日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、犬が殺処分されることは決してない」~それって本当???






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

Netherlands/Holland

 記事、日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、店頭での生体販売が固く禁じられている」~それって本当???、の続きです。マスメディアのインターネット記事で、「オランダでは、犬が殺処分されることはけしてない」との報道がありました。日本ビジネスプレス社の、インターネット記事から引用します。野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)です。しかしそれに反する、インターネット上の情報がいくつもあります。今回は、「オランダでは、犬が殺処分されることはけしてない」と言う、本記事の記述に反する、インターネット上の情報を紹介します。 


 注)日本ビジネスプレス社の本記事は、会員登録なしには全文を読むことができなくなりました。こちらで全文を読むことができます。野良犬も野良猫もいない国オランダ




 オランダでは、飼育を禁止する犬種があります。いわゆる「闘犬カテゴリー」の犬種で、ピット・ブルテリアや、アメリカン・スタッフォード・テリアなどが代表的な品種です。オランダの、ピット・ブルテリアの飼い主が、飼い犬4頭をオランダ当局に押収され、強制的に殺処分されました。
 この飼い主を支援するドイツの動物愛護団体は、オランダの飼育禁止犬種と強制殺処分を定めた法律に対して抗議し、署名サイトを立ち上げました。ドイツ人にたいして、オランダへの旅行のボイコットも呼びかけています。以下に、そのサイトを引用します。サイトの言語は、ドイツ語とオランダ語です。Urlaub in Holland – NEIN DANKE! Reisen Sie nicht mit ihrem pitbullartigen Hund nach Holland ! 「オランダでの休暇ーノー・サンクス! ピットブルのような犬種の愛犬とともに、オランダへ旅行しないでください」。2012年7月2日更新。


(原文のまま ドイツ語)
In den Niederlanden, werden jährlich Hunderte von Hunden ihren Besitzern weggenommen und getötet, nur weil sie keine
FCI-Zuchtpapiere und die äußerlichen Merkmale eines Pitbulls / American Stafford haben .
In den Niederlanden gibt es den RAD (Regeling agressieve=agressiveが正しいと思われる dieren), eine Verordnung die die Haltung und Einfuhr von pitbullartigen Hunden verbietet.
Nach der Urteilsverkündung wird der Hund in der Regel getötet.
Im Jahr 2000 wurden 50 Hunde getötet, 2006 waren es bereits 461 Hunde.
Die Einfuhr/Durchreise von pitbullartigen Hunden ohne FCI Papiere ist ebenfalls verboten, die Hunde der Touristen können ebenso eingezogen und getötet werden.
Bis zur Urteilssprechung kann ein halbes Jahr vergehen.
Die Forderung des Staatsanwalts wird entsprechend dem Pitbullgesetzes von 1993 sein, dass bedeutet, den Halter eine Buße oder Gefängnisstrafe erwarten.
Ellen, deren 4 Hunde im November eingeschläfert wurden(wordenが正しいと思われる), hat mir gestattet, die Fotos ihrer Hunde weiterzuverbreiten, sodass ich diese für Plakate etc nutzen werde.

オランダでは毎年、外見がピット・ブルもしくはアメリカン・スタッフォード・テリアの外見を備えている数百頭の犬が、FCIの血統書を持っていないというだけの理由で押収され、強制的に殺処分されています。
オランダでは、RAD(突発的に攻撃的になる)、ピット·ブルタイプの犬の飼育および国内持ち込みを禁止する規則があります。
禁止犬種と判定されれば、規則で犬は殺処分されます。
2000年には50頭の犬が、2006年には既に461頭の犬が強制殺処分されました。
(オランダでは)FCIの血統書がないピットブルタイプの犬の、オランダへの輸入や一時持ち込みも禁止され、観光客が同行した犬も押収して、殺処分しても合法です。
これ(禁止犬種の飼育違反)は、判決まで半年かかる場合があります。
検察官の求刑は、ピットブル法1993に従うものとなり、すなわち、犬の飼い主が罰金や懲役刑に処せられる可能性を意味します。
(飼い犬4頭を強制的に殺処分された飼い主であるオランダ人)エレンは、11月4日に、安楽死させられた状態の、彼女の犬の写真を拡散することを私に許可していますので、私はポスターなどにそれを使用します(遠く離れた日本でも拡散に協力しますね)。



(画像)

 オランダで、押収されて強制殺処分されたピット・ブルタイプの犬4頭の死体。飼い主のエレンさんは、禁止犬種を飼育したことにより、罰金もしくは懲役刑に処せられる可能性に直面しています。オランダの、ピット・ブルの強制殺処分に対する抗議署名には、こちらでアップした画像の他、多数の殺処分された犬の画像が収録されています。
 日本ビジネス社の記事、「オランダでは、犬が殺処分されることは決してない」。それって本当???

オランダ ピットブル 死体


(動画)

 オランダの、闘犬カテゴリーの犬の、強制殺処分に反対する動画。Fight for pitbulls right 「ピット・ブルの権利のために戦おう」。




*オランダで、闘犬カテゴリーの犬の飼育を禁じ、押収して強制殺処分する根拠となる法律(いわゆる「ピットブル法」)は、2009年に廃止となりました。ですから現在では闘犬カテゴリーの犬を押収して強制殺処分することはオランダでは行われていません。
 しかし社会不適合の犬や、咬傷事故を起こした犬の殺処分を禁じる法律は現在もなく、オランダではそのような犬の殺処分は行われています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本ビジネスプレス社に問い合わせしました!

日本ビジネスプレス社」に問い合わせしました!
https://miu.ismedia.jp/webapp/hear/org/showEnquete.do?enqueteid=2&clientid=12264&databaseid=sds
日本ビジネスプレス社さん、必ずお返事くださいね。



「野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)」では、「オランダでは犬はけして殺処分されることはない」との記述があります。
しかしオランダには、飼育が禁止されている犬種があり、それらの犬は押収されて強制的に殺処分されます。
国家統計でも、年間500頭近くが、それらの犬だけでも殺処分されていると発表されています。
「オランダでは犬はけして殺処分されることはない」の、根拠を必ずメールでご回答ください。
なお、日本語のソースはお断わりまします(日本で流布されている海外の動物愛護情報はほぼ全てが「嘘」ですから)。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-554.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありえませんね。

犬猫のような愛玩動物なら飼い主は多岐にわたりますから不適切飼育をする人間も出やすいです。
日本でも一部のバカが野良猫に餌を与えて異常繁殖させて周囲に被害を及ぼしている様に、何処の国にも必ずそういうバカはいます。

そういった一部のバカ個人の後始末を税金を使ってやるという事は公共の福祉に反する行為なので現実として生産性のないペットの税金での終生飼育など不可能です。
結果として問題のある愛玩動物の強制殺処分は行なわざるえません。

野良犬も野良猫もいない国があったとしたらそれは確実に殺処分の結果であり、現在進行形で捕獲駆除を国が率先して行なった場合にのみ可能性があります。
犬猫愛誤のバカさは常軌をいっしているので不幸な犬猫の量産がなくなる事は犬猫の飼育を禁止しない限り不可能です。

Re: ありえませんね。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 犬猫のような愛玩動物なら飼い主は多岐にわたりますから不適切飼育をする人間も出やすいです。

同感です。
特にヨーロッパは移民の人口比率が高く、2世、3世まで含めれば、オランダは2割近くが移民だと思います。
ドイツも、2世3世まで含めれば、人口の2割が移民と言われています。
オランダの新生児の半分は、イスラム教徒の子でされています。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1170a.html

ヨーロッパの移民、特にイスラム教徒は容易に同化しません。
2世3世になっても、ドイツでは基本的なドイツ語力も身につけていない移民が多く、問題になっています。
ですから、国民が総意で犬猫の適正飼育を徹底できるとは思えません。


> 日本でも一部のバカが野良猫に餌を与えて異常繁殖させて周囲に被害を及ぼしている様に、何処の国にも必ずそういうバカはいます。

日本なんて、永住外国人もほぼ全て日本語が堪能であり、日本文化にどうかしています。
割とルールを守る国民性もあります。
しかし野良猫に不適正に関わる人が社会問題にさえなっています。
言葉もロクに理解できない外国人が何割もいる国で、広く大衆に行き渡ったペットの適正飼育ルールを徹底できるとは思えません。


> そういった一部のバカ個人の後始末を税金を使ってやるという事は公共の福祉に反する行為なので現実として生産性のないペットの税金での終生飼育など不可能です。

私もそう思います。
機会があれば、オランダの公的施設での犬猫の扱いについて調べてみます。


> 結果として問題のある愛玩動物の強制殺処分は行なわざるえません。

オランダは、ある面では、かなり厳格にペットの殺処分をしている国です。
当然、記事にあるような闘犬カテゴリーの犬以外でも、殺処分は行われていると考えるのが自然です。
そしてオランダは、世界で初めて人の安楽死を合法化した国です。
そのような国で、犬猫だけ徹底的に殺さないということがありえますか。


> 野良犬も野良猫もいない国があったとしたらそれは確実に殺処分の結果であり、現在進行形で捕獲駆除を国が率先して行なった場合にのみ可能性があります。

それは言えるでしょう。
しかしオランダは、平野の都市部で隣国と国境線を接しています。
隣国のドイツは、「増えすぎた野良猫の洪水状態で制御不可能。高位推計で、民間で年間50万匹を狩猟駆除している」のです。
仮にオランダが国内の犬猫飼育の適正飼育管理と殺処分の組み合わせで野良猫野良犬ゼロを達成したとしても、時続きでいくらでも隣国から野良犬猫が流入してきます。
続きの記事で書きますが、オランダは、野良犬猫がかなり多く、それらの被害が深刻なようです。
そのような情報がいくつも見つかりました。


> 犬猫愛誤のバカさは常軌をいっしているので不幸な犬猫の量産がなくなる事は犬猫の飼育を禁止しない限り不可能です。

それは一理あるでしょう。
すべての国民が犬猫の適正飼育をして繁殖をコントロールし、野良猫犬ゼロ、殺処分ゼロを達成することは不可能です。
死刑という重罪でもっても、殺人事件はどの国でも一定数発生するではありませんか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れ様です。

鍵コメ様、コメントありがとうぎざいます。

ご報告ありがとうございます。
私のブログは、コメント投稿はフリーですし、非公開にもできます。
また、メールアドレスも公開しています。
そちらにご連絡くださいとお伝えください。

おはようございます。

オーストラリアにお住まいの堀江さんと言う方からさんかくたまごさんの情報は法律改正前で間違っていると言うのです。
私のFacebookに添付ファイルが二枚送られて来ましたが、私から上手くさんかくたまごのコメント欄に投稿できません。メルアドを教えて頂けませんか?
私はchiisanainochi.photo.will@docomo.ne.jp 藤原早苗です。
ネットが上手く使えないので出来ましたら空メールを送って頂けたら助かります。
宜しくお願い致します。

Re: おはようございます。

華むすめ様、コメントありがとうございます。

> オーストラリアにお住まいの堀江さんと言う方からさんかくたまごさんの情報は法律改正前で間違っていると言うのです。

堀江さんという方は、オランダ在住という方ではなかったのですか(1月11日の鍵コメ)。
堀江様にお伝えください。
各国の法律は、ほぼ全てがインターネットに公開されています。
そのリンクを送っていただければいいのではないですか。
オランダの法律も、もちろんインターネット上で公開されています。

堀江さんという方はなぜ、私のブログのコメントか、記事に掲載しているメールアドレスに直接送られないのでしょうか。
そのようにお伝えいただけませんか。


> 私のFacebookに添付ファイルが二枚送られて来ましたが、私から上手くさんかくたまごのコメント欄に投稿できません。メルアドを教えて頂けませんか?

私のメールアドレスは、ほぼ全ての記事の冒頭に掲載しています。
オランダの法律も、ざっと目を通しています。
ファイルというのはpdfですか。
それならば、オランダ政府がインターネット上で公開している法律の全文か、政府の法改正資料の方がよほど信頼できます。
なぜそのリンクではなく、ファイル何ですか?
個人的にいただいたファイルは、改ざんもできますので、信頼できません。
もしそのファイルを送られるというのであれば、記事冒頭に掲載しているメールアドレスまで送ってください。
ファイルと、オランダ政府が公表している法律の内容等に相違があれば、こちらのブログで指摘させていただきます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR