続・ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Yahoo! Nachrichten Japan berichtet.
”In Berlin,Hunde dürfen außerhalb eines eingefriedeten Besitztums unbeaufsichtigt sein.
Es besteht keine Notwendigkeit der Leine an den Hund,
auch an öffentlichen Orten.”
Das sind alles Lügen.
Ich bin sehr überrascht, \(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!
Reporter lesen Sie dies!
Berliner Hundegesetz


 記事、ドイツ、ベルリンのバ飼い主と日本のマスゴミ~ベルリン州の犬のリード規則の続きです前回記事では、ヤフー!ニュースにおける、ドイツベルリン州の、犬のリード規則に対するロイターの動画放送を日本語訳して報じていましたが、不適切(誤訳と言っても過言ではないと思います)があることを書きました。さらに、元のロイターの英語報道も曖昧、さらには誤りとも言える箇所があり適切ではありません。今回は、具体的にそれを示します。


 問題の、ヤフー!ニュースの記事、ベルリン 豪華ペットレストランが開店、放し飼い散歩禁止に一役(2015年3月2日)では、ロイターの英語ナレーションのビデオニュースに日本語訳字幕をつけています。それを全て書き出しました。


リードなしの犬の散歩をベルリン市が禁止しようという折ーペットの犬や猫用のレストランがオープンしました。
グリューネヴァルトのこの店では、飼い主はペットと食事ができます。
サーモンや鹿肉と、メニューは超豪華ですがー
声楽家、ド・ビンター氏の愛犬は目もくれないようです。
果物でも野菜でもなんでも食べますよ。
開店当日は、ペット連れの客で大盛況。
いいですね、ケーキが気に入ったようですよ。
果たしてこの企画は成功するでしょうか。
市のリード条例はペットオーナーの不興を買っていますが、ペットのことになると見境がなくなる人がいるからでしょう。



 英語のナレーションの全てと、その日本語訳が以下のとおりです。


As Berlin gets set to ban off-leash dogs from several popular sites, One restaurant is bucking the trend and opening its doors to its furry friends.
Located in a popular dog-walking spot in the Gruenewald forest, both dogs and owners can stop by for a bite.
But despite the de luxe menu on offer from salmon to kangaroo and deer antlers.
German singer Henry de Winter says his beloved pet Bobby isn't too picky.
"He eats vegetables, he eats fruit, he eats, well, yeah. Almost everything." On opening day, dog-owning customers seemed enthusiastic.
"It was cool. The dogs loved the cake and the treats. It was great."
Will the restaurant scheme take off? It remains to be seen.
But after the city's new dog-walking regulations unleashed a fury among pet owners, there are bound to be some who will go crazy for canine cuisine.

ベルリンでは、いくつかの人気のある場所(犬のノーリードが認められている特別に許可されているエリア)では、ノーリードの犬を禁止するように設定されましたが、ひとつのレストランではその流れ(犬のノーリード禁止)に抵抗して、毛皮で覆われた友人(犬)に門戸を開いています。
(そのレストランは)グリューネヴァルトの森(ベルリン州で、特別に犬のノーリードが許可されているエリア)の、人気の犬の散歩スポットに位置していますが、犬と所有者の両方に、犬が咬まないことを条件に、(犬のノードを)しなくても良いとしています。
しかし、デラックスメニュー、鮭からカンガルー、鹿の角を提供するにもにもかかわらず、ドイツの声楽家、ヘンリー・デ・ヴィンター氏は、彼の最愛のペット犬、ボビー(犬の名)にとって、はあまりにもうるさいのではないかと言います。
「ボビー(犬の名)は、果物を食べ、野菜を食べ、ほとんど全てのものをよく食べますよ、ええ」。
開店時には、犬の飼い主のお客様は、熱狂的に見えました。
「かっこいい。犬はケーキやお菓子を好みました。素晴らしい」。
このレストランのやり方は軌道に乗るのでしょうか?
それはまだ分かりません。
 しかし、市の新しいノーリード犬の散歩規則の後の犬の飼い主の間での、怒りのパワーは、必ず何人かは犬の料理で夢中になります。



 ヤフー!ニュースの、日本語字幕の不適切な訳文を順を追って挙げます。まず「リードなしの犬の散歩をベルリン市が禁止しようという折」ですが、ベルリンは行政単位である「市」がひとつしかない「州」です。従って、ベルリン州は州法です。でうから、「ベルリン市」も、「条例」も適切ではありません。
 さらに、この文章を読めば、「現在ベルリン州では、全域で犬のノーリードが認められている」と誤解を招きます。実際は、ベルリン州内では、一部のごく限られたエリアのみ(12箇所に過ぎません)に限り、犬のノーリードが許可されています。
 
 これは、ベルリン犬法 州法(Berliner Hundegesetz)の条文にもあります。(独)2. inWaldflächen, die nicht an den Zugangswegen durch besondere Schilder ausdrücklich als dafür freigegeben gekennzeichnet sind (Hundeauslaufgebiete)「特別に、森林地域の中の「犬のための特別な領域」で、特別に許可を表示された道以外においては(犬のノーリードは)禁止する」です。
 ロイターニュースが取り上げた、グリューネヴァルトは、その例外的に犬のノーリードが認められたエリアです。例えばこのようなドイツのマスメディア、Berliner-Zeitungの記事があります。Forstamtsleiter will Hundeauslaufgebiet im Grunewald begrenzenLeinenpflicht am Seeuferに、このような記述があります。
 (独)"rechtsfreie Zone" bezeichnet er mittlerweile das Hundeauslaufgebiet Grunewald. Dort dürfen die Tiere ohne Leine umherlaufen. 「『法律で認められた犬のリードが必要ないエリア』」と、今ではグリューネヴァルトは犬のエクササイズエリア呼ばれています。そこでは、犬は、リードなしで走り回ることがあります」。その上で、「ノーリードのドーベルマンが歩行者の尻を噛んだ」などという事件で、森林管理官は我慢の限界に達し、「このエリアでも、犬のリードを義務付けるべきだ」としています。

 ヤフー!ニュースの、英語ナレーションの日本語訳字幕では、「現在、ベルリン州全域で、犬のノーリードが認められている」と言う意味になります。元の英語ナレーションでも、(英)As Berlin gets set to ban off-leash dogs from several popular sites, 「ベルリンでは、いくつかの人気のある(ノーリードが許可されている)場所では、ノーリードの犬を禁止するように設定されましたが」とあり、ベルリン州全域で、現在犬のノーリードが認められているとはしていません。なお、ベルリンでは、2016年に、州法である犬法を改正施行することを予定しています。その内容は、犬のフリーエリアのいくつかを廃止してリードを義務付け、さらに特別に許可されたエリア以外市街地では例外なく犬のリードを義務付けるというものです。さらには、犬を散歩させる時には、犬糞バッグの携行を義務付けました。
 英語のナレーションも、曖昧ですが、それを日本語訳にした字幕も偏向が加わって、事実とは異なる報道となったということです。そのような箇所は、ほかにもあります。少し長くなりましたので、それは次回以降の記事で述べます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR