ドイツの犬咬傷事故は日本の約10倍~ドイツにおける犬の咬傷事故35,000件の分析結果



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Keine Frage der Rasse Verhalten von "Kampfhunden" oft anerzogen
Keine Frage der Rasse
Verhalten von "Kampfhunden" oft anerzogen.
Das zeigen Studien von Tierärzten in Hannover.
In Berlin sank die Zahl der Hundebisse nach Einführung einer Rasseliste von 300 auf 25 Vorfälle innerhalb von 14 Jahren, wie die Senatsverwaltung für Justiz und Verbraucherschutz Berlin mitteilte.



 ドイツにおいては、年間の犬咬傷事故は概ね35,000件程度発生します。この数は人口比で日本の約10倍です。ドイツ、ハノーバー在住の獣医師は犬の咬傷事故の分析を行いました。結果は、ドイツで飼育が原則禁止されている危険犬種(闘犬カテゴリーの犬。ピットブルテリアなど)の危険性は高いとしています。法律で特定の犬種の飼育を禁じることは有効であると結論づけています(犬の攻撃性は犬種ではなく飼育環境の方が影響力が大きい。しかし事故が起きれば、禁止犬種の場合は重症化するとのことです)。


 ドイツのハノーバー在住の獣医師は、ドイツで発生する犬による咬傷事故の分析を行いました。ドイツでは年間約35,000件の咬傷事故が発生します。この数は、人口比で日本の約10倍です。Keine Frage der Rasse Verhalten von "Kampfhunden" oft anerzogen 「犬の品種特性は疑いの余地がありません 闘犬としての行動はしばしば教え込まれています」。2016年5月23日。


95 Prozent der "Kampfhunde" verhalten sich ruhig und angemessen.
Sie sind nicht aggressiver als Familienhunde wie der Golden Retriever.
Das zeigen Studien von Tierärzten in Hannover.
Ein aggressives Verhalten sie vielmehr auf eine falsche Erziehung und einen schlechten Umgang des Halters mit seinem Hund zurückzuführen.
Halter fördern aggressives Verhalten
Auch wenn ein Zusammenhang zwischen Aggressivität und Hunderasse in den Studien nicht belegt werden konnte, sind bestimmte Hunderassen häufiger in schwere Bissattacken verwickelt als andere.
In Berlin sank die Zahl der Hundebisse nach Einführung einer Rasseliste .
Aktuell ist die Haltung von Hunderassen, die vom jeweiligen Bundesland als gefährlich eingestuft werden, nur unter Auflagen zulässig.
Die Zucht und der gewerbsmäßige Handel mit diesen "Listenhunden" ist strafbar.
Pro Jahr ereignen sich in Deutschland 35.000 Bissverletzungen durch Hunde, in zwei Drittel der Fälle sind die Opfer Kinder und Jugendliche.
Bis heute werden aggressiv erzogene Hunde von Kriminellen in Kämpfen und als Statussymbol eingesetzt.

闘犬品種の犬の95%は、穏やかで合理的な行動をします。
これらの犬はゴールデンリトリバーなどのファミリードッグと同様に、攻撃的ではありません。
ハノーバーの獣医師の研究によれば。
むしろこれらの犬の攻撃的な行動は、間違った飼育とともに、飼い主のお粗末な飼育管理が要因です。
犬の飼い主は、犬の攻撃的な行動を促進させます。
実験においては、攻撃性と犬の品種との間における相関性は実証することはできませんでしたが、多くの場合特定の犬の品種では、他の品種に比べて深刻な咬傷事故に関与しました。
これは飼い主に起因する可能性が高く、「闘犬カテゴリーの犬」を訓練するための資格が多くの場合なく、または飼い主が攻撃的な行動を促進させています。
ベルリンでは犬の咬傷事故の数は、禁止犬種の導入後に減少しました。
現在、州により危険と分類されている犬の品種の飼育は、特定の条件下でのみ許可されます。
それらの「リストに挙げられた犬」の飼育や商業取引は犯罪です。
ドイツでは、毎年35,000件の犬の咬傷事故が発生し、そのうちの3分の2の犠牲者は小児および10代の若年です。
今日に至るまでに攻撃的に振舞ったのは犯罪者の闘犬種の犬であり、そしてステータスシンボルとして使用されました。



 日本以外の先進国では、ほとんどの国で「禁止犬種」が法律で定められているか、かつてそのような法律があったか、もしくは立法が議論されました。
 国会で同様の法案が審議すらされなかった日本は、もともと犬の咬傷事故の発生が世界的に少ない国です。小型犬の比率が高いこと、ガードドッグをもつ習慣ばないこと、リードを使用することが普及していることなどが要因と考えられます。それは幸運とも言えますし、日本の美点とも言えます。しかし、海外先進国では、禁止犬種を定めている国が多いことは知っておいたほうがよいでしょう。

 禁止犬種がある国、禁止犬種の立法を議論した国などでは、しばしば特定の犬の品種の禁止(飼育、流通、国内持ち込みを禁じること)が咬傷事故防止になるのかが議論されます。例えばスェーデンでは禁止犬種の立法化が議論されましたが至りませんでした。オランダではかなり厳しい禁止犬種に関する法律が2008年まで有りました。違反者は懲役6ヶ月まで科され、犬は押収されて殺処分されます。しかし特定の犬種を禁止することが犬の咬傷事故減少にならなかったとされて、法律は撤廃されました。最も厳しいのはおそらくデンマークでしょう。デンマークは例外なく殺処分されます。

 ドイツの引用した研究では、・闘犬カテゴリーの品種のほとんどは、もともとは攻撃的というわけではない、・犬が攻撃的になるのは飼い主の不適切な飼育によるところが大きい、・事故が起きれば、闘犬カテゴリー(法律で禁じている品種)の犬の場合は、重大事故になりやすい、と結論づけています。その上で、「ベルリン州においては、禁止犬種の立法措置後は犬による咬傷事故が減少した」として、法による特定犬種を禁じることが有効であったと結論づけています。
 「禁止犬種法」は、大変難しい問題です。品種で禁じても、雑種の場合は判別不明、もしくは判別するのは行政獣医師ですが、それが客観性があるのかどうか。品種で細かく区分しても、遺伝的に近い品種で禁止犬種とそうでない品種があり、矛盾があります。また法律でリストに載らない、希少品種でも攻撃性の高い品種があります(中央アジアのオフチャルカ系統など)。それらを新たに「禁止犬種」として法律に加えていけば、際限なく禁止犬種が増える可能性があります。この問題は、折々議論していきたいと思います。日本でも、犬の重大咬傷事故は発生するからです。


(動画)

 Rottweiler beißt 3-Jährigen tot: Die Uroma berichtet 「ロットワイラー(犬種)は、3歳の子供をかみ殺した:祖母に取材」。2010/09/14 公開。ドイツにおける犬の咬傷事故は、人口比で日本の約10倍。

Die 76-jährige Uroma von Dustin war mit der Haltung des Hundes offenbar völlig überfordert.
In diesem Interview beschreibt sie den Ablauf der schrecklichen Hundeattacke.

ダスティンの76歳の(3歳の孫を噛み殺された)祖母は明らかに完全に犬に圧倒されていました。
このインタビューで祖母は、恐ろしい犬の攻撃の順序を説明しています。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 確かに犬種でくくるのは無理があると思います。
> アメリカでアメリカンブルドッグとして飼われていた犬が、ある日突然地元警察によってその自治体で飼育が禁止されているピットブルと認定されたなんてことがあったくらいです(この犬は保護施設から引き取られた犬で、アメリカンブルドッグであるという証明書が発行されていた)

そのニュースは知っています。
保護施設から犬を引き取った飼い主が、その犬をブログに載せたところ、写真を見て警察が禁止犬種だと認定したということですね。
確かにブルドッグにしては、顔が長かったです。


> 見た目が微妙な犬はいくらでもいます。うちの知人宅にもいました。あまりに体格が良いのと、顔がゴツすぎてよく土佐犬に間違えられるラブラドールが。

土佐犬似のラブラドールというのもすごいw


>血統書も発行されてました。犬種というか見た目で犬種をくくるのは無意味です。

それと統計上、禁止犬種(飼育が禁止される危険とされる特定犬種)がきわだって咬傷事故が多いとは言えないのです。
しかし犬種別咬傷事故統計は、飼育数という母数も考慮しなければならないので、一概には言えませんが。


> 確かに、土佐犬は普段いるかいないかわからないくらいおとなしい犬が多いですし、飼い主宅の子供の遊び相手をしている犬もいます。ピットブルも陽気で飼い主一家の子供のお守りをしている犬を知っています。その犬はバリバリのゲームピットの親からうまれた子です。もともとピットブルは子守犬でもあった過去があるので可能でしょうね。

咬傷事故を起こす犬かどうかの最も大きな要因は、飼い主のしつけ方、子犬の頃からの生育環境であることは間違いないです。
しかし、どんなに生育環境が悪くて凶暴に育ったチワワでも、交渉事故を起こした場合、重症にはなりにくいです。


> ベルリン州の咬傷事件の減少は本当なんでしょうかね?ちょっと疑います。

そのように記事ではありますね。


> 日本で咬傷事故が少ないのはそもそも犬と人間が欧米ほど近くなかったからだと思います。犬は外で飼うというふうに。室内犬の飼育が以前は今ほど多くなかったんだと思っています。犬は番犬という意識が強かったですしね。後、知らない犬には近づかないとか。私が子供の頃は知らない犬には近づかないように親から言われました。

それと割と日本の飼い主は温厚で、犬を可愛がるのではないでしょうか。
ガードドッグにするために、闘犬種を子犬の頃から度付き回してしつける飼い主さんは日本では少ないと思います。


> 犬は係留するか犬舎に入れる、運動はきちんと紐をつける。やたらと長いロングリードは使わない。放し飼いはしない。犬を放して良いのはドッグランとか自宅の庭のみ(逃げないように囲ってあることが必要)というふうに徹底すれば良いだけだと思います。あとは知らない犬にやたらと近づかない。飼い主の許可なく触ろうとしない。小さい子供は勝手に犬に近づかないように親が目を光らせる。
> これだけでかなり咬傷事故は減らせるんじゃないかと思います。

逆言えば、咬傷事故が発生したということは、いずれかが徹底されていなかったということです。


> あと沖縄の野良犬のことですが
> http://blogs.yahoo.co.jp/jmgcd207/14404077.html
> このブログ主さんの反応は当然だなと思います。野良犬が群れをなして徘徊している木記事を読んでゾッとしたって、私でもそうです。
> ただ、このコメントの方、非常におバカなコメントがあります。野良いのの保護をしているというこの人物、行っていることがちょっと??です。
> 写真の犬が触れ合いたくて走っている・・・訳ではないと思いますけどね。

沖縄県が事実上、野犬の捕獲ができない状態で、野犬が増えて危険なことは私は記事にしています。
これも誤った「ノーキル」思想の弊害でしょう。

犬種規制

「全く議論の俎上にさえ載らなかった」
というのは正しくありません。

Re: 犬種規制

サーバント 様、コメントありがとうございます。

> 「全く議論の俎上にさえ載らなかった」
> というのは正しくありません。

はい、以前にもご指摘いただきました。
「法案が国会で審議されたことはない」という意味で私は用いました。
訂正します。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR