フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー2







Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation), they have supported the Florida government policy.
The Trouble With Trap-Neuter-Re (Abandon!)
Florida department of health has issued such guidelines.
Rabies Prevention and Control in Florida, 2012
The Florida department of health in it denied the TNR, and has concluded that harmful.


 フロリダ州政府(フロリダ州健康省 Florida department of health)は、2012年にTNRを完全かつ明確に否定し、有害であると結論づけました。こちらの文書です。Rabies Prevention and Control in Florida, 2012 「フロリダ州の狂犬病の予防と管理 2012年」。そのフロリダ州の方針を、獣医師を中心とした、権威あるフロリダ州の動物愛護団体、HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation)「ヒルズバラ動物健康財団」は支持しています。HAHF「ヒルズバラ動物健康財団」のHPに記載された、フロリダ州のTNR否定の支持について紹介します。今回は「TNRは公衆衛生上の問題があり支持できない」です。


(関連記事)

全米最大のTNR推進団体のフロリダ州へのTNR合法化運動は、傘下の自治体のTNR新規認可停止をもたらした~痛いヤブヘビ
フロリダ州議会は、事実上TNRをフロリダ州法に反する違法行為としました
フロリダ州政府は、完全かつ明確に猫TNRを否定し、さらに「TNRは有害でしかない」と断言しました
フロリダ州の権威ある動物愛護団体は、フロリダ州の「TNRを否定し有害とする」指針を支持しましたー1


 HAHF (Hillsborough Animal Health Foundation)「ヒルズバラ動物健康財団」のHPより。The Trouble With Trap-Neuter-Re (Abandon!)「TNR(=捨て猫)のトラブル」を引用します。


Public health issues
The public health trouble with TNR is that even vaccinated stray cats are still carriers of many significant infectious diseases and are able to transmit those diseases to other animals and humans.
The following diseases have been documented in cats in Florida: Rabies*, Feline Leukemia Virus, Feline Distemper, Feline Infectious Peritonitis, Feline Immunodeficiency Virus, Feline Viral Upper Respiratory Disease, Catscratch Disease*, Toxoplasmosis*, Lyme Disease*, Roundworms*, Hookworms*, Plague* (*transmissible to humans).
The rabies shot, has a very limited duration of effect.
The literature is equally clear that unowned feral and stray cats are a signficant (significant が正しいと思われる) risk!
Worse, a large burden of the risk lies against our precious children!
Because so many of these disease risks are transmissible to humans, it is the veterinarians legal requirement to exercise extreme caution.
Consequently, we stand with the Florida Department of Health and are compelled to refrain from supporting TVNR(アメリカでTNRを行う場合は通常、特に制度化されたTNRであればほとんどの場合、狂犬病などの予防ワクチン=Vaccineを接種を義務付けています。ですからワクチン接種を行っているTNRということを強調する場合はTVNRと記述します)。

TNRの公衆衛生上の問題
TNRには、野良猫にワクチンを接種していた場合でも、多くの重要な感染症のキャリアであれば、他の動物や人間にこれらの疾患を感染させるという、公衆衛生上の問題があります。
フロリダ州では、以下の疾患が猫にあったと記録されています。
狂犬病、猫ウイルス性白血病、猫ジステンパー、猫伝染性腹膜炎、猫免疫不全ウイルス、猫ウイルス性上気道疾患、猫ひっかき病、トキソプラズマ症、ライム病、猫回虫、鉤虫、ペスト(人間に伝染しました)。
狂犬病の暴露後注射(狂犬病に感染した動物に咬まれた後に、感染を防ぐための狂犬病ワクチン注射)は、効果は極めて限られた期間しかありません。
学術文献では、飼い主のない野生動物と野良猫が同等に、(狂犬病の)重大なリスクであることが明らかであるとしています!
さらに悪いことに、大きなリスクを、私たちの大切な子供たちに負わせていることです!
これらの疾患の多くは人間に感染するので、獣医師は、細心の注意を払わなければならないと、法律上求められています。
それゆえに、私たちはフロリダ州保健局側に立たざるを得ないのであり、そしてTVNRを支持することを控えざるを得ないことが強制されるのです。



 ヒルズバラ動物健康財団は、フロリダ州保険局が狂犬病のリスクという点から、完全に猫TNRを否定していることに追随しています。アメリカでは狂犬病の感染獣は年間犬20ー30例、猫200ー300例が発見され、飼育動物では猫は犬の約10倍であり、ほとんどが猫です。猫から人への狂犬病感染~死亡例もあります。感染~死亡に至らなくても、感染獣により噛み付かれた、引っ掻かれたなどされて、狂犬病の暴露後ワクチン注射を受ける例も多数あります(その割合は、飼育動物種では猫が80%という文献もあります)。
 そのような環境で、アメリカ合衆国の連邦や州政府機関が「一種の猫の放し飼い」であるTNRを推進するわけがありません。日本の地域猫(TNR)推進派が主張している、「アメリカではTNRが盛んに行われており、野良猫対策としてはファーストチョイス、または一択である」は、大嘘であることがご理解いただけると思います。

 日本は今のところ狂犬病清浄国ですが、いつ再発生してもおかしくない状況です。狂犬病清浄国とされた台湾でも、近年再発生しました。再発生した時に備えて、現在最も狂犬病の拡大リスクの要因となる猫の、管理飼育を進めておく必要があると思います。TNRは、真っ向からそれに反します。
 また、引用した記述にあるとおり、野良猫がもたらす感染症のリスクは狂犬病だけではありません。猫ひっかき病やトキソプラズマ、猫回虫の人への感染の危険性の重大さは、近年明らかにされた事柄もあります。例えばかつてはトキソプラズマ脳症は、それほど危険視されていませんでしたが、近年では脳腫瘍などと生前診断され、死後の剖検でトキソプラズマ脳症の診断が確定された症例もあります。TNR(地域猫)推進派で、猫がもたらす感染症のリスクの、有効な回避策を示している方は一人もいません。TNR(地域猫)を推進すべきという主張をされるのであれば、それを示す義務があると思います。


(参考文献)

publichealth issues
The Trouble With Trap-Neuter-Re (Abandon!)
Rabies Prevention and Control in Florida, 2012
Cats Gone Wild!


(動画)

 本記事とは関係ありませんが、アメリカの犬猫などのペットの商業大量生産・大量販売の実情を取り上げます。動画は、アメリカ、アーカンサス州のパピーミル(仔犬工場)。




フロリダ州法では猫TNRを違法と解釈できる州法があります。
Florida Laws: FL Statutes - Title XLVI Chapter 828 Animals: Cruelty; Sales; Animal Enterprise Protection(フロリダ州法:FL法規-タイトルXLVI第828章 動物:虐待、販売、動物取扱業者に係る保護)では、以下の規定があります。


828.13 Confinement of animals without sufficient food, water, or exercise; abandonment of animals.
(a)"Abandon" means to forsake an animal entirely or to neglect or refuse to provide or perform the legal obligations for care and support of an animal by its owner.
(b)"Owner" includes any owner, custodian, or other person in charge of an animal.
(c)Abandons to die any animal that is maimed, sick, infirm, or diseased,
is guilty of a misdemeanor of the first degree, punishable as provided in s. 775.082 or by a fine of not more than $5,000, or by both imprisonment and a fine.

828.13 十分な食物、水または運動を行わず動物を監禁すること、及び動物の遺棄。
(a)「動物の遺棄」とは、完全に動物を捨てたり、ネグレクトしたりして、医療行為や治療のサポートを怠るなど、飼い主が法的義務を遂行することを拒否することと定義します。
(b)「飼い主」とは、あらゆる所有者、管理している人、または動物に関わるすべての人が含まれています。
(c)怪我、病気、衰弱、または病気にかかっているあらゆる動物を死ぬために遺棄すること。
それらの行為においては、最初は軽犯罪とし軽微な処罰を受けます。
さらには775.082の規定を超えない範囲の処罰、または5,000ドルまでの罰金、もしくは懲役と罰金の両方の刑罰が科されます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私の記述は、必ず信頼できる資料に基づいています

記事、
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
で、最近、このようなコメントをいただきました。


ばった様

分からないのですが
>北米では、人の狂犬病感染源の80%が猫です。また狂犬病感染個体数が猫が犬の10倍
そもそもの前提である上記文章の根拠が見当たらないようですが


さんかくたまご
Re: 分からないのですが
ばった様、コメントありがとうございます。

ばった様は、義務教育を終えていなかったのですね。
リンクした英語文献(CDC アメリカ連邦政府疾病予防センター)に記述があります。

most people are exposed to rabies due to close contact with domestic animals, such as cats or dogs.
Number of Rabies Cases Among Dog and Cats ,United States 2008-2009.
で、感染源が猫であった場合は(感染前の暴露後治療という意味でしょうが)2008年が80%、2009年が79%です。
それとCDC統計で、アメリカで見つかった狂犬病個体の飼育動物は、猫が犬10倍で一貫しています。

義務教育を終えていないあなたのために、日本語ウィキペディアをリンクします。
漢字が読めますか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E7%8A%AC%E7%97%85
「北米 ネコで200 - 300件、イヌで20 - 30件の狂犬病報告がある」。

ひらがなひょうじ
「ほくべい ねこで200ー300けん、いぬで20ー30けんのきょうけんびょうほうこくがある」。


> そもそもの前提である上記文章の根拠が見当たらないようですが

このブログは、日本での義務教育を終えていない方を前提とはしていませんでした。
申し訳ありませんでした。


私は文中で特に、数値を用いるときは、必ず信頼できる資料に基づいています。
また複数の資料を参考にして、最も信頼できる資料もしくは一般的に定説となっているものを用いています。
北米における、・狂犬病暴露後注射を受けたケースでの原因動物は80%が猫であることと、狂犬病感染獣の発見数が、猫が犬の10倍で推移していることは、アメリカ連邦政府機関のCDC(連邦疾病予防センター。日本の厚生労働省機関に相当する)の統計資料に基づいています。
また、民間の学術論文でも、概ね同様の数値としています。
私が引用した統計上の数値は、その記事のリンクの資料に必ず記載があります。
そちらで確かめてください。

No title

(メモ)

http://www.nhk.or.jp/tokuho/program/150612.html

この番組は首都圏だけなのでしょうか。

観ました。

これといって何らかの新たな情報はありませんでしたね。

Re: タイトルなし

もるせが様、コメントありがとうございます。

> これといって何らかの新たな情報はありませんでしたね。

番組HPを見た限り、そんな感じですね。
一時期、私のサイトにNHKから「アニマルホーダー」というキーワードでアクセスがありました。
数日前は「青島 猫 TNR]で数回のアクセスがありました。
もしかしたらNHKは、青島(とは、長崎県の猫島のことですか)の、TNRを絶賛する能天気番組を放映するかもしれません。

NHK BSの「岩合光昭の世界ネコ歩き」あたりが取り上げそうなネタですね^_^;

あれは基本、野良猫をほのぼの感を全開に放映する番組ですから。

あれ?

あれ???

http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
audubonmagazine2009年。オウドゥボン誌から引用。
About 80 percent of rabies shots administered to humans result from contact with feral or stray cats.
人間の狂犬病感染(狂犬病ウイルス暴露後注射治療を受けたケース)理由の約80%は、野良猫か放し飼い猫との接触です。


これが根拠と書いていたようですが、変わったんですか?

で、今度はCDCのリンクですが
しかし、感染源は80%が猫であったという所が引用されていませんけど?

変わった理由と共に感染源の大多数が猫であったという根拠をお願いできますか。

Re: タイトルなし

もるせが様

> NHK BSの「岩合光昭の世界ネコ歩き」あたりが取り上げそうなネタですね^_^;

この番組のひどさも複数の読者さんからご意見をいただいています。
たしかフロリダ州や竹富島の野良猫を礼賛していました。
どちらもきびしい州法、条例によって野良猫の存在は好ましくないとされているところです。
NHKとこの番組の支持者は環境テロリストで強靭。

Re: あれ?

ばった様

あなたは一体何を言いたいのか不明です。

> http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
> audubonmagazine2009年。オウドゥボン誌から引用。
> About 80 percent of rabies shots administered to humans result from contact with feral or stray cats.
> 人間の狂犬病感染(狂犬病ウイルス暴露後注射治療を受けたケース)理由の約80%は、野良猫か放し飼い猫との接触です。

オゥドボン(日本ではオーデュボンと表記されているようですが)は、権威ある学術誌です。
またCDCも、アメリカ連邦機関で日本で言えば厚生労働省の機関に相当します。
その発表は、最も信頼できると言えるでしょう。

アメリカで、「狂犬病感染のおそれが有り暴露後治療を受けた原因動物は猫が80%であり、北米で発見される狂犬病感染獣は猫が犬の10倍である」は客観的な統計資料があり、アメリカでは周知の事実です。
ですからCDCもオゥドボンも、同じ記述をしています。
「狂犬病暴露後治療の原因動物は80%が猫である」「北米での狂犬病感染獣は猫が犬の10倍である」は定説(というか客観的事実で)、アメリカ連邦政府や学術誌のほか、州政府などの機関もその数値を用いています。
http://www.hahf.org/wp-content/uploads/RabiesGuide2012.pdf
フロリダ州政府公文書でもこの数値を用いていますし、USウィキペディアでもそうです。

あなたが最初にコメントされたのは、
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
です。

「>北米では、人の狂犬病感染源の80%が猫です。また狂犬病感染個体数が猫が犬の10倍
そもそもの前提である上記文章の根拠が見当たらないようですが
2015-06-06(14:18) : ばった URL : 編集」。

CDCの記述は、該当する記事、
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
にリンクしています。


> これが根拠と書いていたようですが、変わったんですか?

「狂犬病感染のおそれが有り暴露後治療を受けた原因動物は猫が80%であり、北米で発見される狂犬病感染獣は猫が犬の10倍である」は、CDCもオゥドボンも全く同じことを書いています。
いずれも権威あるソースです。
ですから、どちらの引用であろうが、根拠(証拠)です。

では、日本の犬猫殺処分数が環境省の発表の数値を用いて、そのほかに全く同じ内閣府の数値も引用したら、それがどうかしたのですか。
むしろ複数の信頼できる資料を提示することは、より証拠が堅固になったということではありませんか。


> 感染源の大多数が猫であったという根拠をお願いできますか。

それはアメリカの公的機関が統計を出しています。
ですからリンクのオゥドボンの記事とCDCの資料を読むか、オゥドボンの編集部かCDCにメールして聞いてください。
あなたはちのうがも低すぎますが、精神錯乱状態のようです。
コメントの趣旨がわかりません。
こちらにコメントするよりも、精神科を受診された方が良いと思います。

「感染源の大多数が猫であったという根拠をお願いできますか」ですが。
それは私が環境書発表の、「殺処分の8割が所有者不明犬猫である」という統計数値を」私はしばしば引用していますが、それに対して私に対して「その根拠を示せ」と言っているのと同じです。
私はお答えできません。
環境省にその原因と推測されることがらはお聞きできるかもしれませんが、あくまでも「客観的な数値」です。
繰り返します。
あなたは精神遅滞とともに、錯乱状態で、ご自身でも何を言っているのかわからない状態です。
すぐに精神科を受診することをおすすめします。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR