野良猫への無許可餌やりを処罰する時期に来ているー2






(画像は西宮市。甲風園2丁目駐車場ではありません)

猫を放さないで

 兵庫県西宮市では、平成20年から地域猫制度を導入しています。栗山雅史西宮市議会議員(当時。現在は兵庫県会議員)は、21年12月の市議会で、地域猫制度が住民に野良猫被害の拡大をもたらすマイナス面について質問しています。栗山氏がこの議会質問を行なったのは「甲風園2丁目勝手地域猫」がきっかけです。

兵庫県議会議員 栗山雅史氏HPから


西宮市甲風園2丁目勝手地域猫 栗山雅史市議の議会質問から)

平成21年10月深夜のことである。
甲風園2丁目の民間駐車場内で、複数の猫を放す女性を近隣住民が発見した。
かねてより、餌の残骸の不始末により悪臭、害虫やカラスが集まってくること、餌やりにより野良猫が増えて糞尿被害がひどいことなど野良猫による被害が問題になっていた。
もちろんこの餌やりは、駐車場経営者の許可を得ていない。
住民は「猫を捨てたり餌をやらなでください」と餌やり女性に注意した。
しかし餌やり女性は動物愛護の名を騙り「この猫達は不妊手術をしている。だから正当な行為」といい、餌やりを続けた。
住民は自治会長と共に警察官立ち会いのもとに餌やり女性に注意したのだが、餌やり女性は「正当な行為」と言い続け、また身分も明かさなかった。
栗山氏は、西宮市の動物愛護担当者と動物愛護推進員を交えて被害住民と餌やり女性の話し合いの場を設けた。
しかし何の解決にもいたらず、その後も毎日のように餌やり等は続けられている。



 以上の事件により栗山氏は地域猫の弊害として、無許可であっても「餌やりはして良いこと」という誤解を招くことを挙げています。地域猫を導入することにより餌やりの罪悪感がなくなり、野良猫への餌やりは増えます。限定的なTNRでは、野良猫の個体数減少効果はあありません。むしろ給餌することにより、野良猫の栄養状態が良くなり繁殖力が向上し増えます。
 地域猫の第一の目的は「地域環境の改善」です。緩やかであっても、野良猫とその害を減少させ、ゼロ化させることです。公共の場での猫飼育を認める制度ではありません。しかし地域猫=えさやりしてよい、という短絡思考の持ち主が、地域猫制度の導入をきっかけに、無許可であっても大手を振って餌やりをします。上記の西宮市甲風園2丁目の勝手地域猫は、その悪弊の例です。

 上記甲風園2丁目の勝手地域猫は、現行法でも規制できます。例えば軽犯罪法第32条では、入ることを禁じた場所に無断で入れば10万円以下の過料または拘留、もしくはその併科です(当時。現在は懲役1年以下、罰金100万円以下にまで罰則規定が引き上げられています)餌やりは現行犯で他人の土地に無断で入り込み、退去を求めても応じずにえさやりを続けているのです。警察官が事実を把握していながら何ら法的措置を講じ無かったのは、職務怠慢と言わざるを得ません。
 また駐車場経営者がえさやりの被害によってクルマが傷つけられる、それによって駐車場経営に支障が生じるのであれば、威力業務妨害罪が成立する可能性もありますし、契約者のクルマが猫により傷つけられれば器物損壊罪も成立します。また刑事罰のほかにも、駐車場経営者や近隣住民は餌やりに対して、餌やりを原因とする民事上の損害賠償を求めることもできます。

 しかし実際に餌やりとそれに伴う野良猫の被害に遭っていない方は、その深刻さを理解できません。「私有地に無断で入って餌やりされる」と警察に訴えても「たかが野良猫への餌やり」と軽くあしらわれてしまいます。また業務妨害罪や器物損壊罪では、警察が捜査することは稀でしょう。被害者が自ら証拠を集め立証し、告訴するにも弁護士に依頼しなければ実際警察検察も取り合ってはくれません。
 野良猫餌やりによる被害の救済は、被害者にのみ重い負担を強いられるのです。ですから餌やりは違法行為を伴う餌やり行為でも、大手を振って続けるのです。

 私は地域猫制度を導入する場合は、地域猫として許可を受けた餌やり以外は、罰則付きで禁じる条例を同時に制定することが必須だと思います。地域猫制度だけ先んじて制度化すれば、必ず「これは地域猫活動だから正当な行為」と言って、無許可かつ違法行為を伴う餌やりであっても強引に行う人が出てきます。実際違法行為を伴う餌やりであっても、付随する行為で犯罪事実を立件するのは困難を伴います(例えば業務妨害罪や器物損壊罪)。
 警察だって手間がかかる割には、軽度の犯罪は力を入れません。ですから「餌やり」という行為そのものを刑事罰とすることが必要なのです。餌やりに伴う違法行為とその被害は、看過できない状況になっているのですから。

 愛誤さんが動物愛護先進国と絶賛する米国では、州によっては餌やりを刑事罰をもって禁じています。日本の条例のように「餌やりを禁じる条例はあっても罰則が適用されることはない」とは異なります。
 米国では、禁止した餌やり行為を続ければ罰金刑に処せられますし、それでも改めずに餌やりを続ければ懲役刑もありえます(これらについては、ソースをつけて次回以降の記事で論じます)。


(駐車場内に直撒きされたキャットフード。神戸市兵庫区)

直撒きされたキャットフード
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【野良猫への無許可餌やりを処罰する時期に来ているー2】

(画像は西宮市。甲風園2丁目駐車場ではありません)  兵庫県西宮市では、平成20年から地域猫制度を導入しています。栗山雅史西宮市議会議員(当時。現在は兵庫県会議員)は、

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 good job!

 事実が物をいいます。

Re: チッチ様

チッチ様、お褒めいただき、ありがとうございます。

>  事実が物をいいます。

私有地内で土地所有者が禁じても、執拗に餌やりなどをする人っていくらでもいます。
これは市議会の議員質問で取り上げられたケースでもあり、猫のリリースまでおこなっており悪質です。
その他、保育所敷地内、診療所ビルエントランス、病院敷地内でのえさやり等、衛生上深刻なケースは枚挙に暇がないです。
これらの餌やりを排除するために、被害者側のみが多大な負担を強い、結果として餌やりが黙認され続けているのは問題です。

No title

例え正式な認可を受けている地域猫活動であっても、地域猫が他人の庭を荒らしたり公園等の公共の場を汚したりしないよう努める義務がありますし、実際に地域猫が庭や公園を荒らす等の被害が起きれば清掃するなり弁償する義務があるのは当然のことだと思うのですが。

車の運転や交通法について学ばないと運転免許は取得できませんが、免許交付後であってもに事故を起こせば責任を問われますし、過失の度合いによっては免許停止や剥奪もあります。

地域猫活動の認可を受けているんだから餌の食べ残しや糞尿への苦情を受け付けないと言うのは、運転免許を持っているんだから飲酒運転をしてもかまわないし、飲酒運転の結果事故を起こしても文句を言われる筋合いはないと開き直っているのと同じだと思います。

まして勝手地域猫運動なんて、運転免許を偽造して無免許運転するも同然の行為です。

No title

「猫のリリースまでおこなっており悪質です。」

> リリースが当たり前のように行われています。
 鳥取市でもありましたし、今もあるのでしょう。

 地域住民の苦情に対し、正面から向き合おうとしない自称愛護活動は、カルト的裏社会です。反社会的勢力に都合よく利用されています。

 今、鳥取保健所が1頭の猫の新しい飼主を募集中です。再々再掲でクロニャンの滞在生活は4ヶ月目に入りました。祈るような気持ちになるのが、私が皆様と違うところですが、クロニャンを特別扱いすることは出来ないんですね。

 「(保健所収容の)間口を狭く、出口を広く」の愛護のキャッチコピーは、大嘘です。
 現実を無視した施策を唱えてみたところでよい事はなにもない。
 
 原発が「トイレのないマンション」なのと同じで、保健所も極小トイレの中継点です。中継施設を機能させるために、致死処分業務は免れません。アニマルシェルターも極小トイレであることに変わりはなく、保健所のように正直ではありません。

 大阪の地域猫活動従事者によれば、ボランティアの数が異常に多くなり、増えれば増えるほど状況が悪化しているそうです。

No title

>猫のリリースまでおこなっており悪質です。

面倒見ることができないのに保健所から引き取ってはリリースすることを、繰り返すアホがいるということでしょうか?
地域によっては保健所の野良猫引渡しは条件が厳しく、引き取り希望者がいても殺処分してしまうケースがあると言う話を聞いたときは理不尽に思ったものですが。
一見理不尽に見えるルールも、そのようなルールができるには訳があるというとこなのでしょうか。

リリースするアホのせいで責任もって世話することのできる愛猫家がまで引渡しを拒まれてしまう事態になれば、愛誤は罪深いですね。

Re: 碧のたぬき様

碧のたぬき様、コメントありがとうございます。

>正式な認可を受けている地域猫活動であっても、地域猫が他人の庭を荒らしたり公園等の公共の場を汚したりしないよう努める義務がありますし、実際に地域猫が庭や公園を荒らす等の被害が起きれば清掃するなり弁償する義務がある。

結論から言えば、碧のたぬき様のご指摘のとおりです。
むしろ地域猫の場合は、訴訟を起こすとなれば、役所にグループのメンバーやリーダーの氏名住所を届けているので不法行為者の特定が原告被害者にとって楽です。
また無許可えさやりの場合は、飼育とまでは言えず民法709上の一般不法行為が適用されます。
しかし地域猫であれば飼育(と磯子区は定義している)と言えますので、動物の管理者による不法行為責任、民法718場が適用されます。
民法718条特殊不法行為は709条一般不法行為と異なり、原告被害者は不法行為者の故意過失の立証責任を負いません。
つまり猫被害者原告にとっては、無許可餌やりに対するより地域猫の方が損害賠償訴訟では有利になります。

掲示板で有名なバカ愛誤は「猫ボラは民事上の損害賠償の責任を負わないという条例が必要」とブログで書き、横浜市の愛誤市議のHPで「餌やりは民事上の損害賠償責任を負わないという条例を制定してください」という書き込みをするバカ愛誤もいます。
「下位法は上位法に反する規定を設けることはできない」という原則があります。
これは愛誤な写真家もブログで散々述べていることです。
条例で、「特定の行為は不法行為責任を問わない」と制定することは民法709条、718条に反しますのでできません。
愛誤ってバカだから議論する気にもなれない。


> 地域猫活動の認可を受けているんだから餌の食べ残しや糞尿への苦情を受け付けないと言うのは、運転免許を持っているんだから飲酒運転をしてもかまわないし、飲酒運転の結果事故を起こしても文句を言われる筋合いはないと開き直っているのと同じだと思います。
> まして勝手地域猫運動なんて、運転免許を偽造して無免許運転するも同然の行為です。

地域猫推進派愛誤で勘違いしている人は多いです。
認可地域猫であれば、被害を及ぼしても損害賠償は免責になるとでも思っている方が多いです。
中学高校の社会科、公民でも勉強しなおすべきでしょう。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

> > リリースが当たり前のように行われています。
>  鳥取市でもありましたし、今もあるのでしょう。

ノーキルを標榜し、殺処分に反対するバカ者共が、保健所から収容された猫を片っ端から引き出しては公園にリリースするという事件がかつては多くの自治体でありました。
そのためか、各自自治体の保健所では、猫に関しては譲渡を行わないとか、譲渡に制限を設けているところが多いです。
兵庫県でも、犬の一般譲渡には力を入れていますが、猫は原則譲渡していません。


>中継施設を機能させるために、致死処分業務は免れません。アニマルシェルターも極小トイレであることに変わりはなく、保健所のように正直ではありません。

不適正飼育を温存したまま、ノーキルなんてありえないのです。
愛誤がいう「欧米のシェルターでは致死処分はしない」というのは大嘘です。
既にアメリカのケースを取り上げましたが、イギリスだってシェルターで相当数の殺処分を行なっています。
イギリスは完全民間シェルターが多く、安楽死統計が表に出ないだけです(とイギリス国内のニュースサイトの記事があります)。
ドイツでもペットの安楽死は合法で行われています。
法律で安楽死の基準が定められています。
愛誤の「ドイツでペットの致死処分は禁じられている」は大嘘です。


>  大阪の地域猫活動従事者によれば、ボランティアの数が異常に多くなり、増えれば増えるほど状況が悪化しているそうです。

限定的なHNRでは野良猫は減るわけないし、餌やりし放題では増えるばかりです。
猫ボラwの数に比例して野良猫が増えるのは必然です。

Re: 碧のたぬき様

碧のたぬき様、コメントありがとうございます。

> 面倒見ることができないのに保健所から引き取ってはリリースすることを、繰り返すアホがいるということでしょうか?

かつては日本全国の保健所でそのような問題が起きていました。
ですから今では、猫に限り、譲渡制限を設けている保健所がほとんどです。
兵庫県でも、猫に関しては一般譲渡はしていません。
自称猫ボラwは、自分たちが勝手に餌場と決めたところに、ほかのエリアで捕獲した野良猫を不妊去勢手術後にリリースするのです。
餌場を集約したほうが餌やりが楽ということでしょう。
記事のケースでは、甲風園2丁目の民間駐車場です。
駐車場経営者はたまったものではありません。
その他、ある餌やり場で近所に咎められてそこで餌やりを継続できなくなった時に、ほかに餌やり場を作って猫を引越しさせる場合もあります。


> 地域によっては保健所の野良猫引渡しは条件が厳しく、引き取り希望者がいても殺処分してしまうケースがあると言う話を聞いたときは理不尽に思ったものですが。

その原因を作ったのが愛誤です。
保健所からごっそり収容猫を引き出しては公園に勝手にリリースして、その猫を有償で一般譲渡するなんてことが横行していましたから。
愛誤のしていることは、本当に反愛誤です。

No title

「面倒見ることができないのに保健所から引き取ってはリリースすることを、繰り返すアホがいるということでしょうか?」

>碧のたぬき様、いるんですよ。鳥取市のサラ金業者が中心になって、十年前、マスコミに喧伝しながら派手に保健所収容動物を救おう!をやってくれました。

 お恥ずかしながら、私は最初、少し期待して見ていました。ネズミ講式に口コミで片っ端から声をかけていき、多くの市民が協力しました。

 すぐに、私の主宰する会に苦情相談や通報がくるようになりました。街中で知人から話を聞かされることが多くなりました。最初は半信半疑でした。はりきりすぎて、切羽詰ったのかと善意に解釈しようとしました。本人に注意もしました。出来ないことをしてはいけない、捨猫はしないように等。
 最初は「分かった、なるべく捨てないようにする」とか言っていましたよ。テープが残っています。
 しかし、直ぐに私をうるさがるようになり、私もそれが分かった時点で諦めました。こんな連中を相手にしても時間の無駄でした。

 でも、あんなに早く行き詰まるとは、さすがの私も予想していませんでした。多くの人を巻き込んでいましたからね。

 その多くの人は”ボランティア”であることを選択し、最終的な落ち着き先である終生飼養飼主候補者のシェアが拡大したわけではなかったのです。

 行き詰まる種明かしはそういう事。とても簡単でしょう?

 騙して犬猫を引き取らせる、餌場にはなす、一時預かりボランティア宅に置き去りにする。飼うという人になら、誰にでも渡し、「飼えなくなった」と引取りを要求され、無視する。犬は再度保健所へ。
 なんでもありでした。

 不良飼主や餌やりさん達が喜んで、愛護ボランティアを自称しはじめ、啓蒙対象であった人達が「世間を啓蒙する」と主張し始めたのです。つまり、自分達はこれでいいんだ、猫のため、犬のためという意識の逆転現象を起こしたのです。

 私は一線を画して今まできております。念のために申し添えます。

 あ、それと、それで私が何をしたかというと、行政のほうと話し合いました。詳しくは省略します。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

> >碧のたぬき様、いるんですよ。鳥取市のサラ金業者が中心になって、十年前、マスコミに喧伝しながら派手に保健所収容動物を救おう!をやってくれました。

その後鳥取県は、保健所で収容したペットの間接譲渡を行わないという方針に変わりました(確か要綱があったはずです)。
現在はどうなっているのかは詳しくは存じません。
しかし
鳥取県が間接譲渡を廃止したあとでも「鳥取県猫ちゃんを救う会」という団体が、「保健所に収容された猫を引き出して一般譲渡する」という名目で、募金詐欺事件を起こしました。
数十年前の私が子供の頃は、保健所から犬や猫の譲渡を受けることは普通に行われていました。
しかし現在、猫に限っては、一般譲渡に制限を設けている保健所が多いです。
多分、鳥取県のような事件が各地で起きたからだと思います。


>  その多くの人は”ボランティア”であることを選択し、最終的な落ち着き先である終生飼養飼主候補者のシェアが拡大したわけではなかったのです。

現在日本では、2,000万匹以上の犬猫が飼育されています。
一世帯3人とすれば日本の世帯数は4,000万です。
一世帯一匹とすれば、二世帯に一匹は犬猫を飼っているのです(多頭飼育の方もいらっしゃいますけどね)。
ペット不可の集合住宅も多いですし、ペットを飼わない主義の人もいるでしょう。
ですからペット飼育は飽和状態と言えるわけで、ましてや保健所に収容された犬猫の飼育は現在では少数派です。
それなのに(特に猫は不適正飼育の温存で)供給は増え続けるばかりですし。
保健所に収容された犬猫をレスキューして一般譲渡し、殺処分ゼロにするということは不可能なのです。

行き詰ったら、公園とかにリリースして「(勝手)地域猫」。
ここでも地域猫の名が都合よく使われます。
地域猫の罪は深いものだとつくづく感じます。

No title

私の友人宅近所のコインパーキング周辺でも、野良猫のほとんどに首輪をつけさせ「この猫たちは私の飼い猫」と屁理屈を並べた迷惑餌やり行為を行っている基地外BBAがいます。

そのBBAの友人には自称消防団員と名乗るこれまた基地外JJIがおり、そのBBAが近隣住民に怒られると、二人で組んで嫌がらせを行うので、地域からは完全に孤立しているそうです。

餌場がコインパーキングなので猫せんべいが頻繁に作成され、最盛時10数匹いた猫は、5匹程度に激減したとか。

このような、BBAやJJIは自治会からの苦情をなんとも思わないので、法による罰則が必要でしょうね。

モラルハザードが効かない基地外は法で罰するしかありません。

次回以降紹介予定の米国での餌やり規制罰則法を楽しみにしております。

Re: 三二一閣下様

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 私の友人宅近所のコインパーキング周辺でも、野良猫のほとんどに首輪をつけさせ「この猫たちは私の飼い猫」と屁理屈を並べた迷惑餌やり行為を行っている基地外BBAがいます。

2ちゃんねるスレでも「愛誤対応想定問答集テンプレートを作ろう」なんて書き込みがありました。
その中で「保護して保健所に届けた猫が飼い猫だったらどうするんだ」という愛誤の常套句があります。
この件については、楽天ブログでも何度も論じました。
かつて三味線皮革業者が路上で猫を大量捕獲しました。
愛誤が大騒ぎして「猫捕りを検挙しろ」と警察に抗議したので、警察は猫捕り業者を逮捕して送検しました。
いかし検察は、猫取り業者を不起訴にしました。
犯罪事実が無いとの判断からです。
首輪をしていなければ、猫捕り業者は捕獲した猫を野良猫と認識しており、不法領得の意思がなかった(つまり人のものを盗んだ等の罪の意識がなければ窃盗罪等の犯罪は成立しない)ため犯罪は成立しないと検察が判断したのです。
また民事上未登録の動産(猫)は、占有管理下に置くことにより所有権を第三者に対抗できるとしています。
猫を放し飼いにするということは、占有管理しておらず、それにもかかわらず所有権を主張することは権利の濫用で認められません。

本件のように首輪をしていても、改正後の遺失物法の解釈では、「所有者の明示がなければ遁走した家畜=所有権あり」とはみなされず、拾得者が保健所に届けても合法です。
首輪に所有者及び連絡先の明示がされていた場合は、民事で損害賠償を求める以外ないですね。


> 法による罰則が必要でしょうね。

野良猫への無許可給餌と共に、猫の放し飼いも処罰対象とすべきでしょう。


> 次回以降紹介予定の米国での餌やり規制罰則法を楽しみにしております。

JJIが40年来自転車に餌を積んで餌やりを続けたとか、餌やり基地害は万国共通みたいですw
日本と米国の違いは、餌やりに対してきちんと刑事罰を与えるか否かです。
餌やりJJIの刑事処分を撤回しろとか、餌やり禁止州法を改正しろとか、ネット上で抗議を呼びかけたり、米国の愛誤も日本の愛誤と同じです。

No title

Re: チッチ様
>碧のたぬき様、いるんですよ。鳥取市のサラ金業者が中心になって、十年前、マスコミに喧伝しながら派手に保健所収容動物を救おう!をやってくれました。

サラ金業者が中心って、あからさまにブラック臭いですねw
都合の良い願望を根拠もなく信じて突っ走り、他人も巻き添えにして盛大にこける馬鹿はどこにでもいますが、愛誤と呼ばれる人種には特に多いような気がします。
まあ、愛誤だから馬鹿なんじゃなくて馬鹿だから愛誤と呼ばれている(海犬に代表される営利目的タイプの愛誤団体幹部には舌を巻くほど狡猾な連中もいますが、単純な頭数では少数派でしょう。実害の大きさでは負けていませんが)と私は考えているので、愛誤が馬鹿なのは当たり前のことではありますがw



さんかくたまご様
>2ちゃんねるスレでも「愛誤対応想定問答集テンプレートを作ろう」なんて書き込みがありました。
>その中で「保護して保健所に届けた猫が飼い猫だったらどうするんだ」という愛誤の常套句があります。

愛誤の大好きな動物愛護管理法の第35条でも、自治体は所有者の判明しない猫の引取りを取得者から求められた場合、それに応じる義務があることが明記されていますね。
名札等に飼い主の連絡先が明記していない時点で「所有者の判明しない」が成立していますので、「保健所の持ち込んだ後で飼い主がいることが発覚したら窃盗罪になる」という愛誤の脅しはあきらかに嘘です。

そうだったんですか

愛護ではなく、厄介者ですね・・
しかし、えさ代は月にいくらぐらいかかるんですか?
買った事もないのですが、そんな金なら寄付とかすればいいのに

追伸
ガーデンバリアは効きました。1回浴びせた固体は2度ときませんでしたよ

Re: 碧のたぬき様

碧のたぬき様

> Re: チッチ様


> 愛誤だから馬鹿なんじゃなくて馬鹿だから愛誤と呼ばれている。

横ですが。
賢ければ愛誤にはなりませんよ。


> さんかくたまご様

> 名札等に飼い主の連絡先が明記していない時点で「所有者の判明しない」が成立していますので、「保健所の持ち込んだ後で飼い主がいることが発覚したら窃盗罪になる」という愛誤の脅しはあきらかに嘘です。

愛誤は全てにおいて大嘘つきです。
「欧米は日本と異なり動物愛護先進国。殺処分をしない、犬猫の店頭販売はしないetc...」の大嘘はこれからも暴きます。
「猫を保健所に届けて、それがもし飼い猫であれば窃盗罪や器物損壊罪になる」も愛誤の大嘘です
では、保健所に所有者明示のない猫を届けて、窃盗罪や器物損壊罪が成立したケースを一つでも挙げていただきたいです。
改正遺失物法の解釈では、逃走した家畜=所有者あり、と判断される要件がより厳しくなっています。
所有者と連絡先の明示が必須です。
首輪をしている、衣装を着せられている、耳カットがある等は所有者の明示に当たりません。
首輪をしていようが、服を着せられていようが、不妊去勢手術済であろうが、所有者不明の犬猫として保健所に届けてOKです。

Re: そうだったんですか

仕事人募集様、コメントありがとうございます。

> 愛護ではなく、厄介者ですね・・

だ・か・ら、愛「誤」なんです。
本当に社会の迷惑です。


>えさ代は月にいくらぐらいかかるんですか?

猫の数にもよりますがね。
拙宅町内の元100匹餌やりおばさんは、月数万円餌代がかかると自慢していました。
そんなこと自慢するなよ。


> ガーデンバリアは効きました。1回浴びせた固体は2度ときませんでしたよ

多分、その内猫が慣れて効かなくなると思います。
設置した近所の人が言っていました。

餌の値段

さんかく様お久しぶりです。
だいたい成猫の平均体重が3~5kgあるので間をとって4kgだったとします。スーパーなどでもよく手に入るキャットフードを与えた場合、この体重だと1日に約80g食べますから100頭いた場合、単純に1日8kg消費します。通常2.5kg入りで600円くらいですから。1ヶ月だと約57600円で約6万円近くかかります。でもこれはちゃんと1頭づつ体重管理をしてて(しかも全頭成猫で体重が4kg)餌の量を計ってやった場合ですが…。頭数が多いと普通そんなことしてる人は少ないでしょう。特に外での餌やりの場合はただぶちまけてるだけがほとんどですし。うちの猫は1日2回に分けて与えてますが、外の餌やりは大抵1日1回だけのほうが多いみたいなので実際にやってる量は猫が欲しがる量よりも少ないでしょうね。食いっぱぐれも出てくるでしょうから。余すぐらいやっても1回に胃袋に入る量は決まってます。それに時間が立つと臭いが薄くなるので食べなくなります。本当に自己満足で『餌やり』にすらなってないかもしれません。あと余談ですが、身近で手に入るものでしたら『お酢』が効果的です。

Re: 餌の値段

ミナミイシガメ様、コメントありがとうございます。

>100匹で1日8kg消費します。通常2.5kg入りで600円くらいですから。1ヶ月だと約57600円で約6万円近くかかります。

さすが理詰めですね。
100匹えさやりおばさんの餌やりを目撃した人によれば「セメントを練るトロ箱にザーッと1袋を空ける。集まってくる猫は30匹以上」とのことです。
私が「100匹えさやりおばさん」と命名したのは、餌やりにより増えた猫は町内に100匹はいるだろうという推測です。
弱い個体や授乳中の子猫は餌場に近づけませんから。
おっしゃるとおりドライの2,3キロ袋では6~700円です。
だから1袋であれば、餌が行き渡っているのは30匹程度ではないでしょうか。
お気に入りに缶を与えるなどしても、100匹えさやりおばさんの月の餌代は、おそらく3万円前後ではないでしょうか(そのような話を聞いたことがあります)。

餌やりさん達は、個体管理や必要給餌量など計算もしていないでしょう。
拙宅町内の野良猫によるゴミ荒らしはひどく、ガリガリに痩せて衰弱している個体も多数います。
子猫や弱い個体はどんどん死にます。
では、100匹分の餌を用意すればいいのかといえば、栄養状態が良くなればそれ以上繁殖して増えますから給餌量は限なく増やさなくてはなりません。
餌やりさんが負担出来るお金にも限度があります。
自然の状態では、動物の個体数は食物の量以上に増えますが、いずれは食物の量に収斂します。
給餌は、対象とする動物の大量死にほかなりません。
全く残酷なことで動物愛護に反します。

私のサイトのコメントに

ドイツは規則が厳しいので野良猫が少ないとか言ってる
血中愛誤度の高いコメントが有りましたが・・・
一応、さんかくさんのサイトを見るようにとおススメしましたね。

あ、財政事情が厳しい泉佐野市で犬の糞害「野良猫も相当有る筈」に
対して飼い犬税を導入するとか・・・
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120627/waf12062720000042-n1.htm
猫に対しても必要な筈なのに飼い猫税ではないのは
又しても愛誤が暗躍したのでしょうかね?

それと、野良猫愛誤の間接的被害
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120628/crm12062812170005-n1.htm
これも野良猫被害の堪忍袋が切れたのかも・・・

大英断!

ご無沙汰してます。
一足早く、只野さんが紹介されましたが、泉佐野市の件、正に大英断の一言に尽きますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120627-00000048-mai-soci

>猫に対しても必要な筈なのに飼い猫税ではないのは
>又しても愛誤が暗躍したのでしょうかね?

犬は登録が義務化されているので確実に税金入るから、まず犬からって事だと思います。
それが定着してから、猫も登録義務化して「犬の飼い主もきちんと税金払ってるんだから、猫の飼い主も払え」という世論を形成させてからでも遅くないかと。


No title

只野様、この一連の動物虐待は、普通の虐待と性質を異にするように思います。

精神病理学的な虐待の感じを強く受けます。
人間を対象とした事件が起こらねばよいがと不安になります。
病理学的動物虐待は人身殺傷と高い相関性があります。

Re: 私のサイトのコメントに

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> ドイツは規則が厳しいので野良猫が少ないとか言ってる血中愛誤度の高いコメントが有りましたが・・・

気候も原因ではないですか。
北部のキールは、港が凍結する年があるくらいです。
屋外の猫は、多くが冬の寒さで淘汰されるのではないでしょうか。
ところでブログを再開したのですか。
ぜひこちらにリンクを付けてください。


>財政事情が厳しい泉佐野市で犬の糞害「野良猫も相当有る筈」に対して飼い犬税を導入するとか・・・

私は犬を飼っていませんが、犬税や犬糞放置の罰則強化は、猫飼育者と比較して不公平だと思います。
ペット税でも、ペットショップで購入時に課税するとか。
糞でも保健所での殺処分でも、適正飼育している(猫より犬の方が多い)犬飼育者ばかりに負担を求めて、野良猫に餌やりする人や猫を外介する人は課税できませんし、糞放置の罰金を課すこともできません。
私は先に、野良猫不適正餌やりの罰則や、猫の登録義務、行政による野良猫の捕獲を法制化すべきだと思います。


> 猫に対しても必要な筈なのに飼い猫税ではないのは又しても愛誤が暗躍したのでしょうかね?

Re: 大英断!

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> 泉佐野市の件、正に大英断の一言に尽きますね。

ペット税は、私は否定はしませんが、課税原則の「公平性の原則」には留意していただきたいと思います。
犬の飼い主でも糞を放置するマナーが悪い者もいますが、犬糞放置は、多くの自治体で条例で罰則規定を設けています。
でも私は、犬糞とり猫糞の被害の方が深刻だと思います。
猫糞被害をばらまいている張本人は「私は野良猫に餌をやっているだけだから飼い主の責任はない」とか、事実上飼い猫=外飼い、に近いのに「これは野良猫」といくらでも責任逃れできます。
犬の飼育者にとっては、あまりにも不公平だと思います。
犬税の導入よりも、飼い猫のマイクロチップ装着飼い主登録義務化を行い、マイクロチップ未装着の猫は野良猫とみなして行政が捕獲処分することを制度化することが先だと思います。


> それが定着してから、猫も登録義務化して「犬の飼い主もきちんと税金払ってるんだから、猫の飼い主も払え」という世論を形成させてからでも遅くないかと。

私見ですが、猫の適正飼育化の方が先ではないかと。

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

> 只野様、この一連の動物虐待は、普通の虐待と性質を異にするように思います。

愛誤は往々にして、猫の適正飼育化や無許可餌やりに反対する人を「虐オタ」と称して、猟奇的猫虐殺犯と同一視します。
しかし私は快楽的動物虐殺と猫被害を訴える人は、全く異なると思います。
猫被害を訴える人=虐ヲタ、という図式は、猫の不適正飼育の批判をかわすための愛誤のコジツケです。

リンク付けました

大変遅れて申し訳ありませんでした。
トップページの
「さんかくさんと三二一閣下さんのリンク」という
フリーページで
リンクさせて頂きました。

Re: リンク付けました

只野乙三様、コメントありがとうございました。

楽天で再開されていたのですね。
しばらく記事更新がなかったので気がつかずに失礼しました。
こちらでもリンクをつけました。
こちらでもリンクをつけましたので、また訪問させてください。
でも楽天は危ないですよ。
閣下さんも予告なしでブログページを削除されてしまったし。
もしリンクがご都合悪ければご連絡ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ー様

ー様、コメントありがとうございます。
情報提供ありがとうございます。

> http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1872454982&owner_id=50438272
> https://twitter.com/maychima
> http://www.nekomochi.com/whatsnew/aeyes2.html

調べて記事にするかもしれません。
今後とも宜しくお願いします。

それは人間が増やしてしまったから。勝手な人間が簡単に飼っていらなくなり捨てたりするからこんなことになります。ネコに責任ありません。
人間である私達です

Re: (にせ)さんかくたまご様

(にせ)さんかくたまご様、コメントありがとうございます。

> それは人間が増やしてしまったから。勝手な人間が簡単に飼っていらなくなり捨てたりするからこんなことになります。ネコに責任ありません。

野良猫のルーツは、江戸時代くらいに遡るかもしれませんよ。
それが代々自然繁殖してきたとも言えます。
捨てた人が江戸時代であれば、もう時効です。
沖縄では、人為的に放したマングースの駆除を行なっています。
またアライグマもブラックバスも駆除されています。
なぜ猫だけが特別なのですか。

No title

ゆう((にせ)さんかくたまご?)様

>それは人間が増やしてしまったから。勝手な人間が簡単に飼っていらなくなり捨てたりするからこんなことになります。
>ネコに責任ありません。
>人間である私達です。

だったら、人間は何をすべきか?
マイクロチップなどで個体登録・管理をする、無計画・無秩序に増やさないよう野良猫への餌やりを禁じ、不妊去勢手術を義務づけるといった厳格な管理下に置かねば、永久に解決しないと思います。
これらをより確実に守らせるためには罰則も必要です。
人間に責任があるというなら、簡単に捨てさせてはならないというなら、最低この程度はやる必要があると思います。
単に人間の責任だと言うばかりでなく、何をするべきかとか、どうすれば野良猫という不幸な存在がなくなるかという具体的なご提案はお持ちでないのですか?
まさか「だから野良猫にエサをやる」とでもおっしゃるつもりですか?
もしそうなら、一方で捨てる人間が悪いと言いながら、一方でエサをやって野良猫増やすなど、捨てる人間とやっている事が同じだと思いますよ。

Re: 迷惑餌やり反対派様

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> ゆう様
>
> だったら、人間は何をすべきか?
> マイクロチップなどで個体登録・管理をする、無計画・無秩序に増やさないよう野良猫への餌やりを禁じ、不妊去勢手術を義務づけるといった厳格な管理下に置かねば、永久に解決しないと思います。
> これらをより確実に守らせるためには罰則も必要です。

私が常に主張していることです。


> まさか「だから野良猫にエサをやる」とでもおっしゃるつもりですか?

愛誤さんの餌やりの正当化の常套句です。
しかし餌やりは、ますます野良猫の繁殖力を高め、より多くの不幸な猫を生み出しています。
やっていることは逆なんですよ。
かつてアライグマも、ペットとして輸入されました。
今では野生化して繁殖し、各種の被害をもたらしています。
ですから懸賞金をつけてまで駆除に力を入れる自治体もあります。
野良猫とアライグマの立場は同じです。
「アライグマがかわいそう。捨てた人間が悪い」と言って餌やりをする人はいないでしょう。
なぜ猫だけ特別なんでしょう。

茨城県日立市大甕駅 バス乗り場

茨城県日立市大甕駅の東口のバス停 近く店の抜け道が ノラ猫います 毎日 17時30分ごろエサやり女やってきます

Re: 茨城県日立市大甕駅 バス乗り場

サクラ様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 茨城県日立市大甕駅の東口のバス停 近く店の抜け道が ノラ猫います 毎日 17時30分ごろエサやり女やってきます。

情報ありがとうございました。
近くならば取材に訪れますが、茨城県は遠すぎます(涙。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR