塩村文夏都議の「京都市餌やり禁止条例は餌やりのハードルが高くなりすぎる」という無責任発言~アメリカやカナダでは野良猫の餌やりは懲役刑もありますが?



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
The cat came back — again and again. And now, because Dan Smith didn’t get it registered, he may be going to jail.
Smith, 65, has been chased for months by animal control officers and police in Gatineau over a $276 charge — fine and court costs — after being found guilty last summer of not having a licence for a cat, as required under municipal bylaw.


 「動物愛護活動政治家」と自称している、塩村文夏東京都議員は、いわゆる京都市の「京都市餌やり禁止条例」(正式名称: 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例。以下「京都市 餌やり禁止条例」と記述します)に対して批判しています。「京都市餌やり禁止条例は野良猫への餌やりのハードルが高くなりすぎる」です。何かと欧米先進国を引き合いに出して(その情報はほとんどが事実無根の「大嘘」ですが)日本の動物行政を非難する塩村文夏都議です。ぜひ日本より野良猫の餌やりに「ハードルが高くない」、寛容な欧米先進国とやらの実例を挙げていただきたいものです。


 こちらに塩村文夏都議の問題発言が保存されています。京都市条例案にケチをつけた塩村都議、動物愛護「すら」分からなかった事が露呈。

 私は、アメリカ合衆国では無許可の野良猫餌やりに対しては、大変厳しい刑事罰が科されることを何度か記事にしています。アメリカ合衆国では、野良猫の餌やりに対して「最高で懲役90日」までの罰則が科される自治体が多数あります。私はこのような記事を書いています。続・日本ほど野良猫の餌やりに寛容な先進国はない~日本の動物愛護を貶める狂気の言論テロリスト、ペット法学会、吉田眞澄氏(アメリカ編)。また、野良猫の餌やりで逮捕~実名報道~刑事罰を受けるケースも多々あり、実際に刑務所で服役した人も複数います。それとアメリカでは、日本で喧伝されているほどTNRを公的制度として認めている自治体はありません。全自治体数に占める割合は1%にも満たないのです。
 またドイツにおいても、事実上野良猫の餌やりに対しては、日本に比べてかなり高額の罰金が科されます。カナダにおいても、野良猫の餌やりは刑事罰の対象としている州があります。実際に野良猫の餌やりで逮捕~拘留され、あわや刑務所での懲役刑を科される寸前にまでなったカナダ人男性がいます。この、野良猫の餌やりにより、刑務所での服役に直面した神田人男性については、私は記事にしています。


(画像)

 記事、野良猫の餌やりで懲役刑に直面している男性~カナダより。拘留前にボディチェックを受ける、「野良猫餌やり犯人」の、ダン・スミス氏。「野良猫餌やり容疑」で、彼には逮捕状が発行されていました。

カナダ 餌やり


 さて、「野良猫餌やり容疑」で拘置所に交流されたダン・スミス氏は、その後どうなったのでしょうか。事後報道、Hugh Adami: Senior arrested over refusal to pay cat fine now home from jail where he got a hero’s welcome 「高齢者は違法な猫飼育に対する罰金を拒否したことで逮捕されましたが、今英雄の歓迎を受けて刑務所から家に帰って来ました」。2016年1月31日。(動画あり)、から引用します。


He was released from the Gatineau detention centre after serving.
For the dubious offence of refusing to pay a fine for an unlicensed cat that he says.
“Winnie,” insists Smith, is his estranged wife’s cat — a feral that first showed up 12 years ago at the home he and his wife still share.
He was told Thursday after he arrived that he was going to be released Friday because the jail was overcrowded.
Some included offers to pay Smith’s fine, court costs and late fees — which had crept up to $326 from $276 when he turned himself into Gatineau police Thursday after a warrant for his arrest was issued.
Dan Smith,Canada’s wrongly-jailed cat-feeding retiree.
Gatineau man going to jail over fine for ‘stray’ cat.
‘I told you I don’t own a cat’
But the message to release Smith apparently didn’t get through to the proper authorities.
a Gatineau bylaw that requires cats to be licensed, but doesn’t make a distinction for a feral cat like Winnie.
Smith is also upset with Gatineau municipal court, which didn’t believe his testimony.

彼は収監の後に、(カナダ・ケベック州)ガティノー市の拘置所から釈放されました。
(拘留の理由は)無許可の猫飼育という奇妙な犯罪に対する罰金を支払うことを拒否したためと彼は言います。
スミス氏は主張しています。
「ウィニー」は、彼の別居中の妻の猫ですがー野良猫は最初12年前に現れ、スミス氏と彼の妻は一緒に平穏にその猫と過ごしていました。
彼が拘置所に木曜日に到着した後、刑務所が収容人員オーバーだったので、彼は金曜日に釈放される予定であると言われました。
スミス氏に逮捕状が出されてスミス氏がガティノー市警察署に自首した時には、数件のスミス氏に対する罰金などの金額は当初の罰金の支払いの命令を含めて、訴訟費用や延滞金などが加算されて276カナダドルから326カナダドルにまで増えていました。
ダン・スミス氏、カナダで誤って投獄された野良猫に給餌した退職者。
ガディノー市の男性(ダン・スミス氏)は、「野良猫」のために罰金より重い、刑務所に行くことになるところでした。
「私(ダン・スミス氏)は、猫を飼ってはいなかったと言いました」。
しかし、スミス氏を釈放するための通知は、裁判所を通じては明らかにされませんでした。
ガディノー市の条例では、猫の飼育するためにはライセンスを必要としますが、ウィニーのような野良猫と区別できないような猫は必要とされていません。
スミス氏は、彼の証言(=猫のウィニーを飼っていたわけではない。飼い猫ではない。だから猫の飼育のライセンスは必要ない)を信じなかったガティノー市の裁判所に怒っています。



 刑務所での服役に直面していた、ダン・スミス氏は、寸前で回避できたようです。しかし、日本以外の先進国では、野良猫への餌やりが犯罪であり、厳しく処罰されることがお分かりいただけたと思います。
 塩村文夏都議に対しては、「京都市餌やり禁止条例は、野良猫への餌やりの敷居が高くなりすぎる」との発言の根拠を示していただきたいおのです。何かと「欧米先進国」の嘘情報を引き合いに出して、日本の動物愛護行政を批判する方です。言いっぱなしは無責任じゃありませんか?


(資料)

 記事、「ペットショップにおける犬猫販売8週齢規制により殺処分ゼロが実現できる」という、塩村文夏都議の荒唐無稽な政策提言におけるコメント。


この人京都の餌やり規制に対して「餌やりのハードルが高くなりすぎる」とか言って批判してましたよね、そりゃ現状地域猫なんか一切成功するどころか逆に増えてるケースばっかりなんだから敷居高くしないでどうすんだって話なのに。ホント無尽蔵に餌やりさせろって姿勢なんですね、別に絶対餌やりしちゃいけないって規制内容じゃなかったのに(まあ最終的には絶対禁止にしないとどうやってもザルになると思いますが)。
動物愛護問題をテレビで取り上げたときにも出演していたのをちょっと見ましたけど、一通り他の出演者の方が意見を述べた後「動物が嫌いな人の意見ばかりでちょっと出づらいw」みたいなことを言って他の出演者から総ツッコミ受けてましたね「はあ?動物好きですけど?」みたいなw
結局ネットで見かける自称愛猫家と同レベルの人なんですよ、でもそういう奴は一定数いるからそういう奴らの票を当て込んで確信犯でそういう活動してる可能性もありますね。
2016-10-01(09:14) : サンジュ URL : 編集


サンジュ 様、コメントありがとうございます。

> この人京都の餌やり規制に対して「餌やりのハードルが高くなりすぎる」とか言って批判してましたよね、

これほど「欧米先進国は」と二言目には言うのだから、「餌やりに寛容な欧米先進国」の実例を挙げていただきたいものです。


>現状地域猫なんか一切成功するどころか逆に増えてるケースばっかりなんだから敷居高くしないでどうすんだって話なのに。

アメリカの公的TNRの厳格さと比べれば、京都市のまち猫制度や、ほかの日本の自治体の地域猫制度は、公認の野放図餌やり制度です。
これほどぎゃーぎゃー「欧米先進国は~」と喚く人ですから、餌やりが寛容で敷居が低い国を一つでもあげてくださいと、と言いたいです。


>ホント無尽蔵に餌やりさせろって姿勢なんですね。

それが本音です。
市民生活にどれほど悪影響を与えようが、感染症のリスクがたかまろうが、生態系に悪影響を与えようが、そしてなによりも当の猫にとって動物愛護に半しようが、衝動的、依存症的な娯楽餌やりをとことんやらせろ、しかし責任は負わない、が本音です。


> 動物愛護問題をテレビで取り上げたときにも出演していたのをちょっと見ましたけど、一通り他の出演者の方が意見を述べた後「動物が嫌いな人の意見ばかりでちょっと出づらいw」みたいなことを言って他の出演者から総ツッコミ受けてましたね。

いわゆる愛誤が論破されると「動物嫌い=動物虐待者だ~」と切れるのと同じです。
動物愛護を論じるのに、動物の好き嫌いを持ち出すのは「論点ずらし」です。
私が繰り返し指摘している、「ストローマン論法」です。
それをした途端、自ら論破されてることを認めているということに気がつかないのかな。


> 結局ネットで見かける自称愛猫家と同レベルの人なんですよ、

全く同感です。
塩村文夏議員の発言をざっと拝見したところ、そう感じます。
全く根拠がなく、幼稚です。
主学生レベルです。
いやしくも政策提言を行うのならば、比較する欧米の資料を提示して、きちんとした統計数値を上げるなり、法制度を示さなければならないでしょう。


>でもそういう奴は一定数いるからそういう奴らの票を当て込んで確信犯でそういう活動してる可能性もありますね。

残念ながら無知蒙昧な人であっても、投票権は平等にあります。
だからこのような衆愚政治家が存続する理由です。
2016-10-01(11:01) : さんかくたまご
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちなみに塩村氏の発言はこちらのHPに詳しいです

http://blog.livedoor.jp/kumafight/archives/1021636983.html

正確には敷居じゃなくてハードルでしたwまあその表現の方が言葉遣いとしては正しいですけどね。
しかしFBの最後の一文なんかまさに別の記事で紹介した「動物嫌いの人云々」と全く同じニュアンスです、好きか嫌いかでしか物事を考えることが出来ない人のようですね。

まるでカルト塩村あやか都議

私が不思議でならないのは、東京都議という行政上のデータを一般市民より調べやすい立場にあるはずなのに、それらの統計資料を【あえて】用いないことです。

東京都の殺処分データやほかの自治体からの統計資料から、ペットの8週制限なんか猫の殺処分減少にほとんど効果がなく、屋外猫の頭数が問題であり、それに地域猫や迷惑餌やりどもの過剰繁殖が問題を悪化させていると断言できます。

上記の論が違っているなら、私たちの知りえない所にあった
地域猫に効果があったとする統計資料や科学的論文など
出さないのはなぜでしょう?

これは東京都動物愛護委員を務める大物愛誤にも言えることです。

最も屋外猫を「増やす効果を減らせる」餌やり規制に反対するのも(減らす効果は駆除です)事実を知られたくないからではないですかね?

科学的、統計的根拠に基づかない『教義』を広めるなら、それは宗教であり
一部の少数が金儲けに走り大半の人を犠牲にするならそれはカルトです。

Re: No title

サンジュ 様、コメントありがとうございます。

> ちなみに塩村氏の発言はこちらのHPに詳しいです>
> >http://blog.livedoor.jp/kumafight/archives/1021636983.html

ありがとうございます。
リンクをつけさせていただきます。


> 正確には敷居じゃなくてハードルでしたwまあその表現の方が言葉遣いとしては正しいですけどね。

それも訂正しておきます。



> FBの最後の一文なんかまさに別の記事で紹介した「動物嫌いの人云々」と全く同じニュアンスです、好きか嫌いかでしか物事を考えることが出来ない人のようですね。

まあ、街の餌やりおばさんと同程度のレベルです。
都議であれば政務活動費も出ることですし、なぜごくごく簡単なことすら調べないのでしょうか。
東京都や環境省の統計資料などは、ただでだれでも入手できる資料です。
それすら確認していないようです。

Re: まるでカルト塩村あやか都議

猫糞被害者@名古屋 様、コメントありがとうございます。

> 私が不思議でならないのは、東京都議という行政上のデータを一般市民より調べやすい立場にあるはずなのに、それらの統計資料を【あえて】用いないことです。

そうですね、だから私は申し上げていますが、「嘘つきは『殆ど』『異常な』といった形容詞や形容動詞を多用して具体的な数値を出さない」なのです。
具体的な統計資料に基づく数値を挙げれば、嘘がバレバレになるから。


> 東京都の殺処分データやほかの自治体からの統計資料から、ペットの8週制限なんか猫の殺処分減少にほとんど効果がなく、屋外猫の頭数が問題であり、それに地域猫や迷惑餌やりどもの過剰繁殖が問題を悪化させていると断言できます。

こんなことは、統計の数値から小学生でも導ける結論です。
それが東大呆学部の太田匡彦氏などがわからないのか、わからないふりをしているのか、理解できません。


> 上記の論が違っているなら、私たちの知りえない所にあった
> 地域猫に効果があったとする統計資料や科学的論文など
> 出さないのはなぜでしょう?

東京都の私が用いた統計資料では、「地域猫に効果があった」ことは否定されます。
地域猫に効果があったのならば、動物愛護相談センターに収容された子猫(離乳前)はこれほど多くなることはありません。
そして収容動物が所有者不明猫が約7割、殺処分が94%ということ自体、地域猫は何の効果もないと言えるのではないですか。


> 最も屋外猫を「増やす効果を減らせる」餌やり規制に反対するのも(減らす効果は駆除です)事実を知られたくないからではないですかね?

私の経験から言えば、猫そのものの個体数以上に猫被害を減らす効果が最も高いのは、餌やりを徹底的にやめることです。
生息密度が低くなれば、被害は顕在化しません。


> 科学的、統計的根拠に基づかない『教義』を広めるなら、それは宗教であり
> 一部の少数が金儲けに走り大半の人を犠牲にするならそれはカルトです。

少なくとも、いわゆる愛誤の精神構造は「カルト」に似ています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR