日本でも、肉親の飼い犬が赤ちゃんを咬み殺す事件が発生しましたが・・・



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic/Inländisch

 3月9日に、東京都八王子市で、生後10ヶ月の女の赤ちゃんが、肉親の飼い犬(母親の実家の飼い犬。ゴールデン・レトリバー)に噛み殺される事件がありました。犬の飼い主の刑事責任は、本件事件ではどの程度に問われるのでしょうか。同様の事件は海外でもしばしば発生します。私は海外の同様の事件との比較に興味があります。日本は、飼い主と犬に対しては極めて寛容と感じます。


 まず、東京都八王子市の、生後10ヶ月の女の赤ちゃんが、飼い犬(母親の実家の飼い犬)に噛み殺された事件のニュースから引用します。乳児、飼い犬にかまれ死亡 東京・八王子、祖父母宅。2017年3月10日(東京新聞)。


9日午後4時半ごろ、東京都八王子市北野台の住宅で、生後10カ月の安田翠ちゃん=同市=が、この家に住む祖父母に飼われている大型犬ゴールデンレトリバーに頭部をかまれ、約2時間半後に死亡した。
警視庁南大沢署によると、犬は室内に放し飼いにされており、ハイハイしていた翠ちゃんに突然かみついた。
近くにいた祖母が止め、すぐに翠ちゃんを離した。
犬は普段おとなしく、これまでかみついたりほえたりすることはなかったという。
翠ちゃんは、母親の実家であるこの家に一時的に預けられていた。南大沢署が詳しい状況を調べている。



(動画)

 ビデオニュースはこちら。ハイハイしていた赤ちゃん、ゴールデンレトリバーに突然かまれて死亡 東京・八王子市。2017年3月10日。


 同様の事件が海外でもしばしば発生します。2016年にはイギリスで、生後6ヶ月の女の赤ちゃんが、母親が飼っているピットブル種の犬に殺害されました。母親は一審で、懲役14年の判決が言い渡されています。
 Mother whose six-month-old baby girl was mauled to death by her American pit bull pleads guilty to being in charge of a banned dog. 「生後6ヵ月の女の赤ちゃんが、自分が飼っているアメリカン・ピットブルにより噛み殺された母親は、法廷で自分が法律で禁止されているその犬を世話する役割だったと言い訳をしました」。2016年6月13日、から引用します。


Claire Riley had previously boasted about how her dog was 'nuts'.
The animal attacked and mauled to death six-month-old Molly-Mae.
Mother now admits owning the 'dangerously, out of control' dog.
The mother of a baby girl who was mauled to death by a banned American pit bull dog has admitted responsibility for the death.
The American pit bull was described as 'the most aggressive dog' a vet had ever seen, which saw tragic Molly-Mae 'as prey.'
Riley faces a maximum jail term of 14 years when she is sentenced.

クレア・ライリー氏(自分の飼い犬に我が子を殺された母親)は、かつて彼女の犬「ナッツ(赤ちゃんを殺害したアメリカン・ピットブル種の犬)を自慢していました。
ナッツは、生後6ヶ月のモリー・メイちゃん(クレア・ライリー氏の子供)を攻撃して死に至らせました。
母親であるクレア・ライリー氏は現在、「危険で制御不能な」犬を飼っていたことを認めています。
禁止されたアメリカン・ピットブルドッグによって殺された乳児の母親は、その死の責任を認めています。
アメリカン・ピットブルは、獣医師が今まで見たことのある中では、「最も攻撃的な犬」と言われ、悲劇的なモリー・メイちゃん(殺された女の赤ちゃん)を餌食にしてしまいました。
判決が言い渡され、クレア・ライリー氏(ころされた赤ちゃんの母親)は、最長14年間の懲役に直面しています。



 2014年2月に、日本で飼い犬が人を殺害した事件では、判決が確定した事件では、上記のイギリスとは驚くほど軽い刑が言い渡されています。北海道で故意に土佐犬を放し、その犬が女性を襲って死亡させた事件では、飼い主は重過失致死罪に問われ、わずか2年6ヶ月の懲役刑と罰金20万円が確定しています。飼い主は救護もせずその場から逃走したたにもかかわらず土佐闘犬
 飼い主は重過失致死容疑で逮捕され、同年7月、札幌地方裁判所苫小牧支部にて懲役2年6月、罰金20万円の実刑判決が下されました。日本では飼い犬による死傷事件は、過失傷害致死罪で最高刑で懲役2年以下か、よほど飼い主側の落ち度がひどくても重過失致死罪で最高刑が懲役5年以下なのです。対してイギリス、ドイツなどでは厳しく、死亡事件で紹介したイギリスの事件では懲役14年の判決です。日本は、咬傷事故に対する飼い主と犬に対しては、異常に寛容な気がします。咬傷犬を強制的に殺処分する根拠法がない国も、おそらく先進国では日本だけだと思います。


(画像)

 ドイツでベビーカーを襲って、幼児に怪我をさせたロットワイラー種の犬は、強制殺処分となりました。また世論も、犬の殺処分に賛成しています。行政による、強制殺処分が決定されたロットワイラー種の、「パシャ」。
Gutachten bekräftigt: Rottweiler soll eingeschläfert werden。「世論は肯定しました ロットワイラーを安楽死させることに対して」。2015年7月13日。

Der Hund, der am Rhein in Duisburg ein Kleinkind angegriffen hat, muss sterben.
Zu diesem Ergebnis kommt das tierärztliche Gutachten.

Der Hund hatte sich vergangenen Montag beim Gassi gehen auf dem Rhein deich in Neuen kamp von der Leine losgerissen und war auf eine Gruppe Spaziergänger los gestürmt.
"Pascha" fiel dann eine Zweijährige an und verletzte das Kind schwer .
Der Rottweiler hätte nämlich einen Maulkorb tragen müssen.
Außerdem will die Stadt der Besitzerin künftig die Haltung sogenannter "Listen-Hunde" verbieten.

デュイスブルク、ライン川で幼児を攻撃した犬は、死ななければなりません(行政による強制殺処分)。
それは行政獣医師の結論であり証明書にあります。

先週の月曜日に、ノイエンカンプのライン川の堤防に散歩に行った時に犬は、リードを引きちぎってベビーカーのグループを襲撃しました。
「パシャ」はその後に2歳の子供をベビーカーから引き落として、その子供は重傷を負いました。
ロットワイラーは、実際には口輪をする必要があります。
州は、将来は、いわゆる「リストの犬(原則飼育が禁止されているが、条件を満たせば飼育が許可される)」の飼育を完全に禁止したいと考えています。

 
ロットワイラー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本の法律や裁判結果から私が感じることは、日本人は人権と犬の権利をほぼ同じレベルで考えているように見えます。
これは日本人が良いことであると感じているから法律となり、裁判結果として現れるのでしょう。
なぜ人々がこのように考えるかはわかりませんが、あえて言うなら精神が未熟だからではないかと思います。
人間は人間として生まれたからには人間として生きるべきです。他の動物とは生きる意味が違うと思います。
他の動物を敬うことは解りますが、それは人間として他の動物を利用することに感謝するという意味では無いでしょうか。
そこを錯覚して動物の権利を認めようと言うのはただの野蛮か野生に見えます。

Re: No title

流星様、コメントありがとうございます。

> 日本の法律や裁判結果から私が感じることは、日本人は人権と犬の権利をほぼ同じレベルで考えているように見えます。

立法と司法判断、民事と刑事ではそれぞれ異なると思います。
まず、咬傷事故を起こした犬の強制的な殺処分が立法化されていないことは、その理由は私は私有財産権の保護だと思います。
犬はあくまでもモノであり、所有権が及びます。
例えば、新車のポルシェにはねられて幼児が死亡したとします。
遺族が「あのポルシェがにくい。廃車にして欲しい」と願っても、交通事故を起こしたポルシェオーナーの交通事故に対する法的責任とクルマの所有権は別個です。
たいしてドイツの民法90条aでは「特別法の定めが有れば、動物はモノ(民法上の所有権が及ぶモノ=財物)ではない」と定めています。
ドイツの民法では、一定の状況下で動物(犬など)はモノ(財産権が及ぶもの=財物)、の所有権を制限していますので、咬傷犬を押収して強制的に殺処分する法的根拠があります。
ドイツでは一定の状況下では、犬(動物)はモノに満たないということです。
ですから、日本は、その点においては動物に権利を認めるというよりは、私有財産権を保護しているということでしょう。

動物に対して「権利」を認めている判例では、例えば獣医師の医療過誤でその動物の市場価格以上の損害賠償(慰謝料として)を認めた判決が相次いでいるということです。
アメリカの判例は調べていませんが、ドイツではありません。
ドイツでは、治療費相当額を医療過誤の動物の飼い主への返還を認めた判例はあります。
しかしそれは慰謝料としてではありません。
あくまでも損害賠償としてです。
日本は、民事訴訟においては、極めて稀な、動物に対する慰謝料を認めた国です。
それは動物の権利を認めているとも言えるかもしれません。


> なぜ人々がこのように考えるかはわかりませんが、あえて言うなら精神が未熟だからではないかと思います。

宗教観が異なるのではないでしょうか。
仏教では万物悉皆有仏性といい、ありとあらゆるものに仏性が宿るとされ、人も動物も同等という考え方です。
たいして一神教のキリスト教では、神、人、動物の序列が厳然と存在します。


> 他の動物を敬うことは解りますが、それは人間として他の動物を利用することに感謝するという意味では無いでしょうか。
> そこを錯覚して動物の権利を認めようと言うのはただの野蛮か野生に見えます。

同感です。
欧米の過激アニマルライツは、欧米の動物に対する思想としては異端です。

メモ

No title

御無沙汰してます。
痛ましい事件ですね。
しかも身内内の口咬事件なだけに、双方の立場は複雑です。

哀誤は外野で「殺すの反対」と喚けば済むと思ってるんですから、気楽なもんです。
http://ameblo.jp/tazimi/entry-12256040854.html

>ずっとずっと、遠く離れた場所で、ご理解ある新たな飼い主さんに飼ってもらう・・・そんな選択肢はないのだろうか。
>どうにか殺されずに済む方法はないでしょうか。
>何かしらの原因があるはずですよね?
>簡単に処分とか言わないでほしい

まあ、哀誤のオツムなんて、こんなもんですね。
ところが、そうとばかり言ってられないのが、周南市緑地公園の件です。

こいつらは、かの公園を野良犬の巣窟にしたがってます。
http://ameblo.jp/tazimi/entry-12244215764.html
http://ameblo.jp/tazimi/entry-12240070876.html
http://ameblo.jp/tazimi/entry-12252329267.html

よくよく読むと、件の公園彷徨いてる犬達、躾けも狂犬病予防接種も飼い犬登録もされていない。ただ、「捕獲反対、殺処分反対」と騒いでるだけ。
そんな犬達が徘徊している事が、どれだけ危険か、全く認識していません。

世話してる連中が「おとなしい」と言い張っても、犬が世話してくれてなついてる人間におとなしいのは当然で、そうでない一般ピープルにとっては危険な野犬である事に変わりません。
そんな事も理解出来ない人達が関わってて、よく事故が起きないものです。

この件については、確かに捕獲殺処分される犬は可哀想だけど、助けたかったら、躾けて飼い犬登録して、予防接種して家で飼え。
それしか言えません。

Re: No title

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> 痛ましい事件ですね。
> しかも身内内の口咬事件なだけに、双方の立場は複雑です。

痛ましい「事故」として、祖父母も被害者のように書いているブログ記事もありますが、祖父母の犯罪でもあります。
赤ちゃんに対する過失致死罪で、犬の飼い主の祖父母は加害者で犯罪者です。
例えば、クルマをバックするときに孫を引いて死なせてしまった事件などが過去にありますが、それと同じです。
しかし飼い犬が孫を噛み殺した事件では、「事故」とし、祖父母も痛ましい事故の被害者という扱いをすることに対しては違和感を感じます。


> 哀誤は外野で「殺すの反対」と喚けば済むと思ってるんですから、気楽なもんです。

これでも少しはマシになったかな。
かつては同様の事件があれば「事故を起こしたからといって犬を殺す日本は野蛮で動物愛護後進国。ドイツでは殺さない」と喚く意見が必ず出ましたから。


> まあ、哀誤のオツムなんて、こんなもんですね。

この祖父母は、犬を保健所に引き取って欲しいという依頼は今のところしてないようです。
日本は世界に稀に見る、死亡事故を起こした犬でも強制的に殺処分できない国ですから、愛誤の望み通りになるかもしれませんよ。


> ところが、そうとばかり言ってられないのが、周南市緑地公園の件です。
> こいつらは、かの公園を野良犬の巣窟にしたがってます。

周南市の野犬問題は深刻なようです。


> 件の公園彷徨いてる犬達、躾けも狂犬病予防接種も飼い犬登録もされていない。ただ、「捕獲反対、殺処分反対」と騒いでるだけ。
> そんな犬達が徘徊している事が、どれだけ危険か、全く認識していません。

犬は猫と異なり、行政が捕獲収容する義務があります。
条例等に規定されていますから。
行政が野犬の捕獲を行わなかったことにより、野犬による咬傷事故が起き、行政の不作為が問われた判例があります。
この事件も、記事にしたいと思いますが、書く事が多すぎて手が回らなくて。


> この件については、確かに捕獲殺処分される犬は可哀想だけど、助けたかったら、躾けて飼い犬登録して、予防接種して家で飼え。

全くご指摘のとおりだと思います。
狂ったノーキル思想は、市民生活を危険にさらすまで増長しています。
無責任も甚だしい。

判例といえば

>犬は猫と異なり、行政が捕獲収容する義務があります。
法律に規定されていますから。
行政が野犬の捕獲を行わなかったことにより、野犬による咬傷事故が起き、
行政の不作為が問われた判例があります。

 判例というと有名なのは千葉県の事例ですが、それを指しています
でしょうか。仮にそうだとすると、その判例では、狂犬病予防法では
無く条例を根拠に不作為を認定しているので「法律に規定」という全国一律の
考え方とは異なっていることに留意が必要です。狂犬病予防法では、
通常時は鑑札と注射済票を着けていれば放し飼いになっていても抑留の
対象ではありません。そのため、同判例でも、原告が主張した狂犬病予防法
違反を裁判所は採用しませんでした。(判決文中では、鑑札等が無いことを
認識していたという証拠は無い、としていますが、仮に認識していたとして
も、「咬傷事故の防止を目的とした法律では無いので、狂犬病予防法に
基づき住民が咬傷から保護されるという法的利益は存在せず、不作為との
因果関係が認められない」というような結論が予想されます。狂犬病に
よる住民の被害が発生すれば別ですが。)
多くの自治体では、咬傷の防止を目的に非係留犬を捕獲する条例を
定め、また、狂犬病予防法に倣って毒物による薬殺を定めています。
ただ、以前、さんかくさんの投稿で、どこかの自治体が愛護団体等の
批判によって野犬毒薬殺を廃止したとありましたが、(狂犬病予防法に
基づく緊急時の野犬掃討では依然としてストリキニーネしか
使用できませんので、条例の規定と思われます)そのような方向に条例改正が
進んでしまえば、野犬掃討に対する行政の責務も縮小してしまう恐れ
があります。(薬殺という非常手段をとってでも住民を守らなければ
いけないという条例の規定を総合的に解釈して、単なる反射的利益としての
住民の権利では無く、より直接的に住民を保護しようとしている、
というような判断をし、不作為を認めています)

No title

上のアミバ(北斗の拳かよwww)、じゃなくてアメーバブログで、こんなコメントありました。
http://ameblo.jp/tazimi/entry-12256704592.html

無題

>>責任転嫁、いい加減にしてください!

>あなた達こそ、いい加減にしてくださいね。
ここの犬たちの躾も飼い犬登録も、狂犬病予防接種もしないで、ただ「捕獲して殺すの反対」とわめいてるだけ。
肝心な事は行政まかせなくせに、その行政のやる事にケチつけるばかり。

>そっくり、そのままお返しします。

>責任転嫁と。

削除される前に、貼らせて頂きました。

Re: 判例といえば

サーバント様、コメントありがとうございます。

>  判例というと有名なのは千葉県の事例ですが、それを指しています
> でしょうか。

SNSで得た情報です。
判決文は確認していません。
コメントリプライは、早めのお返事を心がけていますので、記事本文より正確性にはかけます。
読者様もその点をよろしくお願いします。


> 多くの自治体では、咬傷の防止を目的に非係留犬を捕獲する条例を
> 定め、また、狂犬病予防法に倣って毒物による薬殺を定めています。
> ただ、以前、さんかくさんの投稿で、どこかの自治体が愛護団体等の
> 批判によって野犬毒薬殺を廃止したとありましたが、(狂犬病予防法に
> 基づく緊急時の野犬掃討では依然としてストリキニーネしか
> 使用できませんので、条例の規定と思われます)そのような方向に条例改正が
> 進んでしまえば、野犬掃討に対する行政の責務も縮小してしまう恐れ
> があります。(薬殺という非常手段をとってでも住民を守らなければ
> いけないという条例の規定を総合的に解釈して、単なる反射的利益としての
> 住民の権利では無く、より直接的に住民を保護しようとしている、
> というような判断をし、不作為を認めています)

ご指摘ありがとうごあいます。
ストリキニーネの使用は、鳥取県でした。
県の回答によれば「鳥取県動物の愛護及び管理に関する条例」を根拠としています。

全文「今回の事件が発生した場所は、近くに学校があり、複数の野犬による危険性について苦情が多数寄せられていました。このため、檻などによる捕獲を継続的に行い、一部は捕獲したものの依然捕獲できない野犬が残りました。この野犬が徘徊中で、うち一頭が妊娠中との情報があり、人への危険性が増したことから、担当者が「急迫した事態」であると考え、硝酸ストリキニーネ入りの毒餌を使用したものです。しかし、同担当者は、組織的意思決定及び鳥取県動物の愛護及び管理に関する条例上必要とされる、犬の所有者への文書通知、実施区域内等への掲示等による周知の手続きを経ておらず、過失があったと考えており、国家賠償法第1条第1項の規定に基づき損害賠償を行うこととしています。また、硝酸ストリキニーネについては、その危険性及び動物の愛護及び管理に関する法律第23条を踏まえ、常備を廃止し、狂犬病発生時などを除き、原則として使用しないこととしました」。

ということで、以降は原則ストリキニーネによる野犬駆除は事実上停止に追い込まれたようです。
http://db.pref.tottori.jp/KenminH17.nsf/KenminPageM4?OpenPage&Start=1&Count=30&Expand=5.4

Re: No title

オキキリムイ 様

> >そっくり、そのままお返しします。

巨大ブーメランですね。
まさにそのままお返しします。
ご本人は、自分で言っていることがわかっているのかな?


はじめまして、少し設問に違和感を感じたのでコメントさせて頂きました。「日本でも 飼い主の赤ちゃんを犬が咬み殺す事件が発生しましたが…」 生後10カ月の安田翠ちゃんは母親のご実家ですよね。実家の名前は公表していませんが、例に山田様としましょう。これは山田様の飼い犬に咬まれたのであって飼い主ではないですよね。どうして設問に飼い主の犬に咬まれたとなっているのでしょうか?どこのニュースを見ても飼い主の犬とは言っていません。飼い犬に咬まれたと報道がされてます。ただ間違えただけだといいのですが、最初に、この見出しを見た時は驚きました。。。情報発信すらならば、間違った発信はよくありません。正しい発信をお願いします。これからも楽しく拝見させて頂きます。

Re: タイトルなし

MARU 様、コメントありがとうございます。

> 少し設問に違和感を感じたのでコメントさせて頂きました。「日本でも 飼い主の赤ちゃんを犬が咬み殺す事件が発生しましたが…」 生後10カ月の安田翠ちゃんは母親のご実家ですよね。実家の名前は公表していませんが、例に山田様としましょう。これは山田様の飼い犬に咬まれたのであって飼い主ではないですよね。どうして設問に飼い主の犬に咬まれたとなっているのでしょうか?

実家は、元赤ちゃんの家族であり、極めて近い間柄です。
全くの見ず知らずの他人の赤ちゃんではないです。
それを強調するために「飼い主」としました。
正確性にかけるというのであれば、記事を訂正します。

No title

田舎育ちなのでいつも不思議に思うことなのですが、何故大型犬を室内で飼うのでしょうか。
昔田舎の家で秋田犬を飼っていたのですが、噛まれて何針も縫う怪我をしたことがありました。犬はどんなに懐いていても気に食わないことがあれば噛む可能性はありますし、それが大型犬であれば大怪我をする場合もあります。飼っていた犬に関しては自分に落ち度があることがわかっていたので騒ぎにはしませんでしたが、噛み癖のある犬である可能性もあったので、それ以降は檻に入れて第三者に危害を与えるようなことが無いように注意していました。
レトリーバーは一般的には日本犬に比べれば大人しいかもしれませんが、犬にも個性がある以上、その犬が大人しかったとは限りません。犬種に限らず危険性があることの認識はもっと広まってほしいものです。

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> 何故大型犬を室内で飼うのでしょうか。

犬の擬人化でしょう。


> 犬はどんなに懐いていても気に食わないことがあれば噛む可能性はありますし、それが大型犬であれば大怪我をする場合もあります。

犬を神格化する人がいますね。
犬は犬、人とは異なります。
それを区別できなくなるのではないでしょうか。
そのような人は、犬に人格権?があるとし、「人に危害を与えるなんて疑ったら人(犬)格権の侵害になるとでも思っているようです。


> レトリーバーは一般的には日本犬に比べれば大人しいかもしれませんが、犬にも個性がある以上、その犬が大人しかったとは限りません。犬種に限らず危険性があることの認識はもっと広まってほしいものです。

同感です。
特に無抵抗な赤ちゃんは、犬から遠ざけたほうが良いでしょう。
乳児はまだ免疫も十分ではないですから、感染症防止のためにも犬から離したほうがいいと思います。
予防原則です。
赤ちゃんを犬から離して、それで何もなければ良いではありませんか。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR