続・「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(アメリカ編)

I dedicate deep condolences to the terrorism victims in Paris.



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
New Regulations Imposed On Internet Pet Sales, USDA Cracks Down On ‘Puppy Mills’September 11 2013
The USDA has announced new regulations regarding pet sales online that will protect dogs.
Dog breeders who breed at least four female dogs and then sell the puppies online, by mail, or over the phone will be forced to comply with the same regulations as wholesale breeders.
The new rules will crack down on puppy mills and ensure that dogs receive proper care.
They do not have forbidden to sell such as a dog on the Internet in the United States.
Online sales breeder who owns 4 or more of female dogs is required license.
But NHK (Japan state-owned broadcasting) is reported.
In Western industrialized countries all, pet sales are prohibited by the Internet.
This is a big lie!


 記事、
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(ドイツ編)
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(イギリス編)
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)
続・「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)
続々・「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(アメリカ編)
の続きです。本記事では、NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)で、「犬などのペットのインターネット販売が行われていた日本は、世界でも特異なペットの大量生産大量販売を行っている国である」との報道内容が、全く正反対の大嘘であることを述べました。今回は前回二続き、アメリカの犬などのインターネット販売について述べます。



 アメリカの動物愛護団体、The Humane Society of the United Statesの代表者である、ウェイン・ピーサル氏が、大手メディアに寄稿した記事から引用します。N.C. Puppy Mill Rescue Highlights Deception, Dangers of Internet Sales of Dogs, Cats「ノース・カロライナ州のパピーミルでの子犬レスキューは、犬と猫のインターネット販売の危険性と詐欺商法を強調しています」。2014年8月10日。


As our animal rescue team entered a trash- and feces-filled house last Friday to rescue more than 50 dogs and cats from an Internet pet seller in Rutherford County, N.C.
Baby blue eyes were encrusted with brownish debris and likely infected.
Like five other cats and dozens of dogs in that puppy mill, she was struggling to breathe in a room that reeked of urine.
But thousands of other animals are suffering just like she was, sight unseen, at the hands of irresponsible breeders who provide puppies and kittens to Internet mega stores.
People who buy pets online, often never knowing the reality behind the soft, brown noses and warm bellies of the puppies and kittens.
This North Carolina puppy mill was apparently selling puppies and kittens through a number of legitimate-looking websites.
The sellers are extremely slick, often posing as groups of local prescreened breeders, and offering misleading guarantees.
There are approximately 10,000 puppy mills operating in the United States and many of these sell puppies online.

私たち動物の救助チームは、ノースカロライナ州ラザフォード郡のインターネットのペット販売業者から50以上の犬や猫を救うために先週の金曜日にゴミ箱ーつまり糞で満たされた家に入りました。
仔猫の青い目は、茶色がかった斑点があり、おそらく感染症に感染していました。
パピーミルの中では、ほかの数十頭犬のと、他の5匹の猫と同様に、その母猫は尿の悪臭に満ちた部屋で、息が詰まるように苦しんでいました。
しかし、その光景が目に見えないだけで、巨大インターネットのペット販売店に仔犬や仔猫を提供している無責任なブリーダーの手で、数千もの他の動物たちは、その母猫と同じように苦しんでいます。
オンラインでペットを購入する人々は多くの場合、柔らかな、仔犬の茶色い鼻と仔猫の暖かなお腹の背後にある、(パピーミルの残酷な)現実をけして知ることはありません。
このノースカロライナ州のパピーミルは、明らかに合法的に見える、数多くのウェブサイトを介して子犬や子猫を販売していました。
インターネットによる販売業者は多くの場合、地元の、事前にスクリーニングされたブリーダーのグループを偽装しており、非常に狡猾です、そして誤解を招く商品保証をしていました。
アメリカ合衆国では約1万ものパピーミル(仔犬の製造工場)が操業しており、これらの多くは、オンラインで仔犬を販売しています。



 上記の記事では、以下の事柄が書かれています。

①アメリカには約1万ものパピーミルが存在し、繁殖環境は極めて劣悪である。
②その多くがインターネット販売を行っている。
③インターネット販売においては、合法的なインターネット販売業者の名義貸しが行われている。


 ③については、私はヨーロッパにおけるインターネットでの犬猫などの販売において、「名義貸し」が行われていることをしばしば書いています。スイスは、すでに犬の新規取得の半数が外国から主にインターネットで購入されたものです。しかしスイスの愛犬家団体や動物愛護団体などが、仔犬などの劣悪な環境での飼育繁殖の温床となるとして、外国(特に東欧)からインターネットで仔犬などを購入しないよう啓発活動を行っています。事実、病気や障害のある子犬などが多く、トラブルになっているからです。
 そのために、東欧などのブリーダーは、おそらくスイスのブリーダーの名義をかりて、やすく仔犬を販売していると推測されます。スイス国内の出品者に限る仔犬などのインターネット販売サイトでも、価格が安すぎるからです。例えば、純血種の仔犬で200スイスフランを切る価格は、スイスの国内生産では不可能だと思います。
 その傾向はドイツでもあります。また、イギリスでは、動物愛護団体が、はっきりと「東欧などから密輸入された仔犬などが国産(イギリス産)と偽装されてインターネットで売られている」明言しています。 


 アメリカにおける、仔犬などのインターネット販売サイトを具体的に挙げておきます。挙げたらキリがないです。ほんの一例です。

puppyfind.com
Dogs For Sale, Puppies for Sale
Puppies for Sale, Dogs for Sale from Dog Breeders
hoobly.com
wantaddigest.com


 以上より、NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)で、「犬などのペットのインターネット販売が行われていた日本は、世界でも特異なペットの大量生産大量販売を行っている国である」との報道内容が、全く正反対の大嘘であることがお分かりいただけると思います。
 NHKの本番組の内容の要約を示しておきます。全くNHKは、恥というものを知らないのでしょうか。あまりにもひどい、正反対の嘘は、見ている私のほうが絶句します。


 NHKの本番組の要旨。

①犬などのペットの大量生産大量販売を行っている日本は、世界でも特殊な動物愛護に遅れた国である。日本のペットの大量生産大量販売を支えていたのは、犬などのペットのインターネット販売である。
②犬などのペットの大量生産大量販売、それを支えるインターネット販売が、ペット業者による犬の大量遺棄の一因である。
③動物愛護に先進的な先進国では、犬などのペットのインターネット販売を禁じている。ようやく日本もペットのインターネット販売を禁じたが、近年間でインターネットによる犬などの販売が行われていた日本は、動物愛護に遅れた国である。
④また、日本はようやく午後8時以降のペットショップでの生体販売を禁じるようになった。夜間のペット販売を禁じていなかったことも日本のペットの大量生産大量販売を支えており、犬の遺棄の一因でもある。海外の動物愛護に先進的な国ではありえず、日本の動物愛護の後進性を示している。


(画像)

 上記を説明する、TV番組で使用されたパネルです。(上)「日本は世界的に見ても特殊なペットのインターネット販売が許可されており、ペットの大量生産大量販売を行っている」ことを示しています。そのために、大量生産~在庫の発生~犬などの違法な遺棄が起きる」、と説明しています。
 (下)ようやく日本も欧米先進国に倣ってペットのインターネット販売と夜8時以降の店頭販売を禁じるようになった」と説明しています(しかし真実は、インターネット販売と夜間のペット販売を禁じているのはおそらく日本だけと思われます。つまりNHKの本番組での説明は正反対の大嘘)。

NHK 週間ニュース深読み

週間ニュース深読み1


(参考資料))

Sale of dog over internet ends in fatal shooting
「インターネット上で犬の販売は、射殺に終わりりました」。2015年1月30日。

 アメリカで起きた事件ですが、インターネットでの犬の販売を巡ってのトラブルで、殺人事件まで起きました。NHKの報道、「ペットをインターネットで販売してた日本は世界でも特殊な国で、ほかの先進国ではありえないこと」はバカ丸出し(大笑い)。
 寒川由美子解説員は、「スイスでは生き物の売買が禁じられていてできない」と全国放送で公言していますから。地球上で生き物の売買を法律で禁じていてできない国は皆無だと断言します。知能が正常な域に達しているとは思えません。今からでもしかるべき医療機関を受診した方が良いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

関係ない話ですが、ドイツの酢キャベツ(ザワー・クラウト。キャベツを乳酸発酵させた酸っぱい漬物)がまずいという話題。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12152756372

NHKに苦情を入れました

https://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
NHKに対する苦情の申し入れ先

本番組では「日本は犬などのペットの大量生産大量販売をしている遅れた国。近年まで先進国では禁じられているインターネットでのペット販売が許可されていた」としている。
しかし現在インターネットでの犬などのペットの販売を禁じているのは全世界で日本だけである。
アメリカは約1万もの劣悪な飼育を行っている犬繁殖業者が仔犬のインターネット販売を行っているという報道がある。
猫も同様である。
アメリカ以外でも、ヨーロッパ、オセアニア、カナダでも犬などのペットのインターネット販売を禁じている国はない。
日本以外でインターネットによるペットの生体販売を禁じている国の具体名と根拠法(その国の原語で)を必ず回答せよ。
回答がなければ、本番組の報道は大嘘である。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-735.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 間違ってうっかり地元のバカ掲示版を見たら!
>
> 001 投稿者が書きこみを削除しました
> 002「目撃者情報求む」
> 003 投稿者が書きこみを削除しました
> 004 えっ!?猫を蹴ったの?
>
> のような書きこみがあり、他にも私をほのめかすような書きこみがいくつかあり、いい加減腹が立ち、弁護士に一時間くらい相談することにしました。


あなたが特定できるような書き込みでなければ、名誉毀損などの犯罪は成立しませんね。


> 「投稿者が書きこみを削除しました」の部分に何が書いてあったかわかりません。

その削除された部分がどのような書き込みかわからなければ何とも言えないです。
あからさまにあなた個人を名指しするような書き込みであれば問題があります。


>警察も受理を嫌がり、罰金刑程度とのこと。

侮辱罪、名誉毀損は、警察が一番嫌がる告訴でしょうね。
弁護士に依頼してやっと受理してもらえるかもしれません。


> この国では基地害に絡まれたら、どうしようもないんでしょうか?

現に犯罪事実があるか、緊急性がなければ警察は動けませんよ。


> こういった被害もNHKや民放はシッカリ伝えてもらわないと、何かあってからでは困ります!「動物依存の問題」とか材料はいくらでもあるはずです。「エサハラ」でもなんでもいいので、大変な問題、とすぐに認識できるよう被害の酷さを伝えるべきです!
> 地域猫なんか近隣住民にとっては一種の報道被害です。

それは私も感じています。
しかし理由は分かりませんが、マスメディアはほぼ全てが愛誤よりのスタンスです。
私が誤りを指摘して、BPOにも訴えて、それでも愛誤嘘プロパガンダ報道を繰り返します。
嘘と知りつつ、確信犯でやっています。
完全に放送法に違反しますが、この法律は罰則規定がありませんので。
メディアに対しては、一人でも多くの方が抗議することを期待します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> さんかくたまご様 こんにちは
>
> アドバイスありがとうございます。
> 少し落ち着きました。昨夜は頭がカンカンで少し脅すようなほのめかす書きこみをしたら、ピタリと餌やりと思われる人物の書きこみが止まりました。意味がわかっていないのか、どうなのかわかりませんがかなり気が小さいようです。普通の文章を読み取るのはたまに全然できてないアホですが、危機感などには敏感です。本人達がそればかり考えているからでしょうか。男の書きこみにも弱いようです。しかし気が小さい人間ほど危険と言いますから要注意ですが。なんで喧嘩売ってきて、被害者面してるのかわけがわかりません。
>
> 削除した部分に何を書いたかわかりませんが、実害が出たら弁護士を使うことにします。
>
> ↑の部分は引用なしでお願いします。
>
> 英語ができないので、勉強ついでにTNRで検索をしたら、アメリカでもペットフード産業と愛誤の絡みについてふれてあるような記事がありました。
> petsmartとpetcoのような企業が愛誤に資金提供
> http://www.motherjones.com/environment/2011/06/cats-tnr-birds-feral
>
> 全部訳してないのでよくわかりませんが。
>
> イギリスで愛誤がさんざん嫌がらせをやらかした結果、そのような行動を禁止する法律ができて、その後愛誤の嫌がらせは海外企業に向かったようです。
> 「動物愛護・環境保護団体の最近の動向について」(PDFファイル)
>
> TNRが尻すぼみのアメリカでは、今度は日本に標的を向けているんでしょうか?わかりませんが。

Re: No title

鍵コメ様

コメントありがとうございます。
狂信的な人には、十分注意してください。


> 英語ができないので、勉強ついでにTNRで検索をしたら、アメリカでもペットフード産業と愛誤の絡みについてふれてあるような記事がありました。
> petsmartとpetcoのような企業が愛誤に資金提供
> http://www.motherjones.com/environment/2011/06/cats-tnr-birds-feral

> イギリスで愛誤がさんざん嫌がらせをやらかした結果、そのような行動を禁止する法律ができて、その後愛誤の嫌がらせは海外企業に向かったようです。
> 「動物愛護・環境保護団体の最近の動向について」(PDFファイル)
>
> TNRが尻すぼみのアメリカでは、今度は日本に標的を向けているんでしょうか?わかりませんが。

情報提供ありがとうございます。
のちほどリンクの記事を拝見いたします。
機会があればのちほど記事にさせてください。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR