野良猫愛誤家の野良猫の死に対するダブルスタンダード



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。 eggmeg@hotmail.co.jp

Domestic/inländisch

 最近相次いで、野良猫の「死」に関するニュースが報じられました。ひとつは愛媛県松山市の、毒餌により野良猫や放し飼い猫が殺害されたというニュースです。もう一つは、沖縄県の路上死猫の数が、沖縄県の殺処分数に匹敵するというニュースです。どちらも猫が苦しんで死ぬことには変わりがありません。しかしいわゆる「野良猫愛誤家」の反応の差には大きな違いがあります。


 まず最初に、2016年4月5日に報じられた、愛媛県松山市で発生した、猫の毒殺事件を報じたニュースから引用します。猫の不審死相次ぐ 毒エサか?青いチクワ見つかる 愛媛県。(ハザードラボ)。


愛媛県松山市内で猫の不審死が相次いでおり、猫の保護活動を行うNPO法人「えひめイヌ・ネコの会」は、毒餌を食べて殺されたおそれもあるとして注意を呼びかけている。
三番町では今年に入ってから5匹、松末地区では昨年5月以降12匹の猫の死骸が確認されており、市の清掃課でも「特定の地域でこれだけ多くの死骸が相次いで発見されるのは不自然」だと見ている。
死骸が見つかった地域では、毒物と見られる青い薬剤が混じったチクワなどが発見されている。

 
(動画)

 南海放送ニュース「毒入りのエサ? ネコの不審死相次ぐ」。2016年4月5日公開。




 上記の事件は、yahoo! ニュースでも配信されました。残念ながらこのyahoo! ニュースは既にリンク切れです。yahoo! ニュースは一般読者からのコメントが投稿できますが、過剰と言える反応でした。つまりコメントの数の多さと、毒餌をおいた犯人に対する非難、攻撃の凄さです。このニュースの情報を頂いた方のコメントにより、その過剰とも言える反応がわかると思います。
 これがコメントです。続・日本ほど野良猫の餌やりに寛容な先進国はない~日本の動物愛護を貶める狂気の言論テロリスト、THEペット法塾、吉田眞澄氏(アメリカ編)、から引用します。


16/04/05 サンジュ様
>“青いチクワ”食べ? ネコが連続死 農薬入りか
まあ路上に毒物まくのは良くないですけどね。
でも「涙が止まりません」とか言ってるバカ、年間何十万と自然死してるのはなんでスルーしてるんでしょうね。
野良猫がいる限り涙がいくらあっても足りないでしょうにw
こういう事件が起こっても根本原因を考えずにすべての問題を毒餌撒いた奴だけに背負わすから不幸な猫が減らないんだっていつになったら気づくんでしょうね。
毒餌撒こうが撒くまいが猫なんて外に居ればこういう最期って決まってるのにね。
猫を殺したのは毒餌撒いた奴じゃなくて無責任に猫と関わって繁殖させた餌やりだっての。
野良猫は繁殖した時点で悲惨な死はほぼ確定してるんだよ。
この発狂してるバカどもの怒りの矛先が餌やりに向かわない限り野良猫の不幸は終わりません。


 上記の、サンジュ様のコメントには全く同意します。同じくサンジュ様から、数日後に野良猫の死に関わるニュースの情報提供を受けました。これは、沖縄県での年間の路上死猫の数が、沖縄県の行政殺処分される猫の数とほぼ同数というニュースです。あずそのニュースを引用します。
 yahoo! ニュース沖縄では1日7匹の猫が車にひかれ死んでいる。沖縄タイムス 4月12日(火)16時19分配信。(このニュース全文を「続き」にコピーしてます)。


沖縄本島の国道と県道で、車にひかれるなどして死んだ猫が回収された件数は2015年度、2684件に上った。
1日約7匹がれき死している計算で、14年度の県内の猫の殺処分数2679匹に並ぶ多さだ。
原因の一つは、飼い猫を家の外に出したり、野良猫に餌をあげたりする「あいまいな飼い方」だと専門家は指摘する。
専門家は「自分の猫だという認識と責任を持って飼ってほしい」と呼び掛けている。
職員によると、犬より猫の死がいが圧倒的に多く、1日に3、4件回収することもあるという。
猫の死がいの回収件数は、国道で1334件(北部420件、南部914件)、県道で1350件(北部248件、中部538件、南部564件)。
*1、離島や本島の市町村道の回収件数を加えると、実際はさらに多いとみられる。
「飼っているのか、いないのか分からないようなあいまいな飼い方が多い」ことが原因。
飼い猫が自由に外に出られるようにしたり、野良猫に餌をあげたりするなど「あいまいな飼い方」が多くなる。
「まずは首輪、避妊・去勢手術とワクチン、そして室内飼育など、『事故死』のリスクを減らす対策を飼い主がしっかり取る必要がある。室内飼育が当たり前という意識になれば、ひかれて死ぬ猫も減っていくはずだ」。


*1、つまり離島や本当の市町村道の回収件数を加えれば、沖縄県の年間殺処分数を上回ることになります。さらに路上死猫が全て回収されて公的な統計数に反映されるわけではありません。私的に処分した、山間部の道路ではねられて、そのまま回収されずに放置されたものも相当数あると思われます。それらをすべて合算すれば、沖縄県の公的殺処分をはるかに上回る数の猫が路上死しているのは間違いないでしょう。


 このニュースの情報提供されたサンジュさんはこのようにコメントされています。コメントのあった記事、世論に従い、日本は野良猫への餌やり禁止の厳罰化に踏み切るべきである、から引用します。


16/04/12 サンジュ様
>>沖縄では1日7匹の猫が車にひかれ死んでいる
なかなか興味深い記事ですがいつも人為的っぽい死に方する野良猫や殺処分、一部の極端な「悪い業者」に対する記事には狂ったように多くの頓珍漢コメントが集まるお馴染みのヤフコメが水を打ったように静かですw
ホント自称愛猫家って猫の命自体には興味ないんですね。


 上記のコメントにも、私は同意します。私は常常奇異に思うことがあります。それは、例えば近年では、東京大田区で起きた連続猫殺害事件や、本記事で紹介した松山市の猫毒殺事件に対してはいわゆる猫愛誤はコメントの数の多さも然ることながら、過剰との言える反応~つまり犯人に対する批判や攻撃があります。しかし、本記事で紹介した沖縄県の年間の路上死猫数などの意図的な殺害以外の、猫の死に対してはコメント数も極端に少なく、冷淡で反応を示さないことです。
 猫にとっては、クルマに轢かれて路上死するのも、意図的に毒餌で殺害されるのも同じく「死」であり、それらの死は、どちらも苦痛を伴う死であるに違いありません。それにもかかわらず、なぜ意図的な猫殺害だけに過剰に反応するのでしょうか。次回記事ではそれに対する分析を行いたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地域猫反対署名

賛同します! 

地域猫反対署名賛成!

Re: 賛同します! 

フェイル様、コメントありがとうございます。

> 地域猫反対署名賛成!

ご協力ありがとうございます。

醜悪なダブスタ

このたびは記事本文に私のつたないコメントを載せて下さってありがとうございます、光栄です。
野良猫問題で私は何に対して憤ってるかと煎じ詰めて考えると結局自称愛猫家共のダブルスタンダードに対してなんだと思います。野良猫の人為的な死と自然死に対する反応のあまりの落差しかり野良猫問題の大元原因(不適正飼育)に対する寛容さとそれに起因する結果(殺処分や個人駆除)に対するヒステリックなまでの反応の落差しかり。
よくああいった連中は餌やりを非難する意見に対して「餌やり位でヒステリックになるなよwww」なんてスタンスをとります、しかし本当に猫の事を考えるのならば大元原因にこそヒステリックに反応するべきなのではないでしょうか?
根本原因は甘やかしその事で決定される不可避な悲劇に対してのみ非難する、それこそが自称愛猫家共の醜悪なダブルスタンダードだと思います。



Re: 醜悪なダブスタ

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> このたびは記事本文に私のつたないコメントを載せて下さってありがとうございます。

こちらこそ。
またコメントください。


> 野良猫問題で私は何に対して憤ってるかと煎じ詰めて考えると結局自称愛猫家共のダブルスタンダードに対してなんだと思います。

いわゆる猫愛誤ですが、ダブルスタンダードが顕著な特徴ですね。
ダブルスタンダードは、精神未分化の現れでしょう。


> しかし本当に猫の事を考えるのならば大元原因にこそヒステリックに反応するべきなのではないでしょうか?

動物愛護にかない、殺処分を減らそうと思えば、個々の猫に飼い主をしっかりリンクさせて管理責任を明確にすることです。
アメリカでもドイツでも、世界の潮流はそうです。
アメリカは猫愛誤が言うほど、TNRは普及していませんしスタンダードではありません。


> 自称愛猫家共の醜悪なダブルスタンダードだと思います。

醜悪です。
ご本人たちがそれを自覚しているのかどうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 沖縄県のら猫の状況

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

有益な沖縄の情報をありがとうございました。
一部公開したいのですが、鍵コメなのでやめておきます。

狂犬病は国際交流が増えればリスクも高まります。
北海道や新潟などでは、ロシアの貨物船が寄港して、夜間に犬を放したり、甚だしきは捨てていく人もいるそうです。
ロシア、ウクライナは、狂犬病多発地域です。
もちろん中国は狂犬病の感染者数は比較的多い地域です。
野良猫や放し飼い猫は、もし狂犬病が入ってきたら危険です。
もちろんねずみも狂犬病に感染しますし、猫がねずみを狩った時に、ねずみが反撃して猫に噛み付くということもありうるでしょう。

署名してきました。

哀れな野良猫被害者と野良猫を救う為にも署名してきました。

記事は全面的に同感です。

Re: 署名してきました。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 哀れな野良猫被害者と野良猫を救う為にも署名してきました。

ご協力ありがとございます。

自称愛猫家大発狂

猫に熱湯掛け殺す=容疑で41歳男逮捕―警視庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000125-jij-soci

この前の沖縄で猫が一日7匹轢死してるってニュースに対するコメントは7件だったのに対しこのニュースには半日で5000コメオーバーですw
この男(まあ殺し方は残酷だし面白がって殺してる印象は受けますが)が40過ぎでアルバイト暮らしだったこともあり人格攻撃のコメントが多いですね、叩いてる奴もこの男と一緒でストレス発散でやってるようにしか見えないw
沖縄のニュースと今回のニュースに対する自称愛猫家の反応の違いがそのまま野良猫が減らない原因だと思いますね。ホントくだらない連中。

Re: 自称愛猫家大発狂

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 猫に熱湯掛け殺す=容疑で41歳男逮捕―警視庁
> この前の沖縄で猫が一日7匹轢死してるってニュースに対するコメントは7件だったのに対しこのニュースには半日で5000コメオーバーですw

私も見ました。
そしてコメントについている「いいね」の数がすごい。


> この男(まあ殺し方は残酷だし面白がって殺してる印象は受けますが)が40過ぎでアルバイト暮らしだったこともあり人格攻撃のコメントが多いですね、叩いてる奴もこの男と一緒でストレス発散でやってるようにしか見えないw

それもあるけれど、容易に野良猫が何匹も捕獲出来たということは、近所の野良猫の生息密度が相当高かったと推測されます。
つまり野良猫による被害も、この地域ではあったはずです。
そういう面についてはメディアも報道しませんね。


> 沖縄のニュースと今回のニュースに対する自称愛猫家の反応の違いがそのまま野良猫が減らない原因だと思いますね。

同感です。
この男がしたような虐待による死よりも、ロードキルや病死衰弱死、喧嘩が原因の死、そして不妊手術の術後不良による死の方がはるかに多いでしょう。
コメントしている人も、本気で動物愛護について考えていませんね。
本事件のような虐待事件でも、猫はすべて室内飼いして適正飼育すれば、このような事件は起きようがありませんから。
もっと本源的なことを考えなければ。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR