FNNニュース「ドイツのペット事情」~「ドイツでは殺処分が原則禁止され殺処分はゼロ」の大嘘ー5



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
"Universalität im Grundlegende Menschenrechte steht für Allgemeingültigkeit.
Das heißt, dass Grundlegende Menschenrechte überall für alle Menschen gültig sind. In ähnlicher, Universalität im Grundlegende Hundenrechte steht für Allgemeingültigkeit. Das heißt, dass Grundlegende Hundenrechte In Deutschland für alle Hunden gültig sind. So in Deutschland, ist das Töten von Hunden und Katzen verboten. Hunde und Katzen getötet werden gleich Null ist."
NHK (Japan staatlichen Rundfunk) , FNN (Privatsender Japans) news etc...wurde in der TV Programm gemeldet.
Deutschen überrascht \(◎o◎)/!!!
Regierungsbehörden und Polizei, um Hunde und Katzen, in Behörden und Polizei haben die Befugnis, Hunde und Katzen zu töten,in Deutschland
.

 私は以下の「関連記事」で、本年5月8日に放映された、FNNニュース(フジテレビジョンをはじめとするFNN系列で放送している報道番組)の「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」の放送内容は、ほぼ全てが嘘であることを指摘しました。まず「ドイツでは(犬猫のことを指していると理解します)、殺処分が原則禁止されているのでゼロ」ですが、ドイツ連邦共和国では、全州において犬の強制殺処分を行政が行うことを法律で定めており、その数も一定数ある実例を紹介しました。それを裏付ける資料としては別の記事で、2007年におけるベルリン州の、540頭の犬の押収と殺処分などの処分と予算についてのベルリン州下院議会議事録を取り上げています。また、ドイツ連邦共和国においては、全州で警察法で警察官が犬などを射殺する権限を認めており、職務で犬の射殺処分が行われている実例を書きました。今回は、ティアハイムにおいても、かなりの率で殺処分が行われている事実について述べます。


(関連記事)

懲りない大嘘愛誤プロパガンダ放送~FNNニュース「ドイツのペット事情」
FNNニュース「ドイツのペット事情」~「ドイツでは殺処分が原則禁止され殺処分はゼロ」の大嘘ー1
FNNニュース「ドイツのペット事情」~「ドイツでは殺処分が原則禁止され殺処分はゼロ」の大嘘ー2
FNNニュース「ドイツのペット事情」~「ドイツでは殺処分が原則禁止され殺処分はゼロ」の大嘘ー3
FNNニュース「ドイツのペット事情」~「ドイツでは殺処分が原則禁止され殺処分はゼロ」の大嘘ー4


(動画)

 問題の報道番組、FNNニュースの「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」の録画です。残念ながら、動画は非公開になりました。しかし同番組では、レポーターが「ドイツでは殺処分ゼロである」と明言しています。番組の内容については、こちらで紹介しています。懲りない大嘘愛誤プロパガンダ放送~FNNニュース「ドイツのペット事情」




 ドイツ連邦共和国では、厳然と犬猫の殺処分が行われています。行政が強制的に飼い主から犬を押収して行う公的殺処分もあります。また警察官が職務権限に基づいて犬などを射殺する数は、ドイツ連邦共和国では年間約9,000頭です。
 本番組では、「ドイツのティアハイムでは殺処分ゼロである」と報じています。しかしそれは大嘘です。今回は、ドイツのティアハイムでは、かなりの数・率で収容動物の殺処分が行われていることを書きます。

 FNNニュース「「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」では、ティアハイム・ベルリンで取材を行っています。その中でレポーターは「ティアハイム・ベルリンでは殺処分ゼロです。ドイツのティアハイムは殺処分ゼロです」と明言しています。しかしティアハイム・ベルリンでは、「健康でかつ、攻撃的であるなどの問題が全くない犬などを、単に収容スペースの不足等で殺処分している」ことを、ドイツのマスメディアに公表しました。
 マスメディアの記事では「ティアハイム・ベルリンでは殺処分を行っているという噂が真実であることを認めた」と報じています。つまり、ティアハイム・ベルリンが「殺処分ゼロ」と公表していたのは、関係者を欺いていたといったニュアンスで報じています。Schweren Herzens: Tierheim tötete Hunde Tierheim bestätigt, dass verhaltensgestörte Hunde in der Einrichtung mit einer Spritze getötet werden mussten.「沈痛な心で、ベルリンティアハイムは犬を殺す。ベルリンティアハイムは、不適応犬を注射という方法で殺さなければならなかったことを認めました」。2013年11月17日から、以下に引用します。


Das Tierheim Berlin – Zufluchtsstätte und oft letzte Rettung für Tiere, die ausgesetzt oder sogar misshandelt wurden.
Doch in seltenen Fällen müssen sich die Verantwortlichen der Einrichtung in Falkenberg einer traurigen Notwendigkeit beugen.
Tierheim-Vorstand Ines Krüger (46) spricht in der BZ erstmals öffentlich aus, was bisher nur ein Gerücht war: "Ja, in einigen Fällen müssen wir Hunde einschläfern."
Die Mitglieder: ein Vertreter der Tierheimleitung, ein behandelnder Veterinär, der zuständige Amtsveterinär, der Pfleger des Hundes, ein Vorstandsmitglied des Tierheims.
Beispiel: Wurden andere Unterbringungsmöglichkeiten in Erwägung gezogen?Oder:
Stellt der Hund für keinen der zuständigen Tierheimmitarbeiter, selbst unter Sicherheitsvorkehrungen, keine Gefahr dar?

ティアハイム・ベルリンー避難所、それは多くの場合、飼育放棄されたり虐待にさらされてきた動物たちにとっては、最後の砦です。
しかしフェンケンベルクにあるこの施設の責任者は、しばしば悲しいことにこの必要性に反することをしています。
ティアハイムの執行役員のイネス・クルーガー氏(46)は、以前は単なる噂だったこと(ティアハイム・ベルリンが収容動物の殺処分を行っていること)を、公に初めてBZ(ベルリン・ツァイトゥング=新聞社)に公表しました。
「(ベルリンティアハイムが収容動物の殺処分を行っているという噂は)その通りです。いくつかのケースでは、私たちは犬を安楽死させる必要があります」。
ティアハイムの管理部門の代表者、権限のある担当の行政獣医師、犬の飼育担当者、ティアハイムの役員のメンバーらにより、収容動物の致死注射(安楽死)を決定します。
(安楽死決定に考慮されることは)例えば、他に収容できる施設があるかどうか(単なる過剰収容でも安楽死の理由になるということです)?
または犬の場合、スタッフが有能で安全対策が可能であり、危険を避けることができるか?ということです(つまり攻撃的で危険な犬は安楽死の対象になるということです)。



 ティアハイム・ベルリンは、ドイツ国内では最大規模の施設ですが、収容動物の譲渡率や殺処分率の年次報や決算を公開していません。対して小規模なティアハイムで犬猫などのペットの収容と譲渡、殺処分、施設内死亡などの年次報告及び決算書の公開を行っているところがあります。
 以下に一例をあげます。むしろ年次報告や決算書の公開を行っているティアハイムの方が真摯で良心的であるとさえ言えます。こちらがドイツ、ティアハイム協会加盟ティアハイムの一覧です。この中には、収容動物に関する年次報告書を公開しているティアハイムがいくつかあります。Tierheime Tierschutzvereine und Tierhilfen:。その中から、Tierheime altentreptowev statistiken「ティアハイム・アルテントレプトゥ 統計」を引用します。


Bestand des Tierheims Ende 2014
8 Hunde (+3 in Dauerpflegestellen)68 Katzen
Rückgaben: 28
Vermittlungen: 60
Euthanasien: 34
verstorben: 15
Pensionstiere: 3

2014年末の当ティアハイムの在庫
犬8頭(加えて長期療養中のもの3頭)
猫68匹
返還:28
仲介:60
安楽死:34
死亡:15
老犬猫ホーム:3



 つまり、Tierheime altentreptowev「ティアハイム・アルテントレプトゥ」においては2014年の取り扱い犬猫総数(うち死亡数と老犬猫ホームでの預かりを除外した数値。老犬老猫ホームでの預かりは、有償による飼育受託であり、殺処分の対象とはならないからです)122のうち、殺処分数は34です。つまり年間の犬猫取り扱い総数に占める殺処分率は27.9%になります。
 この、Tierheime altentreptowev「ティアハイム・アルテントレプトゥ」の殺処分率は、特別高いものとは思えません。ドイツのティアハイムの殺処分率は、概ねこのような数字であると推測します。むしろ公表していないティアハムは、それよりはるかに高い可能性があります。それとティアハイムは完全民営で、収容動物の殺処分数・率を公表する義務はありません。また虚偽の発表、実際は相当数の殺処分を行っていたとしても、「殺処分ゼロ」と公表しても、直接罰する法律はドイツにはありません。

 従って、FNNニュース「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」で報じられた「ドイツでは殺処分ゼロ、従ってティアハイムでも殺処分はゼロである」は全く事実に反する大嘘です。取材をした、ティアハイム・ベルリンにおいても、2013年に既に、「健康で攻撃的などの問題行動もない犬なども一定数殺処分していた」ことを隠し通せなくなり、マスメディアに公表しているのですから。
 FNNニュース「世界の○○ ドイツのペット事情」の番組制作関係者は、自身の取材能力の低さを恥じて反省するべきでしょう。それ以前に、嘘報道を行うことは、放送倫理に反する行為です。


(追記)

 この正体不明、趣旨が理解不能な団体(未だに法人登記がされていないようですが?)、TOKYOZEROキャンペーンのHPの内容も酷すぎます。書かれていることはほぼ全てが嘘・偏向です。このような記述は、嘘・捏造のほんの一例です。「動物福祉先進国・ドイツには、捨てられた犬や猫たちが幸せに暮らせ、そこで新たな飼い主を待つための動物保護施設『ティアハイム』が存在します。そこでは日本のような殺処分は行われていません」。
 ほかの記事で何度か書いていますが、ドイツなどのティアハイムは完全民営の営利組織です。不要ペットの引取りはかなりの手数料(日本円で不妊去勢済みの犬で3万円近く)で。それをかなり高額(雑種の成犬で不妊済みのメス犬ならば日本円で5万円近く。純血種の人気小型犬であればそれ以上)で再販売することで経営が成り立っています。また終生飼育は、老犬老猫ホームで高額な飼育料を払う限り、飼育を続けてくれます。売り物にならない野良などの犬猫等は、ほとんど引きとりません。ドイツでは、そのような犬猫は、民間人ハンターや警察官が合法的に射殺します。ドイツにおける犬猫の狩猟駆除は推計で年間50万頭近く、警察官が射殺する犬などは年間9千頭台で推移しています。


マスメディアの苦情受付先
フジサンケイグループへの苦情
http://www.fujisankei.com/contact/

BPO(BPO | 放送倫理・番組向上機構 | Broadcasting Ethics & Program ...)
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119


(フジ産経グループに送信)

2015年5月8日放送の「FNNニュース 世界の○○ ドイツのペット事情~」の内容は、ほぼ全てが嘘である。
この番組の嘘については、既に4回メールしている。

今回は番組で、ティアハイム・ベルリンを取材し「ティアハイムベルリンは殺処分ゼロ。その他のドイツのティアハイムも殺処分ゼロ」とレポーターが断言している。
しかしティアハイム・ベルリンは、健康上問題もなく攻撃的などという問題行動もない犬を殺処分していることをマスメディアに公表している(この番組放映の前の2013年である)。
また日常的に、ドイツのティアハイムでは、殺処分が行われている。
その数・率は、「例外」ではなく、かなりの割合である。

この番組は、精神異常者で知能が正常に満たないものがが制作したのか、何らかの利害関係で嘘捏造を報じたのか定かではない。
しかし誤った事実を公に報じることは社会にとって害悪その意外ないものでもなく、放送倫理に著しく反する。
反省せよ。
その余の嘘については、追って指摘する。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-650.html#more
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

考えなしに繁殖させる奴がいるから。

繁殖させた個人責任を追及せずに、人間のせいなどとのたまわって社会で対応させようとするバカの為に無責任な繁殖をおこなうバカに責任追及の手が伸びずに犬猫が死んでいきます。

日本では報道機関まで揃ってバカしかいないので愛誤の嘘しかない虚報を報じまくって愛誤と一緒に犬猫大量殺戮の片棒をかついでいる報道機関があります。

正しい知識を社会に流布して愛誤行為を法で縛れば被害者も死ぬ犬猫も激減するでしょう、愛誤は動物のいない隔離された施設か無人島で生活するのがお似合いです。
そうでもしないと愛誤は社会に対して迷惑しかかけません。

Re: 考えなしに繁殖させる奴がいるから。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 繁殖させた個人責任を追及せずに、人間のせいなどとのたまわって社会で対応させようとするバカの為に無責任な繁殖をおこなうバカに責任追及の手が伸びずに犬猫が死んでいきます。

そのような国は、私が知る限り皆無です。
不要な犬猫を社会全体で一頭も殺さずに終生飼育したり、非営利で再譲渡している国は皆無でしょう。
それを公的セクターが行っている国は、ますます持ってありえません。
しかし無知蒙昧なNHKをはじめ、日本以外の海外はそうであると著しく誤認させる嘘報道を繰り返えしています。
NHKはかつて「地球イチバン ベルリン~」で、「ベルリンは犬猫を一頭も殺さず社会全体で支える」と、狂人の妄想レベルの報道を行い、何年もその記述をHPに載せていました。

もともとは犬猫は個人の私有財産か無主物(野良)です。
それを公費で終生飼育再譲渡するなどありえません。
有権者がNo!を突きつけるでしょう。
不要犬猫は、何らかの形で殺処分されているのが世界共通です。
日本のように公的セクターが行政サービスとして殺処分するか、ドイツのように(ドイツも公的殺処分がありますが)ハンターや警察官が射殺するか、イギリスのように飼い主やシェルター自ら射殺するかの、方法が異なるだけです。


> 日本では報道機関まで揃ってバカしかいないので愛誤の嘘しかない虚報を報じまくって愛誤と一緒
一頭も殺さないに犬猫大量殺戮の片棒をかついでいる報道機関があります。

バカかつ精神異常をきたしているでしょう。
結果として、市中で悲惨な死に方をする野良猫が増えます。
あからさまに目に見えないだけで。


> 正しい知識を社会に流布して愛誤行為を法で縛れば被害者も死ぬ犬猫も激減するでしょう。

私はそのために報道機関に対して数十回メールをしました。
しかし例えばNHKの返答は「スイスが生き物の売買を禁じているのは真実である。現地のリサーチャーやスイス連邦政府に確認している」と赤恥弁明をします。
「生き物の売買を禁じている国」なんてありえないことなど、小学生でもわかります。

>愛誤は動物のいない隔離された施設か無人島で生活するのがお似合いです。

それに一番近いのは、精神科の閉鎖病棟でしょう。
マスコミの愛誤番組の製作者も入院が必要と思います。

ドイツの平均ティアハイムの殺処分率は、改めて記事にします

全ドイツティアハイム協会加盟団体一覧http://www.tierheimlinks.de/index.php

かなりの数のティアハイムが年次報告書と決算書を公開しています。
収容犬猫の殺処分率は、概ね3割程度ですが、折々年次報告書を公表している団体のみでも、ドイツのティアハイムの殺処分率の平均値を出して記事にしたいと思います。

常識で考えれば、年次報告書を公表していないティハイムの方が殺処分率が高いと推測できます。
また数値を少なく公表することも大いにありえます。
ですから実数では、公表値よりはるかに多いと考える方が自然です。

記事にも書きましたが、ティアハイムは完全民営の営利団体です。
ドイツでは、殺処分率・数などを公表する義務はありませんし、たとえ90%を殺処分していても「我施設は殺処分ゼロである」と公表しても、直接罰する法律はドイツにありません。

完全民営の営利団体(ティアハイムは不要犬猫の引取り料も再販売にも付加価値税≒消費税、がかかります。すなわち「営利団体」です)のセールストークと、完全公的施設の日本の保健所が完全に一頭単位で正確な統計を出しているものを比較して広めた大手愛誤団体やマスメディアはバカ。
それを信じて舞い上がってしまう、末端の愛誤は更に絶望的バカ。
脳味噌腐っているとしか思えない。
「ドイツが殺処分ゼロ」なんて行っているのは、当事国を含めて世界中で日本だけです。
ドイツ人に「ドイツは犬猫を殺す数はゼロなんですね!」といえば、彼らはなんのことかわからず、「はぁ?」です。
それが真実です。

例えば、アメリカのPETAヴァージニア州アニマルシェルターは「ノーキル」を標榜していました。
しかし多い年は97%の殺処分率であり、80%が24時間以内に殺処分されていました。

ちょっと話は変わりますが・・・

猫の為に!!!!って吼えてる猫愛誤共ですが、駅前などで野良猫即売会をしてる連中を見るからに社会の底辺という臭いしかしませんが、あいつらの中で猫を食わせる為に餓死した奴っているんでしょうか?

そんな事例があったら連中をみてると世界の聖人みたく脚色しまくって大宣伝しそうですが、そういう話って聞いた事がありません。
私達はすべてを犠牲にして野良猫に尽くしてるみたいな事を常日頃から言ってるので猫の為に餓死するのなんていっぱい居そうですけどね。

そういう事例って聞いた事ありますか?
なんか餌やりを注意されたから隣人を餌やりが刺したとかはよく聞きますけど。

Re: ちょっと話は変わりますが・・・

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 猫の為に!!!!って吼えてる猫愛誤共ですが、駅前などで野良猫即売会をしてる連中。

野良猫愛誤が「保護猫譲渡会」と称しているもののことですかね?
この点については、いずれは記事にします。
駅前の広場や、公園、公民館などの公共施設を一時的に借りて「保護猫(犬もある)譲渡会」ですが、イギリスでは完全に違法行為で、刑事罰の対象です。
イギリスでは、許可を受けた固定店舗のペットショップで生体の犬猫などを展示販売することは全く合法で、多数の犬猫などを生体販売するペットショップがあります。
対して、移動店舗、仮設店舗で、公共の場(広場、公共施設)で、ペットの生体を販売することは違法で、かなり厳しい刑事罰が科せられます。

しかしいわゆる愛誤は「イギリスではペットショップ(固定型店舗)が犬猫などのペットの展示生体販売を行うことを禁じている」という、正反対の驚愕する大嘘を垂れながしています。
イギリスでは、愛誤が行っている「保護犬猫の仮設店舗、露天販売」こそが違法で刑事罰の対象です。
全く赤面物で、聞いている方が恥ずかしくなります。
厚顔無恥も甚だしい。


> 私達はすべてを犠牲にして野良猫に尽くしてる。

もしそれが事実ならば、そんな自己犠牲は即刻やめていただきたい。
か、本当に餓死して全滅して欲しい。
猫愛誤以外の一般人は、だれもそれを望んでいないし、そのような人に感謝もしなければ、尊敬もしませんから。
迷惑でやめていただきたいと思っていますし、バカにしています。


> 餌やりを注意されたから隣人を餌やりが刺したとかはよく聞きますけど。

本当に今の日本は、餌やりを刑事罰で厳しく禁じる必要があると思います。

No title

昨日の朝刊の読者投抗欄にこんな話が載ってました
そのまま書きます

タイトル
ペットの避妊補助金検討を

緒方優子52 主婦

わが家では20年ほど前にひょこっと庭に入ってきた小犬を飼い始めてからペットが切れたことがない。
特に娘と息子がラジオ体操帰りに拾ってきた小猫から私は猫にははまってしまった。
今現在七匹の猫を飼っている。
餌にトイレの砂(木粉)と毎月かかる費用も結構な額である。
そんな中、4匹は雌である。
かわいそうではあったが増えるのも困るので思い切って避妊手術をした。
1匹に二万円近くかかる。四匹いるので八万円近くかかった計算になる。
先日も娘が職場の駐車場に捨てられた小猫を見つけ、いてもたってもいられず連れて帰ってきた。
避妊手術では以前、犬の場合補助金があったので今回の雌猫にはどうなのかを〇〇市役所に聞いてみた。
すると「今はない」とのこと。
ペットを飼うことは個人的なことではあるが避妊手術や去勢手術は町に野良犬や野良猫を増やさない協力をしていることなので幾らかの補助金を検討していただきたいと思う。


これがアニマルホーダーですか?

Re: No title

29様

> ペットの避妊補助金検討を
> これがアニマルホーダーですか?

ホーダーかどうかは、飼育環境など総合亭に見なければ判断できないでしょう。
ところで、飼い犬猫の不妊去勢の公的補助ですが。
犬や猫のペットは私有財産でしょう。
そのメンテナンスになぜ公費を使わなければならないのでしょうか。
「クルマの整備費用は事故防止に役立っているから補助金をよこせ」は通りますか。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR