NHKよ、「スイスでは生き物そのものを営利で売買することができない」とは気が狂ったのか~スイスでは、東欧諸国から輸入された仔犬販売が激増しています






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
NHK (Japan von staatlichen Medien) sind verrückt.
NHK berichtete, "Swiss verbietet Gewinn Kauf und Verkauf von Tieren".
Die Schweiz ist die Viehwirtschaft floriert?
Das ist richtig.
Um die Tiere von Handelsgeschäften zu verbieten, es gibt kein Land.
In der Schweiz gibt es eine solche Verordnung.
Tierschutzverordnung
"5. Kapitel:5 Gewerbsmässiger Umgang mit Tieren" ohhh ! wow lol !!!
Ein solches Gesetz in Kraft trat, in den Kanton Zürich (1. Mai 2013).
Parkplatzverkäufe von Hunden ab heute verboten
Dies ist kein "verbieten den Gewinn Kauf und Verkauf von allen Tieren."
NHK ist schade Japans.


 記事、
NHKよ、「スイスでは生き物そのものを営利で売買することができない」とは気が狂ったのか~生体販売を禁じているのはチューリッヒ州での露天・移動販売だけです(2013年5月1日施行)
NHKよ、「スイスでは生き物そのものを営利で売買することができない」とは気が狂ったのか~スイス連邦法令で、ペットショップでの生体販売を行うことを許可していますが?
の続きです。これらの記事では、NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?で報じられている、「スイスでは事実上生き物の営利売買が禁じられているために生体販売を行うペットショップは無い」が大嘘であることを述べました。スイスでは、東欧諸国からクルマに犬を載せて入国し行商を行う、にわか犬繁殖業者が急増しています。昨年チューリッヒ州では、そのような業者を禁じる法改正がありました。



 NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?、の要旨は、次のとおりです。

①スイスでは、憲法80条を根拠とした動物愛護精神により、事実上生き物そのものを営利売買できない法律がある。
②したがって、生体販売を行うペットショップは、スイスには存在しない。
③スイスでは、犬(など)を入手するには、ティアハイムから譲渡を受けるしかない。


 ①については、スイスでは憲法はもとより下位法においても、間接的にもペットショップの生体販売を禁じる規定はありません。さらに②については、スイス連邦動物保護規則・令(Tierschutzverordnung)においては、生体販売を行うペットショップの開業許可に関する条文が明文化されています。例えば、「年間犬20頭以上などの販売を行う業者は、州の免許を得なければならない」などです。つまり零細な、年間の犬販売が20頭未満などの業者は、全く規制はなく営業は自由です。
 生体販売を行うペットショップは、スイス国内にごく普通に存在します。犬の生体販売をこなうペットショップも存在します。また、営利の犬のブリーダーはスイスには多数存在し、広告も多く出されています。

 記事、NHKよ、「スイスでは生き物そのものを営利で売買することができない」とは気が狂ったのか~生体販売を禁じているのはチューリッヒ州での露天・移動販売だけです(2013年5月1日施行)、においては、①②が、事実無根の大嘘であることを述べました。
 今回は、③の、「スイスで犬を入手するには、ティアハイムから譲渡を受けるしかない」が大嘘であることを述べます。

 私は、今まで何度もヨーロッパのシェンゲン協定、について述べてきました。シェンゲン協定とは協定国の、相互の国境検査を撤廃するというものです。協定に参加した国々間では、ヒトモノカネの移動が自由です。
 私は、ドイツ人が隣国のポーランドへ行き、そこで極めて安価な仔犬や仔猫の純血種を購入することを取り上げてきました。そこで売られる犬猫の価格は、ドイツで台頭している超巨大生体販売ペットショップの10分の1以下、ドイツ国内の優良なブリーダーの30分の1以下の価格です。

 シェンゲン協定国間では、ヒトモノカネの移動が自由ですので、ドイツ人は安い仔犬仔猫を求めて、自由に東欧諸国に行き、ドイツに持ち帰ります。東欧諸国がシェンゲン協定に加入する前は、ドイツ人はドイツ国内より安く、購入の手続きが簡単なスペインやベルギーの、生体展示販売のペットショップから仔犬仔猫を購入することが多かったのです。
 その図式は、スイスにもそのまま当てはまります。そのために、スイス国内では、ポーランド人やハンガリー人のにわかブリーダーがクルマに仔犬などを載せてスイスに入国し、高速道路のSCなどで激安仔犬などの露天商を店開きするケースが激増しました。また、スイス国内のペットショップでも、東欧から安い仔犬を輸入して販売する業者もあります。それ以前にもスイス人は、スペインなどに出向いて安価な子犬などを、生体販売ペットショップから購入していました。

 それを裏付ける調査があります。スイスでの、直近の登録犬は、約半数が輸入犬です(この事実については、のちの記事でスイスの資料を提示して詳しく述べます)。輸入犬のほとんどがこのようなポーランド人、ハンガリー人のにわかブリーダーの行商(露天・移動)販売や、それを輸入したスイスのペットショップ、スイス人がスペインなどに出向いて、生体販売ペットショップで購入したものであることは間違いありません。
 したがって、NHKの番組、あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?、で述べられている、「③スイスで犬を入手するには、ティアハイムから譲渡を受けるしかない」は、真っ赤な嘘です。

 東欧諸国から、にわかブリーダーがクルマに犬を載せて、スイス国内で露天販売をすることに対して、スイスは、やっと対策に着手しました。「全ての動物について、行商(移動・露天)販売を禁じる」との法改正を、スイスのチューリッヒ州は2013年5月1日に行いました。
 以下に、それを報じる記事を引用します。マスメディア、news.ch の記事より。Parkplatzverkäufe von Hunden ab heute verboten 「今日から犬の駐車場での行商(露天・移動販売)は禁止されます」。2013年5月1日。


Zürich - Heute (1. Mai 2013) tritt das Tierseuchengesetz in Kraft, deren Änderungen die Schweizer Bevölkerung am 25. November 2012 per Volksentscheid angenommen hatte.
Darunter auch der so genannte Hausierhandel.
Er ist ab 1. Mai für alle Tiere verboten.
Eine gängige Masche unseriöser Hundehändler ist damit ab heute illegal: Hunde dürfen nicht mehr aus dem Kofferraum auf Parkplätzen bzw. auf offener Strasse verkauft werden.
43,9 Prozent der neu registrierten Hunde stammen aus dem Ausland.

チューリッヒ州ー今日の動物保護法の決定(2013年5月1日)は、動物たちの疾病(東欧から輸入された仔犬などは、劣悪な飼育と販売環境で多くが病気であるため)がスイスの世論を動かし、それが2012年11月25日の住民投票により採択され、法律改正の原動力となりました。
いわゆる行商(移動・露天販売)を包含します。
2013年5月1日から、すべての動物での行商(露天・移動販売)が禁止されます。
今日から誰もが、犬は、駐車場や路上で、クルマのトランクで販売することはできません、そのような、メッシュケージで犬を売る販売業者は違法となります。 
新規に登録された犬の43.9%は、(このような)海外から持ち込まれたものです(なお、2013年には、さらに輸入犬の割合が増えています。



(画像)

①スイスでは、憲法80条を根拠とした動物愛護精神により、事実上生き物そのものを営利売買できない法律がある。
②したがって、生体販売を行うペットショップは、スイスには存在しない。
③スイスでは、犬(など)を入手するには、ティアハイムから譲渡を受けるしかない。

 
 以上を説明した画像。これらの内容は、全て事実無根の真っ赤な嘘、捏造です。私が想像するには、動物愛護に関する自称(大笑)専門家が、チューリッヒ州の、「動物の全てで、行商(露天・移動販売)のみ禁じる」法改正を聞きかじって、「スイスでは動物のすべての営利販売を禁じている」と曲解して日本に広めたのではないでしょうか。
 海外の動物愛護情報では、意図的なものか当事者が無知蒙昧なのかは知りませんが、そのような情報が多すぎます。「イギリスでは生体販売ペットショップを禁じている」もそうです。イギリスでは行商(露天・移動)販売は禁じられていますが、固定店舗型ペットショップででは、犬猫なども生体販売が認められています。英語は義務教育で習っているはずなのに、嗚呼。事情を知る者は、思わず赤面してしまいます。

NHK 週間ニュース深読み


(追記)

・NHKに対する苦情・抗議はこちら
みなさまの声にお答えします NHK

・放送番組に対する第三者の監理機関
BPO 放送倫理・番組向上機構

・スイスの雑誌、Hunde magazin 「犬マガジン」の記事、Billig WelPen aus dem Ausland Eine «Produktinformation» 「外国産の安価な仔犬 それはただの商品」Billig WelPen aus dem Ausland Eine «Produktinformation»
 スイスが輸入している、東欧諸国の犬の生産現場の悲惨さと、生体販売について記事です。犬の生体販売の画像もあります。まあ、動物愛護家の記事ですので、多少の偏向はあるでしょう。

・ドイツ語では、行商は、Hausierhandel です。それを、上記の記事では、 Haushierhandel と ミススペルしているのです。 Haushierhandel は単に商社という意味なのです。このようなスイスのマスメディアのミスも、日本での誤解につながったのかもしれません。全文を読めば、禁じられたのは、Hausierhandel (=行商)であることは明白なのですが。
 こんなことを、遠く離れたアジアの日本人から指摘されていては世話ないです。しっかりしてくださいよ、スイス人(苦笑)。


(資料)

NHKからメール送信されてきた回答全文(伏字以外は無修正です)。

***** 様

いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうございます。

この度は、貴重なご指摘、ご意見、誠にありがとうございました。
番組へのお問い合わせについて、回答させていただきます。
番組のプレゼンテーションでは、前提として、
 ・憲法で80条で世界で初めて動物保護の精神を盛り込んだ
 ・憲法に基づいて法律を作り、動物保護の精神を徹底した
 ・これによっていろんなルールができた
とお伝えしました。
その上で、
 ・結果的にスイスでは生き物そのものを営利で売買することができない
と説明しました。

ご指摘のとおり、憲法や法律の条文そのものにペットショップ禁止が
記されているわけではないですし、この点、私どもも取材の中で
把握しておりましたので、スイスの動物保護の事例として、
上記のようにお伝えしました。

以上、回答申し上げます。改めまして貴重なご意見ありがとうございました。
今後の番組作りの参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。

今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。

「週刊ニュース深読み」担当
NHKふれあいセンター(放送)


本メールアドレスは送信専用のため返信はできません。
お問い合わせは所定のメールフォームからお願いします。

http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

スマートフォン:http://www.nhk.or.jp/css/sp/



 「生き物そのものを営利で売買することができない」国なんて、地球上で皆無でしょうね。ましてやスイスは、畜産業は比較的盛んな国です(嘲笑)。「生き物そのものを営利で売買することができない」のであれば、畜産業は成り立ちません。
 この回答をしたNHKの職員は、自分でもおかしなことを書いていると思わなかったのかしら?この方の知能が正常であるとは思えません(爆笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NHKにメールしました!
多分、ダンマリでしょうね。
というか、「スイスでは、犬の入手はティアハイムでしかできない=犬の入手先のほとんどがティアハイムからである」などいう統計が皆無だからです。
マスメディアの嘘は、もはや影響力を考えれば、社会に対するテロです。
「スイスの犬登録の公的統計」は次回以降の記事でも取り上げます。


本番組では「スイスでは生体販売が禁じられているので、犬はティアハイムでしか入手できない」とあるが、スイスの公的統計では直近の犬の登録は、約半数が外国(主に東欧)から輸入されたものである。
それらは、外国人による行商や、スイスのペット業者が安く輸入したものである。
その他にも、スイスでは営利の犬ブリーダーが多く存在し、ペットショップでの販売も一定数ある。
以上より「スイスでは犬はティアハイムでしか入手できない」は嘘としか思えない。
本番組の内容が真実であるならば、必ずその根拠を回答せよ。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-540.html

これ自由を侵害しない義務のはずだ

クーデターが起きると反乱軍は真っ先に官公庁と放送局を
占拠しますから、やっぱりテレビ局は公器なのでしょうね。

残念ながら公式上、民間団体となっているので、NHKに
検閲の手を入れるのは不可能ですが、官報や白書のように
事後でも報告を義務付けるようにするのは法制化すべきでしょう。
理系の人なら当たり前ですけど、
  *1 J. Am. Chem. Soc. 19XX, 999, 9999
  *2 J. Biol. Chem. 20XX, 999, 20XY-Z
というような感じで報道番組(緊急速報を除く)の作成者には、
出典付きの報告書を提出してもらうべきです。

論文の主張する趣旨の重要な根拠のうち、過去に公開された情報には
必ず出典を明記するものです。新発見に対しても過去の類似の知見について
出典を挙げて解説するのが普通です。たとえCommunicationとか
Brief Reportとかのような速報であっても。
研究費を頂戴した研究者が成果として発表する論文には不可欠です。
国民の受信料を頂戴するNHKも成果として報道する番組に対して
同様の措置を求めてはどうかと。

これなら思想の自由とか表現の自由とかは保証されるはずです。
それと文系が多い職員でも経済学や法学の分野の人なら、
同様の事を知っいるはずです。出典とかref.とか。いや人文学でもか。

追記

それで
すぐに覆されるような参照元を多く引っ張ってきたり、
あとで誤報や虚報として引用される記事や番組を作る者は、
結果に応じて、適性無しとしてクビにすればよいのです。
これなら解雇されるにしても予算が下りないにしても言い訳無用です。

Re: これ自由を侵害しない義務のはずだ

虫様、コメントありがとうございます。

> クーデターが起きると反乱軍は真っ先に官公庁と放送局を
> 占拠します。

その他にも、独裁政権は自由な情報の取得と発信を制限しています。
反民主国家が言論統制を行うのは常套手段です。
ペンは剣より強しなどと言い古された格言があります。
情報は、物理的武器にも匹敵する威力があるということです。


> 民間団体となっているので、NHKに
> 検閲の手を入れるのは不可能ですが、官報や白書のように
> 事後でも報告を義務付けるようにするのは法制化すべきでしょう。

私は、マスメディアは、あからさまに客観的な「嘘」を報じた場合、NHKに限らず何らかのペナルティを科すべきだと思っています。
自主団体のBPOくらいしかありません。
今回も私はBPOに、NHKの本番組の「嘘」について申し出を行いましたが、BPOが調査を行うのは、本当に僅かな比率です。
BPOは、「視聴者からこのような申し出があった」と伝えるにしか過ぎません。
今回のNHKの本番組に関するBPOの申し出に対してNHKは「最近スイスでは法改正があって、動物の生体販売を禁じる法律が施行した」と返答したようです。
私はBPOに、スイスでの犬の生体販売のyoutubeの動画を送ったのですが、それは若干古かったのです。
BPOも、NHKの弁解を聞いて「ああ、そうですか」という程度でしょう。
BPOが、「では、その法律を具体的に提示してください」とも求めません。
重要な案件で調査が入るなどしなければ、それでお仕舞です。


> 理系の人なら当たり前ですけど、
> 出典付きの報告書を提出してもらうべきです。

文系でも、学術論文では出典(根拠)を示すのが当たり前です。
根拠を示さなければ、それはただの戯言ですよ。


> 国民の受信料を頂戴するNHKも成果として報道する番組に対して
> 同様の措置を求めてはどうかと。

私も、NHKに限らずマスメディアが明らかに客観的な「嘘」「誤り」を報じた場合は、視聴者が根拠を求め、それを示すことができなければ訂正報道をするなどのルールを作るほうが望ましいと思います。
今回の報道でも、過去の報道でも、NHKに対しては、報道内容の「根拠」を求めてきました。
例えば、NHK地球イチバンという番組での報道、「ドイツは動物愛護に優れている」は主観的で根拠を求めることはできませんが、「ノーリード、首輪なしで犬を市街地で連れ歩くことをベルリン州は認めている」は客観性があります。
私はそれに対しても、NHKに対して根拠を求めました。
しかし具体的な法律や、ベルリン州の行政指導文書は示されていません。
ベルリン犬法では、市街地ではリードの長さは1m以内、首輪を付け、飼い主を明示するのが義務で、違反者には刑事罰が科せられるとあります。
したがって、NHKの報道は、客観的に「嘘」「間違い」です。


> 思想の自由とか表現の自由とかは保証されるはずです。

マスメディアは、「思想の自由、表現の自由」と、「報道が正確でなくても良い」を履き違えているようです。
あくまでも「嘘」「間違い」は、「思想の自由、表現の自由」ではありません。
マスメディアの影響力は絶大です。
NHKの報じることであれば、無条件に信じる人が大半でしょう。
社会の公器(特に国有放送のNHKは)としてのマスメディアの威力は絶大です。
重戦車で火炎放射器を備えた軍団のようなもの。
それを有る意味悪用しています。
私は孤立無援で竹槍でそれに立ち向かっているようなものですからね。

「動物愛護」が、いくら取るに足らない分野だとしても、NHKをはじめとするマスメディアの嘘誤り報道は、ひどすぎやしませんか。

Re: 追記

虫様

> すぐに覆されるような参照元を多く引っ張ってきたり、
> あとで誤報や虚報として引用される記事や番組を作る者は、
> 結果に応じて、適性無しとしてクビにすればよいのです。

私も、正直そう思います。
NHKに限らず、マスメディアはね。
しかしほかのマスメディアも、嘘捏造が多すぎますし、それが常態化していますから、そんなことを厳格に行えば、マスメディアは人員不足に陥りかねません。
朝日新聞の従軍慰安婦の嘘記事を書いていた朝日新聞元記者も、何のおとがめも受けずに大学の講師をしています。
例えば食品や工業製品を扱う業種では、食材の産地偽装やJIS規格の不正取得をすれば、会社も担当者も刑事罰を受けますし、社会的制裁も受けます。
マスメディアが提供する「情報」は、有る意味、製造業者のプロダクトです。
マスメディアは、甘やかされ過ぎています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR