「ドイツでは、日本のような犬の大量生産・大量販売はビジネスとして成り立ちません」という、TOKYOZEROキャンペーンの大嘘~ドイツはペットの商業的大量生産・大量販売が進んだ国である






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
"Die Massenproduktion und Massenvertrieb von Haustieren (insbesondere Hunde) ist gleich Null, in Deutschland." TOKYOZERO Kampagne(Japanisch Tierschutzorganisation) argumentiert.
Aber es ist eine große Lüge.
Es gibt eine sehr große Hundezüchter, in Deutschland.
PETA-Ermittler kontrollieren die in Ascheberg Stand Oktober 2013
"Erschreckende Zustände bei einem Hundehändler in Nordrhein-Westfalen : Auf dem Gelände einer ehemaligen Schweinemastanlage dokumentierte das PETA-Team katastrophale Bedingungen im Hundehandel! Dass in diesen Verkaufsräumen, in denen der Hundehändler in der Regel etwa 50 Welpen verschiedenster „Rassen“ anbietet. Bei Händlern und Züchtern steht immer der Profit im Vordergrund. "
Diese über groß angelegte Hundezüchter, vielleicht nicht in Japan existieren.


 TOKYOZEROキャンペーンという、特定非営利活動法人の申請準備中の団体があります。この団体の設立趣旨は意味不明なところが多いですが、この団体の目的は、以下のようです。①日本の保健所犬猫収容施設を、ドイツのティアハイムのような組織に変える(とは言え、この団体のティアハイムについての正しい認識は皆無に等しいと思われる)、②ドイツに倣い、犬(と猫)の大規模商業生産流通に規制をかけて縮小~ゼロ化する、③それにより、ドイツのような殺処分ゼロを、東京オリンピック開催年までに東京で実現する(ドイツにおける実際の殺処分数は、人口比で日本の5倍以上です)、ということのようです。今回は、「②ドイツに倣い、犬(と猫)の大規模商業生産流通に規制をかけて縮小~ゼロ化する」の欺瞞について論じます。


 ①についての、TOKYOZEROキャンペーンの主張の矛盾については、過去に私は記事にしています。ティアハイムというビジネスモデル~「TOKYOZEROキャンペーン」の欺瞞ティアハイムというビジネスモデル~ティアハイムは完全民営の、かなり営利性の強い団体です

 ドイツ(ドイツ以外の国もですが)のティアハイムは、民間の営利団体です。不要犬猫などを元の飼い主から引き取る場合は、かなりの高額な手数料が必要です。さらに、不妊去勢済みでワクチン接種済みが条件です。ティアハイムから犬猫などの譲渡を受ける場合も、かなり高額です(例えば不妊済みの雑種犬で375ユーロ~。1ユーロ=140円。日本円で5万2,500円です。人気の小型犬の純血種であれば、さらにそれより高額になります)。
 「ティアハイムが終生飼育する」のは、飼い主が高額な飼育料を払い続ける場合に限ってです。その飼育料は、一日当たり犬12ユーロが相場です。日本で喧伝されている、「ティアハイムは無料ですべての犬猫を引き取る。無料か極めて安価で再譲渡する。無料で引き取った犬猫などを終生飼育する」は意図的に作られた「誤解」です。その点については、海外(ドイツ) ティアハイムを、ご覧下さい。

 「③ドイツは殺処分ゼロ」の欺瞞については、カテゴリー、海外(ドイツ) 殺処分、をご覧下さい。ドイツには民間人による狩猟駆除がありますが、公的な殺処分も法律で規定され、一定数あります。なお、前述ティアハイムにおいても、健康上問題のない犬などを日常殺処分しています。
 ドイツ最大手のティアハイム、ティアハイム・ベルリンも、昨年マスメディアに対して「健康上問題のない犬などでも、殺処分している事実」を公表しています。


 今回は、TOKYOZEROキャンペーンの欺瞞、「②ドイツに倣い、犬(と猫)の大規模商業生産流通に規制をかけて縮小~ゼロ化する」について論じます。
 TOKYOZEROキャンペーンのHPの2015年4月28日更新記事、あなたに出会うまでの7つのお話、では、次のように述べられています。


日本のペット産業を支えているのは、「パピーミル」「キトンミル」と呼ばれる施設で、直訳すると「子犬工場」「子猫工場」を意味します。
多くの母犬や母猫が不衛生な環境で、絶え間なく赤ちゃんを産まされています。
日本の生体販売は、きわめて特異的に発展しています。
大量販売を前提とした大量生産、その間を取り持つペットオークション、そして売れ残りや繁殖能力が衰えた親を大量遺棄することで成り立っているビジネスなのです。
ドイツでは、全ての飼い主に対して、犬を守るための飼養管理基準が適用されるため、日本のような大量生産・大量販売はビジネスとして成り立ちません。
遺棄の果てに殺処分されたり、業者によって闇に葬られたり、虐待的な環境で飼育されたりしている不幸な犬猫を「ゼロ」にするためには、日本におけるペット流通の構造に対する理解を広め、法規制を強化する必要があります。


6TOKYOZERO パピーミル


 つまりTOKYOZEROキャンペーンは、日本の犬などのペット流通は、大量生産・大量流通を前提としており、極めて特異であるとしています。対してドイツでは、日本のようなペットの大量生産・大量流通と、それに伴う犬などの虐待的な環境での飼育は皆無であるとしています。
 しかしそれは「嘘」です。ドイツ国内においても、日本以上に営利に特化した、日本では例を見ない程の、犬の商業大量生産を手がけているパピーミルは多く存在します。それらの一部の飼育環境は劣悪で、虐待と言うべきものです。

 以下の動画は、ドイツ国内のパピーミルの様子です。この犬生産業者(ブリーダー)は、養豚業者ですが、養豚業を一部転業し、養豚設備をそのまま利用して仔犬の大量生産をしています。常にブローカー(中間業者)やペットショップもしくはエンドユーザーへ、50品種以上の仔犬の在庫を持ち、供給を行っています。飼育環境は劣悪で、一部の犬舎は窓がなく全く日光が入りません。爪が伸びほとんど歩けない、常に糞にまみれ、衰弱した犬。過繁殖で異常に乳房が発達した繁殖メス、環境が劣悪であるために、毎日のように犬が死にます。
 果たして日本で「常に50品種以上の犬の生産をし在庫して、常時供給が可能な」大規模商業生産のブリーダーが存在するのでしょうか。TOKYOZEROキャンペーンは、ぜひ例示していただきたいです。また、養豚業者が営利に特化して養豚業の設備をそのまま流用して仔犬生産を始めたという話も聞きません。また、世界最大の「ギネスレコード認定の」生体販売ペットショップはドイツにあります。

 実はドイツは、犬の飼い主(エンドユーザー)の犬の入手先の割合は、日本よりはるかに営利生産者(ブリーダー、ペットショップなど)からの方が高いのです。つまりそれは、ドイツの方がより、犬の商業的大量生産・大量流通システムが進んでいる裏付けでもあるのではないでしょうか。
それは次回以降の記事で紹介します。長くなりましたので、動画の内容の翻訳についても、次回以降の記事で行います。


(動画)

 養豚業者が始めた犬の商業大量生産、「パピーミル(仔犬工場)」。2013年。


Hallo, Stefan! Es wurde vor kurzem Alterung.


(続き)も、ぜひご覧ください。


http://www.vdh.de/presse/daten-zur-hundehaltung/
(VDH ドイツケンネル協会)
ドイツにおける新規取得犬(仔犬)数は、年間約50万頭と推定されるが、そのうちの10万頭は輸入犬である。
犬一次取得の、輸入犬のシェアは20%である。
これらはポーランドなどの東欧諸国がパピーミルで生産した仔犬を、高速道路のサービスエリアなどで販売しているものや、近隣諸国のペットショップから購入したものです。
一次取得(仔犬)に限れば、ドイツにおける営利事業者(ブリーダー、ペットショップ、飼い主が外国のペットショップ、露天販売で購入するなど)からの入手は83.7~87.3%である。

www.uni-goettingen.de/de/heimtierstudie-zum-wirtschaftsfaktor-heimtierhaltung/425385.html
(ドイツゲッティンゲン大学研究)
ドイツ国内における犬の営利生産数は、31万5、000~33万5,000頭と推定される。
犬猫の死因のほとんどが、獣医師による安楽死処置である。
「飼えなくなった」犬のほとんどがティアハイムが引き取るわけではない。
成犬(再販売)も含めたドイツの犬の民間での取得数は高位推計で、およそ57万頭と推測される。
ドイツの犬取得者の、87.7%が仔犬であり、日本が特段仔犬嗜好が強いとは言えない。
二次(以降の)取得を含めても、ドイツにおいては、犬の飼い主の犬の入手先は、営利事業者からの購入割合が、72.8~76.3%である。

環境省調査(平成23年)
https://www.env.go.jp/council/14animal/y140-33/mat02_2.pdf#search='%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%9C%81+23%E5%B9%B4+%E7%8A%AC%E3%81%AB%E5%85%A5%E6%89%8B%E5%85%88'
ペットショップ、ブリーダーの直販、インターネット販売、イベント販売などによる営利事業者から犬を購入した割合は52.1%で、ドイツの方がはるかに営利事業者から入手した割合が高い。
さらに現在ではインターネット販売が禁じられ、その割合も差し引くのが妥当。

さらに、営利事業者(ブリーダー、ペットショップ、輸入)以外の入経路が全てティアハイムとは限らない。
ドイツにおいても犬の入手は、知人からもらった、野良犬を拾った(ドイツは野犬が多い)、自家繁殖もありうる。
ティアハイムのシェアは、27.2%よりはるかに低いと推測される。
つまり「ドイツではティアハイムから犬を入手するのが一般的」は明らかに偏向を超えた「大嘘」である。
日本での保健所もしくは保護団体からの犬の入手割合は6.3%であり、ドイツのティアハイムのシェアと遜色ない可能性もある。
結論~ドイツは、日本に比べて著しく、営利業者(ブリーダー、ブリーダーのインターネット販売を含む直販、ドイツ国内のペットショップ、外国のペットショップや露天販売業者など)の大量生産・流通が発達している。


TOKYOZEROキャンペーンに限らず、「ドイツでは犬はペットショップなどの営利業者からではなく、ティアハイムという非営利の(実は完全に営利団体なのですが)団体から譲渡(かなり高額な金額で購入するのですが)を受けるのが一般的である」と主張しています。
しかし、それは全く事実無根の正反対の大嘘です。
実は、ドイツは、はるかにブリーダー(ブリーダーの直販が多い。ブリーダーも展示販売をしていますし、日本では禁じられている通信販売を広く行っています)やペットショップなどの営利業者から犬を入手する割合が高いのです。
対して日本は「友人・知人から譲り受けた」など営利業者以外からの犬の入手が多いのです。
この件については、改めて記事にします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小学生並みの知能の方の一覧

http://tokyozero.jp/about/organization_info/
こちらの団体は、根拠(証拠。信頼に耐える統計や学術論文、政府文書、法律の条文など、何一つ挙げていません。
思い付きで言うのは、小学生低学年でもできることです。
それを大の大人がするのは、精神遅滞というんですよ。

小学生A:ぼくの父ちゃん、年収1億円やねん。
小学生B:何言うてんねん、ぼくの父ちゃんは年収10億円や。勝ったでー。
小学生A:なんや、おまえの母ちゃんデーベーソーやないか。勝ったでー。

要するに、TOKYOZEROキャンペーンの主張は、上記の小学生レベルです。
根拠(証拠)を示さなければ、何とでもいえるでしょ。

イメージ戦略

TOKYO ZEROに関して私が思う事は「イメージ戦略」つまりプロパガンダの一種です。

この主張の裏をろくに取らず、口当たりの良い嘘の可能性があるのに簡単に信じてしまう人が56000人以上いると言う現実です。

個人的には「騙せば金になる」系の香りを感じますね。
電通あたりが乗ってきたら、間違い無くビッグビジネスとなります。

こういう場合、賛同する前に
「◯◯ 噂」「◯◯ 嘘」「◯◯ 詐欺」などネガティブ検索すべきでしょう。

そうすれば騙されるリスクも大幅に減ると思います。

Re: イメージ戦略

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> TOKYO ZEROに関して私が思う事は「イメージ戦略」つまり(嘘)プロパガンダの一種です。

まさにおっしゃる通りです。
ひたすら感情に訴えることにより、理性を麻痺させる手法です。
この団体のHPでは、何一つ根拠となるソースは示されていません。
東京都の殺処分数は挙げてますが、これが日本のペット産業の特異性である、大量生産・大量消費が原因であると書いています。
例えば「一日700匹の犬猫が殺処分されて、一日1,600もの犬猫がペットショップで売られている」です。
しかしその他の統計とあわせて分析すれば、殺処分される犬猫のうち、大半がペットショップ経由以外の、拾得猫の離乳前の子猫(野良の自然繁殖と思われる)です。
つまり「ペットショップで売られている犬猫が殺処分の原因」は、感情にだけ訴えて、嘘情報を刷り込もうとする悪質なプロパガンダです。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-396.html
(この太田雅彦氏の著作がTOKYOZEROキャンペーンでも取り上げており、氏の論説の内容と同団体の主張が一致するので、氏が同団体の理論的バックボーンとなっている可能性がある)。

その他にもあります。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-500.html
ティアハイムは、かなり営利性の高い完全民営の組織です。
雑種の犬を、ドイツでは5万円~、スイスでは10万円前後で売っています。
引取り料も、3万円とか、私の感覚からすれば暴利です。
消費税も法人税も課税されていますしね。
それとティアハイムが終生飼育するとは、極めて高額な飼育料を払って老犬老猫ホームに預ける場合です。
ティアハイムが、野良や飼育放棄の犬猫を全て無料で引き取っているわけではありません。
それを完全な公的事業の動物愛護センターを、ティアハイムのような組織にできるわけがありえません。
このような事実を伏せて「公的な愛護センターをティアハイム的な組織にする」など詐欺を疑います。

それとティアハイムは、あくまでもペットの流通においては補完的でニッチな市場です。
日本で喧伝されているように「ドイツではティアハイムでしか犬を入手できない」などは大嘘です。
ドイツは、日本よりはるかに営利業者から犬を買う割合が高いのです。
もしかしたら、日本で保護団体や保健所から犬猫を入手する割合は、ドイツでのティアハイムからの入手より高いかもしれません。
街中のペットショップが目立たない理由は、ブリーダーの多くが直販していること、予てよりドイツでは、ペットの通信販売が発達しているなどです。
狂ったNHKがTV番組で「日本ではインターネットによるペット販売が合法で遅れていたが、近年やっと法改正で禁止されるようになった」と報じています。
しかし、インターネットでの犬猫を含めたペットの販売を禁じているのは、日本ぐらいではないですか。
ドイツやスイスは大変インターネットでの犬猫の販売が盛んです。
イギリスでも、禁じていないはずです。


> この主張の裏をろくに取らず、口当たりの良い嘘の可能性があるのに簡単に信じてしまう人が56000人以上いると言う現実です。

アイゴ、アイゴと頭に血が上っているアイゴカルト教信者は、例外なく白痴化するからです。
日本には、そのカルトの信者が多い。


> 個人的には「騙せば金になる」系の香りを感じますね。

その疑いを払拭するためには、信頼に足る資料を提示し、論理的な主張をしなければならないでしょう。
しかし丸1年以上、非営利法人の申請をしているのに、未だに認められていないというのはどういう事なんでしょうかね?
良識がある組織運営者であれば、募金をするのは法人登記以降だと思います。
まあ、日本の法律では任意団体や個人でも募金を募るのは違法ではないですが。
「○○のために寄付を募りまーす」と言って、その金を他に流用しても、日本では詐欺罪に問うとか、民事で寄付の返還を求めるのは極めて難しいと一般論を述べておきます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR