日本ほど野良猫の餌やりに寛容な先進国はない~日本の動物愛護を貶める狂気の言論テロリスト、ペット法学会、吉田眞澄氏(アメリカ編)



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

I dedicate the deep condolences to the Belgian victims.

(Summary)
Penalties are very severe for the feeding of stray cats , in the United States.
Ordinance to punish with imprisonment 90 days is not uncommon.
But Masumi Yoshida (lawyer, THE Pet Hou-Jyuku, representative. Obihiro University of Agriculture and Veterinary MedicineVice President) says.
"Japan will punish severely the feeding of stray cats. Europe and North America to allow the feeding of stray cats.
And it is favorable to the presence of a stray cat."
It is a big lie of the opposite of fact.


 昨年は京都市で「野良猫への餌やりを禁じる条例」が制定されました。その後も札幌市や和歌山県でも野良猫への給餌を禁止する条例の制定の動きがあります(和歌山県は本年3月24日に可決成立)。京都市で「野良猫への餌やりを禁じる条例」の制定の動きがあった際に、強硬に反対運動をしたのが元帯広畜産大学副学長の吉田眞澄氏(弁護士でもあり、ペット法学会のメンバー)です。吉田眞澄氏はその際に、臆面もなく大嘘を根拠にして京都市餌やり禁止条例に強硬に反対しました。


 吉田眞澄氏の、「京都市野良猫餌やり禁止条例」に対する反対表面の文書から引用します。京都緊急集会のご報告 平成27年2月7日京都緊急集会「京都市・野良猫餌やり禁止条例と野良猫保護」―今みんなで考える問題・猫餌やり禁止 殺処分の新たな形―
 この文書は、京都市の餌やり禁止条例に反対する集会を、THEペット法塾のメンバーらが開催した際の報告書です。吉田真澄氏は本集会で講演会を行っています。その発言要旨です。吉田真澄氏は、この講演で、京都市の本条例で野良猫に対する給餌を禁止することを激しく非難しています。
 なお2015年3月20日に可決成立した「餌やり禁止条例(正式名称は「 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例」)」の全文はこちら。 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例


1 吉田眞澄(弁護士/元帯広畜産大学理事・副学長)講演
犬や猫を家に閉じ込め、社会的門戸を閉じようとする傾向が極めて強く 「共生」とは逆行するものである。
地域猫活動をこれまで以上に積極的に推進するが必要であり、餌やり活動をする人の協力が必要不可欠。
犬や猫を事実上締め出す社会、つまりペットに対し閉鎖的な社会は、ペットに対する無知・無理解、偏見の横行する街になりがちである。
欧米人の感覚からすると、動物に対する無理解・偏見の横行する未文化都市、倫理の成熟度の低い思いやりに欠ける街と映ることは間違いない。



 京都市の問題の条例、 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例、の野良猫(「動物」とありますが事実上「野良猫」)への給餌を禁じる条文を読んだところ、あくまでも「周辺の住民の生活環境に悪影響を及ぼすような給餌」禁じているだけです。また罰則も50,000万円以下の過料であり、重い刑罰とは言えません。
 吉田眞澄氏の主張をまとめると、以下の通りになります。
①「周辺の環境に悪影響を及ぼす不適正な給餌」であっても無条件に認めるべき。
②欧米の感覚では、野良猫が社会に存在することに対して寛容である。
③欧米の感覚では、野良猫に給餌することは文化的であり、倫理の成熟度が高い。
 

 では、実際の欧米の「野良猫への餌やり」に対する感覚はどうなのでしょうか。順を追って紹介していきます。まず、TNRの発祥の地とも言える、また比較的TNR(地域猫)が普及している欧米先進国の筆頭とも言えるアメリカ合衆国を取り上げます。しかし日本で言われているほど、TNR(地域猫)は普及しておらず、*1、TNRを公的制度として採用している自治体は2014年では、全アメリカ合衆国の自治体のうち、わずか0.12%です。つまり吉田真澄氏の主張である、②と③は相当疑わしいと言わざるを得ません。
 さらにアメリカ合衆国では、日本とは比べ物にならないくらい厳しい罰則規定を設けた「野良猫給餌禁止条例」をもつ自治体が多数あります。最高刑が懲役90日としている自治体も数多くあります。「野良猫への給餌を禁じ、罰則が最高懲役90日」を定めたアメリカ合衆国の自治体は次の検索結果から知ることができます。Feral cat feeding ordinance jail 90 days「野良猫 給餌 条例 懲役90日」で検索したところ、12,400件がヒットしました。

 *2、アメリカ合衆国では多くの自治体が、野良猫への給餌を最高刑を懲役90日までという極めて厳しい罰則で禁じています。懲役60日~30日程度でしたら、ごく普通の罰則規定だと思います。この記事で野良猫への給餌を最高刑で懲役90日で罰する自治体をいくつか例示しようと思いましたが、あまりにも多いので、次回の記事で具体的に取り上げます。
 懲役刑でもって野良猫への給餌を禁じる条例は、京都市条例の、最高で過料50,000円の罰則に比べたら、厳しさでは比較になりません。また京都市などの「餌やり禁止条例」は、実効性も疑わしいです。
 これがアメリカ合衆国の野良猫の給餌に対する「感覚」です。吉田真澄氏が言う、「野良猫への給餌(社会に野良猫が存在することに対する)の寛容さ」、「野良猫への給餌は文化的で倫理の成熟度が高いとしている」とは、アメリカ合衆国においては正反対のようです。


(動画)

 野良猫への給餌を行って、実際に刑務所で服役した男性。




(画像)

 野良猫への給餌を止めなかった、90日の禁固刑となった高齢女性の報道記事の画像。

餌やり 禁固刑


*1、
「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である
続・「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である
続々「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である

*2、
野良猫の餌やりで刑務所で服役したアメリカの男性~世界びっくり猫事件
アメリカで野良猫に給餌を行えば刑務所行きです
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

(メモ)

http://www.neko-jirushi.com/diary/61692/
イギリスでは固定型店舗のペットショップは届出をすれば合法で犬猫も販売しているが、仮設、移動店舗は犯罪である。
このブログの内容は、あまりにも痛い。

練り真似枯と猫駄助の妄言

おばんです。

前回の記事にて
>京都市の条例とともに、日本の野良猫の餌やり禁止条例は、いわゆるザル法になるというが私の持論です。
と、仰ってましたが、それすらダメだと哀誤は言い張りますね。

http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12142552337.html
【追記あり】餌やり禁止条例、賛成?反対?
http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12142638366.html
餌やり禁止条例&地域猫対策
http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12143200908.html
餌やり禁止ではない
http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12143554708.html
餌やり禁止は地域社会を壊す?

練り真似枯にて、ここ四回立て続けに和歌山の条例と、これを扱った
フジテレビの『バイキング』について書かれていました。

>猫被害をうったえる方の意見はほぼ同じだし、坂上さんの意見はわかります。同情します。
>私が論点にしたいのは、「被害を受けたかどうか」とか「猫が迷惑かどうか」ではなく、「じゃあ、どうするか」ってことです。

一番問題点はぐらかしてる、曖昧にしようとしてる答弁です。どれだけ被害を受けて、迷惑しているかを把握してからでないと「どうするか」なんて考えられない筈です。
この手の人達は、問題発生により一時的にでも餌やりを止めなきゃいけない場合でも、止めようとはしません。

>「餌やり禁止条例」の危険さはこのように、問題を単純化し二極対立の構造にしてしまうことです。
>「多様な価値観を持つ住民が互いの違いを認め、尊重しともに問題解決に向けて協力していく」というのが、地域猫活動のコンセプトです。
>なので、餌やり禁止で住民を二極対立させたら地域猫活動(=適正な餌やり活動)への理解と協力を得るのは難しくなるでしょう。

自分達が最も「二極化対立」させている、「多様な価値観」を認めようとしていない。そういう自覚が全くありません。

>野良猫問題を解決するため、不妊手術・適正な給餌・糞尿の清掃を餌をやる人だけにすべてを押し付けようとしてもうまくいかないでしょう。

こんな風に押し付けるも何も、自発的に始めた人が背負って当然の責任すら「押し付け」とゴネる人を誰が信用しますかって。

>20年にわたり、TNR・地域猫対策を推進してきたNPOねこだすけさんは、猫のさまざまな課題についてニュースレターを発行しています。

嘘8000のPDFファイルはこちらです。
http://nekodasuke.main.jp/news/new48.pdf





Re: 練り真似枯と猫駄助の妄言

オキキリムイ様、コメントありがとうございました。

>京都市の条例とともに、日本の野良猫の餌やり禁止条例は、いわゆるザル法になるというが私の持論です。
> と、仰ってましたが、それすらダメだと哀誤は言い張りますね。
>
> http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12142552337.html
> 【追記あり】餌やり禁止条例、賛成?反対?

「声の大きい人の意見が通る」。
wそのままブーメランですな。


> http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12143554708.html
> 餌やり禁止は地域社会を壊す?

地域猫は決定的に地域コミュニティを破壊させます。


> 練り真似枯にて、ここ四回立て続けに和歌山の条例と、これを扱った
> フジテレビの『バイキング』について書かれていました。

頭が沸いた野良猫愛誤と衆愚相手の白痴番組の内容なんて驚きません。
それよりも、法曹資格をお持ちの方とか、大学の副学長を経験された方が理論が破綻したことを平気で喚き、嘘を並べ立てて適正な立法を言論テロにより妨害しているのが日本です。
この記事で紹介した、吉田真澄氏のTHEペット法塾の京都市に対する本条例に対する言論テロですが、これが動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=JBz1Bj0_a3w
こちらは弁護士さんのグループですね。
私の意見として、虚偽の情報でもって、立法に対する世論操作を行うのは「言論テロ」だと「思って」います。

最後のリンクで述べられている「法的な見解(?)」は、THEペット法塾が流布している考え方です。
つまり「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ」。
上記動画でも、吉田真澄氏は「餌やりはそれが即迷惑となる行為ではなく、餌やりそのものを罰する行為は自治体の立法権限を超えている」と発言しています。
しかし道路交通法では、20キロ超のスピード違反や交通量の少ない一方通行の逆行でも、それが即危険とは言えないものの罰します。
その行為そのものが「潜在的」に危険であるからです。
上記の交通違反で、その行為を逐一危険であることを立証することを要するのであれば、道路交通の安全性が確保できません。
だから事前に「行為そのもの」を、危険性の評価を個別に行わずに罰するのです。
餌やりでも、潜在的にそれが迷惑、近隣に被害を及ぼすことが必至であるために、餌やり行為そのものを罰することは合理的です。
ペット法塾の弁護士らの理屈で言えば、道路交通法だろうが、悪臭防止法だろうが、立法の根拠はないということになります。

アメリカでは、普通に餌やりの罰則が懲役90日などという条例が普通に平穏に成立しています。
一部の狂信的なTNRカルト団体が反対表明をする程度ですね。
法曹家や学識経験者がこのような集会を開いたり、嘘まで言って立法に圧力をかけたりするのは私は知りません。
それだけ日本は異常な愛誤国家ということです。
末端の餌やり愛誤なんて、白痴で狂人だということは最初からわかりきっていることではありませんか。
驚くことではありませんし、わざわざ取り上げるほどのことでもありません。
(しかしこのような末端の雑魚の、白痴狂人愛誤が地方行政にまで圧力をかけ、行政がそれに屈しているのは事実です。宝塚市とかですね。それも由々しき問題です)。


> どれだけ被害を受けて、迷惑しているかを把握してからでないと「どうするか」なんて考えられない筈です。

それについての法解釈は、私は先に示したとおり。
その行為が潜在的に迷惑を及ぼす可能性があるのであれば、行為そのものを罰して行為を抑制する法的根拠があります。
道路交通法や悪臭防止法と同じ。


> 自分達が最も「二極化対立」させている、「多様な価値観」を認めようとしていない。そういう自覚が全くありません。

アメリカやドイツの餌やり禁止条例は、二極化、バッサリですよ。
餌やりは(それが既に迷惑を及ぼしているかどうかなど一切考慮せず、その行為があったならば)最高刑で懲役90日に処する、など。
それが議会で可決すれば成立施行しますし、実際逮捕~実名報道~有罪になっている人が何人もいるのです。
多様な価値観云々と言い出したらきりがないです。
それを最大公約数で調整するのが民主主義です。

京都市は、とりあえずザル法でも、餌やり禁止条例が可決成立したじゃないですか。
そういうことですよ、それが民主主義。
白痴狂人、ましてや雑魚野良猫愛誤の主張なんて、私は聞く耳持ちませんね。
法曹家や学識経験者の言論テロや嘘情報の垂れながし(これが臭いにおいの根源である)については、社会に対する影響が雑魚愛誤よりは大きいと思いますので、それに対しては反論します。
折々、京都市の餌やり禁止条例のザルぶりについて記事にします。
アメリカやドイツの同様の条例と比べれば、ザルっぷりは半端じゃやないですね。
これでは餌やりの被害は防止できないでしょう。
愛誤はすぐに「欧米を見習え」といいます。
そうだったら、餌やり禁止条例でも、欧米のような実効性のある、厳格でにげ道のない条例を成立させよと言いたいです。

この三百代言たちは

この弁護士たちは理解していながら意図して嘘を付いているようですね。
罰せられないことも予測しているから尚自信を持って嘘を付いていますのか。

そんなに猫が殺されるのを認識したくないのか、随分と繊細なというか
ナイーヴに過ぎるような。いい大人のする事ではないです。
ましてや往々にして峻厳な法務処理に携わる者に許されてなるものですか。

練り真似枯と猫駄助もあまりに見苦しい。
アッラーの神がOKと言うから、殺しまーす。奪いまーす――の原理主義者の方が潔くてまだ好印象。
ネコちゃん可愛いから、可哀想。それが殺されるの自分は耐えられないからヤダヤダーっと、
正直に言えばいいのに……。

尤も、そのような外見大人内面子供を見切れなかったのも我々多数派の手落ち。
ここで弁護士含む猫原理主義者が失着して、却って日本の家畜管理が世界一厳しくなればいいです!
日本の化審法(化学物質のリスクアセスメント)や安衛法(労働安全衛生法)は世界一厳しいらしいですから。

Re: この三百代言たちは

虫様、コメントありがとうございます。

> この弁護士たちは理解していながら意図して嘘を付いているようですね。

まさに三百代言。
一見難しそうな法律用語を意味もなく羅列すれば、素人を屁理屈でねじ伏せれると思っているようです。
ただ欧米の事情については、本当に無知という可能性も否定できません。
ペット呆受苦のメンバーは、例えば、仮処分で中止が命じられたカリフォルニア州ディズニーランドのTNRがこっそり閉園後の夜間に行われていたことを絶賛している無法者弁護士もいますから。
弁護士として、仮処分で中止を命じられた活動を止めずに強行していることを絶賛するのはあまりにもまずい。
それを「嘘」とわかっているのであれば、バレた時の反動とか、そこまで考えが及ばないのは相当頭が悪いでしょう。
国会で「ドイツは殺処分ゼロ」と発言し、「イギリスでは犬猫の売買が禁じられている」と公言していた福島みずほ氏は、最近同様の発言は無いようです。
もし「嘘」とわかっていてやっているのであれば、今でも続けているでしょう。


> 罰せられないことも予測しているから尚自信を持って嘘を付いていますのか。

京都市は、条例施行から1年以上経過しましたが、過料で罰したことはまだ無いでしょう。
市民に相当の苦情が寄せられているにもかかわらず。


> 峻厳な法務処理に携わる者に許されてなるものですか。

まだ無知蒙昧な、街の餌やりおばさんレベルならまだしも。
下手に法律用語を用いて素人を煙に巻こうとするからなおさらタチが悪い。


> 練り真似枯と猫駄助もあまりに見苦しい。

このような末端の愛誤の理屈は、大元がペット呆受苦や、太田匡彦氏や自称ドイツ連邦獣医学博士サマの情報のバカーボンコピーです。
だから「くさいにおいは元から絶たなきゃダメ」。
庭の猫糞を毎日洗面器いっぱい片付けても無意味でしょ。
原因となる猫を保健所に引き渡すなり、それより大元の猫愛誤を根絶しなければ根本解決には至りません。


> ここで弁護士含む猫原理主義者が失着して、却って日本の家畜管理が世界一厳しくなればいいです!

私はそれを望みますし、だから「臭いにおいの元」を焦点にしています。
個人の雑魚愛誤のブログの、「ドイツでは生体販売ペットショップはありません、殺処分ゼロです。ティアハイムは非営利です」をいくら攻撃しても無意味でしょう。
NHKの報道の嘘矛盾点を徹底的に追求するのと効果は待ったく違います。


> 日本の化審法(化学物質のリスクアセスメント)や安衛法(労働安全衛生法)は世界一厳しいらしいですから。

それはそうと、カリフォルニア州ディズニーランドのTNR中止命令仮処分ですが、根拠は環境アセスメント法なのです。
「環境に悪影響を与えないという、学術調査を得て科学的根拠を示し、公聴会を開いて一般の意見を求める手続きを得た上で、環境被害がないことを証明しなければTNRを認めない」です。
実際問題、このアメリカの環境アセスメント法は莫大な費用が掛かり、猫のTNRのためにはペイ出来ません。
私はこの裁判についても記事にしていますが、アメリカの弁護士もやり手だな、と感心したものです。
しかし発疹チフスが大量発生し、やはり、TNRは環境に重大な悪影響を及ぼすのだと認識し直しました。
さらにディズニーランドがある自治体は、「私有地であっても野良猫の餌やりは刑事罰に処する」という条例改正を行いましたので、流石にディズニーランドの野良猫狂人も、餌やりをやめざるを得ないでしょう。

No title

これはなかなかいい傾向じゃないでしょうか?

<新潟・動物愛護センター>猫にマイクロチップ装着へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000109-mai-soci

元々保健所から引き取ってまた捨てる個人の猫飼育者ってあまりいない気もしますけど(愛誤団体が殺処分を避けるためだけに引き取ってはリリースと言う話は聞きますが)野良猫が減らない原因が捨て猫ではなく野良同士の繁殖によるものであるという事実確認にもなるし。あとはきちんと避妊去勢してから譲り渡すようにするべきですけどね。
地域猫なんぞに助成金を出すのならばその金を全て「保護して去勢避妊した後チップを埋め込んで適正飼育する飼い主に渡す」活動をしている連中に出した方がはるかにましです、まあそれも必要ないと言えば必要ないんでしょうが何かしら野良猫対策にお金を出さなければ納得しない連中がいるのでだったらそちらに回すべきでしょうね。

Re: No title

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> これはなかなかいい傾向じゃないでしょうか?
> <新潟・動物愛護センター>猫にマイクロチップ装着へ

同感です。
私は以前川崎市で同様の取り組みをしているのを好意的に紹介した事があります。


> 愛誤団体が殺処分を避けるためだけに引き取ってはリリースと言う話は聞きますが

あるあるある!
それを防止する効果もありますねー


>野良猫が減らない原因が捨て猫ではなく野良同士の繁殖によるものであるという事実確認にもなるし。あとはきちんと避妊去勢してから譲り渡すようにするべきですけどね。

不妊去勢もできればそれを条件として譲渡して欲しいですね。


> 地域猫なんぞに助成金を出すのならばその金を全て「保護して去勢避妊した後チップを埋め込んで適正飼育する飼い主に渡す」活動をしている連中に出した方がはるかにましです。

全く同感です。

それと私が「京都市の餌やり禁止条例はザル法である」という根拠は、のちの記事で書きますが。
欧米の(事実上の)野良猫餌やり禁止条例は、①飼い猫の登録、②個体識別(マイクロチップ)、飼い主明示、③室内飼い、外にでる可能性のある飼い猫は不妊去勢義務、を義務付けています。
その上で、給餌という行為があればその猫は飼い猫」とみなし、①②③違反で処罰します。
カナダの例も同じです。
それと、④猫の捕獲~殺処分を行政が行っていることです。
そうすれば、③違反が、登録されていた猫であれば処罰できます。
行政が頻繁に猫の捕獲殺処分をしていれば登録の飼い猫は放し飼いできません。
また無登録でも、捕獲されれば引取りに行けません。
無登録がバレて、①②違反で処罰されます。
実に抜け道のない、野良猫の餌やりを禁じることができますし、猫の適正飼育をすすめることになります。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR