トキソプラズマの新たに発見された危険性ー3 トキソプラズマは性感染症でもあるという怖い話





e-mail eggmeg@hotmail.co.jp

Domestic/inländisch

 近年、新たな危険性が次々と発見されているトキソプラズマ症ですが、性感染症でもあることがわかってきました。従来、トキソプラズマの感染ルートは、感染した家畜の肉を加熱が不十分なままたべることと、終宿主であるネコ科動物の糞便とともに排出されたシスト(原虫が硬い殻で覆われた状態のもの)を経口摂取することとされていました。しかし感染した哺乳類のオスの精子とともにシストが交尾中にメスの膣内に排出され、交尾によりトキソプラズマが感染することがわかってきました。哺乳類では、ラット、ネコ、イヌ、ヒツジで交尾によるトキソプラズマ感染が報告されています。当然、ヒトでも性交による感染がありうると考えたほうが良いでしょう。


トキソプラズマ症~ネコ科動物を終宿主とするトキソプラズマ原虫感染を原因とする疾患。


 近年、「トキソプラズマ症は性感染症でもある」との学術論文が、相次いで発表されました。日本の精神科医の方が、トキソプラズマの新たに発見された危険性をブログで指摘しています。精神疾患を予防するために感染症を予防せよ(トキソプラズマ・ゴンディ編 その1 )
 本ブログ記事では、このように記述されています。「ラットでは、トキソプラズマに感染した雄ねずみは、男性ホルモンであるテストステロンが激しく増え、感染していない雄よりも雌ねずみを強く引き付けて、優先的に交尾ができるようになるらしい。精子にはトキソプラズマが含まれているらしい。その結果、性行為を介した雄→雌へのトキソプラズマの垂直感染が可能になる。トキソプラズマは性病としても機能する。犬や猫でもそういった現象が知られている」。

 通常メスは、寄生虫に感染したオスを避ける傾向にあります。しかしトキソプラズマに感染したオスは、むしろメスの獲得に積極的になり、メスもトキソプラズマに感染したオスを好むようになるとの学術論文があります。オスがトキソプラズマに感染すれば、行動様式をよりメスを獲得する、メスに好まれるように変えるというのです。
 トキソプラズマ原虫が、寄生したオスのテストステロン(男性ホルモン)の分泌を活性化させてメスに好まれるように変化させ、さらには行動様式さえ変化させて、よりメスの獲得に積極的にさせるというのです。もちろん、トキソプラズマに感染したオスがより多くメスと交尾する機会が増えればメスに感染させる~トキソプラズマ感染個体が増える~トキソプラズマ原虫の増殖につながります。さらには、交尾したメスが妊娠すれば、胎児もトキソプラズマに感染します。トキソプラズマ原虫が、自らの増殖拡大のために、宿主の行動様式まで変化させるとは、考えてみれば恐ろしい話ではありませんか。

 「トキソプラズマが性交により感染し、メスはトキソプラズマに感染したオスをより好む」という学術論文は、精神疾患を予防するために感染症を予防せよ(トキソプラズマ・ゴンディ編 その1 )、にリンクがあります。Protozoan Parasite Toxoplasma gondii Manipulates Mate Choice in Rats by Enhancing Attractiveness of Males 「原虫寄生虫トキソプラズマゴンディは、宿主のオスのラットの性的魅力を高めることにより、交尾の相手の選択を操作します(寄生した宿主のオスの交尾の機会を増やす)」。2011年。より、以下に引用します。なお、こちらの論文は主に、Nanyang Technological University, Singapore, Republic of Singapore シンガポール南洋理工大学の研究者による研究です。


Females in various species typically avoid males infected with parasites.
Coevolving parasites are likely to attempt to circumvent this obstacle.
We report that Toxoplasma gondii, a sexually transmitted infection of brown rats, enhances sexual attractiveness of infected males.
Parasites can indeed manipulate host sexual signaling to their own advantage.
Recently, Toxoplasma gondii has been reported to be sexually transmitted in sheep and dog .
Toxoplasma gondii is a sexually transmitted infection in brown rats
Parasitic cysts containing bradyzoites could be visualized eight weeks post-infection in epididymis.
These cysts were viable; feeding them resulted in sero-conversion of uninfected females .
Mating with an infected male resulted in transmission of infection to females.
Despite invading reproductive organs, Toxoplasma gondii did not adversely affect sexual behavior or fecundity/fertility of infected males.
Likewise, infection did not affect the number of pups, weight of newborns or sex ratio of progeny resulting from mating .
Uninfected females preferred infected males.
Infected males gained greater reproductive opportunities
According to the behavioral manipulation hypothesis, a parasite may be able to alter the behavior of its host for its own selective benefit .
In this report, we show that Toxoplasma gondii is transmitted through sexual intercourse in brown rats, and that the parasite can manipulate mate choice of uninfected females.
This behavioral change plausibly enhances transmission of the parasite from males to females and their progeny.
This is supported by evidence of sexual transmission in sheep and dogs.

様々な動物種の雌は通常、寄生虫に感染した雄を避けます。
共生進化をした寄生虫は、この障害を回避しようしている可能性があります。
私たちは、性感染症であるトキソプラズマゴンディに感染した雄が、性的魅力を高めることを報告します。
寄生虫はまさに、自分に有利な性的発信を、宿主に対して操作することができるのです。
最近は、トキソプラズマゴンディは、交尾で羊や犬で感染することが報告されています。
トキソプラズマゴンディは、ブラウンラットでは性感染症です。
原虫が多数含まれたシストを、感染後8週間後の(ラットの)副睾丸に視認することができました。
これらのシストは、生存可能であり、それらを(交尾により雌のラットに)提供することにより、未感染の雌のラットの血清転換(トキソプラズマ抗体陽性へと変化)をもたらしました。
感染した雄との交尾は、雌への感染の拡大をもたらしました。
トキソプラズマゴンディが生殖器官に侵入にもかかわらず、トキソプラズマゴンディは、感染した雄のラットの行動や生殖能力に悪影響を与えませんでした。
同様にトキソプラズマ感染は、新生児や交尾から生まれた仔の性比や重量に影響を与えませんでした。
未感染の雌は、感染した雄を好みました。
よってトキソプラズマに感染した雄は、より多くの生殖の機会を得ました。
(寄生虫による宿主の)行動操作仮説によれば、寄生虫は、独自の選択的利益のために、宿主の行動を変えることができるのです。
本論文は、トキソプラズマはブラウンラットで交尾を介して感染されていること、および寄生虫(トキソプラズマ)が感染していない雌の交配者の選択を操作することができることを示しています。
この行動の変化はまさに、雌とその子孫、雄から寄生虫の感染を強化します。
本説は、羊と犬の交尾によるトキソプラズマ感染の証拠によって支持されています。



 次回は、トキソプラズマが感染宿主の雄の行動を、雌とより交尾する機会を増やすように変化させるのは、人に対しても人格や行動の変化をもたらすとの論文を紹介します。トキソプラズマに感染すれば、男性はリスクを恐れずアグレッシヴになるなどの人格や行動の変化が現れるとされています。それは男性ホルモンの分泌の亢進が原因なのでしょうか。
 女性の方々は、野良猫偏執者の男性には気をつけたほうが良いかもしれません。異常な告訴癖、民事訴訟の提訴を行い、女性にストーカー紛いの行為をするので有名な公疫呆人がいます。この方は同時に有名な野良猫偏執者でTNR狂信者です。相当慢性的な、トキソプラズマ感染症を患っていらっしゃるのでしょうね・・・(続く)。


(画像)

 Get to know toxoplasmosis with a smile on your face! 「楽しくトキソプラズマ症について学びましょう」。この中では、トキソプラズマに感染した母猫の母乳からトキソプラズマが感染することも述べられています。精液にトキソプラズマのシストが含まれて、交尾により感染するのであれば、母乳による感染も当然考えうることです。
 と言うことは、トキソプラズマに感染した乳牛の乳からも、トキソプラズマが感染する可能性があるということです。低温殺菌牛乳は飲まない方が良いかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またまた本記事とはずれるのですが、前に言いましたスウェーデン在住の藤田さんという方の記事でまたまた偏向というか嘘情報が^^;
藤田さんのスウェーデン情報はとても参考にさせていただいていただけに、ショックというか残念です。

http://www.dogactually.net/blog/2015/02/post-639.html


この中の
「北欧は、ペットショップにおける犬、猫の販売が動物愛護法で禁止されているゆえに、ブリーダーからしかペットを得ることができない」


だそうです……

Re: No title

もるせが様、コメントありがとうごうざいます。

dogactuallyは、良い記事もあるのですが、かの自称ドイツ連邦共和国獣医学博士サマがレギュラー執筆者で嘘満載な記事を書いています。
ほかの方の記事でも、偏向嘘誤りが目立ちます。
ですから、偏見ですが、全般的に信用できないのではないかと。


> 「北欧は、ペットショップにおける犬、猫の販売が動物愛護法で禁止されているゆえに、ブリーダーからしかペットを得ることができない」

スウェーデン語で、「ペットショップ 犬」で検索した結果です。
画像を見る限り、普通に犬猫の生体販売ペットショップがスウェーデンにはあるようです。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=djuraff%C3%A4r+Hund

スウェーデンの動物法の情報が、英語やドイツ語で見つかれば記事にしますがね。


No title

ん? 待てよと思って調べてみました。

北欧とは、狭義にいけばデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5カ国なんですね。

で、場合によってはバルト3国のエストニア、ラトビア、リトアニアが入り、国際連合による分類でイギリスとアイルランドが入るようですね。

ちなみにですが、狭義での5国は全てペットショップでの犬猫販売は法で禁じられているのでしょうか?

Re: No title

もるせが様

> 北欧とは、狭義にいけばデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5カ国なんですね。
> で、場合によってはバルト3国のエストニア、ラトビア、リトアニアが入り、国際連合による分類でイギリスとアイルランドが入るようですね。

上記のうち、スウェーデンとイギリス、アイルランドでは、犬猫ともペットショップで生体販売されています。
バルト3国の情報を得るのは難しいです。
しかしもともとバルト3国は、旧ソ連構成国であり、それほどペットの販売などに対して厳しい規制があるとは思えません。
「北欧では~」と言っているのだから、スウェーデン一国だけでも、ペットショップによる生態販売がされていれば、「嘘」ということになるでしょう。

もるせが様 追記

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドのペットショップですが。
少数言語の小国の、ましてや動物愛護というマイナーな領域の情報を得るのは大変困難なのです。
私の憶測ですが、おそらくこれらの5カ国では、法律でペットショップによる生体販売を禁じてはいないと思います。
なぜならば、私はよく英語やドイツ語(たまにロシア語でも)でヨーロッパの動物愛護事情を検索しますが、それらの国でペットショップの生体販売を禁じるという情報を見たことがありません。
大変よく目に付くのは、2008年の、オーストリア連邦法、Tierschutzgesetz「動物保護法」での、「ペットショップでの生体販売を禁じる」と解釈できる条文です。
これは私は、原文を読んでいます。
オーストリアの、この法改正は、ドイツなどの動物愛護団体で頻繁に取り上げられ評価(?)されています。
しかし、北欧5カ国の、ペットショップでの、ペットショップ規制に関する法律の情報は、一度も見たことがありません。
ですから、北欧5ヵ国では、ペットショップでの生体販売を禁止する法律はないものと推測します。
しかし、このブログにおいては、正確性をモットーとしておりますので、推測では「こうだ」と述べることは避けたいと思います。
常常、愛誤ブログの嘘情報の批判はもとより、マスメディアの偏向嘘誤りも批判している立場でありますので。

なお、スウェーデンは、ビジネス誌の週間ダイヤモンドインターネット版で、「8週齡未満の犬猫の販売が禁じられる(これも疑わしいと私的には思っているのですが)」という記事があります。
それも鑑みれば、スウェーデンでは、ペットショップでの販売が禁じられていないという証左です。
しかし同記事では、「アメリカでは連邦法で8週齡未満の犬猫の販売を禁じている」とあり、私は連邦法ではなく、一部の州での州法にとどまっていたと記憶しています。
この、週間ダイヤモンドインターネット版記事のリンクは、クマさんのブログ記事にあります。
折々、この週間ダイヤモンドの記事の真偽や、北欧のペットショップの生体販売規制について、調べることができれば記事にいたします。
なお、オランダについては、ドイツ政府が、オランダの主要な法規についてドイツ語訳のサイトを設けていましたので、正確に事実関係を確認することができました。
ただ、アイスランドともなれば、確か人口30万ちょっとの国です。
言語は少数言語のアイスランド語ですし、まず情報を得るのは難しいのではないかと。
もしかしたら、市場規模が満たないためにペットショップが成り立たずに存在しないということがあるかもしれません。
法律で禁じるとか、動物愛護上の理由ではなくて。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR