日本は保護犬譲渡が多い国~日本の保健所+保護団体による犬の譲渡割合はスイスより多い



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp   dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp  dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。 eggmeg@hotmail.co.jp  dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Alarmierende Statistik: Immer mehr Schweizer kaufen illegal importierte Hunde
Die neue Statistik der Schweizer Hunde-Datenbank ANIS (Animal Identity Service) über im Jahr 2012 in die Schweiz importierte Hunde belegt: 43,9 Prozent der neu registrierten Hunde in der Schweiz, insgesamt 20'687 Tiere, stammen aus dem Ausland.
Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen Tiere nach Tierart in der Schweiz im Jahr 2014
Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen und vermittelten Tiere in der Schweiz 2013 und 2014
mit anderen Worten Tier Heim Hund Marktanteil gering ist, in der Schweiz.


 日本は、実は先進国の中では保護犬の譲渡が多い国です。日本においては、犬入手に占める保健所+保護団体による保護犬の割合は6.3%です(平成23年 環境省べ)。対して、NHKが「生き物の売買が禁じられているため、犬の入手はティアハイムでしかできない」と報じているスイスでは、犬の入手に占めるティアハイムの譲渡割合は4%に満たないのです(2014年)。日本の方が犬の入手においては、スイスのティアハイムによる保護犬譲渡よりはるかに高いのです。NHKの報道の嘘には絶句します。


 まず、日本全体における、犬の入手方法についての統計があります。○犬猫の入手経路(環境省資料 (平成23年調査)によれば、犬の入手経路に占める、「保健所や動物愛護センターなどで譲り受けた(1.6%)」+「民間の動物愛護団体などから譲り受けた(4.7%)」の合計は6.3%です。
 

(画像)

保護犬譲渡 日本



 対して外国との比較のために、一例としてスイスをあげます。結論から述べれば、最大でもスイスにおけるティアハイムの犬の譲渡(保護犬譲渡)の割合は、4%台なのです。おそらく2%程度ではないでしょうか。この根拠をあげれば、スイスの公的統計では2013年~2014の期間に、ティアハイムが引き受けた全動物種の数は2900頭であり、実際に譲渡された数は2030頭だからです。この譲渡率70%(=実質的な殺処分率30%)の数値は、私が多くの資料から導いた、「ドイツなどのティアハイムにおける実質的な殺処分率は3割程度」と全く一致します。*1、*2、*3

 対してスイスの年間犬登録数は2012年で47127頭でした(*1)。つまり、ティアハイムが譲渡した2030頭の動物がすべて犬であったとしても(ありえませんが)、スイスにおけるティアハイムにおける犬の譲渡(保護犬譲渡)の割合は4.3%になります。スイスでのティアハイムでの扱い動物は猫の方が多いと聞きますし、ウサギなどの小動物や大型哺乳類のポニーやエキゾチックアニマルもあるでしょう。それを考えれば、スイスにおけるティアハイム(保護犬)の譲渡は2%前後が妥当ではないかと思います。
 さらに考察を加えれば、スイスの登録犬数ですが、無登録の犬もいます。その数も考慮すれば、さらにティアハイム(保護犬)の譲渡割合は低くなります。

 以上より、日本における保護犬(保健所+保護団体による譲渡)の譲渡割合は、6.3%。対してスイス(ティアハイムの譲渡)では最大でも4.3%、おそらく2%にみたないと思われます。つまり、「スイスに比較すれば、日本は保護犬の譲渡割合ははるかに高い」と結論づけられます。
 しかしイメージ先行で、誤った情報を拡散させるメディアがあります。 例えばNHKは、番組「あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)」で、「スイスでは生き物の売買が禁じられているので、犬などのペットはティアハイムでしか入手することができない」と報道しています。なんら根拠となる資料を示さない、感情に訴えるだけの余りにもひどい嘘番組です。なお、この番組の冒頭では、寒川由美子解説員が「スイスでは生き物の売買が禁じられてるためにできない」という驚愕する発言をしています。この地球上に、一国でも「生き物の売買ができない国」がありますか(大爆笑!)。スイス人が犬を入手する割合で現在最も多いのは、おもに東欧生産の、インターネット販売の子犬です。その割合は2014年で約半数です。「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(スイス編)


(画像)

 これが問題の、NHK「あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)」の場面。「スイスでは生き物の売買が禁じられているために、スイスでは犬を入手するにはティアハイムでしかできない」ということを説明したパネル。最大でも4%、おそらく2%あるかないかの保護犬譲渡割合を「ティアハイムでしかできない(=100%)」と言い切っています。その神経には恐れ入ります。
 不謹慎と攻撃を受けることを覚悟で書きます。このような荒唐無稽な番組を制作するNHKのスタッフの精神状態を疑いますし、チェックをくぐり抜けて放映されたNHKの体質は正常なのかと。またこのような番組を信じる方がいらっしゃるということはTVの「一億総白痴化」と言わざるを得ません。

NHK週間ニュース深読み なぜ命は捨てられる

NHK 週間ニュース深読み


(参考資料)

*1、Alarmierende Statistik: Immer mehr Schweizer kaufen illegal importierte Hunde「憂慮すべき統計値 不当に犬を外国で購入して輸入するスイス人がますます増えています」。2013年4月23日。

概要 2012年のスイスの新規の犬登録数は47,127頭でした。そのうちの20,689頭は、多くが価格が安い東欧で購入されたものです(2012年当時は国境付近での行商が多かったのですが、2014年以降は犬などのペット販売の行商は禁じられました。それ以降は、インターネット販売が激増しています。2014年のスイスにおける犬の登録は、さらに外国から購入した犬の割合が増えて約半数が、外国から主にインターネットで購入されたものです)。

*2、Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen Tiere nach Tierart in der Schweiz im Jahr 2014「2014年には、ティアハイムに収容された犬の数は2,900頭である」。

*3、Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen und vermittelten Tiere in der Schweiz 2013 und 2014「2013年~2014年にかけて、スイスのティアハイムが譲渡した(販売した)ペットの数は20,30頭である」。

上記の統計では、2014年にスイスのティアハイムが引き取った犬の数は2,900頭です。譲渡数(販売数20,30=ほかの動物も含む)と、大きな差があります。仮に譲渡数(販売数)がほとんど犬だったとしても、約3割が売れ残った計算になります。その多くが殺処分されていると推測されます。ドイツのティアハイムで年次報告書を公開しているところは、約3割の殺処分です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛誤が目指しているのは

なんだ、譲渡では日本が欧米より上なのですね!
それなら欧米は日本を見習えばいいですね!
ティアハイムで愛誤ビジネスをやらずに、無料譲渡で精を出せばいいのです。

愛誤は日本も欧米を見習ってティアハイムを税金で作れ、といってますが
無駄な箱物を作らせ、愛誤ビジネスで寄付金稼ぎをやりたいのでしょう。
乞食愛誤は自分で働いて生活していこうと考えず、何でも人にタカってばかり。

Re: 愛誤が目指しているのは

フェイル 様、コメントありがとうございます。

> なんだ、譲渡では日本が欧米より上なのですね!

欧米ではなく、とりあえずスイスね。


> それなら欧米は日本を見習えばいいですね!

そう思いますよ。
PETAのバージニア州のアニマルシェルターは、「ノーキル」を標榜しながら多い年で97%の殺処分率でした。
アメリカの公営シェルターは100%の殺処分率のところもありますし。


> ティアハイムで愛誤ビジネスをやらずに、無料譲渡で精を出せばいいのです。

ティアハイムは営利団体ですから。
売物にならないようなものは引き受けません。
だから原則引取り義務がある日本の動物愛護センターと同列には比較できません。
引取りで選別していれば、殺処分が少なくなって当たり前じゃないですか。
それでもドイツやスイスのティアハムは殺処分率3割程度あります。


> 愛誤は日本も欧米を見習ってティアハイムを税金で作れ、といってますが
> 無駄な箱物を作らせ、愛誤ビジネスで寄付金稼ぎをやりたいのでしょう。
> 乞食愛誤は自分で働いて生活していこうと考えず、何でも人にタカってばかり。

ティアハイムは完全民営の営利団体です。
行政が押収した犬などの収容をすべて受託する契約を締結した場合に限り、設備投資で最高半額の補助金が出ます。
しかしドイツのメディアによれば、近年はティアハイムへの補助は削減されているようです。
ドイツでは、ティアハイムの不要ペット有償引取り再販売のビジネスモデルは破綻しつつあります。
ものすごい数でティアハイムが破産しています。
なぜそのような行き詰まったビジネスモデルをわざわざ真似して日本に導入しなければならないのか疑問です。

こんばんわ

今日は朝流していた情報番組のチャンネルのままだったので、意図せず生き物にサンキュー?でしたっけ?の番組をメイク落としやら何やらの合間に聞いていました。
多分ドイツだと思うのですが「殺処分がゼロ」「ペットと一緒に旅行ができる」「ペットとレストランに行ける」と言う些か聞き飽きた感のある情報が並び、スタジオのコメント(元アイドルの薬丸氏だったかな?)が「人間と同等なんですね」と言う実に香ばしいものでした。犬用のビールがある、とかやってましたが人間が飲むビールに見えるだけの犬用の飲み物なんて飼い主の自己満足でしょう。上っ面だけ人間の食べ物に似せるのは、犬用のケーキと一緒です。犬と一緒にどこへでも行けるのがおめでたい人たちには「人間と同等」に思えるようですが、自分にはあくまで「飼い主のための措置」としか思えません。
彼らにはそういうものが「ペット主体」に映るようですが、自分には「飼い主主体」としか映らないので受け取り方が違ってくるのでしょうね。しかも一緒に旅行とか犬ならまだいいでしょうが、猫だったら猫自体が迷惑にしか思わないでしょう。
しかしあのどこにでも犬が居る状況は、犬嫌いの人がどう過ごしているのか気になるところではありますね。

つくづく日本というのはメディアが報道しない自由を駆使し、国民もまた出来の悪い受信機以下の人が少なくない国だと思います。戦前戦中戦後と騙され、今もなお同じ事をやられても学習しないのはいっそアッパレかもしれません。
ただ、sippoのような愛誤ホイホイ記事ではなく海外の反応系だとペット先進国のデマを否定してるコメントを結構見かけますので捨てたものでは無いとも思います。

このまま涼しくなってくれると良いですね。自分も早く猫を触って「あっつ!毛がくっつくー!」と騒ぐ季節が過ぎて欲しいです。

Re: こんばんわ

sakura 様、コメントありがとうございます。

> 多分ドイツだと思うのですが「殺処分がゼロ」「ペットと一緒に旅行ができる」「ペットとレストランに行ける」と言う些か聞き飽きた感のある情報が並び、スタジオのコメント(元アイドルの薬丸氏だったかな?)が「人間と同等なんですね」と言う実に香ばしいものでした。犬用のビールがある、とかやってましたが人間が飲むビールに見えるだけの犬用の飲み物なんて飼い主の自己満足でしょう。

ご指摘のとおりだと思います。
日本でも、高価な犬猫用おせちまであります。
擬似人間化が動物福祉に優れているとは思いません。


>犬と一緒にどこへでも行けるのがおめでたい人たちには「人間と同等」に思えるようですが、自分にはあくまで「飼い主のための措置」としか思えません。

この番組がドイツと仮定しますが、日本で喧伝されているほどドイツではどこでも犬同行が許されているわけではありません。
犬禁止エリアは条例でも定められていますし、日本より厳しい面があります。
例えば日本では犬を完全に禁止する公園は珍しいと思います。
しかしドイツでは、小さな子供が遊ぶ公園は、ほぼ100%犬完全禁止だと思います。
日本で「全域が犬のリードフリーエリア」と紹介されているグリューネヴァルト公園は、近年完全犬禁止エリアが拡大しました(リードフリーエリアは全体のたったの4%です)。
その外墓地などの宗教施設は犬を入れることを条例で禁じている自治体がありますし、常識として宗教施設に犬を入れることはタブーです。
それと日本で喧伝されているほど「レストランでは犬同行がOK」ではありません。
外資系ファーストフードはほぼ全て禁止です(マックでは犬不可が常識ですが、強行して入れる人はいます)。
厨房と客席が完全に分離していない店は遠慮するのが常識です。
日本より犬同行化のレストランは多いですが、半分あるかないか。
しかも「テラス席だけ」というレストランも多いです。
それを「全てのレストランで犬同行OK」は捏造です。
日本では紹介されていませんが、ファブリック(繊維製品。服など)を扱っている店はほぼ100%犬同行禁止です。
ホテルも全館犬などのペット禁止のところは多いです。
それと西ヨーロッパでは、例外を除いてビーチは犬全面禁止です。
だからバカンス前に「犬と泊まれるホテルがない、ビーチに連れて行けない」という理由で捨て犬がドイツ(に限りませんが)急増するのです。
日本で児童公園や墓地、神社お寺、ビーチには普通に犬を連れています。
基準が異なるだけで、日本の方が「犬をどこにでも連れて行ける」ような気もします。


> 彼らにはそういうものが「ペット主体」に映るようですが、自分には「飼い主主体」としか映らないので受け取り方が違ってくるのでしょうね。

飼い主のエゴでしょう。


> どこにでも犬が居る状況は、犬嫌いの人がどう過ごしているのか気になるところではありますね。

それは日本のメディアの誇張がある程度あると思います。
確かに地下鉄での犬連れはびっくりしますが、「どうしてこんなところで犬禁止なの」と思えるところもあります。
まあ、観光客の目に付くのは電車の中やホテル、レストランでしょうが。
だからその光景が非常に印象に残ります。
なお、レストランの犬同行は、批判的な意見のBBSのスレッドを最近よく見ます。


> 日本というのはメディアが報道しない自由を駆使し、国民もまた出来の悪い受信機以下の人が少なくない国だと思います。

ある事柄で、都合のよい事実だけを抜き出して報道することは、積極的な嘘ではないかもしれませんが、消極的な嘘だと思います。
日本人は、マスメディアの報道を鵜呑みにする特異な国民です。


>戦前戦中戦後と騙され、今もなお同じ事をやられても学習しないのはいっそアッパレかもしれません。

ファッショの再来を危惧します。


> sippoのような愛誤ホイホイ記事ではなく海外の反応系だとペット先進国のデマを否定してるコメントを結構見かけますので捨てたものでは無いとも思います。

最近ですが、無定見に「動物アイゴ先進国」を絶賛する読者コメントだけではなくなったのは。
私のブログも若干貢献しているのではないかと自負しています。


> 自分も早く猫を触って「あっつ!毛がくっつくー!」と騒ぐ季節が過ぎて欲しいです。

これからはいい季節ですね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR