懲りない大嘘愛誤プロパガンダ放送~FNNニュース「ドイツのペット事情」






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Große Lüge TV-Nachrichten(FNNnews japan).
in Deutschland, hund hat das Recht . deshalb ,???
・ In Deutschland habe ich das Töten von Hunden und Katzen verboten. Die Hunde und Katzen, getötet zu werden ist daher Null (auch streunenden hund und Katzen).
・Profit Verkauf von Hunden ist verboten. Menschen auf alle erhalten den Hund in der Tier-Heim.
・Und große Hunde dürfen im Zug ohne Maulkorb zu reiten,
In der Staats Berlin.
・Alle Restaurants hat den Hund erlaubt.
・Hundeleine wird nicht in all den Park erforderlich, etc...


 本年5月8日に放映された、FNNニュース(フジテレビジョンをはじめとするFNN系列で放送している報道番組)の「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」では、ドイツ、ベルリンの犬飼育事情を報じています。その内容は相変わらず「日本で作り上げられたドイツの動物愛護の虚像」の羅列です。ほぼ全てが嘘と偏向で固められています。私は今までに何度もNHKをはじめとする、ドイツの動物愛護事情の嘘偏向報道を正してきましたが、マスメディアは懲りないようです。よほど嘘偏向放送をすることに、利権の圧力があるのでしょうか。もしくは報道各社の番組制作担当者の精神に異常をきたしているか、知能が正常に満たないかです。


(動画)

 問題の報道番組、FNNニュースの「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」の録画です。




 本番組で報じている事柄は、概ね次のとおりです。
①ドイツでは(犬猫のことを指していると理解します)、殺処分が原則禁止されているのでゼロ。
②ペットショップがほとんどないので、犬を入手する場合はティアハイムから譲渡を受けるのが一般的である。
③ドイツ、ベルリンでは、リードがあれば、公共の交通機関に大型犬でも同乗させることができる。
④ドイツベルリンでは、ほぼ全ての飲食店で犬の同行が許可される。
⑤ドイツ郊外の、広大な犬専用公園では全域(と著しく誤認させる)でオフリードが認められ、犬のオフリードが寛容。


 しかし①~⑤は全て嘘もしくは偏向です。真実は以下のとおりです。

 ①ドイツでは殺処分が原則禁止されているのでゼロ。
~ 
 ドイツでは、民間人により犬猫の狩猟駆除(管理下にないものは飼い犬猫でも)が推奨されており、その数だけでも人口比で日本の保健所による殺処分数の約5倍です。ドイツにおける犬猫の狩猟駆除は既に日本で広く知れ渡り、「ドイツには公的殺処分はないが、民間による犬猫の狩猟駆除がある」との情報が流布されています。
 しかしそれは一部で誤りです。ドイツには行政機関が行う公的殺処分も一定数実施されています。ドイツでは各州法で、行政が飼育を禁止する犬種、行動などにより危険と判定された犬、咬傷事故を起こした犬などを行政が押収して強制的に殺処分する権限が定められています。また、ドイツの各州の警察法では、警察官に路上などで危険な犬などを射殺して殺処分することを求めています。ドイツでは、警察官が路上で犬などを射殺することは珍しいことではありません。警察官による犬などの射殺数は年間9,000頭台です。ドイツ連邦警察統計出て1単位まで正確な数字が発表されています。警察官が職務で行う射殺も、公的殺処分そのものでしょう。
 ドイツの公的殺処分は日本の行政サービスとは異なり、飼い主が拒んでも行政が強制的に行うものです。ですからある意味では、日本より殺処分に対する姿勢は厳格と言えるでしょう。

 ②ペットショップがほとんどないので、犬を入手する場合はティアハイムから譲渡を受けるのが一般的である。

 ドイツでは、年間の新規の犬取得は約50万頭(推計値)です。そのうち10万頭が輸入犬とされています。輸入犬とは、飼い主が近隣の国のペットショップで購入したもの、ドイツ国内のペットショップが輸入したものの販売などです。さらに、ドイツ国内の犬の営利生産は、年間31万5,000~33万5,000頭と推計されています(ドイツ、ゲッティンゲン大学推計)。つまり営利のブリーダーですが、それらの営利生産された犬は飼い主に直販されたり(ドイツでは、ペットの通信販売は禁じられていません)、ペットショップに卸されます。なお、ドイツでは、犬の生体の輸出はほとんどありません。
 つまり新規の犬取得者のうち、ドイツ国内のブリーダーが生産した犬31万5,000~33万5,000頭+輸入犬10万頭=41万5,000~43万5,000頭です。ドイツの、新規取得の犬全体に対する営利販売が占める割合は83%~87%となります。対して東京都の統計調査で犬の飼い主の、犬の入手方法がありますが、ペットショップなどの営利販売業者からの入手は50.3%です。つまり日本よりはるかにドイツの方が、営利事業者から犬を入手する割合が高いのです。「ペットショップがほとんどないので、犬を入手する場合はティアハイムから譲渡を受けるのが一般的」は、真実の正反対の、あまりにもひどい嘘です。
 なおこれは、ドイツ国内の統計資料や大学の研究論文、及び日本の資料は東京都の統計資料などに基づいています。

③ドイツ、ベルリンでは、リードがあれば、公共の交通機関に大型犬でも同乗させることができる。

 ドイツ、ベルリン州では、犬はケージで完全に密閉した状態でなければ、例外なく口輪を使用しなければ公共交通機関を利用できません。チワワやヨークシャテリアも、ケージに入れなければ口輪が義務付けられます。違反者は罰金刑に処せられます。
 なお、本番組では、中型犬が口輪なしで公共交通機関に乗車していますが、明確に違反行為です。このような嘘を垂れ流すTV番組には呆れますが、違反者を撮影して「これが認められている合法的な行為である」とは、FNNは、公共放送にあるまじき有害な内容です。

④ドイツでは、ほぼ全ての飲食店で犬の同行が許可される。

 ドイツでは、日本よりはるかに多くの飲食店が犬動向を許可しているのは事実です。しかしドイツが、犬の同行を認めることを飲食店に義務付けているわけではありません。ドイツにおいても、すべて飲食店が犬の同行を許可しているわけではありません。犬を全面禁止にしている飲食店も多くあります。

⑤ドイツ郊外の、広大な犬専用公園では全域(と著しく誤認させる)でオフリードが認められ、犬のオフリードが寛容。

 オフリード犬が写っている映像は、ドイツ、ベルリンのグリューネヴァルト公園の様子と思われます。この公園は、しばしば「ドイツの犬のオフリードが認められている広大な公園」と紹介されています。その上で「このような広大な公園をオフリード犬に開放しているドイツはすばらしい愛犬国家だ」と日本で喧伝されています。
 しかしグリューネワルト公園での犬のオフリードが認められている面積は、全体の40分の1に過ぎません。面積にしてわずか2.5%です(かなり古い資料を参考にしていますので現在はさらに縮小されているかもしれません)。ドイツ、ベルリン州には、その他にもいくつかの犬のオフリードを認めた公園がありますが、いずれも公園のごく一部に限られています。近年では、犬のフリーエリア(オフリードが許される)は廃止縮小の傾向です。グリューネヴァルト公園でも、昨年「犬全面禁止エリア」がいくつか設けられました。


 ①②③④⑤については、次回以降の記事で、ドイツの統計資料や大学の研究論文、法規の原文などを引用して詳述します。また、日本の公的統計なども援用して、ドイツと日本とにおける犬の飼育の実態を対比させます。
 いずれにしても、FNNニュースの「世界の○○ ドイツのペット事情を取材しました」の内容は、あまりにもひどすぎます。全く真実に反することばかりですし、法律なども確認せずに取材担当者の思い込みのみで制作しています、それが「ニュース」番組を名乗ってるのですから呆れるばかりです。妄想は、狂人の頭の中だけにしていただきたい。公共の電波を汚すなどはもってのほかです。


・「続き」もぜひご覧下さい。次回以降の記事で詳しく分析します。


http://www.vdh.de/presse/daten-zur-hundehaltung/
ドイツにおける新規取得犬(仔犬)数は、年間約50万頭と推定されるが、そのうちの10万頭は輸入犬である。
一次取得(仔犬)に限れば、ドイツにおける営利事業者(ブリーダー、ペットショップ、飼い主が外国のペットショップで購入するなど)からの入手は83.7~87.3%である。

www.uni-goettingen.de/de/heimtierstudie-zum-wirtschaftsfaktor-heimtierhaltung/425385.html
(ドイツゲッティンゲン大学研究)
ドイツ国内における犬の営利生産数は、31万5、000~33万5,000頭と推定される。
犬猫の死因のほとんどが、獣医師による安楽死処置である。
「飼えなくなった」犬のほとんどがティアハイムが引き取るわけではない。
成犬(再販売)も含めたドイツの犬の民間での取得数は高位推計で、およそ57万頭と推測される。
ドイツの犬取得者の、87.7%が仔犬であり、日本が特段仔犬嗜好が強いとは言えない。
それでも、営利事業者からの購入割合は、72.8~76.3%

環境省調査(平成23年)
https://www.env.go.jp/council/14animal/y140-33/mat02_2.pdf#search='%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%9C%81+23%E5%B9%B4+%E7%8A%AC%E3%81%AB%E5%85%A5%E6%89%8B%E5%85%88'
ペットショップ、ブリーダーの直販、インターネット販売、イベント販売などによる営利事業者から犬を購入した割合は52.1%で、ドイツの方がはるかに営利事業者から入手した割合が高い。
さらに現在ではインターネット販売が禁じられ、その割合も差し引くのが妥当。

さらに、営利事業者(ブリーダー、ペットショップ、輸入)以外の入経路が全てティアハイムとは限らない。
ドイツにおいても犬の入手は、知人からもらった、野良犬を拾った(ドイツは野犬が多い)、自家繁殖もありうる。
ティアハイムのシェアは、27.2%よりはるかに低いと推測される。
つまり「ドイツではティアハイムから犬を入手するのが一般的」は明らかに偏向を超えた「大嘘」である。
日本での保健所もしくは保護団体からの犬の入手割合は6.3%であり、ドイツのティアハイムのシェアと遜色ない可能性もある。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マスメディアの苦情受付先

フジサンケイグループへの苦情
http://www.fujisankei.com/contact/

BPO(BPO | 放送倫理・番組向上機構 | Broadcasting Ethics & Program ...)
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

アクセス御礼

現時点(18:42)におけるアクセスのシェアは、ドイツがほとんどですが、海外勢が39.8%です(解析できたもののみ)。
ありがとうございます。

例の東ヨーロッパ諸国から蜜輸入されて、サービスエリアなどで売られている個体はパーセンテージには入っていないんですよね?

愛誤の主張は9割以上が捏造。

特定動物だけ保護家の弁の大半は事実から160~180度くらい脚色されているか全く逆かですね。
ほどんど嘘の中に1割弱の真実というエッセンスを加えて発信しているのが愛誤通信です。

基本愛誤はバカしかいないので自分に都合のいい嘘は真実として拡散します、学術書や国の報告書など公式書を根拠に出しても頑なに公式書の方を嘘だというので話ができませんバカだし。

ところで何の根拠もなく数十年前から達成事案の一つすらない地域猫を未だに行政が絡んで宣伝してるバカ市町村はいつになったら無意味どころか有害だと認識するんでしょう?

Re: タイトルなし

もるせが様、コメントありがとうございます。

> 例の東ヨーロッパ諸国から蜜輸入されて、サービスエリアなどで売られている個体はパーセンテージには入っていないんですよね?

ソースは、Verband für das Deutsche Hundewesen (VDH) 「ドイツケンネルクラブ協会」です。
ドイツのケンネルの業界団体です。
http://www.vdh.de/home/

まず該当する記述の原文です。

Absolut gesicherte Daten zum Hundebestand und zur Hundezucht in Deutschland gibt es nicht, so dass man von Schätzungen ausgehen muss.
Danach finden in Deutschland jährlich ca.
500.000 Hundewelpen einen neuen Besitzer. Davon werden ca. 400.000 Welpen in Deutschland gezüchtet – ca. 100.000 Welpen werden importiert.

ドイツでは、犬のストック(現在飼育されているもの)の犬種別の信頼性の高いデータが存在しませんので、推計値により判断しなければなりません。
毎年ドイツでは、50万頭の新規の仔犬が所有されます。
約40万頭の仔犬はドイツで繁殖されたものですー約10万の子犬は輸入(importiert インポート)されます。

このimportiert (インポート、輸入)は、合法的な輸入というニュアンスがあります。

この団体は他に、

Initiative von VDH und Tierschutzvereinen warnt vor dem Welpenhandel.
VDHと動物愛護団体は率先して、子犬の貿易を警告します。

としています。
handelはトレード、貿易で、これも合法的なニュアンスがありますが、いわゆるポーランド国境付近での青空仔犬市場での購入なども警告しています。

青空市場での子犬販売は、unregelmäßig(イレギュラー、ルール違反)とマスメディアは報道しています。
明らかに法律違反の密輸は、Schmuggelです。
実際、明白に法律には違反しません(グレーゾーンではあると思います)。
私はかつて青空市場の仔犬販売のunregelmäßigを、すっきりした訳がないから「密輸」と訳しました(これは注釈をつけています)。
以上の原文から判断していただくしかないですが、私はいわゆる青空市場の仔犬も含むと思います。

ドイツ(日本でもそうですが)ペット産業はこれだけの市場規模を誇るのに、正確な統計データがないです。
ゲッティンゲン大学の推計では、子犬の営利生産が31万5,000~33万5,000であり、40万とかなりの開きがあります。
差の8万5,000~6万5,000頭は、非営利ということでしょうかね(非営利自家繁殖や期せずして生まれた子犬など)。

結論ですが、私の解釈では、10万頭の子犬の輸入のうちに、いわゆる青空市場のものも含まれると思います。
ドイツ語に堪能な方はご意見をbitte.

Re: 愛誤の主張は9割以上が捏造。

猫ボラ滅びろ!様

> ほどんど嘘の中に1割弱の真実というエッセンスを加えて発信しているのが愛誤通信です。

1割弱も真実があるかな?というのが私の感触です。
例えば、自称ドイツ連邦獣医学博士サマサマの京子アルシャー氏ですが、京都市議連のヨーロッパ動物愛護視察のガイドをして、グリューネヴァルト公園を「全域で犬のオフリードが許可された広大な公園」と誤認させる説明をしています。
また、博士サマサマが直々にガイドする旅行者向けツアーもあり、そのように説明しています。
しかしグレーネヴァルト公園は、犬のオフリードが認められている面積は40分の1で、わずか2.5%です。
しかし見学者をマイクロバスで、犬のフリーエリアに直行し、「この公園は(全域で~と誤認させる)犬のオフリードが許可された公園です」とやるわけです。
つまり97.5%が「嘘」。
私が愛誤が垂れ流す情報を見た限り、真実は2.5%もあるかどうか。


> 学術書や国の報告書など公式書を根拠に出しても頑なに公式書の方を嘘だというので話ができません。

アメリカ連邦政府の公式文書でTNRを完全否定した記述がありますが、「アメリカはTNRの効果を認めている」と噛み付いてきた愛誤がいます。
反証で出してきたソースは、違法TNRで逮捕者を何人もだしている民間団体です。
ドイツの犬猫狩猟駆除でも、「さんかくたまごの嘘800」と言っている人がいます。
ある州では、公的統計を出しているのですけどね。
ドイツは州政府が嘘の統計を発表する国なんだ?
とか、「さんかくたまごは実はドイツ語が全くできない」と必死で拡散している人とか。


> 何の根拠もなく数十年前から達成事案の一つすらない地域猫を未だに行政が絡んで宣伝してるバカ市町村はいつになったら無意味どころか有害だと認識するんでしょう?

行政職員や首長も、狂気の愛誤カルト教に汚染されているのでしょう。
それとか国会議員や国営放送もね。
福島瑞穂「イギリスでは犬猫の販売が禁じられている」。
NHK「スイスでは動物の営利売買が禁じられている(それを盲信して私に噛み付いてきた白痴さんもいます。白痴っちとか。テレビの一億総白痴化効果は恐ろしい」。
こんなことはありえないのは、小学生でもわかります。
それに比べたら、「地域猫は効果がある」のほうが、1ミリだけ知能は正常だと思いませんか。

No title

昨日は、解析できただけで、ドイツ語圏を中心とする海外からのアクセスが318でした。
総アクセスの15%近くです(解析できたもののみ)

「ドイツでは基本的人権(Grundlegende Menschenrechte)ならぬ、基本的犬権(Grundlegende Hundenrechte)が認められている」なんてやれば、ドイツ人は、(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))!!!!!!!!!ですよ。
一体何のこっちゃわからない。
それを天下の日本の国有放送がその文言のまま、放映しているわけですから、日本は狂人集団国家なのか。

こちらでははじめまして(^^)。直接ドイツとは関係ありませんけど、日本のマスコミは「被害者」や「弱者」の言う事は聞いてはくれません。BPO然りです。心を痛めた人間の方が気狂い扱いされておしまいです。それでは、癒着っぷりをお伝えします。 [フジテレビ]港区台場2-4-8。同じ住所の18階に韓国文化放送があります。 [TBS]港区赤坂5-3-6。こちらは韓国連合。 [東京新聞]港区港南2-3-13。大韓毎日がこの建物の4階にあります。 [毎日新聞社]千代田区一ツ橋1-1。4階に朝鮮日報。 [読売新聞]千代田区大手町1-7-1。8階に韓国日報。 [朝日新聞]中央区築地5-3-2。同ビルに東亜日報。 [NHK]渋谷区神南2-2-1。東館710-Cに韓国放送公社。

Re: タイトルなし

微りこ様、コメントありがとうございます。

> 日本のマスコミは「被害者」や「弱者」の言う事は聞いてはくれません。BPO然りです。心を痛めた人間の方が気狂い扱いされておしまいです。

私もそれを感じています。
いわゆる愛誤は、(背後に何の利権があるのか私には理解不能ですが)政治権力まで味方にしてメディアや行政まで圧力を欠けています。
BPOやNHKなどのメディアには、数十回もっとかもしれませんが、嘘偏向報道に関してはその津後抗議しています。
しかし、嘘と知りながら(と思わざるをえません)、さらに挑発するような嘘報道を続けます。
愛誤ではない一般人や、愛誤による被害者は、烏合の衆で、組織化も利権もありません。

それと私は、愛誤(誤った動物愛護)には批判をしていますが、こちらのサイトは、政治や外交問題を論じるところではありません。
ですからそれらについてはお返事できません。
私は中道もしくはやや左派のプラグマティストです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0

あーあ

この件について簡単に調査しました

毎度のことなのですがだまされてる人が結構いました
ティアハイムは素晴らしいだの殺処分がないのがすごいだの
そしてお決まりの「日本はドイツを見習ってほしい」
これはいけません さっき苦情出しときましたよ 
まぁフジが改善なんぞするとは思えませんが

Re: あーあ

糞雑魚蛞蝓様、コメントありがとうございます。

> 毎度のことなのですがだまされてる人が結構いました
> ティアハイムは素晴らしいだの殺処分がないのがすごいだの
> そしてお決まりの「日本はドイツを見習ってほしい」

私は見ていませんが、このニュースの動画をアップして、ヨイショしているということでしょう。
ヨイショしている側も、このニュースが嘘と知りつつ、水面下で愛誤が組織的に嘘プロパガンダの拡散工作をしているとも思えます。
この動画は、FNNがアップしています。
大概このようなニュース動画は、一般視聴者がアップすることが多いのですけどね。
そしてtoutubeでは、コメント投稿設定なし、インターネットニュース配信では翌日には削除するという異例の速さです。
愛誤のための援護捏造ソースを意図的にマスメディアが提供したと私は推測します。


> さっき苦情出しときましたよ 

ありがとうございます。
多くの方が指摘していただいた方が、捏造報道は少なくなるでしょう。

ところでなぜNHK、朝日、TBSなどなど、私は今まで数十回(100回を超えるかもしれまえん)の報道に対して、「嘘、捏造」と指摘し続けてきました。
これらのマスメディアの報道内容が真実であるならば、なぜ私を刑事告訴するなり民事での名誉毀損による損害賠償請求をしないのですかね?
私のブログは、一日当たり多い時で4千アクセスを超え、読者さんも自治体や省庁、大学などが多いのです。
それなりに動物愛護に対しては、影響力があると自負しています。
そのようなブログが、頻繁にメディアの情報を「嘘、捏造」と指摘しているわけですよ。
仮にメディア側が正しく、私が間違っているのならば、メディアは報道の根拠(証拠)を示し、私に対して法的措置を講じるべきです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR