日本は動物愛護後進国なのかー4 続々・米国編





 愛誤の「動物愛護先進国の欧米は動物の命であっても尊厳を守る」と言う主張は欺瞞です。

 愛誤は「欧米は動物愛護先進国で日本は後進国」という主張の根拠として以下を挙げています。
1、欧米は犬猫の殺処分を行わない、もしくは極めて限定的。
2、引き取り手がない犬猫は、ノーキルシェルターで終生飼育する。
3、国民に「犬猫の命は大切で殺してはならない」という意識があり、動物の命であっても尊厳を守る。
 そして日本はそれに反するから動物愛護後進国なのだと。

 例えばこのような主張です。


あなたは知っていますか

日本における引取り、犬・猫の終末処理はゴミ処理のようなシステムで処分されています。
行政は殺すことを業務とし、自ら飼い主を探すわずらわしさは行わない。
犬や猫たちも人間と同じ重さの命を持ち。
動物に関しての先進国の欧米などの国との相違は動物を痛みや恐怖を感じる生き物として扱うか、日本のようにゴミ扱いするかの違いにあります。



 上記ブログ主様の主張によれば「1、動物愛護先進国欧米は日本と異なり、犬猫の終末処理はゴミ処理的には行わない。2、行政は、自ら引き取った犬猫の飼い主を探す」と言うことでしょうか。しかし米国においては、公的私的を問わずanimal shelterに収容された犬猫等は、ほとんどが殺処分されることを既に記事にした通りです。
 今回は「1、動物愛護先進国欧米は日本と異なり、犬猫の終末処理はゴミ処理的には行わない」が誤りであることについて述べます。日本では、保健所で殺処分された犬猫は、大方が廃棄物として焼却処分されるのは事実ですがね(ごく一部が肥料等の原料にされます)。

 米国では私的公的を問わず、animal shelterに収容された犬猫等は大方が殺処分されます。全米での統一した統計ベースがないため厳密な数値は分かりませんが98%と報道されてもいます(全米平均で85%とも言われています)。ノーキルを標榜しているある動物愛護団体は、実際は収容した犬猫等の95%を殺処分したとスッパ抜かれています。
 米国では90年代以前は年間2,000万頭の犬猫が殺処分され、現在も6-7百万頭(もう少し少ない推計値もありますが)殺処分されてます(日本は平成23年はわずか21万頭でした)。では、その莫大な数の犬猫の死体はどのように処分されるのでしょうか。

 殺処分された犬猫等の死体は、多くが工業原料になります。加熱処理を行って肉骨粉や脂肪に分離し、それらを工業原料に加工することをrenderingと言います。肉骨粉はペットフードや家畜の飼料(米国など複数の国では、BSE発生以降はレンダリングによる肉骨粉の一部を牛の飼料にすることを禁じました)になります。米国では(日本も)、牛以外の同種の動物を飼料の原料に含むことを法律で禁じていません。脂肪はケミカル製品やペットフードなどの原料になります。


The Reality of Feed at Animal Factories「動物工場での飼料の実態」

Most animals are still allowed to eat meat from their own species.
Animal feed legally can contain rendered road kill, dead horses, and euthanized cats and dogs.

(米国では)ほとんどの動物は、現在も同じ種の動物を食べる状態が許されています。
動物の飼料に、道路で死んでいる動物、死んだ馬、獣医によって安楽死させられた猫や犬などが材料として含まれることは合法です(拙訳)。



Is eating meat bad for you?

There are 250+ rendering plants operating in US.
Astronomical number of cats and dogs and other stray animals who are being euthanatized goes in there too.
All the road killed animals goes in there as well.
Every year, 3-4 million cats and dogs are euthanized (some say 6-7 million), not including other pets.
Veterinarians inject pentobarbital sodium in order to euthanize shelter animals.
This fat is sold and used in lipsticks, deodorants, soap and other personal hygiene products.

米国では、250以上のレンダリング工場が操業しています。
あまりにも多くの、天文学的な数の安楽死された犬や猫や、他の徘徊している動物がそこに入ります。
殺された動物は、同様に同じ道をたどってそこに行きます。
毎年、3-4百万頭(6-7百万頭とも言われています)の犬や猫、そのほかのペットを含めて安楽死させられています。
獣医師がシェルターの動物を安楽死させるために、ペントバルビタールナトリウムを注射します。
(レンダリングにより精製された)脂肪は、口紅、デオドラント、石鹸や他の衛生製品等の消費財になり、販売され使用されます(拙訳)。



an article about commercial pet food and rendering factories「商業ペットフードおよびレンダリング工場についての記事」

Obviously there are millions and millions of pounds of pet food sold in bags and cans every year.
They look to the many rendering plants across the nation to provide them with the tonnage they require on a regular basis.
In the previous article, we did mention the quantity of pets shipped to rendering factories to be recycled and used in pet food.

毎年、数百万ポンドと数百万個のバッグや缶のペットフードが販売されています。
ペットフード製造業者は、定期的に必要な数量のそれらの原材料を提供してくれる、全国の多くのレンダリング工場に期待しています。
前回の記事では、ペットフードにリサイクルして使用する、レンダリング工場に出荷されたペットの数量について述べました(拙訳)。



 確かに米国では、愛誤が主張するように犬猫の終末処理はゴミ処理的には行いません(皮肉)。死体を工業原料として有効活用します。殺処分された犬猫の死体は多くがペットフードに加工され、犬猫の飼育のために役立てられます。米国は日本と比較すれば犬猫等の殺処分数があまりにも多く、その全てを廃棄物として処分すれば社会コストの増大を招き、さらには環境への悪影響もあります。
 犬猫の死体をレンダリングすることについては、米国では、社会コスト増大や環境負荷の観点から止むなしという論調が主流です。殺処分の際に用いられる麻酔薬などが含まれるものを、人が食べる動物の飼料やペットフードにすることの安全性に対するリスクを懸念する意見はあります。米国人はある面、非情に冷徹で合理的です。殺処分された犬猫をペットフードなどの工業原料とすることで「犬猫等も命あるものとして扱え。工業原料とするのはけしからん」といった声は、私が米国内のサイトを検索した限り見られませんでした。

 かつて日本の保健所は、殺処分した猫の死体を三味線皮革業者に払い下げていました。しかし動物愛護(誤)団体の猛反対(「猫の命の尊厳を踏みにじりけしからん」と言う理由みたいです)により、現在では保健所から三味線皮革業者への払い下げは犬猫とも行なっていません(猫の払い下げを止めたあとも、しばらくは犬は三味線皮革業者に払い下げが行われていました~謎)。当時の通産省は「(保健所で殺処分した猫の死体の三味線皮革)使用に問題はない(認可や認定ではない)」と回答しています。
 このいきさつは、奈良県のミニコミ誌「月間 お好み書き」に詳しいです。

ネコ捕り大論争が本に

 愛誤さんの御主張の「動物に関しての先進国の欧米などの国は、動物を痛みや恐怖を感じる生き物として扱う」とは具体的にどのようなことなのでしょうが。ぜひ実例を挙げていただきたいです。
 ところで愛誤さんたちに申し上げます。米国での犬猫等の殺処分数やその死体をペットフードをはじめとする工業原料にすることを「あなたは知っていますか」(皮肉。爆)。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日本は動物愛護後進国なのかー4 続々・米国編】

 愛誤の「動物愛護先進国の欧米は動物の命であっても尊厳を守る」と言う主張は欺瞞です。 愛誤は「欧米は動物愛護先進国で日本は後進国」という主張の根拠として以下を挙げていま...

コメントの投稿

非公開コメント

お礼

各位

昨日は、FC2ブログ ペットカテゴリーランキングで41,198中568位(上位1,38%)になりました。
ここ数日、PV/日が500近くをカウントし、楽天時代のPV数を回復しつつあります。
読者様に感謝いたします。
コメント数が少ないのですが、異論反論ももちろん歓迎しますし、レスいたします。

省庁様、自治体様、大手企業様、米国の団体様も、今後も遠慮なくどんどんいらしてくださいね。
よろしくお願いします。

さんかくたまご

こんな記事もあります

このような記事もあります。

http://www.jlhweb.net/BOSS/thought.html

For example the National Animal Control Association has estimated that animal shelters kill over 13 million household pets a year.
Of this total, 30% areburied, 30% are cremated and the remaining 40%, about 5 million pets, are shipped to rendering factories to be recycled and used in pet food.
I am disgusted to think of Dogs being used as dog Food--all for the sake of economic raw material.
But what about the injections of sodium pentobarbital used to put pets to sleep you might ask?
No problem, says the FDA, such residue would be to small to cause a problem.

例えば、国立動物コントロール協会は、動物シェルターでは年間で、1300万の家庭で飼われていたペットを殺処分すると推定しています。
このうち、30%​​が埋骨(埋め立て?)され、30%が火葬され、残りの40%、約500万のペットは、レンダリング工場でペットフードに再利用するために出荷されます。
全てが経済的で安い原料のためだけ - 私は犬のフードとして使用されている犬のことを考えるとうんざりしています。
しかし、ペットを昏睡状態にするために使用されるペントバルビタールナトリウムの注射について、あなたはどんな疑問を投げかけるでしょうか?
「問題ありません」と FDAは言います。「 このような残留物が問題を引き起こすことは些細なことなのだから」(一部引用 拙訳)。

ペットと人間様の命が

等しい訳が有りません。

更に
「猫の命の尊厳を踏みにじり」ってはぁ?
んなの、有りましたっけ?

んなら、野良猫クソションベン被害者の尊厳を踏みにじっても
構わないって屁理屈ですかね?

保健所だって、小さい個体のペットについては定期的に
譲渡会等催して、里親募集してますよね。
「まぁ、里親が決まるのは少ないですが」

少なくとも愛誤団体が使途不明の寄付を強要する
里親募集よりマシです。

因みに安楽死用のガスは少し高価ですがエチレンが苦しまずに
自然にクタバッてくれます。

大学とかの研究室では一般的なものです。

No title

連日の素晴らしい記事のアップありがとうございます。

この記事を読めば諸外国の現実を知ることなり、「欧米を見習ったノーキルを実現しろ」と叫ぶ基地外たちの主張が机上の空論であると理解できるでしょう。

話は少し変わりますが、ペット呆塾の新たなHPが立ち上がってますね。(あえてリンクは書きません)
相変わらず電波な基地外ぶり満載なコンテンツで大笑いです。
とくに、ホームセンターに捕獲器の販売中止を求める文書なんて、真面目に申し入れているのか笑ってしまいます。

捕獲器が違法な動物虐待に使われる虞があり販売中止を求めるのであれば、頻繁に殺人の凶器に使用される包丁なんてとっくに販売中止にされています(笑)

ホームセンター側も顧問弁護士が対応するのでしょうが、単なる面倒なクレーマー扱いなのでしょう。

Re: ペットと人間様の命が

只野乙三様、コメントありがとうございます。

私は欧米に住んだこともありませんし、英独語に堪能なわけではありません。
しかしネイティヴの米国人(プロテスタントでアングロサクソンの)と話した少ない経験から、キリスト教徒の方が日本人より人と動物を厳然に区別し、人以外の動物は人に管理され利用されるべき対象という考えという感じを受けます。
「人と動物の命は同じ。動物も人と同じく権利がある」と主張している欧米の動物愛護団体は、欧米でも異端だと思います。
日本の愛誤が主張するように「欧米は動物愛護先進国で、人と動物の命、権利を同列い扱う」といった感じは受けませんでした。
それは日本の愛誤の方がはるかに強いと思う。


> 保健所だって、小さい個体のペットについては定期的に譲渡会等催して、里親募集してますよね。

日本の保健所の収容犬猫の一般譲渡率は、米国のanimal shelter(公私問わず)と変わらないと思います。


> 因みに安楽死用のガスは少し高価ですがエチレンが苦しまずに自然にクタバッてくれます。

ヘリウム等も安楽死できますが、こちらは爆発する危険性がありますからね。
欧米と日本の殺処分の違いは、その方法だけでしょう。
米国では、二酸化炭素の使用を犬猫の殺処分に用いることは法律で禁止されています。
米国イギリス等は、麻酔薬の静脈注射です。
横浜市では、犬猫の殺処分は、全て麻酔薬(と筋弛緩剤の併用か)に移行するようです。
二酸化炭素死が安楽死か否かについては、米国でも肯定する意見があります。
でも二酸化炭素死が残酷というのならば、日本も麻酔薬に移行すれば愛誤は文句を言えなくなります。
殺処分の方法の是非については、全米獣医学会の資料がありますので記事にします。

Re: 三二一閣下様

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 連日の素晴らしい記事のアップありがとうございます。

お褒めいただきありがとうございます。
私が今まで愛誤の「欧米は動物愛護先進国。対して日本は後進国」という主張を苦々しく思いながらそれを批判する記事は書いていませんでした。
なぜならば、私は欧米に住んだこともなく、語学力も堪能と言えるほどではないので、軽々しく欧米の動物愛護事情を批判するのはおこがましいと思っていたからです。
しかし愛誤の主張はあまりにもひどいので、やむを得ず私ができる範囲で調べて記事にしました。。
高校レベルの英語力があれば米国の動物愛護の状況なんて、ネットでいくらでも知ることができます。
それなのに、なぜ愛誤は嘘を平気でつくのか、それとも何かを情報発信する前に最低限のソースを調べることもせずに思いつきでやってしまうのか理解に苦しみます。


> この記事を読めば諸外国の現実を知ることなり、「欧米を見習ったノーキルを実現しろ」と叫ぶ基地外たちの主張が机上の空論であると理解できるでしょう。

イギリスとドイツについても記事にしようと思います。


> ペット呆塾の新たなHPが立ち上がってますね。

後で調べています。
ペット法受苦のエッチな弁護士が私と同じ西宮在住だったなんて、西宮市の恥です。


> ホームセンター側も顧問弁護士が対応するのでしょうが、単なる面倒なクレーマー扱いなのでしょう。

アライグマなど特定外来生物は捕獲OKで、大阪府等は市民に捕獲器を貸し出しています。
特定外来生物のアライグマを捕獲して届けることを、国自治体は推奨しています(堺市は報奨金を出しています)。
アライグマ捕獲ボランティアをしようと思って捕獲器を購入する人もいるでしょう。
たまたま猫が入れば、それを保健所に届けるのは、動物愛護管理法35条2項で合法です。

お礼

昨日は550PVを超えました。
fc2ブログ ペットカテゴリーランキング 40910中542位です(上位1,3%)。
引き続き、応援をよろしくお願いします。

さんかく様

>高校レベルの英語力があれば米国の動物愛護の状況なんて、ネットでいくらでも知ることができます。

Google翻訳を使えば中学校2年レベルで大まかにわかります。
と言うことは、学力&知能が小学生レベルなのかな。

それなのに、なぜ愛誤は嘘を平気でつくのか、それとも何かを情報発信する前に最低限のソースを調べることもせずに思いつきでやってしまうのか理解に苦しみます。

愛誤は嘘つきですよね。
近所の餌やりBBAも「餌やっていない」と言いつつ夜中に隠れてやっています。

町内会長さんも「理解に苦しむ」と言っていました。


うちの畑に猫糞撒かれるのはゴメンですが、肥料で猫粉になっているなら
鶏糞、魚粉に混ぜて撒いてもいいです。

あっ先日都心部の猫カフェに行って来ました。

娘が「どこから猫は来ているの?」と聞いても聞こえないふりでした。

若干グレーなものを感じましたが、やっぱりエサやりよりずっと動物愛誤に叶うと思います。

人間も全て平等といかないように、猫も平等には行かないと思います。

三二一閣下様

>ホームセンターに捕獲器の販売中止を求める文書なんて、真面目に申し入れているのか笑ってしまいます。

捕獲器が最も動物を傷つけず、安全に捕獲・保護できる手段ですよね。

恥遺棄猫活動の奇痴害連中も捕獲器使っているじゃん。

ホントに愛誤ってダブルスタンダード。。。

害獣をもっとソッコーで〆たい人もいっぱいいると思います。







Re: さんかく様

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> Google翻訳を使えば中学校2年レベルで大まかにわかります。

ちょっと込み入った長文になると、自動翻訳は厳しいですね。
それを自然な日本語で理解し、表現出来るのは英語力というより国語力かも。


> 学力&知能が小学生レベルなのかな。

自分の嘘を糊塗するためにわざとバカを装っているのか、真性バカなのか判別不能です。


> うちの畑に猫糞撒かれるのはゴメンですが、肥料で猫粉になっているなら鶏糞、魚粉に混ぜて撒いてもいいです。

このさい、日本でもアメリカみたいに野良猫も捕獲して(行政が捕獲する州もあります)、捕らえた野良猫をペットフードとか肥料にしたらいいのではないでしょうか。
バンバン捕獲して、餌をやる野良猫が絶滅すれば、必然的に餌やりもいなくなります。


> 娘が「どこから猫は来ているの?」と聞いても聞こえないふりでした。

どうなんでしょうね?
保健所から貰い受けているところもあるみたいです。
そしてカフェに来た客に有償でその猫を譲渡するというビジネスモデルがあるみたいです。
厚かましい商売という感じもしないではないですが、公園などの公共の場で勝手に放し飼い飼育するよりかはずっとマシです。

Re: 三二一閣下様

> 捕獲器が最も動物を傷つけず、安全に捕獲・保護できる手段ですよね。

おっしゃるとおりです。
猫を傷つけてもいいから捕獲したいとなれば、直径12センチ未満のトラバサミだって使えるんだから。


> 恥遺棄猫活動の奇痴害連中も捕獲器使っているじゃん。

ホムセンで捕獲器を売るなということであれば、猫愛誤にも売ってはいけないということになります。


> 害獣をもっとソッコーで〆たい人もいっぱいいると思います。

捕獲器で保護して保健所に届けるなんて、全く合法的です。
捕獲器がなくても、毒性の高い農薬でも私有地で使用することはできますし、タリウムや有機リン系の殺鼠剤を置くことは合法です。
またエチレングリコールなど規制のないものを私有地内でどのように保管しようが規制することはできません。
私が常々疑問に思うのは、なぜ愛誤は根本問題を避けて、対症療法的な事しかしないのか不思議です。
猫の殺処分を減らす、猫の幸福への根本解決は、適正飼育可です。
それをスルーして、むしろ野良猫を増やす方策ばかりを主張する愛誤は、本当は野良猫の減少なんて望んでいなのです。
野良猫がいなくなれば、商売ができなくなりますからね。

ちょっと、大阪に戻ってきて

どうぶつ基金ホームページをご覧下さい。

http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/
2012-06-05「橋下大阪市長あてに公開要望書を提出しました。」

大阪市の平成24年度予算凍結に伴い、「「街ねこ制度」予算も見通しが立っていません。

佐上はこの機会に乗じて、おかしな申し出をしています。
どうぶつ基金がお金を出すので、予算をつけない「無償の業務委託」してくれと申し出ているのです。

佐上がやりたきゃ独自にやればいいだけの話に思いますけどね、おかしな申し出の真意はなんでしょう?
一つには「行政との協働の地位」を欲しがっているのでしょうし、橋下市長にアプローチしたい下心もあるでしょう。
佐上のビジネスの更なる拡大に益することにもなるでしょう。

形式的には、街ねこ制度存続を支えるという申し出です。

まぁ、皆さん、ちょっとアメリカから離れて、大阪に目をやって下さいませ。

Re: ちょっと、大阪に戻ってきて

チッチ様、コメントありがとうございます。

お陰様で、昨日は570PV/日を超えました。
米国内のソースを取り上げたのは、日本国内ではあまりにも動物愛護に関する主張が単純なものが多く、議論を深化させることができないと考えたからです。
例えば愛誤の主張「欧米は動物愛護先進国で日本は後進国」「動物だって人と同じく命と権利が保証されるべき」「地域猫は効果がある」キーキーキーetc...
それに反論する側も、確たる根拠が乏しいままでした。
議論の平行線には、動物愛護に興味をお持ちの方は食傷気味になっていたのではないかと思います。


> 予算をつけない「無償の業務委託」してくれと申し出ているのです。

どこの愛護団体だろうが「無償でTNRの資金援助すれば偉い」と褒めらたものではないと思います。
大阪市の「街ねこ制度」は規制のゆるい地域猫と思いますが、地域猫の公費補助がけしからんというだけではありません。
公共の場で猫を放し飼いすることによる被害発生なども考慮して判断すべきです。
「無償で資金援助するから」ウェルカム、という単純なものではないはず。
TNRを援助する団体があれば、ネコ被害の拡大につながるというマイナス面も生じます。

日本国内には、地域猫の効果を学術的・客観的に検証したエビデンスは皆無です。
地域猫推進派は「効果があった地域猫はある。しかし発表すれば捨て猫を招くから発表できない」と言います。
それならば、なぜ地域猫推進派は、適正飼育化への規制強化に賛成しないのか不思議です(むしろ適正飼育化条例に強硬に反対します)。
私はそのような地域猫推進派を疑っています。
「地域猫は効果がある!でも具体例は示せない。猫だって人と同じ命の重さなんだからキーッ!」では一般に対する説得力はないでしょう。

地域猫の問題は、TNRの費用の問題だけではありません。
公的資金の補助がなければ勝手にやっていいというものではありません。
プラスマイナス、すべての利害関係者への影響を考慮して決めるべきものです。
私見としては、地域猫を導入する前に適正飼育化が先と思われます。
無認可給餌の罰則付き禁止、捨て猫の厳罰化、飼い猫の室内飼い飼い主明示義務化、等です。
大阪市が餌やり禁止条例に動いていますが、私はその条例制定の方が先と思います。

日本国内では、地域猫の関する科学的分析の資料がほぼ皆無です。
米国ではTNR研究サイトがあります。
フロリダ州やイタリアなどでのTNR(地域猫)に関する学術論文が多数紹介されています。
今後、地域猫に関する記事では、適宜引用したいと思います。

http://www.tnrrealitycheck.com/welcome.asp
TNR Reality Check

http://www.tnrrealitycheck.com/welcome.asp
TNR Reality Check

こんな素晴らしいサイトがあったなんて。
読めば読むほど素晴らしい。
全文翻訳してアップしたいぐらいですが、翻訳でも丸ごとだったら著作権に触れると思います。
適宜引用してきます。

私が地域猫を批判してきた根拠が、科学的知見を元に全て述べられています。

大阪と言えば

先日、大阪市鶴見区で血を吐いた猫が見つかった事件が有りました。この辺りは私の地元で、本当に毎年のように世間を賑わす野良猫虐待事件が起きます。
事件のあった辺りは良く知っていますが、確かに不適正飼育は目につく感じでした。また、土地の不正占拠で家を建てている人がいるような話しも耳にします。
毒餌を見せしめ的に撒いたか、年配の方が犯人では無かろうかと。若い人だとネットで足の着かない方法がすぐに解るはずだから。
例の捕獲安楽死事件以降、野良猫が少なくなった鶴見緑地でもちらほら見かけるようになりました。餌を与える人間がいる限り元の野良猫牧場に戻るのは時間の問題なんでしょう。

Re: 大阪と言えば

きつね様、コメントありがとうございます。

> 先日、大阪市鶴見区で血を吐いた猫が見つかった事件が有りました。この辺りは私の地元で、本当に毎年のように世間を賑わす野良猫虐待事件が起きます。

鶴見区は、勝手地域猫餌やりで有名な鶴見緑地があります。
認可無認可を問わず、地域猫活動が盛んな地域ほど、野良猫虐待事件が多いです。
愛誤が言うような変質者のみならず、猫被害によりストレスの臨界点を超えた人が虐待するケースも多いと思います。
それが動物愛護なのか疑問に感じます。
愛誤の言うように、限度なく猫被害を受忍せよというのは無理です。
商店等は、猫被害により生計の手段を奪われかねないのですから。


> 毒餌を見せしめ的に撒いたか、

吐血したのであれば、市販品で入手できるものは、ジフェチアロールのデスモアプロ(殺鼠剤)に間違いないです。
有機リン系農薬は、ヨダレを垂らして痙攣しますが吐血はしません。
タリウムは下血はしますが吐血はしません。
毒餌による駆除の最高の防御方法は、完全室内飼いです。


>餌を与える人間がいる限り元の野良猫牧場に戻るのは時間の問題なんでしょう。

愛誤は良く「水道の蛇口を閉めなければ野良猫問題は解決しない」と言って、ペットショップを攻撃します。
しかしそれは失当です。
「蛇口を閉める」は適正飼育化です。

No title

 さんかくさんが紹介された、http://www.tnrrealitycheck.com/welcome.asp
ざっと見ました。

 さんかくさんのアメリカ版ですね。
 こういう論争は各国であるし、日本でも住民の声として、さんかくさんのように、ずっと在った

 皆さんも、橋下市長宛てに公開質問状を出されたらいかがかと、私は思ったんですが、どうでしょう?
 

Re: チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

>  こういう論争は各国であるし、日本でも住民の声として、さんかくさんのように、ずっと在った

日本では私が知る限り、一般市民に呼びかけてTNR(地域猫)に反対の請願を自治体に行うことまでには至っていません。
米国ではこのような請願があります。

http://www.tnrrealitycheck.com/petition.asp
Petition Opposing TNR「TNRに反対請願」

概要)
私たちは「地域猫」を許可する条例に反対します。
自治体においては、野生生物を含めた自然の資源を保護し、有権者の安全を確保することがよりプライオリティが高いからです。
野良猫の一群は、人間と動物の健康にとってリスクがあります。
猫は多くの種類のバクテリアとそれに伴う疾患を広げます。
猫を外部環境にリリースすることは、非人道的です。
屋外の猫は致命的な病気、虐待、自動車事故、汚染物質、さらには厳しい気象条件にさらされます。
TNRは野良猫の個体数を減らす効果がないです。
自由に徘徊する猫と野良猫に対する条例は、猫飼育の免許制、猫の放し飼いの禁止、(猫の)狂犬病予防接種の義務化を制定することが必要です。


愛誤に主張「動物愛護先進国欧米は、後進国日本と異なりペットの命も人と同等と考え、たやすく殺処分しない。日本は動物愛護先進国を見習い、野良猫といえども殺処分せずに生かす地域猫をもっと進めるべきだ」は大嘘ですw
米国でも、地域猫の限界と悪影響により、廃止請願の動きもあります。


>  皆さんも、橋下市長宛てに公開質問状を出されたらいかがかと、私は思ったんですが、どうでしょう?

猫被害者や、真面目に動物愛護を考えている人たちは、そのような請願や公開質問状を 団体で行なっても良いかと思います。
「地域猫は正しいこと」が愛誤の根底です。
ですからTNRの費用をどのセクターが負担するかという、本質から離れた問題にすり替えられます。
大阪市の「街ねこ制度」の公費負担廃止は、地域猫制度そのものの正否是非を改めて問うきっかけになりえます。 

No title

「日本では私が知る限り、一般市民に呼びかけてTNR(地域猫)に反対の請願を自治体に行うことまでには至っていません。 」

>いや、ありますよ。至る至らないの話じゃない。迷惑度が無視出来ない状態になった時、保健所の動きが鈍ければ、商店街や町内会が、陳情、請願で動くことはあります。

日本のTNR(地域猫)は準拠する法令があるわけではないので、制度に反対する形でなく、地域限定の、具体的で個別の状況に対して請願が申し立てられる。

至る、至らないというならば、その点の違いです。

チッチ様

チッチ様、コメントありがとうございます。

たしかに日本の地域猫は、許可条例(Ordinances that permit )や、ましてや法・規則(Law rule)じゃないのだから。
ユルイ行政指導に過ぎないです(Loose administrative guidance)。
だから請願(Petitionは大層な感じがする)と言いますかね。
ましてや行政から認可されてもいない、公園などの場所を不法占拠している地域猫が多いのだから、実施者に直接抗議すれるか、行政に苦情をいいに行くかです。
それはそれで「請願」でしょう。

大阪市西区の商店主たちが、市議団に「餌やり禁止条例制定」に陳情しているのも立派に請願ですね。

参考になります

日本の愛護は(他国も団体によってはかなりキてますが)論点がずれてる気がしますね。
もっと「飼われているペットの日々の境遇改善」のが大切だと思います。
子犬時代が終わったとたんに外に短い杭で縛られている犬、蹴られたり虐待されている犬猫、餌や水も満足に与えられず”庭で放し飼い”されている動物・・子供にバッドで殴られている犬猫・・
ああいうのをまずどうにかしてからだと思いますね。
ああいうのが多い(外を歩いていると普通に目に付く)という意味では確かにペット後進国ですが、それは一部の飼い主の意識の問題なので、法律でどうこうすることかと言われると首をかしげます。
日本人は人目を気にするだけに日本全体の意識が徐々に変わっていけばああいう(他国では虐待にあたる)行為もなくなると思いますね。
あとは、ペット業者をどうこうする前に「保健所から犬を請け出す行為が普通である」ことを宣伝しアピールすべきだと思います。
普通の人は犬猫はペットショップで買うものだと思っていて保健所からもらえるというのを知らない可能性もありますよね。
他国はそういうところを宣伝しているわけですし。ペット業者とのかねあいもあるかもしれませんが、純種が価値があるという考えも改める必要があるかもしれないですね。
何より、責任も持てないのに飼う飼い主をなんとかしないと。

欧米と日本の違いは
・欧米で”すでに飼われている”ペットは日本より大事にされているのが残念ながら傍目からも明らかであることが多い
くらいですかね?もちろん、最悪な飼い主もいますが、日本でいうところの愛猫家ぐらいの人たちが一般なんですよね。だけどそれだって、なんというか利己的で感情的なもので「可愛い犬猫が劣悪な環境にいるのは許せないけど、不細工なら道で死んでてもいいや」みたいな雰囲気の人もいて微妙ですよ・・。本気で犬猫を愛護したいなら、飲食店を抜かしショッピングモール系も全部犬猫OKにすべきだと思いますね(笑)
それに保健所や何かにいく動物たちは日本と同じようにほとんどが殺されているのが現状だと思います。
日本のおかしなところは「捨て猫とかのが優しくされている場合がある」ことかなと思います。要するに一部の飼い主が虐待みたいな飼い方をしてるだけかと。捨て猫だと通りすがりの人なんかが優しくしてるわけです。
日本全体としてみればおおらかなんだけど、個々でみると駄目な飼い主が目立つだけかと思います。

No title

>地域猫

欧米では野良は徹底的に回収されますね。貧民街だけは別ですが。
病気を持っている可能性、さらに増える可能性などがあるからです。
その上でシェルターにいった犬猫は去勢され、もらわれていきます。一部は殺処分されたり他のシェルターに回されます。猫より犬の方がもらわれやすい、とはききます。猫の数が多い・・んですね。

鬱憤晴らしで毒をまくようなひとはぶっちゃけ危険だとは思いますが、小動物をどんな理由であれちゃちゃっと殺す人間は反社会的行為をしやすいとも言いますし、人に被害が出る前に何とかすべきだと思いますね。
町にカメラの設置でもすべきなんじゃないでしょうか。
FBIの研究によればシリアルキラーの実に100%は人を殺す前に犬猫を殺していたといいますし危ないですね。
犬猫が多いから毒をまく変質者がいるのか(それでも行為自体は変質者ですね。普通に保健所に連絡すべきかと)それとも犬猫が多いからそういうキチガイの行為が目立つのかはわかりませんが、危険だと思います。

Re: 参考になります

七氏様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> もっと「飼われているペットの日々の境遇改善」のが大切だと思います。

それも一理あるでしょう。
特に猫に関しては、不妊去勢未実施で放し飼いする等の不適正飼育が野良猫の供給源になっています。
適正飼育化することは、殺処分を減らす根本的解決策です。


>一部の飼い主の意識の問題なので、法律でどうこうすることかと言われると首をかしげます。

条例では、犬猫の多頭飼いの禁止など制定しているところもありますが、それを適用するのは難しさもあると思います。


>ペット業者をどうこうする前に「保健所から犬を請け出す行為が普通である」ことを宣伝しアピールすべきだと思います。

犬はほとんどの自治体で一般譲渡しています。
しかし猫で行っているところは少ないです。
しかし犬を飼う目的は、人それぞれ異なりますし、犬飼育の製剤需要を全て保健所での収容犬で賄うべきというのは現実的ではないです。


> 他国はそういうところを宣伝しているわけですし。ペット業者とのかねあいもあるかもしれませんが、純種が価値があるという考えも改める必要があるかもしれないですね。

しかし犬の品評会や猟犬の競技会で入賞を狙う人は、保健所での雑種は100%購入しないでしょう。
また高級住宅地で高級大型犬を散歩させて見栄を張りたい人もそうです。
それが「けしからん」と言っても、個人の価値観に基づく消費行動は自由なんですよ。


> 欧米と日本の違いは

欧米という括りはリスキーです。


> ・欧米で”すでに飼われている”ペットは日本より大事にされているのが残念ながら傍目からも明らかであることが多い。

例えばドイツの犬は大変大事にされます。
しかし猫はそうでもないです。
米国でも、州により大きな差があります。
ギリシャでは、国際的な観光地で明らかに病気の野良犬が放置されています。


> 本気で犬猫を愛護したいなら、飲食店を抜かしショッピングモール系も全部犬猫OKにすべきだと思いますね(笑)

ドイツでは、かなり公共の場で犬を持ち込むことが可能みたいです。
しかし世の中には色々な価値観の人やアレルギー患者さんもいます。
私見ですが、私は犬猫等のペット持ち込み制限が多い日本ほうが良いともいます。


> 日本のおかしなところは「捨て猫とかのが優しくされている場合がある」ことかなと思います。

捨て猫に対して過激に保護する人たちはドイツでもアメリカでも多いです。
ドイツではTNRはかなり盛んに行われています。
でも、全ての人がおおらかというわけではないです。
ドイツでも猫毒・殺虐待事件はありますしね。

Re: 七氏様

七氏様、コメントありがとうございます。

> 欧米では野良は徹底的に回収されますね。貧民街だけは別ですが。

米国の多くの州は、行政が野良猫を捕獲(Capture)しています。
日本の保健所が野犬を捕獲するようにね。
これも記事にしようと思います。
しかし州により異なります。
欧州については、これからしらべようと思います。


> 病気を持っている可能性、さらに増える可能性などがあるからです。

特に狂犬病が出現している米国の州は、野良猫の捕獲も厳しい。


>小動物をどんな理由であれちゃちゃっと殺す人間は反社会的行為をしやすいとも言いますし、人に被害が出る前に何とかすべきだと思いますね。

それは飛躍だと思います。
飲食店等では、頻繁にねずみ駆除を行なっています。
ねずみも高等哺乳類です。
わなにかかったねずみをわなごと水没させてねずみを駆除する飲食店経営者が反社会的であるとは私は思いません。

No title

丁寧なレスを有り難うございます。

>それは飛躍だと思います。
>飲食店等では、頻繁にねずみ駆除を行なっています。

少し行き違いがあったかなと思いますが・・まさか犯罪行為を正当化しているわけではないでしょうし・・飛躍というか・・多分、こちらの書き方にあいまいなところがあったのでしょう。申し訳ないです。小動物、といきなり使う言葉を変えたのが悪かったですね。相変わらず引用した猫の話です。
保健所や業者に任せるべきことだと思いますね。そもそも猫を毒で殺したり、水に沈めて殺すのは動物虐待で起訴されますよね。そういった犯罪者が2chから出たという記事も昔読んだ覚えがあります。虫はいいのか?ねずみはいいのか?とそれぞれの「心の」線引きは色々あると思いますが、(たとえば猫を飼っている飼い主が「うちの猫が鳥を毎日とってくる」というのを聞いて嫌な気分になる鳥の飼い主もいるでしょう)法律で禁じられていることを軽々と(しかも子供が謝って何らかの拍子に毒に手をつけてしまわないかなども考えられない)超えてしまう人間はやはり異常だと思いますね。そしてその異常行為をを正当化はできません。
ただ、行き違いから出た話とはいえ、さんかくたまごさんのねずみの話はいいところをついていると思います。人の社会が抱える矛盾ですね。鳥はいいのか?牛はいいのか?とかもそうだし、害獣だからという理由で殺すねずみはどうかというのもです。法律は人によって定められたものゆえに国によって違うので自分にあった国にでも移住すればいいと極論はそうなりますがwそうもいきませんからね。特定の愛護団体が国を作ることもないでしょうし(笑)先進国の流れである害獣や害虫すら殺さず避ける、あるいは元を去勢するなり環境を変えるなりして減らすという方向へのゆるやかな移行はいいことなのかどうなのか、結果が出るのは数百年後ですしね。どちらにせよ大多数の人間に住みよいように環境をコントロールしているに過ぎません。ねずみを殺す行為と犬猫を殺す行為と牛を殺す行為は等しく残虐ですが、「大多数の人間にとって利益がある」とみなされている場合、法律がねずみや牛の殺害を可とするのですよね。その裏には「利益もないのに殺す行為をするものは危険」という考えもあります。すみません。かなり脱線しました。

>ドイツでは、かなり公共の場で犬を持ち込むことが可能みたいです。
>しかし世の中には色々な価値観の人やアレルギー患者さんもいます。
>私見ですが、私は犬猫等のペット持ち込み制限が多い日本ほうが良いともいます。

皮肉にまで(さんかくたまごさんに向けた皮肉ではもちろんありません)きちんと丁寧に有り難うございます。その部分のコメントは、先進諸国の「人と等しい」かのように犬猫ペットの扱いを求めるくせに、公共の場がそもそもそれに対応しきれていない国々への皮肉だったんですよ。さんかくたまごさんのおっしゃるとおり、アレルギーの人もたくさんいます。(自分は兎アレルギーですw)だからその対策をしなければ、公共の場へペットは持ち込めないわけです。そういった対策をする技術もなく、ゆえに公共の場はペット禁止なのに「ペットを外や家にひとりで置き去りにするのは人道に反する」というような愛護を見るとどうしても皮肉な気分になってしまいます。色々なものを整備してからでなくては、愛護を叫ぶのも的外れになると思います。
フランスやイギリス、アメリカ、カナダでもそれなりに公共の場でペットの携帯が許されているところはありましたね。そして面白いのが、公共の場でそういった行為が許されているところのほうが治安がよく衛生的であったということです。ゆとりがあるからこそなのでしょう。

>米国でも、州により大きな差があります。
>ギリシャでは、国際的な観光地で明らかに病気の野良犬が放置されています。

これも上で述べたように治安がいいところの方がこういった部分に目が行き届いている気がします。逆に犯罪者がうろついているようなところは(観光地でもそういうところは存外に多いものですが)野良猫が餌を漁っている姿をよく見たりもしましたね。

最後にもう一個だけ。

>それが「けしからん」と言っても、個人の価値観に基づく消費行動は自由なんですよ。

さんかくたまごさんのおっしゃるとおり「見栄をはりたいから」という理由や「何か最近よくTVで見るから」レベルの理由で特定のペットが売れてその後野良化するというのもよく見るニュースですよね。そういう人間は「保健所からペット(犬猫に限らず他の動物も請け出しているところが海外にはあります)をもらうのはかっこいい」なんて話を聞けばそっちに行くでしょうね。
消費行動にその後の責任が付きまとっているのがペットの飼育でこれは小学生でも知っていることです。先日の繰り返しになりますが、個々の飼い主の意識改善が何より大切だと思います。それがペットを飼っていない人、あるいは他の飼い主への思いやりにもなるわけです。

読み直したら何かあいまいなところがあった気がして付け足したら長くなりました。長文乱文申し訳ない。

七氏様

七氏様、コメントありがとうございます。

> 保健所や業者に任せるべきことだと思いますね。

もちろんそうです。
動物愛護管理法35条2項でも、所有者が不明な猫の引取りを県などに引き取り義務を定めています。
しかしその法に反してまでも、所有者不明猫の保健所の引取りを妨害する活動を行う者がおり、実際引取りを拒否する保健所が多いです。
また害虫駆除業者などが所有者不明猫を捕獲し、保健所に届けるもしくは私的に殺処分(獣医などに安楽死を依頼することは全く合法)を行っていますが、それを妨害する人たちがいるのは事実です。
飲食業や医療機関等は、衛生面から野良猫の存在は事業の存続に関わる危機です。
経済力のある事業者は業者に依頼できますが、零細商店はそうもいかないでしょう。
また子供に深刻な猫アレルギーがある家族で、家の敷地内に野良猫が頻繁に入るようなケース。
もし保健所が所有者不明猫の引取りを拒否し、プロの業者が妨害活動に会い猫駆除を行えない状態であれば、家人が私的に野良猫を致死処分したとしても、私は動物愛護法違反には問われないと思います。
野良猫も動物愛護法に規定される愛護動物ですが、事業の存続や家族の生命を守るためである=正当な事由があればみだりに殺・すことには該当するとは私は思いません。
また刑法35条緊急避難に該当すると思います。
そのようあケースで、今までに動物愛護法違反で検挙された例はありません。
どのような行為が動物愛護法違反という犯罪を構成するのかは、司法機関の判断であってあなたではありません。
著しい被害をもたらせば、法律上愛護動物であったとしても、被害者にとっては害獣ということには変わりありません。


>「利益もないのに殺す行為をするものは危険」という考えもあります。

猫を駆除する=「利益もないのに殺す行為」とするのは脱線というか飛躍です。
被害を排除するのはその人の権利であり、利益です。
猫を殺・す理由は、快楽のため(これは動物愛護管理法で有罪がいくつか確定しています)=利益のない行為もあれば、事業の存続や人の生命を守るためなどという正当な事由によるものいくつものケースがあります。
猫の致死=犯罪、と短絡的に飛躍するのであれば、その人は保健所による所有者不明猫の受理や業者による駆除を否定するべきではないです。


>先進諸国の「人と等しい」かのように犬猫ペットの扱いを求めるくせに、公共の場がそもそもそれに対応しきれていない国々への皮肉だったんですよ。

それは日本のことですか。
一部の人は人と等し九ペットをあつかうことを求めているようですが、法律制度一般社会通念はそうではありません。
ですから公共の場がそうでないのは当然です。


> フランスやイギリス、アメリカ、カナダでもそれなりに公共の場でペットの携帯が許されているところはありましたね。そして面白いのが、公共の場でそういった行為が許されているところのほうが治安がよく衛生的であったということです。

アメリカの大都市はかなり不潔という感じがします。
道路にもゴミのふきだまりがありますし。
また凶悪犯罪は日本より桁違いに多いです。
フランスのパリでもかなり不潔(犬糞放置など)です。
私は米国滞在から帰国した時には、日本の都市の清潔さに改めて感動しました。

七氏様

七氏様、追記です

>「見栄をはりたいから」という理由や「何か最近よくTVで見るから」レベルの理由で特定のペットが売れてその後野良化するというのもよく見るニュースですよね。そういう人間は「保健所からペット(犬猫に限らず他の動物も請け出しているところが海外にはあります)をもらうのはかっこいい」なんて話を聞けばそっちに行くでしょうね。

人がどのような価値観を持とうが、どのような消費行動をしようが自由です。
それとペットショップで購入したペットが野良化しているとのご主張はあなたの偏向です。
犬猫通して野良化しているのは、雑種の猫が大半です。
そして雑種の猫が自然繁殖します。
また保健所に収容される犬猫は大半が雑種です。

またペットを飼育する目的は愛玩だけではありません。
猟犬の競技会をスポーツとしている人は、保健所収容犬は絶対飼育しないでしょう。
「スポーツに動物を使いことはけしからん。それより不幸な犬猫を引き取れ」という価値観を強制することはできません。
毎年多くの競走馬が廃馬(殺処分)されます。
しかし乗用馬であっても、競技会出場レベルを求めるのならば、廃馬は無理です。
スポーツは、行う人にとっては価値があることですし、種目によっては公的補助もあります(オリンピックで馬術もあります)。


>消費行動にその後の責任が付きまとっているのがペットの飼育でこれは小学生でも知っていることです。個々の飼い主の意識改善が何より大切だと思います。それがペットを飼っていない人、あるいは他の飼い主への思いやりにもなるわけです。

私見ですが、私は通常のペット飼育者の責任意識、マナーとも日本はかなりレベルが高いと思います。
動物愛護先進国?のドイツより、日本の方が猫の室内飼い比率は高いです。
ペット(犬猫)問題が最も深刻に生じているのは、通常の飼い主ではなくて「飼っている訳じゃいのよ。野良猫に餌をやっているだけ。だから私は飼い主じゃないから何の責任もないわ」という人たちです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR