続・犬の特攻~戦争の愚かさと狂気



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(summary)
anti-tank-dog
Anti-tank dogs were dogs taught to carry explosives to tanks, armored vehicles and other military targets.
They were used in 1941–1942 against German tanks in World War II.
Their deployment revealed some serious problems.
In the field, the dogs refused to dive under moving tanks.
Some persistent dogs ran near the tanks, waiting for them to stop but were shot in the process.
They would run back to the trenches and often detonated the charge upon jumping in, killing Soviet soldiers.
"Such a stupid biological weapons, the Japanese army in the end of World War II was planning the deployment" There is a theory that.
But the Description is incorrect.


 前回記事、犬の特攻~戦争の愚かさと狂気の続きです。前回記事では、第二次世界大戦中の1941~1942年の期間において、旧ソ連軍が、ナチス・ドイツ軍の戦車部隊攻撃のために犬の特攻を行っていたことを書きました。犬に爆弾を背負わせて、ナチス・ドイツ軍戦車の車体の下に犬が潜り込めば、爆弾が起爆するという方法です。しかし犬が自軍に逃げ帰り、自軍で自爆するなど、ソ連軍の思惑通りにはいかず、わずか2年でソ連軍の犬の特攻は廃止されました。日本においても、「犬の特攻が計画された」との説がありますが、それは誤りと思われます。


 ・関連記事

犬の特攻~戦争の愚かさと狂気


 日本軍がソ連軍と同様の、「犬の特攻部隊」の編成を計画していたとの説は、八王子郷土資料館に収蔵されている資料に基づきます。その資料は、1944年(終戦の前年)の年末に、一般市民に対して、「犬の供出」を求める文書です。当時日本は、(人による)特攻攻撃が状態化し、一般国民においても「本土決戦はやむなし」という認識にありました。
 その問題の資料の画像が次のものです。地域社会に回覧されたものと思われますが、このような文面があります。「私たちは勝つために、犬の特別攻撃隊を作って、敵に体当たりさせて立派な忠犬にしてやりませう」と、飼い犬の献納を呼びかけています。


(画像)

 八王子郷土資料館収蔵。

犬 特攻


 上記の資料に関しては、スレッドもたっています。「犬の献納運動」って正気かよ。「勝つために犬の特別攻撃隊を作って敵に体当たりさせて立派な忠犬にしてやりましょう」だと?頭がイカれてる。 pic.twitter.com/4NaIkpTCtH。また郷土史家のブログで、「犬の特攻隊編成が計画されていた」とあり、ソ連軍の犬の特攻装備の画像などを補足資料として掲載したものもあります。
 しかし結論から言えば、日本が犬の特攻隊編成を計画していたことは否定されます。理由は、八王子郷土資料館が収蔵している当資料は、日本陸海軍の軍犬購買ではないからです。献納先は、八王子市役所だからです。

 第二次世界大戦時の、民間からの犬の戦時供出は、①「民間人飼育の軍用候補犬の出征」と、②「ペットの毛皮(などの)用途の供出」に分けられます。


①「在郷軍用犬(民間飼育の軍用候補犬)の出征」

社団法人帝国軍用犬協会の仲介による、民間飼育者から日本陸海軍への軍犬売却契約。
当時軍用犬は全て、同社団法人が仲介して民間から軍に売却されました。
またそれらの犬は、軍用犬に適するとされる、ジャーマンシェパード、ドーベルマン、エアデールテリアの3種に限られます。
参考資料 軍犬

②「ペットの毛皮供出」

当時の商工省の皮革統制に倣い、地方公共団体が行った飼犬の皮革などの用途での供出を国民に求めた事業。
毛皮用の犬などは、当初は野犬を捕獲していました。
野犬の捕獲などには、警察が地方公共団体に協力していました。
参考資料 「戦時下における畜犬の献納・供出」 を教材化する - 奈良教育大学


 八王子郷土資料館が収蔵する本件資料は、・社団法人帝国軍用犬協会の仲介ではないこと、・日本陸海軍の軍犬購買契約ではないこと、・軍用犬に適し、軍が購買する対象犬種(ジャーマン・シェパード、ドーベルマン、エアデール・テリア)に限定していないこと、から、②の、「ペットの毛皮用供出」を求めたものと思われます。
 つまり本件資料の記述、「私たちは勝つために、犬の特別攻撃隊を作って、敵に体当たりさせて立派な忠犬にしてやりませう」は、犬の飼い主に対してより供出を促すための方便(嘘)であったと推測されます。特攻隊員の防寒具用の毛皮のためや、はなはだしきは食料(に、供出犬が用いられたとの資料もあります)では、飼い主にとっては、あまりにも惨めで哀れと感じられ、供出をためらったのではないでしょうか。

 ソ連軍の犬の特攻隊は愚かで狂った戦術でした。当然、犬が怯えて自軍に逃げ帰ることが予想されるからです。日本の「犬の特攻隊」が真実であれ、方便(嘘)であれ、それを口実に民間人に飼い犬を供出させようというのも、愚かで狂っています。戦争というものは、愚かで狂っていなければ遂行できないのでしょうか。
 しかし歴史上最も愚かで狂っていたのは、日本の特攻でしょう(亡くなった方のご遺族、関係者の方がこの表現に不快な思いをされたのであればお詫びします)。ソ連の対戦車犬は愚策でした。しかしソ連軍は、わずか2年でこの戦術を撤廃しています。また私の感覚としては、自国民の若者に特攻攻撃をさせるほうが、よほど愚かで狂っているとしか思えません。しかも日本は、それに歯止めをかけることができず、終戦まで拡大し続けました。しかも特攻が当初はある程度効果をあげたものの、末期にはほぼ全てが迎撃され効果はほぼゼロであったにもかかわらずです。

 NHKの番組で、日本の特攻が歯止めがかからず、拡大していった史実に関するドキュメンタリー番組があります。客観的事実を淡々とありのままに積み上げて、番組制作者の主観や感情、偏向を排した秀逸な作品です。特攻 ~なぜ拡大したのか~。2015年8月8日。
 その中では繰り返し、当時軍の最高責任者であった昭和天皇(大元帥)が、「特攻」を賛辞し、継続を指示したことが、昭和天皇ご自身の肉声などの紛れもない証拠が挙げられて報じられています。また近衛文麿氏が昭和天皇に終戦を奏上したものの、昭和天皇は戦争(特攻)継続を指示されたことも報じられています。

 歴史が科学であるためには、客観的な資料をありのままに、感情を排して積み上げることが必要です。しかし歴史の分析は、その時の政治的背景や利害関係者、研究者の思想のバイヤスが入ります。
 朝日新聞の従軍慰安婦の記事は、元の情報の多くが信ぴょう性にかける、捏造である可能性が高いことが判明しました。しかし未だに、従軍慰安婦を政治に利用する利害関係者は絶えません。また昭和天皇を必要以上に美化する傾向もあると思います。それも政治や利害、思想が関係しています。「歴史が科学であるのは難しい」。ふと終戦記念日を控えて想った私でした。


(動画)

 数少ない、ソ連軍の「対戦車犬」による、戦車爆破の成功例。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NHKの特攻番組の近衛さんの上奏に関しての問答は
その間の陸軍内の粛清の問答を抜いて放送してましたね
もう一度戦果を云々は、粛軍の話の流れの中で発せられたものですよ

捏造とはいえませんが所々歪曲されてましたよあの番組




Re: No title

名無しさん@ニュース様、コメントありがとうございます。

> NHKの特攻番組の近衛さんの上奏に関しての問答は
> その間の陸軍内の粛清の問答を抜いて放送してましたね
> もう一度戦果を云々は、粛軍の話の流れの中で発せられたものですよ

ご指摘ありがとうございます。
私は戦時史には詳しくありません。
それ自体、客観的事実としても、編集の際は番組の時間の制約などもあり、結果として「事実の抜き書き」~偏向になることもありうると思います。
同じくNHKの「歴史秘話ヒストリア」では開戦直前の駐日米大使の犬が堀に落ちたことに昭和天皇が触れたことを取り上げて「昭和天皇は心のお優しい方だ」と駐日米大使が感動したと報じています。
そのような事実も、あまりにも強調しすぎると、偏向になると思います。


> 捏造とはいえませんが所々歪曲されてましたよあの番組

人がつくるものですから、完全には制作者のバイヤスを排除するのは難しいということでしょう。

Re: No title

匿名様、コメントありがとうございます。

> あなたは、昭和天皇に戦争責任があるとのお考えですか。

おや?踏み絵ですか?

昭和天皇に戦争責任があったか否かは、私が「そう思う」「そう思わない」ではなく、「昭和天皇には戦争責任があった。しかし事実上不問にされた」は、客観的事実でしょう。
少なくとも形式的には、軍の最高責任者である「大元帥」ですから。
「昭和天皇には戦争責任があった。しかし事実上不問にされた」ことに関しては、私は何ら申し上げることはありません。
私が生まれる遥か昔に、戦勝国と日本が決めたことです。
敗戦国の軍の最高責任者が責任を不問とされ、またその国の君主が在位し続けたのも、世界史的に例を見ないのではないですか。
それも「客観的事実」です。
天皇の戦争責任を不問にしたのも、戦勝国が日本を統治するのに都合が良いと考えたなどの特殊要因が重なったからでしょうが。
また立憲君主制(そうではないという説もある。しかし形式的には、日本は天皇を君主とする立憲君主制です。憲法上、天皇の招集がなければ国会も開けませんし、大臣などの任命もできません。日本は立憲君主制か否かは、形式的には立憲君主制であることは客観的事実です)を維持したまま、戦後の日本は著しい発展を遂げ、今のところ問題も生じていません。
ですから、それに対しても、私は善悪のついてはなんの意見もありません。
もしかしたら、立憲君主制を廃すれば、もっと日本はよくなっていたかもしれませんが、歴史は比較実験はできません。
私は、現状を受け入れるだけで、何ら主義主張はありません。
常常書いているとおり、私はプラグマティストです。

貴稚貝に端物

>戦争というものは、愚かで狂っていなければ遂行できないのでしょうか。

同感です。
一見人命を優先させていたアメリカでさえ、自国の捕虜が居た事を知ってて、その都市に原爆落とす等、思わず「何考えてやがる!?」と言いたくなる様な事、数多くやってますから。

犬については、ある彫刻家の遺稿集にこんな事が書かれてました。
当時、警察や憲兵は個人が飼育する犬を勝手に毒殺して回っていたそうで(ただ、そんな事は大っぴらに口に出せない)、その彫刻家が子供の頃飼ってたシェパードも、ある日突然血を吐いて死んだと書かれていました。
これは日米開戦以前の話との事ですが、上野動物園の悲劇の前に、すでに市井で似たり寄ったりの事が行われていたという話です。

>歴史が科学であるためには、客観的な資料をありのままに、感情を排して積み上げることが必要です。しかし歴史の分析は、その時の政治的背景や利害関係者、研究者の思想のバイヤスが入ります。

古生物学でさえ、ダーウィンの「進化論」が出る前は、キリスト教の聖書との整合性で紆余曲折がありましたから。一部のガチガチのカトリック教徒の中には未だに「進化論」も「地動説」も否定する人達がいます。

Re: 貴稚貝に端物

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> 一見人命を優先させていたアメリカでさえ、自国の捕虜が居た事を知ってて、その都市に原爆落とす等、思わず「何考えてやがる!?」と言いたくなる様な事、数多くやってますから。

広島には、当時かなりのアメリカ人捕虜がいました。
屋根に「SOS」と書いておけば空爆を受けないというジンクスが日本であったそうです。
アメリカは、広島に捕虜収容所があったことを知っていながら原爆を落としました。


> 当時、警察や憲兵は個人が飼育する犬を勝手に毒殺して回っていたそうで(ただ、そんな事は大っぴらに口に出せない)、その彫刻家が子供の頃飼ってたシェパードも、ある日突然血を吐いて死んだと書かれていました。
> これは日米開戦以前の話との事ですが、上野動物園の悲劇の前に、すでに市井で似たり寄ったりの事が行われていたという話です。

戦争中に犬の供出をさせたのは、もちろん毛皮などの物資のためということもありますが、空襲で逃げ出した犬が人をかんだり、狂犬病が流行したりすることを防ぐという意味もあったようです。
集めた犬は、そのまま殺されました。
それにしても、八王子の犬拠出回覧は、嘘も方便とはいえ、「犬の特攻隊を作る」とは、こんなバカバカしいことに国民が騙されていたとは、戦争とは異常です。


> 古生物学でさえ、ダーウィンの「進化論」が出る前は、キリスト教の聖書との整合性で紆余曲折がありましたから。一部のガチガチのカトリック教徒の中には未だに「進化論」も「地動説」も否定する人達がいます。

旧約聖書の「神は6日間で地上のすべての今ある姿に作った。7日目に神は人に似せてアダムを作り、その肋骨からイヴを作った」という創世記ですね。
ダーウィンが進化論を唱える前から、スイスの炭鉱からジュラ紀の恐竜の骨が多数発見されていました。
それは聖書にも出てくる「竜」とされました。
進化論を否定するキリスト教原理主義者は今だにいます。
でも地動説まで否定する宗派は少ないみたいですね。
地動説を否定すれば、地球の裏側のTVのニュース中継や、国際携帯電話やGPSを用いたカーナビまで否定しなければなりませんからねw

No title

バイアスがかかり易い要因としては、
特攻にしても愛護(愛誤)にしても、ケースバイケースで粛々と判断すればいいものを
「(あれも、これも)XXXに違いない!」とひとつのケースに当てはめてしまうことが大きく作用してるのではないでしょうか?
特攻のケースでも本当に相手の足止めとして成果もあり、現場でその認識もあったケースもあれば、その流れで苦し紛れに何も考えずにやらせてしまったケースもあるでしょうね。

そういう意味ではクローズアップ現代的な方向「社会正義のテーマをきめて問題提起のつもりが結論が決まっている」にNHKもいきがちなのは必然なのかも。

いまのヨーロッパ賛美の愛誤が誤報道を続けるのがまさにその状態ですね。進んでいるものもあれば、いまだにそれか・・・とか過激な暴走やら個別に粛々と取り上げれば、いまよりは問題は解決しそうなのですが・・・

Re: No title

AAA様、コメントありがとうございます。

> バイアスがかかり易い要因としては、
> 特攻にしても愛護(愛誤)にしても、ケースバイケースで粛々と判断すればいいものを
> 「(あれも、これも)XXXに違いない!」とひとつのケースに当てはめてしまうことが大きく作用してるのではないでしょうか?

最初に「結論ありき」でそれにあわせて都合のいい事実だけを抜書してつなぎ合わせるからです。
研究では、最初に仮説を立てることは重要ですが、仮説が誤りであれば、潔く軌道修正することが大事です。
しかし人間はなかなかそれができないのですね。


> 特攻のケースでも本当に相手の足止めとして成果もあり、現場でその認識もあったケースもあれば、その流れで苦し紛れに何も考えずにやらせてしまったケースもあるでしょうね。

特攻は、最初のフィリピン戦ではかなりの効果を上げました。
それは相手の想定外の奇襲だったからです。
まさか生きた人間が乗ったままの戦闘機が突っ込んでくるとは思わないでしょ。
想定外のことに対しては対策を講じていません。
だから最初は成功するのです。
また、特攻は、当初は経験を積んだパイロットで、飛行機も正規の戦闘機でした。
末期は3ヶ月しか飛行訓練を受けていない兵士で、なおかつ練習機で、アメリカの戦闘機の4分の1の速度しか出ませんでした。
もちろん圧力隔壁がありませんし、ターボエンジンもなければ高度を上げられず、ターボエンジンで圧力隔壁のあるアメリカの戦闘機からは、上空から好きなだけ撃ち落とされたでしょう。
それと戦艦も、対空レーダーと対空射撃法の改良で、末期は向かってくる特攻機はほぼすべてを撃ち落としました。

ソ連の対戦車犬特攻も、最初の頃は成功したこともありました。
まさか犬が爆弾を背負って突撃してくるとは思いませんから、その対策をしていません。
後にドイツ軍戦車隊は、犬対策に火炎放射器を戦車に備え付けました。
火炎放射器に怯えた犬が自陣に逃げ帰り、ソ連軍が壊滅的な被害を受けて以降は、犬特攻は廃止されました。
奇襲は、何度も成功するものではありません。
続ければ、相手が対策を講じます。


> はクローズアップ現代的な方向「社会正義のテーマをきめて問題提起のつもりが結論が決まっている」にNHKもいきがちなのは必然なのかも。

クローズアップ現代でも、ヤラセが発覚して、総務省の責任問題まで発展しました。


>
> いまのヨーロッパ賛美の愛誤が誤報道を続けるのがまさにその状態ですね。

最初に、例えば「ドイツ殺処分」という結論ありきで番組編集方針が有り、それに合わせて抜書した事実をつなぎ合わせます。
でも真実ではないですから、少しツッコミを入れればすぐにほころびが出てきます。
「最初に○○という結論ありき」の編集方針の番組は、「ニュース」や、「ドキュメンタリー」では、本当はあってはならないでしょう。
事実を積み上げて行って、最後に結論を導くのがドキュメンタリーです。
事実のみを伝えるのがニュースです。


>進んでいるものもあれば、いまだにそれか・・・とか過激な暴走やら個別に粛々と取り上げれば、いまよりは問題は解決しそうなのですが・・・

NHKに限らず、なぜマスメディアは、海外の動物愛護を、事実のみ淡々と伝えることをしないのでしょうか。
最近私が他のブログにコメントしたことです。
「欧米先進国でのペットに関する常識は、『ペットショップでの生体販売がない』『殺処分がない』『ドイツでは犬のリードを使用しなくても良い』ではありません。それらはすべて事実とは正反対です。それよりも、先進国で常識なのに日本で採用されていないのは、危険犬種の規制です」。
私はこのブログで書いていますが、欧米(アジアでもシンガポールや香港)先進国では、危険犬種を定め、それらの犬の飼育を禁止し、法に違反して飼育したものに対しては犬を押収して殺処分されますし、飼い主は刑事罰の対象となる国がほとんどです。
もちろんドイツでもそのような犬が押収されて一定数、強制的に殺処分されています。
しかしプロのジャーナリストを含めて、海外の危険犬種規定を日本に紹介している人が私以外にいますか。
それに限らず、海外の動物愛護の情報は、プロのメディアも含めて、「あることを無いと報じる」「報じなければならない有ることを報じない」「無いことを有ることと報じる」ことばかりです。
ほぼ全てがそうです。
それを報道とは言いません。
「嘘プロパガンダ」と言います。

No title

盆休み、正月、連休の期間は、アクセス数も減りますし、自治体や官庁などのアクセスが激減しますので、小話ネタで記事を書いています。
上記の方々や、メディア、」大学関係者の方にぜひ伝えたい内容の記事は、休み明けに順次書きます。

リンクを頂いた情報は拝見しますし、メッセージ、メールなどのお返事も致しますので、しばらくお待ちください。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR