続・「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Wo kaufe ich meinen Hund?
Internet-Verkauf von Hund in Österreich.
Nach den Bestimmungen des Tierschutzgesetzes ist das Anbieten im Internet nur gemeldeten ZüchterInnen, HändlerInnen und TierheimbetreiberInnen erlaubt.
Aber NHK (Japan staatlichen Rundfunks) wurde berichtet.
Alle Industrieländer haben Internet-Verkauf von Heimtier verboten.


 記事、
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(ドイツ編)
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(イギリス編)
「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)
の続きです。本記事では、NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)で、「犬などのペットのインターネット販売が行われていた日本は、世界でも特異なペットの大量生産大量販売を行っている国である」との報道内容が、全く正反対の大嘘であることを述べました。今回は前回に続き、オーストリアの犬などのインターネット販売について述べます。



 NHKは、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?(2014年11月22日放送)では、冒頭でこのように述べています。


・犬などのペットの大量生産大量販売を行っている日本は、世界でも特殊な動物愛護に遅れた国である。日本のペットの大量生産大量販売を支えていたのは、犬などのペットのインターネット販売である。
・犬などのペットの大量生産大量販売、それを支えるインターネット販売が、ペット業者による犬の大量遺棄の一因である。
・動物愛護に先進的な先進国では、犬などのペットのインターネット販売を禁じている。ようやく日本もペットのインターネット販売を禁じが、近年間でインターネットによる犬などの販売が行われていた日本は、動物愛護に遅れた国である。
・また、日本はようやく午後8時以降のペットショップでの生体販売を禁じるようになった。夜間のペット販売を禁じていなかったことも日本のペットの大量生産大量販売を支えており、犬の遺棄の一因でもある。海外の動物愛護に先進的な国ではありえず、日本の動物愛護の後進性を示している。


(画像)

 上記を説明する、TV番組で使用されたパネルです。(上)「日本は世界的に見ても特殊なペットのインターネット販売が許可されており、ペットの大量生産大量販売を行っている」ことを示しています。そのために、大量生産~在庫の発生~犬などの違法な遺棄が起きる」、と説明しています。
 (下)ようやく日本も欧米先進国に倣ってペットのインターネット販売と夜8時以降の店頭販売を禁じるようになった」と説明しています(インターネット販売と夜間のペット販売を禁じているのはおそらく日本だけと思われます。つまりNHKの本番組での説明は正反対の大嘘)。

NHK 週間ニュース深読み

週間ニュース深読み1


 前回記事、「インターネットで犬などのペット販売を行っていた日本は動物愛護後進国。他の先進国ではありえない」~と言うNHKの大嘘を暴く(オーストリア編)、では、一時期ではあるにせよ、ペットショップでの展示生体販売を限定的ながら禁じていた、ある面では動物愛護に最も先進的な国であるオーストリアについて述べました。
 そのようなオーストリアですが、ペットのインターネット販売は、禁じたことは今までありません。現在オーストリアでは、2008年以降は、登録されたブリーダーとペットショップなどのペット販売事業者、及びティアハイムの販売に限り、インターネットによるペット販売が許可されています。2008年以前は規制すらありませんでした。Wo kaufe ich meinen Hund?「私は犬をどこで買うことが出来るでしょうか?」。

 後に具体例を挙げますが、オーストリアの犬などのペットのインターネット販売は、ティアハイムの利用が多いということが特徴です。NHKは同番組で、ティアハイムについて、このような説明をしています。 
・ティアハイムは非営利団体である。
・ティアハイムは、会費と寄付で運営されている。
・ティアハイムは犬などの譲渡において、新しい飼い主の面接を行い、犬とのマッチングを厳格にしている。

 それを説明しているのが次の画像です。画像には、「ティアハイムは非営利団体である」、「ティアハイムは会費寄付で運営されている」、「保護した犬などのペットと、新しい飼い主のマッチングを面接により厳格に行っている」と示しています。
 それを元に、NHKの本番組では次のように結論づけています。
①日本のペット産業は、特異で動物愛護に遅れた商業主義の大量生産大量販売である。
②そのような日本のペットの大量生産大量販売を廃止し、スイスのような先進国のシステムを採用すれば、犬の遺棄は防止できる。
③スイスのような先進国のシステムとは、非営利性(NHKは「スイスでは生き物の売買が禁じられている」という驚愕大嘘をたれていますが、地球上で生き物の売買が禁じられている国は皆無であると断言します)のペットの譲渡システムを構築することである。
④非営利のティアハイムがペットの再譲渡システムを担って、動物福祉の観点から、ペットと新しい飼い主の面談を丁寧に行いマッチングを行う。インターネット販売などの非対面で犬などを販売するのは、スイスなどではありえないことである(ティアハイムにおける犬などのペット販売を、NHK無料、もしくはそれに近い極めて安価と誤認させる報道をしています。しかしスイスのティアハイムでの不要ペットの引取り料も、犬などの再販売価格も極めて高価です。例えば不人気の雑種の中型犬でも日本円で8万円などです)。
⑤ペットのインターネットの非対面販売を禁じていなかった日本は、ペットの大量生産大量販売の商業主義であり、スイスなどのティアハイムによる厳格な飼い主との面談を行っているペットの入手システムと比べて、動物愛護に遅れている。


(画像)

 上記①②③④⑤、を説明する画像です。

NHK週間ニュース深読み なぜ命は捨てられる


 しかしそれは大嘘です。真実は以下のとおりです。
③’ティアハイムは完全民営の営利団体です(ドイツ語圏の国ではすべて)。付加価値税(日本の消費税のようあもの)や法人税は課税されています(非営利団体であれば課税されません)。ティアハイムの主な収益源は、高額の手数料で引き取った犬などのペットを高額で再販売することや、たいへん高額な犬猫などの預かり事業の収入です(これが日本で言われている「終生飼育」のカラクリです)。
④’オーストリアのティアハイムは特に、インターネットでの犬などの非対面販売に力を入れています。
⑤’ドイツ、スイスでもオーストリアと同様です。ティアハイムの犬などのペットのインターネット販売は禁止されておらず、ティアハイムでの販売は、面談は義務付けられていません。



 NHKの本番組は、真実とは全く正反対の大嘘の羅列です。それを裏付けるために、オーストリアにおける、ティアハイムの犬の販売サイトの具体例をいくつか挙げます。

tieranzeigen

こちらの利用者(出品元)は、ほとんどがティアハイムの運営母体である動物保護団体(Tierschutzverein)です。
不人気の雑種の中型犬で200ユーロ~(2万6,600円。1ユーロ=133円)です。純血種もしくは雑種でも純血種に外見が近いもので350ユーロ~(4万6,550円~)などとかなり高価であり、純血種犬、外見が純血種犬に似ているもの、小型犬は概して高額で販売されています。
ティアハイムが非対面での犬などのインターネット販売を広く行っていることがお分かりいただけると思います。

willhaben.at

オーストリアでは、許可を得たブリーダー、ペット販売業者、ティアハイムしか犬などのインターネット販売はできないはずです。
しかしこちらは個人の出品が多いようです。

wegdamit.at

極端に幼齢の純血種の仔犬が、150ユーロ~程度の、驚く程の安値で出品されています。
私の推測ですが、これらの仔犬は、おそらく東欧のブリーダーが、オーストリア人のペット販売業者の名義を借りて迂回販売しているのだと思います。
「名義貸し」は、スイスの犬などのインターネット販売でもよくあることです。


 少し長くなりましたので、続きは次回以降の記事で書きます。次回以降の記事では、オーストリアにおける、インターネットでの犬などのペット販売の市場規模や、それに伴う問題などを取り上げたいと思います。
 NHKの本番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?、で報じられたことのほぼ全てが大嘘、捏造です。そのためにとりとめのない、焦点が絞りきれていない文章になってしまったことをお詫びします。


(参考資料)

Bundesrecht konsolidiert: Gesamte Rechtsvorschrift für Tierschutzgesetz, Fassung vom 13.11.2015「オーストリア 連邦動物保護法および規則、附則の全て 2015年最終改正」。

Das fragwürdige Geschäft mit Hunden「オーストリアの犬の怪しい商売(インターネット販売)」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NHKに苦情を入れました

https://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
NHKに対する苦情の申し入れ先

本番組では「日本は犬などのペットの大量生産大量販売をしている遅れた国。近年まで先進国では禁じられているのが常識の、インターネットでのペット販売が許可されていた。スイスではティアハイムという非営利団体が必ず飼主と面談を行って厳格にマッチングを行って犬などを譲渡している」としている。
しかし現在インターネットでの犬などのペットの販売を禁じているのは日本だけである。
スイスをはじめとするティアハイムは、インターネットで犬などのペットを非対面で販売している。
つまり本番組は大嘘。
NHKの「ティアハイムは、必ず厳格に飼い主を面談した上で犬などを譲渡している」が真実ならば根拠を示せ。 http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-730.html

No title

まあ・・・NHKは信用していませんが、せめてこの国を貶める様な放送は止めて欲しいですね。

ちなみにあるトルコ在住の日本人のブログで、散歩中にいきなりヨーロッパ人女性に呼び止められて、「この犬がりがりに痩せていて足も曲がっていて可哀想だから役所に電話して殺処分するように頼んで」と言われたそうです。どうも旅行者では無くトルコ移住者ではないかとブログ主は言っていましたが、ヨーロッパ人の考えの典型でしょうね「可哀想だから殺処分して」なんて。件の犬は他所のうちの飼い犬で(諸事情有り家庭)痩せていて足も曲がっているけど元気なのだそうです。

話し戻しますが、犬猫のネット販売なんてkijijiでもやっているし、ちょいと調べれば番組内様がおかしいのはわかるでしょうに。あ、毎回同じコメントしていますね。ちなみに最近私の家族の知人もオーストラリアからシルキーテリアの子犬を買いましたよ。旅行がてら引き取りに行ったそうですが、それまでの取引は全てメールだったそうです。

Re: No title

昇 様、コメントありがとうございます。

> せめてこの国を貶める様な放送は止めて欲しいですね。

NHKの、動物愛護に関する番組は、AtoZでは「日本は保健所で犬猫を大量殺処分している後進国」、旅のチカラ(この番組の二番煎じが「地球イチバン」である)では「ベルリンは殺処分ゼロで犬の権利が認められ、ホームレスでも犬税を払っていて、ティアハイムで終生飼育云々」、地球イチバンでは「前述の『旅のチカラ』の狂人の妄想レベルの蒸し返し」、団塊スタイルでは「ドイツでは生体販売をしているペットショップはない、とゲストの麻布獣医科大学学長の太田氏が、堂々と大嘘をたれています。そしてドイツでは老齢ペットのケアに厚いのだと(ドイツの犬の死因のほとんどが安楽死であるとのゲッティンゲン大学の論文があります。つまり犬猫が老齢で手がかかるようのなれば獣医師に安楽死を頼むということが普通)」、そして今回取り上げた、週間ニュース深読みです。
根底には、欧米コンプレックスと自虐、そして妄想愛誤思想です。
こんな番組を無理やり取り上げた受信料で制作しているのだから、居直り強盗です。


> トルコ在住の日本人のブログで、散歩中にいきなりヨーロッパ人女性に呼び止められて、「この犬がりがりに痩せていて足も曲がっていて可哀想だから役所に電話して殺処分するように頼んで」と言われたそうです。

それも余計なお世話。
でも欧米にはそのような感覚があります。
ドイツのノルトラインーヴェストファーレン州警察法指針で、クルマにはねられた犬などの動物を速やかに射殺するのは、苦痛を早く取り除く事になるので動物愛護に適うとありました。
それは本当です。


> 犬猫のネット販売なんてkijijiでもやっているし、ちょいと調べれば番組内様がおかしいのはわかるでしょうに。

あとtuutiとか、e-bayなどもヨーロッパでは大手です。
英語版ももしかしたらあるかもしれません。
NHKなんて海外特派員の経験者も局内に大勢いるだろうし、なぜ番組制作前に基礎的な情報をしらbrないのか、大変不思議に思います。


>最近私の家族の知人もオーストラリアからシルキーテリアの子犬を買いましたよ。旅行がてら引き取りに行ったそうですが、それまでの取引は全てメールだったそうです。

オーストラリアからの犬の持ち込みは楽でしょうね。
オーストラリアは狂犬病がないし、検疫が大変厳しい国ですから。
インドなどで書類が不備ですと、下手したら半年ほど保税倉庫で足止めを喰らうかもしれません。

No title

>ドイツでは老齢ペットのケアに厚いのだと
確かにケアに厚いですね。それなりのお金を払って安楽死させるんですから。日本では結構足腰立たなくなっても飼い主が介護している犬なんてかなりいます。それに比べたらアッサリしているもんですね。まあ、どちらが良いとは言えませんが。

オーストラリアからの持ち込みは生後3ヶ月くらいから出来ますので輸送比喩も安く済みますし、手荷物扱いの場合機内持ち込みも可能な場合もあるので。貨物扱いでもラゲッジエリアは空調気圧調整共にされているので暗いと言う事を除けばまあ良しでしょう。
非清浄国からは書類不備などで最大180日留め置かれる可能性もあるので書類や個体識別様のマイクロチップはしっかりしておかないと大変です。

No title

http://www.heute.at/news/oesterreich/ooe/tierleid./
オーストリアの動物愛護活動家の60歳代の女性は、20万ユーロの寄付金をすべて私的に流用した。
預かり犬38頭がネグレクトにより餓死。

No title

嫌な話ですね。
餓死させるならやらなきゃいいのに・・・いや、寄付目的だったんでしょうね。

Re: No title

昇様

> >ドイツでは老齢ペットのケアに厚いのだと
> 確かにケアに厚いですね。それなりのお金を払って安楽死させるんですから。

私の母親の実家が飼っていたコッカースパニエルは20年以上生きましたが、死ぬ数年前は白内障で目が真っ白で見えず、ボケが来て、飼い主も歯がない口で噛みました。
私も噛まれました。
死ぬ数日前は尿毒症で、相当苦しそうでした。
私は安楽死の方が楽なような気がします。
私の父も、肺動脈瘤が破裂して、死ぬ1週間前ぐらいは相当苦しみました。
人でも条件を満たせば、安楽死の方が人道的だとさえ思えます。


> 非清浄国からは書類不備などで最大180日留め置かれる可能性もあるので書類や個体識別様のマイクロチップはしっかりしておかないと大変です。

しかし日本では、海外からの国内持ちこみの犬猫などは、法律で殺処分の権限を関税事務所に与えていません。
書類に不備がある犬猫であっても、半年間保税事務所で経過観察をして、狂犬病などの感染症がなければ入国を認めます。
その点、北米、オセアニア、西ヨーロッパは厳しいです。
ドイツの日本大使館は、「書類に不備がある犬猫は、ドイツ政府が殺処分することがあります」とHPで明示しています。
スイスの統計では、約3割の犬が通関事務で不備が有り、殺処分されています(EU域内では通関事務がありませんし、北米やオセアニアはもともと検疫が厳しい国なのでOKなのでしょう。つまりアフリカやロシア、先進国以外のアジアからきた犬は、かなりの率で殺処分されているということです。
日本はなんとまあ、犬猫に優しい国なのでしょうか。

Re: No title

昇様

> 餓死させるならやらなきゃいいのに・・・いや、寄付目的だったんでしょうね。

多分、寄付金詐欺でしょう。
オーストリアは、動物虐待の最高刑が懲役1年までです。
日本の方が厳しいのが意外です。
しかし日本は、なぜが犬猫ボラの多頭飼育崩壊に対しては甘いです。
動物愛護管理法違反で検挙すべきです。

まぁNHKの言う事が可能であれば・・・

ちょっと話は変わりますがNHKの資産は1兆円あるそうです。

そんなに日本が動物愛護で遅れた後進国だというのであれば、NHK曰く既に他の先進国で殺処分せずに済む動物愛護があると言うのですからNHKの意味不明なくらいある資金でやってみりゃいいと思いますね。
嘘をついてないのであれば実行して証明すべきです。

1兆円もあっという間になくなりますねw

この恥知らずな国営放送をうたう売国報道局ってさっさとスクランブルかけて欲しいもんです、さっさと地上から消えて欲しい。

Re: まぁNHKの言う事が可能であれば・・・

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> NHKの資産は1兆円あるそうです。

はい。

> そんなに日本が動物愛護で遅れた後進国だというのであれば、NHK曰く既に他の先進国で殺処分せずに済む動物愛護があると言うのですからNHKの意味不明なくらいある資金でやってみりゃいいと思いますね。

それは法律場不可能ですが、1兆円をつぎ込んだとしても、不適正飼育を温存(私は認可地域猫も不適正飼育の一種だと思っています)したままでは、あっという間に資金は底をつくでしょう。
それよりも、日本中アニマルシェルターだらけで、土地の確保が難しくなりますよ。


> この恥知らずな国営放送をうたう売国報道局ってさっさとスクランブルかけて欲しいもんです。

技術的にスクランブルをかけて有料化するのは簡単なことです。
それをやらない理由は、有料化すれば、払わない~未加入者が激増して、かえって受信料が減るのが確実だからです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR