のかは忘れましたが)
お役所の圧力行為が犯罪になる旨を
丁寧に説明し反論する余地あたえ無くしたら
ものの見事にアク禁されました(笑)

しかし、管理人様の仰るように
フランスの殺処分の多さをどう
言い訳しはるでしょうね。

アク禁じゃなくて、コメント強制削除でした(^_^;)
失礼いたしました。
余りにもアホすぎる内容の絡みなんで、逆に記憶げ曖昧になってました。

No title

ミシガン州のペットクリニックは38例に一例は安楽死http://www.naiaonline.org/pdfs/mich_animal_shelter.pdf#search='dog+Euthanasia+statistics+Veterinary+clinic'

スペインでは、狩猟期間がすぎれば猟犬が数万頭殺処分される。http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/jagdhunde-in-spanien-fotograf-zeigt-ausgemusterte-tiere-a-1038841.html

Re: どこの国でもバカ(愛誤)の為に・・・

猫ボラ滅びろ!! 様、コメントありがとうございます。

> 正直、日常的に犬猫の殺処分なんざどこの国だってしたくないのですが、殺す事に対して感覚がマヒしても薬殺にせよガスにせよ費用はかかりますし犬猫の肉を常食としている国なんざ少ないので処分費用も結構かかるでしょうし。

フランスもこれほど多ければ、公費の支出も馬鹿にならないでしょう。


> 基本的に犬猫はどこの先進国でも過剰供給なんでしょう、最近では中国でも犬猫を食わなくなって犬猫食の反対運動とか中国でやってましたしね。

私が殺処分数や、その人口比、ペット飼育数人口比などを比べてみましたが、殺処分数が人口比で多いのはペットの飼育数も多い国です。
それだけ母数が増えるわけですから殺処分数も増えて当然なのですが、殺処分数を減らすには、ペットの絶対数を減らすことが効果があります。
適正飼育者の律も高まりますし。
TOKYOZEROキャンペーンは、「高齢者にペット飼育をさせてペットの数を増やすべき」と言っています(太田光明教授)。
全く狂った団体です。


> だいたい犬猫の殺処分問題をギャーギャー言う連中がいますが、基本的にそれをしなければならないのはギャーギャー言ってる当人達がバカスカ増やすからです、特に猫。

同感です。
マッチポンプw


> 愛誤共の叫びを聞いてるといっつも頭カチ割って中にごんな汚物がつまってるのか見てやりたくなります。

残念ながら、日本で動物愛護家を自称している人たちは、決定的に知能が低い人が多いです。
塩村文夏都議、TOKYOZEROキャンペーンのメンバーしかり。

Re: 記事と関係なくてすみません

あさぎ 様、コメントありがとうございます。

> >先日、NHKさんが
> >「さくら耳は、適切な処置をされている猫として
> >通常処分の対象にはなりません」
> >by 大阪府動物愛護畜産科
> >と発表したのです。
> http://ameblo.jp/avet-amami/entry-12204372981.html

すいませんね。
私もその番組を見ていません。

私はかつて、神奈川県か横浜市で耳カット猫の保健所持ち込みが増えているという記事を書きました(今でも横浜市は所有者不明猫は引取りをしているのでしょうね?)。
法律上は、耳カット猫は引き取らなければならないでしょう。

なぜならば環境省のガイドラインで「地域猫とは飼い主のいない猫」という定義です。
所有者不明猫は、動物愛護管理法35条3項で、必ず引き取らなければならない義務があります。

>
> これは本当なんでしょうか?
> いつの番組か書かれていないので確かめられなくてモヤモヤしました。

Re: No title

あさぎ 様

拝見いたしました。

> 検索しなおしたらあっさり見つかりました。
> もうすこし試行錯誤しないとダメですね。
> http://blog.livedoor.jp/sakuramimimi/archives/49502821.html

NHKは嘘付きの狂ったメディアですから。
明日大阪府の畜産課に聞いてみます。

Re: No title

R・I 様、コメントありがとうございます。

> 愛誤のブログで(誰のかは忘れましたが)
> お役所の圧力行為が犯罪になる旨を
> 丁寧に説明し反論する余地あたえ無くしたら
> ものの見事にアク禁されました(笑)

愛誤ブログはコメント承認制、都合が悪いコメントは削除、アク禁が常套手段です。


> フランスの殺処分の多さをどう
> 言い訳しはるでしょうね。

フランスは動物保護施設での殺処分の多さのみならず、動物愛護上色々と問題がある国のようです。
野犬を狩猟駆除していますし、毒餌、毒矢での路上殺処分もかなりの数かあります。
それとフランスは連邦での動物保護の法律がありません。
つまり動物保護に関する法がない自治体もあり、リゾート地では観光客が、生きた犬猫をサメの餌にしてサメ釣りをしています。
動物保護に関する法がないために、浮浪子犬や子猫をサメの生き餌にしても罰することはできません。
ブリュッセルに本部を置く獣医師の団体がレポートを出しています。
西ヨーロッパのイメージが変わります。
折々紹介します。
フランス語や合成語が混じった、わかりにくいドイツ語ですけどね。

フランスは繁殖施設で繁殖可能な子犬や子猫の数が決められますし生まれすぎると生まれすぎた分処分しないといけませんから、幼い個体の処分数って多いんじゃないかと思います。
それプラス、不要な個体は殺処分だそうですから。。。フランス在住の親戚(祖母の姉妹の子供)が言ってました。飼えなくなった犬猫はどうするの?と聞いたらあっさり「死んでいただく」と。
愛誤の方々、ヨーロッパなんてかなりドライに処分している実態どう思ってるのか。
知っていてああいう嘘を流しているんでしょうけど、よっぽど日本という国が嫌いなんでしょうか?それとも終戦後の愚民化政策が功をそうしているのか。。。

毎度まとまりなくてすみません。

Re: タイトルなし

昇汞 様

> フランスは繁殖施設で繁殖可能な子犬や子猫の数が決められますし生まれすぎると生まれすぎた分処分しないといけませんから、幼い個体の処分数って多いんじゃないかと思います。

ブリーダーの段階でね。
それを考慮すれば、一体どれだけ犬猫をフランスは殺処分しているんだ?


> それプラス、不要な個体は殺処分だそうですから。フランス在住の親戚(祖母の姉妹の子供)が言ってました。飼えなくなった犬猫はどうするの?と聞いたらあっさり「死んでいただく」と。

私はヨーロッパの人たちは、犬や猫の命に関しては、ドライだと思います。


> 愛誤の方々、ヨーロッパなんてかなりドライに処分している実態どう思ってるのか。
> 知っていてああいう嘘を流しているんでしょうけど、よっぽど日本という国が嫌いなんでしょうか?それとも終戦後の愚民化政策が功をそうしているのか。。。

未だに「ドイツは殺処分ゼロ」という報道があとを絶ちません。
それと例えばドイツなどが「犬は人と同等で権利のある存在で・・・」「日本のように安易に殺すことはありえず」と正反対のイメージ操作が行われています。
何らかの利権がらみですかね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR