ドイツ最大手のメディアは、犬の毒殺方法を指南したgegenhund.org「反犬サイト」を、限定的ながら支持しました






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Täglich werden in ganz Deutschland neue hundgiftköder gefunden.
Die Massenmedien berichtet .
"Es ist der Einfluss der gegenhund.org (= Hund Hass Website)."
Sich anhört wie ein Krimi ist in Deutschland für Hundehalter leider bittere Realität.
Gegen ihren Betreiber gibt es Dutzende Strafanzeigen und sogar eine Online-Petition.
Aber die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat .
und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann.
Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist !


 ドイツの最大手メディアであるシュピーゲル社は、傘下のTV番組で、犬の毒殺方法を公開しているgegenhund.org「反犬サイト」を、限定的ながら支持を表明しました。支持の理由は、ドイツの犬の飼い主の多くが、強硬な手段でなければ犬の不適正飼育をやめないからです。犬の被害は、リードを用いない犬に幼い子供や赤ちゃんが殺傷されるなど深刻です。また犬糞放置が大問題になっています。毒餌を避けるために短いリードや口輪を使用すれば、結果として法律でのリードや口輪義務が守られ、咬傷事故を防ぐことができます。また、毒餌を恐れて犬を外に出さなければ、犬糞放置もなくなります。犬の毒餌は、街の美化や子供たちの安全に役立ってるからです。


(関連記事)

犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ベルリンでは、1年間に91箇所で毒餌が見つかり、多数の犬が殺傷された
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
続・犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
ドイツの犬の飼い主を恐怖に陥れた、gegenhund.org 「反犬サイト」の毒餌作成ガイド
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」と検察庁は決定しました
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」の根拠
飼い犬を狙った毒餌事件の多発での、ドイツの犬の飼い主の対抗措置とは
犬に対する毒餌攻撃に対して、飼い主に厳しい論調のドイツのマスメディア
「犬の毒餌ガイド」を掲載した、ドイツのgegen.hund.org「反犬サイト」は正義か?


 ドイツ最大手のメディア、SPIEGEL「シュピーゲル社」は傘下のTV番組、SPIEGEL TV MAGAZIN「シュピーゲルTVマガジンで、ドイツで多発している、飼い犬を狙った毒餌攻撃に関する報道番組を放映しました。その動画です。


(動画)

 Die Angst beim Gassi-Gehen: Hundehasser legen Giftköder aus「犬の散歩の恐怖:犬嫌いが毒餌を仕掛けています」。2015年4月4日公開。

Für Hundehalter gibt es wohl kaum etwas schlimmeres als die Angst vor vergifteten oder mit Nägeln oder Glasscherben gespickten Ködern, die Hundehasser in Grünanlagen ausgelegt haben.
Doch genau das kommt hierzulande immer öfter vor.


犬の飼い主にとっては、毒餌または尖った金属の異物や割れたガラスを仕込んだ餌の恐怖より悪いものはほとんどないでしょうが、 犬嫌いは緑の空間(犬糞のない良好な環境)を作りました。
しかしそれ(犬嫌悪者による毒餌攻撃)は、大変多く、ドイツで起きていることです。





 以下が、このTV番組の概要です。

・00:00~

ドイツにおいては、飼い犬を狙った毒餌が公共の場に仕掛けられ、殺傷される犬が多数あることが述べられています。


・00:34~

ベルリン州、パンコゥ区の監視員が、法律に違反して犬をオフリードで公園で運動させている飼い主を発見します。
監視員らは、犬の飼い主に対してその場で過料(罰金)を徴収します。
日本では、あまりにも「ドイツでは犬のノーリードが認められている」という嘘情報が喧伝されています。
その誤りを訂正するためにも、この監視員と犬の飼い主の会話を訳します。
これで、ベルリン州においては、公園での犬のオフリードは法律で禁じられ、即時過料(罰金)が科される違反行為だということがお分かりいただけると思います。

Machen sie ihren Hund bitte an die linen.
Warum?
Weil hier geschützte Grünanlege ist und Linenzwang ist.
Habt ihr keine anderen Sorgen?
Sucht euch die, die ihre Hund auf die Wiese scheißen lassen und nicht wegmachen.
Machen sie den Hund an die Leine!
Weil das eine aufforderung war und keine bitte.
Ich möchte jetzt nicht mit ihnen reden.
Ich habe meinen Hund an die leine genommen.
Wir möchten aber mit ihnen reden.
Werden sie hier stehen bleiben?
Bleiben sie jetzt doch bitte mal kurz stehen, junger Mann.

あなたの犬をリードにつないでください。
なぜ?。
ここでは緑地を保護するために、犬はリードにつながなくてはならないのですよ。
あなたは他に(犬による)迷惑を考えないのですか?
あなたの犬が芝生の上を走り回って糞をすることを考えてみなさい。
犬はリードにつなぐこと!
(過料、罰金が科されるのは)即決ですか、勘弁してくださいよ。
もう話をしたくない。
私はもう、犬にリードをつけたじゃないですか。
いいえ、我々はあなたに話をしたいのです。
もう、犬のオフリードを止めますか?
少しお時間を頂きましたね、お兄さん。



・02:30~

ベルリン州(特別市)のパンコゥ区議員が証言。
「パンコゥでは、犬に関するトラブルが多発しています」。


・02:58~

犬のトレーナーと顧客の違法な犬のオフリードグループ。
犬のトレーナーの女性は、肉に異物などを仕込まれた毒餌が多数仕掛けられていることを証言しています。
また警察もそのように広報しています。
犬のトレーナーは、毒餌情報アプリを操作して確認しています。


・04:47~

年金生活者の女性が、愛犬を毒餌により殺されたことを証言しています。


・05:37~

ドイツにおける、犬の毒餌情報アプリを開発、サービス提供をしている業者
Giftköder Radar「毒餌レーダー」のスタッフの証言です。
この情報サービスは、利用者などからの情報提供により、毒餌を仕掛けられた場所を会員に通知するというものです。
毒餌情報は、ベルリン州(人口が大阪市と同程度)だけでも、4日に一度以上はあるという多さです。


・06:40~

ドイツでは、犬のリードが義務付けられているにもかかわらず、違反者が多いことが述べられています。
さらに、ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」のトップページの理念を紹介しています。
このサイトの理念は、ドイツの犬不適正飼育者に対抗することを謳っています。
つまり犬の咬傷事故による子供の被害や、犬糞放置による環境汚染をなくすことです。
(gegenhund.orgの理念については、こちらの記事で「犬の毒餌ガイド」を掲載した、ドイツのgegen.hund.org「反犬サイト」は正義か?、全文を訳しています)。
さらにこのサイトの、「毒餌作成ガイド」を紹介しています。


・07:29~

犬の不適正飼育による被害を記事にしている、出版社の編集者の証言です。
ドイツにおける、飼い犬の糞放置の被害はひどく、毒餌事件の背景には、犬による被害があることを指摘しています。


・09:25~

先にも紹介した、犬の違法なオフリードを強行している犬のトレーナーの女性です。
彼女らの、「毒餌対抗トレーニング」は大盛況です。
トレーニングの様子を見ても、犬にリードをつけていない飼い主が多いです。
(毒餌の特需により、内心犬のトレーナーは、商売繁盛でウハウハなんでしょうね。それより短いリードをつければ毒餌被害はないでしょうに。手間とコストをかけてまで違法なオフリードにこだわる、ドイツのバ飼い主は理解できません)。


・11:07~

パンコゥ区の監視員が再び登場。
自転車に乗って、オフリード犬を連れた飼い主をすぐに摘発しました。
そのすぐ横で、ほかの犬の飼い主がオフリードで犬を連れています。


 SPIEGEL TV MAGAZIN「シュピーゲルTVマガジン(マスメディア、シュピーゲル社のTV番組)」、Die Angst beim Gassi-Gehen: Hundehasser legen Giftköder aus「犬の散歩の恐怖:犬嫌いが毒餌を仕掛けています」の、概要を紹介しました。本番組では、犬の毒餌事件と、その背景にある不適正飼育による被害の両面から論じています。中立性に配慮した、良い編集方針だと思います。日本の愛誤メディアのように、例えば東京都大田区の野良猫殺害事件ですが、犯人をひたすら糾弾するだけという編集ではありません。
 さらにはDie Hundehasser in Grünanlagen ausgelegt haben. 「犬嫌いは、緑の空間(犬糞のない良好な環境)を作った」とあり、ドイツの犬嫌悪者サイト、gegenhund.org「反犬サイト」の毒餌のつくり方ガイド(事実上、毒餌攻撃を勧める内容です)の効果を肯定評価さえしています。

 ドイツ(オーストリア、スイスもですが)では、法律で犬のリードを義務付け(犬種によっては口輪が義務)、犬糞放置を禁じても守らない飼い主が多いのです。そのために、犬の不適正飼育による被害は深刻化しています。
 仮に、公共の場で犬を狙った毒餌を仕掛けられても、法律に従い短いリードを使用し(ドイツでは多くの州では犬は市街地では1m以内のリードを使用することが義務付けられています)、さらに口輪(ドイツなどでは、特定の犬種は、口輪なしでは公共の場には出せません)をすれば、100%咬傷事故は防げます。同時にそのことは、毒餌から犬を守ることになります。毒餌を恐れて犬を公共の場に出さなければ、犬糞を放置することもできません。

 公共の場に、犬の殺傷を狙って毒餌を仕掛けることもちろん犯罪です。しかしgegenhund.org「反犬サイト」のメンバーが主張し、かつ推奨していること(犬の不適正飼育者に対する毒餌攻撃)は、限定的ではありますが、マスメディアも支持せざるを得ないということでしょう。私も一部ではありますが、同意するところがあります。
 なお、このTV番組に対しては、多くのコメントが寄せられています。機会があれば、それらのコメントも紹介しようと思います(続く)。


・Gegenhund.orgの、マスメディアに対する声明文。


Gegen uns als Redaktion von gegenhund.org gibt es seit jahren massive folter-und morddrohungen .
Die offenlegung der indentität eines unserer redakteure hätte die bedrohung von leib und leben für diesen zür folge.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
さんかくたまごさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(*ノ∀`*)

だからもっとお話させてもらえたらなって(`▽´)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

さんかくたまごさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます(o´∀`o)

Re: 初コメ失礼します♪

エメラルド様、コメントありがとうございます。

> さんかくたまごさんのブログ良いですよね。

お褒めいただき、ありがとうございます。


> だからもっとお話させてもらえたらなって(`▽´)

お話は、本ブログのテーマに関わることであれば、お伺いします。
ブログ記事に記載しているメールでメールしてください。
ただし、特定の個人や団体に関わることでなければ、公開コメントでお願いします。

先程も、「さんかくたまごさんと議論したい」というメールがあり、何度かお返事した方がおられます。
しかし特定の個人もしくは団体の情報に関わることではなく、一般論でした。
私のブログサイトは、多い時で一日のべ4千アクセスを超えます。
より多くの方がご覧になれば、より良い回答や異なった視点を知ることになり、その方が良いのではないでしょうか。

セキュリティの関係上、メールは受信拒否になる場合があります。
公開メールは主に、外国人の方を対象にしています。
FC2のコメントは、全文外国語だとコメント投稿ができないのと、日本語が分からなければ文字認証ができないからです。
それと画像などのファイルをいただく場合です。

No title

・・・なんかどこかの全く別ジャンルなブログでも
名前とコメ内にあるブログ主の名前以外、
メアドも内容も一言一句違わんような ほぼ同じコメをみたような気がします。。 

うちの学校でも先日20㎝ちかい犬糞放置されてしまいました……
頻繁にはないけど、こういうことが繰り返されたら毒餌設置されたり、賛成されたりするのは気持ちの上では納得できますね。
踏んで気持ちのいいもんではないし。

Re: No title

THEO様、コメントありがとうございます。

> うちの学校でも先日20㎝ちかい犬糞放置されてしまいました……

構内ですか。
終日出入り自由な大学もありますからね。
それぐらい大きな糞だったら、体重60キロ超の土佐犬などかもしれませんね。
もし部外者が勝手に犬を入れたとしたら問題です。


> 頻繁にはないけど、こういうことが繰り返されたら毒餌設置されたり、賛成されたりするのは気持ちの上では納得できますね。

日本は、街が清潔です。
犬糞放置は少ないと思います。
アメリカNYから帰ってきたときは痛感しました。
ドイツは清潔だとは言いますが(ヨーロッパの中ではかなり清潔なところなんでしょうけれど)、大都市で外国人の目に触れるところはそうなのでしょう。
トイレは清潔で、アメリカと異なり、扉で全て個室が隠れます。
ただし有料トイレが多いです。


> 踏んで気持ちのいいもんではないし。

犬糞は、対人地雷と揶揄されています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR