飼い犬を狙った毒餌事件を、ドイツ人はどのように思っているのか?






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Täglich werden in ganz Deutschland neue hundgiftköder gefunden.
Die Massenmedien berichtet .
"Es ist der Einfluss der gegenhund.org (= Hund Hass Website)."
Sich anhört wie ein Krimi ist in Deutschland für Hundehalter leider bittere Realität.
Gegen ihren Betreiber gibt es Dutzende Strafanzeigen und sogar eine Online-Petition.
Aber die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat .
und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann.
Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist !



 私は一連の記事(下記の「関連記事」)で、ドイツ(オーストリア、スイス)においては、飼い犬を狙った毒餌を公共の場に仕掛けられるという事件が多発していることを書きました。殺傷される犬は多数あります。その背景には、ドイツなどの国では犬の不適正飼育者による深刻な被害があります。それらの国では、オフリード犬が幼児や赤ちゃんを殺傷する事件がしばしばあります(ドイツでは全土で市街地ではリードが義務付けられています。日本での「ドイツでは犬のノーリードが認められている」という情報は大嘘です)。犬の咬傷事故の犬飼育数に対する発生率は、ドイツは日本の約10倍です。それと、犬糞放置が社会問題になっています。ドイツにおける犬の毒餌問題を報じたTV番組に寄せられたコメントを紹介します。


(関連記事)

犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ベルリンでは、1年間に91箇所で毒餌が見つかり、多数の犬が殺傷された
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
続・犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
ドイツの犬の飼い主を恐怖に陥れた、gegenhund.org 「反犬サイト」の毒餌作成ガイド
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」と検察庁は決定しました
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」の根拠
飼い犬を狙った毒餌事件の多発での、ドイツの犬の飼い主の対抗措置とは
犬に対する毒餌攻撃に対して、飼い主に厳しい論調のドイツのマスメディア
「犬の毒餌ガイド」を掲載した、ドイツのgegen.hund.org「反犬サイト」は正義か?
ドイツ最大手のメディアは、犬の毒殺方法を指南したgegenhund.org「反犬サイト」を、限定的ながら支持しました


 ドイツ最大手のメディア、SPIEGEL「シュピーゲル社」は傘下のTV番組、SPIEGEL TV MAGAZIN「シュピーゲルTVマガジンで、ドイツで多発している、飼い犬を狙った毒餌攻撃に関する報道番組を放映しました。その動画です。


(動画)

 Die Angst beim Gassi-Gehen: Hundehasser legen Giftköder aus「犬の散歩の恐怖:犬嫌いが毒餌を仕掛けています」。2015年4月4日公開。

Für Hundehalter gibt es wohl kaum etwas schlimmeres als die Angst vor vergifteten oder mit Nägeln oder Glasscherben gespickten Ködern, die Hundehasser in Grünanlagen ausgelegt haben.
Doch genau das kommt hierzulande immer öfter vor.


犬の飼い主にとっては、毒餌または尖った金属の異物や割れたガラスを仕込んだ餌の恐怖より悪いものはほとんどないでしょうが、 犬嫌いは緑の空間(犬糞のない良好な環境)を作りました。
しかしそれ(犬嫌悪者による毒餌攻撃)は、大変多く、ドイツで起きていることです。





YouHolli
Ich hab mir gegenhund.org eben mal angesehen.
Das ist eindeutig Satire, wenn auch sehr schlechte.
Also bevor euch die Galle überkocht, es ist nur ein schlechter Witz.

TMomo32
Ich mag Hunde,
aber wenn ich mal irgendwo in der Stadt bin
und auf hundescheiße trette dann könnte ich direkt ausrasten !!

Nadorwehr
Mann kann nicht in ruhe joggen wegen diese Köter

Robin Gasser
Meinem Hund ein Welpe starb wegen so einem Köder er wurde vergiftet .

Oktavius Biedermann
Es gibt mittlerweile einfach eine komplett falsche Einstellung gegenüber Hunden, viele Herrchen setzen ihren Hund auf gleiche Stufe mit ihren Mitmenschen und behandeln sie so als wären es ihre Kinder!

hall9OOO (Das hört sich gut an!)
Ich bin durchaus ein Hundefan, aber man sollt sich schon gut überlegen ob man sich in einer Großstadt einen Hund anschafft.
Ich verstehe auch nicht wie man rumjammern kann dass man ja so auf die Hunde aufpassen muss damit die kein Gift fressen
und sich gleichzeitig nicht an die Leinenpflicht hält.
Große Hunde brauchen viel Bewegung?
Und dass geht nur ohne Leine?
Eben.
Wer sich in einer Großstadt einen großen Hund anschafft ist selber schuld.
Wenn alle ihren Hund so unter Kontrolle hätten,die Scheiße wegräumen würden und die Hunde an der Leine hätten, gäbe es auch kein Problem mit den psychopatischen Hundefeinden.

YouHolli
私は一度だけgegenhund.org「反犬サイト」を見てきました。
非常に悪質ですが、これは明らかに風刺です。
あなたは頭に血を上らせて怒る前に、それは単なる悪いジョークなんですよ。

TMomo32
私は犬が好きです、
しかしどこかの街で、犬の糞で嫌な思いをしたとすればその後、私は(gegenhunnd.org「反犬サイト」、毒餌攻撃などが)正しいと思うようになるかも知れません!

Nadorwehr
犬の糞で、安心してジョギングすることができません。

Robin Gasser
私は、子犬を毒餌が原因で、1頭死なせてしまいました。

Oktavius Biedermann
現在では、多くの犬の飼い主は自分の犬を人間の友人と同等に扱うことを社会に要求し、自分の子供のように扱うという完全に間違った接し方をしています!

hall9OOO
私は間違いなく犬のファンです。
しかし大都会で犬を購入しようと思ったのならば、何度も考え直さなければならないのです。
私はまた、犬の飼い主が毒を食べなければならないような犬の飼育の仕方をして、同時にリードにつなぐ規則に従わずに泣き言を言うのは理解できませんね、ええ、本当に。
大型犬は、運動がたくさん必要ですか?
そして、それはまさにリードにつないでですか?
それが正解です。
大都市で大型犬を購入するのは、誰かが非難します。
自分の犬を完全に管理して、犬糞をきちんと片付けて犬にリードをつけて保持していれば、犬に敵対する狂人(毒餌を仕掛ける者など)は、問題ないでしょう。




 こちらのTV番組に寄せられたコメントは、もちろん犬の毒餌を仕掛けた犯人や、犬の毒餌のつくり方ガイドを掲示した、gegenhund.org「反犬サイト」を口汚く罵るコメントがあります。「狂人」「ガンで全員死んでしまえ」「社会で孤立した哀れなやつら」(どこかで見たような台詞です)などです。その他に「犬は人と同等、家族同様」というコメントもあります。これも、どこかで見たようなコメントです。
 中には、正論と思えるコメントも散見されました。最後に引用した、hall9OOOさんのコメントなどです。ドイツなどにおける犬の毒餌事件の多発は、深刻な社会問題化しています。しかし犬の飼い主側にもそのような事件を招いた一因はあります。また毒餌犯人や、それを煽るサイトを一方的に批判するだけではなく、犬の飼育の改善も必要でしょう。

 実は、このシュピーゲルTVマガジンは、犬の飼い主に対してかなり批判的です。最後の方で、女性の犬トレーナーが毒餌対抗トレーニングをしていて、彼女の犬が地面に置かれた餌を食べてしまうシーンがありました。女性犬トレーナーが慌ててauf! auf!「離れて!」と犬から餌を取り上げました。結局は、訓練により犬の拾い食いを完全に防止することは不可能ということを伝えたかったのでしょう。
 蛇足ですが、ドイツなどでは犬の不適正飼育者は、Monster「怪物、化物」と一般的に言われています。紹介したTV番組の中でも、コメントでも見られます。またBBSなどでは、KSH(kot säcke halter=糞袋を連れているヤツ)という蔑称もよく見ます。日本では、不適正なペットの飼育者は「愛誤」~誤った愛情の飼い主、やせいぜい「バ飼い主」と呼ばれる程度です。しかし野良猫愛誤の方は、モンスターになりつつありますね。ドイツの犬不適正飼育者と被害者の毒餌攻撃という対立を他山の石としていただきたいです。不適正飼育とその被害者の対立が激化すれば、犠牲になるのは動物たちです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛誤は本当にウザい

>多くの犬の飼い主は自分の犬を人間の友人と同等に扱うことを社会に要求

日本じゃ猫がこれに当たりますし犬の飼主も似た様なものでしょう。

別に飼主がペットを自分の子供扱いしようと構いませんが、それは自分の占有している場だけの話で社会にそれを要求しだしたら異常者です。

連中の言い分をそのまま受け入れると人間でもやらない様な無法を犬猫はしてもいいという逆転現象が発生します。
連中の言い分が通るくらいなら元凶の犬猫を駆逐しようと考える人間の方が自然に感じますね。

Re: 愛誤は本当にウザい

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> >多くの犬の飼い主は自分の犬を人間の友人と同等に扱うことを社会に要求
> 日本じゃ猫がこれに当たりますし犬の飼主も似た様なものでしょう。

猫は、フリーローミングであれば私的に駆除しても良いので、ドイツでは猫の被害はそれほど問題視されていないようです。
それでも不凍液で猫を駆除するとか、猫が毒餌で殺されたなどというニュースもあります。
日本は、無管理状態の放し飼い猫はおろか、所有者のない野良猫にまで法的な保護が及びます。
私有地内で被害を受けても、法律の解釈によっては(動物愛護管理法44条も曖昧な規定だと思いますが)、駆除もままならない、世界的にも特異な国です。
ドイツでは、飼い犬であっても、狩猟区域であればオフリードであれば撃ち殺しても合法ですが、街中ではできません。
また被害(咬傷事故、犬糞)は、都市部でこそ深刻です。
モンスター犬不適正飼育者に対抗するための毒餌攻撃は、ドイツ人にとっては苦肉の策でしょう。
日本の猫定食と同じです。


> 飼主がペットを自分の子供扱いしようと構いませんが、それは自分の占有している場だけの話で社会にそれを要求しだしたら異常者です。

全く同感です。
ペットはあくまでも「モノ=動産」です。
主体となる権利もありません。
ドイツでは、状況によっては「モノ=動産」にもみたない存在です。
例えば、不適正飼育者が犬を遁走させて危険防止のために警察官が犬を射殺したとします。
その場合は、警察は民事上の損害賠償義務を負いません。
ドイツの民法では、「動物はモノ=動産、財物、ではない」と明記されていますから。


> 連中の言い分をそのまま受け入れると人間でもやらない様な無法を犬猫はしてもいいという逆転現象が発生します。

犬猫は、無管理状態では、意思を持って義務を守ることができません。
権利のみあって、義務を伴わないのはありえないのです。
だから飼い主が、管理しなければならない「モノ」なのです。


> 連中の言い分が通るくらいなら元凶の犬猫を駆逐しようと考える人間の方が自然に感じますね。

特にドイツは、犬の咬傷事故が日本の10倍ですから。
仮に、日本で今の10倍犬の咬傷事故が増えて、度々幼児や赤ちゃんが犬に殺され、大型犬をリードも付けず公園で放して怖い思いを度々する、犬糞放置がひどく、街中で頻繁に踏む、公園も利用できないとなれば、日本でも犬の毒餌事件が多発するかもしれません。
なお、ドイツは、イギリスに比べてもかなり犬の交渉事故が多いです。
日本でも希に、犬の毒餌事件があるようですが、大概公園での犬糞放置などが問題になっています。

No title

http://www.waz-online.de/Gifhorn/Gifhorn-Stadt/Leinenzwang-fuer-Hunde-gilt-ab-1.-April

ドイツ、ニーダーザクセン州ギフホルン地区では、今年の4月1日から、オフリード犬の飼い主に対して、5,000ユーロまでの罰金を科すことになりました。
5,000ユーロ=65万円(1ユーロ=130円)


プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR