アメリカ合衆国は、わな、射殺、毒餌、ウイルスにより野良猫を駆除~根絶させてきた



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
Eradication policy of stray cats in the United States.
It was successful in eradication of feral cats in some areas.
The history of mammal eradications in Hawai`i and the United States associated islands of the Central Pacific Hess, S.C.; and J.D. Jacobi.
Abstract Many eradications of mammal taxa have been accomplished on United States associated islands of the Central Pacific, beginning in 1910. Commonly eradicated species are rabbits (Oryctolagus cuniculus), rats (Rattus spp.), feral cats (Felis catus), and several feral ungulates from smaller islands and fenced natural areas on larger Hawaiian Islands.
Vegetation and avifauna have demonstrated dramatic recovery as a direct result of eradications.



 私は今まで、オーストラリアとニュージーランドにおける、野良猫の駆除~在来野生生物を保護するための野良猫根絶計画、について紹介してきました。ニュージーランドは在来種の肉食哺乳類が生息していなかったために、野生化した野良猫は大変な被害を生態系に与えます。またオーストラリアも有袋類という特殊な生態系を守るためには、野良猫の駆除~根絶は当然でしょう。オセアニアでは、一部の島嶼部で野良猫の根絶に成功した例があります。さらにアメリカ合衆国でも、島嶼部では野良猫は駆除~根絶が連邦政府の方針です。駆除の方法も、わな、射殺、毒餌、ウイルス感染などて徹底しています。


 アメリカ合衆国における、野良猫の駆除~根絶の歴史についての学術報告書があります。U.S. Geological Survey Pacific Island Ecosystems Research Center「アメリカ連邦地質調査研究所 太平洋島嶼生態系研究センター」の研究員らによるものです。この学術報告書においては、アメリカ合衆国においてもオセアニアと同じく、島嶼部では極めて厳格に野良猫の駆除~根絶が行われていたことが分かります。
 射殺やわなのみならず、毒餌や猫ウイルス性白血病の感染症の人為的感染も行われています。特に島嶼部の野良猫による在来生物に対する被害を防止するには、駆除~根絶が世界的な標準手法であると思います。島嶼においては、鳥の繁殖地であることが多く、外来種の移入に対して極めて脆弱であることが挙げられます。また隔絶した地勢条件のために特異な進化を遂げた希少な固有種が多いこと、そして面積が狭いことにより、野良猫の根絶~駆除の成功率が高いからです。
 以下に、The history of mammal eradications in Hawai`i and the United States associated islands of the Central Pacific Hess, S.C.; and J.D. Jacobi. 「中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島々とハワイ諸島における(外来悪性)哺乳類の根絶の歴史」(2011年)を引用します。


abstract Many eradications of mammal taxa have been accomplished on United States associated islands of the Central Pacific, beginning in 1910. Commonly eradicated species are rabbits (Oryctolagus cuniculus), rats (Rattus spp.), feral cats (Felis catus), and several feral ungulates from smaller islands and fenced natural areas on larger Hawaiian Islands.
Vegetation and avifauna have demonstrated dramatic recovery as a direct result of eradications.

table 1
Mammal eradications from U.S. administered islands of the Central Pacific.
Cats
Baker 164(Area ha) 1937 1960s( Year )Direct pursuit-hunting(Introduced Eradicated Method)
Howland 184 1937 1986 Shooting, trapping
Jarvis 450 1885? 1937 Died out 1990 Shooting, trapping, poisoning, virus
Wake 737 1960s 2004 Shooting, trapping

Feral cats continue to present challenges to managers of natural areas on islands where they are known to prey on birds,
but there is little prospect for island-wide eradication.
Cats were eradicated from Baker Island in 1964, Howland Island in 1987, and Jarvis Island in 1990.
Hunting on Baker and Howland sufficed, but Jarvis also required trapping, poisoning, and feline panleucopaenia virus to a limited extent .
Feral cat eradication was completed on Wake Atoll in 2004 by Marine Endeavors.

哺乳動物に分類される動物種群においては多くの根絶が、 中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島嶼で達成されてきました。
1910年から一般的に根絶種とされたウサギ(Oryctolagus cuniculus=イエウサギ)から始まり、ラット(ドブネズミ属)、野良猫(Felis catus=イエネコ)、そして小さな島々と、大きなハワイ諸島でフェンスで囲まれた自然地域での野生化した数種の有蹄類です。
植生と鳥類相は、(有害外来哺乳類の)根絶の直接の効果があり、劇的な回復を示しました。

表1
中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島々において根絶された哺乳類。

ベイカー島 164(根絶区域の広さ ヘクタール) 1937年~1960年代 直接狩猟により駆除(用いられた根絶方法方法)
ハウランド島 184(根絶区域の広さ ヘクタール) 1937年 射殺、わな(用いられた根絶方法)
ジャービス島 450(根絶区域の広さ ヘクタール) 1985年?1937年 1990年根絶成功 わな、毒餌、ウイルス感染駆除(用いられた根絶方法)
ウェイク島 737(根絶区域の広さ ヘクタール) 1960年 2004年 トラップ、射殺(用いられた根絶方法)

野良猫は、鳥を餌食にすることが知られていて、島の自然地域の管理者に難題を提示し続けています。
しかし、島全体の野良猫の根絶のための見通しは、ほんのわずかしかありません。
オアフ島の営巣地での、オオミズナギドリの猫の捕食は、オオミズナギドリの繁殖において全滅を引き起こしました。
猫は1964年にベーカー島、1987年にハウランド島、1990年にはジャービス島で根絶されました。
ベイカー島とハウランド島においては、猫の根絶は狩猟で十分でしたが、ジャービス島はさらに限られた範囲ではありますが、わな、毒餌、およびネコ白血病病ウイルスの感染を必要としました。
ウェイク環礁における野良猫の根絶は、海兵隊の取り組みによって、2004年に完了しました。



(動画)

 Hundreds of feral felines leave mess in Hawaii Kai 「数百の野良猫は、ハワイカイ島を混乱させます」。2010年10月25日。もちろんカイ島では餌やり禁止で、公園にもその旨を警告する看板が立てられています。でも、このような状況を目撃した日本人愛誤は勝手に「ハワイでは野良猫の餌やりが推奨されていて餌やりは尊敬される行為」などと脳内変換して日本に広めるのだろうでしょうね(苦笑)。猫の駆除も重要ですが、餌やり禁止の厳格化の方が優先順位が高いと思います。
 ドイツの犬のノーリード(オフリーシュ)も同じ。街のいたるところに「犬のリード(リーシュ)は義務です」とか、「ここでは犬は禁止です」という看板が立ててありますが、守らない犬の飼い主が多いです。日本人愛誤はドイツ語が読めません。勝手に脳内変換して「ドイツでは犬のノーリードが許されている」という大嘘を日本に広めます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはり鳥が

鳥は絶滅しやすいようですね。データから。でも
猛禽類は危惧状態でも細々と生き残れているようで、やはり小鳥は…

しかし、ネコは根絶できるのですね。ネコは
 ・食性が肉食に偏っていること
 ・給餌をやめると急速に被害が減ること
などから、島嶼部のみならず本土でも根絶が可能でしょう。
但し、飼育禁止にしないといけないでしょう。人社会がネコ供給源だし。
イエネコも動物園や試験場などで見るものにしてはどうかと。
これの何がいいって、虐待や横死(惨殺、事故死、処分)がなくなること。

この記事を読むと、環境大臣はネコ愛誤に「宣戦布告」をしてはどうかと。
このくらいなら立法は要さないでしょうから、大臣に英断を期待します。
宥和から一転、決意を明らかにすれば、司法(法務省)も続くでしょう。
これはテロとの戦いと言って過言でなく、ネコキチを次々と牢屋にぶち込まないと、
ネコ問題、ネコによる環境問題は解決しないと推測します。

Re: やはり鳥が

虫様、コメントありがとうございます。

> 鳥は絶滅しやすいようですね。

特に地上で営巣する種は。
特定の島を営巣地にする地上で営巣する鳥は、数千年かそれ以上の長期間で天敵がいないなどでその場所を営巣地に選択し、DNAに刻まれているのです。
それを人間が人為的に猫などを移入すればひとたまりもありません。
鳥はなぜ先祖がそこを営巣地に選んだかは頭ではわかりませんから。
オオミズナギドリの被害は日本でもひどいです。
NHKの「ダーウィンが来た」という番組で、オオミズナギドリの営巣地が野良猫の被害に遭っているという放送をしたら、野良猫愛誤から脅迫めいた抗議が殺到したそうです。
野良猫愛誤は狂人です。


> 猛禽類は危惧状態でも細々と生き残れているようで、

猛禽類でも食餌が猫と競合する種は厳しいでしょうね。


> ネコは根絶できるのですね。ネコは
>  ・食性が肉食に偏っていること
>  ・給餌をやめると急速に被害が減ること
> などから、島嶼部のみならず本土でも根絶が可能でしょう。

数年前にオーストラリア連邦政府の環境大臣が「野良猫野猫は根絶が望ましい」と公言しています。
また連邦政府文書でも、「望ましいゴールは野良猫野猫のゼロ化だ」と明確に記述しています。


> 飼育禁止にしないといけないでしょう。人社会がネコ供給源だし。

そう思います。
ハワイ州は、動物の持ち込みに対してはかなり検疫が厳しいですが、州内の移動はフリーです。
せっかく野良猫を根絶した島でも、ハワイ州民が再び持ち込めば元の木阿弥です。


> イエネコも動物園や試験場などで見るものにしてはどうかと。
> これの何がいいって、虐待や横死(惨殺、事故死、処分)がなくなること。

例えばアライグマは特定外来種で、厳しい飼育基準と許可が必要です。
無許可飼育は最高罰金300万円です。
猫でもそれぐらいにして良いのではないかと。


> この記事を読むと、環境大臣はネコ愛誤に「宣戦布告」をしてはどうかと。

現にオーストラリアはそうです。


> これはテロとの戦いと言って過言でなく、ネコキチを次々と牢屋にぶち込まないと、
> ネコ問題、ネコによる環境問題は解決しないと推測します。

これから調べますが、オーストリアの検疫や猫の放し飼いや野良猫の給餌はかなり厳しかったと思います。
アメリカの自治体は、無登録の猫の給餌では懲役90日は厳しい部類ですが、懲役30日までという自治体は普通にあります。
大概自治体条例の上位法の州法で野生動物(もちろん野良猫も含む)の給餌を禁じていますし。
餌やりの禁止をしていない自治体がほとんどという先進国日本は例外でしょう。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR