犬のノーリード(オフリーシュ)摘発と処罰強化を進めるドイツ~ドイツのリード義務は日本よりはるかに厳しい



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Potsdam
Wie angekündig t, haben Inspektoren in zivil und uniformiert Potsdams Hundebesitzer unter die Lupe genommen.
Ihre Bilanz: In 51 von 175 Fällen haben die Inspektoren bei den sogenannten Schwerpunktkontrollen am Mittwoch Verstöße von Hundehaltern festgestellt.
Die große Mehrzahl der Hundehalter hat sich somit tadellos verhalten, teilte die Stadt mit.
Obacht, auch in den nächsten Wochen wird wieder kontrolliert.
(Artikel veröffentlicht: Donnerstag, 24.09.2015 17:54 Uhr)


 近年ドイツ連邦共和国では、犬のノーリード(=オフリーシュ。ノーリードは和製英語で通じません。私がこのワードを用いる理由は、「ノーリード」で検索する方が多いからです)の摘発と処罰を強化しています。もとよりドイツ連邦共和国では全州で犬にリード(リーシュ)使用を義務付けて、州法などで規定しています。日本と異なり罰則規定が明文化され、実際に頻繁に摘発を行って罰金を科しているなどしています。指導に従わなければ、犬が警察官に射殺されることもあります。


 日本では「ドイツでは犬のノーリード(オフリーシュ)が認められている」という、真実とはまったく正反対の誤った情報が定着しています。さらにひどい、「ドイツでは犬にリード(リーシュ)を用いてはならない。やむを得ず使用しなければならない場合は2m以上の長さでなければならない」と驚愕するような嘘情報を拡散している方もいます。
 真実は先に述べたとおり、ドイツ連邦共和国全州で犬のリード(リーシュ)使用義務が州法などで明文化されています。日本と異なり、実際に専業の監視員が摘発を行い、罰金を徴収することがよく行われています。日本では法律では犬のリード(リーシュ)義務規定はありません。条例で定めている自治体はありますが、罰則規定もない、義務規定が曖昧なものも多いです。さらに実際にノーリード(オフリーシュ)の摘発を行い、処罰を行うことは皆無でしょう。犬のノーリード(オフリーシュ)の摘発のニュースの実例を挙げます。


Erfreuliche Bilanz Potsdam kündigt neue Hunde-Kontrolle an「満足な結果 ポツダム市は新たな犬の管理を発表しました」。2015年9月24日。

Am Mittwoch hat die Stadt Potsdam eine groß angelegte Kontrolle der Hundehalter durchgeführt.
Mitarbeiter des Ordnungsamtes gingen sowohl uniformiert als auch in zivil „auf Streife“.
Rund 20 Mitarbeiter des Ordnungsamtes der Landeshauptstadt Potsdam waren unterwegs.
Auch die Leine wurde gerne vergessen bzw. der treue Gefährte einfach nicht angeleint.
Diese Hundehalter müssen jeweils mit Bußgeldbescheiden in Höhe von mindestens 15 Euro rechnen.
Seit Frühjahr 2014 wurden die Kontrollen im gesamten Stadtgebiet verstärkt.
Bei einer Kontrolle müssen die Hundeführer bis zu vier wesentliche Dinge nachweisen können:
– die Steuermarke,
– eine Leine,
– geeignete Reinigungsmaterialien für den Kot sowie
– die roten bzw. grünen Plaketten, wenn „unwiderlegbar gefährliche oder widerlegbar gefährlicher Hunde“ geführt werden.
In 51 Fällen fehlte am Mittwoch mindestens einer dieser Dinge.
Auch in den kommenden Wochen wird es immer wieder Kontrollen von Hundehaltern geben - dann unangekündigt.

水曜日に、ポツダム市は犬の飼い主に対して大規模な摘発を行っています。
パトロールを行ったのは、法令順守局による制服と私服の両方の職員でした。
約20人の、ポツダムのポツダム法令順守局の職員が動員されました。
リード(リーシュ)は、忠実なコンパニオン(犬)に対して、多くの場合、単純に忘れたりなどでされていませんでした。
これらの犬の飼い主たちはそれぞれもっとも小額でも15ユーロに相当する罰金が科され、行政命令により納付する必要があります。
2014年の春以来、ポツダム市内全域で監視が強化されました。
検査時には、犬を散歩させている飼い主は、必ず4つのものを示さなければなりません。
ー犬税納付済み証(犬税登録済みの鑑識を犬につけていること)。
ー犬のリード(=リーシュ、曳き綱)。
ー適切な犬の糞の洗浄剤。
ー「危険の疑いがないか、または常に危険な犬」であるかを緑色もしくは赤色のリードで示すこと。
水曜日の一斉摘発では、51例でこれらのものの少なくとも1つが欠けていました。
その後は予告なしでー今後数週間以内に、必ず犬の飼い主のチェックがあります。


 ポツダム市は、第二次世界大戦終結時に、「ポツダム宣言」が締結された場所として有名です。ベルリン市の南西に位置する独立市です。ポツダム市の犬のノーリード(オフリーシュ)の罰金は15ユーロとのことで、金額は他のドイツの都市より安いです。例えばベルリン市はノーリード(オフリーシュ)は基本的には35~55ユーロの罰金ですが、累犯や犬種などにより悪質と判断されれば刑事起訴され、最高5,000ユーロ(62万円。1ユーロ=124円)までの罰金が科されます(この件については、近く記事にします)。また自然保護区域でかつ時期は限られるものの、ニーダーザクセン州のギフホルン市でも、犬にリードを使用していなければ5,000ユーロもの高額の罰金が科せられます。これはおそらくベルリン州とともに、世界で最も厳しいノーリード(オフリーシュ)に対する罰則ではないでしょうか。
 しかしポツダム市の15ユーロは「最低額」です。さらに記事にある4項目の合計で罰金が科されるのかもしれません。それにしても、犬の危険度に応じてリード(リーシュ)の色を使い分けなければならないとか、犬糞洗浄剤を携行しなければならないなど、なんとも細かい規定です。さらに監視員を導入して実際に摘発して罰金を徴収するのですから、ドイツの犬のリード(リーシュ)規則は、日本よりはるかに厳しいと言わざるを得ません。

 ドイツの犬のリード(リーシュ)義務規則は、何もポツダム市だけが厳しいのではありません。罰金額で比較すれば、ポツダム市はかなり安い自治体です。また摘発も、ベルリン市などでは頻繁に行っています。罰金のみならず、犬にリード(リーシュ)を使用せずに、その犬が飼い主の制御下にないとみなされれば、警察官がその犬を射殺することも珍しいことではありません。
 昨年は、犬がノーリード(オフリーシュ)であったために、警察官に射殺された事件がいくつかありました。それらの犬は、けして人を攻撃して危険な状態ではなかったのです。次回は、昨年にドイツ、ベルリン州で、ノーリード(オフリーシュ)が原因で犬が射殺された事件を紹介します。
 日本で流布されている、「ドイツ連邦共和国では犬はノーリード(オフリーシュ)が認められている」、はなはだしきは「犬は人権ならぬ犬権が認められた存在なので、リードを使用することが禁じられている」という情報が正反対の大嘘であることがお分かりいただけると思います。


(画像)

 「犬にリード(リーシュ)を付けよ」という看板。この看板はベルリン州にあったものですが、ドイツ国内には日本とは比べ物にならないぐらい同様の看板が目に付きます。それと日本と異なるのは、「犬全面禁止」の看板も大変目に付くことです。この看板のある場所は、どんな小型犬だろうが、口輪、リード(リーシュ)をしていても、犬を入れてはなりません。大変身近に「犬全面禁止エリア」が存在します。例えば児童公園は多分ドイツ連邦全土で犬全面禁止でしょう。それとか水泳が出来る湖畔や芝生、墓地を全面禁止にしているところがあります。
 ベルリン州にあるグリューネヴァルト公園は日本で「全域が犬のリードが必要ない犬のフリーエリア」と紹介されていますが、真実は多くの面積が犬が全面禁止です。2016年からベルリンでは、州内全域で犬のリード(リーシュ)が義務付けられます。リード(リーシュ)を使用しなくて良いのは、特別に許可を受けた犬の飼い主になります。ベルリンの州法改正は、近く記事にします。

ベルリン 犬リーシュ 看板 (640x427)


嘘情報を拡散している狂人たち


・NHK

(画像)

2012年11月1日放送、NHK「地球イチバン 地球でイチバンペットにやさしい街ベルリン」の番組HPより。この番組の内容はほぼ全てが嘘です。
もちろんベルリン州は市街地では例外なく犬のリード(リーシュ)が法律で義務付けられています。
頻繁に専業監視員が犬のノーリード(オフリーシュ)摘発を行い、罰金を徴収しています。また指導に従わない飼い主の犬は、警察官に射殺されることもあります。 
私はこの番組の誤りについて、数十回メールで指摘しましたが、未だにこの番組を英語配信しているようです。
日本ならば嘘を糊塗できるかもしれませんが、ヨーロッパでは不可能です。
これ以上、日本の国有メディアの恥をさらさないでください。

(自動翻訳で私の記事をご覧になる方のために、NHKのHPの記述を示します)。
犬に人権ならぬ「犬権」が認められ、殺処分ゼロを誇る「地球でイチバンペットに優しい街」がドイツベルリン。
街では大型犬も首輪やリード(リーシュ)なしで歩き回り、ペット専用の孤児院まである。
ペットはペットショップにいない(ペットをペットショップでは販売していない)。

(ドイツの皆様、日本の国有放送NHKは、狂っていると思いませんか?)。

o0715052612264867732.jpg



・自称、ドイツ連邦獣医学博士、京子アルシャー氏
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-530.html

氏は本当にこのようなことを講演会で発言したのでしょうか。
もし事実ならば病的な虚言癖です。
精神科で受診された方が良いのでは?

(ドイツでは)人込みの中に犬を連く時のリードの長さは2m以上なければいけない。
2mもあったら絡んでしまって危ないのではないかと思うのですが、ドイツでは犬が人込みを怖がった時に2m以上の距離が必要だから。
外を散歩している犬たちはほぼオフリードの状態。
ドイツでリードをつけて散歩している犬は噛む犬なので危険だから近づいてはいけない。
犬がリードに常に繋がれて散歩するということは正常な行動を表現するという自由から逸脱しています。
ですからドイツではリードをつけて散歩することは虐待につながる。
公園を自由に散歩ができるドイツがうらやましい。


参考のために、講演会開催時の、ベルリン犬法の条文を挙げてきます。

berlin Hundegesetz
§ 3 Leinenpflicht
(2) 1Hunde sind
1. in Treppenhäusern, sonstigen der Hausgemeinschaft zugänglichen Räumen und auf Zuwegen von Wohnhäusern,
2.in Büro- und Geschäftshäusern, Ladengeschäften, Verwaltungsgebäuden und anderen öffentlich zugänglichen baulichen Anlagen,
3.bei öffentlichen Versammlungen und Aufzügen, Volksfesten und sonstigen Veranstaltungen mit Menschenansammlungen,
4.in öffentlichen Verkehrsmitteln, auf Bahnhöfen sowie in und an den dazugehörigen Gebäuden und Haltepunkten und
5.in Fußgängerzonen sowie auf öffentlichen Straßen und Plätzen mit Menschenansammlungen an einer höchstens einen Meter langen Leine zu führen.
§ 12 Ordnungswidrigkeiten
(1) Ordnungswidrig handelt, wer vorsätzlich oder fahrlässig
 
ベルリン 犬法
3条 犬のリード(リーシュ)
(2)すべての犬においては、
1項 飼い主以外の家の階段室などの、他者が立ち入ることができるスペースと進入路上では(集合住宅の共用廊下や階段と考えて良いでしょう)、
2項 オフィスや商業ビル、店舗、オフィスビルやその他の公共の建物や構造物においては、
3項 市民の集会やエレベーター、祭りや人が集まるその他のイベントでは、
4項 公共交通機関内、駅、建物とその周辺およびそれらの停留所で、
5項 歩道と人が集まる公共の道路や場所では、犬は1m以内の長さのリードを使用すること。
12条 犯罪 
(1)これらの違反を故意又は過失で行うことは、行政犯罪となります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(メモ)

http://onomichi.exblog.jp/8989996/
http://www.dobutsuhakai.xyz/index.php?%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%82%92%E6%AE%BA%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E5%9B%BD%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
太田匡彦氏の強靭ぶりには絶句。

http://www.ne.jp/asahi/gpca/tokyo/Mook/Article/82_senshinkoku_doitsu1.html
太田匡彦氏の父君、麻布獣医科大学大学元学長がNHKの番組で「ドイツにはペットショップが皆無である」と大嘘発言をしている。
強靭ぷりって、遺伝するんですね。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR