まとめ・懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」~「犬税未納で犬を強制殺処分するスイス」



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Brutale MethodeSchweizer Dorf will bei Steuerflucht Hunde töten
Bern hat ein neues Hundegesetz


 ABC朝日放送は、昨年12月に「スイス特集」として、スイスの動物愛護に関する番組を放送しました。
・第一回 世界一のペット先進国スイスへ! スイス流マル秘しつけ
・第二回 スイスが殺処分ゼロを実現できた理由 ティアハイム
・第三回 スイスで大人気のペットグッズ&秋田犬がスイスに!?
です。私は「懲りない赤恥大嘘番組『ワンだランド』」の連載記事で、これらの放送内容のほぼ全てが嘘、偽り、偏向であることを書きました。今回はそのまとめです。



 ABC朝日放送が昨年12月に放送した、「スイス特集」として、スイスの動物愛護に関すす番組を放送しました。
・第一回 世界一のペット先進国スイスへ! スイス流マル秘しつけ
・第二回 スイスが殺処分ゼロを実現できた理由 ティアハイム
・第三回 スイスで大人気のペットグッズ&秋田犬がスイスに!?

 上記の3回にわたる番組、「スイス特集」の内容の要約は次のとおりです。これらは、ほぼ全てが嘘、偽り、偏向です。
1、スイスでは犬は原則ノーリード(これは和製英語で通じません)で、大型犬が自由奔放に大自然を走り回れる。日本はリード義務なので羨ましい。
2、スイスは殺処分ゼロを実現している。
3、不要になったペットを、殺処分を行わないティアハイムという動物保護施設が引き取るからである。
4、スイスでは生体販売ショップがないので、犬などを買うには、ティアハイムか国内の優良ブリーダーでしか買うことができない。
5、スイスの犬ブリーダーは、きわめて難しい国家資格が必要。誰でもブリーダーができる日本に比べて格段に厳しい。

 真実は次のとおりです。
1、スイスでは、極めて厳しい犬のリード義務が有り、連邦法で5,000スイスフラン(57万円)の罰金が科される。州法でさらに厳しい規定を設けている州もある。ノーリード(これは和製英語で通じません)の犬が徘徊していれば、行政機関に射殺されることもある。
2、スイスには禁止犬種や咬傷犬などを強制的に殺処分する法律が有る。また徘徊猫は狩猟法で通年狩猟駆除して良く、年間10万匹が狩猟駆除されている(その数は日本の猫の公的殺処分の23倍)。それらをすべて併せれば、スイスは人口比で日本の数十倍もの犬猫を殺処分している。
3、ティアハイムの引受数はごくわずか(年間の犬譲渡数は全スイスのティアハイムで約2000頭)」。しかも殺処分を行っている。
4、スイスでは普通に生体販売ペットショップが存在し、ペットのショーケース売をしている。またスイスでの犬の購入は、東欧諸国の劣悪パピーミルが生産した激安子犬をインターネットなどの非対面通販で買うことが約半数である。
5、スイスのブリーダーは、州の認可が必要。ただし年犬3回、猫5回までの繁殖ならば認可すらいらない。


 上記の、問題のABC朝日放送の番組、「ペットの王国 ワンだランド」スイス特集の内容が全て嘘、誤り、偏向であることは、私は次の記事で全て根拠(証拠)を挙げています。
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」スイス編~スイスは犬にリードをしなくていい?真実は、スイスには極めて厳しいリード義務の法律がある
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」スイス編~懲役刑もあるスイスの犬リード義務を定めた州法
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」。「スイスは殺処分ゼロ」の大嘘~スイスでは禁止犬種を押収して強制的に殺処分する法律があります
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」。「スイスは殺処分ゼロ」の大嘘~スイスでは通関に不備があれば、犬などを殺処分します
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」。「スイスは殺処分ゼロ」の大嘘~殺処分を行っているスイスのティアハイム
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」。「スイスは殺処分ゼロ」の大嘘~その他にも、スイスには多くの「殺処分制度」があります
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」~「スイスでは犬はティアハイムかブリーダーからしか買えない」という狂った報道
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」~東欧諸国のパピーミル生産の激安子犬をインターネットで買うスイス人たち
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」。「スイスのブリーダーは国家資格がいる」の大嘘
懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」~日本の10倍以上咬傷事故が発生しているスイスは犬のしつけが素晴らしいのか?

 ABC朝日放送の「ペットの王国 ワンだランド」スイス特集第1回~第3回は、真実とは正反対の、ほぼ全てが嘘、誤り、偏向でこり固めた恥ずべき番組です。私が一連の記事で取り上げた事項以外でも、細かい点を述べればさらに嘘、誤り、偏向があります。まさに狂人の妄想レベルの羅列です。
 しかし、少し考えればおかしいと気づくような本番組の内容ですが、全く無定見に信じる人が存在します。そのような方々がブログ記事で絶賛して、さらに荒唐無稽な嘘情報を日本に定着させます。非常に残念なことですが、そのような「嘘情報」を拠り所にしているのが、日本の「動物愛護」の後進性です。海外の動物愛護を参考にするのならば、まず前提としてその情報が正しいことが絶対条件だと私は思うのですが。

 たとえば以下に上げるブログです。スイスにおける犬税について書かれています。本番組の、スイスの犬税についての説明も、かなりの誤りがあります。スイスの犬税は地方税で、一般財源となります。目的税ではありません。ですから、「犬糞ポスト」など犬関連の施設のみに用いられるわけではありません。道路財源など幅広い使途に用いられます。
 それとスイスで犬税を払わなかった場合の罰則ですが、行政が犬を押収して殺処分することが行われていました。ごく近年に、「犬税未納者の犬を押収して強制的に殺処分する」罰則が、一部の州で州法改正により廃止されたばかりです。スイスの犬税を絶賛し、賛成している人たちは、日本の畜犬登録が7割前後であることをご存知なのでしょうか。まず日本で畜犬登録を促すために違反者に20万円の罰金を科すことの運用を厳格にする事が先です。さらにスイスに倣って、日本でも畜犬登録をしていない犬を行政が押収して強制的に殺処分する制度を導入してはいかがでしょうか。私は特段反対いたしません。いざそれを日本で実施すれば、このような嘘、誤り、偏向に満ちた、「ペットの王国 ワンだランド」のような番組を支持する人はがどのような態度をとるのか見ものです。以下は、「スイスが犬税未納者の犬を押収して殺処分する制度」に関するニュースソースの一部です。


Brutale MethodeSchweizer Dorf will bei Steuerflucht Hunde töten 「犬税の脱税で犬を殺す、スイスの村の残酷な方法」。2011年1月11日。ドイツ、最大手新聞の一角、Welt紙の記事。

So etwas Hässliches wie Todesstrafe für Hunde passt da überhaupt nicht rein.
So steht es im kantonalen Gesetz, das seit 1904 existiert.
Vor 35 Jahren wurde ein Hund getötet, weil ein Bürger keine Steuern zahlte.
Damals rückte ein Polizist an, zog seine Pistole und erschoss das Tier.

犬の死刑のような見苦しいものはスイスには似合いません。
犬の殺害の州の法律は、1904年以来存在するものです。
市民が犬税を収めていなかったので、35年前に犬が殺されました。
当時、警察官が彼のピストルで犬を射殺したのです。



Bern hat ein neues Hundegesetz 「スイス、ベルン州の新しい犬の法律」。2012年3月27日。2012年の州法改正により、犬税脱税の処罰としての犬殺処分が撤廃された。

Hunde nicht mehr töten.
Das bernische Hundegesetz behandelt neu auch die Hundetaxe, die bisher anderweitig geregelt war.
Nicht mehr im Gesetz enthalten ist übrigens die Androhung, dass Hunde getötet werden können, wenn ihre Halter für sie keine Taxe entrichten.

(脱税では)犬を殺さなくなりました。
スイス、ベルン州犬法は現在、以前の犬税とは異なる方法で対応しています。
犬の飼い主が犬税を払っていない場合に、犬が殺される可能性があるという恐ろしい方法は、(法律の改正により)もはや法律には含まれていません。



 番組、「ペットの王国 ワンだランド」~スイス特集、を受けて、スイスの犬税を絶賛しているブログの例。スイスにおける犬税は地方税の一般財源で、目的税ではありません。ですから使途は犬に関するものに限りません。広く道路財源などにも用いられます。
 この「犬税に大賛成」の方は、スイスが犬税未納の飼い主の犬を、行政が強制的に殺処分する権限を定めているのをご存知でしょうか?

ペットの王国ワンだランド12/11 スイスすごい

これは私も大賛成です。ペット税。
ペット税はあってよいと思います。
スイスみたいに、ウンチ処理ポストの設置もいいですねぇ。

ペット税


(資料)

「スイスでは逃走した、または飼い主不明の浮遊犬などは、行政が射殺する権限が有り、一定数あります」については、こちらの記事で取り上げています。

懲りない赤恥大嘘番組「ワンだランド」スイス編~スイスではリードから犬を放して遁走させた場合は、警察官などにより射殺されます

「猫に関しては、スイス連邦狩猟法で狩猟対象であり、民間人により射殺などされて駆除される猫の数は約10万匹と推定されています(その数は日本の猫の公的殺処分数の約23倍です)」については、こちらで記事にしています。

スイスは日本の約23倍の数の猫を殺処分している!(スイスの狩猟駆除数は年間10万匹で、人口比で日本の公的殺処分の約23倍)
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログ 猫編ー1


 なお、スイスの犬猫の殺処分制度に関しては、過去にこのような記事を書いています。併せてお読みくださればありがたく存じます。

「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログー1
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログー2
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログー3
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログー4
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログ 猫編ー1
「スイスでは殺処分ゼロ」と言う、痛すぎる赤恥大嘘ブログ 猫編ー2
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ワンだランドに抗議しました

「ワンだランド」苦情申し入れ先
https://cipher.asahi.co.jp/pet_comment/

2016年12月に3回放送された「スイス特集」について。
この番組のスイスに関する情報は、ほぼ全てがあまりにもひどい嘘、謝り、偏向である。
スイスのペット税(犬税)を絶賛していたが、地方税の一般財源で、犬の飼い主のためだけに使われるわけではない。
また、スイスでは、犬税脱税の飼い主の犬を、行政が殺処分すことができる法制度がある。
それも公的殺処分のうちに入るだろう。
本番組では、繰り返し「スイスは殺処分ゼロ」としていたが(笑い)。
それは動物福祉に適うのかどうか。
https://www.welt.de/vermischtes/weltgeschehen/article12084056/Schweizer-Dorf-will-bei-Steuerflucht-Hunde-toeten.html
http://www.derbund.ch/bern/kanton/Bern-hat-ein-neues-Hundegesetz/story/29372264
今まで本番組のひどい嘘誤り偏向について述べてきたが、そのほかにも、細かい事柄ではある。
客観的な嘘報道は、明らかに放送法に違反する。
罰則規定がないことを良いことに、これからも嘘番組を放送し続けるつもりか。
良識のかけらでもあるならば、反省されたい。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-608.html#cm

番組が終わりましたね。もしかしたらさんかくさんの申し立ても影響したのかもしれません。まあ最後まで殺処分ゼロとかほざいてましたが。

Re: タイトルなし

野性動物に餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> 番組が終わりましたね。もしかしたらさんかくさんの申し立ても影響したのかもしれません。まあ最後まで殺処分ゼロとかほざいてましたが。

年度替わりという理由もあるかもしれませんが、人気番組で問題がなければ続投することが多いですね。
残念ながら、今日最終回を見るのを忘れました。
多分、頭が湧いた愛誤教(狂)信者が張り切ってビデオを公開して拡散するはずです。
それを見ます。
殺処分ゼロとは、スイスとドイツの事なんでしょうね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR