ティアハイムのあまりにも暴利で阿漕(アコギ)な商売~猫の飼育委託費が月額7万円、引取り料金が4万円以上とは!






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Preise der Tier Heim ist sehr teuer ,in Der Schweiz.
Auch auf diese Weise, um HP Tier Heim Ttierheim Paradiesl geschrieben.
DIENSTLEISTUNGEN UND PREISE
”KATZEN – Pensionspreise und Angebot
Fr. 17.– pro Tag Katzenhaus mit 100m2 Auslauf, Gruppenhaltung, Markenfutter.
jede weitere
Fr. 14.– pro Tag Katzenhaus mit 100 m2 Auslauf, Gruppenhaltung, Markenfutter.
Möchten Sie einer kastrierten Katze ein neues Zuhause schenken liegt der Übernahmebetrag bei Fr. 300.– excl.
Möchten Sie eine Katze abgeben ist der Abgabebebetrag für Leute aus den Kantonen Ob- und Nidwalden Fr. 100.– (wenn die Katzen kastriert und vollständig geimpft sind) ansonsten je nach Aufwand.
Ausserkantonal erheben wir einen Abgabebetrag von Fr. 300.–.
Alle Preise verstehen sich excl.”
NHK (Japan staatlichen Medien) hat berichtet, dass "Tier Heim ist eine Non-Profit".
Es ist eine große Lüge.


  記事、ティアハイムのあまりにも暴利で阿漕(アコギ)な商売~犬の販売価格が600スイスフラン(日本円で約8万円)以上だって!!!ティアハイムのあまりにも暴利で阿漕(アコギ)な商売~犬の委託飼育料が一日当たり32スイスフラン(日本円で約4,000円)!それだけ払えば終生飼育して当たり前でしょう!、の続きです。これらの記事では、スイスのティアハイムでの犬の譲渡価格と飼育委託の料金について述べました。例えばメスの成犬の販売価格が不妊済みのものが付加価値税(消費税)やティアハイムの入会金などを加算すれば、日本円で十数万円になり、大型犬の飼育委託料も、月額日本円で10数万円になることなどです。今回は、猫の引き取り手数料などについて紹介します。


「阿漕(アコギ)」の意味


 前回、前々回でも引用した、スイスの、Tierheim Paradiesli 「ティアハイム パラディスリ」のHPから引用します。今回は、当ティアハイムにおける、「猫の引き取り価格と飼育委託費」について紹介します。
 DIENSTLEISTUNGEN UND PREISE 「サービスと価格」。


KATZEN – Pensionspreise und Angebot
Fr. 17.– pro Tag Katzenhaus mit 100m2 Auslauf, Gruppenhaltung, Markenfutter.
jede weitere
Fr. 14.– pro Tag Katzenhaus mit 100 m2 Auslauf, Gruppenhaltung, Markenfutter.
Möchten Sie einer kastrierten Katze ein neues Zuhause schenken liegt der Übernahmebetrag bei Fr. 300.– excl.
Möchten Sie eine Katze abgeben ist der Abgabebebetrag für Leute aus den Kantonen Ob- und Nidwalden Fr. 100.– (wenn die Katzen kastriert und vollständig geimpft sind) ansonsten je nach Aufwand.
Ausserkantonal erheben wir einen Abgabebetrag von Fr. 300.–.
Alle Preise verstehen sich excl.

猫ー老猫ホームの料金とご提案
一日当たり17スイスフラン(日本円で2,159円。1スイスフラン=127円)です。
100平米の運動場付きの集合猫舎(個室ではない)で、一流メーカーのフードが提供されます。
猫を追加した場合。
一日当たり14スイスフラン(日本円で1,778円)です。
100平米の運動場付きの集合猫舎(個室ではない)で、一流メーカーのフードが提供されます。
あなたが去勢済の猫に新しい家を与えたい場合(新しい飼い主に譲渡する)は、地元でなければ猫の引取り料金は、300スイスフラン(日本円で3万8,100円)をお支払い下さい。
オプヴァルデンとニトヴァルデンの州内の方であれば、対処(猫は去勢と完全に予防接種をしている場合)がされていれば、それに応じて料金は100スイスフラン(日本円で1万2,700円)です。
州外の方であれば、料金は300スイスフラン(日本円で3万8,100円)です。
価格は全て税抜きです。
それに付加価値税(消費税のようなもの。8%)がかかります。



 スイスの猫の飼い主さんは、「猫が飼えなくなった。でも安楽死させるのは忍びない」となれば、確実にティアハイムで終生飼育してもらおうとなれば月額で約7万円以上もかかるのですね(上記の料金に付加価値税と利用の際にはティアハイムの入会金なども必要なためです)。
 引き取ってもらうには、ティアハイムと同じ州内でワクチン、不妊去勢手術済みであれば1万2,700円+付加価値税とティアハイムの入会金などで済みます(それでも高価だと思います)。しかし州外であれば、総額は4万円を超えます。

 なお、老猫老犬ホームでの飼育委託と、引取りの違いは、所有権が移転するか否かの違いです。老猫老犬ホームに飼育委託する場合は、飼い主に所有権があります。ですからいつでもティアハイムから引き出せますし、処分権(第三者に販売することや殺処分すること)は、ティアハイムにはありません。
 対して「引取り」は、元飼い主から、犬猫などの所有権がティアハイムに移転します。つまりティアハイムが第三者に販売する、殺処分を行うことができます。なお、ティアハイム(英語圏ではアニマルシェルターですが)に犬猫などを引き取ってもらった場合、その後のことは聞かないのが不文律だそうです。猫を300スイスフランで引取り、右から左へ安楽死処分すれば儲かりますね。引取り料金より安楽死の料金の方が、はるかに安いからです。ティアハイムは完全民営企業ですので、施設内での犬猫などの、殺処分数や率など公表する義務はありません。だから真実は闇の中ですが(大笑い。


(追記)

 本記事とは関係ありませんが、読者様からソースを頂いたので、こちらで紹介します。記事、「イギリスではペットショップでの生体販売が法律で禁じられている」という大嘘が、なぜ日本で定着したのか?ー4 イギリス法の曖昧な翻訳とマスメディアの嘘報道、愛誤団体等の拡散により、嘘情報はモンスターと化した、に頂いたコメントです。


ajna様

イギリスのペットショップの画像があるといいかなと探していて
たまたま見つけました。
イギリスのラジオ局の記事みたいです。
”London Humane Society Praises Proposal to Ban Sale of Cats and Dogs in Pet Stores”2013.8.16
ロンドン動物愛護協会会長はペットショップでの犬猫販売禁止を市議に支持するよう要請
要請するんだから禁止されてないってことですね。



(画像)

 ロンドンのペットストア。

イギリス ペットストア
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい商売だ

愛誤が日本でもティアハイムを!と言うのは、こういう阿漕な営利目的の商売を目指している訳だったのですね!
愛誤は金亡者ばかり!

Re: いい商売だ

フェイル様、コメントありがとうございます。

> 愛誤が日本でもティアハイムを!と言うのは、こういう阿漕な営利目的の商売を目指している訳だったのですね!

そういうことだと思います。
マスメディアも懐柔して、「動物愛護先進国ではペットショップで生態販売を禁じている。ティアハイムから譲渡を受けるが常識」と嘘プロパガンダをたれながしていますが、事実は私の記事の通りです。
「ティアハイムは非営利」と嘘情報を垂れ流し、「タダか、ほとんどタダで犬猫などの譲渡をしている」と衆愚に誤解させます。
そして最終目的は、既存のペットショップを潰して、ティアハイムのような阿漕な商売でペット販売を独占しようとしているのではないですか。


> 愛誤は金亡者ばかり!

ティアハイムのモデルが日本で成り立てば、ウハウハな商売です。
しかし自由主義経済下では、特定の業態がその業種を独占してはならないのです。
なぜならば、自由競争が阻害されれば、特定の者の利権の温存になるからです。
「欧米でティアハイム(アニマルシェルター)でしか、犬猫が入手できない国」なんてないです。
ティアハイムもビジネスのからくりが周知されてきて、ドイツでも巨大生体販売ペットショップの台頭により、
「客離れ」を起こし、倒産が相次いでいます。
ティアハイムで犬猫を求める客は一定数あるでしょうが、ニッチな市場です。
それが真実です。

ヤフコメの犬猫ファンはバカばかり

記事とは直接関係ないのですが

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-00061018-toyo-bus_all

こちらのヤフーニュースには相変わらず「殺処分を減らすためには業者を規制すべき」等の的外れなコメントばかりです。
いわゆる猫島がたった数匹の置き去り(外飼い?)猫が無責任な善意による屋外給餌のために数百匹にもなることを考えれば問題は業者ではなく「無責任な善意から屋外飼育や無管理猫への給餌や延命支援(段ボールを提供するなど)をする連中」であることは明白でしょう。
いわゆる猫島の猫なんて今まで自然死した個体も含めれば(某写真家先生は住民の「猫の死骸は見たことない」と言う発言を真に受けていらっしゃいましたけどw)99,9%位は「無責任な善意」が生み出した個体であり「ショップで衝動買いする人や捨てる人」がいなくても無責任な善意を持った人間がいるだけであれだけ猫は増えるという分かりやすい証拠なのに。
結局さんかくたまごさんが常々おっしゃる「何らかの利権を守るための意図的にリークされた誤情報や恣意的な考え方」に騙されて動物愛護に対してさほど真摯に考える気のない犬猫ファンの声が大きくなってしまうことがさらなるおかしな世論に結びついてしまっているのだろうなあと感じます。

Re: ヤフコメの犬猫ファンはバカばかり

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> こちらのヤフーニュースには相変わらず「殺処分を減らすためには業者を規制すべき」等の的外れなコメントばかりです。

ヤフーニュースの変臭部には、愛誤カチカチの方がいらっしゃるのでしょう。


> いわゆる猫島がたった数匹の置き去り(外飼い?)猫が無責任な善意による屋外給餌のために数百匹にもなることを考えれば問題は業者ではなく「無責任な善意から屋外飼育や無管理猫への給餌や延命支援(段ボールを提供するなど)をする連中」であることは明白でしょう。

私は、動物福祉の実現には、①供給側。ペットショップや譲渡団体が適正譲渡すること、と、②需要側。飼い主、買主が適正飼育すること、の両方が必要だと思います。
しかし日本では、①の規制ばかり、さらには特定の「ペットショップ」という業態ばかりの締め付けを求めています。
①でも、アニマルホーダー化した犬ボラ猫ボラの問題(これも動物愛護に反します)や、②の飼い主の規制は全く触れられません。
それはすなわち、動物福祉の実現という、別の目的であると私は推測します。


> 猫島の猫なんて今まで自然死した個体も含めれば99,9%位は「無責任な善意」が生み出した個体であり「ショップで衝動買いする人や捨てる人」がいなくても無責任な善意を持った人間がいるだけであれだけ猫は増えるという分かりやすい証拠なのに。

例えば、シンナーの不正吸引ですが、供給側の規制は例えなくても(例えば接着剤などにはトルエンが含有していますが、それらの製品は規制されていません)、需要側、つまり不正吸引する少年などを補導処罰することで不正吸引の防止に効果があります。
むしろ、需要側の規制の方が重要であると思います。


> 「何らかの利権を守るための意図的にリークされた誤情報や恣意的な考え方」。

そう疑わざるを得ませんね。
世界的に見れば、動物愛護政策では、供給側より、需要側の規制が主です。
日本で喧伝されている「欧米では生体販売ペットショップはない」は、日本で創作された大嘘情報です。
欧米とも、特に猫の飼育規制の強化を勧めています。
アメリカでは多くの自治体が、例外なく野良猫への給餌を禁じ、違反者には懲役90日、実際逮捕者も数多く出ていますし、実名報道され「痴漢並みの犯罪」と糾弾されています。
ドイツでは、2013年に連邦法改正で、猫の飼育に関して個体識別、登録、不妊去勢義務を、各州で立法化することを求めました。
ドイツは、猫TNRの公的制度は未だに一度もありません。
つまり餌をやればその猫の飼い主とみなされ、登録、個体識別、不妊去勢がなければ犯罪となります。
対して、供給側に対する規制強化は、ないこともないですが(例えばチューリッヒ州の動物の行商禁止など)、それほど規制強化に動いているという感じはありません。
スイスドイツは、相変わらず日本で禁じているインターネット販売の規制はしないようですし。

またまたNHKに問合せをしました。相変わらずガン無視です(笑い。

http://www1.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2014/141122.html
あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?

本番組では、「ティアハイムは非営利事業である」としている。
しかしティアハイムの犬猫などの譲渡(販売)価格や、引取り、さらには老猫犬ホームの料金は極めて高額である。
またティアハイム自身も、Wir sind nicht wertlos 「我々は無料サービスをしていない」、つまり「慈善事業じゃない」というニュアンスを述べている。
さらに、ティアハイムの不要犬猫引取り、販売、老猫犬ホームでの売上には消費税が課税され、収益には法人税が課せられる。
非営利であれば、課税されないはずだが(日本の非営利法人である公益法人には法人税、消費税は課せられない)。
ティアハイムが非営利である根拠を必ず回答せよ。http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-578.html

No title

スイスの委託代金が月額7万… 比較的郊外や田舎の大学生のアパート家賃が月3~4万、それより高い…??日本大学生の下宿生並みにお金がかかって、しかも個室じゃないだなんて。 
部屋に預けられるのは元飼い猫だからリスクは低いのかもしれませんが、病気持ちと同じ部屋だったら長生きできるとも限りませんしね…元々老猫だから長生きしないかもですがね。
それでも、飼えなくなった動物のために自分で手を汚したくない人のための代金とおもえば安いのですかね。
飼う人(&保護する人も)は「自分が(病気・移転・災害・破産etcで)飼えなくなった時どうするか」を考えてからペットを拾え、飼えってことには尽きますけど。

それはそうと日本でティアハイム目指す人たちは、(もし生体販売禁止が成立したなら)ただで生体譲ってくれるのかどうかも気になりますね。禁止しても薬物の通販や売春のように闇だってでてくるから成立はしませんがね。
うちの両親なんて「動物なんて金払って他人から買ってくるものじゃなくて、そこらにいる奴を取ったり貰ったりするもんだろ?なんでこんなに高いんだ?」みたいな認識ですし、
なんかの署名サイトでも「命を売買するなんてありえない!」(ペットフードも元は命だと思うけど)って言っておられますけど、獣医の医薬品だってタダじゃない。

日本の里親募集サイト http://www.pet-home.jp/all/ 
これ見ても猫が多いですね、品種系は殆どが飼い主決定に対して、雑種はあまり貰い手がついていない… 雑種犬猫が圧倒多数なティアハイムは成立するとは思えませんね。

やっぱり

こんなに儲かるなら私がティアハイム名古屋でもやろうかな。
(冗談です)

市場原理を無視した商売が繁栄するはずありませんねww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

THEO様、コメントありがとうございます。

> スイスの委託代金が月額7万… 比較的郊外や田舎の大学生のアパート家賃が月3~4万、それより高い…??

大型犬の飼育委託費なんて、日本のワーキングプアの収入並です。
スイスは物価が高いし、今はスイスフランが割高に買われているから、感覚的には物価は日本の2倍でしょう。
それでもティアハイムの料金は高いと思います。


> 部屋に預けられるのは元飼い猫だからリスクは低いのかもしれませんが、病気持ちと同じ部屋だったら長生きできるとも限りませんしね…

説明いたしますが、ティアハイムの入所は、ワクチン、不妊去勢済みが条件です。
ドイツのティアハイムのHPの引用をした時に、とのような記述があったと記憶しています。


>飼えなくなった動物のために自分で手を汚したくない人のための代金とおもえば安いのですかね。

ティアハイムが、新しい飼い主を探してくれると信じているのでしょうね。
スイスにも、純朴な人がいるのでしょう。
なお、このティアハイムでは、猫の譲渡価格は載っていませんでした(大笑い。



> 飼う人(&保護する人も)は「自分が(病気・移転・災害・破産etcで)飼えなくなった時どうするか」を考えてからペットを拾え、飼えってことには尽きますけど。

獣医師の安楽死を依頼するのが、一番安価なのではないですか。
しかしスイスは野良猫は多いと思います。
かなりの数が狩猟駆除されています。
捨てる人も多いのでしょうね。


> 日本でティアハイム目指す人たちは、(もし生体販売禁止が成立したなら)ただで生体譲ってくれるのかどうかも気になりますね。

それはないと思います。
ティアハイムのビジネスは、猫ボラ犬ボラと同じですから。
犬猫ボラも、結構な値段で原価タダ(もしかしたら引き取り手数料をとっているところもあるかもしれません)のものを、4万円くらいで売っていますから。


> なんかの署名サイトでも「命を売買するなんてありえない!」(ペットフードも元は命だと思うけど)って言っておられますけど、獣医の医薬品だってタダじゃない。

よく見ますね。
肉食うな、という以前に、肉食動物を飼うな!


> 雑種犬猫が圧倒多数なティアハイムは成立するとは思えませんね。

引用したHPおティアハイムは、猫の販売価格は載っていません。
売れないから商売にならないのでしょう。

Re: やっぱり

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> こんなに儲かるなら私がティアハイム名古屋でもやろうかな。
> (冗談です)
> 市場原理を無視した商売が繁栄するはずありませんねww

ヨーロッパがかつて、国境移動が自由化されていなかった頃に、ドイツやスイスの動物愛護団体の圧力でペットの販売が自由に、事実上できなかった頃にしか通用しないビジネスモデルです。
だから、ヨーロッパでの国境移動が自由化され、それに東欧も加わり、安い仔犬がドイツやスイスに自由に入ってくる今日では存亡の危機に立たされています。
事実、ドイツ。スイス、オーストリアでは、倒産するティアハイムが続出しています。
「犬猫などのペットはティアハイムでしか入手できない。ティアハイムが素晴らしく機能している」と絶賛しているのは、おそらく遠い異国の日本人だけでしょう。

No title

>ティアハイムの入所は、ワクチン、不妊去勢済みが条件
ほう、じゃあ喧嘩や狭所、それによるストレスくらいしかリスクはないのですね。
まあ野良になるよりは人様に迷惑もかけないし、餌はあるし、車に轢かれないし、いいですね。高いけど。

>(記事でのスイスのティアハイムでは)猫の譲渡価格は載っていませんでした
ということは、ティアハイムから猫は入手できないってことかもしれませんね(笑)じゃあネコはどこから来るのやら、ペットショップか野良がいるのは間違いないし”ティアハイムでしか入手できない”わけないですよね。
顧客がたくさんいるなら土地代と餌代以外あまりかからない、ボロい商売ですね! エサももしかしたら安いルートから買ってたりして(


記事とは関係ありませんが昨日偶然テレビ見たら猫だらけの島?、青島のことをTVタックル?で放送してました(2月23放送分)
ttp://youtu.be/WviSVJB-G6A または ttp://youtu.be/qrhJr135EjU の30分ごろから。

島民がネコが家の中に入ってくるとか家に尿かけられるって言ってて、やはり困ってるようでしたが、テーマが町おこし?だったせいか、出ているタレントが「観光地にすればいい!」とずっと主張してました。
市長インタビューでは ブームが去った時にどうなるかわからないから観光地化は考えてないのとのことでしたが、
住民がいなくなった後、船が出るのかはわかりませんが、観光地化よりは野良猫・ネコキチ専用居住隔離島にしてしまった方が一般人と住み分けできるしいいような。

Re: No title

THEO様、コメントありがとうございます。

> >ティアハイムの入所は、ワクチン、不妊去勢済みが条件
> ほう、じゃあ喧嘩や狭所、それによるストレスくらいしかリスクはないのですね。

そうでなければ、集合猫舎では繁殖し放題ですし、これだけ高い肥育委託費をとっていながら感染症で死なせては飼い主から損害賠償を請求されるかもしれません。


> 野良になるよりは人様に迷惑もかけないし、餌はあるし、車に轢かれないし、いいですね。高いけど。

欠点は、利用料が高価すぎることだけです。
ティアハイムが不要犬猫を無料もしくは無料で制限なく引受け、無料で終生飼育し、もしくは無料がそれに近い価格で一般に譲渡し、野良猫野良猫猫の発生がゼロならば、それは理想でしょうよ。
しかしそれは狂人も妄想。


> >(記事でのスイスのティアハイムでは)猫の譲渡価格は載っていませんでした
> ということは、ティアハイムから猫は入手できないってことかもしれませんね(笑)

ほかのティアハイムでは、猫の販売を行っているところもあるでしょう。
しかし猫の入手は、そこらへんで拾ってくるというのが多いというのが、万国共通のようです。
高いお金を払わなくても、タダでそこらへんにいくらでもいますから。
スイスでも野良猫、外猫の不正繁殖は多いと思います。
「飼い猫が射殺された」推定数は、年間1万を超えるようですし、老ハンターが猫を狩って食べるドキュメンタリー映像もあります。


> 顧客がたくさんいるなら土地代と餌代以外あまりかからない、ボロい商売ですね!

お客さんがたくさんいればの話です。
でも客離れを起こしている昨今では、ティアハイムの経営は、どこも苦しいようです。


>猫だらけの島?、青島のことをTVタックル?で放送してました(2月23放送分)
> 島民がネコが家の中に入ってくるとか家に尿かけられるって言ってて、やはり困ってるようでしたが、テーマが町おこし?だったせいか、出ているタレントが「観光地にすればいい!」とずっと主張してました。

青島かどうかは忘れましたが、猫島の問題の報道を読んだことがあります。
島には宿泊施設もなく、猫目当ての観光客は日帰りで短時間滞在するだけですので、何の経済効果ももたらさない、島の生活圏にまで入り込んで迷惑なだけ、と言うことでした。
また島民が猫好きというわけではなく、島外の観光客が餌をばら撒いていくので迷惑だとのことでした。


> 市長インタビューでは ブームが去った時にどうなるかわからないから観光地化は考えてないのとのことでした。

市長は賢明でしょう。
これらの島は限界集落化していますからね。
観光産業を起こそうとしても、起業する元気がある人や人材も不足していると思います。


> 住民がいなくなった後、船が出るのかはわかりませんが、観光地化よりは野良猫・ネコキチ専用居住隔離島にしてしまった方が一般人と住み分けできるしいいような。

都市部で、野良猫に餌をばらまいて迷惑がられている年金生活者の移住先として良いかもしれません。

猫のラクエン?

>また島民が猫好きというわけではなく、島外の観光客が餌をばら撒いていくので迷惑だとのことでした。

でも元をただせば島民の自業自得なんですよね、猫島って。だって自分たちが餌ばらまいて最初はたった数匹だった島を離れた人がおいてった猫を数百匹まで養殖したんだから。
そういった猫島に目を付けた野良猫マニアの有名カメラマンさんが島を紹介したせいで「(自分が世に知らしめたせいで)猫の楽園だった○○島に観光客が押し寄せるようになってしまった」とか言ってたんですけどいやいや、観光客以前の問題だろって思いましたよ。
たった数匹からの近親交配で増え続けた猫が大挙いる島が猫のラクエンの訳ないだろと、タダの猫地獄ですよ。避妊も去勢もせずに餌だけ与えて繁殖しまくってんだから野垂れ死にする猫が多数いなければ無尽蔵に増え捲るはずなのになぜかそういう心配をする猫好きの意見はほとんど聞いたことがないです。
ああいう島こそ動物愛護団体が徹底的に実態を調べるべきだと思いますけどね。

Re: 猫のラクエン?

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 元をただせば島民の自業自得なんですよね、猫島って。だって自分たちが餌ばらまいて最初はたった数匹だった島を離れた人がおいてった猫を数百匹まで養殖したんだから。

おっしゃあるとおり、日本で猫島と言われるいくつかの離島は、もともと島民が持ち込んだものです。
しかし多くは、江戸時代以前などの古いことです。
かつては栄養状態が悪くて、猫島と言えるほど繁殖しなかったのでしょう。
島民の自業自得+島外の無責任愛誤との相乗効果です。


> そういった猫島に目を付けた野良猫マニアの有名カメラマンさんが島を紹介したせいで「(自分が世に知らしめたせいで)猫の楽園だった○○島に観光客が押し寄せるようになってしまった」。

かの写真家氏のブログは、最近全く読んでいませんね、
内容をよく知らないので、レスに齟齬があったならばごめんなさい。
不妊去勢も不徹底、ワクチンや医療も施さない外飼いの猫たちが、楽園とは思えません。


> たった数匹からの近親交配で増え続けた猫が大挙いる島が猫のラクエンの訳ない。

遺伝性疾患も多発しているかもしれません。


>避妊も去勢もせずに餌だけ与えて繁殖しまくってんだから野垂れ死にする猫が多数いなければ無尽蔵に増え捲るはずなのになぜかそういう心配をする猫好きの意見はほとんど聞いたことがないです。

野良猫マニアって、刹那的に猫がニャーニャーなつけば満足なのでしょう。
ただのわがままで、無責任です。
都会の餌やりも、同根ですけどね。

Re2: 猫のラクエン?

サンジュ様のおっしゃる通り、自業自得な面もありますね…  おそらく初めの方は島の漁民が捨てた魚を餌にしてたのかも。
確かに、映像の青島は殆どが赤毛のトラ、田代島でヒットする画像の多くは黒白斑で、顔つきもほとんど似てます。
放っておけばどんな生き物もたいていは餌不足か、高密度からの病気蔓延で適当な数で減りますが、田代島の方は餌やりさんと、
ネコを救う医療プロジェクト?とかいう獣医チームの中途半端な医療(ワクチンとか治療)のせいで、さらに死亡数<<生産数になってそうです。動物福祉面でも正しいとは思えません。

あるいは、自分の手で殺すのが嫌で島に猫を捨てに来る方がいるなら、外部との異系交配で遺伝疾患もある程度はうまい具合に隠されてしまうのかもしれません。
島猫のエサやりや医療チーム(おそらくどちらも島外の団体)は猫を捨てに来る人を批判してますが、捨てた主は、
ある意味(島民の迷惑を考えないで、猫の群れ全体から見た場合は)ネコの群れの存続に貢献してるのだから同じ穴の狢ですよね。

その、ネコ歩きの野良猫写真家の人が、最近バナー広告でよく見かけるようになったWWFのサイトに顧問として名前が載っていたので、どんな人なのか、学者か何かなのか気になって調べてみたところ
ttp://www.calendar-club.com/shop/?mode=itemview&no=2015B9
ttps://www.facebook.com/miki9jonokai/posts/1301936983280684 みたいなものまで出てきて、少しびっくりしました。
わざわざ名前を出して2009年からこのカレンダーシリーズ出してるってことは提供とかしているのかな… Amazonでも結構ヒットしますし…
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4093881294  こんな本まで出しておられます、彼曰く「猫は平和を象徴する動物」だそうな?
もし動物を使って思想信条を通そうとしているような人なら…動物や子供を使って思想を通そうとするのって胡散臭い人が多いので、個人的にこの写真家さんの事がさらに嫌いになりそうです。

しかし、テアハイムじゃないけど、野良猫の写真も儲かるんですね、日本では日本の儲け方があります…

Re: Re2: 猫のラクエン?

THEO様、コメントありがとうございます。

> 自業自得な面もありますね…

それにしても、猫の繁殖力というのはすごいものです。
栄養状態がよければ、通年繁殖できるという強みです。


> 映像の青島は殆どが赤毛のトラ、田代島でヒットする画像の多くは黒白斑で、顔つきもほとんど似てます。

今まで感染症が流行しなかったのは幸か不幸か。
遺伝的に近いと体質が似て、感染症で全滅ということもありえると思うのですが。


> ネコを救う医療プロジェクト?とかいう獣医チームの中途半端な医療(ワクチンとか治療)のせいで、さらに死亡数<<生産数になってそうです。

中途半端にワクチン接種しているわけですね。
それで感染症で全滅しないのかも。


> 自分の手で殺すのが嫌で島に猫を捨てに来る方がいるなら、外部との異系交配で遺伝疾患もある程度はうまい具合に隠されてしまうのかもしれません。

捨て猫も、かなりあるかもしれません。



> 島猫のエサやりや医療チーム(おそらくどちらも島外の団体)は猫を捨てに来る人を批判してますが、同じ穴の狢ですよね。

同感です。
中途半端に関わるな。


> ネコ歩きの野良猫写真家の人が、最近バナー広告でよく見かけるようになったWWFのサイトに顧問として名前が載っていた。

なんで憲法9条と、動物写真が関係あるのか理解不能です。


> こんな本まで出しておられます、彼曰く「猫は平和を象徴する動物」だそうな?

この写真家さんが撮影者である、NHKBSの世界ネコ歩きという番組ですが、NHKの大物で、須磨章という人物の肝いりで採用されたとのことです。
須磨章氏ですが、彼も野良猫至上主義者です。

「世界ネコ歩き」は、猫の外飼い、野良猫の餌やり存在や餌やり容認といった、問題がある番組です。
読者様から、いくつかコメントをいただきました。
例えばフロリダ州ですが、フロリダ州は州内では例外なく餌やりを禁じています。
しかしフロリダ州の野良猫を、好意的に撮影しています。
また、沖縄の竹富島はイリオモテヤマネコの生息地で、イエネコによる交雑や感染症、ノネコとの生存競争を避けるために、管理厳しい猫の飼育条例があります。
そのようなところで、野良猫を良いものとしています。
この番組の問題点も指摘したいと前から思っていますが、なかなか書く機会がなくて・・・

そもそも誰も「猫を捨てる人」を見たことがないw

>> 自分の手で殺すのが嫌で島に猫を捨てに来る方がいるなら、外部との異系交配で遺伝疾患もある程度はうまい具合に隠されてしまうのかもしれません。

>捨て猫も、かなりあるかもしれません。


いやあ、それはないんじゃないですかね?田代島も青島も一日定期便が2,3往復する程度の離島ですよ?しかも現在では猫目当ての観光客が大挙押し寄せるような。
そんな中に猫を忍ばせたキャリーだのバッグだのを持って船に乗り込み何時間もかけて猫を捨てに行くなんてなんかの罰ゲームでしかあり得ない話だと思います。
パーキングエリアには良く犬猫が捨てられるという話と結び付けて(そもそもその話も眉唾ですが。単にパーキングエリアみたいな場所に犬猫がぽつんといれば珍しいから人々の記憶に残りやすいというだけでPAがペット遺棄場所のメッカになっているとは思えません、もし捨てる様な奴が存在するのであればそこいらの公園に捨てるでしょう)猫島にもわざわざ猫を捨てる人が後を絶たないから野良猫が増え続けると主張する人も見かけますけど「闇夜に乗じて」「自家用車で」遺棄できるPAとわずかな定期船に乗らなければ行くことが出来ない離島と一緒には出来ないと思います。
愛誤と呼ばれる連中には「ペットショップも捨て猫犯もいなくとも無責任な善意を振りかざした人間がいるだけで野良猫は増え続ける」と言う現実を猫島問題を通じてきちんと直視してほしいですね。現在猫島にあふれる猫は全て捨てられたわけでもなんでもなく野良が産んだ野良だと思いますしそれは本土の野良猫だって大した差はないと思います。
野良猫問題の縮図である猫島が今後猫問題をどういう風に解決していくかが市街地における野良猫問題を解決するための参考になればと思います。

捨てた確定的な証拠は確かにない!

確かに、それもそうですね… 捨てるな!捨ててあった系は関係者の作り話かもしれないですね…
blogs.yahoo.co.jp/kotyannomama/17140412.html
ウサギの島の方も捨てにくるひとがどうのこうのってありましたが、そもそもこういう系は個体管理してないから、もともといたけど今まで見かけなかった奴に騒いでる可能性もありますね。もしくは関係者のマッチポンプか。

しかも猫島のうちの一つには、必ずそこに行くわけではなく,日によってその島に人数の関係上停泊すらしないこともあるくらい不確定な便だそうですし。


獣医師が絡んでるなら、それこそ遺伝調べて近親交配モデルの研究対象にしたら有効利用できそう…。

Re: そもそも誰も「猫を捨てる人」を見たことがないw

サンジュ様

> >捨て猫も、かなりあるかもしれません。
> いやあ、それはないんじゃないですかね?

どうなのでしょうか。
後のTHEO様のコメントに、田代島に4匹猫を捨てた人物がいるとのブログ記事がリンクされています。
写真はその猫でしょうか。
耳が少したれていますね。
スコの雑種でしょうか。


> パーキングエリアには良く犬猫が捨てられるという話と結び付けて(そもそもその話も眉唾ですが。単にパーキングエリアみたいな場所に犬猫がぽつんといれば珍しいから人々の記憶に残りやすいというだけでPAがペット遺棄場所のメッカになっているとは思えません、もし捨てる様な奴が存在するのであればそこいらの公園に捨てるでしょう)。

日本でも、パーキングエリアに犬を捨てるという話があるのですね。
実はドイツでは、アウトバーンのSAや、はなはだしきは道路脇に投げ捨てていく(危ないなあ)という話は結構あります(それはティアハイムが「全ての動物を引き取る」ということが嘘であることの証明になりますね)。
また、一時期、それらの犬が警察官に射殺されるたことが頻繁に起きました。
それらはマスメディアでも報道されています。
その時期とは、闘犬カテゴリーの犬の飼育を原則禁止し、例外的に買う場合は難しい免許を得ることと、法外な犬税(年額2,000ユーロだなんて自治体もありました。27万円)。
なぜ近くの公園などに捨てないかといえば、近くだと帰巣本能で戻ってきてしまうため、アウトバーンで遠くまで行き捨てるとありました。
で、そのような捨て方をする人は、何度か捨てて、犬や猫が戻ってきてしまったのではないかと。
まあ、それがドイツの実態ですよ。
アメリカで、旅行先ではぐれた猫が、2,000キロ大陸を縦断して戻ってきた例があります。
離島でしたらまず戻れません。


> 愛誤と呼ばれる連中には「ペットショップも捨て猫犯もいなくとも無責任な善意を振りかざした人間がいるだけで野良猫は増え続ける」と言う現実を猫島問題を通じてきちんと直視してほしいですね。

田代島の捨て猫は、あったとしても例外でしょう。
無責任な餌やりが、野良猫増殖の根本原因です。


> 野良猫問題の縮図である猫島が今後猫問題をどういう風に解決していくかが市街地における野良猫問題を解決するための参考になればと思います。

同感です。
市街地での地域猫の失敗は、「猫を捨てに来る人がいるからだ」と、地域猫活動家らは弁解します。
しかしそれよりも、餌をやることこそ、野良猫増殖の根本原因です。

Re: 捨てた確定的な証拠は確かにない!

THEO様

> 確かに、それもそうですね… 捨てるな!捨ててあった系は関係者の作り話かもしれないですね…

作り話もあるかもしれませんし、一部では実際に捨てられたこともあるかもしれませんし、それを誇張して伝えた可能性もあります。


> 個体管理してないから、もともといたけど今まで見かけなかった奴に騒いでる可能性もありますね。もしくは関係者のマッチポンプか。

個体管理していなければ、実際のところ真実はわかりません。
ただヒントになったのは、無人島にまで猫を捨てに行く輩がいることです。
オオミズナギドリの営巣地の無人島で捨て猫が増え、ひななどを捕食するので被害が深刻だという例もあります。
釣り船とか、モーターボートで捨てに来るのでしょうか。
それと、ドイツのアウトバーンの路傍で犬を捨てる理由は、「近くで捨てると戻ってきてしまうから、クルマで遠くに捨てに行く」です。
ティアハイムが引き取ってくれたら、そのようなことをする人はいませんね。
離島でしたら戻ることは不可能です。
愛誤のやることは、常人では理解不能ですから。
何があるかわかりません。


> 獣医師が絡んでるなら、それこそ遺伝調べて近親交配モデルの研究対象にしたら有効利用できそう…。

いままで感染症で全滅しなかったということは、異系統が多少入っているかもしれません。

猫不幸の原因は猫好きの無責任な善意

Theo さんのリンク先のHP見させていただきました、でも本当かなあw
リンク先の人がそういってるだけだしそれだけじゃわからないですよね。てかそこまで覚えている位見張ってたのなら捨てるところを抑えろよ後から騒ぐ前にって思いますけどね。

>>捨てるな!捨ててあった系は関係者の作り話かもしれないですね…

>作り話もあるかもしれませんし、一部では実際に捨てられたこともあるかもしれませんし、それを誇張して伝えた可能性もあります。

私もそんなところじゃないかと思いますね。
まあ私もいわゆる猫島に過去「本土からの捨て猫が一匹もいなかった」とまでは思いませんけどそんなの猫全体の割合からすれば0、何%なのは間違いないですよ。餌やりによってガンガン繁殖しているのを横目に(そちらは大して咎めもせず)極々レアケースである「離島にわざわざ猫を捨てに来た酔狂者」だけをクズだのなんだの言ってののしってそんな「猫の味方である自分」に酔ってる人間の文章なんて見苦しくて見てられないですね私は。

リンク先の方は「猫島は猫の楽園ではない」とおっしゃられていますけどそれが解っているのならば○○島をそんな状態にした張本人である島民たち、あるいはいまだにその惨状を広げようとしている餌やり観光客に対してもクズだなんだと言えるんですか?って言いたいですね。やってる事は捨てる奴と同じじゃん。
野良猫問題に関して私は「わかりやすい悪を設定してそいつだけを叩く」事に意味はないと思っています。仮にそのリンク先の猫が捨てられたものであったとしてももはや猫問題全体としては無視していいレベルの割合でしかない訳ですから。
結局リンク先の人みたいに安っぽいヒロイズムに酔ってる猫ファンは餌やり等の「無責任な善意」よりも捨て猫や虐待のような「わかりやすい悪」を叩く方がやっていて気持ちが良いんでしょうね、だから常に根本原因の餌やりよりもその他の悪を探してそちらを叩く。なんだかなあって感じです。

今回の話でちょっと思い出した大昔のヤフー知恵袋の質問なんですが
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041837765

下の方の回答者によると「野良猫が野良猫になった原因の80%は捨て猫」らしいですww
もう猫飼いを見たら猫遺棄犯と思っていいレベルですね。これなんかも愛誤と呼ばれる連中が「わかりやすい悪が猫の不幸を作っている」と思い込もうとしている良い例だと思います。

猫の不幸を作り出しているのは猫嫌いのわかりやすい悪意ではなく猫好きの無責任な善意であるという事を周知していくことこそが不幸な猫を減らしていくうえでの大切な事ではないでしょうか?

Re: 猫不幸の原因は猫好きの無責任な善意

サンジュ様、こめんとありがとうございます。

> Theo さんのリンク先のHP見させていただきました、でも本当かなあw

田代島にわざわざ猫を捨てに行く人がいることは否定できません。
しかしそれが真実であろうと嘘であろうと、物事の本質ではないと思います。
田代島(その他の猫島でも)での猫問題は、第一に、無責任に餌をやって増やした島民、中途半端に関わる(似非)ボランティア、そば限り餌を与える観光客が原因です。


> そこまで覚えている位見張ってたのなら捨てるところを抑えろよ後から騒ぐ前にって思いますけどね。

同感です。


> >>捨てるな!捨ててあった系は関係者の作り話かもしれないですね…
> >作り話もあるかもしれませんし、一部では実際に捨てられたこともあるかもしれませんし、それを誇張して伝えた可能性もあります。
> 私もそんなところじゃないかと思いますね。

上記で挙げた、本当の原因を作っている人たちが、「捨て猫が悪い」と自分たちを擁護します。
それは、地域猫でも全く同じ図式です。


> 私もいわゆる猫島に過去「本土からの捨て猫が一匹もいなかった」とまでは思いませんけどそんなの猫全体の割合からすれば0、何%なのは間違いないですよ。

現在ある猫のうち、本土からの捨て猫が0%だったとしても、0.1%だったとしても、1%だったとしても、それは問題の本質ではないです。
それを強調するのは、猫問題の根本原因を作っている人たちの責任転嫁、言い逃れ。


> リンク先の方は「猫島は猫の楽園ではない」とおっしゃられていますけどそれが解っているのならば○○島をそんな状態にした張本人である島民たち、あるいはいまだにその惨状を広げようとしている餌やり観光客に対してもクズだなんだと言えるんですか?って言いたいですね。

それは、日本各地で行われている地域猫と、全く同じ図式です。
地域猫推進派は、捨て猫をことさら非難しますが、無責任餌やりはむしろ擁護します。


> リンク先の人みたいに安っぽいヒロイズムに酔ってる猫ファンは餌やり等の「無責任な善意」よりも捨て猫や虐待のような「わかりやすい悪」を叩く方がやっていて気持ちが良いんでしょうね。

だから野良猫問題は、一向に改善しないのですよ。
田代島はその縮図です。


> 下の方の回答者によると「野良猫が野良猫になった原因の80%は捨て猫」らしいですww

さらに、その捨てられた猫は、もともとペットショップが無責任に売った猫らしいですよ。
私のブログにも、そのような根拠のない持論で散々絡んできた方もいました。
殺処分される個体のほとんどが、離乳前の子猫です。
猫は、大体8週齡ぐらいまでに離乳を終えます。
8週齡前の子猫は、ペットショップでは売ってはならないのですけどね。
それと猫の入手先では、東京都で5%くらいです。
その5%の飼い主が、買った直後に捨てたとしても、殺処分数にみたないという矛盾した数値を示しても、その方は「ペットショップの売り方と、衝動買いした客が猫の殺処分と野良猫の原因である」と譲りませんでした。


> これなんかも愛誤と呼ばれる連中が「わかりやすい悪が猫の不幸を作っている」と思い込もうとしている良い例だと思います。

共通した敵を作ることが、カルトとしての結束を保つツールなのでしょう。
例えば、ハルマゲドンとか。


> 猫の不幸を作り出しているのは猫嫌いのわかりやすい悪意ではなく猫好きの無責任な善意であるという事を周知していくことこそが不幸な猫を減らしていくうえでの大切な事ではないでしょうか?

それは私は、過去にも客観的な統計数字なども駆使して、その周知に努力していました。
でも無駄な努力でした。
愛誤が信じるのは、カルトの「教義」です。
もう、理屈抜きなのです。
かの、東大呆学部出身のジャーナリストさんも、「殺処分の原因はペットショップだ。殺処分をゼロにするためにはペットショップをなくさなければならない」と言っています。
オウムでも、東大での医者が意味不明なことを言っていましたからね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR