ドイツのgegenhund.org「反犬サイト」の、「犬の毒餌ガイドは合法」と検察庁は決定しました






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Täglich werden in ganz Deutschland neue hundgiftköder gefunden.
Die Massenmedien berichtet .
"Es ist der Einfluss der gegenhund.org (= Hund Hass Website)."
Sich anhört wie ein Krimi ist in Deutschland für Hundehalter leider bittere Realität.
Gegen ihren Betreiber gibt es Dutzende Strafanzeigen und sogar eine Online-Petition.
Aber die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat .
und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann.
Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist !


 私は、ドイツ(オーストリアやスイスでも同様ですが)では、近年毒餌により飼い犬が殺傷される事件が激増していることを記事にしています。その背景には犬の不適正飼育による被害者の反発が背景にあるとのメディアの分析です。ドイツではリードが義務付けられているにもかかわらず使用しない飼い主が多く、咬傷事故発生率は日本の10倍です。しかも無抵抗な赤ちゃんや幼児が犠牲になり、死亡事故もしばしば起きています。それと犬糞の放置は、社会問題になっています。さらに犬の毒殺事件が激増している背景には、犬嫌悪者によるgegenhund.org「反犬サイト」の、犬の毒餌ガイドの存在を指摘するメディアもあります。しかしドイツの検察庁は、gegenhund.orgが合法であるとの判断をしました。


 ドイツなどにおける、飼い犬を狙った毒餌事件が近年激増しています。私は、この件について、次のような記事を書いています。
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ベルリンでは、1年間に91箇所で毒餌が見つかり、多数の犬が殺傷された
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
続・犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件

 また前回記事、ドイツの犬の飼い主を恐怖に陥れた、gegenhund.org 「反犬サイト」の毒餌作成ガイド、では、飼い犬の毒餌による殺傷事件の激増の背景には、gegenhund.org「反犬サイト」などの、犬嫌悪者のサイトの影響も指摘されていることを紹介しました。犬嫌悪者のサイトには、犬の殺傷を目的とした、毒餌の作り方が示されているからです。
 愛犬家らは、ドイツ連邦議員に対して、gegenhund.org「反犬サイト」のインターネット上からの削除を求める陳情署名活動を行いました。また本サイトの管理人に対して、ドイツ動物保護法(Tierschutzgesetz)などに違反するとして、数十回の刑事告発を行いました。しかしドイツの検察当局は、「gegenhund.org『反犬サイト』は合法である」との決定をおこないました。以下に、Giftkoede Rradar「毒餌リーダー」(毒餌に関する情報提供を行うとともに、gegenhund.orgのインターネット上からの削除署名活動やと刑事告発を行っている組織)のHPから、その経緯を示します。


Eine Online-Petition gegen die Seite gegenhund.org bringt nichts(11.04.2013 )
Dürfte es für die deutschen Behörden so gut wie unmöglich sein ihn dort strafrechtlich zu belangen.
Aber selbst mit einem Sitz in Deutschland dürfte es sehr schwierig werden gegen die Seite rechtlich vorzugehen,
denn viele Punkte lassen sich leider durchaus als Satire bezeichnen.
Der angebliche Giftköder-Rechner errechnet seine Empfehlungen beispielsweise auf Basis von so “gefährlichen Zutaten”wie Natriumchlorid (Kochsalz), E300 (Vitamin C) oder putzigen Goldhamstern und zumindest ich habe noch von keinem Hund auf dieser Welt gehört, der durch eine Überdosis Vitamin C vergiftet wurde.
Die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Aus diesem Grund wird eine öffentliche Petition mit Sicherheit auch keine Behörde dazu bewegen .

Update am 28.01.2014
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann. Das folgende Schreiben erklärt detailliert, warum die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist.

gegenhund.org「反犬サイト」のページに対するオンライン嘆願書は、何の効果もありません。(2013年4月11日)
ドイツ検察当局が、gegenhund.org「反犬サイト」の管理人を犯罪者として起訴することは不可能です。
ドイツ国内においては、gegenhund.org「反犬サイト」に対して法的措置をとることは非常に困難ででしょう、なぜならばこのサイトの記述は多くの面で、単なるジョークであるとの説明ができるからです。
疑惑の毒餌の計算機は、「危険な成分」に基づいて、その(犬を死に至らしめるに十分な)推奨量を計算します。
例えば、塩化ナトリウム(食塩)、E300(ビタミンC)、またはかわいいゴールデンハムスターなどですが、少なくとも私は、世界中でどんな犬でも、ビタミンcの過剰摂取によって殺された犬のことなどは聞いたことがありません(つまり「危険な成分」をそものの名称を用いずに「隠語」を用いたということです)。
コブレンツの検察官は、gegenhund.org「反犬サイト」の犯罪の根拠が欠如していると結論し、2010年にこのサイトに対する告発を却下しました。
そのために、公に対して行っている請願(gegenhund.org「反犬サイト」のインターネット上の削除要求など)は、その権利の根拠がないということになりました。

2014年1月28日にアップデート
ドイツ連邦議会は、このサイトに影響力を及ぼすことはできませんし、またドイツの法律はgegenhund.org「反犬サイト」に対して適用することができませんので、したがって本請願書は、無意味となりました。
検察によれば、サイトgegenhund.org「反犬サイト」が合法である理由を、以下の文書で詳細に説明しています。



 私が確認したところ、ドイツなどのマスメディアで報じられた、犬毒殺事件で用いられた「危険な成分」は、以下のとおりです。
①割れたガラスや、カミソリ、釣り針などの金属の尖った異物(Sharp Fremdkörper)。
②カーバメート系殺虫剤。日本では「ランネート」という商品名で販売されているもの(Carbamate Insektizid)。
③リン化亜鉛を有効成分とする殺鼠剤(Rodentizid Zinkphosphid)。
④パラコートを有効成分とする、ペレット状除草剤(Paraquat Pellet Herbizid)。

 ②③④などを、その具体的な名称を用いずに、それを示す「隠語」で、gegenhund.org「反犬サイト」のGiftköderli-Rechner「毒餌計算機」は表示しているのは間違いないようです。
 例えば日本では、野良猫を駆除するための毒餌に、自動車用不凍液を用いることが事実上広く知れ渡っています。しかし「自動車不凍液」や「エチレングリコール」とはせずに、インターネット上では「埠頭駅」としています。それと同じことです。

 Giftköderli-Rechner「毒餌計算機」では、体重20kgの犬は、E300(ビタミンc)1.5gで「虹の橋を渡らせることができる=殺すことができる(明確に「殺す」とは記述していません)」としています。おそらくE300(ビタミンc)は、カーバメート系殺虫剤などを表す「隠語」と思われます。残念ながら、その理由がわかるほど私はドイツ語に通じていませんが。
 その他、acecolon(アセコロン=ドイツで広く用いられている犬猫用緩下剤)や、katzenerbrochenes「猫のゲロ」なども、少量で「犬に虹の橋を渡らせる=死に至らしめる」と記述されています。次回以降の記事で、gegenhund.orgの、Giftköderli-Rechner「毒餌計算機」について紹介します(続く)。


(動画)

Trick Dogging Tutorial Giftköder: Wie bringe ich meinem Hund bei nichts vom Boden aufzunehmen?
犬の毒餌トリックに対する個別指導:私は、地面から拾い食いをする犬に対して何をすれば良いのでしょうか?

(2015年3月1日公開)

ドイツなどでは、毒餌に対抗するための犬と犬の飼い主のための指導が大盛況です。
このようなプロモーションビデオが毎週にようにアップされます。
また、犬が毒餌で殺傷された、毒餌が見つかったなどのニュースは、ローカルなものを含めれば、冗談抜きに毎日のようにあります。
2011年から、犬を狙った毒餌の情報サービスが始まりましましたが、ドイツなどで見つかった毒餌は5千箇所以上です。





(参考資料)

意識調査現在の総投票数227,047,993票 実施中 野良猫に餌やり「禁止」条例、どう思う?


(参考資料ー2)

野良猫の迷惑餌やりを禁じる条例に関する意識調査
(私が作成したものです。2015年4月9日まで受付)

*せっかく多くのコメントを頂いたのですが、コメント投稿不可とし、頂いたコメントが削除されました。
申し訳ありません。
個人情報の書き込みと、誹謗中傷があったためです(私のことではありません)。
この投稿者は、かつてブログコメントの投稿拒否設定をした方と思われます。
該当するコメントのみを削除することができませんので、このようにさせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(参考資料資料ー2)

野良猫の迷惑餌やりを禁じる条例に関する意識調査
ですが、現在「迷惑餌やりを禁じる条例」に反対する票が上回っています。
予想もつきませんでした。
賛成95対反対96

びっくりしました。
多分、反対票は、ほとんどゼロだと予測しておりましたが。

こんな個人ブログの意識調査なんかで、組織票で頑張らなくてもいいのに。

一般市民が少ないですからWW

Yahooの調査でもはじめはアイゴの組織票が効いていましたが、アイゴ票が一巡してからは賛成の割合が増える一方ですからWW。

この現象はマーケティングの観点からも面白いと思います。

宣伝広告は実は顧客よりライバル他社が見て研究している。
このパターンにはまっていると思います。

Re: 一般市民が少ないですからWW

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> Yahooの調査でもはじめはアイゴの組織票が効いていましたが、アイゴ票が一巡してからは賛成の割合が増える一方ですからWW。

10万レベルともなれば、組織票は効きませんからね。
対して数百レベルの投票でしたら、組織票は絶大な効果があります。
なお、私が作成した意識調査では、私が操作することはできません。
例えば私のブログでは、公開プロキシの多くはアクセス禁止としています。
しかし意識調査では、特定のホストを制限したりすることはできません。
一般人や、猫被害者の方は、公開プロキシを使って一人数十回投票する人はいないでしょう。


> 宣伝広告は実は顧客よりライバル他社が見て研究している。
> このパターンにはまっていると思います。

私のブログの、読者さんの属性がわかったような気がします。
意外でした。
その割には、愛誤さんからのコメントが最近少ないですね。

京都市「『京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)』の制定に係る意見募集結果について」

ぶははははwwwと
http://blog.livedoor.jp/kumafight/archives/1021636983.html
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000178805.html
と想定どおりの結果が公開されています。

京都市は文化都市ですね。変なのも数多く住み着いていますけど。
年に二度の御所の公開も近くありますし、久々に行ってみようかな。
京都御所はだだっ広いですが、オフリードの犬飼は、そういえば、
見たことないです。私個人は。せいぜい長い巻物のリードくらい。
糞の放置もあまりなかったような。昔の記憶で不確かですけど。

次は札幌の条例制定です。

現在札幌市がパブコメ中につき記事を書きました。

記事を書く前に札幌市発表の原文を読みましたが
被害者の救済だけでなく条例の制定が不幸な猫を
減らすことが期待されている事が伺えます。

愛誤の連中はきちんと原文を読んで数字など理解して反対しているんですかね?

原文を読んで数字を把握しても反対するなら
よほどのお馬鹿さんか利権がらみ。

原文を読まずに反対するなら
ただのバカで無責任。

どちらにしても「真の猫虐待者」は本条例に反対する愛誤だと思います。

Re: 京都市「『京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)』の制定に係る意見募集結果について」

虫様、コメントありがとうございます。

> http://blog.livedoor.jp/kumafight/archives/1021636983.html

クマさんのこのブログ記事は読んでいます。
塩村議員は、政治家のくせに、パブリックコメントの意味を分かっていないのですね。
ところで、私が訳した、アメリカ連邦政府のTNR否定声明は、多くのところで引用されています。
頑張ってブログを続けてきた甲斐がありますね。


> http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000178805.html
> と想定どおりの結果が公開されています。

見事に「餌やり反対がほとんどじゃないですか。
これを根拠に、「条例は違法だ」と騒いでいる愛誤がいますが、パブリックコメントの意味をわかっていません。
パブコメも、ネット投稿のみとし、重複投稿は禁止するなどすれば良いのでしょうが、行政はインターネット環境にない人も意見を述べる機会を与えるべきとしています。


> 京都市は文化都市ですね。
> オフリードの犬飼は、そういえば、
> 見たことないです。

こちら阪神神戸の住宅地でも、オフリードの犬や放し飼いの犬なんていませんよ。
糞放置もめったにないです。
私は、日本は平均して犬の飼育のマナーは良いと思います。
それに比べて猫を放し飼いする人や野良猫偏執者はあまりにもひどい。

Re: 次は札幌の条例制定です。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 現在札幌市がパブコメ中につき記事を書きました。

後ほど拝見します。


> 被害者の救済だけでなく条例の制定が不幸な猫を
> 減らすことが期待されている事が伺えます。

そうです。
野良猫に無責任に給餌するのは、不要な繁殖を促し、札処分増加につながります。
また、野良猫が迷惑をかければ、虐待にも結びつきます。
それは動物愛護上も良いとは言えません。


> お馬鹿さんか利権がらみ。

愛誤は、利権がらみの大物愛誤に操られる無知な末端愛誤から成り立っています。


> どちらにしても「真の猫虐待者」は本条例に反対する愛誤だと思います。

同感です。
札幌市も、条例が通ることを期待します。
しかしかつて大阪市で、同様の動きが有り、愛誤の妨害で議案提出が見送られました。
回答者は私です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=13122359418
大阪市のような大都市ではない小自治体では、そのようなケースは多々あります(東京都中野区や奈良市では猫からなぜかカラスのえさやり禁止になった)。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR