太田匡彦氏は「ドイツ動物愛護の嘘プロパガンダ」の旗艦



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

"Wenn die Deutschen den Hund zu bekommen. Fast alle der Deutschen einen Hund aus einem Tierheim zu bekommen.", Masahiko Ota, Asahi Shimbun Reporter sagt.
Aber es ist eine große Lüge.
Es gibt solche Statistiken.
tierschutzbund kampene rettet die tiehime
Heimtierstudie „Wirtschaftsfaktor Heimtierhaltung“ Zur wirtschaftlichen Bedeutung der Heimtierhaltung in Deutschland Prof. Dr. Renate Ohr, UniversitätGöttingenNovember 2014
Tierheim Hund Marktanteil beträgt etwa 10 Prozent, in Deutschland.


 日本で定着しているドイツの動物愛護情報は次のとおりです。
・犬猫の殺処分はゼロ。
・ティアハイムは非営利団体で、(著しく無料か極めて安価と誤認させる)浮遊犬猫や不要ペットをすべて引き取り、一般譲渡する。
・ティアハイムは「殺処分ゼロ」。
・ティアハイムは、一般譲渡できなかった動物は終生飼育(著しく無料と誤認させる)する。
・ドイツでは犬などのペットの入手はほとんどがティアハイムからである。
これらはすべて真実とは正反対の「大嘘」ですが、この「大嘘」情報を意図的に日本に定着させた張本人、そして旗艦とも言える人物が朝日新聞記者の太田匡彦氏です。



 上記サマリーで指摘した、日本におけるドイツ動物愛護自浄の真実とは正反対の、「嘘プロパガンダ」の意図的拡散の端途は、太田匡彦氏であると思います。氏の2009年9月7日ののAERAの記事、「犬を殺さないドイツの常識」を始め、氏の一連の「犬を殺すのは誰か」(朝日文庫 2013年7月5日)などは、まさに「嘘プロパガンダ」の推進と言えるものです。
 このAERAの記事以降に、途端に「日本は動物愛護後進国で殺処分を行っている野蛮な国」「対してドイツは殺処分ゼロである」「ドイツには生体販売ペットショップはない」(これらの情報は繰り返しますが、全く事実無根の真実とは正反対の大嘘です。公的殺処分はドイツでも相当数が実施されています。また生体販売ペットショップの数は、人口比でドイツの方がはるかに多いのです)。

 太田匡彦氏は、「ドイツが殺処分ゼロを実現できた理由」として、ティアハイムの存在を上げています。 私は記事、ティアハイムの犬の販売シェアは1割に過ぎない(ドイツ)~太田匡彦氏の「ドイツではほとんどが保護施設から犬を入手する」は狂気の嘘プロパガンダ、で太田匡彦氏が2009年に雑誌、AERA(2009年9月7日号)「犬を殺さないドイツの常識」で書いた記事を取り上げました。その中で太田匡彦氏は、ドイツのティアハイムを次のように紹介しています。
①恵まれた保護施設ティアハイムがあり、最後まで(飼育放棄されたペットの)面倒を(無料か著しく安価と誤認させる。つまりドイツのティアハイムは全て非営利)みる。
②ドイツではペットショップから犬を購入する事は殆どなく、こうした保護施設(ティアハイム)から犬を迎える家庭が殆どである。
③日本は行政によって殺処分が行われている、先進国としてありえない。


 ①②③は、真実とは正反対の「大嘘」ですが、それは過去記事に根拠を示しています。前回記事では、「②ドイツではペットショップから犬を購入する事は殆どなく、こうした保護施設(ティアハイム)から犬を迎える家庭が殆どである」が大嘘であることを統計を挙げて指摘しました。今回は、ドイツでは「ティアハイム」をどのように定義づけているかを紹介します。ドイツ版ウィキペディアのティアハイムに関する記述を引用します。ドイツ版ウィキペディアは、太田匡彦氏が言う、ティアハイムの「①非営利性と殺処分ゼロ」を完全に否定する記述をしています。太田雅彦氏のティアハイムの紹介と、ドイツ版ウィキペディアのティアハイム(Tierhime)の記述のギャップに驚かれるでしょう。
 それでもドイツ版ウィキペディアより、太田匡彦氏の記事を信用しますか(大笑い)。以下にTierheim-Wikipediaを引用します。なお、ドイツにも愛誤という人種は少なからず存在し、都合の良いティアハイムの記述に対して、ウィキペディア事務局から記述の訂正を求められています。


Tierhime
In diesem Artikel oder Abschnitt fehlen folgende wichtige Informationen: Rechts- und Gesundheitsaspekte;
Zahlenwerk (wieviele Tiere werden abgegeben, wieviele eingeschläfert, wieviele Fundtiere.
welche Tiere am meisten; Kosten pro Tier im Durchschn. usw.), übliche Regularien bei Abgabe/Übergabe (Preis, Vertrag).
Es gibt auch zahlreiche, rein kommerzielle privatwirtschaftliche Tierheime, die man kaum als gemeinnützig bezeichnen kann.

ティアハイム
この記事またはセクションでは、次の重要な情報が欠落しています。
統計(どのくらいの多くの動物を安楽死させ、またどのくらいの数の動物を譲渡したのか、またはほとんどの動物における平均の単価など)。
譲渡/(他のティアハイムへの)転送における、(価格、契約)のための共通のルールについて。
(ティアハイムが)非営利であるとは、まず記述することはできません。
非常に多くの、純粋に商業的な私営のティアハイムがあるからです。



(画像)

  問題の、太田匡彦氏による記事、AREA '09.9.7号『犬を殺さないドイツの常識』。このように真実に反することを堂々とマスメディアに書ききってしまう神経は、私にとっては理解不能です。

アエラ (567x800)


 ドイツ版、ウィキペディアの記述にあるとおり、ティアハイムでは一定数の収容動物の安楽死が行われていることが一般に周知されていることがお分かりいただけると思います。
 また非営利団体であることが否定されていることもお分かりいただけると思います。純粋に商業目的としたティアハイムが非常に多く存在します
し、またティアハイムの動物の販売やサービスの提供には付加価値税(VAT。日本の消費税に相当する。公益法人やNPO法人の非営利団体が行う非営利事業に対しては、日本でも法人税や消費税は課税されません)が課税されますし、利益に対しては法人税(個人事業主であれば所得税)が課税されます。ドイツにおいても、非営利団体は、付加価値税や法人税は課税されません)が課税されます。

 ドイツのティアハイムが、「殺処分ゼロである」「無料か極めて安価で不要ペットを引き取り、無料か極めて安価で一般譲渡し、譲渡できなかった動物は終生飼育する。非営利」などという情報が定着しているのは、世界広しといえども、ドイツやティアハイム関係者も含めて日本だけです。
 太田匡彦氏のAERAの記事などから始まった、あからさまなドイツの動物愛護に関する「嘘プロパガンダ」の拡散は、一体何を目的としているのでしょうか。動機がわからないところが私にとってはなんとも不可解です。


(画像)

太田匡彦


 太田匡彦氏が海外の動物愛に関するジャーナリストとしての地位を確立したとも言える著作、「犬を殺すのは誰か」を全面に打ち出しています。しかし氏は、日本の殺処分数やペットショップ数など日本の統計値を頻繁に引用しますが、比較としているヨーロッパの国の統計値を具体的に出したことは私が知る限り、一度もありません。例えば「ドイツの家庭は犬を入手するときは殆どが保護施設(ティアハイム)からである」や、「ペットをショーケースに入れて展示販売することは欧米ではきわめてまれである」などです。
 氏は博士課程も終了し、研究者でもあるようです。研究者やジャーナリストで、「殆ど」「「きわめて」「まれ」などという、形容詞を多用する方は、私は信用していません。ティアハイムの犬販売シェアや、欧米の人口当たりの生体販売ペットショップ数の比較を具体的数値を上げるべきでしょう。少し考えれば、氏が主張していることの矛盾点に気がつくはずです。


(追記)

応援してください。
・change.org 地域猫を廃止、または室内飼育、餌やり禁止にして下さい
地域猫に反対する署名活動が立ち上がりました!







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地域猫反対署名

応援してください。
・change.org <a href="https://www.change.org/p/%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%9C%81-%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%8C%AB%E3%82%92%E5%BB%83%E6%AD%A2-%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%AE%A4%E5%86%85%E9%A3%BC%E8%82%B2-%E9%A4%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84?recruiter=126452550&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink" target="_blank" title="地域猫を廃止、または室内飼育、餌やり禁止にして下さい">地域猫を廃止、または室内飼育、餌やり禁止にして下さい</a>。
地域猫の反対する署名活動が立ち上がりました!

「リ僑」リクルート一門のパワー

AERA 2013年7月15日号で、当該タイトルのレポートを書いたのが件の太田匡彦
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=15083
内容的にはお先棒担ぎの提灯記事

「リクルート出身者というだけで助け合い」ともありますが、その意味ではこの東大脳も、そのお仲間、或いは広報係
https://archive.is/NHdNr

長らくアエラをチェックしてきた側としては、先ずリクルート出身者=優秀という先入観があり、そこからのネタの提供があり記事を書き上げているとしか思えません。
https://archive.is/03sEM
日本に関しては数字を出してくるのも、斯かる関係からではないのでしょうか?

現実問題として元リクルートがマスコミへの売り込み含め宣伝上手なのは認めますが、その先の実態はひょっとするとブログ主さんの方がご存知なのではないのでしょうか?

Re: 「リ僑」リクルート一門のパワー

リクルート栄えて国滅ぶ様、コメントありがとうございます。

> AERA 2013年7月15日号で、当該タイトルのレポートを書いたのが件の太田匡彦
> 「リクルート出身者というだけで助け合い」ともありますが、その意味ではこの東大脳も、そのお仲間、或いは広報係
> 長らくアエラをチェックしてきた側としては、先ずリクルート出身者=優秀という先入観があり、そこからのネタの提供があり記事を書き上げているとしか思えません。

なるほど、太田匡彦氏とリクルート、アエラは関係があったのですね。
ブログ拝見いたしました。
色々と参考になりました。


> 元リクルートがマスコミへの売り込み含め宣伝上手なのは認めますが、その先の実態はひょっとするとブログ主さんの方がご存知なのではないのでしょうか?

私はマスコミ関係者を個人的に知っているとか、若干関わりがあったことでそれとはなく体質は理解しているつもりです。
人脈など詳しいことは知りません。
しかしなぜ太田匡彦氏が、これほどまでにドイツの嘘情報をマスコミを使ってまで広めたいのか、そこが理解できません。

JustGiving

間が空いてしまいましたが、
「その先の実態はひょっとするとブログ主さんの方がご存知なのではないのでしょうか?」というのは、最近話題の西宮市の市長が元リクルートという意味からです。

さて、このご当人、選挙だけは強い様ですが、その過程で関係がありそうなのが、理事も務めたあるNPO
http://www.dot-jp.or.jp/news/2635.html
理事長が別件でお取り上げの人
http://www.dot-jp.or.jp/organization/about
http://www.dot-jp.or.jp/news/2633.html
こんな情報も
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-89.html
ネット的には民主党別動隊との指摘、NPOが政治に係る事自体が法律違反との論もあるのですが、その都度好意的に取り上げて来たのが、当時購読していた朝日新聞。

既にご存知かもしれませんが、何年か前の東京都議会でのセクハラやじ騒ぎのヒロインが塩村文夏。一部雑誌で関係が指摘されたのが、どうやらこの当人。
朝日の出してる自社媒体を紹介する小雑誌を以前図書館で見掛けたのですが、そこで太田匡彦の著書を評価する一文を寄せていたのが、当時衆議院議員の藤野真紀子さんだったと記憶します。

最後に、当方のテーマはメディアウオッチ。何かにつけて東大と小うるさいのがアエラ朝日だとして先年チェックした所、書き手がかの太田氏。ジャーナリストというよりはどこぞやの広報係とのイメージが拭えません。
こちらは専門ではないのですが(と言っても野良猫、飼い猫が老朽化した拙宅に侵入して来るので迷惑です)、パッと見、朝日が本丸との面は否めません。

Re: JustGiving

リクルート栄えて国滅ぶ さま、コメントありがとうございます。

> 「その先の実態はひょっとするとブログ主さんの方がご存知なのではないのでしょうか?」というのは、最近話題の西宮市の市長が元リクルートという意味からです。

残念ながら西宮市の市長さんはあまり興味がないです。
地方政治にも関心を持たなくてはならなのですがね。
最近、あの若い市長さんはいろいろと叩かれています。
面白い人といえばそうなのですが。
いろいろと情報提供ありがとうござます。
のちほど拝見いたします。


> 当方のテーマはメディアウオッチ。何かにつけて東大と小うるさいのがアエラ朝日だとして先年チェックした所、書き手がかの太田氏。ジャーナリストというよりはどこぞやの広報係とのイメージが拭えません。
> こちらは専門ではないのですが(と言っても野良猫、飼い猫が老朽化した拙宅に侵入して来るので迷惑です)、パッと見、朝日が本丸との面は否めません。

朝日、ルクルート、東大「ルート」ですか。
ところで太田匡彦氏は、東大法学部で博士課程まで終了しているでしょう。
私が思うには、かれは学者のとしての資質がないのではないですか。
だから朝日の記者に転向したのだと思います。
彼の文書を読めば、前提となる事実から導き出す結論が、論理的整合性がなさすぎるのです。
ぽーんと論理が飛躍してしまう。
ほかの件で検索していた時に、たまたまNiiCiで論文が掲載されていました。
日本の法規を英訳していました(動物関連の法規ではないです)。
大概、研究者として使い物にならない人をマスメディアが利用しますからね。

同姓同名

東大法学部というのは、恐らく別人。
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/about/kyoin/profile/ota_m.html

ご当人は文学部卒、なぜか触れていませんが、JTBを経て記者になったと思います。
http://sippolife.jp/authors/author.html?id=00853

既に他のブログでも指摘されていますが、団体顧問である太田光明氏が実父であるのならば、むしろ朝日新聞のコンプライアンスに抵触するのではと思います。

Re: 同姓同名

リクルート栄えて国滅ぶ 様

> 東大法学部というのは、恐らく別人。
> http://www.j.u-tokyo.ac.jp/about/kyoin/profile/ota_m.html

ご指摘ありがとうございました!
たまたま同姓同名の方っていらっしゃるのですね。
法学部卒の太田匡彦氏をボロクソに何かで書かなくてよかった。


>
> ご当人は文学部卒、なぜか触れていませんが、JTBを経て記者になったと思います。
> http://sippolife.jp/authors/author.html?id=00853


> 既に他のブログでも指摘されていますが、団体顧問である太田光明氏が実父であるのならば、むしろ朝日新聞のコンプライアンスに抵触するのではと思います。

TZCのことですか。
この団体は朝日新聞に設立の時にちょうちん記事を書かせていますよ。
太田匡彦氏の圧力でしょう。

No title

うわ、本当に同姓同名の人がいた。
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/about/kyoin/profile/ota_m.html
太田匡彦(教授 東大法学部卒~博士課程)

そりゃあ、CiNiiでなにげに論文がヒットするわけだわ。

「東大呆学部の太田匡彦氏」などと書いてしまって・・・
かの、動物愛誤の太田匡彦氏の勘違いです。
悪気はありません。
申し訳ないです。
東大のホストから、何度か「太田匡彦」というワードで検索してこちらにアクセスがった理由がわかりました(汗!)。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR