ドイツの犬嫌悪者向け雑誌の出版社と編集長を刑事告発した犬愛誤の狂気






Ich werde die "kot und Köter" zu unterstützen!

Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Kot und Köter
Die Zeitschrift für Hundehasser.
"Kot & Köter" heißt sie, Untertitel: "Die Zeitschrift für den Deutschen Hundefeind".
Verkauf dieses Magazins scheint Umsatz kontinuierlich steigern.
Aber ... Editor-in-Chief, Wulf Beleites wurde getroffen Pech...
Gegen den Herausgeber der Satirezeitschrift "Kot & Köter", Wulf Beleites, ist Strafanzeige erstattet worden.
In der Anzeige vom 5. März gehe es um die öffentliche Aufforderung zu Straftaten, sagte eine Sprecherin der Hamburger Staatsanwaltschaft.
Beleites spricht von einem Angriff auf die Pressefreiheit.
"denn diesem massiven Angriff auf die Pressefreiheit müssen wir entschlossen entgegentreten".
Ich auch denke Beweise schwach.



 前回記事、ドイツでは犬嫌悪者向けの雑誌が創刊され、売れ行きは順調のようですが・・・、の続きです。前回記事では、昨年ドイツでは犬嫌悪者向けの雑誌が多くの支持者を集めて創刊され、売上も順調であることを紹介しました。しかし今年の3月に、出版社と編集長が愛犬家らによって刑事告発されました。この刑事告発は、根拠薄弱な嫌がらせと言えるものです。


 ドイツの犬嫌悪者向けの雑誌、Kot und Köter「糞と糞犬」のHP。Kot und Köter(HP)ですが、前回記事で、愛犬家から嫌がらせの刑事告発を受けたことを書きました。それを報じる記事から引用します。
 Ermittlungen gegen Satire-Zeitschrift "Kot & Köter"「Ermittlungen gegen Satire-Zeitschrift "Kot & Köter"「風刺雑誌 Kot & Köter『糞と糞犬』の捜査」。2015年3月21日。


Ermittlungen gegen Satire-Zeitschrift "Kot & Köter" Wulf Beleites ist Herausgeber des Satire-Magazines "Kot & Köter".
Wulf Beleites (67), Herausgeber und Chefredakteur der satirischen Hamburger Anti-Hunde-Zeitschrift "Kot & Köter",
droht ein polizeiliches Ermittlungsverfahren.
Ihm werde vorgeworfen, öffentlich zu Straftaten aufgefordert zu haben (§ 111 StGB), sagte Beleites am Wochenende.
Der Vorwurf laute, dass er in seiner Zeitschrift (Ausgabe April 2014) dazu aufgerufen habe, Hunde zu vergiften.
Beleites vermutet, dass sich diese Anschuldigung nur auf einen Artikel über den Liedermacher Georg Kreisler (1922-2011) beziehen kann.
"die geheimen Tagebücher des Wiener Kabarettisten zugespielt worden".
"höchst brisante Details" enthalten: Kreisler habe ursprünglich nicht Tauben, sondern Hunde im Park vergiften wollen.
"Diesem massiven Angriff auf die Pressefreiheit müssen wir entschlossen entgegentreten", sagte er.

捜査を受けた風刺雑誌の、Kot & Köter「糞と糞犬」のウルフ・ベレイテス氏は、本雑誌の編集者です。
ハンブルクの反犬の風刺ジャーナル、Kot & Köter「糞と糞犬」の出版社と編集者である、ウルフ・ベレイテス氏(67)は、犯罪捜査の脅威にさらされています。
ウルフ・ベレイテス氏は、公共に対する犯罪(ドイツ連邦刑法111条)に抵触したとして告発された、と、週末に述べました。
彼はKot & Köter「糞と糞犬」(問題の2014年4月号)で、犬の毒殺を呼びかけたとして、強く非難されています。
ウルフ・ベレイテス氏は、この告発は、作曲家である、ゲオルグ·クライスラー(1922年~2011年)についての記事だけが根拠になっているだろうと推測しています。
「作曲家のゲオルグ・クライスラーの(嘘の)日記、『ウィーンキャバレーの秘密日記』を暴露したため」。
愛犬家が激怒した詳細な記述は次のとおりですが。
「作曲家クライスラーは、もともと公園のハトを狙っていたのではなく、犬の毒殺を意図していたのです」。
「報道の自由に対するこの大規模な攻撃に対しては、我々は断固として戦わなければなりません」と彼は言いました。



 ゲオルグ・クライスラーとはオーストリアの著名作曲家で、キャバレーなどで歌われる流行歌を多く作曲しました。この作曲家のヒット曲に、「公園の鳩を毒殺する」という意味の歌詞の曲、Taubenvergiften「ハト毒殺」があります。
 Kot und Köter「糞と糞犬」では、既に亡くなったこの作曲家の日記を暴露しました(実はその日記とは架空のもの)。日記の中で作曲家が、「Taubenvergiften 『公園の鳩を毒殺する』という曲は、元元の歌詞は犬を毒殺するものだった」と書いていると、Kot und Köter「糞と糞犬」の記事で記述したのです(単なるジョークなのですが)。
 
 件の曲、Taubenvergiften「ハト毒殺」は、こちらで聞くことができます。"Kot & Köter" kämpft mit Anzeige「Kot & Köter『糞と糞犬』は刑事告発と戦う」。2015年3月23日。他愛のない曲だと思いますが、ドイツ語では、Taubenver「ハト」は、聴覚障害者の蔑称、隠語です。もしかしたらこちらの歌詞の方がアブナイ比喩が込められているのかもしれません。
 愛犬家らは、Kot und Köter「糞と糞犬」の刑事告発の根拠を、ドイツ連邦111条の、「公に犯罪行為を煽り立てる罪」としています。ちなみに、ドイツ連邦刑法111条を調べてみました。
 Strafgesetzbuch「ドイツ連邦刑法」より、111条を引用します。


§ 111
Öffentliche Aufforderung zu Straftaten
(1) Wer öffentlich, in einer Versammlung oder durch Verbreiten von Schriften zu einer rechtswidrigen Tat auffordert, wird wie ein Anstifter bestraft.

111条
犯罪行為への公共への扇動
1項 だれでも会議中、または著作の普及通じて違法な行為をそそのかすものは、扇動者として処罰されなければなりません。



 私は問題の、Kot & Köter「糞と糞犬」(問題の2014年4月号)の、具体的な記述を読んだわけではありません。しかし断片的なマスメディアの報道の内容から判断する限り、本誌に対する刑事告発はかなり無理があるように思えます。実際、問題の号を入手することも考えています。
 日本の作家の井上ひさし氏は猫嫌いで有名ですが、氏の回想録などでは、子供の頃に猫を虐殺したことがしばしば書かれています。仮に井上ひさし氏の、猫を殺した記述のある回想録などを出版物に引用した場合は、その出版社と編集者は刑事責任を問われることになるのでしょうか。雑誌、Kot & Köter「糞と糞犬」問題となった記述は、それよりひどいでしょう。実際に犬を殺した事実はないわけですから。雑誌、Kot & Köter「糞と糞犬」の、出版社と編集者が刑事告発されている事件は、進展があれば記事にします。


(動画)

 ドイツの雑誌の新刊を紹介するTV番組にゲスト出演する、Kot & Köter「糞と糞犬」編集長、ウルフ・ベレイテス氏。12:18~。2014年5月12日。
 この中では、一般の愛犬家向け雑誌も紹介されていましたが、犬を狙った毒餌の特集が組まれていました。ドイツにおける犬の不適正飼育と、その被害者との対立(毒餌攻撃)は相当深刻なようです。




(参考資料)

 井上ひさし氏の猫嫌いと虐殺体験については、ウィキペディアにも記述があります。井上ひさし
 「残忍や猟奇的な物事を特に好み、動物への虐待などに耽った。『巷談辞典』(文春文庫、1984年)では、自身の少年時代に行った、猫にガソリンをかけて火をつける、猫を30メートルは優にある火の見櫓の天辺から落として殺すなどの、猟奇的な動物虐待の数々を、動物愛護団体への批判に絡めて告白している」。このような文献を転載しただけで刑事責任を問われたら、たまったものじゃないですね。


http://meedia.de/2015/03/23/hunde-vergiften-im-park-strafanzeige-gegen-kot-koeter/
http://www.stern.de/panorama/kot-koeter-chefredakteur-hundehasser-wird-von-der-polizei-verhoert-2182227.html
http://www.n-tv.de/panorama/Kot-Koeter-kaempft-mit-Anzeige-article14758601.html
http://www.ksta.de/panorama/magazin-fuer-hundehasser--justiz-ermittelt-gegen--kot---koeter--herausgeber-beleites,15189504,30188828.html
http://www.herrenzimmer.de/2014/04/09/dem-kot-die-stirn-bieten/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

助かります

ドイツの犬関連は愛誤のデタラメばかりなので
こういう具体的な案件を出してもらえるのは助かります

ドイツ語で検索すればある程度は出てくるんですけどねぇこういう情報
ドイツにペットショップはないだのブリーダーはいないだのなんか調べりゃすぐに間違いだとわかること
せっかくなんでも教えてくれる便利な箱があるんだから使えばいいのに

Re: 助かります

糞雑魚蛞蝓様、コメントありがとうございます。

> ドイツ語で検索すればある程度は出てくるんですけどねぇこういう情報
> ドイツにペットショップはないだのブリーダーはいないだのなんか調べりゃすぐに間違いだとわかること

正直言って、第二外国語を1~2年履修した程度のドイツ語で、それぐらいの情報収集ができます。
どうしてそれぐらい調べる人がいないのでしょうかね。
かつてKO大学の法学部の大学院生が、ドイツの動物法のむちゃくちゃな解釈なレポートをインターネットで公開していました(思いっきり引用しようと思っていましたが削除されました)。
出典は、全て日本語の荒胃部とか邪婆です。
特に邪婆は、日本の法規でもむちゃくちゃな解釈をしていて私は何度か記事にしています。
学部学生ならともかく、法学部院生で外国の法律を論じるのならば、言語で読まなければならないでしょう。
KO大学って学力が低かったんですか。

それよりも、日本の愛誤(海外もそうかもしれませんが)驚く程勉強しませんし無知です。
日本の最大手のNPO法人動物愛誤団体代表は、さる自治体のPTAの講演会で「狂犬病予防注射は動物愛護管理法で義務付けられている」と堂々と誤りを述べています。
ドイツが殺処分ゼロなども述べていますが。
http://minamikasui.com/201106-3.html

先に述べたKO大学院生も、NOP法人代表も、その他東大呆学部出身の朝日新聞の愛誤記者だとか、動物愛誤カルトに洗脳されると、例外なく白痴化するのでしょう。


> せっかくなんでも教えてくれる便利な箱があるんだから使えばいいのに

それどころか水面下では、凄ましい私の妨害工作、削除の圧力、私への嫌がらせです。
嫌がらせの刑事告訴も何度かされています(弁護士使ってです)。

こちらで紹介した、ドイツの犬嫌悪者向け雑誌の編集長が刑事告発された事件では、ドイツでは大騒ぎになっています。
正直、この告発はあまりにもひどすぎます。
私の記事を、ドイツのネッ友がFacebookで紹介してくれて、そちら経由でもアクセスがありました。
バーデンビュルテンブルクの方からです。
連休中と前後は、アクセス数が減るので、海外で営業活動をしますねw
私もこの件についてドイツにサイトに書き込みをしています。
https://www.gegenhund.org/content/modules/casdedi/
No11697

愛誤の行動は虫唾がはしる。

根本的に犬嫌いや猫嫌いが他の特定動物を嫌う人に比べて比率が多いのは全て犬猫の飼育者が迷惑な飼育をした結果です。

犬猫は爬虫類や虫の様に生理的嫌悪感を感じる人はさほど多くありません、それにも関わらず犬猫嫌いは圧倒的といっていいほど他の動物嫌いに比べ多いです。

犬猫の被害を受けて犬猫を嫌う人間がそれを表明すると愛誤が攻撃しますが、その攻撃によって更に犬猫嫌いは犬猫を嫌悪し憎み呪うようになります。
別に犬猫が悪いという訳ではなく飼育者が悪いのですが飼育者を殺す訳にもいかないので被害の直接の原因になっている犬猫がターゲットになります。
許されるなら犬猫でなく元凶の愛誤を始末したい所ですが、犬猫愛誤の様なゴミ人間の為に自分が法的処罰を受けるのが嫌なので憎しみが犬猫にいく訳ですね。

いつも思うのですが犬猫を殺処分なり虐待対象なりにしたくないと愛誤がいうのなら、愛誤が自殺でもしてくれるのが一番確実に犬猫が被害を受けなくなる最短ルートです。

愛誤は自分達が社会にいらない存在だということを認識してもらいたい、社会で一番最底辺のゴミが愛誤です。

少し調べたらわかるのに。

さんかく様
横です。


>る自治体のPTAの講演会で「狂犬病予防注射は動物愛護管理法で義務付けられている」と堂々と誤りを述べています。

狂犬病予防法ですよねww。
【自称】動物愛護の専門家なんでしょ。

はんずかすぃ~~ww。

本当は動物愛護になんて興味がなく
関連法令を読んだことも無いのは?

この方「団体名 噂」で検索すると以下の感じとなります。
http://goo.gl/O1uYjP

祖国に帰ればいいのに。


Re: 愛誤の行動は虫唾がはしる。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 根本的に犬嫌いや猫嫌いが他の特定動物を嫌う人に比べて比率が多いのは全て犬猫の飼育者が迷惑な飼育をした結果です。

絶対的な数が多いということもありますよ。
それと危険な特定動物(動物愛護管理法の)は、公の場に出ることがありませんからね。


> 犬猫の被害を受けて犬猫を嫌う人間がそれを表明すると愛誤が攻撃しますが、その攻撃によって更に犬猫嫌いは犬猫を嫌悪し憎み呪うようになります。

まさに悪循環ですね。
日本の猫愛誤対猫被害者、ドイツの犬愛誤対犬被害者の構図です。
愛誤は、不適正飼育を批判する、犬猫を嫌う人間に逆らうように、さらに不適正飼育を強行します。
また練馬区で猫が殺されましたね。
この不毛な対立を解消させるには、適正飼育しかないのに。


> 犬猫が悪いという訳ではなく飼育者が悪いのですが飼育者を殺す訳にもいかないので被害の直接の原因になっている犬猫がターゲットになります。

ドイツの犬の毒餌攻撃と、日本の野良猫虐待は同じ構図です。


> 犬猫を殺処分なり虐待対象なりにしたくないと愛誤がいうのなら、愛誤が自殺でもしてくれるのが一番確実に犬猫が被害を受けなくなる最短ルートです。

まあそうなんですが。
残された犬猫が可愛そうですから、愛誤が自殺する前は、せめて犬猫たちを安楽死で処分してくださいね。

Re: 少し調べたらわかるのに。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 自治体のPTAの講演会で「狂犬病予防注射は動物愛護管理法で義務付けられている」と堂々と誤りを述べています。
>
> 狂犬病予防法ですよねww。
> 【自称】動物愛護の専門家なんでしょ。

はい、動物愛護管理法では、狂犬病予防接種のことは一言も触れていません。
この点については、講演会を主催した教育委員会に私は何度もメールしましたし、ほかの方も文部省まで苦情を申し出ています。
それでも改めないのは、日進市も愛誤カルトに汚染されている?


> 本当は動物愛護になんて興味がなく
> 関連法令を読んだことも無いのは?

この団体代表者に限らず、動物愛護活動家を名乗る人は、おろどくほど法律に無知です。
「地域猫は動物愛護管理法で定められている」というのは、頻繁に目にします。
地域猫は、動物愛護管理法(の他の法律でも)はおろか、条例でも一切規定がありません。
法的根拠はありません。


> この方「団体名 噂」で検索すると以下の感じとなります。

この代表者の盟友の、さる公疫呆人を検索すれば、絞込みワードで「前科」「在日」などがでてきますねー。
この方も、無知をさらけ出すことばかり書いています。
さすが呆人!

No title

黒人差別をなくす会がやってきた悪行に似てますね

↓自分は有田家の三人は凶器の愛誤テロだと思ってます

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BA%BA%E5%B7%AE%E5%88%A5%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E4%BC%9A

Re: No title

29様、コメントありがとうございます。

表現の自由についてですか。
これも微妙な問題です。

> 黒人差別をなくす会がやってきた悪行に似てますね

では、白人のやたらと鼻を高くデフォルメして、鼻の先を赤くしてそばかすだらけで表現することはよくありますね。
それは白人のステレオタイプだと思いますが、問題になったことはありません。
東アジア人(日本人もそうですが)を、目が細くてつり上がっている表現をします。
ヨーロッパの子供は、日本人を見たら、指で目を釣り上げて、「ヤーパン!ヤーパン!」とか、「ヤポーネ!!!」とからかいます。
澤穂希選手の目が、典型的東アジア人の人相なんでしょう。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR