「犬の毒餌ガイド」を掲載した、ドイツのgegen.hund.org「反犬サイト」は正義か?






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Täglich werden in ganz Deutschland neue hundgiftköder gefunden.
Die Massenmedien berichtet .
"Es ist der Einfluss der gegenhund.org (= Hund Hass Website)."
Sich anhört wie ein Krimi ist in Deutschland für Hundehalter leider bittere Realität.
Gegen ihren Betreiber gibt es Dutzende Strafanzeigen und sogar eine Online-Petition.
Aber die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat .
und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann.
Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist !


 ドイツ(オーストリア、スイス)では、飼い犬を目的とした毒餌事件が多発しています。殺傷される犬も多数います。ドイツの犬嫌悪者のサイト、gegenhund.org「反犬サイト」には、犬の毒餌の作り方が記述されています。このサイトに対して数十回の刑事告発が行われましたが、ドイツ検察庁は「犯罪事実がない」と結論づけました。さらにドイツ最大手のマスメディア、SPIEGEL TV MAGAZIN「シュピーゲルTVマガジン(マスメディア、シュピーゲル社のTV番組)」は、限定的ですが、gegenhund.org「反犬サイト」に対して支持を表明しました。背景には、ドイツでは法律で義務付けられているにもかかわらず、犬のリード(特定の犬種に対しては口輪)を使用しない飼い主が多く、深刻な犬の咬傷事故があるからです。また犬糞放置と言う社会問題もあります。犬の飼い主に、短いリードや口輪の使用を促すためには、毒餌攻撃という強硬手段も容認できるということでしょう。


(関連記事)

犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ベルリンでは、1年間に91箇所で毒餌が見つかり、多数の犬が殺傷された
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
続・犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
ドイツの犬の飼い主を恐怖に陥れた、gegenhund.org 「反犬サイト」の毒餌作成ガイド
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」と検察庁は決定しました
ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」の根拠
飼い犬を狙った毒餌事件の多発での、ドイツの犬の飼い主の対抗措置とは
犬に対する毒餌攻撃に対して、飼い主に厳しい論調のドイツのマスメディア


 上記の記事で度々取り上げたドイツの、gegenhund.org「反犬サイト」、GEGENHUND menschenfreund gegen hundehaltung「反犬主義 犬の所有者に対抗する博愛主義者」ですが、冒頭にこのサイトの理念が掲げられています。
 以下に、その理念全文を引用します。


Diese Seite richtet sich gegen die private Hundehaltung.
・Gegen die asoziale Einstellung von selbsternannten Tierfreunden, die sich aus rein egoistischen Gründen einenHund halten, dessen Kosten und Folgeschäden jedoch rücksichtslos der Allgemeinheit aufdrücken.
・Gegen falsche Toleranz gegenüber einem sozialen Groß Parasiten.
・Gegen Maulkorb- und Leinenbefreiung eines unkontrollierbaren Zuchttieres, dessen Beiß wut und Blutdurst tagtäglich hunderte von Kindern zum Opfer fallen.
・Gegen den Lobbyismus unverantwortlicher Hundehalter, die sich gegenseitig Gesetze manipulieren und für den eigenen Vorteil wirtschaften, stets zu Lasten der öffentlichen Sicherheit und Gesundheit.
・Für die Gesundheit und Sicherheit unserer Kinder!

このサイトは、民間の犬の飼い主に対抗して向けられたものです。
・純粋に利己的な理由のために犬を飼っている、自称動物愛護(誤)家の反社会的な態度、それが社会的コストと間接的な損害をもたらすことを非情な国民に知らしめ、自称動物愛護(誤)家に対抗します。
・行動の予測がつかない危険な肉食動物(犬)と、私たちの社会での犬の糞の山を容認する、社会の不合理な無知へ対抗します。
・大規模な社会的寄生虫(犬)への、偽りの寛容に対抗します。
・口輪とリードから解放された、制御不可能な動物(犬)が凶暴に殺気立って噛み付き、毎日何百人もの子供たちが犠牲になっていることへ対抗します。
・常に公共の安全と健康を犠牲にして、自分たちだけの利益のために法律と経済を操作するために、政治家を利用する無責任な犬の飼い主に対抗します。
・私たちの子供たちの健康と安全のために!



 つまり、gegenhund.org「反犬サイト」は、あくまでもドイツにおける不適正犬飼育者による犬の被害への対抗を謳っています。実際、ドイツにおいては、犬の咬傷事故による無抵抗な赤ちゃんや幼児の被害は極めて深刻です。悲惨な死亡事故もしばしば起きます。また、犬糞放置による町の汚染や処理費用の公的負担も深刻です。
 日本では誤解がありますが、ドイツ全土で市街地では犬のリード使用は義務付けられています。さらには特定の犬種は、口輪をしなければ公共の場に出してはなりません。法律で定めても、守らない飼い主が多いのです。そのために深刻な咬傷事故が多発するのです。毒餌攻撃を恐れて犬の飼い主が短いリードと口輪を使用すれば、結果として法律を遵守させることになり、咬傷事故は防げます。また毒餌を恐れて、犬を外に出さなければ、犬糞公害は発生しません。

 ドイツにおける犬の咬傷事故がいかに深刻であるかは、私は過去にも記事にしています。ドイツでは、年間の犬咬傷事故数は3万件あり、ベルリン州は、犬飼育数に対する占める咬傷事故発生率は日本の10倍を超えます。ベビーカーが犬に押し倒されて赤ちゃんが殺害され、赤ちゃんをかばった曾祖母も重傷を負うという、悲惨な事件もあります。

不適正犬飼育者と犬咬傷事故の激増に苦悩するドイツ~犬咬傷事故発生率はベルリンは日本の約10倍
不適正犬飼育者と犬咬傷事故の激増に苦悩するドイツ~ベルリン州の犬咬傷事故数はさらに増加(発生率は日本の10倍以上)

 さらにドイツにおいては、飼い犬の犬糞放置が深刻な社会問題となっています。ベルリン州では、一日に放置される飼い犬の糞は、55トンと推定されています。ドイツのマスメディア、モルゲンポストは次のように報じています。
 VERSCHMUTZTE STRASSEN Berliner Ämter sind machtlos gegen Hundekot「汚い街 ベルリン政府は犬糞に対して無力である」。2014年5月24日。


55 Tonnen Hundekot verschmutzen täglich Berlins Straßen.
Gegen rücksichtslose Halter können die Ordnungsämter - trotz Bußgeld - wenig tun.

犬の廃棄物(糞)55トンは、毎日ベルリンの街を汚染します。
無慈悲な犬の飼い主の対してはー規制当局は、(犬糞放置は)罰金があるにも関わらずーわずかしか摘発しません。



(動画)

Kind von Kampfhund angefallen/zerfleischt
-- / vom 31.01.2012

子供は、適法に飼育許可を受けていた闘犬種に襲われました。
2012年1月31日。


 犬による咬傷事故で被害を受けた少年です。闘犬カテゴリーの犬の飼育禁止は、連邦法制定当初は厳格に運用されていました(法律成立前は、闘犬カテゴリーの犬は完全飼育禁止とし、既に飼育されているものはすべて例外なく押収して、強制的に殺処分すべきという世論もありましたが)。しかしなし崩し的に、法の適用が緩和されてきたようです。加害犬は、合法に「例外的措置として」飼育が許可されていたものです。
 ところで、1:29~に、ドイツ TIME誌が紹介されています。Merkel als frau Europa gefeiert ...aber in berin hängt der haussegen schief.は、「メルケル首相は、ヨーロッパでは名声を博した女性です・・・しかしベルリンでは、その名誉は間違っているのです」といった意味です。メルケル首相の、ドイツの犬不適正飼育者に対する無為無策により、幼い子供や赤ちゃんが犠牲になっていることの批判です。このTIME誌の記事も、折々紹介したいと思います。





(参考資料)

意識調査現在の総投票数227,047,993票 実施中 野良猫に餌やり「禁止」条例、どう思う?


(参考資料ー2)

野良猫の迷惑餌やりを禁じる条例に関する意識調査
(私が作成したものです。2015年4月9日まで受付)

*せっかく多くのコメントを頂いたのですが、コメント投稿不可とし、頂いたコメントが削除されました。
申し訳ありません。
個人情報の書き込みと、誹謗中傷があったためです(私のことではありません)。
この投稿者は、かつてブログコメントの投稿拒否設定をした方と思われます。
該当するコメントのみを削除することができませんので、このようにさせていただきました。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 野良猫の○○の件

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 以前、さんかくたまご様に直接メールをお送りいたしのですが返事がいまだに届かないのでこの形で失礼いたします。

ブログ記事冒頭に掲載しているhot mailですか。
それは失礼いたしました。
外国語のスパムが多いので、タイトルなしでHNだけだったのならば、スパムと間違えて消してしまった可能性があります。
恐れ入りますが、タイトルに日本語でたとえば「さんかくたまごさんへ」などと入れて再送していただけませんか。
御手数ですが、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: メールを送信しました

鍵コメ様

お返事は、あなたのサイトにしました。

愛誤の嘘を鵜呑みにしている日本がおかしいだけですね。

日本は何かというとクズが動物の命というものを全面に押し出して正義を訴えますが、ドイツでは何故そういう事態になったのかというものを国民がしっかり考えるので元凶が責められる訳です。

日本でもない訳ではない噛傷事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150409-00000029-asahi-soci
http://www.asahi.com/articles/ASGCM42KXGCMTIPE00G.html?ref=yahoo

根本的に飼育者がまともに動物を飼育できないのであれば動物の飼育も資格制にすべきだと思います。
日本の様に杜撰なペット飼育に対して理解がありすぎると市町村が間違った方式で野良猫を減らすなど税金を使ってやらかします。
http://www.asahi.com/articles/ASH2V4W9BH2VTLVB00R.html?ref=yahoo

ドイツにしても毒餌を撒かれるリスクがなければ飼育者がリードも口輪もしないというのであれば本来であれば悪である毒餌も正義になってしまいます。

悪なのは怠慢な飼育をする人間であって犬や猫ではありませんが、リスクがなければそういう人間を抑制できないのであればリスクは結果として人も犬も猫も救う正義となります。

Re: 愛誤の嘘を鵜呑みにしている日本がおかしいだけですね。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 日本は何かというとクズが動物の命というものを全面に押し出して正義を訴えますが、ドイツでは何故そういう事態になったのかというものを国民がしっかり考えるので元凶が責められる訳です。

次の記事で書きますが、ドイツ最大手のマスメディア、シュピーゲル社が、ごく最近のTV番組で、犬の毒餌攻撃を一部ではありますが、容認する姿勢を示しました。
咬傷事故が犬飼育数比で日本の10倍以上であり、なおかつ幼児が殺されるなどの深刻な被害があれば、違法ではあるにしても、毒餌攻撃を容認するのはやむを得ない国民感情だと思います。


> 日本でもない訳ではない噛傷事件

もちろん日本でもあります。
しかし、日本は、仮に死亡事故をおこした犬でも殺処分を強制できる法的根拠はありません。
さすがは超愛誤国家です。
またそれらの犬の殺処分の話が出れば「ドイツなどの動物愛護先進国では殺さない。日本は野蛮」と愛誤が嘘800並べて犬の殺処分に反対します。
ドイツでは、全州で、危険な犬、事故を起こした犬を行政が押収して殺処分する権限があり、まず殺処分は100%行われます。

日本でも咬傷事故は起きますが、その数が10倍であれば、愛誤の妄言より、一般世論の方が優勢になるでしょう。
ところで「殺処分ゼロを目指している自治体に、ふるさと納税が集まっている」というニュースはお笑いです。
日本はつくづくお犬様お猫様で頭が沸いた超愛誤国家だと思います。


> 根本的に飼育者がまともに動物を飼育できないのであれば動物の飼育も資格制にすべきだと思います。
> 日本の様に杜撰なペット飼育に対して理解がありすぎると市町村が間違った方式で野良猫を減らす(増やす)など税金を使ってやらかします。

この熊本市は、「殺処分ゼロのドイツを見習う」がコンセプトらしいです。
もう少し海外事情を正しく勉強していただきたいですね。


> ドイツにしても毒餌を撒かれるリスクがなければ飼育者がリードも口輪もしないというのであれば本来であれば悪である毒餌も正義になってしまいます。

もちろん毒餌を公有地に仕掛けて、飼い犬を殺傷するのは犯罪です。
しかしドイツ最大手のマスメディアは、「毒餌により、良好な環境が保たれた」と一部容認しています。
それは次の記事で書きます。


> 悪なのは怠慢な飼育をする人間であって犬や猫ではありませんが、リスクがなければそういう人間を抑制できないのであればリスクは結果として人も犬も猫も救う正義となります。

犬に短いリードをして口輪をすれば、犬が毒餌被害に遭うことはなくなります。
犬にとっても良いことです。
さらに遁走してクルマに轢かれたり、人をかんで警察官に射殺されるリスクもなくなります。
人が殺傷される危険もなくなり、良いことづくめです。
しかしオフリードにこだわり、やめないのがドイツのバ飼い主です。
毒餌情報アプリを使ったり、毒餌を食べないトレーニングをしたりするのは手間もコストもかかります。
それより短いリードや口輪をすれば、手間もコストもかかりません。

ドイツの犬の不適正飼い主は、日本の猫愛誤と同じです。
大事な猫ならば、室内で飼えばいいのです。
そうすれば猫定食のお世話になることも、交通事故にもあいません。
無関係な人に迷惑もかけません。
しかし室内飼いをせず、屋外飼育にこだわります。
仮に猫が目に見えて、人命に関わる被害を及ぼせば、日本のマスメディアも猫定食を容認するのではないですか。
例えば狂犬病が猫のあいだで流行し、毎年何人かの人が猫から狂犬病が感染して死んだりしたらそうなる可能性はあります。

ところで、日本の典型的愛誤の妄想。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12121977927


毒餌

どうも またコメントさせてもらいますね

これ不凍液をエサに混ぜて公園に置くようなレベルの話ではないですかね?
日本だと警察がちゃんと動いてくれると思いますが…
日本で同じことしたら普通に捕まるような気がします
良し悪しは置いておいてそういう意味では日本のほうが動物に優しいような気がしますが…

ところで自分が今住んでるの熊本市なんですよね
心なしか最近野良猫を多く見かけるようになりました 悲しい限りです…
野良犬は全然見ませんが 少なくとも自分の周りでは犬の管理は徹底されています
猫飼いの方も見習ってほしいもんです…

Re: 毒餌

糞雑魚蛞蝓様、コメントありがとうございます。

> 不凍液をエサに混ぜて公園に置くようなレベルの話ではないですかね?

全く同じだと思います。


> 日本だと警察がちゃんと動いてくれると思いますが…

ドイツで、「犬の毒餌が見つかった、犬が死んだ」というニュースは、ローカルニュースを含めれば、毎週どころか毎日でも見つかります。
しかし犯人が逮捕されたというニュースは、本当に見ません。
警察の広報や自治体HPで「どこそこで犬の毒餌が見つかり、犬が殺されました。犬には短いリードをつけて気をつけましょう」といった程度です。
この件も記事にしようかな。


> 日本で同じことしたら普通に捕まるような気がします

ですね、大田区の猫殺害事件とか。
犯人が捕まるのは、警察の人員をどれだけ割けるかにかかっていると思います。
つまりドイツの警察は、犬の毒殺犯の捜査には、力を入れていないということでしょう。


> 良し悪しは置いておいてそういう意味では日本のほうが動物に優しいような気がしますが…

同感です。
それと毒餌ですが、ドイツの尖った金属や割れたガラスを仕込んで、犬を内蔵出血で死に至らしめるとは残酷と思います。
猫ではそのような餌は、丸のみしないからできませんが、犬は餌を丸呑みしますから。
しかし猫の殺害を目的とした、シラスに小さい釣り針を多数仕込むという方法が、掲示板に載っていました。
それは一般化していないようですね。
埠頭駅定食は、それらの餌よりまだ人道的で、日本人が動物愛護的だからじゃないですか。


> 心なしか最近野良猫を多く見かけるようになりました 悲しい限りです…

それはそうでしょう。
TV番組で、熊本市の保健所に野良の子猫を届けに来た母子に対して、再遺棄を支持していた映像がありますから。
野良猫が増えて当然です。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR