ティアハイムの要請に応じて収容した犬を射殺処分するドイツの警察



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim: Hund erschossen
Tierheim unterstützt Vorgehen der Polizei
Tierheim: Hund erschossen
Die Tierheimleitung kann das Vorgehen der Polizei nachvollziehen.


 前回記事、収容した犬を銃で殺処分するドイツのティアハイム、では、ティアハイム自身が収容した犬を射殺処分していた事件を取り上げました。これはドイツ連邦動物保護法(Tierschutzgesetz)に本来は違反します。今回は、ティアハイムの要請に応じて、警察が収容した犬の射殺を行ったケースを報道したマスメディアのニュースを、いくつのか取り上げます。


Tierheim: Hund erschossen 「ティアハイム 犬の射殺」。2014年6月27日。

Tierheim: Hund erschossen 27.06.14 18:20
Dreieich - Die Polizei hat im Tierheim Dreieich einen Hund erschießen müssen, nachdem dieser zwei Mitarbeiterinnen gebissen hatte.
Der Vorfall ereignete sich bereits am Dienstag, wie Polizeisprecher Ingbert Zacharias gestern auf Anfrage bestätigte. Nach seinen Worten handelte es sich um einen sogenannten Listenhund. Die durch Bisse verursachten Verletzungen der beiden Frauen wurden im Krankenhaus behandelt.

ティアハイム:犬の射殺 2014年6月27日。
ドライアイヒー警察は、ティアハイム・ドライアイヒで2人の従業員が犬に咬まれた後に、犬を射殺していました。
昨日、警察の広報官である、イングベルト・ザカリアス氏に確認を求めたところ、事件は、火曜日に発生したとのことです。
ザカリアス氏によれば、射殺された犬は、いわゆる法律で飼育禁止が禁止されているリストの犬(ドイツ連邦法とドイツ全州における州法においては、特定の闘犬品種とその雑種の飼育を原則禁止しています。大変厳しい飼育基準を満たさなければ、犬は押収されて殺処分されます)でした。
2人の女性の、問題の咬傷の傷害ですが、女性たちは病院で治療を受けました。



 上記の事件では、ティアハイム内で収容した犬に女性従業員2人が咬まれて、ティアハイムの要請に応じて警察官がその犬を射殺しました。しかし現に、攻撃をしていない、まだ咬傷事故を起こしていない犬の射殺をティアハイムの要請に応じて、警察官が犬を射殺することもあります。
 Tierheim unterstützt Vorgehen der Polizei 「ティアハイムを支援する警察の行動」。2012年2月22日。ビデオニュース(動画あり。TVドキュメント)より、以下に概要を示します。


Tierheim unterstützt Vorgehen der Polizei
Münster (22. Februar 2012).
Nachdem die Polizei Mittwochnacht zwei kämpfende Staffordshire Bullterrier erschießen musste, wird ein dritter Hund im Tierheim Münster aufgepäppelt.
Die Tierheimleitung kann das Vorgehen der Polizei nachvollziehen.

ティアハイムを支援する警察の行動。
2012年2月22日、ミュンスターにて。
ティアハイム・ミュンスターで飼育していた犬では3頭目になりますが、警察官は水曜部の夜に闘犬カテゴリーの犬である、2頭のスタッフォードシャー・ブル・テリアを射殺していました。
警察は、ティアハイムの経営上の対処に理解をしています。



 ドイツ連邦動物保護法(Tierschutzgesetz)においては、温血動物は殺害の際には原則麻酔下でなければならないとしています。ただし温血動物等の殺害においては、多くの例外規定が設けられています。例えば「やむを得ない状況下や緊急性を要する場合など」(§ 4a 1 sie bei Notschlachtungen nach den gegebenen Umständen nicht möglich ist,)です。
 たとえば、攻撃性の高い犬の殺処分においては、麻酔下で行うには保定の問題が生じます。獣医師やティアハイムの職員の安全性を確保するためには、警察官による犬の射殺を要請、支援を受けなければならないということでしょう。前回の記事、収容した犬を銃で殺処分するドイツのティアハイム、では、ティアハイム自身が犬を射殺処分していたことを書きました。私は、攻撃的な犬の殺処分の場合は、保定の危険性を回避するという理由のために、警察はティアハイムの動物保護法違反を黙認しているのではないかと想像します。


(画像)

 太田匡彦氏の「アエラ」の記事。「犬を殺さないドイツの常識」と書かれていますが、随分とドイツのマスメディアが報道している事情とは異なるようですね???太田匡彦さんの取材力は大丈夫なのでしょうか???
 ティアハイムベルリンのHPから引用します。Tierheim berlin FAQ 「ティアハイム・ベルリンHP よくある質問」。

(Q)
Wäre es nicht besser, sie einzuschläfern, wenn sie keiner mehr will?

(A)
Dass ein Weiterleben entweder nur mit schweren Leiden verbunden wäre oder eine akute Gefährdung der Umwelt vorhanden ist.
Jeder Fall wird in einem Euthanasie buch dokumentiert.
Die finanziellen Aufwendungen für den Komplex medizinische Versorgung steigen stetig.
Ein Tier ist so sterbenskrank, dass es nicht mehr zu retten ist und von seinen Leiden erlöst werden muss.

(質問)
動物たちが必要としている場合は、安楽死させた方が良いのではないでしょうか?。

(回答)
動物が治療不可能かつ末期症状であり、その苦しみから回避される必要がある場合は安楽死を行います。
安楽死のすべての例が記録簿に記載されます。
高度な医療処置のための財政的負担は年々上昇しているからです。
その動物が回復不能(な傷病)か、または一定の行動障害(矯正不能な攻撃性など)を示している場合に致死処分を行います。



w        w         w         w         


編集部 太田匡彦(「アエラ」の太田匡彦氏の記事から引用)。

「私たちは一匹も殺さないと」動物保護施設(ティアハイム・ベルリン)の職員は言う。
そこに気負いはない。
それがドイツでは当たり前のことなのだ。



アエラ (567x800)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

ドイツ全州における、犬リード義務に関する根拠法令集
http://www.leinenpflicht.com/bundeslaender.html

バイエルン州犬糞放置に対する罰則。
最高1000ユーロの罰金、5年間犬税増額、半年間の犬の外出禁止、など。
http://www.die-hundehaftpflicht.de/hundegesetze/hundegesetz-bayern.pdf

ベルリン州は、すべての犬飼育者に対して免許を必要とする法改正を検討。
http://www.morgenpost.de/berlin/article207433771/Fuehrerschein-fuer-alle-Hundehalter-in-Berlin-soll-kommen.html

2016年ベルリン州犬法改正。
市内全域でのリード義務。
いわゆるドッグランの縮小。
オフリードは特別に許可を3年間の犬税を全納した者のみに、限定的な領域で与える。
https://www.berlinonline.de/magazin/reportage/4190541-3344923-das-neue-hundegesetz-soll-2016-in-kraft-.html
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR