TNR廃絶を目的とした、特例を認めない野良猫給餌禁止条例制定が相次ぐアメリカ合衆国



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
The Antioch City Council voted to approve a ban on feeding feral cats on public property while also requiring permits on pet owners who exceed the number of pets allowed on a property.
Under the new ordinance, it is now unlawful to feed feral cats off one’s own property while it is also unlawful to keep more than 5-cats without a permit.
They do a ban with organizations on TNR Programs.
American feral cat feeding ban ordinance is very strict.
contrast, similar Japanese regulations are not strict.


(本記事のアクセス数は、7232ブログ中16位を獲得しました。2015年11月6日)

 近年特例を認めない、野良猫への給餌を禁じるアメリカ合衆国の自治体が増えています。特例を認めないこと、すなわちTNRの禁止です。あからさまにTNRを狙い撃ちにし、今まで黙認されてきたTNRを根絶するのが目的としか思えない野良猫給餌禁止条例も多々あります。罰則規定は懲役刑もありうる、日本とは比べ物にならないほど厳しいものです。2014年に成立施行した条例を例示します。今回取り上げたアメリカにおける、給餌禁止厳格化条例は、ほんの一例です。


 日本では、「アメリカなどの海外では、極めてTNRが盛んに行われている。行政による助成も手厚く、一般市民が協力的。野良猫対策としてはTNRがファーストチョイス、もしくは一択であり、殺処分を回避している」との情報が流布されています。しかし真実は正反対です。最もTNRが普及した国の一つにアメリカ合衆国がありますが、そのアメリカ合衆国においても、TNRを公的制度として採用している自治体は、全アメリカ合衆国の自治体に占める割合はわずか0.12%です。つまり最もTNRが普及している国の筆頭であるアメリカ合衆国でも、TNRは極めて例外で希にしか行われていない政策です。
 そのわずか0.12%の、公的にTNR制度を認めた自治体でも、行政の厳しい基準を満たして許可されたTNR以外では、野良猫の給餌は厳しく禁じられています。またそのような自治体においても、自治体が積極的に野良猫を捕獲~殺処分しています。日本ほど、野良猫への餌やりに寛容で罰せられることがほぼない、「餌やりパラダイス」な国は、他の先進国では例を見ません。


 上記については、私はこのような記事を書いています。

「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である
続・「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である
続々「米国で定着してきたTNR」という大嘘~全米でTNRを制度化している自治体はわずか0.12%である


 近年ではアメリカ合衆国においては、野良猫への餌やりを大変厳しい罰則でもって、例外なく禁じる自治体条例の制定が相次いでいます。私有地内であっても野良猫への給餌を禁じ、TNRによる例外を認めません(このような自治体条例を制定する自治体はTNRの公的制度を持ちません)。罰則は、「最高刑が懲役90日までまたは罰金、もしくはその併科」も珍しくありません。実際に野良猫の給餌で有罪になり、刑務所で服役した人も複数います。また懲役刑にまでいたらなくても、逮捕~実名報道(破廉恥な犯罪者として糾弾される)~罰金刑になる事件は多く、私もいくつか記事にしています。
 2014年に制定した、私有地でってもTNRであっても、野良猫への給餌は例外なく禁じるという、アメリカ、テネシー州アンティオキア市の条例制定のニュースを引用します。Antioch feral cat feeding ban proves futile「アンティオキアの野良猫への給餌禁止条例は無益であることを証明します(本記事は、TNRを推進する側から書かれたものでこのようなタイトルになっています)」。2014年12月26日。


ANTIOCH
Volunteers from various homeless animal rescue groups have trapped and neutered hundreds of them as a form of population control.
Volunteers have acquired an "outlaw" status themselves, over their refusal to abide by a city ordinance banning feeding of feral cats on public land.
"I guess we're supposed to stop feeding the cats and watch them all die," said Homeless Animal Response Program volunteer Ray Zeeb.
The City Council passed the ban on feeding feral cats back in April.
Cats don't usually form colonies unless they're fed by people.

アンティオキア
さまざまな野良猫の保護団体からなるボランティア活動家たちは、野良猫の数の抑制策の一つとして、数百匹もの野良猫を捕獲して去勢してきました。
しかし今では、これらのボランティア活動家たちは、公共の土地で野良猫に給餌をすることを禁止する条例に従うことを拒否しているために、彼らは自ら「無法者、違法行為者」になっています。
野良猫対策(無許可TNR活動)を実行している、ボランティア活動家の、レイ・ゼーブ氏が発言しました。
「私は想像します。私たちが餌やりを止めることで、野良猫が全て死んでしまうことを、私たちは見るようになるでしょう」。
市議会は、4月に野良猫への餌やり禁止(条例)を可決していました。
猫は、人によって給餌されている場合を除いて、通常群れを形成しません。



 本アンティオキア市の、条例案の要旨は次のとおりです。。Highlights of the proposed Animal ordinance「投票 アンティオキア市における公共の場での野良猫の給餌禁止」。2014年3月24日。


Under the new ordinance, it is now unlawful to feed feral cats off one’s own property while it is also unlawful to keep more than 5-cats without a permit.
They do a ban with organizations on TNR Programs.
Highlights of the proposed Animal ordinance
It’s unlawful to keep more than 5-cats without a permit.
It’s unlawful to feed feral cats off one’s own property

新しい条例の下では、許可なく5匹以上の猫を飼育することが違法であるのみならず、自分の私有地内であっても野良猫に餌をやることが違法となります。
TNRプログラムの組織と禁止を行います。
提案された動物の条例の要旨
許可なく5匹以上の猫を飼育することは違法です。
自分の私有地であっても、野良猫に餌やりすることは違法です。



 日本でも、本年京都市で「野良猫への餌やりを禁じる条例」が成立施行しました。また政令市の札幌市も、京都市に続いて「野良猫への餌やりを禁じる条例」の成立施行を目指しています。これらの条例及び案については、日本の野良猫系愛護(誤)団体が激しく批判し、なりふり構わぬ条例の成立妨害行動を起こしました。
 私は、このような日本の野良猫系愛護(誤)団体らの行為に疑問を感じます。彼らは常に「日本は動物愛護先進国欧米に遅れた動物愛護後進国である。欧米を見倣うべきだ」と強硬に主張しているからです。私に言わせれば、日本の野良猫給餌禁止条例は、抜け穴だらけのザル法です。餌やり行為を止めさせる強制力があるのか疑問です。また罰則規定もアメリカ合衆国の野良猫給餌禁止条例に比較すれば、罰則は甘すぎると感じます。また実効性も怪しいものです。日米の、野良猫餌やり禁止条例の比較は、改めて記事にします。


(動画)

 実際に野良猫に餌を与えた犯罪事実により、刑務所で服役したアメリカ、テキサス州の男性。2015年2月15日公開。

 


(鞭猛毎・強靭リスト)


http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/270207houkoku.pdf#search='%E9%A4%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E4%BE%8B+%E6%AC%A7%E7%B1%B3'

吉田真澄
「京都市の野良猫餌やり禁止条例は、欧米人の感覚からすると、動物に対する無理解・偏見の横行する未文化都市、倫理の成熟度の低い思いやりに欠けると映ることは間違いない」。
なるほど、このような実効性のない、抜け穴だらけで罰則も無いに等しい野良猫餌やり禁止条例は、猫被害者に対して思いやりに欠ける、倫理の成熟度が低いいうことですね!
また、公の場で野良猫に給餌をすることに寛容な日本は、動物愛護や感染症に対する知識も無理解な偏見の横行する未文化都市と、欧米人に映ることは間違いありませんね。


【害獣】 野良猫への餌やり禁止条例が可決 

「欧米ではまず通らない条例だな。さすが動物愛護意識皆無なアジアン国家。いまだにペットが物扱いだしな」。
そんなに日本を侮蔑するならば、素晴らしいアメリカにでも行って野良猫餌やりをして刑務所にぶち込まれればいいのに。


京都市 動物による迷惑の防止に関する条例の制定について

「京都市はいよいよこの野蛮な条例を強行させるみたいですね。はっきり言いまして欧米でこんな馬鹿げた条例はありません。先進国で野良猫がいるのは日本だけです。いい加減に動物愛護先進国になって欲しいです。斎藤真理 2015-02-14 22:13:07」。
強靭の取り巻きの制振地帯。
確かに、こんなに実効性に疑問が残るユルユルな条例は馬鹿げています。
アメリカのように、厳格に懲役90日などと厳罰を定めなければ実効性はないでしょう。


次回以降に、餌やりは例外なく禁止(京都市条例のように「迷惑な餌やり」ではなく「例外なく禁止」。TNRにおける給餌も例外なく禁止)し、違反者には懲役90日、または罰金、もしくはその併科という、アメリカの条例の具体例を挙げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

『イヌネコにしか心を開けない人たち』

タイトルは香山リカさんの著作ですが、頷けるところが多いです。

この本の説で考えると、愛誤は人前で堂々と「ママン」と甘えている精神状態を晒しているのかもしれません。もしくは「孫や」「息子チャン」など。これは恥ずかしいですよ!だいたいメロメロ状態は度が過ぎると異様です。

普通の人も動物で癒やされますが、まあそこまでです。

が、愛誤の場合は「耽溺、恍惚」という表現がピッタリの顔つきです。未だに忘れられません。忘れたいんですが。

Re: 『イヌネコにしか心を開けない人たち』

レリゴー様、コメントありがとうございます。

> タイトルは香山リカさんの著作ですが、頷けるところが多いです。

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A3xTtNKVzztWXEcA2EGJBtF7?p=%E9%A6%99%E5%B1%B1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%80%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%84%9B%E8%AD%B7&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=

香山リカさんは私と年齢的に近いですし、シンパシーを感じるところが多いです。
他の著作は何冊か読みました。
この本買ってみようかな。


> 愛誤の場合は「耽溺、恍惚」という表現がピッタリの顔つきです。未だに忘れられません。

異常なまでの動物への感情移入と依存は、何らかの精神疾患を私も疑っています。
氏は精神科医ですから、精神医学的な分析をされているでしょう。
この本でも、いわゆる愛誤は、人に対してはむしろ優しくない、攻撃的であると書かれています。
全く同感です。

日本もアメリカを見習おう

和歌山県の餌やり禁止条例が骨抜きにされそうなのと大違いですね

Re: 日本もアメリカを見習おう

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 和歌山県の餌やり禁止条例が骨抜きにされそうなのと大違いですね

全く同感です。
アメリカより、野良猫への給餌の罰則は、オーストラリアの方がはるかに厳しいです。

http://www.abc.net.au/environment/articles/2014/10/31/4118217.htm
A person is fined up to $29000 and receive 2 years in jail
猫の放し飼い(つまり野良猫への給餌もそれに含まれる)は、2万9,000オーストラリアドル(360万円)の罰金、もしくは2年までの懲役です。
コメントの内容ですので、後にオーストラリアの法令を調べて記事にします。

http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/270207houkoku.pdf#search='%E9%A4%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E4%BE%8B+%E6%AC%A7%E7%B1%B3'
吉田真澄(ペット法塾代表 帯広畜産大学副学長)
「京都市の野良猫餌やり禁止条例は、欧米人の感覚からすると、動物に対する無理解・偏見の横行する未文化都市、倫理の成熟度の低い思いやりに欠けると映ることは間違いない」。

オーストラリアは欧米ではありませんがね。
吉田真澄氏のこの発言は、狂人白痴レベルでしょう。
もし海外の実情を知りつつ、このような大嘘を前提として京都市に圧力をかけるとは、悪質な反社会テロリストであり、民主主義の敵です。

http://uracigoto.blog.fc2.com/blog-entry-968.html
こちらの管理人さんは、「日本に「住民票がない海外ぐらし(オーストラリア)」とのことですが???
「海外では殆どの国で、猫にエサを与えるから猫コロニーが形成されている」。
狂人の妄想は、自分の頭の中だけにしておきなさいよ。

日本ほど、野良猫と餌やりに寛容な国はないです。
上記のような、自称海外通(痛)が大手を振っていられる日本は、未文化都市そのものです(大笑い。

No title

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/7868442/Kissing-in-cars-feeding-stray-cats-and-building-sandcastles-all-banned-in-Italy.html

イタリアでは、ハトへの餌やりと同様に、野良猫への餌やりも罰金が科されるようです。
~500ポンド(=9万3,000円)。
イギリスのメディアの報道ですので英ポンド表記になっています。

http://uracigoto.blog.fc2.com/blog-entry-968.html
こちらの管理人さんは、「日本に「住民票がない海外ぐらし(オーストラリア)」とのことですが???
「海外では殆どの国で、猫にエサを与えるから猫コロニーが形成されている」とし、こちらで「NHKBSの世界ネコ歩きでは、イタリアでは野良猫にエサをやるのはし放題だ」とコメントされましたが?
NHKの白痴番組も問題がありますが、国際通(通)ならば、外国のメディアや法令をあげなさいよ。
NHKなんて、動物愛護に関してはほぼ100%が、白痴の嘘番組ですから。
狂人の妄想は、自分の頭の中だけにしておきなさいよ。

No title

http://jacksonville.com/community/clay/2015-04-22/story/orange-park-punts-disputed-feral-cat-feeding-ban-will-study-seek

フロリダ州オレンジパーク市の野良猫給餌条例は可決する見込み。
これもTNRをあからさまに狙い撃ちしたものとしか理解できません。
罰則は懲役60日以内か罰金500ドルまで、もしくは併科。


白痴狂人↓(大笑い)。

http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/270207houkoku.pdf#search='%E9%A4%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E4%BE%8B+%E6%AC%A7%E7%B1%B3'
吉田真澄(ペット法塾代表 帯広畜産大学副学長)
「京都市の野良猫餌やり禁止条例は、欧米人の感覚からすると、動物に対する無理解・偏見の横行する未文化都市、倫理の成熟度の低い思いやりに欠けると映ることは間違いない」。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> やはり暴走です。近隣の人たちは糞の始末を納得してやっているんでしょうか?餌やりなんてもっとも動物愛護にかなってない行為に協力して良い事をしたと思えるなんてどうかしてます。

リンク見ました。
猫の一匹や2匹を不妊去勢したところで、何の意味もないですよw
それを「良いことをした」と自画自賛するのは笑止。


> 行政からして愛誤だとこういう暴走に歯止めがかからないので頭がイタいです。

正直言って、地方行政組織はもちろんのこと、環境省内部、立法府である政治家、その他弁護士なども愛誤カルト思想に染まっています。
オウム真理教が、警察組織内部まで侵食していたことを彷彿とさせます。


> アメリカでの失敗、感染症の発生を知らせても、止めようとしません。もう宗教です。

完全にカルトです。
オウム真理教は、東大での医者でも、おかしな教義を真に受けていました。
愛誤カルトでは、例えば福島みずほ氏が「イギリスでは犬猫の売買は禁じられている」などという驚愕発言をしています。
西側の民主国家で、特定のモノの売買を、特段人の生命に危害を与えるとか倫理違反するわけでもないのに、法律で禁じられると思うのが狂っています。
ましてや福島みずほ氏は弁護士ですからね。
愛誤はカルト、それも狂気のカルトです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR