日本は動物愛護後進国かー6 続 ドイツ編





 ドイツには、日本の保健所(動物管理センター、動物愛護センターという名称もある)と異なり犬猫等のペットの収容と殺処分を行う施設はありません。ドイツでは遺棄された犬猫等や、飼えなくなった飼い主から犬猫等を引き取る動物保護施設をTierheimと言います。
 Tierheimは民間の非営利団体です。運営資金も民間の寄付でまかなっています。


Tierheim wikipedia
ティアハイム ウィキペディア

Ein Tierheim oder Tierasyl ist eine gemeinnutzige Einrichtung,
die dem Tierschutz dient und meist privatwirtschaftlich betrieben wird, vor allem von Tierschutzvereinen.

Tierheim (動物保護施設)やTierasyl (動物の聖域)は、非営利団体です。
動物福祉活動を行うことを許可されていて、主に民間の動物福祉団体によって運営されます。



 ドイツでは、公的機関が動物を保護し、飼育し、譲渡先を見つける等の活動は原則行いません。民間ボランティアが担います。ところが「ドイツでは、公営の動物保護施設があり、不要になったり遺棄された犬猫は公費で終生飼育される」と書かれている動物愛護(誤)団体のHPが多いです。
 私のブログにもしばしば、「動物愛護先進国ドイツは、遺棄されたり飼えなくなった犬猫を公営のシェルターで終生飼育する。動物愛護後進国の日本も、公営シェルターで保護した犬猫の終生飼育を公費で行うべき」というコメントをいただきます。


ペット情報局 インタビュー NPO法人ちゃんねるone

動物シェルターの運営を、ドイツでは民間でなく政府がやっているのです。
保健所で殺処分直前の犬達を保護することもあるそうです。
日本では民間の団体がシェルターの役割をしています。



 ???ドイツでは、保健所では殺処分を行っていませんし、公の殺処分施設はありません。なぜ誤った情報が広まっているのでしょうか。以下の記事は、ドイツの動物保護施設の現状が書かれています。


Auch Haustiere leiden unter der Wirtschaftkrise
「しかしペットも経済危機に苦しんでいる」2010年

Unter den Folgen der Wirtschaftskrise leiden auch die Haustiere ?
Tierheime horen immer haufiger das Stichwort ?Geldmangel“
Fast drei Viertel aller Abgabetiere mussen ins Heim,
weil ihre Besitzer eine teure tierarztliche Behandlung oder Spezialfutter nicht mehr finanzieren konnen.
Die Zahl der ausgesetzten Tiere liegt 2009 wesentlich höher als in den Vergleichsmonaten der letzten Jahre.
Viele der bundesweit etwa 1500 Tierheime platzen bereits aus allen Nähten.
Jedes Jahr werden in Deutschland knapp 500.000 Tiere ausgesetzt.

経済危機は、動物たちにも影響を与えました。
ティアハイムが頻繁に聞かされるキーワードは「資金不足」。
ティアハイムの経営者は、もはや高価な獣医治療や特別なフードの支払いができなくなりました。
ですから4分の3の保護動物は、飼い主に返す必要があります。
1500ものティアハイムの経営は、すでに破綻しかけています。
2009年は、近年のいずれの月に比べても捨てられた動物の数は多かったです。
ドイツでは、毎年50万匹ものペットが(所有者不明として)公開されます。



 この記事が掲載された2010年当時より、ヨーロッパの経済状況はさらに悪化しているでしょう。ドイツでも、民間資本のティアハイムが資金難に陥っています。経済情勢の悪化により、ペットを手放したい人や遺棄する人が増えていますし、寄付も減っているからです。
 保護するべき犬猫は際限なく増えて、それらを保護する資金は細るばかりなのです。ティアハイムは老いたり病気があるなどの犬猫や、野良猫の引受を断ります。それが犬猫等の遺棄数の増大となります。また経営が苦しいティアハイムが、保護した犬猫の安楽死処分も行なっています。

 毎年ドイツでは、確認されているだけで50万匹もの犬猫等が遺棄されます。実数では、それ以上の数の犬猫が捨てられているはずです。さらにドイツでは、野良猫の生息数が200万匹と推計されています。もちろん野良猫の自然繁殖による増加も多いでしょう。
 遺棄された野良犬野良猫は、多くが銃やわなで駆除されます。また動物保護施設でも安楽死は行われます。理想はノーキルであっても、犬猫の供給は無限大で増えていき、動物保護施設は資金難で受け入れることが不可能、そして再譲渡先が限られているのですから、何らかの形で犬猫等を致死処分せざるを得ないのは現実です。
 ドイツでは、ティアハイムなどの民間動物保護施設における安楽死処分についての分析データが存在します。ドイツでは、動物の安楽死は禁じられていません。法律で基準は定めらられています。折々ご紹介していきたいと思います。


 神戸市動物管理センター。こちらは神戸市と民間ボランティアの協同で動物保護施設を運営していて、保健所収容犬の一般譲渡に力を入れています。なお猫は対象ではありません。この神戸方式は、世界的に見てもかなり成功している部類です。ハードは公が提供、運営というソフトは民間ボランティアが担います。この形式は、米国のAnimal Shelterに近いです。しかし米国でも、完全民営の動物保護施設が多いです。
 対してAnimal Shelter(英)、Tierheime(独)といったヨーロッパの動物保護施設は、ほとんどが民営です。

動物管理センター
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さんかくさん、久し振りに読ませて頂きました。
これ良い記事だと思いますね。嘘のでっち上げ書くのも居れば、動物愛護を世間に語るには少々知識不足で書いてる様な方も大勢居るんでしょうね。さんかくさんのこの記事読んで、以前に猫ボランティアさんと海外のシェルター関連の話をした時に「ティアハイムって何ですか、それ?」と言われて少々驚いたのを思い出しました(笑) 。野良猫、野良猫書いてるサイトなんて殆どがそんなのじゃないでしょうか?

>理想はノーキルであっても、そして再譲渡先が限られているのですから、何らかの形で犬猫等を致死処分せざるを得ないのは現実です。

そうなんですよ。シェルター数増やしたければ殺処分数も同時に増えるんですから結局ノーキルなんてあり得無い。そういう現実は徹底的に見ない・考えない様にして自分達の思想だけでやってるのはそれはもう、カルトと変わらない。他にも「ペットショップは悪」と言われてたら右えならえで同じ事言う。では、「店頭で保護犬猫を譲渡するのに場所借りするのは悪か?」……と言われたらそれは答えられ無い。何処とは言いませんが海外ではそんな事やってた連中も前に居ました。そういう人達でも止むを得ず安楽死を選ぶ場合もあると思います。

なにも考えずにノーキル、ノーキルって言ってるのが一番簡単に動物愛護な感じに浸れるのかも知れないですね。

動物愛護を語る人が

動物愛護を語る人が心優しい善人とは限りませんね。

行政の殺処分OKの意見だったらあんたがガス室行けとかナチですか?と言う感じの意見がわんさかです。

結局、経済的合理性を無視して感情論を言っても机上の空論です。

猫が殺処分になるのは受給で余り過ぎて経済的合理性からカスレベルになっているからなのは間違い有りません。

異常繁殖させず貴重な動物になる環境整備すれば殺処分は無くなるはずです。

パンダを殺処分するなんて論が起きないのと同じです。

話は変わりますが、さんかく様のご意見でペットフードに税金をかけるのも良い方法ですね。

それと共に和牛の様に完全個体管理して税金をかけたら殺処分も減るでしょう。

人は高級品を大切にします。

あと内澤旬子さんの飼い喰いブログを読んで千葉県食肉公社だけで毎日1800頭の愛護動物である豚が〆られているそうです。

殺処分の比じゃない。

さて愛誤の皆様はネットテロを展開するのですかね笑。

あまり記事と関連ないコメントで申し訳ないです。

Re: taka様

taka様、お久しぶりです。

>嘘のでっち上げ書くのも居れば、動物愛護を世間に語るには少々知識不足で書いてる様な方も大勢居るんでしょうね。

知識不足で善意で誤ったことを書くのはまだ許されますが、嘘と知りつつ自分たちの主張を無理やり通すための確信犯的嘘は許しがたいです。


>猫ボランティアさんと海外のシェルター関連の話をした時に「ティアハイムって何ですか、それ?」と言われて少々驚いたのを思い出しました(笑) 。

ブログで海外動物愛護事情を持ち出すのならば、せめてその国の文献くらいはチェックして欲しいです。
ドイツ語の自動翻訳で意味不明ならば、身近で第二外国語で履修している人はいくらでもいるはず。
英語は全ての人が履修していますし。


>現実は徹底的に見ない・考えない様にして自分達の思想だけでやってるのはそれはもう、カルトと変わらない。

過激な動物愛誤活動はカルトと通じるところがあります。
彼らが主張していることは、客観的にいくらでも矛盾点をつくことができますが、それでも「私たちは正しい」なんです。
理屈ではなくて「教義」なんですよ。


>「店頭で保護犬猫を譲渡するのに場所借りするのは悪か?」……と言われたらそれは答えられ無い。

日本でもそう言うペットショップがたまにありますよ。
保護猫ならば、店頭での生体販売はOK?


> なにも考えずにノーキル、ノーキルって言ってるのが一番簡単に動物愛護な感じに浸れるのかも知れないですね。

彼らが求めているのは動物愛護ではなくてカタルシスでしょう。
か、もしくはビジネス。

Re: 動物愛護を語る人が

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 動物愛護を語る人が心優しい善人とは限りませんね。

むしろちょっとプシで怖い人が多いです・・・

> 行政の殺処分OKの意見だったらあんたがガス室行けとかナチですか?と言う感じの意見がわんさかです。

人と犬猫を同列視することが異常です。


> 猫が殺処分になるのは余り過ぎて経済的合理性からカスレベルになっているからなのは間違い有りません。

供給が無限大で、需要が飽和状態ならば、致死処分はやむなし。
殺処分をゼロに近づけたいのならば、適正飼育化のために極めて重い罰則をつけることぐらいしなければなりませんが、それに率先して反対するのが愛誤です。


> 話は変わりますが、さんかく様のご意見でペットフードに税金をかけるのも良い方法ですね。

楽天の記事ですか。
ペット課税については、かなり力を入れて論じました。
覚えていてください、ありがとうございます。


> それと共に和牛の様に完全個体管理して税金をかけたら殺処分も減るでしょう。

ドイツには犬税があります。
そのためか、犬に関しては適正飼育が進んでいます。
でも猫は案外放任なんですよ。
変なところで日本とドイツは似ています。


> さて愛誤の皆様はネットテロを展開するのですかね笑。

猫も牛、馬、豚、いえばとと法律上は同じく愛護動物です。
なぜ猫だけ特別扱いしなくてはならないのか、その根拠が不明です。
猫を家畜として飼育し、食肉や比較にするのは合法です。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

>  愛誤にかかれば、人と動物の関係は1種類です。
>  愛玩用。
>  だからカラスもイノシシにも、クマにも餌付けをします。

なるほど、愛玩用ではない食肉用家畜や使役動物の乗用馬に対しては冷淡なんですね。
ところで、犬肉は、毎年5トン前後の輸入があります。
このことに騒いでいる愛誤はいません。
愛玩ではなくて食肉用だったらいいのかな?

例の粘着君「ななし」が

色々と〆る画像を貼れとか急かしてますね。

そんなら、自分でやればと返答しましたが。
愛誤ってのはどうも人を唆すか騙して
公害を撒き散らしたい様です。

この手のハウスってのはどの道、行き詰るのは自明ですが
何故か日本の愛誤は絶賛曲解したがるのはねぇ・・・。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

>  欧米では、ペットの安楽死措置は個人飼主責務であるのが基本としてある。
>  日本はそれが行政依存なのです。

そうです。
特にヨーロッパでは。
ですから行政が行った殺処分数としての統計が極めて少ない、もしくはゼロになるのです。
しかし致死処分を行政が粉うか、個人が行うかの違いだけで、実際の数は相当数あります。


>  個人飼主責務の確立と保健所依存からの脱却が先ず、問い直されるべきが、なぜか保健所殺処分バッシングへと飛躍しているのがおかしな点ですね。

私も、個人が飼っていたペットを公的負担で殺処分するのはおかしいと思います。
安楽死は、獣医に依頼できます。
行政は所有者不明犬猫に限って殺処分を行うべきと私は思いますが、「飼い猫は引き取る。所有者不明猫は引き取らない」保健所が多く、逆だと思います。


>  民間アニマル・シェルター経営が不況のあおりを受けているのは、欧米先進国では共通していますね。

米国でも英国でも大変みたいです。
全ての遺棄ペットや飼育放棄ペットを受け入れて終生飼育するなんて夢物語です。


>  こちらの記事をその内、当方でも紹介させていただきます。

ありがとうございます。
よろしくお願いします。

Re: 例の粘着君「ななし」が

只野乙三様、コメントありがとうござます。

> 自分でやればと返答しましたが。

なるほどね。
返答に窮しますね。


> この手のハウスってのはどの道、行き詰るのは自明ですが
> 何故か日本の愛誤は絶賛曲解したがるのはねぇ・・・。

脳内に、妄想の理想の愛護先進国があるのでしょう。
妄想と現実の区別がつかなくなってくれば、危ないです。

No title

「日本も欧米というお手本を見習って、早く動物先進国の仲間入できるように、あきらめずに歩んでいかねばと思います。」

↑こんなことを堂々とブログで書いている輩の実態が単なる違法餌やりBBAやJJIだったりするのですから、愛誤の多用する「動物愛護先進国」って言葉はどんな国なのでしょうね??

欧米を見習うということは、日本も野良猫、野良犬の狩猟による処分を認めたり、一時保護施設であるシェルターでの私的殺処分も可能にしてほしいということなのでしょうね(笑)

そういえば、埼玉県I市で愛誤から猫を譲り受けて多頭飼育していた、アニマルホーダーなBBAが、経済的事情から体力の低下した猫を数匹安楽死させたという話が愛誤お得意の「拡散推奨」で広まっています。

一般人からすれば「多頭飼育だし仕方ないね」な感覚でしょうけど、愛誤は「里親詐欺だ、ムキー」で某愛誤系東京都動物愛護推進員まで巻き込んで、刑事事件化しようと意気込んでいます。

獣医による合法的な安楽死なので刑事事件化はまず不可能でしょうね。

仮に被害届が受理されたとしても、相手が明らかなアニマルホーダーなのに猫を譲渡した愛誤の過失が問われるかと思います。

愛誤の白痴な行動を見ていると疲れます。

No title

「ネコの寄生虫で、人が精神病に」
http://news.livedoor.com/article/detail/6781702/

トキソのネタが出てたので貼っておきますね。
しかし、
「米疾病予防センターの推定よると、米国だけでも6000万人がトキソプラズマに感染している」
とは、ビックリですね。

Re: 三二一閣下様

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 「日本も欧米というお手本を見習って、早く動物先進国の仲間入できるように、

彼らが言う「動物愛護先進国」の定義からすれば、日本は最先進国です。
一般からすれば「愛誤国」なんですけどね。


> 欧米を見習うということは、日本も野良猫、野良犬の狩猟による処分を認めたり、一時保護施設であるシェルターでの私的殺処分も可能にしてほしいということなのでしょうね(笑)

獣医による安楽死は今でも合法でしょう。
ブリーダーは愛誤が怖いのか保健所が受け入れを渋るのでしょうが、安楽死を獣医に依頼します。
「経済的に飼育が困難(「みだり」ではなく正当な事由がある)」で「致死処分は出来るだけ苦痛を軽減した方法」ですから。


> 埼玉県I市で愛誤から猫を譲り受けて多頭飼育していた、アニマルホーダーなBBAが、経済的事情から体力の低下した猫を数匹安楽死させたという話が愛誤お得意の「拡散推奨」で広まっています。
> 愛誤は「里親詐欺だ、ムキー」で某愛誤系東京都動物愛護推進員まで巻き込んで、刑事事件化しようと意気込んでいます。
> 獣医による合法的な安楽死なので刑事事件化はまず不可能でしょうね。

100%刑事事件化はおっしゃるとおり無理でしょうw
継続的に有償で猫を譲渡していれば、動物愛誤団体の行為は商行為であり、猫の所有権はBBAにあります。
所有権者は自己の財産の処分権の自由があります。
猫を引き渡したあとに、飼育方法とか譲渡元が譲渡先に制限を加えるとか、それに反したから詐欺になるなどは法理論上無理があると思います。
話は変わりますが、譲渡先が猫を虐待して詐欺罪が成立した事件がありましたが、私は疑問を持っています。
せいぜい動物愛護管理法違反にとどまるのではないかと。
刑事事件は、判決文は原則非公開なので見ることができないのは残念です。


> 愛誤の白痴な行動を見ていると疲れます。

白痴だから愛誤になるのです。
「愛誤であることはバカであるための十分条件である」。
「バカであることは、愛誤になるための必要条件である」。

No title

「譲渡先が猫を虐待して詐欺罪が成立した事件がありましたが、私は疑問を持っています。
せいぜい動物愛護管理法違反にとどまるのではないかと。 」

>いや、これは詐欺でなければおかしいですね。
 男は少し精神をわずらっていたようで、最初から虐待目的で、可愛がると嘘を言って、複数から猫を譲り受けています。

 この男はわざわざ虐待を、譲渡を受けた相手に知らせる電話をかけていますし、虐殺の痕跡を隠そうともしていなかった。

 詐欺の立件はしやすいケースでした。
 同じ里親詐欺でも、加害者が隠蔽すれば立件しにくいのが普通です。

Re: No title

zzz様、コメントありがとうございます。

> 「ネコの寄生虫で、人が精・神病に」

トキソプラズマの慢性・感染が、統合・失調症様の症状をきたし、人格変化をもたらすことはもはや定説でしょう。
「男性は反社会的、暴力的に」なるとのことです。
思い当たるフシがあります。
猫愛誤の男性が、異常に攻撃的だとか実例はいくらでもあります。
訴訟癖という人格・障害もありますし、統合・失調症患者が訴訟を提起する数は、健常者に比べて統計上有意に高いです。


> 「米疾病予防センターの推定よると、米国だけでも6000万人がトキソプラズマに感染している」

それと感・染率が高いのは中南米諸国です。
中米は猫食生肉食文化があることも原因の一つでしょう。
米国中南米諸国は、殺・人事件が多いことが共通しています。
また米国は好戦的でもありますしね。
またトキソプラズマネタで記事をそろそろ書こうかな。

Re: チッチ様

チッチ様、情報提供ありがとうございます。

> これは詐欺でなければおかしいですね。

無償で譲渡を受けていれば「可愛がる」ことを条件にだまし取ったのであり、詐欺罪は成立するでしょう。
私が仮定として、猫保護団体が有償で継続的に商行為として猫譲渡をおこなっていたのであれば、あくまでも所有権が移転した後の事まで、譲渡先に制限を加えることはできません。
ペットショップが「必ず可愛がってくださいね」と言って猫を販売しました。
しかし買った客は、虐待目的で購入しました。
このケースでは、詐欺罪は成立しません。
刑事事件のため、詳細な情報が不足しているので、なんとも判断し難いですが。
報道でも「このようなケースで詐欺罪の立件はまれ」とあります。

三二一閣下様 追記

日本でも、野生化した野猫は狩猟対象です。
しかし日本では、猫愛誤を恐れて、猫を狩猟するハンターはまれでしょう。
また狩猟可能な区域が少なく猟期も短いです。
その上、銃所持に厳しい規制があり、ハンターの数が極めて少ないため、狩猟による猫駆除が進まないだけです。
毎年日本でも、猫は数百匹が合法的に狩猟駆除されています。

対してドイツは、過激愛誤もいますが、過激自然反故団体もあります。
過激自然反故団体が、自然保護の名目で野良猫野良犬を駆除しているという面はあります。

No title

さんかくさん、はい、お久しぶりですね。
>知識不足で善意で誤ったことを書くのはまだ許されますが、嘘と知りつつ自分たちの主張を無理やり通すための確信犯的嘘は許しがたいです。 ブログで海外動物愛護事情を持ち出すのならば、せめてその国の文献くらいはチェックして欲しいです。

本当にそれは思います。欧米と言っても州ごとに細かい事は異なる場合が多いのですから、あんまり適当な事、自分達が美味しいと思った部分だけ取り上げ無いで欲しいですね。社会性欠如した能天気な犬猫馬鹿さんが、例えばドイツの真似事出来る訳ありません。動物に自由を与える…聞こえは良いですが、これは動物に徹底的にやって良い事悪い事を教えこむ事です。野放しにしても誰も文句言わないなんて事ではありません。リフォーミングが徹底出来無ければ、または不適正な飼い主と見られれば、これは犬の場合ですが、

http://de.wikipedia.org/wiki/Sachkundenachweis_(Hunde)

「テスト受けてこういう証明を取りなさいよ」と言われるかもしれません。

私は海外での終生飼育経験はありませんが、妻がアメリカとカナダで犬飼ってました。かなり以前に読んだ愛護さんブログではこんな事が書かれていました。「ロスの公園では必ず犬用の糞の箱があって散歩が手軽に出来るみたい」……そんなの地区で違います(笑)。糞をゴミとして処理可能と家庭のトイレで処理しなければいけ無い地区があります。カナダなんかもそうで、必ずしも一年中dog wasteにビニールがある場所ばかりではありません。妻は偶に散歩友達とビニールを補充してたんで記事の内容教えたら笑ってましたが…。カナダには私も少し居たのですが、隣の州ではチップかタグ付けてれば猫は外出すのはOKだったと思います。が、その猫が他人の敷地に入ったら捕獲もOKで罰金もあった様に思います。それだって全ての州で同じではありません。

一見、「犬猫に優しくみえる国」というのは未成熟な飼い主と犬猫でも甘やかす国ではありません。犬猫に関わらないで生活したい人達の事もそれなりに考えています。そうでなければ、飼い主がちょっと目を離しただけで繋がれてる犬を駐禁の車の様にレッカーしたりはしません。多少乱暴でもドラスティックにやります。

No title

「報道でも「このようなケースで詐欺罪の立件はまれ」とあります。」

> 刑事は本邦初だと思います。5年位前の里親詐欺判決は民事で、刑事告訴は受理されませんでした。

当事者のブログ:

川崎市 里親詐欺・猫大量虐待 廣瀬勝海事件
http://nijinyanko.homepagelife.jp/

私のとこでも何回か記事にしました。:

<川崎市 猫虐待目的里親詐欺事件>横浜地裁「懲役3年、執行猶予5年」の判決 [2012年05月23日(Wed)]
http://blog.canpan.info/day_by_day2009/archive/610


 トキソプラズマの件、さんかくさんが断定的に言ってらっしゃったので、私もちょっと覗いてみたことがあります。欧米二人の研究者が論文を出しているようでした。

 確かアメリカだったと思うけれど、自殺率とトキソプラズマ感染の間に関連性が認められたという趣旨。この研究は自殺防止団体みたいなところから委託を受けて実施されたもので、調査群においてそういう傾向が認められたという程度のことだったような・・記憶が曖昧です。

 餌やりおばさんや多頭飼育者を実験台にして、脳検査してみるのがてっとり早いかも。


 ところで、皆さんに伺いたいことが。
 さんかくさんのように楽天ブログを非通知削除された方は何人いらっしゃるのでしょう?
 また、件の方から削除要請を受けた方は何人いらっしゃるのでしょう?

トキソプラズマ症

追加しておきます。

トキソプラズマ症の発病を抑制している宿主防御因子が解明されたというニュースです。

こちらにまとめておきました。

<ニュース>阪大、トキソプラズマを破壊する宿主防御因子GBPを発見
http://blog.canpan.info/day_by_day2009/archive/640

No title

>彼らが求めているのは動物愛護ではなくてカタルシスでしょう。 か、もしくはビジネス。

そうですねえ。少なくても動物愛護という事では無いと思います。細かい部分見ると寧ろ真逆かも知れないです。

チッチさんへ

私のサイトも例の愛誤サイトから「今もかな?」削除要請を
楽天に色々とやっているようです。

まぁ、己の気に食わないサイトは尽くぶっ潰す
ファシズム思想モロ出しな連中ですが、
こんなのがコメント欄に氏ねだとか逝ってよしなんて書いてるようでは
動物愛護なんて語る資格は有りませんね。

Re: No title

taka様、コメントありがとうございます。

>欧米と言っても州ごとに細かい事は異なる場合が多いのですから、あんまり適当な事、自分達が美味しいと思った部分だけ取り上げ無いで欲しいですね。

特に愛誤が好んで取り上げるドイツは連邦制で、政治的に独立した州の集合体国家です。
ドイツ国内においても州により法律制度が異なります。
掲示板で「欧州では、野良猫への餌やりを妨害しただけで刑事罰の対象になる。日本でも餌やりに文句を言う奴は犯罪者といて処分すべきだ」という書き込みがありました。
調べたところ、イタリアローマの寺院で、古くから野良猫を保護しているところがあるのです。
いわば奈良公園の鹿保護区をもっと小規模にしたようなところです。
奈良公園の鹿は天然記念物指定で、傷つけただけで懲役5年以下に処せられます。
それを外国人が「日本は鹿を保護していて、傷つけたり捕獲しただけで懲役5年以下に処せられる」と紹介するのと同じです。
日本では、年数十万頭の鹿が狩猟駆除されています。


> 「テスト受けてこういう証明を取りなさいよ」と言われるかもしれません。

Befähigungsnachweis
Der „Hundeführerschein“ soll belegen, dass ein Hundehalter sein Tier im Alltag unter Kontrolle hat und dass sein Hund weder Menschen noch andere Tiere gefährdet.

(ドイツの)資格あれこれ
犬飼育の資格証明~犬の所有者は日常生活の中で、犬が他の人や他の動物の危険に晒している。その危険を制御して犬を飼育していることを証明するものである。

犬の飼育の資格が、ヨットの操縦や中の所持と同列に論じられていることに驚きです。
犬を飼う場合は、対人保険の加入も義務付けられ、ドイツでは犬飼育に関しては規制が厳しいです。
しかし猫に対しては放任なところがあって理解に苦しみますね(パーダーボルン市の条例=不妊去勢義務、野良猫餌やり禁止の刑事罰、のような内容を連邦法で制定すべきという動きはあります)。


> 「ロスの公園では必ず犬用の糞の箱があって散歩が手軽に出来るみたい」……そんなの地区で違います(笑)。

米国も連邦国家です。
州により制度法律は異なります。
死刑制度がある州とない州があるくらいですから。
「二元化一般化思考は幼児性バカ」と元財務官の榊原英資氏も言っています。
ところでLos Angelesをロスと言って通じるのは日本だけです。
ロスはLoss(損失)を連想させ、L.A(「エルエー」が米国では一般的です)をロスと呼ぶことは嫌がられます。


>「犬猫に優しくみえる国」というのは未成熟な飼い主と犬猫でも甘やかす国ではありません。

いいとこ取りとダブルスタンダードは愛誤の際立った特徴です。
それを改なければ、永遠に一般からの支持を得られません。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございました。

> 川崎市 里親詐欺・猫大量虐待 廣瀬勝海事件
> 私のとこでも何回か記事にしました。:

後ほど拝見いたします。


>  トキソプラズマの件、さんかくさんが断定的に言ってらっしゃったので、私もちょっと覗いてみたことがあります。欧米二人の研究者が論文を出しているようでした。

調べれば、もっと多数の論文にヒットするはずです。
私はトキソプラズマ慢性・感染が、人格変化統合・失調症様の症状を引きこすとの学術論文を多数引用して楽天ブログで記事にしています。
米国名門のジョンズホプキンズ大学医学部の学術論文だけでも複数引用しています。
「トキソプラズマの慢性・感染は、脳内のドーパミンの分泌過剰を引き起こす(統合・失調症と同じです)」。
「脳内の代謝異常=ドーパミンの過剰分泌は、特定の遺伝子異常がトキソプラズマによって引き起こされる」。
「統合・失調症の患者に、抗トキソプラズマ薬を補助的に投与したところ、症状改善に効果があった」etc
これらの論文は、すべて2008年以降に発表されたものです。


>  確かアメリカだったと思うけれど、自殺率とトキソプラズマ感染の間に関連性が認められたという趣旨。

自殺に限れば、論文は限られるでしょうね。
しかしトキソプラズマ慢性・感染が人格変化をもたらすとの論文は掃いて捨てるほどたくさんあります。
自殺も一種の精神・疾患でしょう。


>  餌やりおばさんや多頭飼育者を実験台にして、脳検査してみるのがてっとり早いかも。

すでにそのような研究もされています。
トキソプラズマ抗体の有無、感染が慢性的かどうかで、交通事故や粗防犯の発生率は統計上有意であるか。
結果は統計上、トキソプラズマ慢性・感染者は交通事故や粗暴犯罪が有意に多いそうです。


>  さんかくさんのように楽天ブログを非通知削除された方は何人いらっしゃるのでしょう?

三二一閣下様もそうですね。
楽天は、削除の理由は一切お答えできないそうですので理由はわかりません。
FC2に移ってから、件のかたから「名誉毀損等で削除要請があった」と通知を受けましたので。楽天でも件の方からの削除要請があったのではと推測しています

Re: トキソプラズマ症

チッチ様、ありがとうございます。
参考にいたします。

Re: taka様

taka様、コメントありがとうござます。

> 少なくても動物愛護という事では無いと思います。細かい部分見ると寧ろ真逆かも知れないです。

私がずっと主張していることですよ。
愛誤と言われている人たちには、もっと本質を見て欲しい。
私を「猫殺・し、幇助の犯罪者」と糾弾しても意味がないです。

Re: チッチさんへ

只野乙三様、横です。

> 私のサイトも例の愛誤サイトから「今もかな?」削除要請を
> 楽天に色々とやっているようです。

お早めに楽天から引っ越された方がよろしいのでは。
楽天にとどまっていたのでは危ない。

No title

さんかくさん
>いいとこ取りとダブルスタンダードは愛誤の際立った特徴です。 それを改なければ、永遠に一般からの支持を得られません。
>愛誤と言われている人たちには、もっと本質を見て欲しい。

そもそも、「動物愛護」って言葉自体が曖昧だと思いますよね。ドイツにしたって動物愛護先進国ではない。「動物保護先進国」なはずです。動物の管理が日本より徹底してるだけだと思います。世間で言われる犬猫愛誤と呼ばれる連中とはそもそも根本が違う。「とりあえず飢えて死ぬよりマシ。餌だけ食べてもいいでしょう」では無いんですね。愛護なんて言葉使うからおかしな勘違いするんでは? これは以前にどっかの教授だったかな?…指摘していた様な気がします。調べてみて下さい。

結局何故だか知りませんが、被害者意識が強過ぎる様にしか見え無いんですよ。だから物事をフェアに考えられないし、無駄に攻撃的になるというね。でも、「動物を愛しましょう」が他人に迷惑かけて自分の身滅ぼしてまで犬猫拾って、それが美意識に変換されちゃうのまでは全く理解出来ませんけれど。

私の楽天ブログも削除されました

チッチさんのお問い合わせにさんかくさんが答えられていますが、確かに私の楽天ブログも事前通告なしに一方的削除を行われました。

事前にコンテンツのバックアップを取ってあったのですが、ツールの制約上、皆様のコメントまではバックアップできなかったのが残念です。

それと
> 「ロスの公園では必ず犬用の糞の箱があって散歩が手軽に出来るみたい」……そんなの地区で違います(笑)。

私もこれには笑いました。
L.A.のことを「ロス」と呼ぶのは米国に長期滞在したことのない日本人だけです。
現地で「ロス」と言ってもほとんど伝わりません。

上記の引用元のブログ筆者の書いていることも怪しいすぎです。

特にLAのダウンタウン東側地域の公園はホームレスのたまり場です。
とてもそんな雰囲気ではありません。
ホームレスの飼い犬は路上に糞をしますしね。

おそらく、引用元筆者は日本人が多く住んでいるトーランス地区に限定した話を書いているのかなと推測されます。

Re: taka様

taka様、コメントありがとうございます。

> 「動物愛護」って言葉自体が曖昧だと思いますよね。ドイツにしたって動物愛護先進国ではない。「動物保護先進国」なはずです。動物の管理が日本より徹底してるだけだと思います。

おっしゃるとおり、犬や家畜の管理に関しては保護管理の法律は多岐にわたります。
でも案外猫に関しては放任なんですよね(謎。


>これは以前にどっかの教授だったかな?…指摘していた様な気がします。調べてみて下さい。

すいません、私は記憶にないです。


>被害者意識が強過ぎる様にしか見え無いんですよ。だから物事をフェアに考えられないし、無駄に攻撃的になる。

私もしばしば指摘していることです。
いわゆる愛誤さんの行動や思考のパターンは驚くほど共通しています。
先のコメントでも話題になりましたが、トキソプラズマの慢性・感染が及ぼす人格変化の結果もあるのではないかと。
またアニマルホ・ーダーになったり、野良猫餌やりに偏執する人は、何らかの原因で社会から阻害されているとか、コミュニケーション障・害を抱えている方が多いような気がします。


>「動物を愛しましょう」が他人に迷惑かけて自分の身滅ぼしてまで犬猫拾って、それが美意識に変換されちゃうのまでは全く理解出来ませんけれど。

カタルシスの一種ですよね。

Re: 私の楽天ブログも削除されました

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

>私の楽天ブログも事前通告なしに一方的削除を行われました。

楽天事務局に、削除の理由をお尋ねになりましたか。
私は楽天事務局にメールで問い合わせましたが、何の返事もありませんでした。


> L.A.のことを「ロス」と呼ぶのは米国に長期滞在したことのない日本人だけです。

多分この筆者は、米国に長期滞在するとか実際に居住したことのない方でしょう。
そうでなければ、L.Aのことをロスと言わないと思います。


> おそらく、引用元筆者は日本人が多く住んでいるトーランス地区に限定した話を書いているのかなと推測されます。

米国の都市部は、土地柄がエリア毎にはっきり線引きされます。
狭いマンハッタン島でも、ダコタハウス(ジョンレノンが住んでいた超高級マンション)がある所から徒歩圏内に黒人居住地のスラム街ハーレムがあります。
WASPのリッチ層、黒人のスラム、中南米系、アジア系、白人低所得者層など、道一本隔てて土地柄が全く違います。
それをごく一部の地域の事柄でもって「米国は~」と論じるのは、飛躍しすぎです。
さらに飛躍して「欧米は~」になります。

「欧州では、野良猫へのえさやりを妨害すれば犯罪になる」との掲示板でのコメントは、「イタリアローマの教会敷地内において、古くから餌やりが続けられていた」が元々の情報源です。
それが「イタリアでは野良猫の餌やりを妨害すれば刑事罰」になり、さらに飛躍して「ヨーロッパでは餌遣りに反対すれば刑事犯」となるのです。
愛誤お得意の、拡散には困ったものです。
拡散の過程で元の情報が大きく歪められ曲解されても、それが真実になってしまうのだから。

またクロネコの仔猫が・・・

近所の餌やりBBAの所で生まれてうろついていました。

かんべんしてくれー!

ご近所が猫糞被害で困っていると明らかにわかっているはず。

なんで人に迷惑を掛けているのにやめられないか意味がわからない。

人のいない離島か山奥に引っ越せよ!

只野乙三様

只野乙三 様のブログは、「野良猫駆除協力会」ですね。まだ楽天でご健在のご様子。

 じゃぁ、今のところ、さんかくさんと三二一閣下さんだけですね、非通知削除されたのは。移転先にまで件の方が追いかけて来て、プロバイダーに削除要請されたのは、さんかくさんだけと。

有難うございました。

 

No title

さんかくさん。
>それをごく一部の地域の事柄でもって「米国は~」と論じるのは、飛躍しすぎです。 さらに飛躍して「欧米は~」になります。 拡散の過程で元の情報が大きく歪められ曲解されても、それが真実になってしまうのだから。

そうなんです(笑) 「ロスが~」ってのもそうだし、「LAXってきっとラグジュアリーの略かな? 日本の空港より犬猫ちゃんにも優しいんだろうな~」とかね。「スペルが違いますけど………」とか以前に、どうしてそこまで無理矢理日本より欧米は犬猫に優しいと思いたいのかが理解不能なんですね(笑) どっちかというとこういうのは妄想膨らんでるただの馬鹿でしょうから、拡散系の連中よりはまだマシですけど。日本の無料ドッグランでのマナー問題なんか見ると、こういう事が関係してるのかな?と思ったりしますよね。

Re: またクロネコの仔猫が・・・

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 近所の餌やりBBAの所で生まれてうろついていました。

数年前までは、隣のBBAが餌婆でしたから。
不妊去勢なし、完全放し飼い、24時間玄関前に餌てんこ盛り。
この時期は中猫クラスがうじゃうじゃ湧きました。
バカ猫は、我が家の真ん前の側溝の蓋の隙間に首を突っ込んで抜けず、増水して死んだりしました。
後片付けは私です。
私は「当敷地内では、農薬殺鼠剤などペットに有害なものを使用しています。ペットは当敷地内に入れないようにお気を付けください」と看板を立てました。
それでも餌やりを止めないのが基地害愛誤です。

Re: 只野乙三様

ー様、横です。

>今のところ、さんかくさんと三二一閣下さんだけですね、非通知削除されたのは。移転先にまで件の方が追いかけて来て、プロバイダーに削除要請されたのは、さんかくさんだけと。

私だけとは限らないですよ。
三二一閣下さんのFC2のところにも、削除要請が行っているかもしれません。  

Re: taka様

taka様、コメントありがとうございます。

> 「ロスが~」ってのもそうだし、「LAXってきっとラグジュアリーの略かな? 日本の空港より犬猫ちゃんにも優しいんだろうな~」とかね。どうしてそこまで無理矢理日本より欧米は犬猫に優しいと思いたいのかが理解不能なんですね(笑)

多分LAXは、AIRPORT CODEのことを言っているのでしょう。
国際空港は三文字のアルファベットのコードがついています。
LAXはロサンゼルス空港。
ちなみにNYのケネディ空港はJFK、ラスベガス空港はLAS、関空はKIXです。
手荷物につけられるタグに大きく書かれている記号です。
いきがって国際通と見栄を張りたいのでしょうね。
なおLAXはエルエーエックスと読み、ラックスではありません(ラックスは米国最大手のトイレタリーメーカーのブランド名です)。
でもL,Aのことをロスというのはいただけまへんな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89


>どうしてそこまで無理矢理日本より欧米は犬猫に優しいと思いたいのかが理解不能なんですね(笑)

犬猫愛誤が、自分たちのわがままを通したいから狐が虎の威を借りるために架空の「動物愛護先進国」をデッチ上げているのでしょう。
しかし今の日本で「先進国欧米は~」なんて言われてビビッて卑屈になる人なんて、敗戦のトラウマがある70歳以上の人ぐらいです。
欧州でもイタリア、ドイツは敗戦国なんですけどね。

ある面、イギリス、ドイツ等では「動物は人が管理すべきもの」であって、人の管理を逸脱するような個体に対してはドラスティックです。
危険犬種がイギリス、ドイツで指定されており、イギリスでは飼育が禁止された危険犬種を飼育した人に対して、その犬の安楽死を命じました。
ドイツでは、危険犬種は対人保険料が極めて割高で、そのため事実上の飼育禁止です。
軽い咬傷を起こしただけで、その犬は即安楽死です。
イギリスのブリーダーは、品種特性が出ていないとか畸形、病気の子犬が生まれれば、ガンガン安楽死させます。
イギリスの動物愛護事情については、後ほど詳しく記事にします。
咬傷事故で死亡事故を起こした土佐犬の殺処分に対して「犬に罪はない」と愛誤が大騒ぎする日本の方が、犬猫に対して優しすぎ、というか異常です。


taka様

taka様、お久しぶりです。そういえば、taka様の要請を受けていたのに、まだ鳥の広場のコメント削除していませんでした。ごめんなさい。


「愛護」ですが、法律の名称変更があった時、大ブーイングがありました。愛護じゃダメだと、福祉が妥当だと。
当時、環境省は「情操の涵養目的としての愛護」の法律と位置付けていまして、それは今も変わっていません。愛護路線に乗っかっている以上、諸問題は解決されません。解決したくないんでしょうよ、ペットをネタに金がまわってれば、それでいいんでしょう。

「愛護」は基本的に、絶対的な強者が弱者に憐みをたれ給う式のpaternalismですね。健全な関係は育めません。


No title

さんかくさん
>なおLAXはエルエーエックスと読み、ラックスではありません(ラックスは米国最大手のトイレタリーメーカーのブランド名です)。 でもL,Aのことをロスというのはいただけまへんな。

おっしゃる通りです。恐らくダブルミーニングのつもりか何かを書きたかったんだとは思うんですが、それにしても意味不明で大笑いしたのを覚えてます(笑) ただ、こういう事書いても良いのかな?…… 犬ブログなんかも何年か前は相当、頭溶けてるようなのありましたよね。特に過剰に愛護アピールしてるようなのではなくても。最近のは良く知らないですけれど。

>ある面、イギリス、ドイツ等では「動物は人が管理すべきもの」であって、人の管理を逸脱するような個体に対してはドラスティックです。

その通りです。

それと、昨日お気の毒な方のブログを見つけたので一応貼っておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/child7772/6321532.html

文面読むと穏やかそうな方ですが、3年も頭おかしいの相手に付き合ってちゃ駄目ですね。時間の無駄です。それにしても何故毎日怒られる場所に餌与えに来るのでしょう? (笑)

チッチ様

チッチ様、横ですが。

>「愛護」ですが、法律の名称変更があった時、大ブーイングがありました。愛護じゃダメだと、福祉が妥当だと。
>「愛護」は基本的に、絶対的な強者が弱者に憐みをたれ給う式のpaternalismですね。健全な関係は育めません。

議論すれば長くなりすぎますので、またの機会にしたいと思いますが、少し私見を述べさせていただきます。
paternalism=父権主義、家父長主義、は、日本よりキリスト教国に当てはまると思います。
支配者が弱者、下のものを管理すべきという思想です。
キリスト教は「父なる神」が全能の創造主で、その下に自ら似せて作った、人があり、さらにその下に動物があるというもの。
人は神の委嘱により、自然や動物たちを支配管理すべきものであるという思想を私はキリスト教文化の人から感じます(キリスト教でも多くの教義があり単純化はリスキーですけどね)。

ドイツには、日本語でしばしば「動物福祉法」と訳される法律があります。
Tierschutzgesetzgebung
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache%3AhterBJBRA6kJ%3Ahttp://www.hundemagazin.ch/pdf/shm_5_08_interview.pdf%3A&lr=lange_ja&al=ja&ie=sjis&output=html&client=kddi-auone(2008年改正)

内容を確認すればお分かりいただけますが、完全に動物の管理に関する規定です。
犬舎の広さだとか、犬の係留飼育の場合は一日何時間自由に運動させなければならないとか、です。

日本で「福祉」と言えば、人に対する公的な施策を行う義務、基本的人権の実現といった意味合いがあります。
人と公は、権利義務の関係で、憐れみを受ける与えるという関係ではありません。

さてTierschutzgesetzgebung ですが、日本語訳の「動物福祉法」は誤訳だと思っています。
Tier schutz gesetz gebung
「動物の環境を守り保護する法律」という意味で、動物の権利を認めたものではありません。
公的施策としての福祉は、ドイツ語ではWohlfahrtです。

ドイツも例外ではなく、paternalism的に、動物は人から管理されるべき存在という位置づけだと思います。
愛誤が言うように、「人と同等に権利を認めて」いるとは思えません。
むしろ日本の仏教文化では「万物悉皆有仏性」=すべてのものには仏性がやどり、命は同等、という考えがあります。
愛誤の言う「動物愛護先進国は、動物と人の命を同等に扱い、動物の権利を認めている」は逆で、日本の方がその意識はむしろ大きいと思います。

taka様

taka様、コメントありがとうございます。

>ある面、イギリス、ドイツ等では「動物は人が管理すべきもの」であって、人の管理を逸脱するような個体に対してはドラスティックです。

その通りです。

キリスト教国では、基本的にpaternalismですよ。
全能の絶対神が頂点で、人、その他の動物がヒエラルヒーを形成して、上位のものが支配管理するという関係。
だからキリスト教文化の方が、自然支配や動物の管理に関してはドラスティックと感じます。
愛誤の言うような「動物愛護先進国欧米は、動物の命も人と同等とし、動物にも権利があるという考えが一般的」とは私は到底思えません。
むしろ逆で、その意識が最も強いのは日本の愛誤では。


>お気の毒な方のブログを見つけたので一応貼っておきます。

実は、このブログ管理人は別名の私です!(冗談です)。
私は被害は3年どころではないですよ。
だけど物件が自宅から離れているのでどうしようもないです(涙。


No title

チッチさん、お久しぶりです。
>まだ鳥の広場のコメント削除していませんでした。ごめんなさい。
全然気になさらないで下さい。忘れてもらって構いません(笑)

>「愛護」ですが、法律の名称変更があった時、大ブーイングがありました。愛護じゃダメだと、福祉が妥当だと。

ああ、有り難う御座います。そんな内容だった様にも思います。

愛誤の特徴である

書き捨てでした。
粘着君のコメントが更新されてないみたいです。

まぁ、一応ボランテイアサイトなんで、愛誤個人のワガママなんぞに
一々付き合うつもりは毛頭有りませんが・・・。

そうそう、近々さんかくさんのサイトの記事を参考に
市役所に踏み絵っぽい質問を投げかけて見ようと
企んでおります。

役所の愛誤度をチェックする為にね。
「勿論記事にも」

Re: 愛誤の特徴である

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 書き捨てでした。

というか、只野様が挑発に乗ってこないからでしょう。
愛誤の特講としては、「餌やりに反対する人間=猫殺・しの犯罪者で低脳変質者。そのうち人の子を殺・す」と言う思考パターンです。
かつては私も「猫殺・しの犯罪ブログ」というコメントも頂きましたけどね。
今でも私のブログは削除要請がワンサカ行っていますよ。
FC2は原理原則がきちんとしていて、根拠もなく削除要請があったからといって無通告削除はしないみたい(FC2様、今後共よろしくお願いします)。
で、なんとしてでも私のブログを「猫殺・しの犯罪ブログ」にこじつけてでも削除させたいみたい。
水面下で色々と挑発もあります。
でもね、私の記事が「猫殺・し、犯罪低脳変質者」によるもので、放置しておいたら「そのうち人の子供を殺し」、そのような変質犯罪を幇助する、悪質ブログなんですかね。
愛誤のバカぶりに疲れます。


> 市役所に踏み絵っぽい質問を投げかけて見ようと企んでおります。

猫引取りですか。
(多分、日本で唯一)東京都条例では、所有者不明猫を引きとらない、という趣旨の条文があったはず。
これも上位法に反して無効なんですが(ただし訴訟手続が必要です)。

オリンピックや盆休みも始まるし、記事の更新も休み休みしましょうかね。
読者様も、個人ブログを見るより、もっとほかにすることがあるでしょうから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

その件については、FBでもコメントしています。
ご参考に。
https://www.facebook.com/koji.kawamura.33/posts/890609061061349?comment_id=891456577643264¬if_t=like¬if_id=1466975129066017

ブログでもコメントしています。
http://s-ma.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/2016-6-25-6bf1.html

鍵コメですので、詳しくはご返答できません。
私見ですが「日本版ティアハイム」で寄付を募ったというケースは過去に多々ありますが、破綻するか、最初の方針を変更するか、寄付金詐欺のいずれかに終わっています。

ところでこれはどうなったのかな?
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-232.html


> 現在調べているところです。
> 新しい情報など 引き続き掲載頂けます事 楽しみにしております。

こちらこそ、情報をお願いします。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR