日本ビジネスプレス社の記事、「オランダ人たちの人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10」~それって本当???






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

Netherlands/Holland

 記事、日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、店頭での生体販売が固く禁じられている」~それって本当???日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、犬が殺処分されることは決してない」~それって本当???、の続きです。日本ビジネスプレス社の記事、野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)、では、「オランダ人たちの人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10」が紹介されています。しかしそれに対する疑念が生じる情報がオランダなどであります。


 記事、野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)ですが、現在は全文を閲覧することができません。記事全文はこちらで見ることができます。野良犬も野良猫もいない国オランダ

 問題の記事ですが、「オランダ人たちだが、今年の人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10を紹介しよう。ラブラドールレトリーバー、フラットコーテッドレトリーバー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ボクサー、フレンチブルドッグ、チワワ、スタッフォードシャーブルテリア、ビーグル、ジャックラッセルテリアである」。とあります。
 しかし、これらの犬種のうち、ボクサー、スタッフォードシャー・ブルテリアは、いわゆる闘犬カテゴリーの犬で、特にその中でもスタッフォードシャー・ブルテリアは、禁止犬種の筆頭に挙げられる犬種です。厳しい犬に関する法律があるデンマークでは、即時押収~強制殺処分される犬種の一つです。では、オランダではどうなのでしょうか。

 前回記事でも引用した、オランダでの禁止犬種の強制殺処分に抗議する署名サイト(ドイツ語・オランダ語)から、再び引用します。Urlaub in Holland – NEIN DANKE! Reisen Sie nicht mit ihrem pitbullartigen Hund nach Holland ! 「オランダでの休暇ーノー・サンクス! ピットブルのような犬種の愛犬とともに、オランダへ旅行しないでください」。2012年7月2日更新。


(原文のまま ドイツ語)
Einziges Kriterium für die Tötung sind die pitbullartigen äusseren Merkmale und die fehlenden FCI Papiere !
Die Einfuhr/Durchreise von pitbullartigen Hunden ohne FCI Papiere ist ebenfalls verboten, die Hunde der Touristen können ebenso eingezogen und getötet werden.
Es zählen hier einzig die äußerlichen Merkmale, so dass zahlreiche Rassen und deren Mischlinge betroffen sein können: American Stafford Terrier, Pitbull Terrier, American Bulldog, Argent.
Auch ein Boxer- oder Labrador-Mischling kann unter das Kriterium fallen !!!

オランダの犬の強制殺処分の唯一の基準は、ピット·ブルのような特徴の外見を持っていることと、FCIの血統書がないということです!
オランダでは、FCIの血統書のないピットブルタイプの犬の輸入や一時持ち込みも、禁止されており、観光客の犬も没収され、殺処分される可能性があります。
アメリカン・スタッフォード・テリア、ピット·ブル·テリア、アメリカン・ブルドッグ、アージェント、これらの犬の外見を備えた非常に多くの品種と、それらの犬との雑種が影響を受ける可能性がオランダではあります(押収されて強制殺処分される可能性があるということ)。
ボクサーやラブラドールの雑種でさえ、強制殺処分の対象になることがあります!!!



 つまりオランダでは、飼育が禁止されている闘犬カテゴリーの犬に外見が似ていて、かつ血統書がなければ(闘犬カテゴリーの犬の血統が入っていないということを証明できなければ)、それだけで押収されて強制殺処分される可能性があるということです。
 野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダでは、「オランダ人たちだが、今年の人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10を紹介しよう。ラブラドールレトリーバー、フラットコーテッドレトリーバー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ボクサー、フレンチ・ブルドッグ、チワワ、スタッフォードシャー・ブルテリア、ビーグル、ジャックラッセルテリアである」。とあります。スタッフォードシャー・ブルテリアは、品種そのものが禁止されています。

 さらにフレンチ・ブルドッグですが、オランダの記事に次のようなものがあります。フレンチブルドッグなどの短顎(頭=頭蓋骨、が小さい)、皮膚にひだがある、短く巻いた尾を持つを持った品種の犬は、昨年の新しい法律により、オランダでは繁殖が禁じられることとなりました。「そのような品種特性は犬を苦しめる」という、動物愛護に配慮することを趣旨としています。
 Fokken Franse bulldog is overtreden wet(原Französisch Bulldogge Rasse Gesetz verstoßen語 オランダ語)  「フレンチ・ブルドッグは、法律に違反する犬種である」。2014年11月25日。(なお、この記事は、原語がオランダ語であり、ドイツ語に自動翻訳した後に私が日本語に訳しています)。


(原文はオランダ語 ドイツ語に自動翻訳した後に私が日本語に翻訳しています)
Neue Rechtsvorschriften ist es, Hunde mit ihrem Aussehen nicht mehr erlaubt Tierschutzprobleme zu züchten.
"Das Gesetz verbietet die Zucht von Hunden mit schädlichen Eigenschaften, so klein, Schädel, kurzen Schwanz oder seltsame Hautfalten."
So ist eine der beliebtesten reinrassigen Hunden diesmal die Französisch Bulldogge.

新法案ではもはや、その外観をもつ犬の繁殖は動物愛護上の問題から許可されません。
「(オランダの)法律は、小さすぎる頭蓋骨、短い尾、変な皮膚のひだがある、これらの有害な特性を持つ犬の飼育を禁止しました」。
最も人気がある犬の純血種の一品種であるフレンチブルドッグは、本法では該当します。



 こちらの記事でも、フレンチブルドッグを筆頭とする、「小さすぎる頭蓋骨、短い尾、変な皮膚のひだ」がある犬種の飼育を禁じる法律について述べられています。禁止する理由は、それらの特性が犬の疾病を引き起こす原因となるためです。
 Het mooiste hondje van de klas(原語 オランダ語)。2014年11月24日。動画あり。

 野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ、での記述「オランダ人たちだが、今年の人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10を紹介しよう。ラブラドールレトリーバー、フラットコーテッドレトリーバー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ボクサー(飼育禁止犬種となる可能性が高い)、フレンチ・ブルドッグ(飼育禁止犬種)、チワワ、スタッフォードシャー・ブルテリア(飼育禁止犬種)、ビーグル、ジャックラッセルテリアである」。それって、本当???
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本ビジネスプレス社」に問い合わせしました!
https://miu.ismedia.jp/webapp/hear/org/showEnquete.do?enqueteid=2&clientid=12264&databaseid=sds
日本ビジネスプレス社さん、必ずお返事くださいね。


御社の記事、野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)について。

この中では、「オランダ人たちだが、今年の人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10を紹介しよう。ラブラドールレトリーバー、フラットコーテッドレトリーバー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ボクサー、フレンチブルドッグ、チワワ、スタッフォードシャーブルテリア、ビーグル、ジャックラッセルテリアである」とあります。
しかし上記のうち、ボクサー、フレンチブルドッグ、スタッフォードシャーブルテリアは、オランダでは法律で飼育が禁じられています(詳しくはリンクをご覧ください)。
法律で飼育が禁じられている犬が「人気犬種、飼ってみたい犬種トップ10」とはいったいどういうことでしょうか。
その根拠を必ずメールでご回答ください。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-555.html

またもや嘘かww

ビジネスプレス社さん
嘘つきは愛誤のはじまりです。

嘘つきは朝日新聞のはじまりかも知れません。

Re: またもや嘘かww

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 嘘つきは愛誤のはじまりです。

そして愛誤は犯罪者の始まりです。


> 嘘つきは朝日新聞のはじまりかも知れません。

NHKもいい勝負ですよ。
スイスに関する嘘報道の指摘はまだ終わっていません。
あまりにも同じテーマが続くと、読者さんが飽きるから、寄り道しているだけです。
マスメディアの愛誤嘘報道のひどさは、なんともいやはや。

お久しぶりです。

こんにちは、さんかくたまござん。
以前にこちらにお邪魔したことがあるのですが、スマートフォンからの書き込みでしたのでどのような名前で書き込んだのか忘れてしまいました(汗) ドイツに在住しており、さんかくたまごさんの記事に共感を覚えます。
愛誤団体は本当に欧米を例にした捏造情報をするのが好きですね。 ドイツの次は、オランダとは・・・ 
今日のYahooでの記事だったと思いますが、パキスタンのある地域で鼠が大量発生して個人が駆除をしているというものがあり、そこに何人もの人が猫を投入したら解決するという馬鹿馬鹿しいことを書いていて驚きました。 
中には「鼠の対策に猫という世界都市は多く、守り神として街全体で猫をかわいがっている」という趣旨の書き込みを見て、噴き出しました。 世界都市という発言にも驚きですが、町全体で猫をかわいがっている国があったとしたら、欧州の先進国には少なくともないのは明らかです。 この書き込みをした人はどうぜ野良猫を街で保護してみんなで面倒みることがいいことであり、延いては鼠の駆除にも役立つと考えている人なのでしょうね。 
ですが、本当に猫のことを考えてあげられる人ならば、このようなパキスタンの経済的にも厳しい土地に爆発的に増えた鼠の駆除のためだけに猫を投入しても猫が食い殺されるか、運よく生き残れても、適切な飼育はされずに野良猫になってこちらも大量に増えて、鼠同様に駆除される運命になるだろうという考えができるでしょうに・・・ 本当に猫のことを考えずに、ただただ猫がかわいいから野良猫を殺すなという輩にはあきれます。
さんかくたまごさんは必ず情報源を明らかにしているので、どの記事も信頼できますし、応援しています。
ここにこられる方の多くが、さんかくたまごさんの記事から野良動物に対する正しい認識を盛ってくれることを願っています。

Re: お久しぶりです。

どいちゅ様、コメントありがとうございます。

> 以前にこちらにお邪魔したことがあるのですが、スマートフォンからの書き込みでしたのでどのような名前で書き込んだのか忘れてしまいました(汗) ドイツに在住しており、さんかくたまごさんの記事に共感を覚えます。

ありがとうございます。
たしか、hooplaさんと記憶しています。
あなたがドイツにお住まいということは存じています。
国別ドメインがdeですから。


> 愛誤団体は本当に欧米を例にした捏造情報をするのが好きですね。 ドイツの次は、オランダとは・・・、

なぜ欧米なのですかね。
公の制度としての犬猫殺処分がない国は、例えばソマリアはおそらくないと思います。
ドイツは、ちゃんと法律に殺処分のことが明記されていますし、一定数あります。
なぜ嘘までついて欧米を持ち出すのか理解しづらいところです。

 
> パキスタンのある地域で鼠が大量発生して個人が駆除をしているというものがあり、そこに何人もの人が猫を投入したら解決するという馬鹿馬鹿しいことを書いていて驚きました。

それは日本の記事でしょ。
後で調べてみます。


> 「鼠の対策に猫という世界都市は多く、守り神として街全体で猫をかわいがっている」という趣旨の書き込みを見て、噴き出しました。

そんなのは、日本の田代島とか、長崎の方にもその様な島がありましたが、特定の地域に限っても、地域全体が猫を可愛がっているところがあるのは、お猫様国家の日本くらいでしょう。


> 本当に猫のことを考えてあげられる人ならば、このようなパキスタンの経済的にも厳しい土地に爆発的に増えた鼠の駆除のためだけに猫を投入しても猫が食い殺されるか、運よく生き残れても、適切な飼育はされずに野良猫になってこちらも大量に増えて、鼠同様に駆除される運命になるだろうという考えができるでしょうに・・・

ねずみの駆除に猫を用いるのは、生物農薬で害虫と相打ちさせるようなものでしょう。
それをお猫様愛誤がいうのだから、矛盾しています。
「ペスト防除に猫は役だつ」も矛盾しています。
ノミは、宿主の好選度が低いです。
ペスト菌を媒介するケオプスノミは、猫も人間も吸血します(だから人がペストに感染するのだけれど)。
またペストに感染したネズミを食べれば、猫もペストに感染します。
ペスト防除に猫を使うとなれば、生物農薬的に相打ち状態で見殺しにしなければ意味がないです。
それと人の生活圏から猫をシャットアウトしなければ、猫からペストが感染します。
それは全く猫の愛護に反するじゃないですか。
でも、「ただただ猫がかわいいから野良猫を殺すなという輩」が、「猫はねずみ駆除になる」「ペスト防除になる」と言っています。


> さんかくたまごさんは必ず情報源を明らかにしているので、どの記事も信頼できますし、応援しています。

ありがとうございます。
ドイツの情報や訳文で私に誤りがあれば、ぜひご指摘ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

情報提供ありがとうございました。
メールも拝見しております。
コメントの件も含めて、後ほどメールでお返事します。
少し長くなりますので。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR