フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー5



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation), they have supported the Florida government policy.
The Trouble With Trap-Neuter-Re (Abandon!)
Florida department of health has issued such guidelines.
Rabies Prevention and Control in Florida, 2012
The Florida department of health in it denied the TNR, and has concluded that harmful.


 フロリダ州政府(フロリダ州健康省 Florida department of health)は、2012年にTNRを完全かつ明確に否定し、有害であると結論づけました。こちらの文書です。Rabies Prevention and Control in Florida, 2012 「フロリダ州の狂犬病の予防と管理 2012年」。そのフロリダ州の方針を、獣医師を中心とした、権威あるフロリダ州の動物愛護団体、HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation)「ヒルズバラ動物健康財団」は支持しています。HAHF「ヒルズバラ動物健康財団」のHPに記載された、フロリダ州のTNR否定の支持について紹介します。今回は「TNRは(野良猫の数を減らすという意味での)効果がないのでTNRは支持できない」です。


(関連記事)

全米最大のTNR推進団体のフロリダ州へのTNR合法化運動は、傘下の自治体のTNR新規認可停止をもたらした~痛いヤブヘビ
フロリダ州議会は、事実上TNRをフロリダ州法に反する違法行為としました
フロリダ州政府は、完全かつ明確に猫TNRを否定し、さらに「TNRは有害でしかない」と断言しました
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー1
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー2
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー3
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー4
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー5

 HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation)「ヒルズバラ動物健康財団」のHPより。The Trouble With Trap-Neuter-Re (Abandon!)「TNR(=捨て猫)のトラブル」を引用します。


TNR not working
When TNR first began, the goal was to reduce the feral cat population humanely.
While this goal was admirable, time and scientific studies show that TNR doesn't work for population control.
success as defined by reduction in population has been hard to achieve.
In a large area like Hillsborough County, TNR will not work.
Study after study documents that TNR,due to the ability of feral cats to avoid trapping and due to their remarkable ability to breed, is not effective in terms of population control.
More importantly,
regardless of the ability or inability to reduce population,
we simply cannot ignore public health concerns, wildlife predation, and the welfare of the cats.

TNRは効果がありません
TNRを最初に始めたときの目標は、人道的に野良猫の一群の、猫の数を減らすことでした。
この目標は立派でしたが、時間の経過と科学的な研究は、TNRは、猫の数の抑制には効果がないことを示しています。
猫の数の減少というTNRの定義によれば、TNRで成功を達成することは困難でした。
ヒルズバラ郡のような大きな面積では、TNRは効果がありません。
学術研究調査の論文によれば、野良猫の罠での捕獲を回避する能力と、驚くべき繁殖能力の高さに起因し、TNRは猫の数の抑制の点で効果はありません。
さらに重要なことは、TNRが猫の数を減少させる効果がある、ないということは関係なく私たちは、単に公衆衛生上の懸念や、猫の野生生物の捕食、さらには猫の動物福祉を無視することはできません。



 アメリカ連邦政府機関である、 U.S. Fish and Wildlife Service「魚類野生動物サービス庁」は2009年にTNRを、There was no “success” story 「ただの一つの成功例もなかった」と、完全にかつ明確にTNRの「猫を減らす効果」を否定しました。HPのその記述は最近削除されましたが、主な記述は私はかつて、私の記事で引用しています。こちらをご覧ください。アメリカ連邦政府は、明確かつ完全にTNRを否定しました
 さらに2012年には、アメリカ連邦政府機関である、CDC(Centers for Disease Control and Prevention)「アメリカ連邦政府疾病管理予防センター」が、「TNRは公衆衛生上有害であるために勧められない」とあきらかにしました。CDCのTNR否定については、また改めて記事にします。アメリカでは、複数の連邦政府の機関が完全にTNRを否定しています。TNRを「(野良猫を減らすという意味で)効果がある」「勧められるべき方法」と明らかにしたアメリカ連邦政府機関は現在ありません。さらには、州政府もアメリカ連邦政府機関に追随するところが増えています。フロリダ州はその一つです。また学術機関や動物愛護団体もTNRの否定を表明するところが増えています。日本で喧伝されている、「海外(西ヨーロッパでは一部の国地域を抜き、TNRは普及していません。ドイツは今までTNRの公的制度はありませんでした)では、野良猫対策はTNRがファーストチョイス、もしくは一択で広く行われている。また公的にも勧められて助成も厚い」は大嘘です。

 CDCのHPから、The Burden of Rabies「狂犬病の負担」。2012年。より引用します。


The CDC recommends the following noteworthy ideas in respect to the question of TNR:
• Maintain control of your pets by keeping cats and ferrets indoors and keeping dogs under direct supervision when outdoors.
• Call animal control to remove all stray animals from your neighborhood since these animals may be unvaccinated.
• Do not feed or water your pets outside and keep your garbage securely covered. These items may attract wild or stray animals.

CDCは、TNRの問題に関してのは、次の注目すべき考え方をお勧めします。
・あなたのペットを室内で管理し、猫とフェレットは室内で飼育することと、犬は屋外では、常に直接飼い主が管理すること。
・あなたの近隣にいる、おそらくワクチン接種をされていない全ての浮遊動物を捕獲排除するために、アニマルコントロール(行政の野良猫犬などを捕獲する部署)を呼んでください。
・あなたの外飼いのペットに、給餌または給水をしないでください、そしてゴミは確実に常にカバーをかけて、(浮遊動物や野生動物が荒らさないように)保ってください。ゴミは、野生動物や浮遊動物を誘引する可能性があるからです。



(動画)

**WARNING GRAPHIC**INJURED FERAL TNR In the process of practicing trap neuter return .
we sometimes come across injuries beyond the help we can give the feral cats.
Thanks to the Killarney vet clinic for sedating the gravely injured cats so I can hold them in my arms before we euthanized them.

「映像に注意」TNR活動で見つけた、負傷した野良猫。
TNRの活動において。
私たちは、私たちが到底助けることができない、怪我をした野良猫に出くわします。
深刻な傷害を負った猫を鎮静させるために、キラーニー動物病院に感謝します。
私たちは猫たちを安楽死させる前に、腕の中で抱きしめることができるのだから。





フロリダ州法では猫TNRを違法と解釈できる州法があります。
Florida Laws: FL Statutes - Title XLVI Chapter 828 Animals: Cruelty; Sales; Animal Enterprise Protection(フロリダ州法:FL法規-タイトルXLVI第828章 動物:虐待、販売、動物取扱業者に係る保護)では、以下の規定があります。


828.13 Confinement of animals without sufficient food, water, or exercise; abandonment of animals.
(a)"Abandon" means to forsake an animal entirely or to neglect or refuse to provide or perform the legal obligations for care and support of an animal by its owner.
(b)"Owner" includes any owner, custodian, or other person in charge of an animal.
(c)Abandons to die any animal that is maimed, sick, infirm, or diseased,
is guilty of a misdemeanor of the first degree, punishable as provided in s. 775.082 or by a fine of not more than $5,000, or by both imprisonment and a fine.

828.13 十分な食物、水または運動を行わず動物を監禁すること、及び動物の遺棄。
(a)「動物の遺棄」とは、完全に動物を捨てたり、ネグレクトしたりして、医療行為や治療のサポートを怠るなど、飼い主が法的義務を遂行することを拒否することと定義します。
(b)「飼い主」とは、あらゆる所有者、管理している人、または動物に関わるすべての人が含まれています。
(c)怪我、病気、衰弱、または病気にかかっているあらゆる動物を死ぬために遺棄すること。
それらの行為においては、最初は軽犯罪とし軽微な処罰を受けます。
さらには775.082の規定を超えない範囲の処罰、または5,000ドルまでの罰金、もしくは懲役と罰金の両方の刑罰が科されます。



 2012年~2013年にかけて、法曹家らの、「TNRは上記のフロリダ州法に違反する」との意見がありました。それを受けてフロリダ州議員らは、「TNRに限り、動物の遺棄罪には該当しない」との特例法の立法を検討しました。しかし本件立法を審議する委員会は、「TNRに限り、動物の遺棄罪には該当しない」との立法案は議会提出さえされませんでした。よってフロリダ州は、フロリダ州議員ら立法府では、「TNRはフロリダ州法に違反する」との結論に至りました。
 この件については、私は過去に記事にしています。アメリカフロリダ州では猫TNR合法化法案が破棄されたことにより、TNRは例外なく違法と認識されました。フロリダ州議会下院の広報HP、the Florida House of Representativesで、この決定を述べています(現在は記述は削除されています)。以下に、引用します。


Community Cats:
Provides that release of community cat by community cat program is not abandonment or unlawful release of cat under specified provisions; provides that counties & municipalities may enact ordinances relating to community cat programs to curtail community cat population growth;
provides immunity for such ordinances; provides exception.

Last Event: Died in Local & Federal Affairs Committee on Friday, May 03, 2013 7:16 PM

地域猫(=コミュニティ猫。まさに直訳すれば「地域猫」です)法案。
地域猫の猫管理プログラムによる、地域猫のリリースが動物の遺棄、または(フロリダ州法の)規定に指定された猫の違法リリースではないことを定め、郡·市町村は、地域猫の個体数減らすために、地域猫に関するプログラムについて定める条例を制定することができると規定します。
本法案は、このような条例のための正当性を追認し、例外を認めます。

最終決定。
2013年5月3日に、地元(フロリダ州)とアメリカ連邦対策委員会で、本法案は破棄されました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今度の日曜日に放送されるやつです。

http://www.fujitv.co.jp/thenonfx/

Re: No title

もるせが様、コメントありがとうございます。

> 今度の日曜日に放送されるやつです。

情報提供ありがとうございます。
またフジテレビなんですね。
この番組よりも、また「世界の○○ 殺処分ゼロのドイツ」に関する記事が、未だに半分もかけていないのですよ。
いろいろ問題はあるかもしれませんが、私は高齢者がペットが生きがいというのは否定しません。
でも、面倒を見きれるか、自分が先に死んだ場合のことを考えているかなどは心配になります。

もるせが様横です。

人はペットによって癒されるという面はあります。

しかし、高齢者が飼うペットは飼い主が先に亡くなるケースもあり
その時にどうするかについて決めておかねばなりませんね。

もし、何かお感じなるなら、私のブログコメントに
「記事化希望」というタイトルでお書き頂ければ
それを記事してもいいですよ。

まあ、自分がなかなか更新できないだけなんですけどwww。

Re: もるせが様横です。

猫糞被害者@名古屋様、横横です。

> 人はペットによって癒されるという面はあります。
> しかし、高齢者が飼うペットは飼い主が先に亡くなるケースもあり
> その時にどうするかについて決めておかねばなりませんね。

私が思うには、改正後の度物愛護管理法での「終生飼養義務」ですが、その定義が「飼育動物が自然死するまで寿命を全うさせること」であれば、高齢者のペットの飼育を禁じなければならなくなります。
それどころか、事実上ペットの飼育そのものができなくなります。
若い世代であっても、まれてきた子供が動物アレルギーだったり、破産したりすれば飼っていられないでしょう。
かと言って、再譲渡先は絶対的に不足してます。
つまり節度ある致死処分は、ペットという存在を認めれば必須なのです。
そういった切り口での記事化を、私は思いました。


> 何かお感じなるなら、私のブログコメントに
> 「記事化希望」というタイトルでお書き頂ければ
> それを記事してもいいですよ。

猫糞被害者様が記事にされてもいいのではないですか。
実は同じくフジ系のFNN「世界の○○ ドイツ殺処分ゼロ」の報道の大嘘を暴く連載は、まだ半分も進んでいません。
実はこの番組は、ドイツのネトモさんも興味を持ってくれて、フォーラムを立ててくれています。
特に日本で今まで何回も「犬のオフリードが許された広大な公園」と紹介された、グリューネヴァルト公園(と思われる)をこの番組で取り上げています。
自称ドイツ連邦獣医学博士大先生も「ドイツではこのような広大な公園が犬専用のフリーエリア(オフリード可)として提供されている」と何度も日本で報じていますし、京都市議団の案内をした時も同様のことを説明しています。
しかしこの公園で犬のオフリードが認められている面積は、全体の4%です。
25分の1の面積にしか過ぎません。
ということは、日本の駒沢公園などで、ドッグランを併設しているのと同じです。
同公園は、犬が全面禁止のエリアも多数あり、近年拡張されています。
ドイツ国内で「犬の運動のための犬専用公園」と紹介されているのは、例外なくグリューネヴァルト公園と同じです。
あまりにもひどい嘘です。

このグリューネヴァルト公園については、まだ一回も私は記事にしていません。
ですから、まとまった字数で記事にしなければならないと思っています。
せっかくドイツでのフォーラムも立っているので。
ということで、↑の番組のことは、私はなかなか手が回りませんので。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR