正当な理由なく、犬猫を感電殺等で大量殺処分していたドイツのティアハイム



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Einschläferungen ohne triftigen Grund TV-Bericht erhebt Vorwürfe gegen Krefelder Tierheim
Im Krefelder Tierheim sollen 30 bis 40 Tiere "ohne vernünftigen Grund" getötet worden sein - darüber berichtet der Fernsehsender Vox.


 三重県で「日本版のドイツに倣ったティアハイム」の建設計画が持ち上がっています。中日新聞が伝えるところによれば、自称ドイツ連邦獣医学博士の京子アルシャー氏がこの計画を後押ししています。報道では「ドイツのティアハイムは殺処分はほぼゼロである」、そして「重病でない限り収容動物を安楽死させない」と述べています。しかしそれらは大嘘です。ドイツのティアハイムの殺処分率の公的統計は3割近いです。この数字は施設内死は含まれていません。施設内死を含めれば殺処分率は増えます。またドイツでは、犬などの安楽死要件の適用範囲は広く解釈されています。むしろ問題行動(主に犬の攻撃性)のある犬は殺処分しなければならないとされています。


 問題の中日新聞の記事(インターネット版)から引用します。ドイツに倣う動物保護 多気に大規模施設計画 。2016年6月25日。

アクアイグニス(東京)は、(三重県)多気町で大規模な動物保護譲渡施設「ティアハイム」を造る。
ペットの殺処分がほとんどないドイツの民間施設の日本版だ。
ドイツ・ベルリン郊外にある「ティアハイム・ベルリン」の運営に関わる在独十九年目の日本人獣医師アルシャー京子さん(47)は、ペットに対する日独の考え方の違いを嘆く。
日本ではかみ癖、ほえ癖など問題がある犬、猫は捨てられ、もらい手もなく殺処分されることも。
しかし、ドイツでの殺処分は重病などに限られる。
アクアイグニスの立花哲也社長(42)は「日本でもペットへの意識を変えたい。少しずつだが殺処分ゼロを目指したい」と意気込んでいる。



 上記の記事では、次のように書かれています。
1、ドイツのティアハイムでは殺処分ゼロか、ほとんどない。
2、ドイツで殺処分される動物は、重病に限られる。
しかしそれは「大嘘」です。「1、」ですが、ドイツのティアハイムでは、公的統計においても約3割の殺処分率ですし、この数字には施設内死は含まれていません(日本の殺処分率の計算では、施設内死を含める施設がある)。また、ドイツの法律では「咬傷事故を起こしていない犬であっても訓練不足等で、行動により危険と判断される犬は行政が押収して強制的に殺処分する権限がある」と明文化されています。現に、まだ咬傷事故を起こしていない段階でも「危険な犬」と行政に判断されて犬を押収され、強制的に殺処分される飼い犬も、ドイツでは珍しくありません。

 「1、」「2」については、折々反証を挙げていきます。ところで正当な理由がなく、施設の収容キャパシティに比較すれば、かなりの数の犬猫を感電死などで処分していたドイツのティアハムがあります。もちろんドイツ連邦動物保護法では感電死による処分は禁じられています。発覚は、従業員の内部告発です。
 以下に、Einschläferungen ohne triftigen Grund TV-Bericht erhebt Vorwürfe gegen Krefelder Tierheim 「正当な理由がない殺処分 TV報道はクレーフェルト・ティアハイムに対して疑惑を提起します」。2015年11月24日、から引用します。


Krefeld.
Der Privatsender Vox hat über Vorwürfe berichtet,
Im Krefelder Tierheim sollen 30 bis 40 Tiere "ohne vernünftigen Grund" getötet worden sein .
30 bis 40 Tiere - vor allem Katzen - ohne triftigen Grund eingeschläfert zu haben.
Zudem sollen Hunde mit Stromschlägen traktiert worden sein.
Die Vorwürfe im einzelnen: Das Tierheim soll Katzen mit Pilzerkrankung eingeschläfert haben.

クレーフェルト・ティアハイム。
民放のTV局VOXは、(ティアハイムに対する)疑惑を報道しています。
「合理的な理由」がなく、30〜40頭の動物がクレーフェルト・ティアハイムで殺されています。
特に猫ですが、30〜40匹が正当な理由なく、殺処分されたに違いありません。
他に犬が、伝えられるところによれば、感電死させられていました。
ティアハイムの詳細な反論:ティアハイムは、真菌性の感染症があったために、猫を安楽死させておく必要があったのです。


 このクレーフェルト・ティアハイムですが、HPを調べてみました。Tierheim Krefeldfür die Aufnahme von bis zu 30 Hunden, 60 Katzen und mit diversen Räumen für Nager und Vögel ausgelegt. 「30頭の犬、60匹の猫およびげっ歯類や鳥類を収容するために、色々なケージがある設計です」とあります。最大の収容数が犬30頭、猫60匹ですから、それほど大きな施設とは思えません。
 残念ながらこの施設は、年次報告書を公表していません。ですから引受数に対する殺処分割合は不明です。しかし日本のメディアが喧伝するような「ドイツのティアハムはほぼ殺処分ゼロ(「ゼロ」と言い切っているメディアも多いです。例えば大手TV局ではNHK、FNN、朝日放送など。弱小メディアは数しれません)。

 では、ティアハイムの真実の殺処分率はどの程度なのでしょうか。信頼性の高いドイツのティアハイム(ノルトライン=ヴェストファーレン州)の殺処分率の資料としては、詳細な報告書をニーダーザクセン州のハノーバー(ハノーファー)獣医科大学が2014年に公表しています。
 それによれば、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州のティアハイムの平均殺処分率は3割近いです。これには施設内死亡を含めていません。日本の殺処分統計では、自治体により施設内死亡を含めています。施設内死を殺処分数に含めれば、さらに割合が高くなります。次回以降の記事で、ドイツの公的資料によるティアハイムの殺処分率について分析したいと思います(続く)。


(動画)

 これが「感電による殺処分」と思われます。動画は、韓国での食用の犬屠殺の様子。クレーフェルト・ティアハイムでは、これと同様の殺害方法で収容犬を殺害していました。

(資料)

 ドイツに倣う動物保護 多気に大規模施設計画 。2016年6月25日。全文。


 温泉・飲食業アクアイグニス(東京)は、多気町で二〇一九年秋、開園を目指す国内最大級の混在型リゾート施設「アクアイグニス多気(仮称)」に、大規模な動物保護譲渡施設「ティアハイム」を造る。ペットの殺処分がほとんどないドイツの民間施設の日本版だ。年間十万匹を超える犬、猫が殺処分される日本で「小さな命を救う光明に」と期待されている。

 「日本では人に選ばれた命が生きているだけ。ティアハイムでは訓練で共生の道を探る」

 ドイツ・ベルリン郊外にある「ティアハイム・ベルリン」の運営に関わる在独十九年目の日本人獣医師アルシャー京子さん(47)は、ペットに対する日独の考え方の違いを嘆く。

 施設は馬やカエルなど、あらゆるペットが保護される、いわば「動物孤児院」。年間収容数は約一万五千。犬なら最低六平方メートル以上など広い飼育スペースが確保されている。運営費のほとんどは企業や個人の寄付金だ。施設では引き取った犬、猫のかみ癖などを直し、新しい飼い主につなぐ。譲渡率は九割を超える。

 日本ではかみ癖、ほえ癖など問題がある犬、猫は捨てられ、もらい手もなく殺処分されることも。しかし、ドイツでの殺処分は重病などに限られる。

広々としたスペースで飼われている「ティアハイム・ベルリン」の犬=ドイツ・ベルリンで(アクアイグニス提供)
写真
 施設では、トレーナーが原因を探り、訓練する。「原因は飼い主」。アルシャーさんはそう言い切る。例えば、ほえる犬は散歩不足でストレスをためている例が多い。「生活習慣を改善すれば直る」

 アルシャーさんは「ドイツでは犬は古来、猟犬や牧羊犬として繁殖されてきた。使役犬は宝物のように扱われてきた」と語り、愛玩が主の日本とは価値観が異なるという。

 アルシャーさんによると、ティアハイムの大規模施設は、広島にあり、完成すれば国内で二カ所目になる。

 計画では施設の総面積はバレーコート約三十面分に相当する五千平方メートル。千二百平方メートルの木造平屋に、犬、猫二十匹ずつを収容する。犬は一匹ごとに庭付きで、二十二平方メートルの飼育部屋を設ける。猫は八平方メートルにし十部屋を造り、二~三匹ずつ飼う。ドッグランと動物病院も併設する。

 寄付を募り、運営費に充てる。犬猫の正しい飼い方を啓発するなどイベントも開く。アクアイグニスの立花哲也社長(42)は「日本でもペットへの意識を変えたい。少しずつだが殺処分ゼロを目指したい」と意気込んでいる。

 (吉野淳一)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電気屠殺

電気ショックによる屠殺は、豚では一般的なようです。
なぜ犬だと問題になるのでしょうか。
アメリカでは44州で、犬猫の食用目的屠殺が合法です。
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RA2EI57npXmBMAhqOJBtF7?p=%E9%9B%BB%E6%B0%97%E5%B1%A0%E6%AE%BA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

単純に管理維持費の問題でしょう。

ティアハイムは税金で運用されている訳でないですし単純に犬猫は飯を食うので食費の問題でしょうと思いますし、それは正当な理由だと思います。
だいたい税金でバカの繁殖させた犬猫の面倒をみるなんてやったら海外じゃ暴動が起きるでしょう。

それに虚空から食料や管理をする為の労働者を雇う金が沸いて出る訳ないので、ティアハイムで貰い手(買い手?)のつかない犬猫など死ぬまで養う訳がありません。

そもそも叩かれるべきはティアハイムでなく、そういう動物を生み出しているバカな愛誤共のはずです。
どこの国でもバカが多いので目先の最終処分をせざるえないからやってる所を叩きますね、日本だと保健所を叩いてみたりバカほど害になるものはありません。

電気ショックで処分しなけりゃ屋外で病気や怪我などで更に苦しんで死ぬのですが、目先しか見えないバカはそちらには目もくれず殺処分せざるえない施設などを目の敵にします。

バカで低脳な輩が無分別に処分せざる得ない動物を生み出して放置するので、本来は処分などしたくない人々が処分せざるえないだけですね。
ほんとバカ(愛誤)ほど始末におえないものはありません、愛誤なんざ(知能的に)人間じゃないんだから処分しちまえよってマジに思います。

Re: 単純に管理維持費の問題でしょう。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> ティアハイムは税金で運用されている訳でないですし単純に犬猫は飯を食うので食費の問題でしょうと思いますし、それは正当な理由だと思います。

行政が捕獲した浮遊動物(遁走したと思われる犬猫や野良)を、行政がティアハイムに収容させた場合は、飼育委託費が行政からティアハイムに支払われます。
しかし最近は、行政からの引受をしていないティアハイムが多いようですし、行政側も遁走した犬などは、捕獲しないで警察官が射殺することが多いような気がします。


> それに虚空から食料や管理をする為の労働者を雇う金が沸いて出る訳ないので、ティアハイムで貰い手(買い手?)のつかない犬猫など死ぬまで養う訳がありません。

ティアハイムの終生飼養の大嘘はひどすぎますね。
こんなこと信じられているのは、日本だけでしょう。


> 叩かれるべきはティアハイムでなく、そういう動物を生み出しているバカな愛誤共のはずです。

ティアハイムは、資源にも限りが有ります。
青天で無制限に無期限に、野良や捨てられた犬猫を飼育し続ける義務はありませんし、できないです。
殺処分しているティアハイムを攻撃するのはお門違い。


> どこの国でもバカが多いので目先の最終処分をせざるえないからやってる所を叩きますね、日本だと保健所を叩いてみたり。

全く有害な行為です。


> 電気ショックで処分しなけりゃ屋外で病気や怪我などで更に苦しんで死ぬのですが、目先しか見えないバカはそちらには目もくれず殺処分せざるえない施設などを目の敵にします。

せめて麻酔で安楽死して欲しいと思いますが、ティアハイムもコストの問題や、従業員の安全確保の問題があるのでしょう。


> バカで低脳な輩が無分別に処分せざる得ない動物を生み出して放置するので、本来は処分などしたくない人々が処分せざるえないだけですね。

批判されるティアハイムも迷惑といえば迷惑なのですが。
しかし私的な飼い主からの引取り(このティハイムは年次報告書を公表していませんので、全てが私的な有料の引取りだと思います)でかなりの高額な引取り料(かなり高額です。3万円近くだとか)をぼったくり、「必ず新しい飼い主を見つけます」と言った(ほぼ言っているのに間違いないです)ティアハイムも責められる原因があります。
2,3万円の高額な引取り料金を得て、餌も食わせずに、即コストタダな感電死による殺処分を行っていれば、ボロ儲けですからね。
これがティアハイムの経営のからくり。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

残念ながら、余剰ペットはドイツにもイギリスにも、先進国ではどこにでもあります。
だから殺処分は必然なのです。

初めまして。

初訪問でこちらは、犬猫を殺すのは合法だ!
と言う主張をこれでもかとしたい方の
ブログである事は理解出来ましたが、
叩くなら繁殖業者ももっと叩きません?

蛇口を締めないといかんでしょ。
むしろ蛇口を締めるのが、犬猫を減らすのに一番手っ取り早い方法です。

貴方のブログの訴え方では、いくら頑張っても殺せ!って主張ばかりしている時点でただの異常人物の主張と誤解されても仕方ないでしょうし、先が見え無いのでは?

愛誤と同じく、ここまで犬猫に執着している時点でだいぶ変わってらっしゃるけど。
どちらにせよ訴え方が良い方法とは思えませんね。

上の↑ネコボラ滅びろ!って名前の方がいますが、繁殖業者・虐待好きキチガイ・無責任エサやりが同時に滅びたら世界は少し平和になるでしょうね。
自分で野良の保護して、自宅で飼ってるまともなボランティアまで叩くのはお門違いでは?

で、ネコボラだろうが猫嫌いだろうが、どの立場でも犯罪を犯した時点でその人の負けは確定だよ。理性の欠けた頭の悪い奴として扱われる。

動物愛護法を守った上で何が出来るか考えられる頭の良い人はおらんのかね。
人だろうが動物だろうが、殺せ!殺せ!って言ってる人見るとヤバい奴としか思えないんですよ。

「あ」さん

>叩くなら繁殖業者ももっと叩きません?

>蛇口を締めないといかんでしょ。
>むしろ蛇口を締めるのが、犬猫を減らすのに一番手っ取り早い方法です。


せめて環境省の殺処分関連のデータを見てから
改めてコメントすることをおすすめします。

No title

>初訪問でこちらは、犬猫を殺すのは合法だ!
と言う主張をこれでもかとしたい方の
ブログである事は理解出来ましたが、

この書き出し時点でまともに話できる人間じゃないのは一目瞭然。
じろうさんのおっしゃるとおり殺処分関連のデータ見てから顔を洗って出直してこいすっとこどっこい、としか言いようがない。

Re: あ

あ様、コメントありがとうございます。

> 初めまして。

以前にもコメントいただいていませんでしたか。


> 初訪問でこちらは、犬猫を殺すのは合法だ!
> と言う主張をこれでもかとしたい方の
> ブログである事は理解出来ましたが、

このコメントを東欧された記事をご覧ください。
私の「犬猫を殺すのは合法だ」という主張は一切ありません。
義務教育の国語をもう一度お勉強しなおすことをおすすめします。
また日本においても、海外の先進国においても、正当な理由があれば、犬猫を殺すことは合法です。


> 叩くなら繁殖業者ももっと叩きません?

日本の繁殖業者の信頼d系るソースが見つかりませんでしたので。
私は憶測で記事を書きません。


> むしろ蛇口を締めるのが、犬猫を減らすのに一番手っ取り早い方法です。

殺処分される犬猫のうち、ほとんどが拾得(野良)の子猫です。
つまり殺処分の原因は繁殖業者よりも、野良猫に給餌をして繁殖させている人たちです。


> 貴方のブログの訴え方では、いくら頑張っても殺せ!って主張ばかりしている時点でただの異常人物の主張と誤解されても仕方ないでしょうし、先が見え無いのでは?

私の主張ではありませんよ。
海外の事例を、そのまま紹介しているだけです。
もう一度言います。
あなたは義務教育レベルの国語力がありません。
小学生の国語から勉強し直しましょう。


> 愛誤と同じく、ここまで犬猫に執着している時点でだいぶ変わってらっしゃるけど。
> どちらにせよ訴え方が良い方法とは思えませんね。

海外の嘘情報を垂れ流す方が、よほど悪質なやり方です。
私はそれを正しているだけです。


> 自分で野良の保護して、自宅で飼ってるまともなボランティアまで叩くのはお門違いでは?

そのような方を批判したことは私はありませんが?
ただしアニマルホーダーになり、動物虐待をしないように祈ります。


> ネコボラだろうが猫嫌いだろうが、どの立場でも犯罪を犯した時点でその人の負けは確定だよ。理性の欠けた頭の悪い奴として扱われる。

私は別に猫嫌いではありませんし、犯罪者でもないです。
言っていることが意味不明。


> 動物愛護法を守った上で何が出来るか考えられる頭の良い人はおらんのかね。

あなたもその典型的な「頭が良くない人」です。

Re: 「あ」さん

じろう様、コメントありがとうございます。

> >叩くなら繁殖業者ももっと叩きません?
> >蛇口を締めないといかんでしょ。
> >むしろ蛇口を締めるのが、犬猫を減らすのに一番手っ取り早い方法です。

> せめて環境省の殺処分関連のデータを見てから
> 改めてコメントすることをおすすめします。

こちらで貼っておきます。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

日本での殺処分は、猫の幼齢個体(離乳前)がほとんど。
つまり殺処分の大きな原因は、野良猫の自然繁殖です。
野良猫の自然繁殖を進めているのは、餌やりさんです。

Re: No title

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> >初訪問でこちらは、犬猫を殺すのは合法だ!
> と言う主張をこれでもかとしたい方の
> ブログである事は理解出来ましたが、

> この書き出し時点でまともに話できる人間じゃないのは一目瞭然。
> じろうさんのおっしゃるとおり殺処分関連のデータ見てから顔を洗って出直してこいすっとこどっこい、としか言いようがない。

ですね。
該当する記事では、「犬猫を殺すのは合法」という私の主張はひとつもありません。
ティアハイムの殺処分率の学術調査の結果を紹介しているだけです。
それと日本以外の先進国でも、正当な理由があれば犬猫を殺すことは合法です。
それは紛れもな事実で、それがどうかしたのでしょうかね?
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR