ドイツの犬の飼い主を恐怖に陥れた、gegenhund.org 「反犬サイト」の毒餌作成ガイド






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Täglich werden in ganz Deutschland neue hundgiftköder gefunden.
Die Massenmedien berichtet .
"Es ist der Einfluss der gegenhund.org (= Hund Hass Website)."
Sich anhört wie ein Krimi ist in Deutschland für Hundehalter leider bittere Realität.
Gegen ihren Betreiber gibt es Dutzende Strafanzeigen und sogar eine Online-Petition.
Aber die Staatsanwaltschaft Koblenz hat die Beschwerden gegen die Seite bereits 2010 aufgrund des fehlenden Straftatbestands abschließend zurückgewiesen.
Darüber hinaus ist eine Petition schon deshalb sinnlos, weil der Deutsche Bundestag keinen Einfluss auf diese Seite hat .
und deutsches Recht hier auch nicht angewendet werden kann.
Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist !


 ドイツでは、飼い犬を狙った毒餌が仕掛けられるという事件が多発しています。例えば大阪市と人口規模がほぼ同じベルリン州では、2014年の1年間で91箇所で犬の毒餌が見つかりました。同年毒餌で殺傷された犬は、ベルリン州だけで数十頭もいます。犬を狙った毒餌は、ドイツ全土でも大変多く、社会問題化しています。ドイツ語圏のオーストリアやスイスでも同様の傾向です。その背景には、犬嫌悪者が運営するサイトで、毒餌の作り方が掲載されていることがあるとメディアが指摘摘しています。


 私は記事、
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ベルリンでは、1年間に91箇所で毒餌が見つかり、多数の犬が殺傷された
犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
続・犬嫌悪者の毒餌攻撃に怯えるドイツの犬の飼い主~ドイツにおける多くの犬毒餌事件
において、ドイツでは飼い犬を狙った毒餌が公共の場に仕掛けられる事件が多発していることを述べました。実際に殺傷される犬は大変多いです。対して犯人が検挙されるという例は、近年では私は知りません。
 その背景には、犬の毒餌のつくり方を説明したサイトの存在があると複数のメディアが指摘しています。例えば次のTVニュース(これはオーストリアのものですが)です。1:00あたりから、問題のサイトの説明がなされています。


(動画)

2011年6月19日。

Giftköder - Gefährliche Leckerbissen!
Die Meldungen häufen sich: Fast täglich müssen in Deutschland, Österreich oder der Schweiz viele Hunde elendig verenden, weil brutale Tierquäler ganz bewusst tödliche Fallen auslegt haben.

毒餌 - 危険な御馳走!
多くのメッセージが寄せられました。
ドイツではほとんど毎日のように起きていることですが、オーストリア、スイスでは、多くの犬が残忍な動物虐待者が意図的に致命的なわな(毒餌)を仕掛けているためです。





 この動画は、オーストリアのTVニュースです。この動画の1:02~から(ほかの箇所でも取り上げられています)、この犬嫌悪者によるサイト、gegenhund.org「反犬サイト」の毒餌作成の記述についての説明があります。しかし、スパイキー(犬の名前)が、スパイキー(尖った鋭利)なものを仕込んだ毒餌を食べて死んだなんて、このTVニュースは、下手なジョークでウケを狙ったのでしょうか(笑い。
 gegenhund.orag「反犬サイト」のリンクを開き、Giftköder(li)-Rechner 「毒餌ー自動計算機」、をクリックすれば毒餌の選択と、ターゲットとなる犬の体重を入力すれば、必要となる毒の致死量(um den Schadhund über die Regenbogenbrücke zu ködern !=töte die Schadhund 「有害な犬を、虹の橋を渡らせる=有害な犬を殺す」)が示されます。この「毒餌作成ガイド」の記述については、批判者がいくつか動画をアップしています(もし、gegenhund.org「反犬サイト」のリンクを見られなかった方は、こちらを参照にしてください。アカウントを持っていない方は閲覧できないかもしれませんので)。以下に、gegenhund.org 「反犬サイト」に対する批判動画の例をリンクします。


(動画)

2012年8月29日。

Gegenhund.org | Helft mit, sie zu Stoppen!
gegenhund.org「反犬サイト」を廃止するために私たちを助けてください!


1:06~から、毒餌の作り方の記述があります。
この動画の作成者さんは、興奮すると舌打ちする癖があるんですね。




(動画)

「毒餌ガイド」の説明は、1:03~から。




 この犬嫌悪者によるサイト、gegenhund.org「反犬サイト」の管理人は、毒餌作成ガイドの記述などにより、複数のドイツの愛犬家らにより数十回の刑事告発が行われました。それと同時に、インターネット上からの削除を求められました。また、インターネット上からの本サイトの削除を求める複数の署名活動が行われ、ドイツ連邦議員まで陳情が行われています。
 しかしドイツの検察庁は、「当該サイトは動物保護法(Tierschutzgesetz)をはじめとする法令に違反する、刑法犯罪が成立する事実はない。合法的である」として不起訴を2010年に決定しました(Die Seite gegenhund.org laut Staatsanwaltschaft legal ist.)。ドイツ、コブレンツ検察庁は、その旨を回答しています。さらに、このサイトをインターネット上から削除する根拠は法律上ないとしました。

 gegenhunnd.org「反犬サイト」は、2008年頃に開設されています。開設当時から今まで、コンテンツの変更や削除を当局に求められた形跡はないようです。内容は毒餌作成ガイドも含めて、当時のまま(表現はむしろ過激になっています)存続しています。
 次回以降の記事では、ドイツの愛犬からによる当該サイトの「毒餌作成ガイド」の内容や、刑事告発~削除のための署名活動について。さらにはドイツ検察庁の、本サイトに対する刑事告発に対する不起訴決定の理由などについて紹介します。



(参考資料)

意識調査現在の総投票数227,047,993票 実施中 野良猫に餌やり「禁止」条例、どう思う?


(参考資料ー2)

野良猫の迷惑餌やりを禁じる条例に関する意識調査
(私が作成したものです。2015年4月9日まで受付)

*せっかく多くのコメントを頂いたのですが、コメント投稿不可とし、頂いたコメントが削除されました。
申し訳ありません。
個人情報の書き込みと、誹謗中傷があったためです(私のことではありません)。
この投稿者は、かつてブログコメントの投稿拒否設定をした方と思われます。
該当するコメントのみを削除することができませんので、このようにさせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR