「イギリスではペットショップでの犬猫販売が禁じられている。犬猫の入手はブリーダーか保護施設から譲渡を受けるしかない」という、深層NEWSの狂気の大嘘報道



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Summary)
Dogs4Us - Exposed on Sky News!
Dogs4Us exposed for buying puppies from puppy mills.


 BS日本テレビの「深層NEWS」の1月13日放映において、フリーアナウンサーでもある動物愛護活動家の滝川クリステル氏をゲストに招いて、日本の動物愛護の現状とイギリスの比較について放映しました。その中で滝川クリステル氏は、「イギリスではペットショップで犬猫を販売することが禁じられていてペットショップでは犬猫が販売されていない。従ってイギリスで犬猫を入手するには、ブリーダーからの直接購入か、保護施設から譲渡を受けるしかない」と発言していました。しかしこれは驚くべき大嘘です。イギリスでは約半数の犬が、ペットショップとインターネット販売からの入手です。イギリスにおける犬の保護施設からの入手比率は、日本の保健所譲渡+保護施設からの譲渡と変わりません。


 まず、1月13日放映の「BS日テレ深層NEW」の内容です。犬猫殺処分に滝川さん「無責任な飼育が続く」2017年 01月12日 22時58分提供元:読売新聞、から引用します。


「フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと神奈川県動物保護センター所長の橋爪廣美さんが12日、BS日本テレビの「深層NEWS」に出演し、「犬猫殺処分への課題」をテーマに意見を交わした。
滝川さんは、動物保護の財団を設立して殺処分・虐待ゼロを目指す活動に取り組んでおり、「ペットの大量生産、大量消費を規制する法律がなく、無責任な飼育が続いている」と指摘した。



(画像)

 BS日本テレビ「深層NEWS」。1月12日放映で出演した滝川クリステル氏。「イギリスではぺットショップで犬猫を販売することを禁じているのでペットショップでは犬猫は売っていない。犬猫を入手するにはブリーダーから直接購入するか、保護施設から譲渡を受けるしかない」。
 このような真実と全く反する大嘘を、全国放送で垂れ流すとは。滝川クリステル氏と本番組制作者の精神状態は大丈夫なのでしょうか?

滝川クリステル


 さらに滝川クリステル氏は番組の中で、「日本と異なり動物愛護に先進的なイギリス」と例に挙げて、このように語りました。「イギリスではペットショップで犬猫を販売することを禁じており、ペットショップでは犬猫を販売していません。犬猫を入手するには、ブリーダーから直接購入するか、犬猫の保護施設から譲渡を受けるしかありません。日本はペットの大量生産大量消費を規制する法律がないためにペットショップでの犬猫の販売があり、それが無責任飼育を招き、殺処分の原因になっているのです。殺処分ゼロを目指すには、日本はイギリスのようにペットショップを禁止し、犬猫は保護施設から入手するイギリスに習わなければならないのです」。
 しかしこれは驚くべき大嘘です。私が今までの記事で述べてきたとおり、イギリスの犬猫の販売の実態は以下のとおりです。
1、イギリスではペットショップで犬猫を販売して良いと法律で明記しています。
2、イギリスでの、ペットショップ+インターネット販売から犬を入手したシェアは半数近くで、日本よりはるかに多いのです。
 今回は、次について述べます。
3、イギリスでの保護施設から犬を入手した割合は8%程度で、日本と同程度です。


 まず、イギリスの動物保護施設が譲渡した犬の数について推測します。イギリスは迷い犬のみ公的に保護し、飼い主を探しますが、1週間後は民間シェルターにすべて移譲します。民間シェルターが保護動物の譲渡をになっています。その民間シェルターの犬猫引受数の推計値があります。 Brits Love Their Pets - Or Not 「イギリス人は自分たちのペットを愛しているでしょうかーいいえ、そうではありません」。(2012年4月14日)より引用します。


more than 260,000 dogs and cats were sent to UK rescue shelters in 2009.
From the responses received it was estimated that 131,070 cats and 129,743 dogs entered the care of UK welfare organizations during 2009.

2009年には26万頭以上の犬と猫がイギリスのアニマルシェルターに送られました。
受け取ったアンケートの回答から、2009年に131,070匹の猫と129,743頭の犬がイギリスの福祉団体の世話を受けるようになりました。



 さらにイギリスでは、最も権威ある動物保護団体、RSPCA(「英国王立動物虐待防止協会 」The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals)が、約半数の収容動物を殺処分しています。この記事に詳細が書かれています。Revealed: RSPCA destroys HALF of the animals that it rescues - yet thousands are completely healthy 「RSPCAは、救済という名目で、半数の健康上問題のない数千もの動物を殺します」。(2012年12月29日)。
 おそらく、イギリスの全民間アニマルシェルター(保護施設)の殺処分率はRSPCAより高いと思われますが、全イギリスのアニマルシェルターの平均殺処分率が約半数であることを前提とします。とすれば、イギリスのアニマルシェルター(保護施設)で殺処分されなかった犬がすべて一般譲渡されたと仮定すれば、イギリスにおけるアニマルシェルター(保護施設)の犬譲渡総数は、129,743の半数、つまり64,872頭となります。実際は施設内死亡などがありますので、譲渡数はそれよりも少ないでしょうが、譲渡数を6万5,000と推計します。概ねイギリスの年間犬取得数は*1、77万頭です。つまりイギリスのアニマルシェルター(保護施設)が一般譲渡した犬の、全体の犬取得数に占める割合は多く見積もっても8%台なのです。

 滝川クリステル氏が「深層NEWS」で述べた、「イギリスではペットショップでの犬猫の販売を禁じている。したがって保護施設かブリーダーから直接購入するしかない」との発言には疑念が生じます。前回記事で述べた通り、イギリスでは、47%の飼い主が、ペットショップ+インターネット販売で犬を取得しているからです。しかしながら滝川クリステル氏は、「日本は保護犬猫の譲渡が遅れている。イギリスを見倣って保護犬猫の譲渡を増やし、殺処分を減らすべきだ(*2、イギリスは実数では、日本よりはるかに殺処分数が多い)と結論づけています。
 一方日本ですが、イギリスに比べて極端に保健所や保護施設からの犬の譲渡が少ないわけではありません。以下のグラフは、○犬猫の入手経路(犬 n=516、猫 n=460) ※環境省調べ(平成 23 年度:一般市民へのアンケート調査結果) です。これによれば、日本の保健所+保護施設から犬を入手した人の割合は6.3%です。


(画像)

保護犬譲渡 日本


 さらにこのような調査結果もあります。以下の画像は、東京都が平成23年度に調査したものです。これによれば、「行政機関からの譲り受け」、または「譲渡団体からの譲り受け」が9.1%となっており、イギリスの保護団体による譲渡割合より高いのです(なお、「ペットショップで購入した 50.3%」は、ペットショップ+ブリーダーの直販の合計と思われます)。


(画像)

 東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要 (平成23年度)

犬の入手方法


 以上のように、滝川クリステル氏が、「深層NEWS」で述べた、「イギリスではペットショップでは犬猫の販売が禁じられており犬猫は販売していない。イギリスで犬猫を入手するには保護施設かブリーダーからの直接購入しかない。日本は保護施設から保護犬猫を入手することが遅れている」は、全く事実無根の大嘘であることがお分かりいただけると思います。
 イギリスには、巨大な犬猫の生体販売に特化したペットショップがいくつも存在します。そのようなペットショップの中には、「パピーミルから子犬を仕入れている」「展示環境が劣悪」「わずか5週齡の子犬を展示販売している」とのことで、批判を浴びているところがあります。しばしばTVニュースでも取り上げられています。次回以降の記事では、そのような、イギリスの「巨大犬猫生体販売ペットショップ」の実例を取り上げます。


(動画)

 イギリスの犬猫生体販売に特化した巨大ペットショップ、Dogs4Us。Dogs4Us - Exposed on Sky News! 「ペットショップ、Dogs4Usを暴く」。イギリスの巨大犬猫生体販売ペットショップは、パピーミルから子犬を仕入れています。2012/06/14 に公開。イギリス、Sky NEWSより。




(参考資料)

*1、
Pet Population 2016
Pet Population 2016

*2、
イギリスの殺処分の実数

その他、参考記事
「ヨーロッパの中にはイギリスやドイツのように犬猫の生体販売(ペットショップ)を禁止している国もあります」との滝川クリステル氏の大嘘
イギリスでは法律で犬猫を「ペットショップで販売して良い動物種」と明記しています~「ヨーロッパの中にはイギリスやドイツのように犬猫の生体販売(ペットショップ)を禁止している国もあります」との滝川クリステル氏の大嘘
イギリスでは犬のペットショップ販売は一般的です~「ヨーロッパの中にはイギリスやドイツのように犬猫の生体販売(ペットショップ)を禁止している国もあります」との滝川クリステル氏の大嘘


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

抗議しました

BPO
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

日本テレビBS「深層NEWS」
http://www.bs4.jp/shinsou/


1月13日放送内容について。滝川クリステル氏は「イギリスにはペットショップで犬猫を販売することを禁じているために犬猫がペットショップで売られていることはない」と発言していたが大嘘である。
イギリスではペットショップを規定する法律、、The Pet Animals Act 1951 Licence Oonditions
http://www.legislation.gov.uk/ukpga/Geo6/14-15/35)により、ペットショップは犬猫を販売して良いと明記されており、展示ケースの基準が定められている。
事実、イギリスには犬猫を売っているペットショップが多数存在する。イギリスにおける犬の入手シェア、ペットショップ+インターネット販売(日本は全面禁止) は、日本のペットショップよりはるかに多い。
動画にあるとおり、大規模な犬猫販売に特化したペットショップがイギリスには多数存在する(https://youtu.be/TS0u1DM5ndk)。

No title

さんかくたまごさん

 お疲れ様です。
 テレビ等のメディアって平気で嘘を垂れ流しますし、他のメディアで騒がれない限り訂正もしないし、反応もしないんですよね。

 昔、とあるテレビ番組で明らかに科学的に嘘を並べ立てたものがあったので同様に誤っている点を全部箇条書きにして指摘した事があります。公開BBSを持っている番組でしたが、削除され、無視でした(苦笑)。

 また、大学の指導教員がテレビ取材を受けたことがあったのですが、後にテレビ側の都合の良いようにコメントを編集されて、解釈を捻じ曲げられていた事もありました。(以降、その先生は新聞、テレビを含めメディアの主催を一切拒否するようになりました)

 マスゴミはマス(大衆)のレベルをあらわしているものと思っています。今のマスゴミを見ていると日本人の民度がわかります。

 自分にとって都合のいい情報だけをかき集めて、自分の主張が正しいと錯覚する。それが今の日本人です。

 ある食材が健康にいい、とテレビで報道されたら翌日にはその食材がスーパーの店頭から売り切れて消える。その根拠や信憑性よりも、テレビで報道された事の方がはるかに大事。

 大衆にとって、大衆向けの娯楽を作ってる連中にとって、犬ちゃん猫ちゃんがヨーロッパでどう扱われていても、その事実なんてどうでもいいんですよ。ようは、大衆がその作られた情報をもとに、どう楽しむかが大事で。

「わんちゃんねこちゃんがヨーロッパではこんなに大事にされているのに、日本ではひどい扱いを受けている。そのひどい扱いを受けている事について憤っている自分は正義で、素晴らしい人間だ」

 多分、愛誤の連中やそのシンパの頭の中はこの程度でしょう。

 そんなこんなで、私はテレビを見なくなりました(家にありません)。信頼性の低い情報を垂れ流して自浄機能もない連中に期待する事はなにもありませんのでw。

Re: No title

reseacher 様、コメントありがとうございます。

>  テレビ等のメディアって平気で嘘を垂れ流しますし、他のメディアで騒がれない限り訂正もしないし、反応もしないんですよね。

それはよく知っています。
例えばNHKは何年も前から、「ドイツには生体販売ペットショップはない」と繰り返し報道しています。
私はきちんとソースを提示して(例えばドイツの商業統計で生体販売ペッショップが4100あり、人口比で日本より多いことや、ドイツの世界最大の生体販売ペットショップで、犬猫の生体が販売されているプロモーションビデオ)誤りを指摘しましたが、昨年も何度も「ドイツにはペットショップがない」と繰り返しています。


>  とあるテレビ番組で明らかに科学的に嘘を並べ立てたものがあったので同様に誤っている点を全部箇条書きにして指摘した事があります。公開BBSを持っている番組でしたが、削除され、無視でした(苦笑)。

NHKニュース深読みには、BBSがリンクしています。
NHKは本番組で「スイスでは生き物の売買が禁じられているから犬などを入手するには保護施設からでしかできない」という、驚愕すべき大嘘をたれました。
私はソースを挙げて(スイスの法規~ペット販売の規定wや、「東欧産の安い子犬がインターネットでスイスで売られている割合は約半数」といったスイスのマスメディアのニュースなど)コメントしましたが、反映されませんでした。
海外のメディアでは、コメントは大概FaceBookなどのアカウントを通じて書き込めます。
メディア側が削除してもこちらに記録が残ります。


> 大学の指導教員がテレビ取材を受けたことがあったのですが、後にテレビ側の都合の良いようにコメントを編集されて、解釈を捻じ曲げられていた事もありました。(以降、その先生は新聞、テレビを含めメディアの主催を一切拒否するようになりました)

その先生は良心がお有りですよ。
メディア側でけってに都合よく編集されることがることももちろん知っています。
しかし滝川クリステル氏は、過去に何度も同様の発言をしているので、日本テレビ側の編集ではないと思います。


> マスゴミはマス(大衆)のレベルをあらわしているものと思っています。今のマスゴミを見ていると日本人の民度がわかります。

全く同感。


>  自分にとって都合のいい情報だけをかき集めて、自分の主張が正しいと錯覚する。それが今の日本人です。

愛誤は特にそう。


>  ある食材が健康にいい、とテレビで報道されたら翌日にはその食材がスーパーの店頭から売り切れて消える。その根拠や信憑性よりも、テレビで報道された事の方がはるかに大事。

NHKの「あるある~」で、データー捏造が問題になりました。
納豆のダイエット効果です。


>  大衆にとって、大衆向けの娯楽を作ってる連中にとって、犬ちゃん猫ちゃんがヨーロッパでどう扱われていても、その事実なんてどうでもいいんですよ。ようは、大衆がその作られた情報をもとに、どう楽しむかが大事で。

日本の、海外の動物愛護を報じる番組は、例えば「私は宇宙人と遭遇した」「超能力者が霊界と交信した」といったレベルの下等な「娯楽」番組です。
そのようなものとわかって楽しむ人だけならばいいのですが、「私は宇宙人と遭遇した」レベルのガセネタ娯楽情報を、真実として拡散し、その情報を利用して行政に圧力をかけたり、政治家がその情報を利用して立法活動をします。
それが「愛誤」の知的レベルが底辺であることの証明です。
例えばTV番組で「宇宙人と遭遇した」という情報をもとに、宇宙人対策の防衛予算を求めるとか、宇宙人対策の立法を求める政治家が現れますか。
しかし、福島みずほ氏は「イギリスには犬猫の売買を禁じている。ペットショップを禁じるべき」と公言しています。


> 「わんちゃんねこちゃんがヨーロッパではこんなに大事にされているのに、日本ではひどい扱いを受けている。そのひどい扱いを受けている事について憤っている自分は正義で、素晴らしい人間だ」

妄想で舞い上がっていますね。
しかしその妄想がマスになり、世論や立法まで影響を及ぼしているのが日本の「愛誤」です。


> 私はテレビを見なくなりました(家にありません)。信頼性の低い情報を垂れ流して自浄機能もない連中に期待する事はなにもありませんのでw。

別にTVがなくても困りませんよ。
私は30年近くTVを持っていませんでした。
相続物件で家財道具付きで買った一戸建てにTVが残されていましたので、それを今は使っています。
これが壊れたら、新しいものは買いません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 毎度です

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

非公開コメントですので、引用は最小限にします。

> 武田邦彦氏のブログより(youtube音声)
> 先入観:企業も大学も劣った方を学ぶ
> http://takedanet.com/archives/1062284389.html
>
> 現在のペットの飼育状況や法律を見ても日本はかなりの動物愛護先進国と思われます。対して海外ではピットブルに噛まれて重症を負ったり幼児が死亡する報道を見ても日本より悪いであろうと想像できます。(こちらのページに取り上げられていない報道です)。

これは存じませんでした。
ご紹介ありがとうございます。

ところで犬の咬傷事故は日本は海外に比べて格段にす少ないことは、しばしばこちらでも記事にしています。
ドイツは犬の咬傷事故が人口当たり日本の10倍であることは何度も書いています。
多分、アメリカ(ドイツよりさらに多い)やイギリスの咬傷事故発生率も取り上げていたのではないかと記憶しています。
例えばこのような記事です。

http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-836.html
ドイツの犬咬傷事故は日本の約10倍~ドイツにおける犬の咬傷事故35,000件の分析結果

咬傷事故が多く発生して、死亡事故もしばしばあるというのは、どう言い訳をしても「犬の躾が素晴らしい」「動物愛護先進国」とは言えないと思います。

誤字のご指摘ありがとうございました。
誤字以外でも、誤訳などの誤りは、指摘して頂ければありがたく存じます。
そのほかの件についても、私は鍵コメ様のご意見に同意できるところが多いです。

こちらでのペット事故記事は一部

英語のわかる方は各自こことは別の記事を検索されると状況がわかると思います。
(各ニュースソースについては私は良くわかりません)

491 reports of dog attacks in 2016 reported across Mackay, Australia
https://sott.net/en340142
Three pit bull terriers maul 7-year-old boy in Sedro Woolley, Washington
https://sott.net/en340085
Baby girl killed by family dog in San Marcos, Texas
https://sott.net/en340078
Child killed, two others injured by 3 dogs in Atlanta, Georgia
https://sott.net/en339925

あげて行けばきりがありません。ここ直近でも死亡者が出ています。
この他に野生動物による事故も頻繁にあります。
このような状況で海外は動物愛護などしているでしょうか?命の危険がありますよ。
動物に対して寛容な日本でほとんど事故が無いのは幸せなことだと思います。
「無責任な飼育が続いている」とはいったいどこの国のことでしょうか?
現在すでに安全な日本において嘘を根拠にさらに安全にする必要などありません。

Re: こちらでのペット事故記事は一部

流星 様、コメントありがとうございます。

> 英語のわかる方は各自こことは別の記事を検索されると状況がわかると思います。

情報提供ありがとうございました。
私は何度もこちらで、海外の犬の咬傷事故を取り上げています。
かなり多くの記事があります。
イギリス、アメリカ、ニュージーランド、なども取り上げています。
検索していただければありがたいです。

咬傷事故に関しては、概して欧米オセアニアの方が犬の飼い主に対しての罰則が厳しいと感じます。
この件についてはまた、折々取り上げます。
確かに咬傷事故が多く、死亡事故も多い国が、「動物政策に優れて犬の躾が立派」とは思いません。
日本は先進国の中では際立って、犬の咬傷事故がすくない国です。

No title

>まず、1月13日放映の「BS日テレ深層NEW」の内容です。犬猫殺処分に滝川さん「無責任な飼育が続く」2017年 01月12日 22時58分提供元:読売新聞、から引用します。

この記事はリンク切れです。
報道はいつまでも記事を公表していると嘘つき呼ばわりされるので隠蔽のごとく消してしまうのではないかと思います。
またはどこかで嘘を指摘されたのを察知したのかもしれません。

Re: No title

流星様、コメントありがとうございます。

> 報道はいつまでも記事を公表していると嘘つき呼ばわりされるので隠蔽のごとく消してしまうのではないかと思います。
> またはどこかで嘘を指摘されたのを察知したのかもしれません。

今回は、「BS日本テレビ 深層NEWS」のHPでの、本番組のコンテンツの消去が早かったです。
私は本番組に対して、何度か誤りを指摘しました。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR