続続々・ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則

 




Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Yahoo! Nachrichten Japan berichtet.
”In Berlin,Hunde dürfen außerhalb eines eingefriedeten Besitztums unbeaufsichtigt sein.
Es besteht keine Notwendigkeit der Leine an den Hund,
auch an öffentlichen Orten.”
Das sind alles Lügen.
Ich bin sehr überrascht, \(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!
Reporter lesen Sie dies!
Berliner Hundegesetz


 記事、
ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則
続・ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則
続々・ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則
の続きです。これらの記事では、ドイツ、ベルリンのグリューネヴァルトに開業した、犬専用レストランに関するロイターの報道と、それを日本語訳したヤフー!ニュースの報道を取り上げました。ロイターの英語報道では、「ベルリン州では現在犬のノーリードが許されているが、いくつかのエリアでは犬のノーリードを禁じる予定である」とも理解できる内容です。しかしそれは、事実に全く反します。ベルリン州では特別に許可された場所以外では、現在でもほぼ例外なく犬のリードが禁じられています。しかし、犬に関する規定をさらに強化しつつあるのは事実です。



 ヤフー!ニュース、ベルリン 豪華ペットレストランが開店、放し飼い散歩禁止に一役(2015年3月2日)の報道では、明らかに「誤り・嘘」です。「ベルリン州では現在犬のノーリードが許されているが、いくつかのエリアでは犬のノーリードを禁じる予定である」とも理解できる内容です。
 しかしそれは、事実に全く反します。ベルリン州では特別に許可された場所以外では現在でもほぼ例外なく犬のリードが禁じられています。繰り返しますが、ベルリン州で犬のリードを規定しているのは、「ベルリン犬法 州法」Berliner Hundegesetzです。現在でも、特別に許可されたエリア以外では、ほぼ全てで犬のリードか義務づけられています。概ね市街地ではリードの長さは1m以内、それ以外では2m以内です。犬のリードに関する条文を引用します(2015年3月10日現在)。


§ 3 Leinenpflicht
(1) Hunde sind
1.in öffentlichen Grün- und Erholungsanlagen,
2.inWaldflächen, die nicht an den Zugangswegen durch besondere Schilder ausdrücklich als dafür freigegeben gekennzeichnet sind (Hundeauslaufgebiete), und
3.auf Sport- und Campingplätzen sowie in Kleingartenkolonien an einer höchstens zwei Meter langen Leine zu führen.
(2) Hunde sind
1.in Treppenhäusern, sonstigen der Hausgemeinschaft zugänglichen Räumen und auf Zuwegen von Wohnhäusern,
2.in Büro- und Geschäftshäusern, Ladengeschäften, Verwaltungsgebäuden und anderen öffentlich zugänglichen baulichen Anlagen,
3.bei öffentlichen Versammlungen und Aufzügen, Volksfesten und sonstigen Veranstaltungen mit Menschenansammlungen,
4.in öffentlichen Verkehrsmitteln, auf Bahnhöfen sowie in und an den dazugehörigen Gebäuden und Haltepunkten und
5.in Fußgängerzonen sowie auf öffentlichen Straßen und Plätzen mit Menschenansammlungen an einer höchstens einen Meter langen Leine zu führen.

第3条 犬のリード(曳き綱)
1項
1、公共の公園やレクリエーションエリアで、
2、特別に、森林地域の中の「犬のための特別な領域」で、特別に許可を表示された道以外においては、
3、スポーツ場やキャンプ場、などで許可されるのは、最長でも2メートルまでの長さのリードにつないで保持されている犬です。
2項
1、階段、(犬の飼い主以外の)アクセス可能な家屋のスペース、その進入路。
2、オフィスや商業ビル、店舗、オフィスビル内やその他の公共の建物や構造物。
3、市民集会やエレベーター、祭りやその他での人々が多く集まるイベント。
4 、公共交通機関、駅と、関連するその周辺における建物や停留所。
5、歩行者エリアと人が集まる公共の道路や場所では、最長で1メートルまでのリードを使用しなければなりません。



(画像)

 NHKの大嘘番組、「地球イチバン ベルリン~」(2012年11月1日放映)。NHKの本番組番組担当者には、何度もベルリン犬法(Berliner Hundegesetz)のリンクと訳文を送りました。しかし最後までこのHPの誤りを訂正せずに掲載し続けました。

o0715052612264867732.jpg


 現在でもベルリン州では、「特別に許可された以外の場所では、例外なく犬にはリードを使用しなければならないと私は理解しますが。しかし犬のリード義務をさらに強化し、その他にも犬の飼い主に対して犬糞回収のためのバッグを携行することを、2016年にベルリン州は、「ベルリン犬法 州法」Berliner Hundegesetzを改正施行することを予定しています。
 その内容について、ドイツのマスメディアの報道から引用します。Meldepflicht für alle Berliner Hunde 「ベルリンの全ての犬のための義務」。2015年2月17日。


Lange diskutiert, jetzt vom Senat beschlossen.
Der Entwurf des neuen Hundegesetzes .

Leinenpflicht:
Auch auf Gehwegen müssen alle Hunde an die Zwei-Meter-Leine.
Nur in der eigenen Wohnung
und in Hundeauslaufgebieten dürfen sie noch oben ohne laufen.
*Befreit sind davon nur Tiere von Haltern mit “Sachkundenachweis”.

Tütenpflicht:
Wer seinen Hund ausführt, muss immer einen Häufchen-Beutel vorweisen können – sonst zahlt man 30 Euro!

Ver sicherung:
Die abgeschlossene Haftpflicht muss mindestens eine Million Schaden abdecken.

長い議論の末に、ベルリン上院議会で採択されました。
新しい犬の法案です。

犬のリード義務
例外なく歩行者のあるところでは、犬には2メートル以内のリードを使用すること。
自分の家もしくは、特別に許可された犬のためのエリアでのみ、リードを用いなくても良い。
*唯一、飼い主の「能力の証明書」を取得した飼い主の犬は、リード義務が免除されます。

犬糞回収用バッグの義務
誰でも、犬の連れている者は、常に犬糞回収用のバッグを求めに応じてそれを提示しなければなりませんーそうしなければ罰金30ユーロを支払わなければなりません。

犬の賠償保険
保険の損害補償限度額は、少なくとも100万ユーロ(1億3千万円。1ユーロ=130円)以上でなければなりません。


*これは新しくできた規定です。しかし、(飼い主の)「能力の証明書」の取得は、かなり困難で煩雑でコストもかかるようです。例えば、3年以上犬税を払った人で(その証明に~10ユーロ程度がかかります)、トレーナーや獣医師によるテストを受け合格すること(費用が~100ユーロ程度かかります)などが必要です。
 おそらくベルリンでは犬税未登録犬が多いので、「リードをしないことを認める」代わりに、未登録犬のあぶり出しを狙ったものと思われます。また「例外なくリードを使用しなければならない」に対する、愛犬家の反発のガス抜きのためとも思われます。「能力証明」の合格基準を極めて難しくすれば、「例外なくリードを使用すること」の実現につながるからです。これはベルリンの愛犬家団体も指摘しています。


 なお、ベルリン(ドイツ全般に言えることですが)、公園などの公共施設では、犬を全面的に禁止するところが増えつつあります。今回の一連の記事で取り上げた、グリューネヴァルトの自然公園内の犬のフリーエリア(犬のリード義務が免除されている場所)にある豪華犬レストランは、公園内でいくつかのエリアで、犬を全面禁止にしたことに対する反発から開業されたものです。
 ベルリンに限らずドイツでは、愛犬家のわがままと、それに対する犬嫌いとの反目が深刻化しています。行政機関や立法においても、その狭間で苦慮しているのでしょう。

 ベルリンでは、犬による咬傷事故発生率が、対飼育犬数で日本の10倍以上です。無抵抗な乳幼児が咬み殺されるなどの、悲惨な事件が度々発生します。その多くがノーリード犬です。また犬糞被害も深刻です。ベルリン州では毎日55トンもの犬糞が放置されていると推測されています(一部日本の報道では5トンとありますが、55トンが正しいです)。 
 ベルリンでは、2014年の1年間だけでも、毒や鋭い針などが仕込まれたドッグフードが91箇所で発見されました。またチューリンゲンなどベルリン州以外でも、同様の事件が多発しています。それらの毒餌は、愛犬家のわがままに辟易した犬被害者が犬の殺傷を目的として仕掛けたことは間違いありません。実際に犬が死んだケースも多数ありますし、緊急に手術などの治療が必要になった犬はさらに多いです。しかし多数の犬が殺傷されているのにもかかわらず、犯人は(私が調べた限り)検挙されていません。

 ベルリン州を始め、ドイツの多くの州や自治体は、犬に対する規制を強化したいのが本音でしょう。しかし、ドイツの愛犬家は狂信的で、犬の飼育に関する規制強化には過剰に反発します。法律で罰則を強化しても、犬糞の放置やノーリード犬はなくなりません。それが、犬嫌いの犬に対する攻撃となって現れているのでしょう。
 次回以降の記事では、ドイツにおける、犬嫌いの犬に対する攻撃~毒や針などを仕込んだドッグフード、を報じるドイツのマスメディアの報道を紹介します。日本ではドイツは、「ノーリードが認められて犬の権利が認められた素晴らしい愛犬国家(大嘘です)ドイツ」と絶賛されています。しかし、犬による死亡事故さえ多発し、街は犬糞だらけ。それに反目する犬嫌いが毒餌を撒いて多数の犬が殺傷されている国は、みならうべき対象でしょうか(続く)。


(動画)

 犬を殺傷する目的で毒餌が撒かれる事件の多発を受けて、ドイツでは「アンチ毒餌トレーニング」が大盛況です。2014年2月24日公開。




 毒餌で犬が死んだことを伝えるオーストリアのニュース。オーストリアはドイツの「17番目の州」と言われるぐらいで、事情は似たようなものなのでしょうね。ある面では、私はオーストリアは、ドイツ以上に動物愛護(誤?)な国だと思います。2015年3月9日公開。

Nach Vergiftungen: Hundebesitzer in Angst
In Pressbaum (NÖ) haben zur Weihnachtszeit vier Hunde Giftköder gefressen.
Im Februar starb ein Hund in Nickelsdorf an den Folgen von Gift.
Nun wurde auch in Parndorf ein Hund Opfer eines Tierquälers. Hundebesitzer leben in Angst.

犬の被毒後に、恐怖におののく犬の飼い主
プレズバウムの北東部では、4頭が犬はクリスマスの時期に毒餌を食べました。
2月に毒の影響で、ニッへルスドルフの犬が死亡しました。
今回は、パルンドルフで犬が動物虐殺の犠牲者となりました。
犬の飼い主たちは、恐怖にさいなまれています。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毒エサ合戦

「犬の害に怒る犬嫌いが毒餌を撒いて多数の犬が殺傷さる」
http://plaza.rakuten.co.jp/da110011/diary/201005130000/
猫キチvsフン害被害者の抗争に似ていますね。こっちはネコですけど。

今現在、日本では犬による被害は非常に稀になっています。
犬フンの害もフランスよりはずっとましで驚異的だとかなんとか
(パリは地区によっては常に下を見て歩かないといけないそうです)。
やっぱり犬も猫も保健所による捕獲・回収が最適な対応策です。
ネコも含む悪性外来種の〈積極的な〉捕獲・回収さえすれば我が国はほぼ完璧な最先端ですね。
少なくとも日本の保健所は、愛玩家畜の銃殺・毒殺は普通しませんし。

公的機関がきちんやれば、私的駆除という戦争の巻き添えで飼い猫が死ぬことはないでしょう。
偶然脱走した飼い猫が、猫フン被害者の設置したナメクジ殺しに引っ掛かって死んだのでは、
まともな愛猫家には堪らんでしょう。よって保健所が捕獲回収すべき。
それでもまだ保健所の捕獲回収を攻撃するようなのは正真正銘の池沼なのかな。
実に不可思議です。8週齢規制とかペットショップ規制とか。わけわからん。

うちの犬は生後1月ちょっとで譲られて来ましたが、ちゃんと育ちました。
非社交的でしたが、台メスになって子供を産んで育てて、極真っ当な犬でした。
それと耳も垂れている時期に生き別れても同胞犬を憶えていたのには驚きました。
しかも狩猟訓練で協働までしてました。

公的な且つ積極的な捕獲回収が可能となって後(想像)

余計な続きですが、
野良猫の捕獲回収ができるようになれば、愛護活動家としては、残るは
飼育禁止に向けて動くのみになるはずです。
(なんで愛護(誤)は「飼育禁止」を主張しないのでしょうか)

飼育自体を例外的な事象にすれば、
犬猫の所有に要する資力に足り、且つ犬猫の特性を御するだけの技量ある者だけが飼育して、
結果、飼育放棄がなくなり、需要大により売れ残りがなくなり、殺処分も減るといい事尽くめに。

ペットショップも倒産するけど、元々不要かな。ハンターに菓子折りと交換で譲ってもらえるし。
そうなると、犬や犬屋(ペットショップ)を規制したり、犬をトレーナーに預けたり、でなく、
飼い主への規制、飼い主が訓練士に訓練を受けるとかが必要になりますね。犬種が犬種だから。
飼い主を訓練するのは時間的、経済的にかなり負担ですね。自動車学校、教習所ならぬ飼い主学校、教習所。

犬猫を飼育するのはピアノやお琴、単車や登山のように金と根気の双方が要る道楽ですね。
獣猟犬種を飼っていると怒鳴るとか首根っこ掴んで振り回すなんて普通です。エキサイティングでいいですよ。
「犬猫を助けて!」でなく「犬猫を軽い気持ちで飼うんじゃねえぞ!」と訴えましょう!
これは今でも言うべきです。ペットショップの前にそんなポスターを貼りましょう! 営業妨害か(笑)

Re: 毒エサ合戦

虫様、コメントありがとうございます。

> 「犬の害に怒る犬嫌いが毒餌を撒いて多数の犬が殺傷さる」
> 猫キチvsフン害被害者の抗争に似ていますね。

まさにそれを言おうとしているのです。
ドイツなどでの犬の毒殺に関する記事はしばらく連載しますが、TVニュースの録画もありますが、本当に頻度が高いようです。
「ドイツでは、ほぼ毎日犬が毒殺されている」とありました。
はっきり言って、ドイツは、犬でも猫でも不適正飼育です。
法律でリードが義務付けられていてもしない人が多く、犬の咬傷事故発生率は日本の10倍です。
犠牲になるのは、大概無抵抗の乳幼児で、死亡事故も度々起きます。
犬糞放置もひどい。

日本の愛誤は、「ドイツの犬は躾けられてノーリードでも事故を起こさなく、ドイツ国民も犬に対する理解があって素晴らしい共存関係だ」と言っていますが嘘です。
大体危ない生き物で、死亡事故すら度々起きているのに、無管理状態を国や州が権利として認め、市民も暖かく不適正飼育を受け入れているわけがないでしょう。
愛誤の妄想の世界だけです、そんなのは。

それは日本の猫にも言えます。
野良猫愛誤が主張しているのは、野良猫外猫の被害を無関係な人が限なく受認し、野良猫愛誤のわがままが通るのが「動物愛護に先進的」ということでしょう。
それはありえません。
構造は、「犬のノーリードが良いこと(=大嘘)」とされているドイツと同じです。
どちらもありえないのですよ。


> 日本では犬による被害は非常に稀になっています。

国際的に見ても、私は公的統計ではドイツ(年間咬傷事故3万件、日本5千件台)、イギリス(ドイツと似たようなもの)、アメリカ(ドイツよりひどい)しか見ていませんが、日本は突出して犬の咬傷事故発生率・数が少ないのです。

また、日本の犬が、ほとんどリードをつけているから、仮に毒餌を仕掛ける人がいても、拾い食いしないため毒殺が少ないという理由もあるでしょうが。


> 犬フンの害もフランスよりはずっとましで驚異的だとかなんとか

パリのひどさは国際的にも有名です。


> やっぱり犬も猫も保健所による捕獲・回収が最適な対応策です。

犬は日本ではそうしてきたから、殺処分率・数の実数が、国際的にも極めて低くなっています。
私は、犬の飼育は、日本は国際的にももっとも進んでいると思います。
問題は猫です。


> ネコも含む悪性外来種の〈積極的な〉捕獲・回収さえすれば我が国はほぼ完璧な最先端ですね。

そう、まさに世界に冠たる、「動物愛護先進国w」です。


> 少なくとも日本の保健所は、愛玩家畜の銃殺・毒殺は普通しませんし。

ドイツでは、民間人ハンターが通年犬猫を射殺しますし、浮遊状態であれば、明らかに純血種で飼い犬猫であっても射殺は合法です。
放し飼いのメインクーンが射殺された、リードなしのラブラドールが飼い主の至近距離で射殺された事件は、全くお咎めなしでした。
飼い主が騒いでも、警察は事情聴取さえしなかったようです。


> 公的機関がきちんやれば、私的駆除という戦争の巻き添えで飼い猫が死ぬことはないでしょう。

全くそう思います。


> 偶然脱走した飼い猫が、猫フン被害者の設置したナメクジ殺しに引っ掛かって死んだのでは、
> まともな愛猫家には堪らんでしょう。よって保健所が捕獲回収すべき。

そうです。
野良猫愛誤や、猫の外飼いなどの不適正飼育者は、適正飼育者の敵です。
ドイツには、反犬サイト、gegenhundがありますが、そこには犬用毒餌の作り方が掲載されています。
日本の掲示板と構図は全く同じです。


> それでもまだ保健所の捕獲回収を攻撃するようなのは正真正銘の池沼なのかな。

ドイツの犬愛誤にも似ていますね。
リードなしの犬がハンターや警察官に射殺され、毒餌で殺されてもリード義務に反対し、犯罪でも放し飼いをする犬愛誤がいます。
まあ、ドイツにも猫愛誤もいて、純血種の猫も射殺されているのですが。
犬や猫が合法的に射殺できる国で、放し飼いやリードなしにする方が落ち度があるでしょう。
毒餌でも、犬はリードを付ける、猫は放し飼いしなければ何も怖くありません。
ドイツのマスメディアにも、犬の飼い主が「私はリードを必ず使用している。だから毒餌攻撃の被害に遭うことはない」とコメントしています。


>8週齢規制とかペットショップ規制とか。

枝葉末節です。
それが殺処分現象に結びつく理論的整合性はありません。
離乳前に母親と離すのは良くはないでしょうが、遅すぎても人との社会化が遅れます。


> 耳も垂れている時期に生き別れても同胞犬を憶えていたのには驚きました。

わが父が譲渡した猟犬もそうです。
数年ぶりに同腹の子と合ったときは、どちらも覚えていました。

Re: 公的な且つ積極的な捕獲回収が可能となって後(想像)

虫様

> 野良猫の捕獲回収ができるようになれば、愛護活動家としては、残るは
> 飼育禁止に向けて動くのみになるはずです。

完全に「殺処分ゼロ」を達成するためには、野良猫ノネコを根絶し、なおかつ猫の飼育を禁じる以外ないでしょうね。


> 飼育自体を例外的な事象にすれば、
> 犬猫の所有に要する資力に足り、且つ犬猫の特性を御するだけの技量ある者だけが飼育して、
> 結果、飼育放棄がなくなり、需要大により売れ残りがなくなり、殺処分も減るといい事尽くめに。

次善の策として、飼育を免許制にして飼い主の把握を公が管理すること。
それにはコストがかかりますから、かなり高い犬税猫税を課さなければなりません。
ドイツの犬税は良いのでしょうが、無登録犬が4割もいるのが問題です。
猫も、管理飼育が国際的な潮流です。


> 犬や犬屋(ペットショップ)を規制したり、犬をトレーナーに預けたり、でなく、
> 飼い主への規制、飼い主が訓練士に訓練を受けるとかが必要になりますね。

供給側ではなく、需要側を規制するということですね。
それは私も主張しています。
愛誤が、なぜ供給側の期生しか言わなのか理解できないです。
つまり殺処分現象より、供給(それも特定の業態)を攻撃することが本来の目的なのでしょう。


> 飼い主を訓練するのは時間的、経済的にかなり負担ですね。

だからそれは全て飼い主負担です。
諸外国ではそうです。
スイスなんて、特定犬種の飼育免許を得るためには、確か日本円換算で10万円くらいかかったと記憶しています。


> 犬猫を飼育するのはピアノやお琴、単車や登山のように金と根気の双方が要る道楽ですね。

それでいいと思います。


> 「犬猫を助けて!」でなく「犬猫を軽い気持ちで飼うんじゃねえぞ!」と訴えましょう!

同感です。


> これは今でも言うべきです。ペットショップの前にそんなポスターを貼りましょう! 

それも同感です。
私は愛誤のペットショップ叩きを批判していますが、ペットショップを擁護しているわけではありません。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR