玉林の犬肉祭りを報じるスイスのメディアの厚顔無恥~中国人の「犬を食べたことがある」割合は20%未満、スイス人の「猫を食べたことがある」割合は48%



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierschützer bekämpfen Hundefleisch-Festival
Laut Umfragen haben weniger als 20 Prozent der Chinesen schon einmal Hundefleisch gegessen.
„Schmeckt wie Kaninchen“ Essen Schweizer Katzen?
Online-Umfrage Zeitung gaben 48% an: „Ja, ich habe schon Katzenfleisch gekostet.“
In Europa wird in ländlichen Regionen der Schweiz Katzenfleisch verzehrt.

 中国の広西省玉林市(ユーリン市)では、毎年夏至の日に「犬肉祭り」が開催されます。この祭りに対しては、動物愛護団体らが非難し、廃止を求める抗議活動を繰り広げています。玉林市の犬肉祭りと、それに対しての愛護団体らと外国の著名人の抗議活動を、スイスのマスメディアが報道しています。しかしスイスは犬猫食が合法であり、地方によっては犬猫食はかなり一般的です。しかし、人ごとのように、スイスのメディアは中国の玉林市の犬肉祭りを報じています。


 スイスのマスメディアが報じた、中国広西省、玉林市の犬肉祭りの抗議運動の記事から引用します。Tierschützer bekämpfen Hundefleisch-Festival 「動物愛護活動家は、玉林の犬肉祭りと戦います」。2016年6月22日。


Für ein Festival werden in Yulin jährlich Tausende Hunde geschlachtet.
Aktivisten versuchen nun, wenigstens ein paar der Tiere zu retten.
Den wenigen befreiten Tieren standen auch in diesem Jahr wieder Tausende Vierbeiner gegenüber, für die jede Hilfe zu spät kam.
Alte Tradition?
Die Organisatoren des umstrittenen Festes, das jedes Jahr zur Sommersonnenwende in der Provinz Guangxi stattfindet, berufen sich darauf, dass der Verzehr von Hundefleisch in der Region eine lange Tradition habe.
sondern um eine Veranstaltung, die von den Schlachtbetrieben in Yulin erst vor einigen Jahren erfunden worden ist, um den Umsatz anzukurbeln.
sondern um eine Veranstaltung, die von den Schlachtbetrieben in Yulin erst vor einigen Jahren erfunden worden ist, um den Umsatz anzukurbeln.
Laut Umfragen haben weniger als 20 Prozent der Chinesen schon einmal Hundefleisch gegessen.
Dort übergaben die Aktivisten den Behörden elf Millionen Unterschriften von Menschen aus aller Welt,
die ein Ende des Festes fordern.
Kritik an dem Festival üben auch internationale Prominente, das brasilianische Supermodel Gisele Bündchen und der englische Schauspieler Ricky Gervais.

犬肉祭りのために、何千頭もの犬は毎年玉林市で虐殺されています。
現在動物愛護活動家らは、犬たちを少数であったとしても助けようとしています。
今年は数千頭の犬のうち、少数の犬が助け出されましたが、自主的な救済活動は遅すぎました。
古くからの伝統でしょうか?
広西省の夏至のあいだに毎年恒例の祭りの開催は、地域に定着した犬肉を食べるという長い伝統があるのですが、その事実に対しては論争になっています。
しかし、数年前に玉林市の屠殺場によって発明されたイベント(犬肉祭り)は、犬肉の売上高を増やしています。
調査によれば、中国では今まで犬の肉を食べたことがあるという割合は20%未満であることを示しています。
動物愛護活動家らは、世界中から犬肉祭りの1100万もの反対署名を中国の所轄官庁に引き渡しました。
そして、犬肉祭りの終了を呼びかけています。
祭りの批判はまた、海外セレブも行って、ブラジルのスーパーモデルであるジゼル・ブンチェンやイギリスの俳優の、リッキー・ジャーヴェイスです。



 引用したスイスの、玉林市の犬肉祭りを報じた記事ですが、どちらかといえば犬肉祭りに反対している動物愛護活動家の運動を肯定しています。しかし実は、スイスは犬猫食(王林の「犬肉祭り」は猫も食される)がかなり一般的です。引用したスイスのマスメディアの記事では、「中国では犬肉を食べたことがある」という割合は20%未満という統計を紹介しています。
 一方スイスでは、「猫肉を食べたことがある」というドイツの大手新聞社の調査では、約半数が「食べたことがある」としています。つまり犬猫食は、むしろ中国よりスイスの方が一般的であるとさえ言えるのです。スイスのマスメディアは、中国の犬肉食を批判する立場にあるのでしょうか?

 スイスの犬猫食に関しては、私は今までいくつかの記事を書いています。スイス人の「猫肉を食べたことがあるの割合が約半数である」は、こちらで書いています。びっくり!世界の猫事情~猫肉はスイスでは普通の食材です(1)
 こちらの記事で引用した、ドイツの大手新聞社の調査結果を以下に示します。„Schmeckt wie Kaninchen“ Essen Schweizer Katzen? 「それはウサギのような味 猫はスイスの食品なのでしょうか?」。2011年。


Online-Umfrage Zeitung gaben 48% an: „Ja, ich habe schon Katzenfleisch gekostet.“
In Europa wird in ländlichen Regionen der Schweiz Katzenfleisch verzehrt.

(ドイツの)新聞のオンライン調査では、「私は猫の肉を食べたことがあります」との(スイス人の)回答は48%でした。
ヨーロッパでは、スイスの農村部で猫肉が食べられています。



 玉林市の「犬肉祭り」に関しては、日本でもSNSなどで議論が沸騰しました。大変過激に玉林市の犬肉祭りを非難し、攻撃する人が日本でも多く見られます。なお、私は外国の文化については、干渉しません。
 玉林市の「犬肉祭り」をことさら非難し、攻撃する日本人の根拠は次のとおりです。
1、犬猫と言う愛玩動物を食べるのは動物愛護に反するし、世界の潮流にも逆行する。
2、屠殺の仕方が残酷である。
3、飼い犬を盗んで犬肉祭りに用いる。


 しかし、その根拠は薄弱です。まず1、について述べます。犬猫食は、先に述べたスイスにもある通り、中国以外でも広く行われています。スイス以外にも、ヨーロッパではポーランドには今でも犬食習慣があります。その他ベトナム、タイ、インドネシアなどの東南アジア、中南米(ペルーの「猫肉祭り」は有名です)、カナダ。アメリカの一部の州では、犬の食用飼育と屠殺~精肉事業が合法です。対してアメリカは連邦法で馬の屠殺と馬肉の流通を禁じています。
 ですから「犬猫という愛玩動物に限り、屠殺と食用は世界的価値観により禁じるべき」は根拠がありません。オーストラリアでは、猫肉を推奨する人達がいます。さらには北極圏のイヌイットの犬食など、枚挙に暇がありません。

 2、ですが、ことさら残酷な屠殺方法を、宗教上の理由から合法として行っている国があります。イスラム教の教義では、家畜の屠殺は放血前に意識を消失させませんが、これはかなり残酷な屠殺方法です。
 ドイツでは、放血前に意識を消失させない屠殺方法は動物保護法で禁じていますが、イスラム教の教義に則った屠殺方法は合法とされています。また、玉林での犬屠殺がことさら残酷な方法であるとの情報は、反対派の誇張がある可能性があります。

 3、ですが、しばしばスイスでは、放し飼いの猫がハンターに撃たれて食されている可能性が指摘されています。スイスでは、人の占有下にない猫は、通年狩猟駆除が合法だからです。
 1、2、3、については、実例をあげながら、次回以降の記事で論じます(続く)。


(動画)

 毎年のようにドイツなどのヨーロッパ諸国では、玉林(ユーリン)の犬肉祭りへの抗議があります。文化的に近い隣国のスイスでの犬猫食に対してスルーというのは、私は疑問を感じます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ついでに犬ボラも滅びればいい

なんかもう愛玩動物だから特別扱いしろとかモンスタークレーマーでしかありませんね。

個人的にゃ犬にせよ猫にせよ世界中で異常繁殖しちゃって食うでもないのに処分される数のがおおいので食肉の為に殺すほうが健全だと思いますけどね。

犬猫の命をどうこう言うのであればこんな食肉祭りを叩くより先に、犬猫愛好者が無駄に過剰供給している状況を犬猫大好きって言ってる連中で襟を正すほうが先でしょうと思います。

要は犬猫大好きって言ってる連中が金を出すから過剰供給されてるわけですし、日本でも地域猫なんていう供給源にガンガン金を寄付してるバカも多数いますしね。

最近はヤフーニュースに地域猫だのの大嘘記事がやたら出ていてうんざりします。

Re: ついでに犬ボラも滅びればいい

猫ボラ滅びろ! 様、コメントありがとうございます。

> 愛玩動物だから特別扱いしろとかモンスタークレーマーでしかありませんね。

「犬猫が愛玩動物だから特別扱いすべき」は、国際標準ではありません。
実はアメリカはいくつかの州では犬の屠殺と犬肉流通が合法です。
食肉用の犬の品種もあります。
ハワイ州では、犬肉の工業生産が行われています。
カナダでも犬の屠殺犬肉が合法です。
対してアメリカは、連邦法で馬の屠殺を禁じています。


> 犬にせよ猫にせよ世界中で異常繁殖しちゃって食うでもないのに処分される数のがおおいので食肉の為に殺すほうが健全だと思いますけどね。

無駄に殺すより、有効活用したほうが浮かばれるのではないかと。


> 犬猫の命をどうこう言うのであればこんな食肉祭りを叩くより先に、犬猫愛好者が無駄に過剰供給している状況を犬猫大好きって言ってる連中で襟を正すほうが先でしょうと思います。

全く正論だと思います。


> 犬猫大好きって言ってる連中が金を出すから過剰供給されてるわけですし、日本でも地域猫なんていう供給源にガンガン金を寄付してるバカも多数いますしね。
> 最近はヤフーニュースに地域猫だのの大嘘記事がやたら出ていてうんざりします。

そろそろ日本の地域猫(TNR)についての記事に戻します。
例えば日本では好意的に報道されている猫島ですが、海外では嘲笑の的です。

日本だって犬を食べられます。

大阪の開城食堂は有名店ですね。
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27013882/dtlrvwlst/2719865/

私は、食べたいと思わないけど。

インドネシアも犬を食べるようですね。
バリに行った時に「犬食べるか?」と聞いたら否定していましたが。

島によって文化が違うのかもしれません。

Re: 日本だって犬を食べられます。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 大阪の開城食堂は有名店ですね。
> http://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27013882/dtlrvwlst/2719865/

それと新宿区の新大久保あたりかな。
私の出身高校が高田馬場にあったので、しばしば新宿高校と交流のために新宿駅付近まで歩きました。
新大久保界隈を通るのですが、昔はせいぜいラブホがある程度でした。
いまは外国人が多く、治安も悪くなっていると聞いています。

私は今まで、日本の犬肉の輸入通関実績が年間5トンであることを書いています。
いまではもう少し増えているかもしれません。
日本でも、法解釈上、犬猫を食肉目的で飼育し、屠殺、精肉販売をすることが合法と思います。
沖縄では、猫肉屋が長年営業していました。
ただ一般の日本人は「日本には犬猫食がない」という認識ですので、日本の犬猫食は記述しませんでした。
海外では、日本は犬猫食習慣が普通にあると思っている人が結構います。


> インドネシアも犬を食べるようですね。
> バリに行った時に「犬食べるか?」と聞いたら否定していましたが。

バリ島は、犬肉食が盛んと聞いています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR