NHKさん、スイスの犬登録義務と犬税を絶賛していますが?~事実上、特定の犬種を強制的に殺処分するスイスの犬税等の公的負担






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
NHK (staatlichen Fernsehsender von Japan) wurde berichtet.
"Die Schweiz der Öffentlichkeit Last wie Hundesteuer wunderbar. Es verhindert, dass der Hund verworfen.
So ist es wahr im Tierschutz. "
Aber die Realität ist. 
Hundebesitzer, für öffentliche Last schwer ist, werden getötet, den Hund.
Spezielle Hundearten sind starken öffentlichen Belastung, in der Schweiz.
Es ist Euthanasie System der obligatorischen Hund.
NHK(staatlichen Fernsehsender von Japan) News ist eine Lüge.
Das Töten beginntTierheime nehmen keine Kampfhunde mehr auf



 NHKは番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?、で、スイスの犬の登録義務と犬税を絶賛していました。しかしスイスの犬登録と犬税等の犬飼育に関わる公的負担の制度は、事実上、特定の犬種の強制殺処分であるという意味もあるのです。特定の犬種に対して、極めて高価な登録にかかわるコストと犬税と対人賠償保険などを課し、さらに特定の犬種をティアハイムが引き取ることを禁じれば、飼い主はその犬を殺処分せざるを得なくなります。


 NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?、では、スイスの犬登録義務と犬税などの制度を絶賛していました。曰く、「飼い主の責任感を促し、捨て犬を防止することにもつながる」です。私も基本的には上記のメリットは認めますし、犬などのペットの登録、識別義務と税などの負担を飼い主に求めることは賛成です。
 しかし、スイス(の内、12州ですが。以下便宜上、「スイス」と記述します)の犬登録と犬税などの制度は、特定の犬種、いわゆる「闘犬カテゴリー」の犬ですが、それらの飼育コストを異常なほど上げることにより、事実上殺処分を強制しています。それが「動物愛護に先進的」と言えるのかどうかは疑問です。またNHKも、スイスの犬登録と犬税についてごく限られた一面のみを報道するのは、「事実の抜き書き」であり、真実を伝えているとは言えません。

 では、特定の犬種を飼い主が殺処分せざるを得ないほどの、公的コストはどのくらいになるのでしょうか。スイスの最大手マスメディアのBulic紙はインターネット版記事で、「例えば飼育が原則禁じられている、ピットブルテリアの成犬を飼うには、年間1万スイスフラン(日本円で122万円。1スイスフラン122円。一桁間違えていませんよ)のコストがかかる」と報道しています。
 スイス(ドイツなども)で犬を飼う公的コストは、犬税(Hundesteuer)だけではありません。一定以上の大きさの犬や特定の品種の犬を飼う場合は、賠償保険(Entschädigung Versicherung)の加入が義務付けられます。賠償保険の引受は民間保険会社ですが、未加入者に対しては刑事罰が科されます。日本の、自動車の強制賠償保険の加入義務と同じようなものです。これは、犬の品種によってはかなり高価です(保険会社により保険料は、個々に査定されます)。
 また、一定以上の大きさや特定の品種の犬の飼育は、飼い主の資格を要します(もちろんそのための公的コストもかなりの金額です。スイスでは概ね800スイスフラン。9万7,600円。1スイスフラン122円)。さらにドイツでは、特定の品種の犬は、犬の気質検査を受けて、それに合格する必要があります(概ね300ユーロの費用)。気質検査を受けない、もしくは合格しなければ、犬は押収されて強制的に殺処分されることも珍しくはありません。

 それらを総合すれば、スイスが原則飼育を禁じている、例えば闘犬カテゴリーに属するピットブルテリアなどであれば、年間の飼育コストが1万スイスフランにもなるのです。さらに、闘犬カテゴリーに属する、スイスが飼育を禁じている特定の品種の犬を、ティアハイムが引き取ることを法律で禁じました。
 つまりスイス政府は事実上、特定の犬の飼い主に対して「その犬をさっさと殺処分しろ」と求めているのと同じなのです。公的負担などで、「年間の犬の飼育コストが122万円」が、「飼い主の責任感を促し、捨て犬を防止し、動物愛護にもかなった素晴らしい制度」とは私は思えません。それは、法律が施行する前から飼育していた犬にも適用されるのです。むしろ私有財産権の侵害ではないでしょうか。

 以下に、スイスのマスメディア、Blic紙のインターネット版記事から引用します。Das Töten beginntTierheime nehmen keine Kampfhunde mehr auf 「殺戮が始まる ティアハイムは、これ以上闘犬カテゴリーの犬を引き取りません」。2010年7月2日。


Die neuen Hundegesetze(Hundegesetzが正しいでしょう) zeigen Wirkung.
Halter, die ihren Kampfhund loswerden wollen, haben keine Wahl: Sie müssen das Tier einschläfern lassen.
Heute würde sie keine neue Unterkunft mehr finden, sondern müsste(mussteが正しいと思われる。スイスドイツ語は、標準語とは微妙に異なるのですかね?) eingeschläfert werden.
Zwölf Kantone reagierten mit scharfen Hundegesetzen(Hundegesetzが正しいと思うのだけれど。スイスは、名詞の変化が標準語と異なるのかもしれません), darunter auch Verbote von bestimmten Rassen.
Bei einem ausgewachsenen Tier wie Nina kostet das laut Randegger 30 Franken pro Tag – 10000 Franken im Jahr.
Für Kampfhunde, die weder in einem Tierheim noch in einem privaten Haushalt einen Platz finden, gibt es nur eine Lösung.
Claudia Rhyn: «Jeder darf gemäss Gesetz seinen Hund bei einem Tierarzt fachgerecht töten lassen.» Laut .

新しい犬の法律が発効しました。
闘犬カテゴリーの犬を飼っている飼い主は、その犬を排除したい当局の意向により、選択の余地はないのです。
あなたは飼い犬を安楽死させなければなりません。
今日から犬の飼い主たちは、犬の収容先を見つけることができないでしょうし(ティアハイムでの収容を禁じるため)、だから犬を安楽死させなければならないでしょう。
スイスの12の州では、大変厳しい、特定の品種の犬の飼育禁止を盛り込んだ、犬の法律で対応しています。
ランデッガー氏は、「ニーナ(ピットブルテリア種の犬)のような闘犬カテゴリーの成犬は、一日当たり30スイスフラン、年間では1万スイスフラン(122万円。1スイスフラン=122円)ものコストがかかります」と強調しています。
そして「ティアハイムでもなく、民間の家庭でコストを負担せずに、犬の行き場を見つける唯一の解決策があります」。
クラウディア・リン氏よれば「誰もが法律で許可されているのですから、専門家である獣医師に犬の殺処分を依頼するのが良い」とのことです(続く)。



(画像)

 NHKの本番組が使用した図表(大笑い。このようなパネルを作る暇があるのならば、インターネットでスイスの現状を調べるべきですね)。特定犬種の免許取得費用が800スイスフラン(日本円で約10万円)ということを触れずに、「犬の飼育免許制度は素晴らしい」と報じるのは、「事実の抜き書き」で真実を報じているとは思えません。
 ドイツでも、2000年代中頃までに、特定の犬の品種に対して、異常に重い公的負担を課す法律が全州で成立しました。私はドイツ、バイエルン州の一自治体が、特定の犬の品種に対して、年間2,000ユーロ(29万6,000円。1ユーロ148円)の犬税がかかることを記事にしたことがあります。公的負担は犬税だけではありません。賠償保険、犬の飼い主の免許取得費用、犬の気質検査などもかかります。ですから、公的負担だけで、年間40万円以上、特定の品種の犬の飼育ではかかるのです。

 そのような法改正があった前後に、ドイツでは捨て犬が激増しました。アウトバーンのSAに捨てられた犬が本線上にさまよいでて、警察官に射殺されるということも度々有りました。「無登録犬が発覚する前に捨てておこう」ということでしょう。
 ドイツのバイエルン州では、特定品種の犬の無登録は、10,000ユーロ(148万円)の罰金が科せられ、犬税が過去3年にさかのぼって課せられます。スイスでも、おそらく同様ではないでしょうか。NHKが報じる、「犬税などの公的負担は飼い主の責任感を促し、捨て犬を防止する」は真逆の嘘と言えます。

NHK 週間ニュース深読み


(追記)

・NHKに対する苦情・抗議はこちら
みなさまの声にお答えします NHK

・放送番組に対する第三者の監理機関
BPO 放送倫理・番組向上機構


(資料)

NHKからメール送信されてきた回答全文(伏字以外は無修正です)。

***** 様

いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうございます。

この度は、貴重なご指摘、ご意見、誠にありがとうございました。
番組へのお問い合わせについて、回答させていただきます。
番組のプレゼンテーションでは、前提として、
 ・憲法で80条で世界で初めて動物保護の精神を盛り込んだ
 ・憲法に基づいて法律を作り、動物保護の精神を徹底した
 ・これによっていろんなルールができた
とお伝えしました。
その上で、
 ・結果的にスイスでは生き物そのものを営利で売買することができない
と説明しました。

ご指摘のとおり、憲法や法律の条文そのものにペットショップ禁止が
記されているわけではないですし、この点、私どもも取材の中で
把握しておりましたので、スイスの動物保護の事例として、
上記のようにお伝えしました。

以上、回答申し上げます。改めまして貴重なご意見ありがとうございました。
今後の番組作りの参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。

今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。

「週刊ニュース深読み」担当
NHKふれあいセンター(放送)


本メールアドレスは送信専用のため返信はできません。
お問い合わせは所定のメールフォームからお願いします。

http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

スマートフォン:http://www.nhk.or.jp/css/sp/



 「生き物そのものを営利で売買することができない」国なんて、地球上で皆無でしょうね。ましてやスイスは、畜産業は比較的盛んな国です(嘲笑)。「生き物そのものを営利で売買することができない」のであれば、畜産業は成り立ちません。
 この回答をしたNHKの職員は、自分でもおかしなことを書いていると思わなかったのかしら?この方の知能が正常であるとは思えません(爆笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス御礼

昨日は、おかげさまでレコードを更新しました。
今後とも、ご支援のほど、よろしくお願いします<(_ _)> 


さんかくたまごさんのランキング
ペット 49位 (昨日:75位) / 44880人中
猫 19位 (昨日:25位) / 7975人中

サブジャンルTOP20
アメショっす!
こはる日和.
ちゃとらとはちわれ
4位 しろいねこ Vol.2
5位 かご猫 Blog
6位 馬とニャンコと男と女
7位 はっちゃん日記
8位 にゃんず日記
9位 The Cat who....
10位 sky blue drop~14ニャンズトネコハウス
11位 みっくす★ジュース おかわり!
12位 金物屋の猫ページ
13位 ちゃい日記 ~猫のブログ~
14位 あーもんさんちはニャンとも幸せ
15位 うちのボン 
16位 たまの玉手箱
17位 ジュジュの徳島・長崎猫日記
18位 マンチカンの「短足だってイイじゃん♪」 
19位 さんかくの野良猫餌やり被害報告
20位 独身リーマン&猫一匹

他国の制度が素晴らしいといってる訳だし。

他国の制度をそのまんま日本に持ってきてやってくれたら私も素晴らしいと思います、犬猫だけ特別だという連中の言い分ってキモくてウザくて反吐が出るのでそんな彼等が高額納税をしてまでペットを維持するのか見てみたいですね。

個人的な予想だと現状で犬猫特別だから関係ない人に迷惑かけても迷惑をかけられた方が我慢すべきみたいなクソな事を言ってる奴等は高額納税をかけられた連中の大半は処分すると思いますww

Re: 他国の制度が素晴らしいといってる訳だし。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 他国の制度をそのまんま日本に持ってきてやってくれたら私も素晴らしいと思います、犬猫だけ特別だという連中の言い分ってキモくてウザくて反吐が出るのでそんな彼等が高額納税をしてまでペットを維持するのか見てみたいですね。

件のNHKの番組では、読者コメントを受け付けていました。
このコメントでは、「スイスの制度はすばらしい。日本も犬税と登録義務をすべきだ。日本もペットショップをなくすべきだ」という、無知蒙昧な方のコメントが盛りだくさんでした。
このような面白い白痴コメントを引用して、最後のまとめ記事でいかに日本の動物愛護が遅れているかを検証しようと思っていたのに、コメントはすべて削除されていました。
ざんねーん!
https://cgi2.nhk.or.jp/fukayomi/goiken/form2.cgi?cid=18&pid=2370&pgc=0&vc=10&ro=desc

このコメント欄ですが、以前、読者様から「同じようなコメントばかりですね」というご指摘を受けました。
そりゃそうでしょう。
NHKの番組の編集方針に沿ったものしか反映されませんから。
ちなみに私もコメントしましたが、見事に無視されました!


> 犬猫特別だから関係ない人に迷惑かけても迷惑をかけられた方が我慢すべきみたいなクソな事を言ってる奴等は高額納税をかけられた連中の大半は処分すると思いますww

多分そうでしょうね。
でも、そういう人たちは、「命はお金に変えられない」と言っています。
スイスにでも移住して、殺処分されそうな特定品種の犬を多数引き取って飼育すればいい。

また、NHKに申し出を行いました!

NHKに申し出を行いました。
またガン無視でしょう(大笑い)。
番組のコメント欄は、都合の良いコメントしか反映させず、さらに都合が悪くなればコメントそのものを全削除、新規のコメント投稿の停止を行うのは、愛誤ブログと同じです。
これが「天下のNHK」(大笑)。

本番組では、スイスでの犬税などの公的負担は飼い主の責任感を促し、捨て犬防止にもなるとしているが、その根拠となる資料を必ずメールで回答されたい。
スイス(ドイツでも同様だが)、法律で原則飼育を禁止する犬種が有り、それらの犬種には異常なほど高額の公的負担を課して、事実上殺処分を促している。
それは動物愛護とは思えないし、捨て犬の原因になる。
公的負担は税金だけではなく、賠償保険、飼い主の飼育免許取得費、犬の気質検査、犬登録時の費用など多くがある。
本番組は、公的負担は犬税だけと誤認させる内容で、事実の抜き書き、つまり嘘である。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-545.html

レコード更新おめでとうございます。

>この回答をしたNHKの職員は、自分でもおかしなことを書いていると思わなかったのかしら?

私の推測では、自分達の報道で「世論が作れる」と知ると
客観的事実より世論操作したい支配欲にかられるのだと
考えています。

だから平気で嘘をつくし、都合の良いところだけを切り取り
都合の悪いことは「報道しない自由」を行使します。

昔ならそれで騙せ通せたでしょうね。
今は、疑って調べたら一発で嘘がばれます。

マスコミには恥ずかしい嘘は止めてもらいたいです。
テレビだとデータ放送も受け取れるので根拠やソースを紹介したらよいと思います。

犬税と団体

愛誤団体と関わり
散々な目に遇いました。
そんな中こちらのブログにたどり着き
目から鱗
過剰な表現記事もありましたが…
ざっと拝見しました。

殆んどの団体が掲げるスローガンは日本独自の思想傾向です。
心の闇の部分ですね。そのスローガンを持つことで無知な愛犬家の賛同を得るわけです。

崩壊現場に入り騒ぐだけ騒いで
肝心な不妊もせず
他の善意の不妊支援を人が気に入らないとはねつける。
飼い主がいる犬達にも関わらず
飼い主に他の支援を断るように言う。
なのに
責任者は先に依頼した人間でその人が悪いという…
愛誤団体の責任者…
誰も引き取らない犬を中心に保護しておりますのスローガンで
医療費の支援をかなり集めてます。

現在の日本の団体の活動は
命の選別を悪としていますが
需要と供給がある限り
無くならないことに気づいてません。
しいていえば団体も供給者です。
犬税を導入すれば
団体がはじめに消滅するでしょう。

そもそも愛護活動は感情的な部分からはじめるので
ヒステリックな方々が多く存在します。

全てに賛同するわけではありませんが、愛護のモヤッとしている部分を
的確に発進しているブログだと思います。









Re: レコード更新おめでとうございます。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 私の推測では、自分達の報道で「世論が作れる」と知ると
> 客観的事実より世論操作したい支配欲にかられるのだと
> 考えています。

もしそうであれば、大変危険です。
情報は有る意味武器であり、マスメディアは、大量破壊兵器を保有しているのと同じです。
それを正しく使わないとなれば、テロ団体に過ぎません。


> 平気で嘘をつくし、都合の良いところだけを切り取り
> 都合の悪いことは「報道しない自由」を行使します。

マスメディアが提供する情報は、製造業でいえば、プロダクト(製品・商品)と同じです。
食品の産地偽装をすれば不正競争防止法違反であり、JISを嘘データを用いて不正取得すれば刑事罰が科されます。
また、関わった社員や役員は制裁を受けます。
なぜメディアが提供する情報では、「嘘」に寛容なのでしょうか。
明らかに客観的な「嘘」(例えばNHKが報道した「ドイツでは犬のノーリードが認められている」は客観的な「嘘」です。ドイツは全土で法令で犬のリード義務が定められています)であれば、プロダクトの産地偽装やJISの不正取得に匹敵します。
なぜ制裁を受けないのか理解に苦しみます。
朝日新聞で、従軍慰安婦の嘘記事を書いた元記者が大学の講師をしていて、何も嘘記事を書いたことに対して批判もなければ制裁がないのは私は理解できません。


> マスコミには恥ずかしい嘘は止めてもらいたいです。

同感です。
もしかしたら、マスメディアの人間はNHKも含めて、「事実」と「主張」の区別がつかないほど知能が低いのかもしれません。
「日本で犬遺棄を防止するためには、ペットショップを規制~廃止すべきだ」は主張です。
憲法で保証されている、言論、表現の自由の範疇です。
しかし「スイスでは生き物そのものを営利で売買できない」は、事実(嘘の「事実」)です。


> テレビだとデータ放送も受け取れるので根拠やソースを紹介したらよいと思います。

今後、双方向メディアの発展を期待します。
NHKが本番組で「スイスでは生体販売が行われていない」と報道するのであれば、その根拠となるスイスの法令もインターネットで受け取れるようにすれば良いのです。
根拠を示せなければ、その報道は嘘と判断できますからね。

ところで、本番組の偏向、嘘はひどすぎます。
スイスは、日本よりペット販売に対して、ある面、法律上の規制ははるかにゆるいのです。
例えば、日本は「反復継続して営利販売をこなう」業者に対しては、取扱量にかかわらず動物取扱業の規制を受けます。
スイスでは、一定数までは、全くフリーです。
例えば犬ならば、ペットショップなどでは年間20頭未満、ブリーダーならば3同腹(繁殖回数)までならば、全く規制はありません。
インターネット販売も自由にしています(日本はインターネット販売を禁止)。
また規制を受けるペットショップでも、8週齡販売規制もありません。

それとドイツですが、ペット販売、ペットショップに対して規制する法律は皆無です。
「インターネット販売の子犬を買わないように」と、ドイツの犬保護団体が広告を出しています。
多くのメディア、愛誤ブログで、「ドイツではペットショップが法律で厳しく規制されています」とありますが、真逆の大嘘です。
どうしてここまで嘘がまかり通るのか、日本の動物愛護(誤)関係者の人材は、よほどひどい、無知蒙昧しかいなのでしょう。

Re: 犬税と団体

団体キライ様、コメントありがとうございます。

> 愛誤団体と関わり
> 散々な目に遇いました。

今の日本の動物愛護(誤)事情では、そのようなケースも多々あると推測いたします。


> 殆んどの団体が掲げるスローガンは日本独自の思想傾向です。

それに気がついて頂ければありがたいです。
お手本としている、欧米の動物愛護は、日本の動物愛護(誤)団体の全くの創作、捏造です。
それは一般の支持を受けにくいので、虎の威を借りるために、欧米先進国の動物愛護を、彼らの思想を当てはめて創作したものに過ぎません。
で、彼らの思想の実現をすべき根拠として、「欧米動物愛お先進国では~」とやるわけです。
それしかないでしょ。
彼らの思想が真に普遍的で素晴らしければ、ことさら欧米動物愛護先進国を引き合いに出さなくても、一般に十分な説得力があるはずです。


> 心の闇の部分ですね。そのスローガンを持つことで無知な愛犬家の賛同を得るわけです。

どうか、多くの方に、目を啓いていただきたいと思います。


> 医療費の支援をかなり集めてます。

愛護(誤)団体を支援する方も、一歩踏みとどまり、冷静になっていただきたいです。


> 現在の日本の団体の活動は
> 命の選別を悪としていますが
> 需要と供給がある限り
> 無くならないことに気づいてません。

欧米では、「命の選別」は日本よりはるかにシビアです。
スイスの、特定犬種に対する、異常に高額の公的負担も「命の選別」ではないですか。
スイス当局は、特定の犬種の犬を殲滅させたいのです。
ベルギーでは、警察官の独断で、犬をしょっぴいて安楽死できますからね。
イギリスでの、ブリーダーが品種特性の出ていない子犬を処分するのも、「命の選別」です。


> しいていえば団体も供給者です。
> 犬税を導入すれば
> 団体がはじめに消滅するでしょう。

ある面、地域猫は、パピーミルにもはるかに劣る、猫繁殖業ですよ。
ただ、ドイツ、スイスなどのティアハイムでは、犬税は免除されています。
それとペットショップの販売在庫でも犬税は免除されるとあります。
と言うことは、ドイツスイスでは、ペットショップでの「犬の生態販売を国家が認めているということではないですか(大爆笑!!!)。


> そもそも愛護活動は感情的な部分からはじめるので

日本で動物愛護(誤)活動をされている方に最も不足している能力は、理論(感情を排すること)、主観的(客観的に物事を捉えることができない)、視野狭窄です。
それがどれほど、日本の動物愛護を歪めているかわかりません。


> 全てに賛同するわけではありませんが、愛護のモヤッとしている部分を
> 的確に発進しているブログだと思います。

ありがとうございます。
それと、私はおもにこのブログでは、「客観的事実」を述べています。
「客観的事実」は、賛同する人、しない人にかかわらず厳然と存在します。
「事実」と「主張」の部分を、分けて読んでいただければ頂ければありがたいです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR