ドイツで犬の首吊り殺害死体が見つかったが、世論は無反応だった



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Polizei sucht Besitzer Tierquäler erhängte Hund im Wald
"Die sächsische Polizei jagt einen brutalen Tierquäler. Der Unbekannte hatte einen Hund an seiner eigenen Leine im Wald erhängt. Ein Spaziergänger fand das tote Tier. Eine furchtbare Entdeckung machte ein Spaziergänger im Wald im deutschen Bundesland Sachsen: Er fand einen etwa zwei Jahre alten Riesenschnauzer-Mischling an seiner Leine erhängt. In Parthenstein im Landkreis Nordsachsen, nördlich von Leipzig entdeckte der Passant den Kadaver."
Im Gegensatz dazu ist die öffentliche Meinung in Japan zu Überreaktionen gegen Tierquälerei .


 数日前(2016年4月26日)に、ドイツ、ザクセン州の森の中で、首吊り状態で殺害された犬の死体が発見されました。犬の飼い主が殺害したに間違いありません。警察は捜査を開始しました。しかしドイツの世論は、このニュースに対して無関心で冷淡です。野良猫の虐殺事件の報道で日本が過剰に反応するのとは対照的です。


 Polizei sucht Besitzer Tierquäler erhängte Hund im Wald 「警察は犬の飼い主を探しています 動物虐待者は、森の中で犬を絞首刑にしました」。2016年4月26日、より引用します。


Die sächsische Polizei jagt einen brutalen Tierquäler.
Der Unbekannte hatte einen Hund an seiner eigenen Leine im Wald erhängt.
Er fand einen etwa zwei Jahre alten Riesenschnauzer-Mischling an seiner Leine erhängt.
Er rief sofort die Polizei.
Die Behörden suchen nun nach dem brutalen Hundemörder, der den Vierbeiner qualvoll verenden ließ.

(Kommentieren )
Censorship
Passiert alle Jahre wieder in Spanien zu mass...Ist halt allen egal, solange es keine Berichte gibt..

サクソン警察は、残忍な動物虐待者を追跡しています。
未知の人物が、森の中で犬のリード(リーシュ)で犬を吊るして絞首刑にしていました。
この恐ろしい発見はドイツ、ザクセン州の、森の中で歩行者により発見されました。
歩行者は、自分のリード(リーシュ)で絞首刑にされた、約2歳のジャイアント・シュナウザーの雑種犬を発見しました。
歩行者は、すぐに警察を呼びました。
警察は現在、四本足(犬のこと)を苦しめて死なせた残忍な犬殺しを探しています。

(コメント)
HN 検閲
このようなことは頻繁にスペインで毎年起きます...このような事(報道で騒ぐこと)は全て止めて、報道はやめなさい...


(動画)

 ドイツ、ザクセン州で発見された、犬の首吊り死体。

ドイツ 犬 首吊り


 この事件はドイツ国内で起きたにもかかわらず、報じたのがドイツのメディアではなくオーストリアのメディアというのも、ドイツ人にとっては犬虐殺に対しては興味がないということなのでしょうか。4月29日時点で投稿されたコメントは、たったの5コメントでした。
 そして上記で紹介したとおり、「このような事件は取るに足らないこと。報道する価値がない」というコメントが有り、読者の反応は本事件に対して至って冷淡、無関心です。「こんな事件は珍しくもない。いちいち報道するなよ、ウザイ」と言ったニュアンスでしょうか。

 一方同時期に日本では、野良猫に熱湯をかけて殺害した男が逮捕されたという事件が報道されました。猫に熱湯掛け殺す=容疑で41歳男逮捕―警視庁 時事通信 4月26日(火)18時59分配信(ヤフーニュース)。本記事から引用します。


猫に熱湯を掛けるなどして殺したとして、警視庁田園調布署は26日までに、動物愛護法違反容疑で、東京都大田区東雪谷、自称アルバイト小松卓也容疑者(41)を逮捕した。
同容疑者は昨年8月~今年3月、野良猫約10匹を殺し、近所に捨てたと供述している。自宅近くにわなを仕掛けて捕まえていたという。
逮捕容疑は3月17日、自宅の風呂場や廊下で、猫1匹に熱湯を掛けたり、頭部を床にたたき付けたりして殺した疑い。 


 驚くことに、本ニュースが報じられた半日ほどでコメント投稿の数が5,000件を超えました。ドイツの犬虐殺事件の報道のコメント投稿数の1、000倍です。そしてその内容のほぼ全てが猫を殺害した犯人の糾弾、常道を逸した攻撃と罵詈雑言です。もちろん野良猫をこの様に殺害する行為は褒められたものではありませんが、この事件に対する一般世論の過熱ぶりにも「異常さ」を私は感じます。野良猫を殺害した背景、例えば野良猫の放置や不適正飼育者による迷惑などもあるでしょう。しかし言及しているコメントはほぼ皆無です。
 やはり日本は、動物愛護(誤)に関しては、感情移入が激しすぎる人が多い特殊な国なのでしょうか。私はむしろ危険なものを感じます。


(画像)

 2016年4月28日時点での、「ヤフーニュース」の、本報道に寄せられたコメント。コメントの数もさることながら「いいね!」の数が凄すぎる。海外ではありえませんね。日本は異常な動物愛護(誤)国家なのでしょうか。

ヤフーニュース 猫 熱湯
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

要はただの猫ヲタなんですよ

確かに猫みたいな可愛い動物を面白がって殺す奴は気持ち悪いと思います。
ただ、私から見ると動物虐待って言うのは(下品な表現ですみません)スカ○ロ趣味みたいなものと同じだと思うんですよね、そんな趣味の奴は気持ち悪いし関わりたくないけど
「ウ○コ食うような頭のおかしい奴は許せない!死刑にしろ!」って言ってる奴を見ると「おいおい・・・」って思うだけで。
「確かに気持ち悪い奴だけどそこまで責める事じゃないのでは?猫自身の事を考えればもっと根本原因を考えるべきでは?」
と意見しただけで「うるさい!!お前はウ○コ食い予備軍!!」って言われる始末です、はあ。

>やはり日本は、動物愛護(誤)に関しては、感情移入が激しすぎる人が多い特殊な国なのでしょうか。私はむしろ危険なものを感じます。

この気持ちの悪い特殊な国民性、数年前にテレビ番組で某お笑い芸人が萌えキャラのフィギュアか何かを足で踏んだか口にくわえたかした際(すべての記憶が曖昧w)その萌えキャラのファンが激怒してお笑い芸人のツイッターが炎上したという話があったんですがその現象と凄く似てるなと感じます。いい趣味じゃないけどそこまで発狂する奴も同じくらい気持ち悪いよと。
確かに命のある猫とフィギュアでは同じじゃないけど結局あいつらが大事にしてるのは命そのものではなく見た目の可愛さでありその可愛さの消費の仕方でしかないのは「動物愛護と言いつつ猫に殺される小動物には目をつぶる事」や例の沖縄のニュースと虐待のニュースへの反応の違いを見れば明白な訳ですからね。

私も猫が大好きで野良猫を見ればつい追っていって写真を何枚も撮ってしまうような癖があり私のスマホの中は猫の写真だらけです。
一方その辺に居るハゲおやじなんか出来れば視界にも入れたくないし近寄っても欲しくないです。
しかしもしそのハゲおやじが何か災難に巻き込まれたり事故にあったりすれば人間として憐みを感じますしなるべく不幸が取り除かれればいいと思いますしその気持ちは猫に対する憐みの気持ちなんかよりもはるかに強いです。
私は人間としてその感情のバランス感覚が我ながらとても正しいと思ってますし動物に対して特殊な感情移入をしてしまう連中がかけてるのはそういうバランス感覚なんじゃないかと思っています。

油断と決断

こんにちわ。よろしくです。
 4月22日のニュースでロットワイラーが飼い主自宅で訪問してきた女性に咬みつく事件がありました。
 現在このニュースについて調べたら下記のリンク先しか残っていなかったので自宅内だし和解したのかもです。
http://www.sankei.com/west/news/160422/wst1604220010-n1.html
ヤフーニュースでは愛誤たちがしつけをしろとコメントをしていました。
 私は泥棒に咬みついたなら「お手柄名犬」として拍手喝采なのに人とは勝手なものだと思いました。
 しかしあらかじめ人が訪問するとわかっている場合はケージ/檻に入れるのが良いです。ロットワイラーでなくても犬は警戒します。
 そういうコメントは一切ありませんでした。

 ジャイアントシュナイザーのミックスですが、咬み付き癖があるような問題犬なら大きな事故になる前に処分するというのも飼い主としての決断であります。それではさようなら。

No title

メモ

イギリス
120万ポンドのコストをかけて訓練した麻薬探知犬の効果はほぼゼロだった。
http://www.itv.com/news/2016-04-14/sniffer-dogs-pass-over-illegal-drug-stashes-in-favour-of-passengers-sausages-and-cheese/
http://www.huffingtonpost.com/entry/airport-sniffer-dogs-sausages-drugs_us_570fa3ace4b08a2d32b925d4

ドイツ
少年の誘拐犯罪において、警察犬による捜査は全く効果がなかった。
http://www.pnn.de/potsdam/1057002/


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mmM06Bv0exA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Re: 要はただの猫ヲタなんですよ

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 確かに猫みたいな可愛い動物を面白がって殺す奴は気持ち悪いと思います。

短いニュースの文面では、詳しいことは分かりません。
しかし容易に猫を捕まえることができたとうことを考えれば、近隣は野良猫が多く、猫の被害もあったのではないかと推測しています。
ま、メディアの報道なんていい加減ですから。
私は快楽的に動物を殺傷する趣味はありませんので、どうしても被害感情からくる駆除というふうに連想してしまうのですが。


> 動物虐待って言うのは(下品な表現ですみません)スカ○ロ趣味みたいなものと同じだと思うんですよね、

純粋に快楽目的の虐待であればそうでしょう。


> 「ウ○コ食うような頭のおかしい奴は許せない!死刑にしろ!」って言ってる奴を見ると「おいおい・・・」って思うだけで。

「ウ✖コ」を食っても犯罪にはなりませんが、愛護動物をみだりに殺傷すれば犯罪になります。



> 猫自身の事を考えればもっと根本原因を考えるべきでは?」

それは全く同意します。
このニュースに投稿されたコメントをだいぶ見ましたが、ほぼ99%が犯人の罵倒に終始しています。
そのほかはごくまれに「駆除人を応援する」といったもの。
猫の適正飼育を進めて、室内飼いすればこのような被害にあう猫はなくなるといった意見は皆無だったと思います。


> 確かに命のある猫とフィギュアでは同じじゃないけど結局あいつらが大事にしてるのは命そのものではなく見た目の可愛さでありその可愛さの消費の仕方でしかないのは「動物愛護と言いつつ猫に殺される小動物には目をつぶる事」や例の沖縄のニュースと虐待のニュースへの反応の違いを見れば明白な訳ですからね。

私は、少し違う考えを持っています。
これほど猫虐待者を攻撃するのは一種のスケープゴートで攻撃している人間のガス抜きの材料になっただけなのではないかと。
萌えキャラを粗末にしたタレントを攻撃するのも生贄なのでしょうか。
仮に猫殺害犯が「ストレス解消」に為に猫を殺害したのならば、猫殺害犯を攻撃する人間の心理も、猫虐殺犯と同じだと思います。


>ハゲおやじなんか出来れば視界にも入れたくないし近寄っても欲しくないです。
> しかしもしそのハゲおやじが何か災難に巻き込まれたり事故にあったりすれば人間として憐みを感じますしなるべく不幸が取り除かれればいいと思いますしその気持ちは猫に対する憐みの気持ちなんかよりもはるかに強いです。

それが正常でしょう。
東北の地震の時に、「人が死のうがどうでもいいが、犬猫は死なせてはならない」と公言した愛誤もいます。
それは異常でしょう。


> 私は人間としてその感情のバランス感覚が我ながらとても正しいと思ってますし動物に対して特殊な感情移入をしてしまう連中がかけてるのはそういうバランス感覚なんじゃないかと思っています。

動物に異常なほど感情移入する人は、人対人とのコミュニケーション障害があるのではないですか。
だから人との関係の代替として動物にのめり込むのだと思います。
しかしそのような人は、広く動物のためになる動物愛護活動はむしろできない人たちだと思います。

Re: 油断と決断

ケムンパ様、コメントありがとうございます。

>  4月22日のニュースでロットワイラーが飼い主自宅で訪問してきた女性に咬みつく事件がありました。
>  現在このニュースについて調べたら下記のリンク先しか残っていなかったので自宅内だし和解したのかもです。

室内だったら弁解の余地なしですね。
実はロットワイラーで、公道上で幼児を襲い、強制的に殺処分命令が出されたというドイツの事件を近々記事にしようと思っていたところです。
日本は重大な咬傷事故を起こしても、その犬を強制的に殺処分する権限は行政にありません。
先進国では希だと思います。


>  しかしあらかじめ人が訪問するとわかっている場合はケージ/檻に入れるのが良いです。ロットワイラーでなくても犬は警戒します。
>  そういうコメントは一切ありませんでした。

つい数日前に、アメリカで生まれたばかりの赤ちゃんを飼い犬が咬み殺すという痛ましい事件がありました。
犬の飼い主は、犬という生き物を安易に考えてはならないでしょう。


> ジャイアントシュナイザーのミックスですが、咬み付き癖があるような問題犬なら大きな事故になる前に処分するというのも飼い主としての決断であります。

そうであれば、飼い主は獣医師に安楽死を依頼すればよいでしょう。
ドイツでは、屠殺などの例外を抜いては、温血動物の殺害は麻酔下でしなければなりません。
イギリスでは拳銃で殺害するのは合法ですが、首吊りはどうなのでしょうね?

No title

私もそのように感じます
かつて 下記のように意見表明をしたことがあります
ご参考までにご高覧下さいますようよろしくお願いいたします
------------------------------------------------------------
2014-7-12猫迷惑は作られるもの
町内に猫迷惑防止の回覧がありました
ご近所に対しての配慮で 当たり障りのないように敢えて「のらねこ」に餌付けをしないでと表現をされていましたが 推察するにほとんどは「飼い猫の自由出入り」管理です

神戸市に相談したが猫は一切捕獲もできないし 町内で管理して解決する以外に対策はないとの回答であったと記されていました
行政機関のお立場も分からなくはないのです
捕獲でもしようものなら「殺処分ゼロ」「ノーキル」と責め立てられますからね
不妊手術をしたところで 迷惑がなくなることはありません
猫愛好家であれば くさい うるさい も我慢できるでしょうが 動物が好きになれない方々には「迷惑動物」以外の評価はないでしょう

飼育管理の始め=子猫時期からの完全屋内飼育をしつけなければ 一度自由を味わった猫たちには閉じ込めは難しいことでもあります
「そんなかわいそうなことできません」と言われた飼主さんにもたくさん出会いましたが 嫌われ者にすることの「かわいそう」には及ばないようです
あなたには「可愛いこ」でも 迷惑と感じる人々には「邪魔な奴」
「邪魔な奴」にランクされる元を作っているのは「猫」ではなく「飼主さん」 あなたご自身であることを自覚して頂かなければ 「可愛いこ」に被害が及ぶこともあるでしょう
「動物虐待は処罰されます」と言う前に そのような犯罪行為を生み出してしまうことになりかねないという思考も大切ではないですか?
猫迷惑は心無い飼主さんにより作られるもの 
そのような飼主さんに出会った猫も哀れで「迷惑」の被害者とも言えるでしょう

Re: No title

taro様、コメントありがとうございます。

> かつて 下記のように意見表明をしたことがあります

ありがとうございます。
拝見いたしました。


> 行政機関のお立場も分からなくはないのです
> 捕獲でもしようものなら「殺処分ゼロ」「ノーキル」と責め立てられますからね

行政が野良猫の捕獲を行っている自治体もあります。
かなりの数です。
愛誤のテロが行きますので、具体名は出しません。
神戸市は公費でドバトの駆除を行っています。
私も神戸市に対して「なぜドバトの駆除を行っているのに野良猫に対しては無為無策なのか」と問合せをしたことがあります。
回答は「猫は飼い主がいるかもしれないがドバトはそうではない」でした。
しかし鳩のほうがむしろ飼い主がいる可能性が高いかもしれません。
伝書鳩のレースは今でも行われています。


> 不妊手術をしたところで 迷惑がなくなることはありません

まったくそのとおりです。
野生動物に対する加害も変わりません。


> 「邪魔な奴」にランクされる元を作っているのは「猫」ではなく「飼主さん」 あなたご自身であることを自覚して頂かなければ 「可愛いこ」に被害が及ぶこともあるでしょう

故意にしなくても、ロードキルもありますしね。
寄生虫の感染もあります。


> 「動物虐待は処罰されます」と言う前に そのような犯罪行為を生み出してしまうことになりかねないという思考も大切ではないですか?

全く同感です。
しかしヤフーニュースの声ん撮では、このようなコメントはほぼゼロであったと思います。
ヤフーニュースの猫は、逮捕された犯人のみならず、放し飼いをした、野良猫を生み出すような餌やりをしたなどの不適正飼育者も原因です。
しかし不適正飼育者は責められることはなく偽善者ヅラをしています。
矛盾を感じますね。

メモ

メモ

馬肉はアメリカ合衆国では禁じる州がある。
連邦法でも禁止する動きがある。
オーストラリアとニュージーランドでは、食肉として認められていない。
つまり屠殺を禁じていなくても、事実上販売できず、禁じているのと同じである。
https://en.wikipedia.org/wiki/Horse_slaughter

ミュンヘンティアハイムで過剰収容で猫の受け入れ不能のため殺処分。
2015年。
http://cat-news.net/tierheim-muenchen-seit-gestern-fuer-katzen-geschlossen-1933

伝統行事で猫の毛皮を使うことで愛誤団体から攻撃されるドイツのコミュ二ティ。
http://www.doggennetz.de/index.php?option=com_content&view=article&id=1039:aua867-fundtierverwaltung-landkreis-sigmaringen-7-wo-tote-katzen-als-brauchtumspflege-gelten&catid=35:aua&Itemid=53

ドイツ、猫嫌い道化の祭り
https://www.youtube.com/watch?v=4Y-BausYdhg

No title

熱湯をかけて猫を殺したとかいうニュースの地域を
ネットで調べたら、案の定 地域猫の会なる胡散臭い
会があるみたいです。
そのバカな愛誤連中によって、その地域住民の
大半が猫被害に合われてるかと思います。

No title

すいません^^;
地名が似てて間違えました!!
熱湯かけのニュースの地域は
ネットで調べても地域猫の情報は
出てこないですが、1件だけ譲渡会
を行ってる様な事を書いてる
ブログを見かけたので、もしかすると
田園調布にも愛誤が居てる可能性は
有るかもしれません。

同感です。

横です。

>仮に猫殺害犯が「ストレス解消」に為に猫を殺害したのならば、
>猫殺害犯を攻撃する人間の心理も、猫虐殺犯と同じだと思います。

同感です。
猫殺害犯を攻撃する人は何も実損を受けていません。
ストレス解消の為に猫殺害犯を攻撃する言葉は本当にやったらそれこそ猫殺害より重罪な犯罪です。

「自分が悪人と判定したらどんな非情な事をしてもいい」
恐ろしい心理です。

そもそもどうして、いとも簡単に10匹もの野良猫を捕まえて殺害できたか?
それだけ不適切な飼育状態に置かれた猫がいるという事を問題視する人がいない事に違和感を感じます。

私は、法に触れる方法や理由なき猫の殺害は支持しません。
しかし、これが明確に法を守って駆除するのであればそれは
駆除しなければならない猫がいる事に問題があります。

猫に限らず、人は何かのきっかけで罪を犯す可能性があると私は思います。

そのようなきっかけを減らして「罪作り」な状況を改善する事が大切だと思います。

いとも簡単に麻薬が手に入れば、麻薬に手を出す人が増えるだろうし、拳銃が手に入れば殺傷事件が増える事でしょう。

野良猫がいなければ野良猫を虐待も皆無となるでしょうし
その猫殺害をした人がなぜ殺害する心理に至ったかを調べて
そうならない様に事前に手を打てるように社会がなっていくことが望まれると思います。

Re: No title

R.I様、コメントありがとうございます。

> 熱湯をかけて猫を殺したとかいうニュースの地域を
> ネットで調べたら、案の定 地域猫の会なる胡散臭い
> 会があるみたいです。

大概、猫の虐待事件があったというところでは、組織化されていなくても、狂信的な餌やりさんが存在します。


> そのバカな愛誤連中によって、その地域住民の
> 大半が猫被害に合われてるかと思います。

ドイツで、毎日自宅前で犬糞をされる家の持ち主が腹を立てて、犬の飼い主を殴り、犬(ダックスフントの老犬)を投げ飛ばしました。
裁判では求刑が4,500ユーロの罰金だったのに対して、判決は1,200ユーロと極端に軽かったです。
裁判では、毎日被告人が犬糞被害に悩まされていたことが考慮されていたと思います。
ドイツのメディアも、概ね被告人に同情的な論調です。
日本の野良猫殺害事件では、背景となる猫被害について触れているものはほとんどありません。
私は猫を殺害するに至った背景も考慮するべきだと思います。
純粋に快楽で猫を殺害するケースは、私は少ないと思います。
そもそも容易に野良猫が捕獲できるということは、そこらへんに野良猫がウジャウジャいるということ。
すなわち猫被害がひどかったということです。
動物愛護団体から猫を詐取したようなケースでは、快楽目的の殺害で情状の余地はありませんが。

http://www.derwesten.de/staedte/oberhausen/streit-um-hundekot-eskaliert-oberhausener-tritt-hund-id11780597.html
自宅前で毎日飼犬に糞をさせていた飼い主の女性を殴り、犬を投げ飛ばした男性の裁判。
求刑4,500ユーロの罰金に対して、判決は1,200ユーロの罰金と極端に軽かった。
犬糞被害に考慮したと思われる。
メディアは被告人に同情的。

Re: No title

R.I様

> 田園調布にも愛誤が居てる可能性は
> 有るかもしれません。

田園調布署だから大田区田園調布でしょう。
以前も大田区で、猫殺害事件がありましたね。
そこはどこか失念しましたが。
田園調布は大田区、玉川田園調布は世田谷区です。
あのあたりは世田谷区、大田区、目黒区が入り組んでいるところですので。
大田区は多分、猫愛誤は多いと思います。
蒲田の下町付近などは特に。

もしかして「調布猫の会」ですか。
調布市は東京でもかなり僻地です。

Re: 同感です。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 「自分が悪人と判定したらどんな非情な事をしてもいい」
> 恐ろしい心理です。

ネット上のコメントですが、潜在心理としてもあるのならば問題でしょう。


> いとも簡単に10匹もの野良猫を捕まえて殺害できたか?
> それだけ不適切な飼育状態に置かれた猫がいるという事を問題視する人がいない事に違和感を感じます。

私は非常に多くのコメントを見ましたが、それを指摘する方はほぼ皆無です。
「害獣を駆除した、よくやった」というコメントはありましたが、正論でそれを主張する方は皆無だったと思います。


> 私は、法に触れる方法や理由なき猫の殺害は支持しません。

同感です。
しかしR.Iさんのコメントレスにリンクしたドイツの記事では、毎日自宅前に飼い犬に糞をさせる飼い主を殴って怪我をさせ、犬を投げ飛ばした犯人に対しては、求刑と比べて極端に判決が軽いです。
同種の事件と比べても軽いでしょう。
私は猫を違法に殺害するのは支持しませんが、純粋な快楽目的の殺害とは差をつけるべきだと思います。


> これが明確に法を守って駆除するのであればそれは
> 駆除しなければならない猫がいる事に問題があります。

駆除しなければならない猫が存在することが問題です。
そして適法に捕獲して保健所に届けることを妨害する勢力や、行政が意図的に引取りを拒否する、引取りを困難にするような措置を講じていたのであれば、私は猫を殺害した犯人だけの落ち度とは思えません。
また不適正飼育者に対する処罰もなければバランスを欠くでしょう。

なお、アメリカではアニマルコントロールが野良猫を捕獲して殺処分することは普通に行われています。
私有地内に侵入した犬猫を殺害処分することが合法な州もあります。
ドイツでは、一定の条件を満たせば、猫は狩猟駆除できますし、広く行われています。
また警察と獣医局が野良猫を捕獲することもあります(それらの猫はティアハイムに収容されますが、猫の殺処分率が50%というティアハイムもあります。つまり公的な捕獲殺処分に近いです)。


> そのようなきっかけを減らして「罪作り」な状況を改善する事が大切だと思います。

仮に罪を犯した場合でも、その罪を犯した背景により情状を酌量するべきでしょう。
猫殺害は、殺害犯を厳罰に処しても、なんら根本的解決にはなりません。


> いとも簡単に麻薬が手に入れば、麻薬に手を出す人が増えるだろうし、拳銃が手に入れば殺傷事件が増える事でしょう。

麻薬の場合は、使用者よりも、営利販売者の方が罪が重かったはずです。
猫の場合は、野良猫の供給者(給餌者。それにより野良猫が繁殖する)は全くお咎めなしです。
猫殺害事件においては、公平性を著しく欠きます。


> 野良猫がいなければ野良猫を虐待も皆無となるでしょうし
> その猫殺害をした人がなぜ殺害する心理に至ったかを調べて
> そうならない様に事前に手を打てるように社会がなっていくことが望まれると思います。

ほかの犯罪ではそうです。
先ほどの麻薬でも、供給者と使用者の両方を罰します。
賭博でも、胴元と客の両方を罰します。
むしろ供給者と胴元の方が罪が重いです。
猫殺害の場合は、麻薬使用者と賭博の客だけを罰するようなものです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR