FC2ブログ

「韓国は猫を生きたまま茹でてスープを作る」についての考察



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

韓国
Korea
Südkorea


 韓国の犬猫食習慣について、批判する日本のメディアがあります。その中には、「犬猫の食用屠殺は、世界に例を見ない残酷な方法が用いられる」として、ことさらその残虐性を強調しているものがあります。「猫を生きたまま茹でてスープを作る」は、その一つです。しかし「猫を生きたまま茹でる」ことは到底真実とは思えません。


 韓国の犬猫食を批判する、マスメディアの記事があります。その中では「猫を生きたまま茹でてスープを作る」というものがあります。“犬喰い”韓国…ネコも生きたまま煮込み精力スープに! あり得ない“残虐食文化”めぐる世界の動き(1)産経WEST。2016年8月12日。より引用します。


韓国人はネコも食べるというのです。
「犬は苦しめて殺した方が肉が美味くなる」という彼らの残虐文化についてご紹介しましたが、彼らのネコの調理法もまた、想像を絶するものらしいのです。
「ネコの場合は、生きたまま巨大な圧力鍋のようなものに入れて煮込み、スープにするんです。リウマチに効く漢方薬として珍重されています。『ネコエキス』として瓶詰めされ、普通に市場で売られています。ネコの多くは野良猫らしいですが…」。
迷信だけでネコを生きたまま煮込んでスープにしているわけですね…。
男は猫を殺すため、生きたまま約2分間熱湯でゆで、毛皮と内臓を取り除いてから一旦、冷凍し「健康食品センター」に1匹あたり1万5000ウォン(約14ドル=約1400円)で売りさばいた。



 産経WESTの記事では、「これでもか」というほど、「猫を生きたまま茹でる」残虐性を強調しています。しかし猫を生きたまま茹でた場合、その猫の肉は、到底食用にはならないでしょう。
 その理由は、第一に、猫が生きている状態であれば、大腸や直腸に糞便が残っています。糞便が体内に残った状態でまるごと茹でれば、当然糞便の臭気や成分が可食部に移ります。衛生上良くありませんし、まず食べられる代物にはならないでしょう。
 第二に、生きたまま、体毛が生えた状態であれば、猫、特に野良猫はノミやダニなどの外部寄生虫が寄生しています。それらと一緒に煮込むことになります。茹で上がった状態で皮をはぐのでしょうか。しかし茹でてしまえば、皮のタンパク質が硬化し、可食部の筋肉組織と結合します。つまり皮をはぐのが難しくなります。もちろん、体毛が生えた状態のまま、ノミダニがついたまま煮込んだものなど到底食べられたものではありません。
 第三に、食肉は血抜きをしなければまずくて食べられないのです。食肉処理においては、食肉を美味しくするために、最も効率の良い血抜きの方法が採られます。頭部をハンマーで一撃する、家畜屠殺銃で東部を打ち抜くなどして、仮死(脳死)状態にします。心臓が動いている状態のまま、頚動脈を切断し、速やかに放血させます。それが最も、効率の良い放血方法です。生きたまま茹でれば、血が可食部内で固まってしまい、血抜きが全く出来ません。
 
 以上より、この本「産経 WEST」の記事の内容は、全くと言って信頼できるものではありません。捏造といっても差し支えないでしょう。
 それと猫ではありませんが、このような記述もあります。「病気の犬はペットオークションで犬肉業者に売られている」。しかし病畜は食用には出来ません。この記述からも、本記事が信頼に足るものではないと判断できると思います。

 しかしなぜ明らかに捏造した事実を報道をするのでしょうか。私は背後に反韓感情を煽ることを意図した政治的背景があるのではと勘ぐっています(産経の記事ですし)。
 しばしば動物愛護は、政治に悪用されていると感じます。私はかつて韓国メディアが、「中国の毛皮生産においては、動物が生きたまま毛皮を剥いでいる。極めて野蛮で残酷だ」という報道をしていたことを記事にしています。その上で私は「韓国の反中感情が背景にあるのではないか」と述べました。特に動物愛護の分野においては、極めてアグレッシヴに反応する大衆が存在します。その国に対する反感を煽るツールとしては、大変効果的です。しかし産経新聞は、これほどのひどい捏造記事を書いて、韓国との外交問題に発展するリスクを考えないのでしょうか。メディアの情報を理由する側も、健全な批判精神を持ち、矛盾する情報に対しては鵜呑みにしないことが大切だと思います。


(動画)

 犬は生きているままゆでるとおいしいニダ Korean boil dogs alive。2010年11月4日。これが「韓国では犬や猫を生きたまま茹でるのは真実」と主張している人が示している「証拠」ビデオ。これは、既に屠殺して血抜きをした犬を、攪拌機に入れて体毛を除去している作業の様子です。生きたまま茹でているわけではありません。
 無知と偏見に基づく差別は恐ろしいものがあります。それが真実として定着し、マスメディアも同調しているというのが、日本の海外動物愛護に関する情報です。




(参考資料)

 ヘルプアニマルズ 韓国 犬肉。こちらのHPでは、韓国のジョーク映画の、ビーグル犬を金網に生きたまま載せて焼く(ジョーク。実際に行われているわけではない)の1シーンを、「残酷で不要な動物実験」と紹介したり。ちゃんと写真に英文で説明があります。彼らは英文も読めないのか。その他、ドイツ動物保護法の歪曲解説など、信頼性という点では、全く参考になりません。しかし「愛誤」は、このような資料を「証拠」とします。資料の評価能力というか、それ以前に彼らは決定的に知能がみたないです。
 「生きたままケージに入れたり、上から鎖で吊るして焼きころす。こうすると犬がもがいて体をねじるので、万遍なく焼け、屠殺する人は見ているだけでよい」。これも本文で示した理由により、ありえない屠殺方法です。「小型の犬は麻袋に入れ結んだ後、金串であちこちを刺す」。この屠殺方法も、放血が十分にできませんのでありえないでしょう。「・生きたまま茹でる。・生きたまま蒸す。・サンガクテ~残虐な屠殺方法の一つで、上から吊り下げて首を絞めた状態になると、犬がもがきます。もがいた体がセンサーに触れると炎が出て、息のある状態で絞殺されながら焼かれるというものです」。これらも、本文で示したとおり、食用屠殺としてはありえないでしょう。このような荒唐無稽な情報を多くの「愛誤」信じるのは、一種の集団ヒステリー化で、思考停止でしょうね。


(参考資料)

 【エンタメよもやま話】“犬喰い”韓国…ネコも生きたまま煮込み精力スープに! あり得ない“残虐食文化 ... 。確かに、記事タイトルが「ありえない」と断りを入れていますね。記者は「記載内容がうそだ」と、責任を問われたら、「ちゃんとタイトルに『「ありえない』と書いていますよ」と弁明するつもりでしょうか。
 マスメディアの嘘の責任逃れも巧妙化しています。最近はNHKも大嘘はゲストに喋らせています。「ドイツにはペットショップがない」と麻生獣医科大学の元学長の太田光明氏に発言させたり。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

生きたまま茹でると美味しい、というのは海老などの魚介類からの発想のようにも思えます。
野良猫を生きたまま茹でたお湯を想像しただけで食欲が失せました。
ダイエット効果抜群です。

Re: No title

めろんぱん様、コメントありがとうございます。

> 生きたまま茹でると美味しい、というのは海老などの魚介類からの発想のようにも思えます。

所詮、食肉の現場を知らない人が、テキトーに知ったかぶりを書いただけでしょ。


> 野良猫を生きたまま茹でたお湯を想像しただけで食欲が失せました。

室内飼いの猫をお風呂に入れたも、お湯が相当汚れます。
ましてや野良猫のゆで汁なんて、ドブ並でしょう。

No title

実在したみたいですねぇ。
生きたまま茹でた韓国人。
blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51891124.html

Re: No title

にゃんこ 様、コメントありがとうございます。

> 実在したみたいですねぇ。

あなたがこの記事を信じるのはご自由です。
猫を殺害して、その肉を売った事件はあったかもしれません。
しかし「生きたままゆでて毛皮をはいで内蔵を取り出す」のはありえないと思います。
ゆでて高温にさらされると、タンパク質は変化し、硬化します。
非組織や筋肉、内蔵などが癒着して、「皮をはがす」、「内蔵を取り出す」のは不可能になります。
私の想像ですが、屠殺して血抜きをしたあとに、前処理として湯煎を行う写真や映像などがあったのではないでしょうか。
それを記者が無知であり、かつ韓国語に堪能ではなかったため、もしくは興味本位の記事を書くという意図のために「生きたままゆでた」という記述になったのだと思います。

マスコミを盲目的に信じるのは危険です。
NHKも、「ドイツでは生体販売ペットショップはない」と何度も放映しています(商業統計で生体販売の売上高があります。生体販売ペットショップはドイツ国内に4,100あります)。
またNHKは、「スイスでは生き物の売買を禁じているからできない」と放映しています。
地球上で生きものの売買を禁じている国がひとつでもありますか。

No title

>マスコミを盲目的に信じるのは危険です
中国・韓国についての記事は半分は嘘、と思ったほうがよいでしょう。左右に関係なくマスコミは中韓を始めとしたアジア諸国をどこか後れた国と考えている節がありますので。これは欧米のマスコミが日本の習慣を紹介するときにその全てが好意的ではない(生魚を食べたり、活け造りを食べたりすることへの批判は有名ですが)のと同じです。

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> 中国・韓国についての記事は半分は嘘、と思ったほうがよいでしょう。左右に関係なくマスコミは中韓を始めとしたアジア諸国をどこか後れた国と考えている節がありますので。

嫌韓嫌中の世論に烏合しているところはあります。
中韓に関しては動物愛護にかかわらず、実際以上に蔑視的で偏向した報道が多いと関じます。

No title

現在この手の動画はドンドン消されています、見た事無い方はお早めに!

Re: No title

貴様はそれでも日本人か! 様、コメントありがとうございます。

> 現在この手の動画はドンドン消されています、見た事無い方はお早めに!

???と殺後の犬の脱毛処理がどうかしましたか?
日本でも、家畜の精肉過程で行われています。

こんにちは。
かなり前になりますが中国の広東だかの猫料理のレストランで籠から猫を出して頭を豪快にぶん殴って湯に放り込んで調理している一連の動画をポッカキットかライブリークか何処かのサイトで見た記憶があります。活猫水煮だか水煮活猫だかそんな名前の料理だったはずですが…かなりのインパクトがありました。
だから産経かの記事についてはあながち嘘とも思いませんけど。
中国人や韓国人からしたら薬膳料理みたいなものみたいだし、味より滋養強壮効果を期待して食べるなら糞便とか血液とかそういう処理方や味わいなんて気にしないんじゃないですかね。
どっちにしろ他国の食文化にケチつけちゃいけないと思いますが。
個人的には保健所で殺処分するなら食肉にして中国に輸出すればいいのにと思います。
捕まえられたら食べられちゃう、みたいに認識する猫好きが増えたら迷惑な餌付けする人も外飼い放し飼いする人も多少は減ると思う。


Re: タイトルなし

とおりすがりの猫嫌い 様、コメントありがとうございます。

> 中国の広東だかの猫料理のレストランで籠から猫を出して頭を豪快にぶん殴って湯に放り込んで調理している一連の動画をポッカキットかライブリークか何処かのサイトで見た記憶があります。活猫水煮だか水煮活猫だかそんな名前の料理だったはずですが…
> だから産経かの記事についてはあながち嘘とも思いませんけど。

私も「中国や韓国では犬猫を生きたままゆでて料理する」という趣旨の内容のビデオをいくつか確認しています。
まず韓国の犬料理です。
犬を毛が生えた状態で、湯が沸いた大きな容器(機械)に放り込み、犬がぎゃんぎゃんなくわめていると言うもの。
私が思うには、このビデオでの犬の鳴き声は後から編集して入れたものです。
犬はすでに死んでいました。
イギリスの活動家が制作したビデオで、「レースドッグとして中国に輸出された犬は生きゆでで料理される」というビデオも、明らかに死んだ犬を湯の中に放り込んでいましたが、犬の鳴き声は後から編集して入れたものです。

精肉の処理過程ですが、まず動物を気絶させてから放血します。
気絶させる方法は、スタニングガンで脳を破壊する、感電させる、頭部の打撃による脳震盪などがあります。
その後心臓が動いている間に放血し、動物は絶命します。
そして死んだ動物を湯せんしたり、大型の動物であればお湯でシャワーをかけて洗浄します。
その後に脱毛処理を行います。

おそらくあなたが見たビデオは、と殺して放血した猫の湯せん処理と思われます。
湯せん処理の時に鳴き声などを後から編集して入れて、さも「生きたままゆでる」ことを視聴者が誤解するように編集したビデオは私は複数確認しています。
あなたがどのように感じるかはご自由ですが、私は生きたままゆでてその肉を食べることはあり得ないと思います。


> 個人的には保健所で殺処分するなら食肉にして中国に輸出すればいいのにと思います。

それよりも、三味線の皮革の入手が困難で問題になっています。
現状は、中国で加工された原皮を輸入しています。
いずれにせよ、猫の皮革は必要です。
日本では、三味線皮革の一次加工業者が廃業したから、もう日本では猫革を加工する人はいないかもしれません。
猫愛誤が殺処分された犬猫の死体の払い下げを言論テロでやめされたので、その分中国から輸入しています。
バカげたことをするものです。
アメリカなどでは、犬猫の死体もペットフードに再利用されています。
日本では肥料原料にすることすら、愛誤の反対でできません(法律上は合法です)。



三角たまご様

>>おそらくあなたが見たビデオは、と殺して放血した猫の湯せん処理と思われます。
湯せん処理の時に鳴き声などを後から編集して入れて、さも「生きたままゆでる」ことを視聴者が誤解するように編集したビデオは私は複数確認しています。


いや、私の見た一連の流れの動画で編集などあったとは思えません。
台のうえで頭を殴られて意識朦朧となっている猫をそのまま湯の中にほってましたから。

>>あなたがどのように感じるかはご自由ですが、私は生きたままゆでてその肉を食べることはあり得ないと思います。


これはあくまで三角たまごさんの倫理観や常識などの認識から来る思い込みに過ぎないと思います。
中国の歴史の大書『資治通鑑』とか読まれたことありますか?
動物どころか飢饉でもないのに人間を喰う習慣があったのが中国です。
生きたまま人間の肉をそぎ落として本人の眼の前で食うとか、罪人の家族を生きたまま湯でてその罪人に食わせるとか、そういうのやってたわけですよ。
だからって現代の中国人を責めるわけじゃないですがただ我々日本人の倫理観と諸外国のそれには大きな違いや隔たりがある部分があるので同列に考えたらいけないって話ですよ。
生きたまま猫や犬、その他動物を湯に入れて食べる習慣があって何の不思議もないです。
そしてそれが悪いことだとは思いませんし伝統ならいいと思う。
ただの文化の違いに過ぎないものを私にはなぜ三角たまご様がありえないことだと頑なに否定されようとしているのかが理解出来ません。

Re: タイトルなし

とおりすがりの猫嫌い 様

ご意見はお聞きしました。

No title

懐かしい記事にまたコメント来たんですね。

生きたまま茹でるというのは(本当にあるのだとしたら)食肉処理の方法としてはあまり褒められたものではないです。さんかくさんが記事でおっしゃられているとおりです。

ベトナムの猫料理の動画だと頭を叩いて〆た後、首を切って放血させていました。獣の毛は綺麗なものでは無い(狂犬病ウイルス等がうじゃうじゃいます)ので、処理を簡単にする場合には湯引きをして綺麗に剥がした後、バーナーで焼きます(バーナーの行程は料理によって省く場合も多々あります)。その後、内臓を出すわけですが、そのとき毛が内側に付いて肉が汚染されるのを防ぐために湯引き・バーナーの処理をしているのです。ベトナムのお隣の中国でも楽なのでこの処理をする業者が多いかと思います。というかネット上の動画でもこの処理の仕方で行っているのがほとんどじゃないでしょうか?

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> ベトナムの猫料理の動画だと頭を叩いて〆た後①、首を切って放血②させていました。獣の毛は綺麗なものでは無い(狂犬病ウイルス等がうじゃうじゃいます)ので、処理を簡単にする場合には湯引きをして③綺麗に剥がした後、バーナーで焼きます(バーナーの行程は料理によって省く場合も多々あります)。

おっしゃる通りです。
①から③への工程の過程で②の工程を省いて①と③をうまくつないで編集すれば、さも生きたまま湯の中に犬猫を放り込んでゆでているように見えます。


>その後、内臓を出すわけですが、そのとき毛が内側に付いて肉が汚染されるのを防ぐために湯引き・バーナーの処理をしているのです。ベトナムのお隣の中国でも楽なのでこの処理をする業者が多いかと思います。

毛が生えたまま生きたままゆでて食べるなど、ありえないです。
血液糞便はおろか、体毛が混ざった肉は食べられないでしょう。
毛の1本でも口に入れば不快で呑み込めないです。
ましてや体毛や外皮にはノミダニの寄生虫や排泄物、病原菌も多数ついています。

「犬猫を生きゆでにして食べる」ということを本気で信じている人は、中韓差別意識が強いのだと思います。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR